切り口美しい、ビジュアル手土産にうっとり!
@BAILA

ちょっと気の利いた季節のお菓子って、なかなか難しいのですが、先日友人からプレゼントされ、久々に惚れ惚れとしてしまったのがこちらの和菓子。創業380年の老舗和菓子店「両口屋是清」の新店舗、「和菓子 結」の「あまのはら」という羊羹です。四季折々の富士山を表現する「あまのはら」の夏バージョンはグリーンがメインカラーとなっていて、羊羹のどこを切っても瑞々しい緑の裾野を広げる富士山が出てくるんです。

爽やかな白とグレーの包装紙に帯留めのようなデザインの紐。開けるのが楽しみになるパッケージはギフトにぴったり!
包装紙を開けると木箱に入った羊羹が。「あまのはら」の説明書きが丁寧に添えられて、作り手の思いが伝わる一品。あけるのがますます楽しみに!
グリーンをベースにところどころ霞がかかったかのような羊羹。切るとどんな模様になるのかな、とワクワク。
羊羹を切ると美しいグリーンのグラデーションの富士山が。切る場所によって富士山にかかる霞模様がかすかに変化するのもまた味わい深い。

空の部分はシンプルな寒天で、ほどよい甘さ。昔ながらの「ザ・羊羹」風味が苦手な人にもぴったり。購入できるのは「NEWoMan新宿 エキナカ2F」の店舗のみのようですが、夏の涼し気な手土産の定番リストにぜひ!(編集きっこ)

「和菓子 結」 http://www.wagashi-yui.tokyo/


SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND