最高に自慢できる♡ 憧れブランド注目新作【今月のおしゃれニュース】

@BAILA

憧れハイブランドの最新作から、可愛すぎるスリッパ、毎日の通勤に持ちたいバッグ、お守りとして持ちたいバングルなどおしゃれプロが気になる名品をお届け! 

【LOUIS VUITTON】
「ミンクやピンクサテン...卒倒しそうなくらい可愛いスリッパ」(スタイリストM)

「ルイ・ヴィトン」より、ミンクファーやサテンのホームシューズが登場し話題に。10月24日(水)〜11月6日(火)、伊勢丹新宿店 本館2階=婦人靴/プロモーションで行われるポップアップストアも必見。「付属のベルベットポーチも素敵」。(上から)スリッパ「LVスイート」¥178000・¥63000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)
【Max Mara】
「モノグラムデザインがツボ! 大人のためのPVCバッグ」 (スタイリストM)

10月26日(金)〜11月10日(土)、阪急うめだホールにて「I LOVE MAX MARA」と称したイベントを開催。阪急うめだ本店内3カ所で行われるポップアップショップでは、限定アイテムが多数そろう。「リュクスなPVCバッグはデニムスタイルに合わせたい」。バッグ「マックスマーラグラム バッグ」(27×39×12)¥45000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)
【Saint Laurent】
「旬のレオパードがさりげに効いた限定バッグを欲しいものリストに」 (編集マフユ)

11月6日(火)まで、伊勢丹新宿店 本館 3 階=センターパーク/プロモーションにて、エクスクルーシブなカプセルコレクションを含むポップアップストアを開催。「パンチのきき方がちょうどいいからオン・オフ持てそう」。バッグ「モノグラム・サンローラン ベイビー・クラシック・YSLカバ」(19.5×25.5×12)¥210000/イヴ・サンローラン(サンローラン)
【Pomellato】
「それぞれの石に意味が込められたバングルを、お守り代わりに持ちたい」 (ライターE)

色石とダイヤモンドの輝きが華やかな新作バングル。愛、喜び、希望などを表すコレクションから気の向くままに選んで。「繊細だけど存在感抜群」。(上から)バングル「マーマノンマーマ」(K18 RG×アメシスト×ダイヤモンド)・(K18RG×ロンドンブルートパーズ×ダイヤモンド)・(K18RG×ペリドット×ダイヤモンド)各¥280000/ポメラート・ジャパン(ポメラート)
【TASAKI】
「優美なパールとロックな雰囲気のミックスが最高にしゃれてる」(編集マフユ)

気鋭デザイナー タクーン・パニクガルが手がけた「リファインドリベリオン」シリーズの新作。「シンプルニットにサラリとつけたい」。(上から)ピアス「リファインドリベリオン プラス」(K18WG×あこや真珠×ダイヤモンド)¥360000・ピアス「リファインドリベリオン シグネチャー」(K18YG×あこや 真珠)¥125000/タサキ(タサキ)

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測したサイズ(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です。WG=ホワイトゴールド、YG=イエローゴールド、RG=ローズゴールドの略です。※BAILA2018年11月号掲載

関連記事
  • 見た目の清涼感と、汗の目立ちにくさと着やせ効果で夏にうれしい黒。2WAYで着回し可能なデザインが単調になりがちな夏のおしゃれを広げてくれます!ne Quittez pas レースガウンたっぷりギャザーがおなかまわりをカバー。涼やかなレース使いでエレガントにカジュアルさと女らしさのバランスが絶妙と大人気だったカシュクールワンピースが、よりすっきり見えるデザインに改良。レースのさりげない透け感は見た目にも涼しげ。バッグ¥29,000/ebure (センシスタジオ)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物カットソーに重ねてガウン感覚でも着用可前ボタンタイプなので、軽い羽織りとしても活用可能。裾にスリットが入っているため、レイヤードしても印象は軽やか。ne Quittez pas レースガウン ¥24,000+税>>デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)  ネックレス¥15,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) カットソー/スタイリスト私物ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレスシンプルながら、袖スリットとドレープに大人のエレガンスが漂う光沢のないマットな素材で、オン&オフ、昼&夜と、幅広いシーンで活躍する一枚。袖まわりにドレープを加えたハーフスリ ーブは、肩先のスリットに腕を通せばフレンチスリーブとしても着られる2WAY仕様。ドライタッチの素材は、さらりとした着心地と美しい落ち感も魅力。スリットに腕を通すとフレンチスリーブに。表情の違いを楽しめます。ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス ¥24,000+税>>バングル¥14,000・バッグ¥54,000/リエス (メゾン ボワネ) 帽子/スタイリスト私物(ne Quittez pas レースガウン)撮影/前田 晃(MAETTICO) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ (ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/Emi Renata 取材・文/東原妙子
  • たまたま見つけたユニクロユーから新しく出たカーブジーンズ&カーブパンツ。ハイライズで脚長効果、マリソル世代にこそ似合う曲線を描くシルエットに一目惚れです♡大人買いした”カーブパンツ”シリーズ☆ワイドフィットカーブジーンズです。ワイドフィットカーブパンツです。先日インスタグラムで素敵なエクラ世代のマダムが、 ユニクロユーのワイドデニムにGUのレースのノースリーブブラウスを合わせて いらっしゃるのを拝見、まさかのプチプラに驚いた次第。 特にデニムのシルエットを二度見です! すぐに調べたのですが、取りあえず実物をみなければ始まりません! ワイドデニムって、履いてみないとわからないもので・・・。 広げてみるも、この丸みを帯びた太いシルエット、太く見えないのか??? ハイライズって、かなりのハイライズ(;゚Д゚)ちょっと勇気が要る・・・。 しかしあの素敵なマダムを思い出せば、履いてみないわけにいかず とりあえずチャレンジです。 腰回りのデザインとフィット感。ハイライズがかっこ良く決まります!バックデザイン、フィット感も文句なしです♡ちょいとかっこつけて細みえ狙ってます(笑)正面を向くとこんな感じです。たまたま見つけたチノパンも”カーブシリーズ”すっかり虜になるシルエットでした。 ノータックなのにカーブを描いたシルエットのおかげか、履くとしっかり立体感! マリソル世代の丸みを帯びてきた体にピッタリだと思いました♡ お尻もキュッと上がって見えます! これ、私の身長に合わせて裾をカットしたのですが、全くシルエットは崩れません。 あのインスタで一目ぼれしたバランス、これやわ~♡ この夏、セールに参戦する気力が湧かない私、 その気持ちが保てるかわかりませんが(笑)大人買いすることにしました!! たまたま見つけたチノパンはこの秋の最新パンツ(7月中旬から展開)でした。 デニムのみならず、チノ素材、ジャージ(ウール)素材と展開される模様。 まだまだ楽しみです☆ 私はチノ素材の色違いに手を出しそう・・・。カーブパンツの腰回りデザイン☆カーブパンツの色展開☆ワイドフィットカーブジーンズの色展開☆腰位置が高く、脚がまっすぐ見える優れもの。 加えてマリソル世代の丸みを帯びたシルエットに沿う”カーブ”したデザイン。 試してみる価値はありだと思います。 カーブパンツはオンラインでのみですがXS,XL以上の展開もありました。 小さいさんも大きいさんもチャレンジできますよ♡美女組No.142 yoccoのブログ
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【7月12日(金)〜7月18日(木)のコーデ】 7月12日(金)のコーデ デコルテがきれいに見える上に腰高印象になるのがうれしいカシュクールブラウスにネイビーのスカートを合わせて知的に。足もとはレッドのきれいめサンダルで、甘すぎない可愛げをプラスして。 7月13日(土)のコーデ  デニムとTシャツのネイビーのワントーンに、太陽の下が似合うレモン色をきかせて夏の休日スタイル。カジュアルなデニムも、ネービーでまとめれば大人っぽい印象に。今っぽいサンダルやバッグで、旬な味付けも。 7月14日(日)のコーデ 休日のお出かけには、着心地のいいポロシャツとシフォンスカート、それに動けるスニーカーがぴったり。今旬ベージュはネイビーアイテムと合わせやすく、抜け感があっておしゃれに見えるのがうれしい。 7月15日(月)のコーデ 知的なネイビーも透け感デザインときれい色スカートを合わせればドレッシーな雰囲気に。足もとは締め色パンプスで、美スタイルに仕上げて。ヌーディーカラーのバッグは、今季らしさを上げてくれる上に抜け感も。 7月16日(火) シンプルなTシャツをきれいな印象で受け止めてくれるネイビーパンツは、通勤コーデの心強い味方! スカーフと揺れるイヤリングで、顔まわりに華やかさをプラスしたら、シューズはピンクのサンダルで可愛げを足すのも忘れずに。 7月17日(水)のコーデ コットンツイルのジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に過ごせるうれしいアイテム。ボトムのスカートは青みのあるピンクだから、ネイビーとの組み合わせも浮かずに馴染む。インはベージュで好感度高く。 7月18日(木)のコーデ 知的なネイビーならTシャツ通勤もエレガント。コンパクトなシルエットは女らしさを見せつつアクティブな印象もあってミーティングにもぴったり。シックで今っぽいブラウンとの配色で差をつけたい。 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平、遠藤史也(メンズノンノモデル) 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • ----- vol.10-----これを着回し!柔らかサテン地。 パンツ¥12000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト)ON 水色&フリルで清潔感と華やかさを 細身のパンツだから、フリルトップスと合わせるとバランスがよく、華やかさも。バックストラップパンプスで女っぽ。 ニット¥8500/Noela ピアス¥1800/ゴールディ ネックレス¥7500/ロードス(イロリエール) 時計¥31500/オー・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥12000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴¥18500/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) OFF 黒パンツが、肌見せコーデを好印象に フロントにスリット入りだから、黒でも足元に抜け感が生まれる。オフショルと、クロスストラップサンダルで肌を見せて、ヘルシーな色っぽさを演出。今季注目の大ぶりイヤリングと真ん丸ショルダーバッグで、休日ならではのコーデを楽しんで♡ ブラウス¥5990・イヤリング¥1500/titty&Co.ルミネエスト新宿店 バッグ¥4800・靴¥7223/&lottieモデル/貴島明日香 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ ワタベウェディング
  • デニムスタイルと言えばスタイリスト百々千晴さん。デニムはカジュアルスタイルに欠かせない存在だけれど、気を抜くとラフになりすぎるので要注意。デニムスタイルにも女っぽさを忘れないという百々さんのマイルール教えてくれました。 百々千晴(どど ちはる)さん雑誌やカタログ、広告などで活躍する人気スタイリスト。雑誌『UNION』の編集長を務めるほか、ブランドのディレクションを手がけるなど活動は多岐にわたる。デニムラバーな自身のおしゃれをまとめた初の著書『THE DODO JEAN』が好評発売中! 【Rule 1】デニム自体に女らしさを持たせるからトップスはシンプルにTシャツ デニムそのものが女らしい印象のデザインやシルエットを選ぶようにしているので、カジュアルなトップスと合わせることも多いんです。なかでもTシャツでさらっとまとめるのが私の定番。その代わり小物で今っぽさや自分らしさを加えています。DENIM : CELINET-SHIRT : RE/DONE×Hanes BAG : RUE DE VERNEUIL PIERCED EARRINGS : CELINE SHOES : THE ROW 「ほぼ毎日Tシャツですが、ブランドにはあまりこだわりがなく、シルエットもぴったりしたものからビッグサイズまでなんでも着ます」。(上)オーラリーのTシャツは少し地厚のリブ素材がお気に入り (中)くたっとしたTシャツはジェームスパース。色違いでベージュも愛用中 (下)オーバーサイズはユニクロのメンズのもの 【Rule 2】今年は白デニム。シルエットは少し太めがポイント 白のスキニーデニムって日本人には難しいなと思っていたんですが、太めシルエット&ハイウエストだとスタイルよく見えると発見したんです。ストレートより太めでワイドすぎないものを選びます。(左)ストレッチはないけれど、窮屈感なしにはける絶妙な一本 (中)デザイン性のあるデニムで新鮮に (右)ユニクロのものはGWの連休中にずっとはいていたくらいお気に入り。プライスがお手頃なので汚れを気にせずはけるのもいい (左から)DENIM : Monâme DENIM : Stella McCartney DENIM : UNIQLO  【Rule 3】足もとはひとくせあるものを選んで 靴が大好きなので、ブランドを問わず可愛いものを見つけるとすぐに買ってしまうんです(笑)。フラットシューズのときは、バランスがよく見えるようにハイウエストと足首が見える丈のデニムをチョイス。DENIM : Levi’s SHIRT : Isabel Marant SHOES : GALERIE VIEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : THE ROW (上)透け感を楽しめるメッシュのシューズはアダム エ ロペ (下)今っぽいスリッパサンダルはマノロ ブラニクのもの。「スエード素材は淡い色を選べば冬っぽくなりません」 【Rule 4】選ぶポイントはお尻が上がって見えるかどうか 試着ではお尻のラインを必ずチェック。ポケットの大きさや位置を確認しながら、ヒップが上がって見えるものを選びます。ぴったりめではくほうが女らしさが出るので好きですね。DENIM : timemachine®×roku×百々千晴TOPS : PETIT BATEAUSHOES : CELINEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : Ungrid 【Rule 5】手もとの時計&ジュエリーで華やかさを 服がシンプルなのでジュエリーをいっぱいつけて華やかに。デニムなのでどんなものとも相性がいい。フェイスの大きい時計やきゃしゃなダイヤのリングやブレスなど、メリハリのある組み合わせが今の気分。DENIM : MonâmeTOPS : SAINT JAMES WATCH : BAUME&MERCIER RING : Tiffany & Co. TOMWOOD BRACELET : Redline 撮影/来家祐介〈aosora〉 ヘア&メイク/nagisa〈W〉 取材・原文/昼田祥子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
  • ビューティフルピープルが、定番デニム「セルヴィッジデニム」シリーズから全5型をリモデル。直営店全店で好評発売中だ。世界的ビッグメゾンも使用している広島県福山市の工場で生地から縫製までオリジナルで製作しているという、このデニムシリーズ。50年代のリーバイスのヴィンテージをイメージしたソフトなデニム地が特徴で、その穿き心地の良さからリピーターも多い。 セルヴィッジデニム5ポケット ¥27,000/ビューティフルピープル特にこだわっているのが、赤と青の「セルヴィッジ」(デニム生地の端、通称「耳」)。インディゴカラーは色落ちしにくい色止め加工を施し、ブリーチカラーは自然な色落ちを表現するため色止めなしのブリーチ加工を施している。ボタンやリベットもオリジナルのものを使用するなど、ディテールまでビューティフルピープルらしさが詰まっているアイテムだ。 セルヴィッジデニム5ポケット ¥27,000/ビューティフルピープル今回のリモデルでは、ブランドロゴと同デザインの白い革パッチがプラスされ、さらにアイコニックなデニムに生まれ変わった。革パッチは牛革の防縮加工を施したものを使用し、人気のネームタグシリーズと同様に4点(機械付け)で留めたデザインになっている。さらに、ベルトが通せるようサイズをベルト幅よりも多少大きめに作ってあるのも嬉しい工夫。さらに進化したデニムシリーズは、スリムからワイドまでシルエットも幅広く取り揃うので、ぜひチェックを。 セルヴィッジデニム5ポケットウーマンフィット ¥27,000/ビューティフルピープル【取扱店舗】 ・ビューティフルピープル 青山店住所:東京都港区南青山3-16-6電話番号:03-6447-1869 ・ビューティフルピープル 銀座三越住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越3階 ル プレイス電話番号:03-6271-0833 ・ビューティフルピープル 伊勢丹新宿店住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館2階=TOKYOクローゼット/リ・スタイル TOKYO 電話番号:03-3352-1111(大代表) ・ビューティフルピープル 阪急うめだ本店住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店3階 婦人服(モード)電話番号:06-6313-9736 ・ビューティフルピープル イセタン クローゼット ルクア イーレ住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ4階 イセタン クローゼット電話番号:06-6225-8456(直通) ・ビューティフルピープル オンラインショップhttps://beautiful-people.jp/ text: Fuyuko Tsuji ⇩「ビューティフルピープル」のリモデルされた「セルヴィッジデニム」シリーズをチェック!
  • 観光も買い物もしっかり満喫したい 黒田知永子さんの街旅スタイルパンツでもスカートでも、街旅の基本はきちんと歩ける靴がベース。すぐ脱ぎ着できるはおりものやストールも忘れずに。街旅の"三種の神器"にニュアンスカラーで差をつけてTシャツとスカート感覚ではけるネイビーのワイドパンツに、街旅の必須アイテム、はおりもの、ストール、歩きやすい靴で。「同系色でまとめるのもいいけれど、カー キやグレージュのニュアンスカラーを合わ せるのもおしゃれ」と黒田さん。素材の違 いも決め手。カーディガン¥31,000・ストール¥46,000 (9月入荷予定)/シーシーサローネ ショールーム(クローチェクロス) Tシャツ¥12,000/エージー ジャパン(エージー) パンツ¥37,500/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) バッグ¥36,000/Pil(i ザッツ) 靴¥ 32,000/アマン(ペリーコサニー)ネックレスと小バッグでワンピースの印象チェンジ衿元や袖口をリブニットで切り替えたストレッチシルクのブラックワンピースは、小物次第で印象自在。昼間はスニーカーで街歩き、夜は靴を履き替えてロングネックレスや小さなバッグでレストランへ。小物なら荷物もかさばらず、着こなしに大きく変化がつけられます。ワンピース¥79,000・レギンス¥25,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド) ネックレス¥65,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥38,000/オカイユ(トレイシーニュール) 靴¥54,000/エスケーパーズ(マルティニアーノ)定番のシャツスタイルも透ける素材で抜け感をプラスエアリーなコットンシャツの袖をたくし上げ、前だけ軽くパンツにインすれば、たちまち抜け感が手に入ります。合わせたデニムはスパッツ感覚ではけるスーパーストレッチ素材。ブルー系のワントーンコーディネートをレザースニーカーでクラスアップさせ、軽くて大きなトートで荷物をひとつにまとめれば街歩きがもっと快適に。シャツ¥25,000/サード マガジン パンツ¥23,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) バッグ¥57,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥69,000/リエート(サントーニ)CHIEKO’S STYLE_2韓国旅行ではボディバッグを斜め掛け。「これはアレキサンダ ー ワン。街歩きならこのレザーバッグが今のお気に入り。軽さ重視ならボトルホルダー付きのプラダも便利」好きな香りは必ず。「ビィオセンシィエールのルームスプレー(右)は、100%植物原料。ジョー マローンのコロン(左)を部屋にひと吹きすることも」写真/Chieko Kuroda黒田知永子さん Chieko Kuroda1961年生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。その後、「VERY」「STORY」「éclat」で次々と表紙キャラクターを務め、女性誌、テレビ、CMと幅広く活躍中次回は、街旅スタイルのおしゃれ度をさらにアップさせるファッション&小物をご紹介します。撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子 スタイリスト/森 慶子 ヘア&メイク/福沢京子 取材・原文/向井真樹 風景写真/minaバックドロップ・フローリング/スタジオ ルーフ
関連キーワード

RECOMMEND