Dヨンア本人解説つき! 新ブランド【COEL】おすすめ新作一挙見せ

@BAILA

BAILAカバーモデルのヨンアがいよいよ今月、新ブランド【COEL(コエル)】をリリース! ディレクター、ヨンア自身がおすすめする、秋のワードローブに迎えたい注目アイテムをクローズアップ。

デザインのこだわりをヨンア本人解説でお届け!

【大人の余裕でまといたい、きれい色コート】
「色のコートって一瞬身がまえちゃうかもしれないけど、味方につければ大人の顔色を明るく映す最強アイテムなんです。上質な生地を使いデザインはミニマルにして、高級感と着やすさをかなえました」(ヨンア)

ボタンのないデザインで、さらっと軽く羽織れる一枚仕立てのコート。注目のチェック柄ワンピに重ねればクラシックながらも華やかな装いに。コート¥58000・ワンピース¥34000/COEL

【ドレスっぽく楽しめる主役トレンチ】
「秋冬はコートが主役になるのでパッと目を引くトレンチを作りたかったんです。つやめく生地を使い、ウエストをしぼったときにボリュームが出るようドレープを!」(ヨンア)。トレンチコート¥46000/COEL
【重ね着したときにとにかく可愛いブラウス】
「襟と袖口は、ニットやスウェットを重ねても可愛いフリル仕様に。フェミニンなブラウスは、デニムやチェック柄パンツなどメンズっぽいものとも相性抜群」(ヨンア)。ブラウス¥23000/COEL
【美脚にこだわったハンサムパンツ】
「同じ生地のジャケットを合わせればスーツでも楽しめるパンツ。少し裾を広げて脚がきれいに見える工夫をしました。靴の可愛さが光る絶妙なクロップト丈も◎」(ヨンア)。パンツ¥22000/COEL
【ヨンアも大好きなドット柄をプリーツスカートに!】
「大粒の水玉は、ポップになりすぎないよう、プリーツ加工でシャープに。でもお尻が大きく見えないように、後ろはあえてプリーツをなくしてデザインにひねりを入れました」(ヨンア)。スカート¥26000/COEL
【女性らしい動きが生まれるジャンスカ】
「カジュアルな雰囲気を持ちながらも、深く入ったスリットで動くたびに女性らしい表情に。胸当てを外せばスカートに変身する2WAY仕様」(ヨンア)。ジャンパースカート¥26000/COEL
【大人っぽさを追求! こだわりロゴT】
「肌ざわりのよさやすっきり見えるシルエットにこだわって、カジュアルになりすぎないロゴTを目指しました。ニットの中に着ても襟ぐりが少し見えるように設定したので、秋冬に入っても使えます」(ヨンア)。Tシャツ各¥6400/COEL
【コーデに変化をつけるモダンアクセサリー】
「おしゃれはトータルバランスで決まるもの。日常的に楽しめるベーシックな洋服が中心なので、アクセサリーはスパイスとなるちょっとスタイリッシュなデザインに」(ヨンア)。こちらは南京錠モチーフのチェーンネック
レス¥33000/COEL
【3WAYピアス】
「パールピースのキャッチを耳の表につけても、裏につけてもOK。さらにチェーンも取り外し可能にしました。アシンメトリーでつけても素敵ですね」(ヨンア)。ピアス¥18000/COEL

いかがでしたか?「今すぐ秋支度を始めたくなる上品なきれい色やチェック柄を、大人の女性が楽しめるよう素材やデザインを研究してフォーカスしています。ベーシックさとトレンド感を備えたCOELのワードローブで毎日のコーデを一緒に楽しみましょう!」とヨンア。バイラ編集部の爆買いリストもぜひ合わせてチェックしてみてくださいね♡


撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/百々千晴 モデル/ヨンア 取材/杉山ゆり ※BAILA2018年8月号掲載

関連記事
  • ニット¥4000/シティーヒル(マジェスティックレゴン) スカート¥11000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1945/アビステ バッグ¥11000/Noela ショートブーツ¥6900/REZOYハイウエストで脚長、ベルト付きでくびれ、アシンメトリーな裾ラインでふくらはぎやせと、スタイルアップポイント満載の着やせスカート。チェック&ボタン付きのトレンドもしっかり押さえてあるのがポイント高い。白のちょいゆるニットをインして甘めに着こなし!モデル/山田愛奈 撮影/田村昌裕(FREAKS)  ヘア&メイク/河嶋希(io)  スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ショートブーツコーデ記事一覧はコチラ
  • 新社会人の口コミから分かった! マストバイリスト 週5使えるのに着ていて気分がアガる。みんなの声から優秀服を集めました。毎日着るヘビロテアイテムはシンプルBUTアガるディテールベーシックカラーカーディガン ボタンが可愛いデザインを選ぶとおしゃれに見える。 (貿易会社勤務1年目・大石さん) ジャケットの下に着られるハイゲージニットが便利。 (人材会社勤務1年目・佐藤さん) 洗えるウール素材。左下のゴールドのプレートが高級感のあるワンポイントに。(左) ¥15000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) やや短めの丈に、つやっとしたボタンがレトロで可愛い。(右) ¥3990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店キレイ見えアイテムなら忙しい朝に1点で女っぽ膝下丈のシャツワンピース ワンピースはアガるしコーデを決めないでいいので便利。 (広告会社勤務1年目・西堀さん) ウエスト切り替え位置が高いとスタイルがよく見える! (テレビ局勤務1年目・齋藤さん) バックの編み上げと太ベルトが女っぽい。(左) ¥9800/RD ルージュ ディアマン 春らしい淡いピンクは、ロング丈で落ち着いた印象に。(右) ¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店シルエットが命のアイテムは信頼できるブランドで指名買いn♥line Preciousのテーラードジャケット 短めでウエストがくびれているので可愛らしく着られる。 (出版社勤務1年目・中里さん) 就活生に見えないジャケットは愛用できる。 (non-noカワイイ選抜No.51 南浦芽依さん) スマートに見えるシャープなラインがクール見え。(左) ¥23000/洋服の青山(n♥line Precious) やや短い丈でキュートな印象。フレアスカートにも合う。(右) ¥23000/洋服の青山(n♥line Precious)形のキレイなとろみブラウス 色はシンプルでも、こだわりのデザインがおすすめ。 (イベント会社勤務1年目・金谷さん) キレイなシャツは、着ているだけでこなれた社会人に。 (テレビ局勤務1年目・齋藤さん) 袖の結び目と胸ポケットが女っぽい。ゆったりした抜き衿がキレイに作れる。(左) ¥6800/RD ルージュ ディアマン 社会人の声を反映して作られた、こだわりの設計。(3月中旬発売予定)(右) ¥5400/N.ヒールの高すぎない黒パンプス ヒールが5cm以上なら美脚+大人見え。 (non-noカワイイ選抜No.13 川井寧々さん) 外回りで長時間歩くことがあるのでチャンキーが便利。 (テレビ局勤務1年目・野地さん) 木目調のチャンキーヒールが歩きやすいのに、スクエアトウできちんとした印象もばっちり。(左) (6.2)¥6389/ダブルエー(ダブルエー オリエンタルトラフィック) 脚がキレイに見えるポインテッドトウと高すぎないヒールでデイリー使いにぴったり。(右) (6.3)¥5463/ダブルエー(ダブルエー オリエンタルトラフィック)UNIQLOのアンクルパンツ 安いしキレイだし万能すぎて、2、3本持ちは当たり前。 (人材会社勤務1年目・佐藤さん) よく動く仕事ですが、ウエストゴムなのでこれはOK。 (イベント会社勤務1年目・金谷さん) 伸縮性があり、座ってもしわになりにくいレーヨン素材。 (各)¥2990/UNIQLO撮影/坂田幸一(物) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 
  • BAILAの読者モデルとして日々の生活やおしゃれの様子をブログで発信するスーパーバイラーズたち。ファッションについてアップすることが多い彼女たちですが、実は時代に先駆けて"型にはまらない"働き方をしているメンバーもいるんです。新しいことにチャレンジする姿がまぶしい4人をご紹介します。 私たち、新しい働き方、始めました!地元を盛り上げるべく日々奮闘中! 菊地実李さん(PR会社代表) "若者ももっと楽しめる街"をつくるために、私にしかできないアプローチ法を模索しています 「小学生のころからずっと、将来は地元を元気にしたいと思っていました。前職・前々職もそれを見越して勉強になるような仕事をセレクト。そんななか、タイミングが重なって昨年地元にUターン、地域創生のためのPR会社を興すことに。今は地元のイベントやラジオで、コーディネートやメイクの話をしています。若い人に興味を持ってもらうために、私だからこそできる方法で町おこしをしていきたい!」 菊地さんのブログはこちらからチェックリング¥6400/レイアロハアクセサリー バングル¥2800/フィービィー プラス(フィービィー)好感度抜群の フリーアナウンサー 西島まどかさん (フリーアナウンサー) 毎日新しい発見があってかかわるすべての人から学べるのがこの仕事の醍醐味! 「この仕事に興味を持ったのが23歳。実はアナウンサー志望の人って大学2年生くらいからスクールやゼミでいろいろと準備するから、正直もう遅いかな、と思ったのですが半ば勢いでフリーとして活動し始めました。もちろん大変なこともあるけれど、今は食べ歩きの番組(「夕焼け酒場」BS-TBS 毎週土18時〜)をはじめ、運よく自分の興味のある分野のお仕事をいただけていて毎日幸せです!」西島さんのブログはこちらからチェックリング(9本セット)¥2200/サンポークリエイト(アネモネ)  バングル¥10500/レイアロハアクセサリーバイラも手がけるファッションライター 高橋夏果さん(ライター) 考え方の器が広がって自分でも知らなかった自分に出会わせてくれる仕事! 「前職ではゲームのシナリオを書く仕事をしてしていました。その後4年かけて物語が完結したときに、いったん仕事に区切りをつけ、興味のあったファッション誌の仕事に挑戦しようと転職を決意。最初は、華やかなイメージが強い業界に緊張していたけれど、最先端の情報と、 それを生み出す人たちと働くことで、日々の仕事が自分を磨いてくれてる気がするんです!」高橋さんのブログはこちらからチェックネックレス¥14000/ジュエッテ本業も副業も! バイイングのプロ 神谷江礼奈さん(バイヤー) お金を稼ぐことよりも自分のやりたいことができるところに副業のメリットが! 「会社のバイイングは規模が大きいため、直接顧客の方とかかわることがないけれど、副業で始めたヴィンテージモールへの出品は、購入してくれた人とのやりとりまで自分で行えるところが魅力。自分で在庫を抱えることや、後ろ盾がないというリスクはある半面、そのぶん自分の力が目に見えるのが刺激になってとにかく楽しい!」神谷さんのブログはこちらからチェックイヤリング¥3889/アビステ撮影/イマキイレカオリ ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリング協力/水野利香 ※クレジットのないものはすべて本人私物です ※BAILA2019年2月号掲載
  • BAILA2月号、ご覧になりましたか? メイン特集は 「30歳からの着やせ大賞」 着やせ、永遠のテーマです。 どうしても着ぶくれがちな冬服、着やせへ重要なのは暖かインナー! キャミソール、タイツ、ペチコートなど、昔からインナーにこだわるのが大好きでして。 ここ何年もかけて試した結果、2ブランド4型で固まってまいりましたのでレポートします!辿り着いた形はキャミソールと、襟ぐりの広い袖ありの2つ。 内勤の日や飲み会がある日など、 ニットの中に袖ありインナーだと暑くなるな〜という日に便利なのがキャミソール。 体温調節、上手くいきます。 お洋服の素材や形的に袖ありインナーが難しいことも多いので、必要ですよね。 そして、襟ぐりの広い袖あり。 こちらを選ぶポイントは、素材の厚さよりも二の腕にぴったりフィットしているかどうか。 このフィット感で、暖かさが全然違います。 ①キャミソール×暖かさ優先Hotcott(ホットコット)のキャミソール。 95%コットンで出来たこのシリーズ、肌に優しいのはもちろんなんですが、綿の暖かさに驚きました。 ポイントは丈の長さ、背中まで覆うデザイン。 キャミだけど、大事なところは守って温めてくれます。②キャミソール×デザイン重視PEACH JOHNの It'sホッティフワリーロングキャミ。 やや透け感のあるニットなどにおすすめなのがこれです。 肩ひもは丸紐、フロントデザインも今っぽい。 そして背中も真っ直ぐなので、透けてもダサくない! ふわふわ素材で気持ちよく暖かいのに、見た目もキープしてくれます。 私は白黒2色買いました! ふわふわゆえに、毛玉面ではやや心配なので、大事に着てます。③袖あり×チラ見え回避Hotcott の綿混九分袖オフショルダー。 商品名では九分袖になっているのですが、正直、そんなに長くないです。 けど、実はそこが良い。 冬でも着たい袖コンブラウスのインナーに最適なんです。 肩の上の方で着た状態で腕を曲げ伸ばししていると、私の場合六分丈くらいになるのですが、 そのおかげでブラウスの袖から絶対出ない。 袖コンブラウス、上がってくること多くないですか? それでも出ませんから。ロケの時にも安心なんです。④袖あり×殿堂入り!PEACH JOHNの It'sモイスティ九分袖。 これは私的殿堂入りインナーです。 前後に広いV空きでお洋服を選ばない、 二の腕にはもちろんぴたっとフィット、 腰まで覆う丈感と九分袖、 気持ち良いしっとりの肌触り、 そして何より、物持ちが素晴らしく良い! 写真のもの、5年前に買ったんですよ。 全く毛玉にならず、破けることもなく、伸びてもいない。 インナーは使い捨て説を覆してくれた1枚です。 PEACH JOHNのインナーは1シーズンで発売が終わってしまう事が多く、その度にもう一枚買っておけば…と悔しくなるのですが、 このシリーズの黒は毎年発売される。(今のところ) その安定感も好き。ブランドはHotcott、PEACH JOHN大きな特徴としては、 保温性はHotcott。 肌触りとデザインはPEACH JOHN。 この2ブランド4型で、着やせしつつこの冬を越せそうです。 スーパーバイラーズ 西島まどかのブログ
  • まだまだ寒いけど、コスメカウンターには激カワな新色が到着中。今すぐ使えて、ちょっといばれる♡「タグ映え」コスメをズラリ揃えました!# WリップSNS映えとメイク映え、両方を叶えてくれる今季一番のトレンドアイテムがこちら♡ワンピース¥16000(2月発売予定)/ハニーサロン(Honey Salon by foppish)# イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー 5 ¥4300(2月6日発売)/イヴ・サンローラン・ボーテ 黒いハートがぷっくり感を演出。 # ディオール ルージュ ディオール ダブル 353 ¥4200(限定発売中)/パルファン・クリスチャン・ディオール 2色がMIXされ鮮やかなピンクに。 # RMK RMK カラーポップリップスティック 02 ¥3500(限定発売中)/RMK Division 中心のパール層がきらめきをプラス。 他の画像を見るモデル/鈴木優華 撮影/吉田崇(まきうらオフィス・モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/与儀昇平 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • トップス編1 春トレンドのゆるっとカーデをON! ビッグシルエットのカーデが春トレンドに台頭! スキニーとの相性抜群で、はおるだけで今っぽ♡薄いブルー×白カーデで最強愛されコーデ(里穂) ライトブルーデニムと真っ白カーデは王道の組み合わせ! トップスと靴の黒で引き締めて。 濃いめのワンウォッシュはピンクベージュで優しげに(友菜) ワンウォッシュデニムは程よい色落ち感で、どんなコーデにも合わせやすい。大ぶりピアスとバッグで女っぽさを足して。 里穂 パンツ¥23000/エドウイン(JOE’S) カーディガン¥6390/titivate スウェット¥1990/アメリカンホリック プレスルーム イヤリング¥1600/Grandedge渋谷109店 別注Championサコッシュ¥2990/WEGO 靴¥7400/CAMILLE BIS RANDA友菜 パンツ¥13800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) カーディガン¥4900/Sneep Dip シャツ¥12800/ディーゼル ジャパン ピアス¥2300/UNRELISH バッグ¥3900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター 2ワンピとレイヤード 冬に大活躍のニットワンピ。スキニーをちょい見せすれば、あったかさも可愛さもキープ♡白のニットワンピは好感度MAXアイテム。スキニー合わせなら周りと差をつけられちゃうよ。 パンツ¥12800/EMODA ルミネエスト新宿店 ワンピース¥29000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ) 靴¥7400/RANDA 3春っぽブラウス投入で見違える! ひと足早く、アウターの中は"new arrival"のブラウスに。新しく、華やかに見違えるよ。ギンガム&フリルで甘さをプラス(菜々花) 全身黒~白で統一感を。 ホワイトのオフショルで顔回りが華やぐ♡(里穂) 裾がきゅっとすぼまって脚長効果も。 菜々花 パンツ¥12000/リー・ジャパン ブラウス¥6500/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 ベレー帽¥4500/Noela イヤリング¥6806/アビステ ストール¥4500/MILKFED. 新宿 バッグ¥28000/サマンサタバサプチチョイス ルミネエスト店 靴¥17000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 里穂 パンツ¥6900/ライトオン(BACK NUMBER) ブラウス¥6650/シェリーモナ ティペット¥6900/キャセリーニ バッグ¥5900/アンビリオン(カシュ カシュ) 靴¥13800/モーダ・クレア(メルモ) 4パーカ×スキニーは韓国GIRLをイメージ♡ カジュアルになりがちな組み合わせは、韓国の女の子をイメージしてみて。最強のラクかわコーデに変身♡白のダッドスニーカー&ニット帽で一気にこなれる! しっかり赤リップも忘れずに♡ パンツ¥7900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 パーカ¥13000/Carhartt WIP Store Tokyo ニット帽¥990/GU バッグ¥3900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 靴¥7900/フィラ カスタマーセンター(FILA) モデル/鈴木友菜 高田里穂 松川菜々花 撮影/伊藤大作(The VOICE) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • アジアンデザイナーの勢いが止まらない! チェックしておきたいレーベルをピックアップ ※€1=約129円、$1=約113円、£1=約144円です(2018年12月4日現在)。brand : ROKHcountry : UKURL : www.r-o-k-h.comInstagram : @rokhofficial セントラル・セント・マーチンズを卒業後、セリーヌなどで経験を積んできた韓国出身のRok Hwangが手がけるブランド。2018年LVMHプライズで特別賞を受賞した。ビッグシルエットのコートは大きな袖の折り返し、斜めに並んだボタン使いなど、ベーシックなようでいて細部に趣向が凝らされたデザイン。大人の女性にこそ似合う、モダニティが特徴。 コート€1,080・デニムドレス€816(rokh) 靴/スタイリスト私物 ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、MYTHERESA(www.mytheresa.com)、SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : OVELIA TRANSTOTOcountry : INDONESIAURL : www.oveliatranstoto.comInstagram : @oveliatranstoto セントラル・セント・マーチンズを卒業後、2016年に自身のブランドをスタート。ドーバー ストリート マーケットなどでも取り扱いのある注目株。素材使い、シルエットなどに新時代のフェミニニティを感じさせる。ネイビーのサテン地で仕立てたドレスは、ふわりと広がるカッティングと、ウエストのホールデザインがアクセント。 ワンピース£905(Ovelia Transtoto) 靴/スタイリスト私物 ※SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : JONATHAN LIANGcountry : MALAYSIAURL : www.jonathan-liang.comInstagram : @jonathanlianglive マレーシア出身のジョナサン・リアンが2014年にブランドを開始。プリントやレースなど、独特のファブリック使いに定評がある。花々をつなぎ合わせた華やかなレースドレスはアシンメトリーな裾のカッティングも目を引く一着。ユニクロとコラボレーションしてTシャツなどを発表したことも。 ワンピース$610(Jonathan Liang) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : BOYYcountry : THAILANDURL : www.boyybag.comInstagram : @boyyboutique 大きなバックル使いが特徴的なアクセサリーブランド。上質なレザーを使用したバッグは、コレクションスナップなどでも多数キャッチされている。Jesse DorseyとWannasiri Kongmanが2006年にNYでブランドを立ち上げ、その後バンコクやコペンハーゲンなど、ワールドワイドに活動中。 バッグ〈H18.5×W23.5×D14〉€1,055(BOYY) ※Moda Operandi(www.modaoperandi.com)、NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Louisa Via Roma(www.luisaviaroma.com)などで取り扱いありbrand : BOTHcountry : FRANCEURL : www.both.comInstagram : @bothparis 2017年春夏シーズンに初めてのコレクションをローンチ。レザーやキャンバスにラバーを組み合わせたスニーカーがアイコニックなフットウェアブランド。主に男性の間で人気を誇ってきたが、今シーズンはスウィートなパステルピンク×白などもリリース。 スニーカー¥49,000(both) ※HBX(hbx.com)、Matchesfashion.com(www.matchesfashion.com)、Opening Ceremony(www.openingceremony.com)、ANTONIOLI(www.antonioli.eu)などで取り扱いありbrand : YUUL YIEcountry : SOUTH KOREAURL : www.yuulyieshop.comInstagram : @yuulyie_official Sunyuul Yieが2010年にスタートさせた韓国のシューズブランド。フェミニンなムードの中に、カッティングや装飾、独創的なヒールのデザインなどでスパイスを加えて。サテンのバックストラップパンプスは、フロントのパールつきモチーフと黒のストラップがさりげないアクセント。手の届きやすいプライスレンジもうれしい。日本のセレクトショップでもいくつか取り扱いがあるが、オフィシャルサイトが豊富。 パンプス〈ヒール8㎝〉$310(Yuul Yie) ソックス/スタイリスト私物brand : THE VOLONcountry : SOUTH KOREAURL : www.thevolon.comInstagram : @thevolon Eujung Jangが2013年に立ち上げたレーベル。NYでデザイナーとして活動していた彼女が作るのは、まるでそのものがジュエリーのような装飾性の高いバッグ。ブランドの定番でもある巾着型のミニバッグは、ベルベットとフェザー、ゴールドチェーンの組み合わせがクラシック。 バッグ〈H16×W14×D14〉$850(the VOLON) ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Shopbop(www.shopbop.com)、Coggles(www.coggles.com)などで取り扱いありbrand : GROVE SEOULcountry : SOUTH KOREAURL : www.grovestore.comInstagram : @grovestore ソウルのセレクトショップが手がけるオリジナルレーベル。デイリーに着られるデザインとこなれた価格帯が魅力。 ジャケット¥35,000・Tシャツ¥8,000・スカート¥14,000(GROVE SEOUL) アシンメトリーピアス¥11,000/アイクエスト ショールーム(baebae) ※一部商品のみUNITED ARROWS(https://store.united-arrows.jp)で取り扱いありbrand : ANDERSSON BELLcountry : KOREAURL : en.anderssonbell.comInstagram : @anderssonbell ストリートテイストあふれるフーディやスウェットが男女問わず支持されている韓国ブランド。新作はチェックのボウタイブラウスにエコレザーのスカートでクリーンなムードに。 ブラウス¥17,000・スカート¥19,000(Andersson Bell) 靴/スタイリスト私物brand : I-AM-CHENcountry : CHINAURL : www.i-am-chen.comInstagram : @i_am_chen_official 香港出身のZhi Chenがスタートさせたニットウェアブランド。さまざまな色や素材を組み合わせた、テクニカルなデザインが特徴。インターナショナル・ウールマーク・プライズのセミファイナルにも選出された。 カーディガン$430(i-am-chen) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : SEIVSONregion : TAIWANURL : www.seivson.comInstagram : @seivson.official 台湾人デザイナーTzuchin Shenと韓国出身でセレブリティとしても人気のSong Mi-jinが2018年春夏シーズンから開始。女子ふたりの好きなものを詰め込んだ遊び心のあるデザインが人気。ビッグショルダーのシャツにはスタッズが飾られて。 シャツ¥13,640(Seivson)brand : XIAO LIcountry : UKURL : www.xiaoli.co.ukInstagram : @xiaoli_studio 香港出身のデザイナーが2015年ロンドンでスタート。2019年春夏で公式ランウェイデビューを果たした。 ブラウス£265(Xiao Li) ※Farfetch(www.farfetch.com/jp)、Lane Crawford(www.lanecrawford.com)、H.Lorenzo(www.hlorenzo.com)などで取り扱いありbrand : JAMIE WEI HUANGcountry : UKURL : www.jamieweihuang.comInstagram : @jamieweihuang セントラル・セント・マーチンズ卒業の台湾人デザイナーが2013年に始めたレーベル。スポーツやストリートをほどよくミックスした、軽やかなスタイルが特徴。デニムのロングスカートはウエストを折り返してルーズにもはける。 スカート£235(JAMIE WEI HUANG)SOURCE:SPUR 2019年2月号連載「モードの中心はアジアです」photography: Takeshi Takagi 〈SIGNO〉 styling: Maiko Kimura hair: Takayuki Shibata 〈SIGNO〉 make-up: fusako 〈ota office〉 model: Levi cooperation: Yu Masui
  • 目黒通りのホテルをリノベートし、カフェやギャラリー&ショップを含む複合施設として誕生した「クラスカ」。オリジナリティ豊かな結婚式を作り上げると、ウェディングでも注目のホテルが、2019年1月27日(日)に「WEDDING WARDROBE」を1日限りで開催する。 今回で3回目となる人気ブライダルイベントは、事前の予約なしで自由に会場を巡れる気軽さで、毎回多くの人々が来場。会場には国内外のデザイナーズドレスが揃う「クリオマリアージュ」や、ヘッドアクセの宝庫「CA4LA Bridal」など9つのブランドがブースを構え、ドレス、タキシード、和装、アクセサリーなど多彩なアイテムを陳列。まるで日常の服をクローゼットから選ぶように、ドレスに直接触れ、試着をして着心地やシルエットを確かめられるひとときは、花嫁気分を無条件に盛り上げてくれる。プロのヘアメイクアップアーティストが手掛けるヘアメイク体験も実施され(予約優先)、結婚式のスタイリングをより鮮明にイメージさせてくれる。 また当日はホテルのスイートルームを舞台にした、新たな少人数ウェディングを提案。テラス付きの広々とした「Room 402」を会場に、式当日はフロアを貸し切り、プライベートな空間へと選ばれしゲストを招待。スイートルームならではの上質さ、心地よさを活かし、自宅に大切な人々を招くような、心温まるアットホームな祝宴を作り上げる。 ドレス選びに悩んでいる花嫁から、まだ会場を探しているふたり、結婚のスタート地点に立ったばかりのカップルまで、誰でも気軽に訪れられるイベント。旬なウェディングのヒントを見つけに、ぜひ足を運んでみて。 「WEDDING WARDROBE」日程:2019年1月27日(日)時間:11:30~18:30(入場受付は18:00まで)会場:クラスカ 3~4F(東京都目黒区中央町1-3-18)料金:¥500(1ドリンク付き)※予約不要(ヘアメイク体験のみ予約優先) クラスカ ブライダルデスクhttp://www.claska.com/03-5773-9667
関連キーワード

RECOMMEND