最高に自慢できる♡ 憧れブランド注目新作【今月のおしゃれニュース】

@BAILA

憧れハイブランドの最新作から、可愛すぎるスリッパ、毎日の通勤に持ちたいバッグ、お守りとして持ちたいバングルなどおしゃれプロが気になる名品をお届け! 

【LOUIS VUITTON】
「ミンクやピンクサテン...卒倒しそうなくらい可愛いスリッパ」(スタイリストM)

「ルイ・ヴィトン」より、ミンクファーやサテンのホームシューズが登場し話題に。10月24日(水)〜11月6日(火)、伊勢丹新宿店 本館2階=婦人靴/プロモーションで行われるポップアップストアも必見。「付属のベルベットポーチも素敵」。(上から)スリッパ「LVスイート」¥178000・¥63000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)
【Max Mara】
「モノグラムデザインがツボ! 大人のためのPVCバッグ」 (スタイリストM)

10月26日(金)〜11月10日(土)、阪急うめだホールにて「I LOVE MAX MARA」と称したイベントを開催。阪急うめだ本店内3カ所で行われるポップアップショップでは、限定アイテムが多数そろう。「リュクスなPVCバッグはデニムスタイルに合わせたい」。バッグ「マックスマーラグラム バッグ」(27×39×12)¥45000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)
【Saint Laurent】
「旬のレオパードがさりげに効いた限定バッグを欲しいものリストに」 (編集マフユ)

11月6日(火)まで、伊勢丹新宿店 本館 3 階=センターパーク/プロモーションにて、エクスクルーシブなカプセルコレクションを含むポップアップストアを開催。「パンチのきき方がちょうどいいからオン・オフ持てそう」。バッグ「モノグラム・サンローラン ベイビー・クラシック・YSLカバ」(19.5×25.5×12)¥210000/イヴ・サンローラン(サンローラン)
【Pomellato】
「それぞれの石に意味が込められたバングルを、お守り代わりに持ちたい」 (ライターE)

色石とダイヤモンドの輝きが華やかな新作バングル。愛、喜び、希望などを表すコレクションから気の向くままに選んで。「繊細だけど存在感抜群」。(上から)バングル「マーマノンマーマ」(K18 RG×アメシスト×ダイヤモンド)・(K18RG×ロンドンブルートパーズ×ダイヤモンド)・(K18RG×ペリドット×ダイヤモンド)各¥280000/ポメラート・ジャパン(ポメラート)
【TASAKI】
「優美なパールとロックな雰囲気のミックスが最高にしゃれてる」(編集マフユ)

気鋭デザイナー タクーン・パニクガルが手がけた「リファインドリベリオン」シリーズの新作。「シンプルニットにサラリとつけたい」。(上から)ピアス「リファインドリベリオン プラス」(K18WG×あこや真珠×ダイヤモンド)¥360000・ピアス「リファインドリベリオン シグネチャー」(K18YG×あこや 真珠)¥125000/タサキ(タサキ)

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測したサイズ(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です。WG=ホワイトゴールド、YG=イエローゴールド、RG=ローズゴールドの略です。※BAILA2018年11月号掲載

関連記事
  • 先日、マリソルメンバーでの忘年会に参加してきました!私にはなかなか機会の無いホテルディナー、 「何を着る??(;'∀')」考えた末に”いつもの私+アガるジュエリー”に決まりました☆安定のネイビーワントーンで!ラップパンツに袖コンシャスブラウス♡主役はジュエリーです☆顔合わせランチ会に参加できなかった大阪在住の私、 なかなか皆に会えなくて「日程が合うのなら忘年会には行きたいわ!!」 てなわけで、遠路遥々行ってまいりました。 毎度、マリソル行事を理由に「一泊+東京で会いたい人に会う」 を設定しての一人旅、楽しい!! しかし兵庫県のド田舎出身&常にオシャレに貪欲…てなわけでもない私は 焦ります!!すごーく焦ります!!(笑) 何を着ていいのやら…行く前から気後れ(;・∀・) いつも着る物に悩んだ時は友達にしつこく相談して意見を求め、 地味過ぎる、もっとはじけろ、顔周りが暗いetc. ごもっともなありがたいアドバイスを受け(笑) 本来の自分の感覚とかけ離れていき迷走・・・。 なので今回はスッパリと「地味でもいいから自分らしく!!」 をモットーに考えました。ここのところ黒に傾倒している私ですが 人生の半分以上は「私のベーシックカラーはネイビー」で来ました。 なので今回は制服の様に選んでしまう安定のネイビーに決定です☆ アガるジュエリーを主役に!!袖コンシャスブラウスで少し華やかに♡ブランドの違う上下をセットアップ風に☆手持ちのエリオポールのラップパンツに合わせて、 シルク混のアントネッリのとろみのある袖プリーツブラウスを調達しました。 袖プリーツ、私にしてはなかなかフェミニンでそわそわするところですが(;・∀・) そこは知的で上品見えが約束されているネイビー、許容範囲内かな? 少しの華やかは要るよね(;'∀')とこちらに決定。 そしてそして!! コーディネートの主役は「テンションのアガるお気に入りのジュエリー」です! 選んだのは存在感のある大きさと色、服が抑えめだからこそ活きてくるやつです☆ グリーンクォーツ アメジスト スモーキークォーツ ダイヤモンド 自分の定番服に変化を与えるなら、お気に入りのジュエリーを! サラッと着けられるようなおばあちゃんになりたい・・・ そんな話で盛り上がれる美女組同期&先輩ともお話しできて 話のネタにもなってくれた私のアガるジュエリー、主役にして正解だったかな? マリソル1月号の「今月の”一目惚れ”買い!」(18ページ)にも 「自分の手を見るたびにアガる! お洒落プロが一目惚れ買いした存在感抜群のリング」が紹介されていましたよね。 私のお気に入りは特別ハイな物でもなければ 必ずしも誰もが知るブランドの物ではありませんが、 やはり自分の手を見るたびに気分は上がります♡ 自分らしさをお気に入りジュエリーに託す、 そんなのもありじゃないでしょうか。 鞄はいつものアンテプリマ、靴は数年前の銀座かねまつ、 シルバーで華やかカラーですが、実はいつか書いたAQUABELLシリーズの物です。 お天気が不安だったため、余計に重宝!!他の画像を見る忘年会はウェスティンホテル東京のフレンチレストラン、ビクターズで♡ こんな華やかな席でこんな美味しいお料理、私には年1回ある?(笑) それぐらいの出来事です(;・∀・) この日は大きなツリーを三つ見てきましたよー!! レストランは最上階、お天気もどうにか持ち、東京タワーも見え、 ロケーション最高!! 会ったことのない初めましての同期&先輩達にも会え 心の中で「ブログで見た人~♡」なんて興奮しながら ホテルのスタッフの方々の手厚いサービスを受け、 あっという間にステキな時間が過ぎていきました(〃艸〃) 美女組の皆さん、ホテルスタッフの方々、ありがとうございました。 一泊二日、会いたい人にも会えたし、忘年会以外にも 予定詰め詰めで楽しんだ二日間、満喫してきました! また一つ良い思い出が増えたー☆ウェスティンホテル東京ビクターズ>>>私のアガるジュエリー記事>>>私の晴雨兼用パンプス記事(AQUABELLシリーズ)>>>美女組No.142 yoccoのブログ
  • LEEオフィシャルブロガー100人隊のブログより、今もっともHOTな4記事をお届けします。 今回は服からクリスマス関連アイテムまで、お買い物クリップが4記事揃いました! <今日のお買い物> ■008 なもさん「顔色アップの12closetニットと、リヨンちゃんとデートのお話」 008 なもさん 【福田麻琴さんコラボ】【洗える】Aラインホールガーメントニットを購入しました。 LEEパーティのとき、LEEマルシェ試着コーナーに置いてあるニットのピンク色が鮮やかで「あんな色のニットを着てみたいなぁ」と一目ぼれしたのですが、パーティでは勇気がなく試着せず……。 が、12月の上旬、mieちゃんに誘ってもらったFLAGSHOPのイベントで試着するチャンスが……着てみると、やっぱり可愛い! 一目ぼれしたピンクか、穏やかなブルーか悩んでいたら、mieちゃんが「絶対ピンク」と後押ししてくれました、mieちゃんありがとう。 前置きが長くなりましたが、一目ぼれしてよかったなぁと思えるニットでした。 008 なもさん 縫い目の出ないホールガーメント機(初めて知りました!)で編まれているそうです。ふんわりとしたシルエットもとても好み。 LEEマルシェの商品ページで「さし色効果&顔映りのよさに惹かれたピンク」と福田さんのコメントが掲載されています。 もうほんとにこれ1枚着るだけで、顔色がぱっと明るくなっている気がします! 疲れてる?と言われることが多いのが悩みのわたしにぴったりです。 かわいらしいピンクですが、上品さがある色味で、30代後半で着ても大丈夫(……なはず・笑)。自分自身も嬉しい気分になれています!デニム、チノ、細身のパンツ、コットンスカートと何にも合います。 008 なもさん こちらのニットを着て最初にお出かけした先は……LEE100人隊No.015 リヨンちゃんとのデート♪ 日が落ちてダウンライトになったカフェでも映えるピンクのニット。 リヨンちゃんに撮ってもらいました。 三菱一号館美術館Café1894、明治のノスタルジックさとクリスマスの雰囲気が何とも洒落ていて大人な空間(の中で気取りまくりで失礼しました)。 ◇編集部スタッフにも大人気のニットを購入したなもさん。ピンクの色味が絶妙で、とってもお似合いです。 【なもさん】 <暮らし発見> ■TB はぐさん「tomoko ogawa calender 2019」   TB はぐさん 憧れの100人隊先輩隊員さん ogawaさんのカレンダー。 TBミワコちゃんもUPされていましたね♡ 福岡で開催された個展に、卒業生のmarokoちゃん、ふうこちゃんと行ってきました。私が100人隊になる前から憧れていたogawaさん。 はじめましてだったのですが、透明感に溢れたそれはそれは素敵な方でした。 欲しかったイラストは完売してしまっていたので、カレンダーを購入させて頂きました。 とても繊細なイラストが大好きです♡ ogawaさんのイメージそのもの♡ あ~素敵♡ お部屋の雰囲気を優しくしてくれます。 ◇憧れ卒業生・作のカレンダーを購入したはぐさん。毎年買うという隊員も多い人気アイテムです。 【はぐさん】 <今日のお買い物> ■031 azusaさん「逆さツリーとクリスタルオーナメント」 031 azusaさん めっきり寒くなってきましたね。生後5か月になる次男と過ごすお家時間も長くなってきたので、家の中もクリスマス仕様にしてみました。 恵比寿のアトレに入っているB-Companyで一目ぼれした逆さツリーとクリスタルオーナメントをダイニングテーブルの片隅に。 031 azusaさん クリスマスのオーナメントが吊るしやすい、りんごの木をイメージしたLEDツリー。 枝の中にワイヤーが入っていて自由にアレンジが可能です。ハンギングで飾る場所が思いつかなかったので花瓶代わりにしているIKEAの水差しに入れて、同じショップで見つけたクリスタルオーナメントで飾り付けをしました。 031 azusaさん 逆さツリーの枝先のLEDライトが8種のパターンでキラキラ輝き、その光でクリスタルオーナメントが煌めいて、ちょっとした癒しの空間になっています。 ◇枝のツリーも雰囲気があってとっても素敵ですね! 【azusaさん】 <月刊トップブロガー> ■TB ミワコさん「無印良品の軽くて着やすいブルゾン」 TB ミワコさん 無印良品のフレンチウール混ニットブルゾン。 今年は、コートは買わないつもりでしたが、11月にコートがお題に出てから気になって仕方なく……。 そんな時に、お店でふらーっと見ていて、目に留まり、一目ぼれしました。 お値段もリーズナブルで、生地感が好み。軽くて着やすく、仕事の日に、ジャケットの上から着ても、もたもたしないのも有難い。 ノーカラーの首回りが今年らしくて、休みの日も嬉しく着ています。 TB ミワコさん ストールを取ると、こんな感じです。40代は、軽さと着やすさが大事。 ◇ラストはミワコさんの無印良品購入品。品薄アイテムのようですが、店頭で見かけたらぜひチェックを! 【ミワコさん】
  • 女性がリラックスして着られるロマンティックなウェアが主流 2 AKRIS ルーマニアの現代アーティスト、ジェタ・ブラテスクの作品とコラボレートした3 ANDREAS KRONTHALER FOR VIVIENNE WESTWOOD 着想源はアフガニスタンのスケーターと家具や調度品をまとめたリッツホテルのカタログ4 A.P.C. ロカビリーテイストを匂わせた今シーズン。スカーフもセットアップと同じレオパード柄で統一5 BALENCIAGA 3Dモールディング技術を採用したドレス。胸部は膨らみ、肩はラグランスリーブを誇張6 BALMAIN パリにおけるエジプト建築に着想。グラフィカルなシェイプや、ガラスパネルにその片鱗が7 CELINE 70年代後半の音楽ムーブメント、Cold Waveの影響が、スクエア形のテーパードパンツに表れる8 CHANEL ベアドレスのストラップには貝殻ビーズが。プレキシガラスのローヒールミュールを携えて9 CHLOÉ 日を浴びて旅に出る現代のヒッピーを表現。バイアスカットのドレスの色は陶器から引用10 COMME des GARÇONS キーワードは、「シンプルをデザインする」。いびつなシェイプはコブつきボディスーツで実現11 COURRÈGES アンドレ・クレージュの歴史に敬意を払い、ビニール素材やロゴ入りタイツをモダンに昇華12 CYCLAS サマーウールのセンタープレスパンツに、ビスコースのエプロンが女性らしい趣を添える13 DIOR チュールを編んだメッシュドレス。ショーのダンスの演出は振付師シャロン・エイアルが指揮14 DRIES VAN NOTEN ワークウェアとクチュールを融合。ジャンプスーツを、羽根飾りやビーズメッシュが華やかに15 GIVENCHY 男性性と女性性をミラーリング。テーラードジャケットは、小さめの肩と袖の折り目が新しい16 GUCCI 冒頭にホラー映画『A Charlie Parker』(’70)を上映。ラテックストップスにいちごパターンを衝突17 HERMÈS テーマは乗馬と航海の世界。ラムレザーに目の覚めるようなオレンジ色をのせて快活に18 ISABEL MARANT アシッドウォッシュデニムやラメドレスは70年代NYにあったクラブ、スタジオ54に着想19 ISSEY MIYAKE パンをこねるように形を変えられる布、DOUGH DOUGHを用いた帽子は自由に変形する20 JACQUEMUS イタリア大使館の庭で行われたショー。極端に大きなストローバッグに視線が集中21 JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS デニムを用いてパンキッシュなルックを構築。何本ものジーンズをつなげたドレスも登場22 KOCHÉ アフリカや日本、インドなどさまざまな地域の民族衣装をミックスし多様性を追求した23 LEMAIRE タイダイ染めやたっぷりと布を使った量感のあるシルエットが多々。遊牧民を思わせる装いだ24 LOEWE 会場は、ロンドンに60年代に存在した実験ギャラリーを再現。絞りや編みの技術を取り入れた25 LOUIS VUITTON 冒険家がはるか彼方への遠征で手に入れた記念品を想起させる装飾。SF的な雰囲気も26 MAISON MARGIELA 特定の性別に紐づいた服(スカートなど)を開放し、ジェンダーレスなアイテムに再解釈した27 MARINE SERRE F1をイメージソースに未来の服を提案。既存の服を用いたアップサイクル・ウェアも多数28 MARQUES' ALMEIDA 今季、デザイナーは自分たちの原点であるポルトガルに立ち返った。シルエットにその趣が29 MIU MIU 20年代や50年代のクラシックなスタイルに着想。毒のあるフェミニニティを存分に発揮した30 NOIR KEI NINOMIYA 細いワイヤーによって、PVCのフリルは力強く波打つ。綿毛のヘアは今回も東信が担当31 OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ ショーにはアスリートが8人登場。ナイキの靴下を貼り合わせたレギンスなど主軸はスポーツ32 PACO RABANNE 壁紙のような花柄をのせたシルクパンツに、げたサンダル。東洋と西洋が心地よく調和する33 ROCHAS プレーンながら、パターンの美しさがわかるコート。裾からフェザーがドラマティックに揺れる34 SACAI 起点はミリタリーウェア。左右非対称に異素材を掛け合わせ新しいシルエットを探求した35 SAINT LAURENT デヴィッド・ボウイやジミ・ヘンドリックスといったアイコンから得たテイストをちりばめて36 SONIA RYKIEL ショー当日、ソニア・リキエル通りと命名された道がランウェイに。パリ市民の生活に着想37 STELLA McCARTNEY サステイナブルビスコースを用いたルレックス生地のドレスは、空気をはらんで体を包み込む38 THOM BROWNE 海の生き物やフルーツなど楽観的なムードのスタイルに、マスクや拘束着で冷酷さを加えた39 VALENTINO 巨大な麦わら帽、マラケシュに着想を得た色、花鳥風月の柄がファッションの夢へと誘う40 Y/PROJECT ベーシックなアイテムに、未知のモチーフやアクセサリーを掛け合わせ、意表をついた41 YOHJI YAMAMOTO ラブソングをテーマに、ゆとりがありながらセンシュアリティを漂わせる服を展開した
  • ロマンティックとリアリティの両方を追求する新進ブランドが多数 2 BURBERRY リカルド・ティッシによる新生バーバリー。「キングダム」と題し、あらゆる世代に服を提案3 CHRISTOPHER KANE 「Sex in Nature」がキーワード。ビッグビジューのトップスとデニムの組み合わせが新鮮4 ERDEM ドレスアップすることで心が解き放たれるパワーに注目。華やかなヴィクトリアンドレス5 HOUSE OF HOLLAND パフォーマンスウェアとストリートウェアの融合を実現。ジャケットにテクニカルベストを6 JW ANDERSON 軽やかなストライプドレスにレースの襟を。彫刻家リンダ・ベングリスにオマージュを捧げて7 MARGARET HOWELL シャツを軸にスポーティなフィーリングを取り入れた。カーキのショートパンツがキュート8 MARY KATRANTZOU ブランドデビュー10周年を記念したレトロスペクティブなショー。アーカイブを昇華した9 MM6 MAISON MARGIELA ファッションが持つ社会的責任に言及。チャリティや古着(不用品)がコンセプト10 MOLLY GODDARD マーケットがショーの舞台。アイコニックなチュールドレスは可憐なギンガムチェックに11 NABIL NAYAL 2017年のLVMHプライズ ファイナリストになり注目を集める。ヴィクトリア朝が着想源12 NATASHA ZINKO ラングラーの協力のもと、ヴィンテージデニムを再構築。サステイナブルなモードを提案13 NICHOLAS KIRKWOOD ロンドンで初となるショー形式の新作発表。TVをモチーフにデジタル時代の反骨精神を表現14 PORTS 1961 夏の開放的なムードを反映。カラフルなチェックにワークパンツを合わせてイージーに15 REJINA PYO ノスタルジックなポルカドットのドレスで甘い夢を。美しい混沌をファッションに託して16 RICHARD QUINN ファーストルックはオールブラックのドレス。プリントを得意とするブランドの新境地を見せた17 ROKSANDA ベルトを巻いたオーバーサイズのブレザーがキーアイテム。エレガントな日常着が揃う18 SIMONE ROCHA デザイナー自身のルーツである中国に思いを馳せて。清王朝の女性のプリントや刺しゅうが登場19 TOGA サイクリングパンツにロココ調のプリントを。世界の都市で目にするさまざまな情景を取り入れた20 VICTORIA BECKHAM ブランド創立10周年を記念して、初めて祖国でショーを開催。モダンウーマンのための服
  • おしゃれなスタイルでワクワクさせてくれる人気スタイリスト辻直子さん。彼女がこの冬、訪れたのはのドイツ・ベルリン♡ ギャラリー・美術館巡りを中心にアクティブに過ごした5日間の旅のワードローブを拝見しました! 【スタイリスト辻直子さん】 "らしさ”のあるセンスあふれるコンサバかつモダンなスタイリングが絶大な支持を得る。本誌連載をはじめブランドディレクションなど多方面で活躍。旅先のファッションも、目的に合わせた自分らしいスタイルが素敵!色、素材、フォルムで余韻を残すワードローブDay1 ブライトカラーニットを主役にショッピングへ メンズを中心にいろいろなお店を回りました。ヨーロッパの街は石造りで落ち着いているので、派手なものが着たくて。多色使いのニットに赤いバッグ、デニム合わせでカジュアルにまとめました。Day2 夜遊びは軽快に。毛皮×Tシャツが定番 夜遊びの予定がある日は、軽快なスタイルで。アウターを脱いだらTシャツという、なんてことない格好が好きです。ショートボトムにニーハイブーツでアクティブに。色はシックな黒でまとめます。Day3 肩ひじ張らないニットワンピでディナー ディナースタイルは、一緒に行く友人の雰囲気に合わせることが多いです。この日はあまりドレッシーにする感じではなかったので、ニットワンピースで。色や足もとのパールで華やかさが出るように。Day4 歩きやすさを重視してギャラリー巡り ギャラリーや美術館を巡る日には、着心地のいいニット×レギンス、足もとはヒール太めのブーツを。グリーンのファーブルゾンは羽織るだけで雰囲気が出るから、シンプルなスタイルにもぴったり。Day5 街歩きのときはラフだけど印象的な柄アウターを ほかの日とは少し違ったテンションで、インパクトがあるものを着たくて選んだアウター。どこかメンズライクで存在感のある柄が気に入っています。そのぶんボトムは極シンプルにスリムな黒パンツを。Column コートを着込んでも映える耳まわりのジュエリーを多めに コーデに合わせてジュエリーも替えたいので多めにセレクト。耳もとのジュエリーをはじめ、半袖になったときポイントになるバングルも必ず。ネックレスは、ニットの上にできるものを。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年1月号掲載
  • おしゃれが好きで、流行にも敏感なハイスペック女子との女子会。女友達のなかでも最も手ごわいタイプにはわかりやすいトレンドをひとつ取り入れたスタイルが有効! 楽しみの半面、「何を着ていけばいいの?」という悩みを解決します! コーデのどこかに取り入れて!【+1トレンドアイテム】10選+1Trend【カラーコート】 登場から去りぎわまで、おしゃれな印象をしっかり残してくれるカラーコート。女子ウケのいいピンクでさらに感度よく♡ ×ブルーのようにきれい色からダークトーンまで意外にも合わせる色を選ばないピンク。着心地も軽やかかつ、ノーカラー&比翼仕立てで上品な仕上がり。コート¥42000/イエナ ラ ブークル(イエナ) ニット¥43000/ビームスハウス 丸の内(エリン) パンツ¥20800/ショールーム セッション(サージ) ピアス¥11800/ガス ビジュー 青山(ガス ビジュー) リング¥20000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥55000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)+1Trend【レオパード柄】 派手で可愛い、アクセント上手なレオパード。バイラ世代は足もとで小さく取り入れるだけでも効果絶大。 定番のトレンチコートも、足もとのレオパードがあることで一気にこなれた表情に。起毛感のある革で柄物にありがちな、安っぽさとも無縁。安定感のあるスクエア型のチャンキーヒールで歩きやすく、また後ろ姿もすっきりきれいに見せてくれる。ファスナーで着脱も楽ちん。靴¥49000/エストネーション(ペリーコ サニー) コート¥117000/ニアー(ニアー ニッポン) ベレー帽¥5000/カシラ ショールーム(カシラ) バッグ¥120000/ドレステリア銀座店(ザンチェッティ)+1Trend【大きい耳盛り】 つるっとした陶器のテクスチャーでトレンドの耳盛りをさらにアップデート。 女らしいニュアンスカラーとユニークなフォルムに目を奪われる、バルセロナ発の耳盛りアクセサリー。見た目の大きさに比べ、軽い使用感もうれしい。一点で抜群の華やぎを見せる存在感に頼って。ピアス¥8900/ビームス ハウス丸の内(レベンス ジュエルズ) ニット¥43000/クルーズ(エリン) パンツ¥28000/サザビーリーグ(マザー)+1Trend【チェック柄】 メンズライクな大ぶりのチェックでこなれたカジュアルを満喫して。 地厚でしっかりとした生地感が、カジュアルなチェックシャツに端正なクリーンさをプラスしてくれる。シルバーのバッグやピアスなど、輝きを足してメンズライクな見た目にキャッチーなアクセントをつけて。シャツ¥48000/カオス丸の内(カオス) ニット¥27000/ebure ピアス¥38000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バングル¥16000/ロペ エターナル(ローレン マヌーギアン) バッグ¥142000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)+1Trend【派手色スカーフ】 暗い色の着こなしが多い冬こそ、きかせの派手色が出番。 写真のようにカーキをはじめ、旬のブラウン、そして鉄板のネイビーや黒とも相性のいいオレンジ。一枚あると便利な、華やか上手な逸品。スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ブラウス¥34000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ピアス(1個)¥15000・リング¥38000/ショールーム セッション(マリア ブラック)+1Trend【タートルネック】 テクニック不要。インに着るだけで誰でも即、上級者な装いが完成♡ さりげない指抜きのデザインもポイントに。タートルニット¥14000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥46000/マディソンブルー スカート¥41000/クルーズ(エリン) ピアス¥7000(ガリャルダガランテ)・靴¥123000(サルトル)/ガリャルダガランテ 表参道店 サングラス¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ボワネ) バッグ¥138000/アマン(ザネラート)+1Trend【パープルカラー】 今っぽさも女らしさも手に入る注目カラーをニットでマークして。 ベリー寄りの色み&ハイゲージで美女感たっぷり。¥14000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) やや横に広くあいたネックラインがヘルシーな色気を約束。¥16000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) 後ろの着丈が長くスタイルアップにも期待できる。¥29000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント)+1Trend【レギンス】 この冬は黒タイツよりもレギンスが足もとのおしゃれに効果的。 今季ならリブやスリット入りなど、どこかに凝ったワンポイントがあるレギンスが狙い目。ワンピースやミニボトムとのコンビネーションを楽しんで。レギンス¥9000/オーラリー ワンピース¥37000/ティッカ ライダースジャケット¥88000/ゲストリスト(アッパーハイツ) サングラス¥55000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥100000/カオス丸の内(ルッツ モリス) 靴¥125000/ビームス ハウス 丸の内(フラテッリ・ジャコメッティ)+1Trend【白い靴】 抜け感たっぷり! 一足あれば、ワードローブが見違える飛び道具。 コレクション会場でも多く見られた白い靴。着こなしが一気にあか抜け、しゃれ感が加わる。内側ファスナーでミニマムな見た目も◎。靴¥64000/ザ・グランドインク(ロランス) ブラウス¥19000・キャミワンピース¥34000/サード マガジン ハット¥67700/カシラ ショールーム(メゾン ミッシェル) ピアス¥26000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) リング¥11000/ロペ エターナル バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)+1Trend【ファーバッグ】 シンプルな着こなしにも映えるふわっと可愛いプラスワンを引き連れて。 (ブルー)チェーンストラップでエッジィな一面も。¥33000/ADORE 六本木ヒルズ店(メゾン ボワネ) (ホワイト)部分的なファーのデザインでオケージョンにも対応。¥45000/アマン(ペリーコ) (ブラウン)小ぶりなサイズ感が取り入れやすい。巾着型で愛嬌もたっぷり! ¥16000/エリオポール代官山(マルコ マージ)撮影/西㟢博哉〈MOUSTACHE〉(人) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumi.ni〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 撮影協力/銀座 創龍 ※BAILA2019年1月号掲載
  • 世代を超えておしゃれな女性に支持されるアクセサリーブランド「NOJESS(ノジェス)」が、代官山に路面店をニューオープン! パリジェンヌの部屋をイメージした空間には、思わず手に取りなくなるアクセサリーが並ぶ。12月25日(火)まで開催中の「Treasure Chest Campaign」も見逃せない。 マチュアな愛らしさと上品なあたたかみに満ちたアクセサリーを展開する「NOJESS」。パールやカラーストーンを用いた繊細なアクセサリーは、個性的でありながら多彩なファッションに合わせやすいのが魅力。12月14日(火)にオープンした路面店は、パリジェンヌの部屋をイメージし、宝物を手にした時のときめきや自分だけの贅沢感を演出。趣味の部屋やダイニングキッチン、リビングに、ドレッサーやクローゼットがコーディネートされた空間で、リングやネックレス、時計などのスペシャルなアクセサリーが見つかる。 なかでも注目は、代官山店でしか出会えない数量限定のアイテム。クラウンモチーフの「pinky ring/K10YG and diamond」は、上下に広がる透かしとダイヤモンドの輝きが華やかな1品。ラウンドブリリアントカットを施したダイヤモンドがきらめく「ring・pinky ring/K10YG and diamond」や、ライトアップされた街並みをイメージしたカラーストーンの「ring・pinky ring/Gold plated silver and natural stone」など、手に取って確かめてみて。さらにパリで買い付けたアンティーク雑貨や文房具が手に入るのも、代官山店だけのお楽しみ。 壁にほどこされたARイラストも要チェック。店内でスマートフォンをかざすと、いたるところにノジェスの世界観を表現した手書き風のイラストが出現する。オープン記念として12月25日(火)までの間、指定のイラストを3つ見つけてスタッフに伝えると、店内にあるカプセルトイを1回無料で回せる「Treasure Chest Campaign」も実施。カプセルトイを回すと、カラフルなバリエーションが揃うメダイチャームや、パリから買い付けてきた雑貨が当たるチャンスが。12月25日(火)以降も、ノジェス 代官山で5400円以上購入すると1回チャレンジできる。 また、店内のフォトブースで撮影した写真を、「#nojess_daikanyama」のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿し、ベストショットに選ばれると、春の新作アクセサリーがもらえるキャンペーンも開催中。2019年1月31日(木)までの投稿が対象なのでぜひトライを。<DATA> ノジェス 代官山 オープン日:2018年12月14日(木) 営業時間:11:00~20:00 定休日:不定休 住所:東京都渋谷区恵比寿西1-34-26 アクセス:東急東横線「代官山駅」正面口よりすぐ 数量限定アイテム 「pinky ring/K10YG and diamond」45360円 「ring・pinky ring/K10YG and diamond」ring15120円・pinky ring10800円 「ring・pinky ring/Gold plated silver and natural stone」ring19440円~・pinky ring15120円~ ノジェス 代官山03-6455-2511http://nojess.net/daikanyama/ text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • 柄、きれい色、今どきなボリューム。いつものワードローブに+1で、冬おしゃれを格上げする服と小物を厳選! カジュアルコーデの洗練に最適な クラシカルでほんのり甘いブラウス Crespi クレスピ ロールネックブラウス ¥13000 パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥22000/シップス 大宮店(アフター シェイブ クラブ) ロールアップされたスタンドカラーや胸元の切り替え、適度にふんわりとした袖のボリューム。 雰囲気のあるメランジ調のライトグレーとのバランスが、上品な着姿を叶えます。 ほどよく薄軽な素材なので、ジャケットやカーデとも好相性。 ボトムにインしやすいサイドスリット入りです。 【ロールネックブラウス】をチェック! 今季らしさも顔映え力も抜群な ラベンダーを上質素材で満喫 NOMBRE IMPAIR ノンブルアンペール カシミヤシルククルーネックニット (各)¥9500 パンツ¥18000/デミルクス ビームス 新宿 バッグ¥40000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ムーニュ) ピアス¥1400/ジオン商事(スリーフォータイム) ネックレス/スタイリスト私物 オンもオフもイベントの多い12月は"顔映え"トップスが必須です。 ラベンダー色の美しい発色が印象的なクルーネックニットは、カシミヤを得意とする紡績工場から特別に仕入れたカシミヤシルク糸を使用。 ほのかな起毛感があり、しっとり柔らかな肌触りです。アクセ使いが控えめでも華やぎが醸し出せます。ブルーもあり。 【カシミヤシルククルーネックニット】 をチェック! 公式通販LEEマルシェ 撮影/西﨑博哉(MOUSTACHE)(モデル、ロケ物) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/石上美津江 モデル/今井りか 取材・文/鈴木絵美
関連キーワード

RECOMMEND