脱地味&シンプル&マンネリ! 30代美女【極上の黒コーデ】30選

@BAILA

通勤も休日も、もはや私たちのクロゼットに欠かせない黒の服やバッグ、靴などのワードローブ。ちょっと気を抜くと地味で単調になりがちなブラックコーデを一気にあか抜けさせる30テクニックをまとめました。

画像をクリックして元記事へジャンプ! 黒コーデが見違える30の方法

ヴィンテージ感あふれる黒レースブラウスは、ほんのり肌が透けるセンシュアルなムード。夏に着倒したデニムに合わせるだけで女らしく。ブラウス¥21000/トゥモローランド(ボールジィ) デニム¥23000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) バッグ¥45000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)
ロング丈スカートの下にデニムをレイヤードする最旬スタイルに挑戦してフレッシュな印象に! デニム¥29000/サザビーリーグ(マザー) ワンピース¥43000/エフユーエヌ(フォンデル) サンダル¥29000/ベイジュ(ピッピシック) バッグ¥38000/ロンハーマン(ラドロー)
ナチュラルなリネン素材なら、黒のダブルジャケットのセットアップも生真面目すぎず、一気にこなれたムードへ。ジャケット¥38000・パンツ¥25000/アダム エ ロペ トップス¥19000/シップス ディセントルーム ルミネ新宿店(ザ ニューハウス) バッグ¥39000/コード(ヴァジック) 靴¥27000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ルカグロッシ)
黒ジャケットに、細かすぎないストライプのデザインシャツ&ひざ下丈の白スカートでまとめれば、女っぽさとトレンド感も上々に。ジャケット¥52000/レリタージュ マルティニーク シャツ¥23000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥38000/エストネーション(マディソンブルー) バッグ¥178000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン)
ハットやサンダルといった小物たち、さらに肌みせも“黒にベージュをさす”感覚で着こなせば脱シンプル。ワンピース¥52000/ミコモリ表参道ヒルズ店(ミコモリ) ハット¥8900/エレンディーク サンダル¥46000/スタニングルアー 青山店(アレクサンダー バーマン)
リネン素材&マキシ丈でリラックスムード満点の黒ワンピースも、大胆に開いたバックスタイルでドラマチックに。ワンピース¥47000/RHC ロンハーマン(ジョンリンクス フォー RHC)
長めの着丈、シルクのようなジョーゼット生地で冠婚葬祭などの特別なシーンにもOK。合わせる小物使いで着回し自由自在なシンプルデザインが◎。ワンピース¥28000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス)
すっきりミニマムな白Tは、黒のアシンメトリースカートを主役にしたレイヤードコーデにぴったり。Tシャツ¥11000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥32000・下にはいた白のプリーツスカート¥37000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥170000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(バルダン)
黒で統一したマニッシュなパンツコーデにも、真っ赤なスエードのトートバッグを一点投入するだけでキャッチーな女らしさが。ニット¥23000・パンツ¥34000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) バッグ¥154000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ  靴¥58000/オデット エ オディール 新宿店(バルダン)
正統派の端正なバッグにブランドのロゴをアレンジしたキーロックや大ぶりのチェーンをあしらうことでモダンに昇華。バッグ(17×24×7.5)¥380000・ブラウス¥240000(参考価格)・パンツ¥170000(参考価格)・帽子¥125000・靴(2)¥126000/クリスチャン ディオール(ディオール)
地厚でラフな生地感が新鮮な黒のカットソーカーディガン。Tシャツ×スカートのワンツーコーデに羽織るだけでぐっとおしゃれに。カーディガン¥16000/RHC ロンハーマン(RHC) Tシャツ¥12000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥30000/UTS PR(ジェーン スミス) バッグ¥22000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(エルベール フレールスール) 靴¥39000/ザ・グランドインク(ロランス)
ある意味で本来のデニムらしさがない黒デニムなら、カジュアルなイメージを抜け出し、きれいめなパンツに刷新できます。スリムシルエットなら女らしさもプラス。パンツ¥28000/マインド(マインデニム) Tシャツ¥19000/カレンソロジー青山(ミュラー オブ ヨシオクボ) イヤリング¥15000/ステュディオス ウィメンズ 新宿店(ステュディオス×トーガプルラ)
レディなムードのレースワンピースには、パウダーピンクの足もとにやわらかさを宿して。ワンピース¥35000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥102000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴¥74000/ジミー チュウ
全身黒ではなく、トップスをネイビーに変えてみるだけで、上品で安定感のある夏らしい配色に。スカート¥39000/エンフォルド タンクトップ¥11000/ナゴンスタンス バッグ¥115000/ジミー チュウ ネックレス¥110000/ロペ エターナル(ソフィ ブハイ) 靴¥57000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ヴィッチーニ)
シャツとパンツの定番スタイルも黒×ベージュで大人の女らしさを香らせて。チアフルな小物も遊びの効いたアクセントに。シャツ¥19000/RHC ロンハーマン(RHC) パンツ¥28000/セオリー バッグ¥34000/ロンハーマン(クチュール デ イレス) 靴¥26000/ベイジュ(ピッピシック)
五分丈袖のトップスに、ひざ丈のショートパンツ。あえてのはんぱ丈が、全身黒に涼やかさと女らしさの両方の要素を一気に与えます。トップス¥18000・パンツ¥18000/カオス表参道(カオス) スカーフ¥30000/スローン バッグ(ストラップつき)¥274000/ピーチ(ロウナー ロンドン)
リネンワンピースの微妙な透けや立体感がのっぺりした印象を回避し、黒に“隙”を与えてくれるので、残暑厳しい時季でも涼しげ見え。ワンピース¥42000/カオス表参道(カラヴァナ) バッグ¥19000/エレンディーク(カポジーロ フィレンツェ) 靴¥28000/ナゴンスタンス
いつもより攻めのおしゃれを楽しみたい女子会では、シルバーメタリックに輝くドット柄スカートを投入! バックシャンなTシャツでカジュアルに。スカート(ペチコートつき)¥15000/スナイデル ルミネ新宿2店(スナイデル) Tシャツ¥17000/サザビーリーグ(カレント エリオット) バッグ¥145000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 頭に巻いたスカーフ¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ)
一枚でもきちんと感たっぷりで通勤にヘビロテマストな黒ワンピ。ゴールドのヘアアクセで女らしいニュアンスを加えて。ワンピース¥98000/マディソンブルー ヘアコーム¥1200/リュッカカスタマーセンター(リュッカ)
長め丈&ハイネックがクラシカル&モードな黒ワンピ。落ち着いた雰囲気に、シースルーの足もとで奥行きを加えて。ワンピース¥50000/エンフォルド バッグ(ストラップつき)¥49000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク) 靴¥26000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(カミング アトラクション)
ベロアなら、黒でもさりげない華やかさを取り入れられる。カジュアルなデニムとの印象の振り幅が、しゃれ感に直結。トップス¥5547/ザラ・ジャパン(ザラ) パンツ¥21000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店
甘くなりがちなレーススカートも、黒の細身シルエットならモダンな印象に。光沢生地に細かい柄のレースを重ねたリュクスな風合いが着こなしを格上げ。スカート¥46000/デミルクス ビームス 新宿(リト) ブラウス¥32600/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) バッグ¥100000/トゥモローランド(エレナギゼリーニ) 靴¥95000/ジェイエムウエストン 青山店
女っぷりの高いレースのブラウスには、Vネックのキャミソールを透けさせて。ブラウス¥39000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) 中に着たカップつきキャミソール¥8000/豊島(コハン)
黒コーデの日のジュエリーは、強い輝きとボリューム感をプラスして。カーディガン¥24000・オールインワン¥32000/ショールーム セッション(アダワス) バングル¥24500・チェーンブレスレット¥32000・シルバーリング¥15000/サアガラショールーム(エースバイモリザネ) ネックレス¥27000・リング¥23000・¥21000/ショールーム セッション(マリア ブラック)
大ヒット中のクリアなPVCバッグを持つだけで、黒コーデがモダンな印象に昇華! バッグ(内袋つき)¥18000/ロードス(イコット) シャツ¥29000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) サングラス¥21000/ミラリ ジャパン(レイバン)
着やせ効果が期待できる細リブの黒トップス。縦リブの細見え効果にプラスして、鎖骨が半分見えるくらいあいたネックラインと、二の腕を覆う五分袖のコンビネーションで、上半身をきれいに見せて。トップス/12closet・スカート/TYLHO・靴/ネブローニ(モデル私物)
フロント&バックに“LEMON”のロゴを並べたインパクト大のロゴTシャツは、デザイン性の高いスカートでモードに仕上げて。Tシャツ¥7000/アダム エ ロペ(タンタン) スカート/モデル私物
通勤にも活用したいなら、スニーカーはズバリ黒一択! 足もとのモード感がとびきり新鮮な雰囲気に。ベージュのセットアップと合わせることでまろやかさも。ジャケット&スカート/ebure・Tシャツ/ヘインズ・靴/ナイキ(モデル私物)
無難ですが「かぶる!」「地味になる!」「マンネリになる!」etc.、黒のおよばれ服で起こりがちな大問題。おしゃれな読者モデル、スーパーバイラーズは、インパクトのある小物やジュエリーづかいでアクセントをプラス。ブラウス/オールセインツ・スカート/ルシェルブルー(モデル私物)
30代の水ぎわファッションは黒ベースが正解。ワンピースタイプの白いスイムウェアに、前あきのマキシワンピをひらりとガウン風に羽織って。水着¥26000/ミコモリ表参道ヒルズ店(ミコモリ) ドレス¥48000/アダム エ ロペ(ルーシャルモン) ネックレス¥37000/トゥモローランド(アグメス) サンダル¥13000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ)

関連記事
  • 2019年6月某日――星の数ほどもある秋新色を所狭しと並べ、ビューティ・プロ3人が座談会を決行。議題は「この秋の顔づくりと心底買いたいコスメティックス」。語り尽くすことで見えてきた、マストバイのすべてがここに! 2019年秋の新色 SPUR的TOP3 かつてないほど多彩になった秋の色の中から、真っ先に手に入れるべきはこの3つ!1.RMK ストーンホイップアイズ 05「フェミニニティと抜けを見事に両立した、確実にモードな顔になれる赤! しかもテクニックレスです」(矢内さん)。「リキッドシャドウブームの集大成と思える、使い心地のよさに感動。なめらかにステイしてヨレません」(森山さん)。「ハレぼったくならず、目もとに色気や陰影を潜ませてくれる、こんなレッドシャドウが欲しかった!」(Rieさん)。クリームがまぶたの上でパウダリーに変化。シルバー×レッドパールが隠し味。¥3,500〈8月2日発売〉/RMK Division 2.Amplitude コンスピキュアス ブラッシュリップス 07「トレンド真っ盛りのブラウンと唇を染め抜くような質感、塗りやすいブラシ形状のすべてに惚れぼれ」(森山さん)。「リップラインをきれいに縁取ることができ、唇の美人度が劇的に上がります。厚みが出ずきわめて軽やか」(Rieさん)。「エレガンスが復権しているファッションの絶妙な"ハズシ"になる色み。どんな服も洒落見えしそう」(矢内さん)。ハーフマット感が落ちず、にじまず、いつまでも。縦ジワもふっくらと。¥4,700〈8月7日発売〉/Amplitude 3.シャネル ル ジェル パイユテ「ヨガの後を思わせる、かすかに湿度を帯びた肌に。そこにグリッターがチラチラ瞬くのが最高に今っぽい」(Rieさん)。「スパークルなシルバーはスタイルの格好のアクセント。細胞が若返ったように肌がプリッと見えますよ」(矢内さん)。「お疲れ顔もひと塗りでイキイキとフレッシュに。可愛いだけじゃない、突き抜けた美肌効果のある逸品」(森山さん)。目もとや頰に使えるジェルは、スターを輝かせるスポットライトへのオマージュ。¥5,800〈8月16日限定発売〉/シャネルビューティ・プロが本気で選んだ、秋の偏愛コスメティックス 「誰がなんと言おうとこれが好き!」――目利き3名が惜しみない愛をそそぐ、私的ベスト名品はこちら 【ビューティエディター】森山和子さんビューティ界屈指のコスメフリークとして知られ、プチプラから海外ブランドまで網羅。仕事を超えた化粧品へのただならぬ愛で、毎シーズン出合う新色のすべてを試し尽くす! 4.SUQQU/モイスチャー リッチ リップスティック 12「『ミルクキャラメルを溶かしたような色が欲しい!』と願い続けていたから、初めて見た瞬間は叫びましたよね(笑)。黄みが強いと思いきや肌にすんなりなじんで、表情が抜群におしゃれになる!」。保湿力が高く、単品使いでもぷるんっと弾む唇に。¥5,000〈8月2日発売〉/SUQQU 5.ディオール/ルージュ ディオール グラフィスト 824「永遠に大好きな’90sのスーパーモデルを彷彿とさせるブラウン。でも質感は格段に軽く、昔のそれとは比べものにならないヘルシーな仕上がり。この素晴らしさ、つけてみればわかるはず!」。なめらかさを極めて。¥4,200〈8月2日限定発売〉/パルファン・クリスチャン・ディオール 6.アナ スイ/スイ ブラック パウダー ブラッシュ 700「甘美なやわらかさを感じる、はじめてのベージュ。変なパーリィさがなく、毛穴や小ジワをふわっとボカしてくれるのが気に入ってます。薄づきで肌との境目が見えないのもナイス」。頰にしっとり密着する、30代向けの新ライン。¥3,500〈8月1日発売〉/アナ スイ コスメティックス 【ヘア&メイクアップアーティスト】Rie Shiraishi さん建築の勉強をした後ヘアメイクのキャリアをスタートした、異例の経歴の持ち主。その美学を生かしたキャッチーな顔づくりを得意とする。多くのイットガールから信頼を集める。 7.シャネル/ルージュ ココ グロス 816「手持ちのリップにトントンたたき込むと、どんな色も黒の気配を帯びてグッとモダンになるんです。深みを自分で調整できるので、ダークカラーが苦手な人にもぜひ。明るい色に重ねても素敵ですよ」。ブラックチェリーとでも呼びたいカラー。¥3,600〈8月16日限定発売〉/シャネル 8.パルファム ジバンシイ/ルージュ・ジバンシイ・ベルベット 37「ネオ・クラシカルなこの秋の顔づくりにマストなパーシモンレッド。ワンストロークで背すじがしゃんとする、ベルベットさながらのテクスチャーも美しい」。ケースにも深紅のベルベット素材を。¥4,600〈9月1日発売〉/LVMHフレグランスブランズ(パルファム ジバンシイ) 9.イヴ・サンローラン/ルージュ ピュール クチュール ヴェルニウォーターステイン 603「’80sライクなフューシャピンクなのにウォータリーで近未来的なテクスチャーがツボ。今季らしいハイブリッド感が手っ取り早くかなうから、リップ選びに迷ったらまずこれを!」。最大40%もの水分を含む、別名"リップマニキュア"。¥4,300〈7月26日発売〉/イヴ・サンローラン・ボーテ 【スタイリスト】矢内麻友さんロンドンでファッションを学び、ヴィンテージとハイブランドのミックスやレイヤードスタイルに定評あり。メイクアップもスタイルの一部と考え、日々さまざまな彩りをまとう。 10.PAUL & JOE/リップスティック CS 116「ミステリアスな雰囲気はかなうのに、決してプロレスのヒールのようにはならない貴重なグレープレッド。旬のダークファンタジーなファッションのよき相棒です」。オイル配合のメルティタッチ。レフィル¥2,000・同 ケース CS052 ¥1,000〈8月1日限定発売〉/PAUL & JOE BEAUTE 11.Amplitude/エクストラボリュームマスカラ 01「"少しだけゴシック"な気分に呼応して、久々にまつ毛をフサフサにしたくなりました。これは羽根のようなきれいな毛束感が出るのに大感激。本気のゴスにはしたくないからディテールの美しさがありがたいですね」。しなやかな質感にこだわりあり。¥4,400〈8月7日発売〉/Amplitude 12.ADDICTION/コンパクト10 リミテッドエディション ニュートラル アディクション「ツヤツヤの肌にも飽きてきた近頃、端正なポーセリンスキンに仕上がるこんなパウダーを待ってました。薄づきなのにアラを見せないコンシーラーも優秀で、もはやファンデーションいらず」。上段の右2色はマルチに使えるクリームカラー。¥9,000〈7月26日限定発売〉/ADDICTION BEAUTY フューチャリスティック×クラシックの波、到来! ――ズバリ秋のメイクアップのトレンドと何を買うべきかを教えてください。 Rie(以下R) ひときわ深みのあるリップを取り入れたり、顔全体はあえてコンサバにつくるのが気分。そこにモダンな光を潜ませるのが新しいよね。シャネルのグリッター(3)を頰にサッとのばしてみたら、それだけで顔がすごく"今"になったのには驚きました。 森山(以下M) 確かにシャネル以外にも、重ねてニュアンスをチェンジできるトップコート的なアイテムが続々と出ているよね。 矢内(以下Y) ファッションと同じでメイクも一見クラシックに見せつつ、質感でアップデートを図りたい。個人的にはどこかゴシックなムードも欲しくて、PAUL & JOEのトランスペアレントなぶどう色(10)がクリーンヒット。そして絶対はずせないのが、RMKのアイシャドウ(1)なんですよ! M このスモーキーなのに肌にひらりと息づくようなテクスチャー、これまでにないもんね。角度によって研ぎ澄まされたパールがチラチラ揺らめくのも新鮮で、今年らしさが詰まってる。 R つまりはフューチャリスティック×クラシックのハイブリッドな顔づくりが旬ってこと。色だけじゃなく質感で"魅せる"メイクがメインストリームに。 M あとさ、いよいよブラウンリップ全盛期がきたよね⁉ しかもそのニュアンスもどんどん多様化して目移りしちゃう。SUQQUのキャラメルを溶かしたようなカラー(4)を目にしたときはもう本当にうれしくって。長年「あったらいいな」と思っていた色だから。 Y TOP3に選ばれたAmplitude(2)はモード感あふれるモーヴブラウンなのに想像以上につけこなしやすいから、必ず手にとってほしい。アクセサリー級の存在感なので! R リップラインを完璧にトレースできて、遊びのある色でも品よく洗練された印象に仕上がる。まさにおしゃれな大人のマストハブですよね。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年9月号「秋新色『ビューティ・ディベート』開催」photography: Mitsuru Kugue illustration: Aki Miyajima edit: Yukiko Ogawa
  • 背中で魅せるワンピース前は可愛く、後ろは色っぽく。はっとさせることまで計算ずく愛らしいワンピタイプの水着は、大胆にあいたバッグデザインを選ぶのが今年らしい。青い海に映える絶妙な色味のグリーン、背中のレースアップ、胸もとのリボン。いやらしくならずに色気をアピールできるから、彼からも女友達からもほめられる!水着¥16000/ジャック・オブ・オール・トレーズ(レピドス)レトロなプリント×ビスチェぱっと目をひくチェック柄でピンナップガールを気取って60年代シネマのヒロインが着ていそうな、不思議と“懐かしい”気持ちになるチェック柄は、ビスチェ型のトップとハイライズのショーツによく映える。きれいなカップとシルエットで、グラマーかつきゅっと締まったボディに見せてくれるのも理想的。水着(トップ)¥18000・(ショーツ)¥12000/ミュラー オブ ヨシオクボタウンユースなラッシュガードビーチでも、街でも着られる! リゾートウエアのNEWトレンド「絶対に焼きたくない」、「あまり露出したくない」。大人の女性の願いを受けてこの夏はラッシュガードのブーム到来! “まんまスポーティ”じゃなくカットソーライクでおしゃれ着としても楽しめるデザインが豊富。カーキならよりスタイリッシュに。水着¥9000/アパートバイローリーズ 帽子¥3800/ニューエラ無地、だけど形はひとくせありシンプルだけど無難じゃない。大人にこそ似合うビキニシックで飽きのこないダークグレーの水着はアシメトリーな肩ひものデザインが印象的。「派手なものは着たくないけど地味になるのもイヤ」というモア世代のワガママに応えてくれる。ちりめんのような表情のトップは、ハワイの街中でデニムと合わせてトップスとして着ても。水着¥16000/コーラリースイム甘くないくすみピンクのビキニこんな色を待っていた。やっぱり可愛い、やっぱりアガる!甘すぎず、狙っている感なく可愛い、海のブルーにも映えるちょっとヌーディでくすんだピンク色のスイムウエアもトレンド。きれいで今年らしい色だから形は王道の三角ビキニで。あえてヌーディに決めたメイクと合わせたら、ぐっと洗練されたサマーガールに変身できるはず!水着¥14000/ミューラーン(ピーク&パイン) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/黄瀬麻衣 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/高野麻子 コーディネーター/工藤まや
  • 秋の到来に、シューズとバッグのアップデートは欠かせない。ロマンティックな主役級から、着こなしを支えるシックな精鋭まで。胸をきゅんとさせるアイテムがラインナップ。ワードローブに迎えたいときめきの相棒と出合って。 タフネスシューズで冒険を  コンバットブーツや圧倒的なボリュームソール。足もとに重心を置いたスタイルで、新しい一歩を踏み出そう。BOTTEGA VENETAブーツ〈実寸ソール3.2㎝〉¥121,000・ニットドレス¥380,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)甲の部分のキルティングが、バイカーブーツのタフさを強調する。丸くて大きなトゥと量感のあるソールで存在感大。上質な素材というブランドのヘリテージをモダンにアレンジした。DIESELブーツ〈ソール5.5㎝〉¥39,000・スカート¥28,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)アッパーよりひと回り大きいプラットフォームが抜群のインパクト。ラバーソールに加えて、シルバーカラーと甲を渡るブランドロゴが力強いエフェクトを加えている。CHANEL靴〈ヒール13㎝〉¥155,000・パンツ¥696,000/シャネル今季のインスピレーションの舞台は雪山。マウンテンブーツを新たに解釈し、ユニークなカラーパレットで仕上げた。前後の高低差でスタイルアップもかなえる。柔らかなラムスキン仕立て。PRADAブーツ〈ヒール5.5㎝〉(ポーチ4点つき)¥190,000・スカート¥501,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)ミリタリーをコレクションの要素として用いた今季。コンバットブーツにポーチをベルトで装着する変化球のデザイン。ソールのサイドに施された凹凸でよりパワフルな印象に。DR. MARTENSブーツ〈ヒール5㎝〉¥34,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) パンツ¥35,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)定番の8ホールならぬ8リングに、極太のシューレースを高密度に編み上げたダブルソールのシューズ。ホワイトのステッチがモードなアクセントに。GUCCI靴〈ヒール2㎝〉¥150,000・スカート¥190,000・ソックス¥11,000/グッチ ジャパン(グッチ)大小のスタッズが光の交差するランウェイで異彩を放っていた。丸みのあるフォルムとボアが愛らしいショートブーツにも、エッジィなスパイスがきいている。MAISON MARGIELA靴〈ヒール6.5㎝〉¥158,000・プルオーバー¥123,000・スカート¥81,000・ソックス¥25,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)メゾンのアイコンスニーカー「レトロ フィット」のチャンキーソールと、ブラッシュドレザーのベルテッドシューズという意外性のある融合が斬新。COACHスニーカー〈ヒール6㎝〉¥55,000・ドレス¥130,000〈ともに9月発売予定〉/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) ソックス/スタイリスト私物クリーパーズシューズをモダンにアップデートしたデザインに品が宿る。白に切り替えられたプラットフォームが、着こなしをエフォートレスなムードに。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年9月号「夢を運ぶ靴とバッグ88」photography: kimyongduck styling: Shizuka Yoshida manicure: Kyoko Kudo 〈FUNCTION NAILS〉 model: Erina Noguchi edit: Akiko Fukunaga 
  • エクラプレミアム8月号掲載で人気のブランド別注。 今回なんと【Kaon×eclat】【ESSEN.LAUTREAMONT×eclat】の追加生産が決定しました! 買いたくても買えなかった方はこの機会に是非チェックしてみて下さい♪ 【Kaon×eclat】 Kaon×eclat/ 楊柳ジョーゼットブラウス/¥19,000+税 販売スタートしてすぐに完売してしまったドットとブラックの追加が決定しました! ドレッシーにもカジュアルにも着こなせて、さらにシーズンも問わない万能な一枚。 ほどよい透け感と清涼感のある素材を重ねたティアードデザインにすることで、華やかな印象に。 背中のとめ具には、小さなクリアストーンをあしらっています。 細部まで女性らしいポイントをしっかり押さえたデザインなっています。   【ESSEN.LAUTREAMONT×eclat】 ESSEN.LAUTREAMONT×eclat/ 2WAYコクーンドレス/¥24,000+税 2つの袖アレンジができる変幻自在のコクーンドレス。 光沢のないマットな素材でON/OFF、昼&夜と、幅広いシーンで活躍する一枚。 肩先のスリットに腕を通せばフレンチスリーブとしても着られる2WAY仕様。   エクラ世代デザイナーがつくる ”真夏のJマダムを素敵に見せる服” 特集ページはこちらから
  • いつ雨が降るか分からない梅雨の時期あるある、全身プチプラコーデ トップス:しまむら デニム&フラットシューズ:ZARA ベルト:しまむら バッグ:ジャンニチアリーニ バッグ以外はプチプライスなもので、モノトーンコーデになりました 久しぶりにZARAのデニムを更新しました 少し色落ちしたブラックデニムが欲しくて、4990円とお手頃価格だったのとフルレングスがほしかったので買ってよかったです Instagram やっています☆
  • Marisol8月号を私も参考に(^^)夏のsaleで黒のリネンシャツを買いました。皆さま こんにちは。 7月も… あっという間に半ばを過ぎてしまいましたね! 梅雨明けはまだかな~と 太陽が恋しい毎日が続いております。 植物も太陽の恵みがないと弱々しくなると一緒で、人間もお日様の陽を浴びないと何だか気持ちもスッキリしないですね… でも、梅雨明けを待ちわびた先には、きっとギラギラ太陽の暑い夏の日々がやって来ることを楽しみに(^^)【Marisol8月号】アラフォーの夏スタイルが参考になる特集がたくさん。また、素敵な美女組の方々の夏のイベント特集も掲載されております。(私も少しですが、載せさせていただいております) 今回、夏のsaleで買ったもののご紹介です。 Marisol8月号の特集を参考に そして… 他のマリソル美女組様の素敵な黒コーディネートブログを参考に 私も黒のリネンシャツを買いました。TOMORROWLANDリネンシャツは、白やイエロー、ベージュ等の淡色カラーは手にすることも多く、私も持っていますが、ダークカラーは持ち合わせていなく… そんな時、晩夏まで着れるこの一枚のリネンシャツに出逢いました。 【point】 ◆ノーカラー ◆首元がVライン ◆透け感に光沢感もプラス このpointがより女性らしさを魅せてくれる素敵なリネンシャツです。【OFFな日の大人カジュアルコーデ】RED CARDのBlackデニムに合わせたオールブラックコーデ【ONな日の大人きれいめコーデ】ウエストベルトを外し、前インのシャツstyleモノトーンコーデ まだまだ楽しみたいコーディネートがありますが、今回はモノトーンでのご紹介でした。 幅広いコーディネートが楽しめるお洋服に巡り会えると何だか嬉しくなりますね! いつもお洒落を楽しませていただくMarisolを届けて下さるマリソル編集部の皆さま、本当にありがとうございます。 最後までいつもお読み下さる皆さまも本当にありがとうございます。 ⏩Instagramも日々UPしております(^^)美女組No.156 Mayuのブログ
  • オフィス内でも仕事終わりのデートでも様になる「ノースリ×カーデ」。辛め派OLがいつものテンションで着こなすためには、色・サイズ・素材でメリハリをつけることがポイント。シーンに合わせてカーデの羽織り方にもアレンジを加えてみて。 AM 9:00 颯爽と出社する朝はコンパクトにひと巻きしたピンクがきかせ役 カッコよさと美女感をバランスよく両立したカーキ×ピンクは、辛め派におすすめ。肩かけしたカーディガンからちらりと腕をのぞかせて、彼の前ではほんのり色っぽく。トップス¥7500/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥24000/スローン スカート¥8300/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ピアス¥27000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バングル¥23000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥37000/コード(ヴァジック) サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)  アフター6は羽織り方をチェンジ! PM 8:00 会社帰りの夜デート。凜とした配色と上品な肌見せがきれいな色気を漂わせる トップス¥7500/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) カーディガン¥24000/スローン スカート¥8300/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ピアス¥27000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バングル¥23000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥37000/コード(ヴァジック) カーディガン¥24000/スローン トップス¥7500/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) Vあきのノースリーブが気品よく決まるのは正統派カーディガンのおかげ デコルテ映えする胸元があいたノースリーブは、きまじめさが愛らしいネイビーカーディガンと合わせることで、女っぽさも品も手に入る。トップス¥13000/マイカアンドディール 恵比寿本店(マイカアンドディール) カーディガン¥3900/洋服の青山 新宿西口店(n♥line Precious) パンツ¥29000/セオリー ネックレス(チャーム)¥30000(アガット・アンドメモリア)・(チェーン)¥62000(アガット)/アガット リング¥4500/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス) バッグ¥52000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥60000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) カーディガン¥3900/洋服の青山 新宿西口店(n♥line Precious)  トップス¥13000/マイカアンドディール 恵比寿本店(マイカアンドディール) すがすがしいブルーを顔まわりにきかせて重心アップ。終業後は華やかなスタイル美人に 今の時季にぴったりな白×ブルーの涼感カラー。くるりと巻いたきれい色のカーディガンが顔映えをかなえつつ、目線をぐっと引き上げて。トップス¥6000/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店(パブリックトウキョウ) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョンスメドレー) スカート¥39000/サード マガジン ピアス¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット¥23000/アッシュ・ぺー・フランス(セルジュ トラヴァル) バッグ¥154000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥42000/カオス丸の内(バルダン) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョンスメドレー) トップス¥6000/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店(パブリックトウキョウ) 長め丈&リブ素材がシンプルなモノトーンにさりげないニュアンスを追加 黒×白の色合わせがよりスタイリッシュに映える、着丈が長めのリブカーディガン。単調に見えない質感が、さらっと羽織るだけでサマ見えをかなえてくれる。トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) カーディガン¥7800/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(リトルシック) パンツ¥28000/セオリー ネックレス¥15000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) 時計¥20000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン) バッグ¥38000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥30000/ベイジュ(ピッピシック) カーディガン¥7800/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(リトルシック)  トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/松島花 原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • こんにちは☺︎ 本当によく着ているアイテム、全て使った全身ZARAのTシャツコーデ Tシャツ、花柄スカート、ミニバッグ、サンダル…全てZARAです^^ どれも使えるものばかりで この夏重宝してます やっぱりZARAだいすき! Tシャツに花柄スカート カジュアルになりすぎず、 花柄も大人っぽく着れますよ〜 ‍♀️ 夏本番になってきたら TKEESのサンダルと合わせて着たいと思います! Instagram
関連キーワード

RECOMMEND