モノトーンジャケットスタイルは、ストライプシャツで旬ムードに!

@BAILA

きちんと感をしっかり出したい日は、強い色や柄を控えると誰からも好印象に。初夏なら白が多めのモノトーンスタイルがおすすめ。黒ジャケットに、細かすぎないストライプのワザありシャツ&ひざ下丈の白スカートでまとめれば、女っぽさとトレンド感も上々に。シャツは太めのカフスでノーカラーのものを選ぶと、しゃれ感がさらに高まります。

フレアスカート¥38000/エストネーション(マディソンブルー) シャツ¥23000/アングローバル(イレーヴ) ジャケット¥52000/レリタージュ マルティニーク リング¥260000/TASAKI メガネ¥32000/ブリンク ベース(クレイトン フランクリン) バッグ¥178000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン)

明日のコーデ写真一覧へ>>

明日のおすすめ着回しアイテム

【長めの両端が表情の豊かさを演出! 白フレアスカート】
ボリュームのあるミディ丈フレアも白なら軽やかに。¥38000/エストネーション(マディソンブルー) 
【ノーカラー ストライプシャツ】
ちょっぴり太めのストライプが今年風。長めのカフスで差をつけて。¥23000/アングローバル(イレーヴ)
【ブラックジャケット】
ほんのりくすんだヴィンテージライクな金ボタンでこなれ感が急上昇。¥52000/レリタージュ マルティニーク 

「今月のおすすめの着回しアイテム」まとめはこちらから>>


関連アイテムはこちらでも紹介

【関連商品】BEIGE (ベイジ,) LIGHT / ジャケット ¥46,000+税


【関連商品】mizuiro ind (ミズイロインド)ストライプフロントフライシャツ ¥13,800+税


【関連商品】UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ)UWCS コットン タック フレアスカート† ¥16,000+税


【関連商品】CLEAR IMPRESSION (クリア・インプレッション) バケツ型ワンハンドルバック ¥4,900+税

撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵

関連記事
  • ウェブエクラ週間(7/27~8/2)ランキングトップ10にランクインしたファッション人気記事をピックアップ!ランキングを見れば、アラフィー女性たちが今一番気になる旬のアイテムや着こなしがわかる!早速チェックして。 第1位 【50代プチプラファッション】華組ブロガーの『ZARA』プチプラ高見えコーデ特集コーディネートに欠かせないZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすエクラを代表するおしゃれ読者モデル華組ブロガーの「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!▶記事はこちら   第2位 【50代プチプラファッション】華組ブロガーの『ユニクロ・GU』プチプラ高見えコーデ特集ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすエクラ代表おしゃれ読者モデル華組メンバーの「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!▶記事はこちら   第3位 アラフィーにおすすめ!収納力とおしゃれを兼ね備えた『しゃれ見えマーケットバッグ』ご近所ショッピングが生活の基盤となる中、レジ袋有料化もあって、いわゆるマーケットバッグに注目が集まっている。物がたくさん入る収納力とおしゃれ心をくすぐるデザイン性をあわせもつ、とびきりの逸品をお届け!▶記事はこちら   第4位 50代の『雰囲気出しワンピース』一枚で涼しく、美しく着れる!人気コラボワンピース企画が、今年も満を持ちて登場! 素敵な涼感漂う4枚の美人ワンピースから、あなたらしい一枚をさっそくチェック!▶記事はこちら   第5位 夏コーデに旬をプラス!50代に似合う注目ブランド&プチプラバッグ今年の夏はオシャレを堪能できる時間が少ない状況ですが、注目ブランドのプチプラバッグをプラスして気軽に旬を楽しんでみませんか?▶記事はこちら   第6位 アラフィー読者ブロガーの『夏のワンピース特集』1枚で着てもサマになる!夏の人気アイテム「ワンピース」特集!おしゃれな華組ブロガーの1枚で着てもサマになる夏のワンピーススタイル。デイリーに活躍するリラックススタイルから上品なお出かけスタイルまで一挙大公開!▶記事はこちら   第7位 50代が夏に着たい『大人の揺れワンピース』は裾にかけてのボリュームが女らしい「毎日暑くてコーディネートについて考えられない!」。そんな人たちにおすすめしたいのが夏の救世主「揺れワンピース」。今年は特に裾にかけてボリュームのあるAラインでドラマチックな揺れ感のあるものが豊富に登場!▶記事はこちら   第8位 アラフィー読者ブロガーの涼やかに華やぐ『夏の大人スカート』特集軽やかで女らしいアイテム「夏の大人スカート」。アラフィー読者ブロガー華組のカジュアルにもエレガントにも着こなすコーディネートを大公開!この夏のスカート選びの参考にして。▶記事はこちら   第9位 50代の『ラクして着映え』夏の大人ワンピース6選夏こそ選びたくなる、ラクに着られるワンピース! 暑さを乗り切る『涼感』『ラク』『着映え』を兼ね備えた【夏の大人ワンピース】をご紹介。▶記事はこちら   第10位 【おすすめマーケットバッグ4選】大人が持ちたい! ブランドの絵になる「しゃれ見えマーケットバッグ」ご近所ショッピングが生活の基盤となる中、レジ袋有料化もあって、いわゆるマーケットバッグに注目が集まっている。ワンマイルの“こでかけ”が増える今だから持ちたい、大人な逸品を厳選して紹介。▶記事はこちら  ※集計期間:2020年7月27日(月)〜2020年8月2日(日)
  • 8/1(土)〜8/7(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!8月1日(土)コンパクトトップスを腰高フレアスカートにインしてさらに脚長美人に ★コーデの詳細はこちら >8月2日(日)ビーサンで買い物へ。だらけすぎないようティアードスカートで上品に ★コーデの詳細はこちら >8月3日(月)気分をあげたい日はドレッシーな艶感スカート×ハンサムジャケットで ★コーデの詳細はこちら >8月4日(火)花火大会もない今年の夏は、せめて通勤コーデに浴衣テクを取り入れて ★コーデの詳細はこちら >8月5日(水)オールホワイトを異素材MIXにするとちょいモードな大人カジュアルに ★コーデの詳細はこちら >8月6日(木)人気復活レギュラーシャツには巻きスカート投入でマンネリからの脱却 ★コーデの詳細はこちら >8月7日(金)着こなしに奥行きとリズムを加えればワントーンコーデでも悩まない ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 私服がとってもおしゃれってウワサの大人気バイラモデルの松島 花。そんな彼女に自分らしいスタイルをつくる“ファッションセオリー”を聞きました。 3つのセオリーで読みとく松島 花の夏ファッション 【松島 花のセオリー 01】 セットでそろうものは必ずセットアップで購入。単品でも使えて着こなしの幅がぐっと広がるから!   「セットアップ、大好きです。お店で気に入ったパンツに同素材のジャケットがあったとしたら、必ずセットで購入しています。セットアップは、そのままで完璧なバランスが完結するし、さらに単品でも着回しがきくので、1セット買うだけで着こなしの幅が一気に広がるから。ちなみにこのパンツは、p.106ではいたボトムと同じもの。プリーツ部分を外してセットのジャケットを羽織れば、まったく違うイメージになるのが楽しい!コーディネート次第できちんとした場にも着ていけるし、今日みたいにスニーカーとTシャツならカジュアルなイメージに」 SET UP:HYKE T-SHIRT:PETIT BATEAU BAG:Bottega Veneta SHOES:adidas 【松島 花のセオリー 02】 30代になっていちばんの変化は甘い服を着るようになったこと。色選びや小物合わせで大人のバランスに仕上げて 「若いころは大人っぽく見られたくて、クールでかっこいい服ばかり着ていたけれど、30代になった今、いちばん大きな変化は、逆にどこか甘さのある服に惹かれるようになったこと。プリントものやくるみボタンのディテールなど、シンプルなだけじゃない少し可愛いデザインの効いた服を、気負わずさらっと着られるようになりました。でも、全身甘めはやっぱり私らしくない。ひと目で気に入ったこの透けるチェックのプリーツスカートも、色は落ち着いたベーシックカラーにするとか、靴をレースアップシューズでハズすとか、全体でバランスをとるようにしています」 SHIRT: KHAITE SKIRT: uncrave SHOES: Christophe Lemaire 【松島 花のセオリー 03】 カジュアルなデニムスタイルもゆるゆるで着るより、どこかに必ず“きちんとキレイ”なイメージを意識 「デニムは私にとってなくてはならない最愛アイテム。毎シーズン少しずつアップデートしています。今季は、さりげなく広がるセミフレアが気分。スキニーよりも女らしくはけるし、バランスもよく見える気がする。トップスはドレープ感のあるボウタイブラウスを合わせて、’60年代のレトロフレンチなイメージで楽しみたい。デニムのようにカジュアル服の日でも、全身ゆるっとルーズに見える着こなしはあまりしないんです。足もとはヒールを合わせたり、赤リップをきかせたり、常にどこか“きちんとキレイ”に見えることを意識してコーディネートしています」 TOPS: 6 (ROKU) DENIM: RE/DONE BAG: Christophe Lemaire SHOES: Bottega Veneta 松島 花(まつしま はな) 1989年8月5日東京都生まれ。BAILAをはじめとする雑誌や広告でモデルを務め、数々のテレビ番組にも出演する一方で、動物の保護活動に積極的に参加するなどマルチに活躍中。 撮影/YUJI TAKEUCHI 〈BALLPARK〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/平元敬一 モデル/松島 花  取材・原文/東原妙子 構成/渡辺真衣〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載 【BAILA 8月号はこちらから!】
  • エフェクトメイクアップが新しい 「メイクアップのポイントを目もとに置くのが主流になりましたね」と話すRieさんがピックアップしたのは、ビタミンカラーが目を引くアイシャドウパレット。「アイゾーンをキャンバスに見立て、画材でペイントするようにアイシャドウを塗っていく。ニューノーマル時代には、今までの化粧の概念を捨て、大胆にメイクアップしてみるのもよいのでは! 目もと全体にイエローを広げ、そこにゴールドやオレンジを足していきます。インスタグラムの“エフェクト機能”の感覚で楽しんでください」。肌になじみながら唯一無二のツヤや発色が楽しめる。 タンクトップ¥5,800/アンクレイヴ ブローチ¥1,000/Hypnotique Tokyo スカート¥43,000/ススプレス(オウシーナン) グローブ/スタイリスト私物 Celvokeヴォランタリー ベイシス アイパレット09 ¥6,200/セルヴォーク ●Make-up Tipsアイシャドウパレットの左上の色をゴーグルゾーンに。眉間や鼻にもアイシャドウをのせて。上まぶたの目頭と目尻に右下を、下まぶた全体に右上を。チークはピンクベージュをシェーディング感覚で。最後にベージュリップをさらっと。 Model/関マリアンナせき まりあんな●キャリアをスタートして約1年ほど。モード誌を中心に広告等で引っ張りだこのアップカミングなモデル。MVに出演するなど、活躍の場を広げている。 SOURCE:SPUR 2020年9月号「さっとしてBeauty」photography: Remi Hasegawa 〈S-14〉 hair & make-up: Rie Shiraishi styling: Mari Tsujimura model: Marianna Seki text: Mariko Urayasu
  • 遠出が難しい今年の夏は、ご近所コーデも「サマードレス」で気分を上げよう! リラックス感と洒落感をバランスよく両立させるには自分に似合う色を選ぶこと。小柄な伊藤真知さんが楽しむ「きれい色」ワンピスタイルをご紹介。 エディター 伊藤真知さん 「気分のアガるきれい色やスラリと見えるデザインが大好き」 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍。等身大のコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで私服スタイルも大人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 エディター伊藤真知さんのこの夏着たい<サマードレス6着> 「“ちょっとそこまで”もオシャレに見える、きれい色が今の定番」(伊藤さん) 「身長155㎝と小柄な私。特に布一枚のワンピースの場合は似合う形がおのずと限られてしまうので、そのぶん“色”でトレンドや楽しさを味わいます。今年は長らくオシャレを控えていた反動もあって、明るく、気分の上がるビビッドカラーに注目!ただし大人としてはそこそこの社会性も必要なので華やかななかにも落ち着きのある、くすんだトーンを選びます」 MARIHA ずっと着たかったマリハ。渋いオレンジに出会い、ようやくデビューしましたボリュームのあるティアードスカートが特徴的なマリハのワンピ。「可愛いゆえに色によっては気恥ずかしくてなかなか挑戦できないでいたのですが、今年はついに購入。レンガを明るくしたような渋めのオレンジは、パッと見ほど派手さもなくイエベの肌にもマッチ。スカートの存在感に負けない大きなかごやビーサンで、ラフに楽しみます」(伊藤さん)。 すべて本人私物 LE CIEL BLEU 袖嫌いの私が即決した、スタイルアップな一着「少しでも縦長に見せたいので、ワンピは断然ノースリ派。でもこれはウエストが太幅のギャザーでぎゅっとしぼられ、腰位置が高く見えるので、袖があってもスラリを実現。バカンスは自粛中の今年、気分だけでも海へと誘ってくれるようなブルーグリーンも惹かれた理由に」(伊藤さん)。 ワンピース¥19000/ルシェルブルー総合カスタマーサービス(ルシェルブルー) バッグ¥18000/デミルクス ビームス 新宿(マルシェ) その他/本人私物 CADUNE ブラウンの延長で楽しめるくすんだオレンジはきれい色初心者にも最適ベージュやブラウンといった茶系の小物やはおりとも相性がよく、きれい色のなかでも比較的挑戦しやすいオレンジ。「色の美しさもさることながら、胸下すぐに切り替えがあり、ウエストがキュッと細く、脚がすらっと長く見えるのには感動! ビーサンやつっかけタイプのぺたんこ靴でもスタイルよく着こなせます」(伊藤さん)。バックリボンつき。ワンピース¥28000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) 靴¥27000/アマン(ペリーコ サニー) AK+1 似合う色が見つからないなら人気の大人ブランドをチェックしてみるのも手「モデルの亜希さんが手がけるブランドということもあり、鮮やかなグリーンもあくまで大人好み。コットンシルクの上質感も着ていてアガるはず」(伊藤さん)。長めの半袖が二の腕をすっぽりカバー。胸のドローコードをしぼれば、いっそう女性らしいシルエットに。ワンピース¥34000/デミルクス ビームス 新宿(エーケーワン) バッグ¥18000/ビームス二子玉川(マルシェ) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) RHC ときには休日用と割り切って冒険カラーにトライ! ただし、形は“MY定番”をそもそもきれい色という時点で、お仕事にはハードルが高め。だったらとことん心がときめく一着を選んでも。「表情までパッと明るくなるようなマスタードは大好きな色。レースで華やかさも充分だからこそ、形は着慣れたものを選びます。小さな体をシュッと見せてくれるノースリ&ハイウエストが安心!」(伊藤さん)。ワンピース¥33000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥12700/エレンディーク 靴¥20000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) KALANCHOE 30代のピンクは選びに注意。クールに映る濃い色とシンプルなデザインを狙って美しい色使いに定評のあるカランコエは、今春デビューしたばかりのブランド。「色使いがうまいといわれるブランドで探すのも、カラーワンピ探しには効果的。下のワンピと同様、ピンクはパキッとした色を選ぶほうが実は甘さが抑えられて着やすいんです。これも色の主張が強いので、形はシンプルに」(伊藤さん)。ワンピース¥28000(カランコエ)・バッグ¥16000(ヌキテパ)/ヌキテパ 青山 靴¥29000/ベイジュ(ピッピシック) 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載 【BAILA 8月号はこちらから!】
  • 手持ちスカートの丈やシルエットについて見直しました。 みなさん、こんにちは。 毎日暑い日が続きますね。 先日、断捨離をしてほとんど着ていない服を処分しました。 その大半が、ひざ丈のスカートやワンピース。 少し前は大好きでたくさん履いていたはずのお洋服たちでしたが、なんだか最近は自分にしっくりこなくて殆ど出番がありませんでした。 自分自身の雰囲気や下半身の体型変化に伴って、知らず知らずのうちに避けていたのかもしれません。 今の私にとって欲しいボトムスは‥ ▶︎気になる下半身を綺麗にカバーして細見えしてくれる形 ▶︎子供が居ても安心して動ける丈感 ▶︎今の雰囲気に合う落ち着いたシルエット そんな自分の願いを叶えてくれた形は、 Hラインのミモレ丈スカートでした。 こちらは ur's(ユアーズ)のもの。 今なら2000円程度で購入できるようです◡̈♥︎ Tops→Liala×PG マキシ丈より短いので裾捌きが良く、気になる太ももやお膝の余分な肉はカバー。 程よい肌見せでフェミニンさも確保してくれます。 前回のこちらの記事に登場していたストーリーナインのスカート同様、こちらもハイウエストで履くので、ウエストが細くみえ、縦長でほっそりとした印象に見せてくれます。 こういったタイプのスカートは、地味な印象になりがちなので、普段は白やノースリーブなど、トップスには明るく快活な印象のものを合わせるようにしています。 今回は、敢えての黒! 暗い色の場合には、タックスリーブやシースルーなど華やかさがあるものを選ぶようにしています。 それでは、本日もお読みいただきありがとうございますした。 皆さまも素敵な三連休をお過ごしください◡̈♥︎ ◎ Liala×PG◎ ur's(ユアーズ) インスタもやっています♪ 更新情報など、よろしければ…⬇︎ 美女組No.175 yossyのブログ
  • 白のシアーブラウスで「可愛い」も「明るい」も「トレンド」も♡なかなか家から出られない、行きたい場所へ自由に行けない……そんなモヤモヤを晴らすには、やっぱりおしゃれするしかないでしょう♡ 「白」のアイテムなら、可愛くて、気分が上がって、おしゃれになれるから。シアーブラウスなら軽やかさまで手に入っちゃう!♡ シアーブラウス ♡カシュクールならアクセントが増え、透けも目立ちすぎず照れずに着られる。爽やかさを押し上げるミントブルーのスカートで相乗効果を狙って。ブラウス¥9900/ノーク スカート¥3990/アメリカンホリック(アメリカンホリック) バッグ¥33000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) イヤリング¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥39500/オ・ビジュー(ロゼモン)少女に似合うようなやさしい透け感のAラインブラウスに、あえて女っぽいロングスカートをON。可憐さときれいさ、どちらも意のままに。ブラウス¥9500/ジャーナル スタンダード 表参道(ジャーナル スタンダード) インナー¥1000/ユニクロ スカート¥17000/メゾン イエナ(イエナ) バッグ¥8900/THE OUTNET カスタマーケア(アイリス & インク) ハット¥13800/メゾン ド リリス ピアス(片耳分)¥22000/ロードス(シイハ) バングル¥1600/ハートダンス カスタマーセンター(右)ストライプ柄のシアーデザインは「透けすぎるのはちょっと」な初心者にもやさしい。袖まわりもゆとりがあって、腕が華奢に見えるのもうれしいポイント。¥8990/キャン(テチチ クラシック)(中)インナーもセットだから朝のコーデ決めも悩まずOK。オフホワイトで上品な雰囲気に。¥5000/COTORICA.(左)前後着用可能の2WAY。ボウタイブラウス風にバックにリボンがついているから、後ろ姿まで可憐。¥11000/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/田中雅也(TRON/モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/逢沢りな(モア専属) 鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 撮影協力/TITLES アワビ−ズ ※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • Iラインワンピースで最短全身すらり、を目指せ!ただ着るだけでさまになる。最短で全身スラッと見える。家でも外でもきれいが叶う。この2大ワンピを味方につけたら、薄着の夏の体型悩みなんてもう怖くない!カジュアルダウンも大人っぽく決まる! 洗練感たっぷりなノースリーブシルクのようなつやをまとった黒のサテン生地。ボタンを開けるとVネックになるバンドカラーや、足さばきのよさを高める両サイドと後ろに入れた深いタックと、着映えや着心地へのこだわりが光る。ワンピース¥18000/オンワード樫山(アンクレイヴ) ジャケット¥17000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) 靴¥10900/シップス エニィ 渋谷店 バッグ¥14000/ロードス(イコット)Iラインワンピース 選び方のポイント●体のラインを拾わずに、縦にストンと落ちる形と素材●ふくらはぎをしっかり隠しつつ、足首が見えるロング丈背中が深めにあいたラウンドネックやフレンチスリーブで抜け感を出した、ドライタッチのコットンカットソー。右側のみに深めのサイドスリットを入れ動きやすく。¥18000/ゲストリスト(ルミノア)サテン生地の光沢と繊細かつ立体的なプリーツが、体の凹凸をカモフラージュ。伸縮性があり、軽やかな着心地も魅力。サイドスリット入りでパンツとのレイヤードを楽しんでも!¥9500/AKTEフロントの深いVカットや極細のストラップで顔まわりをすっきりとさせ、ドレープで縦をアピール。インはノースリのリブカットソーなどミニマルなトップスを。¥26000/インターリブ(サクラ)畝に存在感のあるしっかりとしたリブ生地、そしてパキッと鮮やかなイエローが縦の意識を高めて。首もとは美鎖骨を演出する、広くて浅いVネック。¥19800/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン)ミントグリーンのくたっとしたリネンが、真夏にぴったりな清涼感と軽やかさを醸すバンドカラー。身幅にゆとりを持たせつつ広がりすぎない絶妙なサイズ感。¥13000/ラブティックボンボンきちんとした場所でも着られる、つるんとした表面感で少し厚みのあるカットソー生地は、縦への落ち感が完璧! 左側のウエストに配したベルト飾りがアクセント。¥23000/エリオポール代官山 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/鈴木絵美 撮影/坂田幸一 スタイリスト/石上美津江 ※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
関連キーワード

RECOMMEND