藤原美智子さんの新刊にはハッとする名言が満載!

@BAILA

ヘア&メイクアップアーティストの第一人者として輝き続ける藤原美智子さん。本誌で15年間続いた連載をまとめた本『LIFE IS BEAUTY 美しく幸せに生きるための逆算思考』が9月12日、発売となりました。10月号では藤原美智子さんの20代から現在までを振り返り、単行本からの名言とともに、常に「逆算思考」で前向きに過ごしてきた藤原さんの生き方のセオリーを紹介しています。

25歳、パリのカフェで。
できないことばかりで、がむしゃらに過ごした20代のワンショット。
「自分の体と心でいつもと違うことを体験できる旅は、自分の常識や能力の枠を広げてくれる。その一つ一つが、必ずや自分の人生のエッセンスになるはず」(8章「人生100年時代の逆算思考」より)

あるアーティストのアシスタントに応募したことから、ヘア&メイクアップのキャリアをスタートさせた藤原さん。「20代前半は、アシスタントをしながら『美意識』を学んだ時代。美は美しくつくるから美しい。美意識の高い先生から、オレンジジュースはコップにどのくらいまで入れると美しいかというような美の目線を学びました」。
36歳、以前の事務所で。
34歳の時に事務所を立ち上げ、仕事が広がって行った時期。
「体力も気力も充分にあってまだまだいろんなことにチャレンジできる。30代は、人生で最も可能性が広がる時期。私も無理も失敗もしたけれど、人間関係や仕事の幅がうーんと広がったし、素晴らしいこともたくさん体験した」(1章「ピンチをチャンスに変える」より)

「33歳のときハワイでダイヤモンドヘッドの光を見て『この光のように私は自分を輝かせているだろうか』と思い、その後事務所を立ち上げました。それまで思い立ったらすぐ行動できる自由が好きでしたが、責任のある人生を体験してみよう、先延ばしにしていた“いつか”を今にしようと思ったんです。今振り返っても、本当によくやったなと思える時期でした」
42歳、FEC特別賞を受賞。
日本ファッション・エディターズ・クラブ主催の「FEC特別賞」をヘア&メイクアップアーティストで初めて受賞。
「プレゼンやパーティで必要なのは、外見・内面のバランス。『借りてきた自分』ではなく、いつもの自分の“バージョンアップ”版でいることが、最高のパフォーマンスをつくり上げる方法」(4章「すべてがうまくいくコミュニケーション力」より)

「30代半ばから40代は、思いっきり仕事をした時代」と藤原さん。結婚という人生の大きな節目を迎えたのはちょうど50歳のとき。「私の夢は、日の出とともに起き、日の出とともに寝る。海の近くに住み、食べるものは自分で作るということでした。それがかないだしたのがこの頃。行きたい方向をはっきりさせておけば、人はその道を選ぶものです。バイラ世代からその思いを描き、書き留めておけば、かなう可能性はより高まるのではないでしょうか」。
56歳、BAILAの取材で自宅を紹介。
下田に家を建て、ウィークデーは東京、週末は下田、という生活を始めて6年。
「私は、そろそろ人生を楽しみたいと思ったとき、私の望みの『生活を一緒に楽しめる』夫に出会った。自分が本当に望むものだけにピントを合わせれば、出会いは必ずあるはず」(5章「『出会い力』の鍛え方」より)

人生を先取りする「逆算思考」で思いどおりの未来が始まる

がむしゃらな20代、気づきの30代、自由な40〜50代。60代に突入した今は、インスタなどを通して人生における自分の役目がわかってきたという藤原さん。「『ライフスタイルデザイナー』という肩書を加えたのもそのため。思えばBAILAの連載『ライフ・イズ・ビューティ!』はその始まりだったかもしれません。食事、生活の仕方、考え方。キレイを目指すために大事なことをライフスタイルから提案できたから」

迷える心にジワジワ響く言葉がぎゅっと詰まった1冊に!

2003年からの本誌連載「ライフ・イズ・ビューティ!」(スタート時は「美の語録」)で迷える30代の心に寄り添ってきた藤原さん。仕事、ファッション&メイク、人間関係、結婚など、バイラ世代が直面する関心ごとや悩みに対して、的確な言葉で答えてきました。その人気連載が、今回、『LIFE IS BEAUTY〜美しく幸せに生きるための逆算思考』として単行本に。これからの10年、20年をずっと美しく幸せに生きるために、心の片隅に置いておきたくなる珠玉の名言が満載の1冊。ぜひ、チェックしてみてください!

単行本はこちらからも入手できます!


撮影/野口貴司 米谷亨(自宅取材)スタイリスト/門馬ちひろ 原文/北林道子

関連記事
  • 探しているのは白? 黒? それともニュアンスカラー? 「欲しい!」が必ず見つかる、2019年「スニーカー」図鑑。 1.「きれいめ」スタイル2.「トレンド」スタイル3.「ベーシック」スタイル1.「きれいめ」スタイル【LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)】ショートブーツ感覚で履けるラグジュアリーなハイカットスカートにもパンツにも合わせやすい、オーソドックスなフォルム。@BAILAより【LOEWE(ロエベ)】長く大切に履ける白スニーカーに投資!休日だけでなく通勤にも使える上品さ。上質なレザー素材で、より洗練された印象に。@BAILAより【JIMMY CHOO(ジミー チュウ)】さりげないセンスが光る「キャッシュ」真っ白のレザースニーカーのかかとに、ブランドのアイコンでもある星のスタッズを発見。Web eclatより【Stella McCartney(ステラ マッカートニー)】アディダスの「スタンスミス」との名品コラボが実現!ベジタリアンレザーを使用し、左足のタンにはデザイナーご本人のポートレートが。Marisol ONLINEより【adidas Originals by Alexander Wang(アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワン)】きれいめとモードの中間点「AW B BALL」カジュアルすぎず、ほっこりしない理想の白スニーカー。第4弾となる話題のコラボからピックアップ。@BAILAより【adidas(アディダス)】ローテクスニーカーの代名詞「スタンスミス」休日だけでなく通勤にも使える、プレーンなデザインと清潔感たっぷりの白レザー。Marisol ONLINEより【emmi×adidas(エミ×アディダス)】他では手に入らない特別感により愛着の湧くコラボ「SAMBA ROSE W」すっきりとしたフォルムに加えて、足になじむレザーの質感も大人仕様。@BAILAより知る人ぞ知るブランドの名品スニーカーをチェック!シンプルな中にもオリジナリティのある白スニーカーたち。右からエリックシェイデン、パトリック、ノヴェスタのもの。Marisol ONLINEより【Nike(ナイキ)】履くだけで即こなれるハイテクスニーカーシルエットが細身ならシンプルな印象。通勤やきれいめスタイルも似合う、万能モデル。@BAILAより【ZARA(ザラ)】タイツにも素足にもマッチする様々なテクスチャーを盛り込んだ一足服と同様、トレンドを凝縮したスニーカーに出会えるZARA。さりげない異素材ミックスや色使いも、第一印象はミニマムにまとめて。@BAILAより【UGG®(アグ®)】ブーツ見えするネオプレーン素材「ニュートラ スニーカー」ロゴを主役にしたスニーカーならピンクもぐっとモダンに。スタイルアップも叶うさりげない厚底で、バランスも取りやすい。SPUR.JPより【adidas(アディダス)】シックなカラーリングで洒落た装いをアシスト適度なボリュームもきれいめにこなせる「PROPHERE」。1年を通して合わせやすいニュアンスカラーもポイント。@BAILAより【PUMA(プーマ)】着こなしの幅を広げるオン・オフ対応ハイテクスニーカースポーティすぎず、合わせる色を選ばないグレー。クロスストラップによって足元がキュッと引き締まって見えます。@BAILAより【HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ™)】モノトーンにリズムをつける「MACH」パンツにもスニーカーにも合わせやすいから、高機能ハイテクスニーカーは今後さらに脚光を浴びそう。@BAILAより【PUMA(プーマ)】伸縮性抜群のニットスニーカーも知的なネイビーで柔和な素材感がフェミニンな雰囲気。白のソールがちょうど良い抜け感に。@BAILAより【BUTTERO(ブッテロ)】マルチに使える黒レザーでフレキシブルにボリュームのあるダットスニーカーも、上質なレザー素材ならきれいめにシフト。@BAILAより【UGG®(アグ®)】モードな洗練スポーティを叶えるスリッポンタイプ厚みのある白ソールが、重たくなりがちな黒スニーカーを軽やかにブラッシュアップ。@BAILAより【SUPERGA(スペルガ)】黒レザーのローテクスニーカーをお探しなら自然体な中にもきちんと感がある、ちょうど良いバランスのデザイン。黒レザーがピリッと引き締め役に。@BAILAより【ISETAN×Amb(伊勢丹×エーエムビー)】オールブラックに映えるキャッチーなファーをあしらって頑なな黒こそ素材感に変化をつけるだけで、定番のスニーカーがもっと素敵に。@BAILAより2.「トレンド」スタイル【GUCCI(グッチ)】コーディネートの主役は最旬ダットスニーカーシンプルな白スニーカーと見せかけて、ミーハー心をくすぐるサイドのブランドロゴがアイキャッチ。@BAILAより【CHANEL(シャネル)】シンプル服に効く! 今っぽいスパイス小物ストリートな要素にピンクで可愛げを。それでいて【CHANEL】だなんて、無敵。@BAILAより【Christian Dior(クリスチャン ディオール)】エキゾチックな総柄プリントが目を引く「WALK’NDIOR」職人技による繊細なマテリアルに、現代的なロゴを配したシューレースのメゾンならではのマッチング。@BAILAより【PRADA(プラダ)】新作は人気急上昇中のハイテクスニーカーニット素材にアイコニックなロゴが目印。それでいて合わせる服を選ばないミニマルさが◎。SPUR.JPより【PRADA(スニーカーブーツ)】赤いラインが印象的な「リネア・ロッサ」シリーズ足袋のように足にフィットし、快適でいながらその装いをモードラバーに。SPUR.JPより【BALENCIAGA(バレンシアガ)】世界でも限定店舗でのみ販売されているマニア垂涎の「トラック」スニーカーブームを牽引する【BALENCIAGA】。「トラック」の誕生で、ハイテクスニーカーブームが本格的に到来の予感!SPUR.JPより【adidas Originals by Alexander Wang(アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワン)】未来的なデザインの白スニーカー「AW TURNOUT B BALL」白と黒で構成された特徴的なフォルム。シンプルな黒のワンピースに合わせるだけで、圧倒的におしゃれ!@BAILAより【adidas Originals by Alexander Wang(アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワン)】他では見つからない配色や変則的なソールに注目「AW TURNOUT TRAINER」アレキサンダー ワンならではの色使い、ウェーブを描くフロントやソール部分がユニークな一足。@BAILAより【adidas Originals by Alexander Wang(アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワン)】スニーカーも黒なら冒険すべき! 「AW PUFF TRAINER」足首を一周する「ALEXANDER WANG」ロゴが足元に映える。@BAILAより【Reebok(リーボック)】90年代の古き良きムード「DAYTONA DMX」白スニーカーに派手色をトリミング。ボリュームがありながら細身なので、スタイルアップにも効果有り。@BAILAより【Reebok(リーボック)】リバイバル人気に火をつけた「INSTA PUMP FURY OG」90年代のハイテクスニーカーブームといえば、の通称ポンプ。まるでロボットのようなゴツいフォルムも、シックなグレーで今どきに。@BAILAより【Nike(ナイキ)】ときめきと機能性を両立したピンクのハイテクスニーカーシューレースやソールまで、すべてスモーキーピンクで統一。ヌードカラーのようになじませやすく、PVC感覚のクリアソールもポイントに。@BAILAより【Nike(ナイキ)】都会的な赤の取り入れ方が秀逸「NIKE AIRMAX 270」斜めにあしらわれた濃淡のストライプが、印象的な色使いをスマートに演出。レディな赤、ではなくストリートな赤が新鮮。@BAILAより【PUMA(プーマ)】鮮やかな色使いのダットスニーカー「サンダースペクトラ」ハイテクスニーカーならではの、ほっこりしない辛口仕立て。Marisol ONLINEより【Reebok(リーボック)】シンプル服の可能性を広げるキャッチーな存在感コーディネートに個性を与えてくれるフォルムも、上品ネイビーなら安心。@BAILAより3.「ベーシック」スタイル【HERMÈS(エルメス)】ベーシックにこそ品格を宿す本物をスニーカーに【HERMÈS】という贅沢。身近なカジュアルアイテムに投資をすれば、自然体がもっと素敵に。@BAILAより【SAINT LAURENT(サンローラン)】定番の「コート クラシック」もベーシック派はキャンバス素材で素材感によって表情も変わるもの。手描きタッチのロゴが、気張らないアクセントに。@BAILAより【SUPERGA×Alexa Chung(スペルガ×アレクサ・チャン)】柔和なスエードが白スニーカーに温かみを白でも奥行きを作ってくれるスエード素材。普段着デニムからお出かけワンピまで、幅広いワードローブに対応してくれる。@BAILAより【SUPERGA×Alexa Chung(スペルガ×アレクサ・チャン)】見逃せないコラボのバリエーションをお届け!【SUPERGA】のベーシックなフォルムに、Alexa Chungのさりげないこだわりが光るラインナップ。品良く、そしてこなれて見えるシンプルスニーカーの宝庫!LEEより【CONVERSE(コンバース)】ヴィンテージ風の「シェブロンスター」どことなくヴィンテージっぽさがありながら、クリーンな白×ブルーでさわやかに。Marisol ONLINEより【New Balance(ニューバランス)】ベーシックな定番をメッシュアッパーにアレンジ「MSX90」90年代を彷彿とさせる色使いで、白スニーカーをアップデート。@BAILAより【CONVERSE(コンバース)】素材で遊びゴコロを加えた「オールスター クップ トリオスター OX」パテントレザーとスエードでスターモチーフを。シャープな黒、クリーンな白、どちらも欲しくなってしまうアレンジに♡LEEより【CONVERSE(コンバース)】ワードローブの基盤であり永遠の定番「オールスター」ハイカット、ローカット、それぞれ白と黒の両方を揃えているツワモノも。Marisol ONLINEより【CONVERSE(コンバース)】発色の美しい「オールスター クップ スエード OX」ハトメのないシューホールがスマートな印象を与え、スタンダードな【CONVERSE】よりもきれいめな雰囲気。LEEより【New Balance(ニューバランス)】抜群の履き心地を誇るランニングモデル「NBX840」女性らしい優しい色合いに、カラフルなロゴシューレースを。Marisol ONLINEより【VANS(ヴァンズ)】「オールドスクール」もパウダリーピンクで刷新ベーシックな名品は色で印象操作。春が近づくにつれ恋しくなる、きれい色をスニーカーで。SPUR.JPより【JOURNAL STANDARD relume×VANS(ジャーナル スタンダード レリューム×ヴァンズ)】コラボならではのレアなカラーリング「OLD SKOOL エクスクルーシブ」スエードならではの美しい色出しも魅力。鮮やかなターコイズブルーは早いもの勝ち!@BAILAより【CONVERSE(コンバース)】トレンドのチェックを落とし込んだ「オールスター 100 ウールチェック OX」いつもの「オールスター」がトラッド顔に。赤ベースのタータンチェックは、国産のウール地を使用。LEEより【UNITED ARROWS×adidas(ユナイテッドアローズ×アディダス)】オールネイビーの「SAMBA」カジュアルでいて、スニーカー通勤も許されるきれいめ感。上品なスエードも好印象をバックアップ。@BAILAより【emmi×New Balance(エミ×ニューバランス)】モダンなスタイルとスポーティさを兼ね備えた「WL574FHA」【New Balance】のアイコニックモデル「574」の別注アイテム。ロゴはスパンコールというサプライズ♡ ストイックな黒も華やかに。@BAILAより【CONVERSE(コンバース)】アウトドアウエアに使われる防水透湿性素材を採用した「オールスター 100 ゴアテックス MN HI」「ゴアテックス ファブリクス」を採用したスペシャルな「オールスター」は、雨や汚れを弾くのに中は蒸れないという優れもの! アウトドアシーンはもちろん、雨の日も大活躍。LEEより服ももちろん大切だけど、おしゃれの決め手は旬の足元にあり。コーデを選ばず素敵な装いに仕上げてくれる「スニーカー」こそ今、手に入れるべきアイテムです!
  • バイラ世代の体を驚くほどほっそり見せてくれる逸品&着こなしを、スタイリストやライターなどおしゃれを知り尽くしたプロたちと一緒に総力ピックアップ! トレンドの細見えが叶うデニムをお届け。【トレンドデニム大賞】upper hights(アッパーハイツ)のデニム日本人の体型を熟知し、お直しのいらない丈感や、ひざ裏のヒゲの位置など細部までジャパンブランドならではの美脚へのこだわりが満載。「THE SHOE」はフレアシルエットでひざ下を長く見せてくれる人気の型。そのほかの2 型も現在爆発ヒット中。リピーター続出の大人美脚デニムの鉄板ブランド。(左から)【モデル着用】THE SHOE・THE HIGHLINE・THE HIGHLINE デニムパンツ各¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ)「見た目よりものびがよくて、はき心地がいいのもうれしい。何本も買ってしまいます」(副編N)。身長や体型を選ばず、多くのBKI(BAILA着やせ委員会)メンバーから愛用の声が多数到着。 「最旬のデザインでありながら、日本人体型にちゃんと合うのがすごい」スタイリスト 池田メグミさん(155㎝) 「ゆるいデニムは苦手ですがここのデニムはルーズにならず女っぽい美脚になれる!」ライター 東原妙子さん(164㎝)デニムパンツ¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥26000/インターリブ(サクラ) バッグ¥185000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ヘアバンド¥3500/エミ ニュウマン新宿店(エミ ヨガ) ピアス¥25000・リング¥210000/ステディ スタディ(トムウッド) 靴¥130000/リエート(サントーニ)撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/ヨンア ※2019年BAILA2月号掲載
  • 没後30年を経て、今なお人々を熱狂させるジャン=ミシェル・バスキアは、希代のアーティストであり、ファッションアイコンでもある。彼の作品と人生のように、ストリート、トライバル、インテリジェンス……とさまざまなジャンルを内包するハイパーミックス・スタイルで、新しい年、新しい季節は、モードのボーダーを自由に跳び越えて。 はじまりは、「グレイズ・アナトミー」彼の絵に子どものような無邪気さと知的なたくらみが共存していたようにバスキアのスタイルには、「計算された無造作」ともいえるさりげないツイストが随所にあった。プレッピーなシャツにタイを少しだけずらして着るのもバスキア流。スリット入りジャージパンツでスポーツモードをミックスマッチ。パンツ¥162,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) コート¥19,400/ドルーク ニット¥7,800/ヘイト アンド アシュバリー シャツ¥12,000/ラボラトリー/ベルベルジンⓇ タイ¥7,000/バースデス マフラー¥8,000/ジャンティーク 靴¥13,800/ボストック ソックス/スタイリスト私物 「グレイズ・アナトミー」といってもバスキアが愛したのはイギリスの解剖学者ヘンリー・グレイが19世紀に書いた医学書。幼い頃、入院中に母親からこの本をもらった彼は、以来、人体の構造に興味を持ったという。ヴィンセント・ギャロと組んだバンドの名前も「グレイ」。人体の中までのぞき込むような彼の知的なアートのルーツは、実は現代の人気テレビドラマともリンクする。 モードなバスキア端正なジャケットの背中にはベージュの切り替えと水墨画のようなフラワープリントが。バスキアが好んだロゴTシャツとチェーンネックレスは80年代ブルックリンへのオマージュ。 ジャケット¥314,000・パンツ¥92,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) Tシャツ¥2,900/原宿シカゴ 原宿/竹下店 ネックレス¥5,900/カメレオンウェアハウス ジャケットにつけたバッジ(上から)¥900・¥700・¥500/サンタモニカ渋谷 ヘルメット/スタイリスト私物 1987年のコム デ ギャルソン オム・プリュスのショーではモデルとしてランウェイを歩き、絵を描くときもアルマーニやイッセイ ミヤケのスーツを着る。一方で思い切りストリートやアフリカンなスタイルも楽しんだ。自由なバスキアのファッションスタイルはモードマニアを今でも魅了する要素のひとつ。そのスタイルはとても“知的”で“エレガント”だったと形容されることも。最高にモードな褒め言葉だ。アンディ・ウォーホルに憧れてボーホーシックなデニムフーディにヴィンテージのレインボーベストを重ねた、レトロなファイタースタイル。レザーにシルバー刺しゅうでペイズリー柄を立体的に表現し、グラマラスなムードもプラス。トップス¥105,000・パンツ¥490,000・ベルト¥365,000(参考価格)/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) ベスト¥6,463/ロンガブ グローブ/スタイリスト私物 27歳で亡くなるまでの間に驚くほどのスピードで夢をかなえたバスキア。ポップアートの旗手だったアンディ・ウォーホルにソーホーのレストランでポストカードを売って喜んだのは18歳の頃。その後再会し、’85年には共同展覧会を開催。子どものように楽しむ当時のポスターは今でも新鮮だ。そのときのコラボレート作品がほとんど売れなかった、というのも驚くべき話ではあるけれど。Who is "SAMO" ?スプラッシュペイントをアクセントにしたオーバーオールは、足もとにフェザーのついたパンタロンを重ねることで唯一無二のグランジスタイルに。 ニットカーディガン¥195,000・中に着たパンツ¥187,000(ともに予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) オーバーオール¥12,800/ローズ下北沢 ネルシャツ¥7,800・Tシャツ¥6,800/ボストック 靴¥22,900/バド バンダナ¥3,800/ラボラトリー/ベルベルジンⓇ バスキアのアーティストとしての始まりは、17歳の頃。学校の友人アル・ディアスと始めた"SAMO"。"Same Old Shit"の略で、ふたりは架空のキャラクターとして地下鉄やストリートにアーティなグラフィティを描き始めた。街にあふれるただの落書きではなく、詩的かつ政治的なメッセージを込めたグラフィティが、見る人の心に届くのに時間はかからなかった。’70sと10代の頃バスキアが10代を過ごした70年代に捧げるポップなカラーレイヤード。パディングのトラッパーハットやキッチュなプラダのロゴトップスでラグジュアリーなミックスマッチを楽しむ。トップス¥99,000・帽子¥66,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) 中に着たトップス¥12,800/フェイクアルファ パンツ¥16,500/バースデス ベルト¥2,500/BIG TIME下北沢 靴¥15,900/バド ソックス/スタイリスト私物 ハイティーン時代はまさに70年代の終わり。クラブシーンがそのままアートの発信地で、ダウンタウンは刺激的な無法地帯だった。サラ・ドライバーが監督した最新ドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』(12月22日公開)には、そんな時代の見ているだけでヒリヒリするようなNYと、今も誰かの中にリアルに生きる魅力的なバスキアの姿が描かれている。ひと目会ったら思わず恋に落ちてしまいそうな。"I am not a black artist,I am an artist."ヴィンテージライクなスカーフプリントのセットアップは、タフなバイカージャケットと合わせてグラマラスに。パターン・オン・パターンのミックスで美しいカオスをつくり出す。ジャケット¥725,000・トップス¥470,000・パンツ¥190,000・ネックレス¥170,000/グッチ ジャパン(グッチ) シャツ¥5,900/サニー サイド アップ下北沢店 靴¥49,900/サイダー 帽子¥19,800/リオール 腕に巻いたスカーフ¥3,900/ローズ下北沢 ソックス/スタイリスト私物 ただその才能だけを評価されること。彼が願い、政治や人種問題について彼らしいアプローチで表現をしていた70~80年代、名だたる美術館には白人アーティストの絵ばかりが並び、"ブラック・ピカソ"と呼ばれた彼の絵には黒人ぺインターというフィルターがかけられていた。そして今、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンには、エゴン・シーレとバスキアの絵が一緒に並ぶ。この景色を彼が見たら、どんな言葉を紡ぐのだろう? >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年2月号「わたしはバスキア」photography: Mitsuo Okamoto styling: Tomoko Iijima hair: Koichi Nishimura 〈angle〉 make-up: DAKUZAKU 〈TRON〉 model: Ana Paula
  • 一人ひとりの“ベストな眉”が手に入る時代がやってきた 雑誌の美容特集の中でも、特に悩みが多岐にわたるのが“眉”。トレンドの移り変わりが早いこともあるけれど、「そもそも私のベストな眉って何?」と大人になってもなかなか解決されないこの問題に、イプサが助け船を出してくれた。ポイントとなるのは、のっぺりとしてしまったり、描きました感のあるわざとらしい眉から脱却する“隙間づくり”の概念。ブランド独自の肌測定器を使い、その人に合った眉リキッド+ペンシル+マスカラの3種の組み合わせを提案する。中でも秀逸なのが、眉マスカラ。小さいスクエア形のブラシの角が、キャッチしにくい短い眉も拾い上げながら色みのニュアンスをオン。しかも質感はまるで素眉のように自然で、長い柄も使いやすく「地肌についちゃった!」なんてことにもなりにくい。クリアを含む全4色から、自分だけの一色を見つけてみて。 トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) シャツ¥20,000/ヘリーハンセン原宿店(ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ) タートルトップス¥18,000/オーラリー ピアス/本人私物IPSAクリエイティブ アイブロウ エレメンツ アイブロウマスカラ 02 PKBE ¥5,000〈2019年1月11日発売・アイブロウリキッドライナーとペンシルとの3点セット販売〉/イプサ ●使い方まず眉山~眉尻部分のみ毛流れに逆らうようにコームバックを施し、眉毛の裏側までしっかりと液を塗布する。次に、眉頭から全体の表面をとかすようにスッスッと毛流れを整えて。そうすることで、重さを感じさせることなく、眉にヌケ感を宿すことができる。 今月の東京女子/MASAKO.Yアーティスト。ロンドンのセントラル・セント・マーチンズを経て、コラージュやペイント、オブジェなどを制作。活動内容は多岐にわたり、現代アート界で注目を集めている。Instagram:@m23artspace >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年2月号「東京買ワネバコスメ」photography: Keisuke Kitamura make-up: Nao Yoshida hair: Kazuki Fujiwara〈Perle〉 styling: Arisa Tabata model: MASAKO.Y edit: Kazuko Moriyama
  • 早くもバレンタインシーズン❤️ おはようございます☻ 2019年になってあっという間に2週間経ち、 早くもバレンタインまであと1ヶ月! いつの頃からかチョコ選びの基準は あげて喜ばれるかつ自分も一緒に食べてみたいもの になってしまいまいたが、 楽しみなイベントであることに変わりなし❤️ そんなバレンタインのワクワク感を今すぐ高めてくれるのはスタバの限定ビバレッジ! 今朝も寒さに負けずに、 スタバ新作フラペチーノおばさんはいち早く新作を飲んできました❤️ 【スタバ】バレンタインカスタマニアフラペチーノ tallのみ¥590今日1/16から発売されたのは "バレンタインカスタマニアフラペチーノ"! カスタマニアの名の通り、 なんとスタンダードの他にもあらかじめカスタマイズされた コーヒー・ロマンティック・チョコレート を加えた全4種類が同じ値段で発売されたんです❤️ 私はコーヒー好きなので、 まずはコーヒーカスタマニアフラペチーノを☻ (これを飲むために昨日の夜ネイルをチョコ色に塗り直した気合の入れよう)チョコなの?コーヒーなの?一体どんな味??スタンダードなカスタマニアフラペチーノは、 チョコレートのカカオ風味とサクサクのブラックビスケットの食感が特徴的な味わいです。 そこにキャラメルの甘みとほんのりコーヒーの香りが合わさって甘すぎない深みのあるおいしさ❤️ コーヒーカスタマニアフラペチーノではさらにコーヒーの味わいが加わり、 甘さの中にほろ苦さもある大人のフラペチーノに。 スタンダードは飲んでいませんが、 私はコーヒー好きなのでこれくらいの味がとっても好き❤️おいしい!! 他にも、ロマンティックカスタマニアフラペチーノには可愛くて映えなピンクのメレンゲがトッピング。 チョコカスタマニアフラペチーノには、さらにチョコチップが加わりブラックビスケットのトッピングも増えたチョコ尽くしなフラペチーノ!となっているそうです☻ ちなみに全てホットのカスタマニアココもあって、こちらはサイズ展開も4種類あるそうです❤️ 寒がりさんにもぜひ❤️ フードもバレンタイン仕様に!ビバレッジに合わせてフードもバレンタイン限定メニューが登場しています! 私は特にザッハトルテが大好き❤️ 今年も食べたいな〜☻ グッズも可愛いものがたくさん発売開始になりましたが、最寄り店舗では開店1時間後なのにマグが完売していました涙 ビバレッジもフードもグッズも、 スタバマニアに特に人気のバレンタインなので ぜひお早めにチェックしてみてください❤️ Instagram*t_h_h_tコーデ・スイーツ・コスメなど毎日更新中❤️ ぜひこちらからお気軽にフォローしてくださいね✨モアハピ部 No.312 くくのブログ
  • こんにちは◎ いつもこのブログを読んで応援して下さっている皆さまにご報告があり、ブログを書いています。 なんと、子どもを授かりました。 結婚から6年、わたしたちのところにもコウノトリがやって来ました。 実はわたし、長年病気を患っていました。 ずっと薬を飲まないといけない生活を送っていて ようやく一昨年の頭にそんな生活から解放されました。 それもあり、結婚は長くても子どもを作ることは避けざるを得ませんでした。 それと同時に、子どもを産んで育てることに漠然とした大きな不安があり 子どもがいない人生も…と夫婦で話し合ったこともありました。 結果的に、自然に身を委ねるかたちで夫婦の間で合意に至りました。 今でも幸せかどうかに、子どものいるいないは関係ないと思っています。 わたしたちならどんな形でもきっと幸せだよね、と思っていました。 正直……… 子どもがいたら、あれもできないこれもできなくなってしまうと、そんなことを考えてしまうことも多々ありました…。 そして、そんなことを思わないといけないことがとても悲しく、わたしって最低だなとか、女性として生きるのは辛いなとも思っていました。 でも、子どもができたと分かったとき 自分でも想像できなかったくらい喜び そして 今まで不安に思っていたことはすべて どうでもよくなりました。 出来ないことなんて別にどうでもいい。 それよりこの子と何しよう、一緒にあれができるこれができる、と思うようになりました。 ほんとうに不思議です。 わたしの目標は、どんな形でも ひとりの人として輝いていられることです。 結婚してもしなくても 子どもがいてもいなくても それぞれの形でずっと輝いていけるはずだと思っています。 (以前、BAILA編集部の方とお話ししたときも 同じことをおっしゃっていました…◎) 幸せかどうかは人と比べるものではないと思うのです。 今回子どもを授かったことで、出来なくなったこともきっとたくさんあると思うのですが それはそれで わたしはわたしなりに 輝いていけるように日々精進していこうと思います◎ 短いマタニティ生活 そしてこれから迎えるであろう 長い母親としての人生 めいっぱい楽しんでいきたいです! お腹が大きくなってきて 着られるお洋服もだいぶ限られてきましたが そんな今だからできるコーデも 載せていけたらなと思っています♩スカートにペタンコ靴が定番になってきました◎Instagramにもこのことを投稿したら 似たような境遇の方々からDMを頂いて 励みになったと言っていただけたのがとても嬉しかったです。 (泣きながらDM読みました・・・) 長くなってしまいましたが 同じような思いをしている女性がいるんじゃないかと思い、本音で語りたく、このようなブログを書かせて頂きました。 これからも応援して頂けると嬉しいです◎ 最後まで読んで頂きありがとうございました!InstagramWEARスーパーバイラーズ 渡邉美可のブログ
  • カジュアルさが加わり、よりデイリーに使いやすくなったロエベの新作。クラフツマンシップあふれるバッグと、愛嬌たっぷりなスモールレザーグッズは、手にするたびに気分もおしゃれも上向きに!一筋縄ではいかない個性派がおしゃれを活気づける【LOEWE】クラフツマンシップあふれる「ゲート トップ ハンドル バッグ」からはリネン×カーフレザーの新作が到着。カジュアルさが加わり、よりデイリーに使いやすく。バッグ(25.5×38×15)¥298000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)薄型&細ストラップで上質さもたっぷり。ストラップつき財布(10.5×21×2.7)¥119000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)マウスモチーフのチャームは尻尾まで愛嬌たっぷり。チャーム(6×11×6.5)¥52000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)アナグラム模様が繰り返し刻まれたデザイン。名刺ケース(7.5×11×2.5)¥37000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)サイドのメタルパーツに鍵をつけたり、またバッグのチャームとしての携帯も可能に。財布(6.5×12.5×3)¥64000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/後藤未央 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※2019年BAILA2月号掲載
  • 発売になりました 、 BAILA 2 月号 ♡♡ 今回も見応えたっぷりの内容で 手元に届いてから ずっと BAILA にかじりついてます 笑 わたしも TPPOのページと バイラーズの特集に登場してます ♩ TPPOは ダウンの着回し ♡ わたしは今年購入した THE NOTH FACE の ビレイヤーパーカを着まわしました ! バイラーズ特集では デニム好きとして ☆ 1ヶ月前に あれだけ デニムのことを語ったにもかかわらず まだまだ話せる自分に ビックリしました 笑笑 そして 、いつも楽しい撮影現場 ! この写真も 笑いすぎないように 耐えながら撮ってもらってたんです ♡ 笑 他のカット ... ♡バイラーズのことが なんでもわかっちゃう バイラーズ特集も ぜひぜひ ご覧ください ♡♡ instagram スーパーバイラーズ 長島沙耶のブログ
関連キーワード

RECOMMEND