白リブTシャツ×ハイウエストボトムで、大人なやせ見えスタイル♡

@BAILA

縦ラインをつくる幅太リブのTシャツは、やせ見えする便利アイテム。胸元がVに開いた&ゆとりのある袖口のものを選らぶと、さらにスタイルアップして見えます。パンツを合わせるなら、脚長に見えるハイウエストワイドで今季らしく。スエードチョーカーや辛めの靴&バッグでかっこいい女らしさをひとさじ加えると、さらにおしゃれさがアップします。

Tシャツ¥9000/メゾン イエナ(ヤング アンド オルセン) パンツ¥15000/トゥモローランド(マカフィー) サンダル¥54000/アマン(ペリーコ) チョーカーにつけたペンダントトップ¥125000・チョーカー¥500・ネックレスにつけたペンダントトップ(クロス)¥275000・チェーン(45㎝)¥22000・ブレスレット¥160000・2連リング¥270000/イレアナ・マクリ GINZA SIX(イレアナ・マクリ) 時計¥100000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム) バッグ¥32000/トゥモローランド(キャロルジェイ)

明日のコーデ写真一覧へ>>


関連アイテムをチェック!

【関連商品】THE STATION STORE <closet story> ラウンドネック リブ カットソー ¥5,800+税


【関連商品】any SiS 【洗える】T/Rオータム ワイドパンツ ¥8,900+税


【関連商品】Odette e Odile OFD アンクルストラップ サンダル70↓↑ ¥15,000+税


【関連商品】HIROKO HAYASHI RIDER(ライダー)ミニボストンバッグ ¥46,000+税

撮影/TISCH〈UM〉(人) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/絵美里 撮影協力/tokyo bike 文/衛藤理絵

関連記事
  • スタイリストが「ついつい選んじゃう」頼れる小物大賞☆きれい色やきれいめムードが流行した2018年。そんなトレンド服にスタイリストたちが合わせていたのは、どの小物だった? 靴、バッグ、時計にアクセサリー……おしゃれプロがリアルに頼りにしていたアイテム、大公開! 『ダイアナ』カラーパンプス どこかレディで、シンプルなのに色がある。誌面でもそんなコーデが多く見られた今年。『ダイアナ』のヒール靴が人気だった決め手は、足もとを女っぽく見せてくれる絶妙ヒールと、豊富なカラーバリエ♡ (左から)『MORE9月号』(P54)撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) 『MORE8月号』(P55)撮影/峠 雄三 『MORE9月号』(P44)撮影/戸松 愛「シルエットがとにかくきれい。はくだけで洗練されたコーデに仕上がるので、必ず何色も借りています。私たちの強い味方です!」by スタイリスト・石上美津江さん [モデル]靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) Gジャン¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) Tシャツ¥8100/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) パンツ¥39000/シップス 有楽町店(アンスクリア) バッグ¥18800/ショールーム セッション(ヤーキ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) イヤリング¥4000/アーバンリサーチ神南店(アーバンリサーチ)  [靴・右から](ピンク)¥14500・(パープル)¥13500・(レッド)¥13500・(イエロー)¥15500・(グリーン)¥15500・(スクエアトウ・レッド)¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 『リーガル』ローファー トラッドなムードが回帰した2018年。フラット靴部門では、スニーカーやバレエシューズを差し置いて、ローファーが登場率No.1に! なかでも、スカートやパンツ、どのボトムと合わせてもサマになる『リーガル』の圧倒的な安心感は、さすがのひと言。スリムで品のあるボディが、足もとにまでスマートさと女っぽさを宿してくれる。 (左から)『MORE10月号』(P42)撮影/金谷章平 『MORE10月号』(P112)撮影/来家祐介(aosora) 『MORE4月号』(P48)撮影/峠 雄三「どんな時代でもブレない上品さと、最近のトラッド服にも似合う計算されたデザイン。どちらも兼ね備えた陰の大黒柱的な存在です。」by スタイリスト・石田 綾さん [靴](右)¥34000・(左)¥23000/リーガルコーポレーション(リーガル) 『ヴァジック』レザーバッグ どの形を選んでも、ミニマムな今っぽさときれいめコーデにも映えるきちんと感が手に入る。アイテム中、誌面登場率&スタイリスト支持率No.1だったのは写真右の「BOND LEATHER」。 (左から)『MORE8月号』(P84)撮影/山本雄生 『MORE10月号』(P82)撮影/清水健吾 『MORE10月号』(P97)撮影/田形千紘「カジュアルスタイルに合わせれば途端にトレンド感が出て、きれいめスタイルに合わせればたちまちこなれる。毎回借りています!」by 大平典子さん 「バッグひとつでコーデが見違える」を叶えてくれる。ハイセンスなデザインのバッグが揃う、今いちばん知っておきたいブランド。」by 辻村真理さん バッグ(パープル)¥40000・(イエロー)¥36000/TOMORROWLAND(ヴァジック) バッグ(ブルー)¥36000・(オレンジ)¥36000・(ベージュ)¥40000/コード(ヴァジック) ニット¥23000/スローン オールインワン¥14000/ココ ディール 靴¥29000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ピアス¥32000/シップス 有楽町店(ディーン ダビッドソン) スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥100000/セイコーウオッチ(セイコー プレザージュ) リング¥11000/デミルクス ビームス 新宿(フリュイジョリ) 靴下¥1600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 『スローン』大判スカーフ シンプルなニットに、タートルネック感覚で大人柄のスカーフを合わせるのが今年流。信頼できるニットブランドだからこそ、“絶対に失敗しない”、使える一枚が見つかるはず。三角形になるように半分に折り、自分の好みの太さにたたんだら首に巻くだけ! (右)〈90×90〉¥30000・(左)〈68×68〉¥16000/スローン「柄が細かすぎないので、首に巻いた時もバッグにつけた時も“いい面”が絶対に出てくる。テクニックがなくても、ささっと結ぶだけでオシャレに仕上げられます。」by 辻村真理さん スカーフ〈68×68〉¥16000・ニット¥24000/スローン イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 『ロゼモン』レザー腕時計 高級感あるレザーの質感を手首にまとえば、シンプル服でも途端に“わかってる人”に。 (ネイビー)¥24000・(ブラウン)¥21000/ピークス(ロゼモン) 「秋冬のモノトーンや重たい色味のお洋服に、華やかさと知的さをプラスしてくれます。縦長フェイスのおかげで堅い印象にならず、トラッドなムードの今季にぴったり!」by 石上美津江さん 時計(ブラック)¥24000/ピークス(ロゼモン) ワンピース¥58000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥17000/アナディス(ルクスルフト) バッグ¥19000/デミルクス ビームス 新宿(ジャンニ ノターロ) イヤリング¥3500/LIFE's 代官山店(TODAYFUL) ブレスレット¥8300/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) リング¥22000/ロードス(ザ ボーイスカウツ)  『アイヴァン 7285』メタルフレーム 今季もたくさん着たい、ボリューム感のあるニットやきれい色なトップスを邪魔しない、クラシカルで上品な細いフレームが今ドキ。この秋冬はメガネに挑戦したい! というメガネ初心者さんにもオススメ。 (上)¥36000・(下)¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)「どんな顔の形にも驚くほど合う、完璧すぎるシルエット。きれい色の服やトレンドメイクなど、目立たせたいところをうまく引き立ててくれて、なおかつしゃれてるんです。」by 松村純子さん メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥19000/ココシュニック マフラー¥18000/TOMORROWLAND(バルミュール) リング¥25000/デミルクス ビームス 新宿(フリュイジョリ)  『パール インターナショナル』華奢パールネックレス 「普段使いできるパールを持ってる」って、なんだか一歩グッドガールに近づいた気分。 (右)¥17500/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) (左)¥13800/シップス 渋谷店(パール インターナショナル) 「超小粒でカジュアルに楽しめる、新しいパールネックレス。衿もとがあいた服に合わせれば可憐に、タートルネックに重ねればこなれて見える、万能ネックレスです♡」by 石田 綾さん [モデル]ネックレス¥13800/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) シャツ¥26000(ジャン_ヌレ)・ニット¥20000(アール ジュビリー)/ショールーム セッション  ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/嶌原佑矢(モデル) 坂田幸一(製品) 細谷悠美(製品) ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石田 綾 ●本文中〈 〉内の数字はスカーフのサイズ〈縦×横〉で、単位は㎝です
  • ほっそり縦長感を強調するシルエットとシックな黒のワンピースで女らしく 黒の引き締め効果と縦長シルエットのおかげで、自然とほっそり着こなせる大活躍の黒ニットワンピース。羽織ったスエード素材のジャケットのボタンを全部はずして、中のワンピースを見せることで、さらに縦長感を強調して。ジャケットのブルー以外はすべてブラックの小物を合わせて、シンプルだけど上級者感の漂う着こなしに挑戦。色が少なくてもストールで華やかさを、靴とバッグできちんと感を醸し出してくれる。ワンピース¥23,000/アングローバル(イレーヴ) レザージャケット¥220,000/マディソンブルー ストール¥40,000(ドゥース グロアー)・ブレスレット¥40,000(ラバー)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 バッグ¥50,000/TOMORROWLAND(スタウド) 靴¥28,000/エリオポール代官山(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデをもっと見る
  • 毎日使えて、おしゃれセンスが高まる。 一生大切にできる特別なアイテムを手に入れて、素敵な大人になるための第一歩を踏み出そう。誕生日や成人式のプレゼントにも最適♡特別な時計で、もっと輝く私へ   Angel Heart エンジェルハートクリスタルを施した、華奢な形の腕時計で気分は上品な大人の女性。キラリと光るネックレスがセットになった、特別な日にぴったりのギフトボックス。 アクセサリーつきギフトボックスコレクション¥18000/ウエニ貿易(Angel Heart)    CITIZEN シチズン細身でシックなデザインで、手元を美しく見せてくれる。ブレスレット感覚でつければおしゃれ度急上昇。袖をまくってちらっと見えれば、周りの目を引くこと間違いナシ。 時計(各)¥23000/シチズンお客様時計相談室(シチズン キー)    WIRED f ワイアード エフシンプルなデザインの中に、色で縁取られた針やアシンメトリーのダイヤルが存在感を放つ。上品なベルトがきちんとした女性を演出してくれるから、社会人になっても重宝しそう。 時計(各)¥21000/セイコーウオッチ(ワイアード エフ) 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/高野麻子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 撮影協力/UTUWA
  • ブラウンのトップスに同系色チェックが映えて通勤時もちゃんとおしゃれ♡リブトップスとフレアスカート、そんな愛着のあるワンツーコーデをブラウン×パープルのおしゃれ配色で鮮度抜群に! さらにトップスと同じ茶系チェックの大判ストールをふんわり巻けば、通勤中もおしゃれにぬかりなし。顔回りにやわらかなニュアンスが出せるし、無地コーデのアクセントにもなるから。朝晩が冷え込んできたら、バッグの色とお揃いのグレイのコートをはおってもいいかも♪スカート¥4990/キャン(テチチ) カットソー¥15000/TOMORROWLAND(ヤング アンド オルセン) 靴¥26000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) イヤリング¥1300/お世話や(LIMITED NUMBER) ストール¥3694/ザラ・ジャパン 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/大平典子
  • 平成最後の新年に向け、ここでは日本初のエステ情報をお届け。最新美容でよいお年を!悠 YU, THE SPA by L’OCCITANE厳選の自然原料と世界の伝統的なトリートメントを融合したロクシタンのスパトリートメントが、ホテル椿山荘東京の「悠 YU,THE SPA」に初上陸。プールや温泉のある国内屈指のスパサロンで、プロヴァンスの心地よい香りと技術に癒されて。フェイシャル、ボディともに60分¥25,000〜(税込み)。詳細はHPでチェック!悠 YU,THE SPA住)東京都文京区関口2 の10の8 ホテル椿山荘東京2F☎03-3943-4785 営)10: 00〜21:30 無休※完全予約制 https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/relaxation/spabyloccitane/【Marisol 1月号2019年掲載】取材・文/田中あか音
  • 普段はなかなか選ばない色味で、わたし的にチャレンジだったカラーパンツ。意外とはまるかも!ネットで見た瞬間に惹きつけられたIENAのグリーンのカラーパンツ。 実際お店に行って試着してみました。 素敵な色で、ハイウエストが可愛くて、形も綺麗! でも派手かな?目立つかな... アラフォーの私にこの色は大丈夫かな... 頭の中ぐるぐるぐる。 スカートならカラーもの履けるのに、なぜかカラーのパンツには少し抵抗があり結局買うのをやめて帰りました。 でもずっーーーと頭から離れず、結局その2日後に買いに走ってました!笑 その日の仕事を終えて、子供が帰ってくるまでの時間を逆算したらギリギリ行ける! 車と電車で片道40分の名古屋へダッシュ! 思い立ったら即行動の性格が出ちゃいました。 ネットで購入する手もあったのですが、サイズ感をもう一度試したくて。 結果、チャレンジしてよかったです。 意外とどんな色にも合わせやすく、キレイ目にもカジュアルにも着れて、何より気分が上がる! 年齢を気にしたり、自分には似合わないと勝手な思い込みでオシャレを諦めたらダメですね。身に纏うだけで気分が上がったり、心地よさを感じられる洋服選びをこれからもしていきたいです。 ちなみに、先日行われたMarisolランチ会に、このパンツを履いて行きました。 ランチ会のお話を頂いた時、何を着て行くか悩みましたが自分らしいのはパンツスタイルかな!と思い、1点で華やぐこちらのパンツに決めました♪ 初めてのMarisolランチ会。皆さんオシャレで綺麗でキラキラでたくさんの刺激を頂きました。 改めまして編集部の皆様、素敵な会をありがとうございました。同じテーブルの新メンバーの美しい美女組さんたちと。黒のカシュクールニットと。ハイウエストで脚長効果◎ふんわりニットと。他の色のカラーパンツもチャレンジしたくなっているわたしでした...♪美女組No.164 kanaのブログ
  • ユニクロやZARAなど、プチプラアイテムを賢く取り入れた2018年秋冬のプチプラファッション記事ランキングをチェック!手持ちのアイテムを上手に組み合わせて高見えするプチプラコーデをかなえて。【1位】無印良品の長袖カットソー 無印良品の長袖白Tは、タートルネックとクルーネックの2種類を愛用しています。肌触りが本当によくて、肌が敏感になりがちな冬の季節、ニットのインナーとして着るのに最適。毎年必ず、リピート買いしています。▶スタイリスト村山佳世子が愛用する「一生もののプチプラ名品」BEST4【2位】ロペピクニックでかなう上下8,000円の大人コーデ 「ロペピクニックって20代のコのでしょ?!」と思うかもしれませんが、これ今なかなかすごいです。なんせ、大人向きのこんな旬のニット上下も8,000円台で揃ってしまうのですから。(美女組No.127 Akaneのブログより)▶上下で8,000円の完璧コーデ、見つかるのは意外なお店です【3位】かぶらない、高見え、きれいに見える!奇跡のロングジャケットは、まさかの4,900円 今年見つけたのはこれです!手に取って3分で即決。理想のグレンチェック&ポケットにファーが付いた、大人の女性らしい「ミラノリブ編み」ロングの厚手コーディガン。「VIS」はもともとプチプラなので、10,000円くらいかな、と思って見たら税抜き4,900円!(美女組No.127 Akaneのブログより)▶5,000円でお釣りがくる、コスパの通勤ジャケットNo.1【4位】ショートブーツ×GUワンピースコーデ 「ニットワンピ×ショートブーツ=最強」理論(勝手に)。一生大好きでやまないコーデです。黒&黒が「若すぎ防止」に。(美女組No.127 Akaneのブログより)▶今年はブーツをどう履く?仕事&休日2倍おしゃれに1週間【5位】秋はメンズに直行する。ユニクロ今1番使える旬ニット わたしのユニクロ探索はいつもメンズから。特に秋冬ニットは首回りが女性ほど開いていないのでフェミニン過ぎず、クールな印象で好み。腕も少し長めで「ユルっ」としたゆとりも好きです。スカートに合わせることも多いので、甘すぎ防止のバランスをとるためプチプラのニット類はほとんどがメンズ。(美女組No.127 Akaneのブログより)▶秋はメンズに直行する。ユニクロ今1番使える旬ニット【6位】流行りの「マウンテンパーカー」はユニクロで代用 わたしのパーカーはユニクロのグレー。「汚れたら買い替えればいい、と思っているものほど長持ちする」。そういう事がよくあります。このパーカーも数年経っていますが「クタれず」今も現役です。(美女組No.127 Akaneのブログより)▶流行りの「マンパ」はユニクロで代用。今すぐ着れるアウターに!【7位】秋コーデが2倍素敵になる、誰でも持ってるこの1枚 もはや「白T」=夏でなない時代。マンネリ気味だったいつものコーデが、白Tだけで垢ぬけて生まれ変わったような感じです。むしろ夏に1枚で着るよりおしゃれかもしれないと新発見Tシャツだけだと、白すぎて顔の「くすみ」が気になっていましたが、何かを合わせるとそれも心配ありません。(美女組No.127 Akaneのブログより)▶今着る服に困る!秋コーデが2倍素敵になる、誰でも持ってるこの1枚【8位】旬の「ボアコート」が3,990円! プチプラアウター。探す時にわたしが「掟」として気をつけていることをちょっとおひとつ。それは「ガチで探さない」こと。 つまり、どこでも対応できそうな定番ものを「これは仕事にも、おでかけにも万能に使えるぞっ٩( ‘ω’ )و!」と意気込んで本命の「ガチ探し」をしないこと。あくまで遊びで着る「第二のアウター」として選ぶと良いかもしれません。(美女組No.127 Akaneのブログより)▶今すぐ着れる! 旬の「ボアコート」は3,990円ですが何か?【9位】コートの下は何を着る?「GU」2,990円ならこれ1枚でキマります 同じニットワンピでも、ケーブルやリブ編みなどで印象はまったく違います。体のラインが出やすい「ピタっ」と着るリブ編みワンピとは違い、ワッフルはゆとりのあるざっくり感が抜けた雰囲気で、気取らない大人女子がラクに着れるデザイン。(美女組No.127 Akaneのブログより)▶コートの下は何を着る?「GU」2,990円ならこれ1枚でキマります【10位】ZARAでお気に入りニットを発見! ネイビーをまず購入!決め手は袖の金ボタン3つとライン。ネイビーのプチプラワントーンコーデで家の掃除からのお出かけGO。アクセサリーをつけなくても金ボタンがあれば大丈夫!(美女組No.91 麻衣のブログ)▶私はZARAでこれをイロチ買い!※2018年8月1日~2018年11月30日集計
  • マリソル編集部おすすめの最新ファッション情報をお届け。2019年春夏のエルメス展示会へ。バッグやスカーフ、色とりどりでテンションも急上昇!一方気になったのが、靴たち。美しいアートのようなヒール靴、サンダル、スニーカー。いろんな表情の靴を、新シーズンに向けて揃えたくなります!
関連キーワード

RECOMMEND