Dヨンア本人解説つき! 新ブランド【COEL】おすすめ新作一挙見せ

@BAILA

BAILAカバーモデルのヨンアがいよいよ今月、新ブランド【COEL(コエル)】をリリース! ディレクター、ヨンア自身がおすすめする、秋のワードローブに迎えたい注目アイテムをクローズアップ。

デザインのこだわりをヨンア本人解説でお届け!

【大人の余裕でまといたい、きれい色コート】
「色のコートって一瞬身がまえちゃうかもしれないけど、味方につければ大人の顔色を明るく映す最強アイテムなんです。上質な生地を使いデザインはミニマルにして、高級感と着やすさをかなえました」(ヨンア)

ボタンのないデザインで、さらっと軽く羽織れる一枚仕立てのコート。注目のチェック柄ワンピに重ねればクラシックながらも華やかな装いに。コート¥58000・ワンピース¥34000/COEL

【ドレスっぽく楽しめる主役トレンチ】
「秋冬はコートが主役になるのでパッと目を引くトレンチを作りたかったんです。つやめく生地を使い、ウエストをしぼったときにボリュームが出るようドレープを!」(ヨンア)。トレンチコート¥46000/COEL
【重ね着したときにとにかく可愛いブラウス】
「襟と袖口は、ニットやスウェットを重ねても可愛いフリル仕様に。フェミニンなブラウスは、デニムやチェック柄パンツなどメンズっぽいものとも相性抜群」(ヨンア)。ブラウス¥23000/COEL
【美脚にこだわったハンサムパンツ】
「同じ生地のジャケットを合わせればスーツでも楽しめるパンツ。少し裾を広げて脚がきれいに見える工夫をしました。靴の可愛さが光る絶妙なクロップト丈も◎」(ヨンア)。パンツ¥22000/COEL
【ヨンアも大好きなドット柄をプリーツスカートに!】
「大粒の水玉は、ポップになりすぎないよう、プリーツ加工でシャープに。でもお尻が大きく見えないように、後ろはあえてプリーツをなくしてデザインにひねりを入れました」(ヨンア)。スカート¥26000/COEL
【女性らしい動きが生まれるジャンスカ】
「カジュアルな雰囲気を持ちながらも、深く入ったスリットで動くたびに女性らしい表情に。胸当てを外せばスカートに変身する2WAY仕様」(ヨンア)。ジャンパースカート¥26000/COEL
【大人っぽさを追求! こだわりロゴT】
「肌ざわりのよさやすっきり見えるシルエットにこだわって、カジュアルになりすぎないロゴTを目指しました。ニットの中に着ても襟ぐりが少し見えるように設定したので、秋冬に入っても使えます」(ヨンア)。Tシャツ各¥6400/COEL
【コーデに変化をつけるモダンアクセサリー】
「おしゃれはトータルバランスで決まるもの。日常的に楽しめるベーシックな洋服が中心なので、アクセサリーはスパイスとなるちょっとスタイリッシュなデザインに」(ヨンア)。こちらは南京錠モチーフのチェーンネック
レス¥33000/COEL
【3WAYピアス】
「パールピースのキャッチを耳の表につけても、裏につけてもOK。さらにチェーンも取り外し可能にしました。アシンメトリーでつけても素敵ですね」(ヨンア)。ピアス¥18000/COEL

いかがでしたか?「今すぐ秋支度を始めたくなる上品なきれい色やチェック柄を、大人の女性が楽しめるよう素材やデザインを研究してフォーカスしています。ベーシックさとトレンド感を備えたCOELのワードローブで毎日のコーデを一緒に楽しみましょう!」とヨンア。バイラ編集部の爆買いリストもぜひ合わせてチェックしてみてくださいね♡


撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/百々千晴 モデル/ヨンア 取材/杉山ゆり ※BAILA2018年8月号掲載

関連記事
  • 角栓や皮脂、開きのせいで目立ってしまった毛穴にお困りの人に、人気ヘア&メイクが撮影現場で行っているという毛穴撲滅テクニックを教えてくれました。どんな毛穴問題もかわして毛穴レス肌に変えてしまうプロのテクは大注目です。 お題 今日の女優さんてば、角栓、皮脂、開きが混在。毛穴目立ちがひどい! さぁ、どうする?教えてくれたのは…ヘア&メイク AYAさんその人らしさがきわだつ、透明感あふれるナチュラルビューティなメイクが得意。なかでも丁寧なベースづくりに定評あり。ヘア&メイク 小田切ヒロさん媚びない、知的な美しさを引き出す天才。スキンケアにも精通し、愛あふれる言葉で美容を通して美しい生き方を説く。ヘア&メイク Georgeさん“今っぽくておしゃれ”と“現実的で簡単”を両立させるテクニック&アドバイスは雑誌でもタレントやモデルにも大人気。メイクアップアーティスト 耕 万理子さんモードから実用、舞台メイクまで幅広いジャンルで活躍中。自身も毛穴悩みがあるため、的確な商品選びに定評あり。ヘア&メイク 長井かおりさん女性を輝かせるメイクテクニックの引き出しは無限。わかりやすいテクと説明でイベントやセミナーにひっぱりだこ。ヘア&メイク 広瀬あつこさんメイクが苦手な一般の女性でも取り入れやすい、簡単かつナチュラルに可愛くなれる「スマイルメイク」の提唱者。【メイクスタート!】1.目立つ角栓毛穴をやさしくオフ「小鼻などの角栓にはオイルマッサージ」(広瀬)「ザラつきを感じる部分を指でくるくるとマッサージして詰まりを取ります」。γ-リノレン酸を含む希少な発酵オイル。ルルドビオ フェイスオイル 40㎖ ¥8200/美・ファイン研究所「ピーリングパッドで気になる部分をふき取り」(George)「ザラつく部分のみピーリングパッドでさっとひとふきします」。デコボコしたエンボス面で角質ケア、裏面のソフトな面でふいてきめを整えて。ブリーブリー ピンクピーリングパッド 60枚 ¥2808/イムブリー2.化粧水、オイル、クリームetc.で保湿Point. スチーマーなどで肌をほぐし、潤いの受け入れ態勢を万全にしてから保湿「コットンをお湯に浸してしぼり、肌の上に置く蒸しコットンで即席スチーマーに」(広瀬)「スチーマーを肌に当てながら、化粧水とオイルで保湿します」(George)「化粧水のあとに保湿美容液をハンドプレスでしっかり浸透させます」(耕)3.毛穴の凹凸を下地でフラットにならす「凹凸の補整にはこれ!さらさらのなめらか肌に」(小田切)(広瀬)「シリコンフリーでこの補正力は素晴らしい。メイクの上から直接、つけるだけで驚くほど毛穴が目立ちにくく」(小田切)、「毛穴の目立つ頰と鼻のバタフライゾーンに塗り、ファンデーションは塗らずにパウダーで押さえるだけのほうが毛穴がカバーできます」(広瀬)。ミネラルポアレススティック 2.5g¥2500/エトヴォス 「カラー下地のあと、ファンデの前に使う」(George)「カラー下地のあと、毛穴の気になる部分にこれをくるくると塗り、肌をフラットにしてからファンデーションへ」。タンイドル ウルトラ ウェア ブラー ¥5000/ランコム(5月17日発売)「光拡散効果のある下地でカモフラージュ」(耕)「肌をなめらかに整えて、光拡散効果で毛穴の存在感を消去。保湿力も高いので乾燥肌にもOKです」。ラディアント タッチ ブラープライマー 30㎖ ¥6300/イヴ・サンローラン・ボーテ「毛穴部分にのせたら指の腹で四方八方塗り」(長井)「指を小刻みに動かして毛穴部分に入れ込みます」。携帯にも便利な細身のサイズ。スムージング フラット プライマー¥2500/ジルスチュアート ビューティ4.コンシーラーできっちりカバーPoint. コンシーラーで色素沈着系毛穴・開き毛穴の両方をカバー「適した肌色のコンシーラーで毛穴を埋める」(AYA)「コンシーラーブラシで小刻みに毛穴まわりを往復させます。厚塗りやムラづきが防止され、毛穴がきれいに隠れます」。(左から)パーフェクトコンシーラー コンパクト 5g ¥4500・フィンガーコンシーラーブラシ¥3600/アディクション ビューティ5.パウダーで化粧膜をフィックスPoint. ファンデーションのあと、フェイスパウダーで透明ベールをかける「小さなブラシで毛穴部分にパウダーのせ」(長井)「顔全体にかるくパウダーをはたいたあと、毛穴部分にのみ小さなブラシを使って、小刻みなタッチでパウダーを埋め込んでフラットにします」。(右から)SHISEIDO NANAME FUDE マルチ アイブラシ¥2800/資生堂インターナショナル フェイスパウダー 0020g ¥5000/コスメデコルテ撮影/ケビン・チャン イラスト/沼田光太郎 取材・原文/平 輝乃 ※BAILA2019年6月号掲載
  • 先週発売したBAILA6月号では、今注目のファッションECサイトを大解剖! SNSで話題沸騰中の個人ブランドや、バイラーズが立ち上げたブランドなど盛りだくさん。 その中でも150cmと小柄な私が重宝しているブランドCOHINA(コヒナ)についてご紹介します。Sサイズ女性のための綺麗めカジュアルブランド「COHINA(コヒナ)」。 身長が150cm台のSサイズさん向けに、オンオフで使えるアイテムをお届けしています。 Sサイズさん向けのお洋服ブランドって、従来のものだとどうしてもガーリー寄りなデザインだったり、少し子供っぽかったりしたのですが、COHINA(コヒナ)はまさにBAILA世代の私にフィットするデザイン。 それもそのはず。商品を企画されている方がBAILA世代。そして、身長も150cm台と小柄な方なんです。 小柄さんならではの悩みを知り尽くしているからこそ、グっとくるアイテムが多いところがCOHINA(コヒナ)の魅力。▶︎ COHINA(コヒナ)インスタグラムでは、COHINA(コヒナ)のSサイズスタッフの方がインスタライブを実施。 動画で商品をレビューしてくれるので、サイズ感や記事の質感、細かい情報が知れるところも嬉しいポイントです。▶︎ COHINA(コヒナ)のインスタグラムはコチラそして、私がCOHINA(コヒナ)でヘビロテしているアイテムは、「前スリットデニムロングタイトスカート(インディゴ)」。 春夏になるとコーディネートに取り入れたくなる「デニム」。 デニムというとカジュアルになりすぎてしまい通勤コーデには難しい、そう思っていたのですが、こちらのデニムスカートは、タイトなシルエットが大人っぽさを演出してくれるロングスカートタイプ。 タイトスカートは、きちんと見えする通勤コーデの鉄板アイテムですよね。 素材によってはお堅くなりすぎてしまうアイテムですが、デニム素材になることによって程よくカジュアルダウン。 深めなスリットが女性らしさをプラスしてくれるので、カジュアルなデニム素材でも子供っぽくならず着こなすことができますよ。何より感動したのは、サイズ感。 小柄な私からすると、ロングスカートはECサイトで買うのを一番恐れるアイテム。 少しでもサイズが大きかったりすると、” 着られている感 “ が出てしまいますよね。 私は、XSサイズを購入したのですが、体に綺麗にフィット。少しハイウェスト気味になっているところも、スタイルup効果があって◎▶︎ 前スリットデニムロングタイトスカート(インディゴ)の購入はコチラスカート以外にも、トップスやパンプスまで幅広い商品アイテムを取り揃えているところもCOHINA(コヒナ)の魅力。 150cm台の小柄さんはぜひ、チェックしてみてくださいね。▶︎ instagramはコチラスーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
  • この特集、ほんとに大好き。ついつい便乗しちゃうんです。Marisol6月号に「おしゃれプロの『これ買っちゃいました!』2019春夏」という特集があります。 シーズンごとに楽しみにしている特集。 エディターさんやスタイリストさんの私服が垣間見られる楽しさや、「わ!素敵!」と思う方が毎回同じだったりするのが面白くて好きです。 好みが似ている方が選ぶなら間違いない!と、新しいブランドを試してみたり、攻めのアイテムに挑戦してみたりもできます。 すみからすみまで読んでいると発見がたくさんあって面白いのです。 今回は、ワンピースのページに紹介されていたmuller of yoshiokubo(ミュラー オブ ヨシオクボ)のデニムキャミワンピが気になって、早速お店で試着! ・・・だけど、どうやら私には攻めすぎているのか似合わず、断念(泣) これも良い勉強。 でも、久しぶりにmuller of yoshiokuboの他のアイテムが気になって見つけたのが、デニムのワイドパンツサロペットでした。 室内の暗め写真でごめんなさい。 すとん、と落ちるきれいなワイドシルエットがとっても気に入りました! 濃いインディゴだし、通勤もOKかな? 夏を想定して、インナーはタンクトップでさらっと。 秋はニットをあわせても可愛いなあ、と。真冬以外は着られそう!後ろもざっくりシャープなVネックラインが大人っぽくて好きです。他の画像を見る特集を読んで、載っているものと全く同じものを買うこともあれば、こんな風に全然違うものに出合えたりもして。 おしゃれプロから教わることはたくさんあるなあ、なんてしみじみ。 夏は、このサロペットで色々お洒落を楽しみたいと思います★美女組No.167 hirokoのブログ
  • 国内初の常設店に行ってきました♪ここのところ、本当に気持ちいい爽やかな初夏の陽気が続いていますね。 先日友人に会いに、六本木ヒルズに行ってきました。 六本木ヒルズといえば、以前から気になっていたMARIA BLACKのお店が4月にエストネーションに入ったと聞いていたので、ブランチがてら見に行くことに。 MARIA BLACKはデンマーク発のジュエリーブランドで、北欧らしいモダンなデザインだけれどどこか温かみのある雰囲気のデザインが特徴です。 ほとんどのものが片耳ずつの販売なので、自分のセンスで左右で違うものをチョイスしてアシンメトリーなピアスにしたり、なんと二つのものをジョイントして片耳につけたりできるデザインのものも。 そうやって自分流にアレンジできるのもとっても魅力です。選ぶの自信ないけど笑。リングもとても可愛いものが沢山でしたが、私が気になったのはこちらの子たち。 パール大好き、そしてフープも大好きなので、パールがついたフープピアスとバングルに目が行きました。パールがついたフープは今や沢山みかけるけれど、内側についてるって新鮮! バングルも、つけてみるとちょっとティアラみたいな(?分かりにくい?笑)デザインで、モダンかつ華やかでした♪ とても親切でおしゃれな店員さんに色々とご紹介いただき、ピアスを買うか、ブレスレットを買うか、フープの大きさはどれがいいか、悩みすぎて頭がショートしてしまい、、、いったん買わずに帰ってきてしまいましたが、また近いうちにお邪魔したいです♪ MARIA BLACK公式サイトはこちら美女組No.146 rinのブログ
  • 春から夏にかけての季節の変わり目に欠かせないアウター。特に朝晩で気温差がある今の時期は、薄手アウターを持っておけば軽い防寒にぴったりです。アウターは、毎日着るアイテムだからこそ、今年らしいものに更新するだけで旬なスタイルに早変わり。今回は、今年大注目の春夏アウターである薄手ブルゾンと、マウンテンパーカをご紹介します。どちらもカジュアルなアイテムなので、取り入れるのが難しいと思われるかもしれませんが、素材やデザインを意識するだけでコーデイネートの幅がグッと広がりますよ!さぁ、2019年春夏大注目のアウターをチェックして最旬コーデにアップデートしましょう。※元記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.こなれ感抜群!大人女子コーデの新定番、薄手ブルゾン|7選 2.レジャーにも肌寒い日に羽織っても◎。マウンテンパーカ|3選1.こなれ感抜群!大人女子アウターの新定番、ブルゾン|7選肌寒い日にサッと羽織るものが欲しい、そんな時には「ブルゾン」をチョイスしてみては? ブルゾンは、カジュアルなパンツスタイルはもちろん、ワンピースやスカートなどのフェミニンコーデにも相性抜群の優秀アイテムなんです。また、あまり決めすぎたくない女子会などのシーンでも、ブルゾンを羽織ることでいつものコーディネートにこなれ感をプラスしてくれます。テラコッタ調のブルゾンは同系色のオレンジと合わせて楽し気に。派手色と思われがちなオレンジも、ワントーンでスマートに取り込めば気負わず着こなせる。抜け感のあるビッグサイズのブルゾンも、こなれた雰囲気にするのにひと役。ブルゾン¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース)スタイリスト辻直子さんのセオリー 大人のオレンジの“こなし方”“通勤アウター=かっちりジャケット”と頑なに構えたコーディネートでは、何だか気持ちも上がりませんよね。そこで、ヒールはもちろんのことスニーカーとも相性抜群なブルゾンはいかがですか?大人のこなれ感をプラスしてくれるブルゾンを纏えば、心なしかいつもの通勤も足取りが軽くなるはず。ブルゾン¥26000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)祝☆新元号決定! 「令和」流・働く30代女子通勤コーデ新おしゃれの定義8ハンサムアイテムである黒のブルゾンは、フェミニンなフレアスカートを合わせると好バランス。黒×キャメルオレンジのコントラストある仕上がりに。インのTシャツで着くずせばこなれ感もアップ。ブルゾン¥95000/マディソンブルー【フレアスカート×Tシャツ】でつくる最旬スタイル♪ 旬のスポーツMIXも、いつものワンピースコーデにブルゾンを羽織れば簡単に。インナーとシューズの白で抜け感をプラスして。ブルゾン¥36000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ティッカ)ワンピース(インナースカートつき)¥12000/ココ ディール 今すぐ買ってずっと着られる【とろみ柄ワンピース】3月~6月着回しテクドットワンピやクラシカルにスクエアバッグ……レトロフェミニンなコーディネートを、ビッグサイズのブルゾンでラフにくずして、今っぽさのバランスを。左耳だけにつけたパールピアスもアクセントに。ジャケット¥95000/ブラミンクスタイリスト辻直子さんの提案 自分を“ディレクション”して着こなす「黒」旬のスポーティブルゾンを着こなすなら、同系色のスニーカーを合わせて華やかに。光沢のあるパープルだから大人っぽく着られる。 アウター¥13800/アダム エ ロペ(コールドブレーカー) スニーカー「YUNG-96」¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス)辛め派コーデで女子会映えを狙うなら【ダッドスニーカー】でハンサムに2.レジャーにも肌寒い日に羽織っても◎。マウンテンパーカ|3選「マウンテンパーカ」と言うと、スポーティな印象を浮かべる人も多いのでは? マウンテンパーカは、レジャーやスポーツシーンだけではなく、スカートやワンピースなどのフェミニンスタイルや、スキニーパンツなどのカジュアルスタイルにもハマる万能アイテムなんです。意外と知られていない、マウンテンパーカの魅力とおすすめのコーディネートをご紹介していきます。マウンテンパーカをタウンユースで鮮度高めのスタイルに。ベーシックカラーのスカートコーデはスリッポンや小物使いでエッジをきかせて今っぽく。マウンテンパーカ(一部店舗のみで販売)¥9990/ユニクロ(ユニクロ ユー)自信が欲しい日は、旬アイテムでエッジを加えたスカートスタイルを!空色のマウンテンパーカを羽織って初夏のさわやかさを。流行のドット柄ワンピースが甘コーデになり過ぎないバランスも◎。マウンテンパーカ¥36000/ティッカフラット靴で印象チェンジも自在!【ドット柄×フラット靴】コーデ3選移動の多い平日は、サッとはおれて軽いマウンテンパーカを。はおりがカジュアルな分、シャツとパンツにスタンダードな白を投入してきれいめにシフト。マウンテンパーカ¥95000/アマン(アンスクリア)1日外回りの日は、きちんと白スタイルに動きやすいはおりをいつものコーデに最旬アウターをプラスしよう2019年春夏に大注目のアウターをご紹介してきましたが、いかがでしたか? 朝晩の温度差が激しい今の季節、薄手アウターは欠かせないアイテムですよね。 羽織りものなので、コーディネートの仕上がりを左右すると言っても過言ではありません。 春から夏にかけて大活躍する最旬アウターを、いつものコーディネートにプラスしてみてくださいね!
  • 美容エディターの前野さんが「なんか…いつもと違う!」と絶賛されたのはこのアイテムのおかげでしたナーズ エンドレスオーガズムパレットしっとり湿度のあるきらめき質感が6色も入ったこのパレット。目もとにも頰にも唇にも全パーツに使えるうえに、指先だけでメイクが完結する手軽さがすごい! そのうえ、どこにどの色をのせても絶対失敗しない血色カラーぞろいで、その名のとおりちょっぴり熱っぽい"色っぽフェイス"に。「何かいつもと違うね」と男子を戸惑わせてしまったようで……。仕事に勤しむアラフォー女子に、いい意味で「隙」を演出する希有なアイテムです。クリーミーなテクスチャーとパール感たっぷりの輝きで、全6色がアイカラー、チーク、リップの3役を担う。¥5,900(5/24限定発売)/NARS JAPAN美容エディター 前野さちこさん 【Marisol6月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • 「Tシャツワンピ」と「ハイテク系スニーカー」は休日コーデの神コンビ! 簡単だけど、手抜き感ゼロでちゃんと今っぽくなれるんです。Tシャツワンピを旬に見せてくれるハイテク系スニーカーの合わせワザをご紹介します。Tシャツワンピに“きかせる”俺様スニーカー(左から)靴¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) 靴¥12000/アシックスジャパン(アシックスタイガー) 靴¥17000/アトモスピンク(ナイキ)抜け感に即効性のある、クリアな白。定番のネイビーワンピも脱・無難! “きかせ”に使いやすいのは、どんな色とも相性がいいオールマイティな白ベース。ネイビーとのスポーティなカラーリングに、フレッシュなピンクのアウトソールで可愛げをのぞかせた一足が、裾にかけてふわりと広がったフェミニンなワンピをシャープに引き締めてくれる。ワンピース¥9200/ミラ オーウェン  ルミネ新宿2店 靴¥17000/アトモスピンク(ナイキ) バッグ¥150000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥27000/トゥモローランド(ルッツ オーティズ) ネックレス¥10000/ノジェス バングル(太)¥9000・(細)¥6000/シルバースプーンちょっぴりきれいめを意識するなら女っぽいIラインにやわらかなベージュをレトロなムードが漂うベージュスニーカーは今っぽさと落ち着きを両立。ワンピース¥16000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 靴¥12000/アシックスジャパン(アシックスタイガー) シャツ¥19000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ホワイトライン) スカーフ¥7800/アマン(アルテア) サングラス¥48000/アイヴァン7285 トウキョウ リング¥21000/Rice バングル¥19000/エッセンス オブ アナイ(フィリップ オーディベール) バッグ¥37000/デ・プレ(アラナズプレ)包容力のあるくすみイエローワンピにパキッとしたカラーブロックのスニーカーが好相性90年代風のカラフル配色のスニーカーはシンプルなワンピでこそ大人っぽく着地。スリット入りで軽快に。ワンピース¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) ショートネックレス(チェーン)¥11000・(チャーム)¥5500・ロングネックレス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥37000/シルバースプーン バッグ¥39000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ)パープル×ブルーの辛口配色はシンプルな黒ワンピでモードに振り切るスタイリッシュな色合いの一足で黒ワンピにメリハリをプラス。合わせる小物はスニーカーが引き立つモノトーンで統一して、“一点投入”の遊び心を存分に引き立てて。ワンピース¥22000/RHC ロンハーマン(エイトン×RHC) 靴¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス) 手に持ったジャケット¥39000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥35000/デ・プレ(アンコモンマターズ)バングル¥13000/アルアバイル(ベン・アムン) バッグ¥13000/4K(FILL THE BILL)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • 2019-’20年秋冬コレクションの会場でとらえた最新スナップを、アーカイブと並べて一挙に公開! 今季注目のニューカマーもあわせてチェック。 人生経験が着こなしに表れる STELLA TENNANT(ステラ・テナント) パンクっぽい装いで初めからおしゃれだったステラ。年々素敵な女性に。 1 ラッフルあしらいが華麗なシャツをスカートにイン。大人の女性ならではの、シックなモノトーンスタイルだ2 こちらはなんと23年前、1996年のスナップ。腰に巻いたニットのピンクを差し色にした3 ピンクのスカートとソックスをリンクさせた2001年。このシーズンはピンクがブームだったらしい LIYA KEBEDE(リヤ・ケベデ) 4 キャリアを重ねるたびに着こなしがブラッシュアップされるリヤ。2005年のシャツスタイルはフレッシュだがあか抜けていない?5 だいぶこなれてきた2015年は自分のブランド、レムレムのドレスを6 ヴァレンティノの真っ赤なドレスを着こなす、現在のリヤ。タフなブーツで足もとに重心を置き、ドレスの甘さを引き締めたまったくブレません! BINX WALTON(ビンクス・ウォルトン)、MICA ARGANARAZ(ミカ・アルガナラズ) 着ていて心地のよいスタイル、自分のテイストを知り尽くしたふたり。安定感はピカイチ! 7 デビュー時から常にストリート&スポーティなスタイルのビンクス。少年のような2014年の姿8 アディダスのブルゾンでつくった現在のスタイル。パンツのイージーなフォルムは相変わらずだ9 こちらもマイスタイルが確立しているミカ。サンローランのジャケットをエフォートレスに着た10 ラグ& ボーンのセットアップを着た2015年のスナップ。ジャケットとパンツのゆるいサイズ感、 足首がのぞく絶妙なパンツの丈、白いインナーの首の詰まり具合など、バランスが今と同じだ JULIA NOBIS(ジュリア・ノビス) 2010年のデビュー以来 変わらないカジュアルな 装いが魅力。足もとには ヴァンズが欠かせない! 11 ロエベのショーを見に来ていたジュリア。同ブランドのトップスを気負いなく着こなした12 2012年頃は、ラグ &ボーンのパンツを愛用13 こちらは2015年。チェック柄シャツも彼女の定番だったまだまだ、成長中! MARTE MEI van HAASTER(マルテ・メイヴァン・ハースター) 14 ドリスのマドラスチェック柄ジャケットをセリーヌのバッグでモダンに着こなした15 デビュー間もない2012年のスナップ。「この頃からパワーアップし始めた!」と当時の取材陣 KIKI WILLEMS(キキ・ウィレムス) 16 音楽の背景を感じる着こなしに定評のあるキキ。70年代テイストに寄せすぎな気もする2015年17 最新スナップ。ウェアはすべてオールド・クロエ。シャツのフロントをラフに開けて、コートを着崩した DILONE(ディローン) 18 愛嬌たっぷりのスマイルで人気だった2016年のディローン。グッドガール風のスタイルで19 クロエのワイドパンツにバレンシアガのシャツを。マニッシュだが、ソフトな色使いにはフェミニンな表情もカップルで表紙を飾りました ERIKA LINDER(エリカ・リンダー)、HEATHER KEMESKY(ヘザー・ケメスキー) 20・21 アンドロジナスな女性モデルとして人気のエリカ。2018年1月号では表紙を飾ってもらい、ロングインタビューも敢行。クロス掛けしたバッグのストラップがアクセントに。「撮影時は現場に一番乗りでした」(SPUR編集部)というエピソードも 22・23 エリカの彼女であるヘザーは、2016年1月号のカバーガールに。今回のパリ・コレで、ふたり揃ってルイ・ヴィトンのショーに出演。ロングジャケットをデニムと合わせたシックな装いに深い赤リップがマッチ 若手がだんだんこなれてきた! HANNAH MOTLER(ハナ・モトラー) 24 2018年、デビューから半年後のハナ。スタッズつきブーツにこだわりが感じられる25 パンツのサイドラインとインナーで、ビビッドな赤をきかせた今シーズン。ワークテイストのパンツのチョイスもクール! FRAN SUMMERS(フラン・サマーズ) 26 バーバリーのトレンチコートとクロエのドレスでぐっとフェミニンに進化した今シーズンのフラン。ポインテッドブーツで足もとにエッジを加えた27 可愛いけれどまだ野暮ったさが残る2018年期待の新人たち これからキャリアを重ねていくであろう新人モデルの中から、スタイリングの成長にも期待がもてそうな4 人のホープを紹介! (右から)MAIKE INGA(マイケ・インガ)・FINN BUCHANAN(フィン・ブキャナン)・STEINBERG(スタインバーグ)・INDIRA SCOTT(インディラ・スコット) (右から)ボーイッシュなショートヘアのマイケ。OFF-WHITEのジャケットが映える。フィンはメゾン マルジェラのオープニングを務めたトランスジェンダー・モデルだ。ラルフ ローレンのレトロな趣が今また新鮮。スタインバーグは、ジバンシィとドリスのオープニングに抜擢。ヴィンテージのジャケットを主役に。ビーズを編み込んだブレードヘアのインディラはどんなルックも着こなす個性派 >>「モデルスナップ同窓会」特集TOPへ
関連キーワード

RECOMMEND