【プラネタリウム×カフェ×空港】という、最高に癒される圧倒的非日常空間があった

@BAILA

ある寝坊した休日、もう午後じゃん、でもどっか行きたい!でも寒い!
と布団のなかでモジモジと自問した結果、最寄駅から出ている空港行きのリムジンバスに乗って羽田空港に行こう、ということに(それならあんまり歩かないで済むし)。

空港ってなんか好きです。
ここにいる人たちみんなが、これからどこかに行ったり、どこからか帰ってきたんだ~と思うと
ワクワクするし、その人たちの浮足立った感じをシェアできるような気がして。

そしてやってきたのは、羽田空港の国際線ターミナル。
特に行きたいお店などがあるわけではなかったのですが、
いちばん非日常っぽいかな、というわけで。

空港に着き、特に目的もないのでブラブラとしていたところ見つけたのは、プラネタリウムを見ながら飲食ができるカフェ『PLANETARIUM Starry Cafe』。
ちょうど上映が始まる時間だったので、入ってみることに。

手前はPRONTになっていて、その奥にプラネタリウムの部屋に入るドアがあります。
中に入るとあの丸い天井のある空間が!真ん中に上映機があり、壁側に沿うように席が配置されています。
ここの特徴はなんといっても、飲食しながらプラネタリウムが見られること!コーヒーやお酒、食事やデザートを星空の下、楽しむことができるんです。

10分~15分くらいのプラネタリウムのプログラムが常に上映されていて、それが終わったタイミングで出入場やオーダーをするというシステムです。

展望デッキのあるターミナルビルの5Fフロアにあります。
中は当然真っ暗。各テーブルに小さい電気キャンドルが置いてあります。
展望デッキより。やっぱり飛行機が飛び立つ瞬間を見るとテンションがあがります!
帰りに、4階の江戸小路にあるお土産屋さんをぶらぶら。

プラネタリウムではケーキを食べながら一息。星空をぼんやり見ていると落ち着きます。空港×プラネタリウムという圧倒的非日常空間のおかげで、午後から活動を開始したにも関わらず、ものすごく充実した気分。

帰りには、4階の江戸小路へ寄ってみました。お土産屋さんを見るのも楽しいですが、なんといってもここは飲食店がすごい!『焼肉チャンピオン』、うどんの『つるとんたん』、ラーメンの『せたが屋』など人気店がズラリ。

ちなみにここの『焼肉チャンピオン』では、都内でも買えるお店が限られている『焼肉チャンピオンロール』という焼肉ロールのお土産が名物でオススメですよ♡


空港で過ごす休日、ハマりそうです!(編集ディス子)

PLANETARIUM Starry Cafe | 羽田空港国際線旅客ターミナル



入場料:大人(中学生以上)520円/子供(2歳以上)310円
※別途ワンドリンク制

関連記事
  • BAILA1月号(12月12日発売)に登場してくれたNICHKHUN(From 2PM)。@BAILAでは本誌未公開カットとニックンさんの素敵過ぎる、エピソードをお届けします! この日は早朝からの取材。連日の取材でお疲れかと思いきや、スタジオに入るなり「おはようございます。今日もよろしくお願いします」と、疲れを微塵も感じさせない極上スマイルで挨拶をしてくださるニックンさん。登場からスタッフ一同、早速ニックンさんの虜に。 そしてカジュアルな私服を無造作に着ているだけで絵になるスタイルの良さにも改めて、驚き! モデルにも引けを取らない、バランスの良さはずーっと見ていたいぐらい。そんな彼に飲み物を差し入れると、両手で受け取り「ありがとうございます」と深々と会釈。相変わらず謙虚な方だなと思っていたら、廊下ですれ違うときには「お先にどうぞ」とエスコートさながらに道を譲ってくれ、コーヒーカップを探していると「その下にありますよ」と教えてくれるなど、彼の“ナチュラルボーンジェントルマン”ぶりは止まりません。初めて2PMを取材してから7年が経ったいまでも、あの時と変わらぬニックンさんの紳士ぶりにドキドキが止まらなかったのでした…!オフィスにニックンさんがいたら…♡を再現させて頂きました!今回の撮影はテーブルセットで朝・昼・夜のシーンを再現。誌面での朝の爽やかなニックンさん、夜の男らしいニックンさんも是非チェックを!そしてそして、誌面では載せきれなかったエピソードも2つお届け。 【父の教え】 物腰は柔らかいのに凛とした佇まいを持っているニックンさん。自分を律することがとても上手に思える。 「人は失敗を重ねて成長しますよね。1度や2度の失敗はただのしくじりですが、3回目以降は自分の悪いクセになる。それを忘れないよう、常に意識しています……と、まるで自分の言葉のように言っていますが、父の教えの受け売りです(笑)」 教育熱心な父親だったと、ニックンさんは微笑む。 「本当に厳しい父で、子供の頃はよく怒られていました。たとえば、僕が猫背になっていると、2回目までは、“背筋を伸ばしなさい”と口で注意されるだけなんですが、3回目からは叩かれたり、罰を課せられたり。当時は、その意味がわかりませんでしたが、大人になった今は理解できます。父は、僕がどんな社会に出ても恥ずかしくない教養やマナーを教えてくれようとしていたんだと。親心ですよね」 【おカン感】 いつもスリムなニックンさん。そのスタイルを保つ特別な方法はあるのだろうか。 「おなかが空いたときだけ食べるようにしているからかな。無理に三食を食べようとはしません。あと間食もほとんどしませんね」 太る要素がまるで見当たらない……。 「でもね、自宅には必ずお菓子を常備してるんです。チョコレートやチップス、グミとかいろいろ。お菓子のパッケージってかわいいじゃないですか。デコレーション用に買っている感じですね。なので自宅に友達が遊びに来たりすると、ここぞとばかりにそのお菓子をお土産として渡します。これを持ってけ、それも持ってけって(笑)。自宅にお菓子がないとちょっと不安になりますね。お菓子をあげられないから」 ご家族にも愛され、またその愛を周りの人にもナチュラルに分け与えるニックンさんは、どこまでも紳士で素敵な方でした。誌面では、もっとニックンさんの人柄が分かるインタビューに加え、ファンへのメッセージ、そしてメンバーへのメッセージも掲載しています。 12月12日発売のBAILA1月号を是非お手に取ってみてください♡【合わせて読みたい】イケメンアーティストインタビュー、続々公開中♡撮影/北島 明〈SPUTNIK〉ヘア&メイク/Yang Yang Salon スタイリスト/満園正明〈um〉 取材・文/中川 薫
  • 先日、LOVE&TABLEへ行ってきました。オープンしてこの写真を見たときからなんて可愛いんだろうと思っていて ずっと行ってみたかったお店。 あととっても食器が可愛くて♡♡ でも食べたのはごはん。 1日20食限定のローステッドビーフという雑穀米のうえに ローストビーフがのったごはん。 お店に入ったのが15時ごろだったのでもう売り切れてるかなと思ったのですが まだ残っていたみたいでよかった。 真ん中にのっている卵はまだくずす前のものです。 サラダにかかっているソースもおいしくて、一瞬で食べてしまいました。 わからないけどシャリピアン系のソースですかね。 今後お家で再現してみよう。 セットのドリンクは選べたので ウインナーコーヒーに♡♡ 家でインスタントコーヒーを飲むときは一切お砂糖は入れませんが 外で飲むときは甘い系のコーヒーが大好き。 モアハピ部 No.366 Yumiのブログ
  • 仕事にプライベート、あるいは育児……、充実した30代が毎日持ち歩かなきゃいけない荷物は、おそらく「めちゃくちゃ多い」はず。お財布と携帯だけでスマートに出かけられれば素敵だけれど、なかなかそんな風に行かない人が多いのでは? そんな事情を知ってか知らずか、コレクションのランウェイではここ数年、エクストリームなビッグバッグが注目されるように。どれも旅行にも使えそうな大容量と、シンプルで軽量なことが特徴で、小さいバッグと2個持ちするスタイリングもよく見られる。ヴァレンティノ ガラヴァーニの新たなアイコンバッグとして話題のラージトート。キャンバス地に、ブランド名を略した「VLTN」のロゴを配して軽やかに。バッグ(W48cm×H36cm×D18cm)¥139,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)大荷物派の30代にとって、このブームはしめたもの。だって、大きくて軽くてシンプルなバッグは、今まで「実用性」の名のもとにデザイン性が追いやられてしまっていたから。そんな女性たちを窮屈な思いから解き放ってくれたのが、気分のあがるアイコニックなビッグライトトートだ。お気に入りのバッグに必要なアイテムを詰め込んでしまえば、どこに行っても自分らしくいられるはず。そう考えると、これは一時のトレンドにとどまらないのかもしれない。女性を自由にし、行動範囲を大きく広げてくれる、多様化するライフスタイルに対応した、「楽しい」モバイルツールなのだ。 【select point】 ・BAILAもラクラク入るビッグサイズ、A3以上のインパクトある大きさを ・フラップなし、ポケットも極力少ないシンプルなデザイン ・肩の凝らない軽さが大事。だからといって、あまり荷物を詰め込みすぎないで 実用性はもちろん、毎日持ちたくなるデザイン性も重視。ビッグライトバッグの名品5【VALENTINO】 リゾートラインで登場した「VLTN」のラージトートは、透けるタイプも。レッドのポーチも付属し、中に何を入れて出かけるかワクワクしそう。PVC素材は、季節やコーディネートを問わず持てる新定番。注目を集めるフューチャリスティックな個性に加えて、意外な合わせやすさに気づくはず。 バッグ(W37cm×H28cm×D14cm)¥127.000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) 問)ヴァレンティノ インフォメーションデスク TEL: 03-5778-2022【JIL SANDER】 ルーシー&ルーク・メイヤー夫妻が手がけるジルサンダー。ストリートとラグジュアリー、異なるバックグラウンドを持つふたりの個性が融合したアイコニックなバッグに注目。レーザーカットでメッシュ加工を施したユニークなデザインは、中身に応じてフレキシブルな収納力を発揮。また、メタルハンドルに手首を通し、半分にたたんでビッグクラッチとして持ってもいい。 バッグ(W41cm×H46cm×D3cm)¥185,000/オンワードグローバルファッション(ジル サンダー) 問)オンワードグローバルファッション 0120-919-256【MIU MIU】 柔らかなカーフ素材と、グレイのグラデーションがエレガントなトートバッグ。ショルダーが長く、小脇に抱えてすっきりと持つことができる。ファスナーで開閉でき、中身が見えにくいのも嬉しい。ノートPCもスマートに入り、ビジネスシーンでも大いに活躍しそう。 バッグ(W32cm×H28cm×D14cm)¥144,000(※予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) 問)ミュウミュウ クライアントサービス  0120-45-1993【MARNI】 折り紙のようなカラーブロックのデザイン、洒落感のある配色がマルニらしい、新作のショッピングバッグ。縦長のフォルムは、大容量でもボリューム過多にならず、コーディネートから浮かない。間隔にゆとりを持たせたグッドバランスなショルダーは、中身も見やすく実用的。 バッグ(W32cm×H37.5cm×D12.5cm)¥186,000/マルニジャパン (マルニ) 問)マルニジャパン TEL 03-6416- 1024 【STELLA McCARTNEY】 レザー風素材にチェーンのトリミングで大人気のアイコンバッグ「ファラベラ」。マチのしっかりある大容量のショルダートートは、なんと新登場のリバーシブルタイプ。キャメルとグレーのふたつのカラーで楽しめる。取り外しできるポーチも付属し、実用性も抜群。毎日のお出かけから小旅行まで、大活躍間違いなし。 バッグ(W37cm×H30cm×D16cm)¥145,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) 問)ステラ マッカートニー カスタマーサービス  TEL 03-4579-6139知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【ステラ マッカートニー】>>イギリスで生まれ育ったステラ・マッカートニーは、偉大なミュージシャン、ポール・マッカートニーとフォトグラファーである故リンダ・マッカートニーを両親に持つ。英国のファッションの名門校、セントラル・セント・マーチンを卒業後、クロエのクリエイティヴ・ディレクターを経て、2001年に自身のブランドを設立した。アディダスとパートナーシップを組むスポーツウェア、adidas by Stella Mccartneyを始め、香水、ランジェリー、キッズとコレクションを広げ、最近ではメンズウェアコレクションを発表。ベジタリアンでもあり、サスティナビリティの精神から、皮革と毛皮を使用しないことを掲げている。 絶大な人気を誇るアイコンバッグ「ファラベラ」。様々なバリエーションで登場。バッグ「ファラベラ ミニトート」(W23.5cm×H26.5cm×W10cm)¥103,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)2010年に発表されたアイコンバッグ「ファラベラ」は、レザー風の素材にチェーンのトリミングを施した特徴的なデザインでベストセラーに。シャープなテーラリングでありながら、ナチュラルでエフォートレス、彼女のデザインは、現代を生きる女性たちにとって、リアルな共感を持って支持されている。それは、3人の子供の母親であり、環境や社会に関心の高いステラ自身のライフスタイルをはっきりと反映し、女性にとっての本当の実用性を追求しているからといえるだろう。自分らしく生きるためのライフスタイルに寄り添う、同時代の女性クリエイターならではの感性。ステラのアイテムを身につけると、同じ女性として応援されているような気分になれるはず。2019スプリングコレクションのルックより。揺れるドレスにスニーカー、手にはビッグトートとミニリュック。エレガントでスポーティ、そしてなによりもエフォートレスなスタイルが女性の共感を呼ぶ。文・久保田梓美 撮影/富田春菜
  • 京都でディナー。気になっていた新星フレンチへ! 久しぶりの京都。 ディナーの予定が決まり、速攻で行きたいお店をリストアップ。 エクラ10月号の京都特集で拝見し、以前から気になっていた烏丸御池の新星フレンチ『NAKATUKA 』さんで予約が取れたので初訪問しました! シェフは東京の『NARISAWA』やヨーロッパで修業されたシェフと聞けば期待感もアップです。ワインはプロセッコから始めてブルゴーニュ・ピノ・ノワールで最後まで。まずはプロセッコ。ブルゴーニュ・ピノ・ノワールをボトルで。コスパ抜群の一本でした。お料理はアラカルトでも可能ですが、コースの方が断然お得! 6千円と8千円のコースがあります。 私達は前菜3種、サラダ、魚、肉、デザート、飲み物の8千円のコースを。サツマイモとクルミの前菜。ブリのカルパッチョ泡の中に隠れていますが牡蠣がいます!ゴボウのソースとともに! ゴボウのソースと牡蠣の旨味とピノ・ノワールの相性に震えた一品。他の画像を見る一皿一皿盛り付け、素材、お味ともに満足。 おまけに良心的なお値段設定にシェフもサービスの方も全員とても感じがよく、居心地の良い空間。 静かな場所にあるのでゆっくり食事を楽しみたい方にオススメ! またゆっくり訪れたいお店でした! NAKATUKA **美女組No.105meguのブログ
  • モテるパターンは一つじゃない。人気モデル二人が全方位モテする9着で12月を駆け抜ける。なりきり着回しスタート!(左・優子)シェアハウス型の寮に季節外れの入居者が。偶然、彼女も私も色ニット×チェックスカート。カジュアル派の私は、上下タイトにまとめた縦長シルエットが好み。ただし最近は女らしさ3割増しを意識してるよ。(右・優愛)テイストは違うけどよく似たチェックスカート同士なんて、彼女とは気が合いそうな予感! この頃「きれいなお姉さん」スタイルを目指している私は、ふんわりニットと甘めの膝丈フレアで品のよさを意識。◀ 左右にスライド ▶先輩に教えてもらった本、発見! 課題に役立つとオススメされた本を探しに書店へ。オフホワイト×ブラウンベージュの優しげな配色は年上からも好印象。コーデュロイの表情が奥行きを生む。 後輩に相談されて、発表を事前チェック クールなモノトーンには、印象が柔らかになるブラウンの靴で親しみやすく。 バイト終わりにケーキのお裾分け 王道な冬のマリンコーデは世代性別問わず好感度が高いみたい。バイトしてるカフェでも褒められちゃった。優子、一緒にケーキ食べるかな……? 他の画像を見る優子day1  イヤリング¥2000/ゴールディ 靴下¥500/Tabio(靴下屋) 優愛day1  ピアス¥2300/UNRELISH タイツ¥800/Tabio(靴下屋) 優愛day2  イヤリング¥2400/ゴールディ 靴下¥900/Tabio(靴下屋) 優子day2  メガネ¥3000/ビームス ウィメン 原宿(ビームス ボーイ) 帽子¥4200/CA4LA ショールーム(CA4LA) 靴下¥500/Tabio(靴下屋) 優愛day3  キャスケット¥3900/Free’s Mart タイツ¥800/Tabio(靴下屋) 優愛day4  イヤリング¥1600/ゴールディ清楚でモテる 優愛のワードローブはコチラ! >親しみやすくてモテる 優子のワードローブはコチラ! >◀ 左右にスライド ▶先ファーつきショートコート 着こなしにメリハリがつくショート丈は薄い印象に陥りがちな清楚派の味方。ファーは取り外し可能で表情が変化。 ¥42000/Noela ノーカラーロングコート はおるだけで大人っぽく見えるノーカラーコート。色は定番の濃色、丈は膝下が合わせやすくて間違いなし。 ¥19000/ココ ディール ふんわり袖きれい色ニット 清楚=地味にさせないため差し色は必須。袖のボリュームや編み地など今っぽいデザインを選ぶのが正解。 ¥2900/エージープラス 他の画像を見る◀ 左右にスライド ▶ベージュトレンチコート 定番アウターを新調するなら去年より長めの丈が旬。ドレッシーな雰囲気が◎。 ¥24000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス)ツイードチェスターコート 男前なチェスターコート。さっと着て様になるからいつでも安心感のある1着。 ¥8324/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス鎖骨見せ色リブニット 広くあいたデコルテが色気を感じさせる。ぴたっとしたリブで積極的に女らしさUP。 ¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY)他の画像を見るモデル/新木優子 新川優愛 撮影/神戸健太郎(モデル) 齊藤晴香(物)ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.・優子) 吉㟢沙世子(io・優愛) スタイリスト/石田綾 撮影協力/フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー web構成/篠有紀
  • 12月7日より2019年度がスタートし、ますますパワーアップ中のLEE100人隊ブログ。特に注目を集めた4クリップをピックアップしてご紹介します! <おでかけ部> ■078 あゆこ*さん「『LEE創刊35周年全国ツアー』VOL.9@大阪」 078 あゆこ*さん あゆこ*です。 先週土曜日に姉と共に「LEE創刊35周年全国ツアー」VOL.9@大阪に参加させて頂きました。 イベントの内容はLEE100人隊No.080 みぽぽさんが詳しく丁寧にレポートして下さっているので、私は栗原はるみさんのトークショーの感想を中心にレポートさせて頂きます。 078 あゆこ*さん この日はまずお昼に姉と大阪駅で待ち合わせし、イベント前にシティーベーカリーでランチを。 食べ応え充分なホットドッグはもちろん、サクサクのフライドポテトも美味しかった♡ ランチ中100人隊OGのShokoさんが私と姉に気付き、一緒に来られていたTBzumekoさんとみぽぽさんを紹介して下さいました。 (とても嬉しかったのに、緊張で「は、は、初めまして」しか言えないチキンな私でごめんなさい……) その後イベント会場のホールへ。 会場の外にもバルミューダで焼いたトーストの試食コーナー、シャークの体験コーナー、DHCの美容液のお試しが出来たり、フォトスポットがあったりと大充実でした。 編集部の方々にお会い出来て嬉しかったです(ここでも緊張気味でしたが……)。 栗原はるみさん、LEE編集長、栗原さんの編集担当さんによるトークショー。 33年(!)に渡るLEEとの繋がりを振り返りながら、料理の事だけでく、これまでのお仕事の事、ご家族の事など沢山のお話をして下さいました。 印象に残っている事を書き出してみると…… ・最初に雑誌のお仕事を依頼してくれたのがLEEだったから、ずっとLEEでのお仕事をされている。 ・沢山のお仕事を受けず、これ! と決めたら、その繋がりを大切にお仕事をする。 ・料理ページの取材の際紹介する料理は撮影で冷めてしまうので、皆さん用に別に暖かい料理を用意する。デザートまで。 ・朝は5時に起きて家の事をする。 ・夫に嫌われるような事はしない。不機嫌でいたら大事にしてもらえない。 ・感謝の気持ちをきちんと伝える。 ・過去の事を蒸し返して言わない。(これ私やりがちなやつ……) ・お仕事の時はカットソーにジーンズが多いので、お出掛けする時はオシャレをしてヒールのある靴を履く。(この日のノースリーブのワンピースもとてもステキでした) ・いつもほぼすっぴんでいられるように、日頃から肌をケアする。 ・苦手な英語を60歳から始めて、今ではハワイで料理を教えられるように! ・いつも笑顔で楽しく頑張る。 若干ニュアンスが違うところもあるかと思いますが、こんな感じの事をおっしゃっていました。 栗原さんは以前から素敵な方だなと思っていましたが、今回トークショーでお話を聞いて、本当にチャーミングでユーモアがあって、それでいてお仕事に真っ直ぐ向き合って、家族を大切にされていて、周りの方々への感謝の気持ちを沢山持っておられて…この1時間で栗原さんの大ファンになりました! 妻として、母として、働く女性として本当に魅力的で憧れます。 私も栗原さんには程遠いですが、身近な人への感謝を伝えたり、家族をより一層大切にして、毎日笑顔でいたいなと思いました。 編集部の皆さん、素敵なイベントにご招待頂き本当にありがとうございました。 お土産も沢山で嬉し過ぎました♡ 078 あゆこ*さん 最後に一緒に来てくれた姉に感謝と、イベントに行かせてくれた夫と、泣きながらも頑張ってお留守番してくれた娘にお礼を言いたいです。 本当にありがとう♡♡ ◇栗原さんのトークショーの感想を書いてくれたあゆこ*さん。おしゃれ姉妹(……似てますね!)のツーショットも公開してくれました! 【あゆこ*さん】 <今日なに着てる?> ■018 なおっちさん「ハローなご挨拶とL.L.Beanにズキュンな1月号」   018 なおっちさん 新年度のスタートということで改めましてのハローのご挨拶、なんとびっくりな3年生になりました、018 なおっちです。日々が本当に本当にあっという間ですが、このLEEブログで綴れる時間をもっと大切にして暮らそう、が新年度のテーマです。 中2、小6、小3の三姉妹と15歳になる黒パグ、ハル、8歳年上の主人と暮らしています。 いい年してカジュアルラバーが抜けません。 そしてLEE100人隊にはYUKIファンが多い!ということで、この度勝手ではありますが「LEE100 YUKI部」の部長としても発信していく所存です。ご興味ありましたらぜひ♡ 新年号のお楽しみ、L.L.Beanのバッグでワンマイルもウキウキだった今日。 先月のLEE100人隊パーティーで実物の大きさとしっかり感にズキュン。 暗くなりがちな冬コーデをパッと明るくさせてくれる白!白!白! ほんと、おススメのバッグですよ♡ 018 なおっちさん アウター armen インナー 無印良品 ガーゼシャツ nikoand… デニム studio clip スニーカー スタンスミス ユーカリを買ってきたので、週末はリース作り☆ そしてみなさんのclipにもお邪魔したいです。 さて、新年度もスタート!素晴らしい一年にしよう。よろしくお願いいたします♪ ◇なおっちさん流大人カジュアルにも付録トートがぴったりですね! 【なおっちさん】 <料理部> ■087 ゆめいさん「おウチで点心と*2年目のご挨拶*」 087 ゆめいさん こんにちは!新隊員の皆さまは、はじめまして。ゆめい です。 ついに2年目に突入しました。相変わらずブログ更新の際はドキドキするし、ヘタレな私ですが今期も楽しく活動できますように。 プロフィールも更新しましたが、夫の赴任が決まり来春から再び上海で生活することになりました。 夫は既に上海での生活をスタートし、私は新たな生活に向けての準備に追われています。忙しい毎日に心の余裕がなくなり、丁寧な暮らしとはかけ離れ、思うように物事が進まずちょっとやさぐれた時期も(笑)いつしか点心を作る機会も減っていました。 ですが先日LEE100人隊パーティに参加したのをきっかけに私の中で何かが変わりました。 パーティでは「すみや」さんの色鮮やかなケータリングが五感を刺激し、さらにはキラキラでエネルギッシュな100人隊の仲間たちやLEE編集部の皆さまを目の当たりにし、今の私にできる範囲で構わないから心豊かな生活を送りたいなぁと強く思うように。工夫をすれば時間の使い方は∞。しばらく諦めていた点心時間をまた復活できるチャンスかも? 087 ゆめいさん 下準備を済ませ、次女を公園で思いっきり遊ばせ帰宅後爆睡→点心作りに取り掛かりました(笑)。 087 ゆめいさん 生地を捏ね捏ね、成形している時は無になれる時間。あーやっぱり好きだ♡と再確認。 087 ゆめいさん 蒸篭の蓋を取ってふっくらツヤツヤな野菜まんを見るとやっぱり嬉しい♡ 087 ゆめいさん たしか点心初クリップも野菜まんだったような。 この1年で少し腕が上がってる自分にもびっくり。だって餡の量が最初のクリップ時と全然違う(餡の量が多ければ多いほど包みにくいのです)。こういう変化に気づけるのも、ブログを続けていてよかったなと思う瞬間です。 ◇ゆめいさんの2年目初クリップは、100人隊ブログでも人気の手作り点心写真! 【ゆめいさん】 <料理部> ■058 みみんさん「旬のりんごを使ってお菓子作り」 058 みみんさん この時期になると長野県松川市のりんご畑から、美味しいふじりんごが届きます。たくさん並んだりんごを見ると、そのまま食べるだけでなく、お菓子にしたり、ジャムにしたり、色々と楽しみたくなります。100人隊のみなさんからのアイデアもたくさん♡ わが家は普段、バーミキュラの無水調理鍋を愛用していますが、最近14cmの小さいサイズのstaubのココットが仲間入り。 今回はそちらを使ったりんごのお菓子を2つ作ってみましたよ♡ 058 みみんさん りんごのクランブル。 鍋でりんごをバター、砂糖、レモン汁でしっかりソテーし、仕上げにシナモンパウダーとココナッツミルク、生クリームを合わせます。このりんごのソテー、アップルパイのフィリングとしても使えます! ココットにりんごのソテーを入れ、そのうえにアーモンドパウダーたっぷりのクランブルを広げてオーブンで焼いたら、外はサクサク、中はしっとりのりんごのお菓子のできあがり。 058 みみんさん りんごの甘酸っぱさと、サクサク甘いクランブルがよく合います。アイスクリームを添えても美味しいかも!あったか冷たい♡ 最高です。 058 みみんさん りんごのケーキ。 続いてトップ画、りんごのケーキ。 マフィンを作る要領でしっとりしたケーキの生地を作り、レンジで砂糖とレモン汁でしっとりさせたカットりんごを生地の上に並べ、オーブンで焼き上げます。 見た目も大事♡ 粉糖とミントで飾ったら出来上がりです。 生地にはリンゴのソテーを細かくカットしたものも加えたので、しっとり生地の中にりんごの果肉も感じます。 小さいサイズのstaubココット、そのままオーブンに入れても使えるので、家族の少ない我が家ではお菓子作りに最適かも!少量の野菜を無水調理するのもいいし、少量の揚げ物にも。もちろんそのままテーブルでアヒージョなどもいいですね。 これから愛用していきたいです。 ◇こちらもお料理クリップが大人気のみみんさん。りんごのおいしい食べ方、参考にしてくださいね! 【みみんさん】
    LEE
  • LOS ANGELES / AM2:00 トム フォード初のタイムピースは、大ぶりなレクタンギュラー シルエットで、数字の配置でもスクエアを強調した男女兼用デザイン。50種類以上から選べる表情豊かなストラップ(別売り)で、イメージは自由自在。どんなパーティの夜にもフィットする。 時計"TOM FORD N°001 TIMEPIECE"〈44×30㎜、SS、クォーツムーブメント〉¥270,000・ホワイトアリゲーターストラップ¥75,000・ジャケット(参考商品)・トップス(参考商品)・イヤリング〈SL〉¥240,000・ヘッドバンド¥50,000/トム フォード ジャパン(トム フォード) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>【エルメス】パリジェンヌはカフェの片隅でため息をつく
  • PARIS / AM11:00 小さなスタッズの中に収められた文字盤と、トリプルトゥールブレスレット。アクセサリー感覚で手首に巻きたい新作"メドール ロック"は、リューズを押してさりげなく時刻を確認することができ、その所作まで美しく仕上げてくれる。カフェでの待ち合わせも映画のワンシーンのように。 腕時計"メドール ロック"〈16×16㎜、SS、オパリン、クォーツムーブメント、カーフストラップ〉¥313,000・キャスケット¥88,000・スカーフ¥56,000/エルメスジャポン(エルメス) ニット/スタイリスト私物 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>【ジャガー・ルクルト】黄浦江に摩天楼の灯が揺らめくとき
関連キーワード

RECOMMEND