具を炒めて温めるだけでお店の味!!カルディで見つけたカレーが感動モノだった

@BAILA

カルディの店頭で”次回以降入荷未定”のポップがついていたカレーを発見。
これはかなりの人気商品なのでは・・・?と店頭にあった2種類を購入してみたところ大当たりだったんです!

買ったのは、ギータというメーカーの甘口&辛口のインドカレー。
フライパンで好きな具(肉や野菜)を炒めて、瓶に入ったカレーと、瓶の上部についているスパイスを混ぜて10分ほど煮込むだけというアイテムです。


ちなみにひと瓶で少し多めの大人2人前くらいの量。

こちらが甘口の「ティッカマサラ」。トマトとヨーグルトが入った酸味が強めのカレーです。
辛口の「ジャルフレージ」。スパイシーで食が進みます!
甘口のほうはエビ&玉ねぎ(写真奥)、辛口のほうはラム肉&玉ねぎ(写真手前)で作ってみました。SNSを見ていたら、ひき肉を入れてキーマカレー風にしている人も。それもやってみたい!

食べた感想はというと・・・、本当にレストランの味!!

ほかのレトルトカレーと違うのは、たぶん後から入れる蓋上部についているスパイス。これを入れることで一気にお店っぽい味になるようです。

店頭で見つけたらぜひ試してみてください♪
ごはんを作るのが面倒な平日の夜にぴったりですよー!(編集ディス子)


関連記事
  • DJ NAOKI SERIZAWAによるDJイベントも! 10月上旬までの限定オープン。『ブルガリ』と『ドン ペリニヨン』がコラボした「BVLGARI La Terrazza Dom Pérignon Lounge(ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ)」が、ブルガリ銀座タワー11階の屋外テラスに、今年も期間限定でオープン中です。センスの良い音楽、ムード漂う照明。あたりを見回せば『東京タワー』も見える輝く夜景。『ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ』は、ワンランク上の東京ナイトを過ごすのにぴったり♡ 『ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008』をはじめとする極上のシャンパンを堪能し、絶品イタリア料理にも舌鼓♡今後、7月と8月には『ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2002 プレニチュード 2』が。9月と10月は『ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2006』がお目見えします。▶▶営業時間や詳細は「ブルガリ 東京レストラン」公式サイトからチェック!さらに期間中、東京を中心に活躍する世界的DJのNAOKI SERIZAWAがディレクション&プレイするDJイベントも実施予定!ラグジュアリーという言葉がぴったりの場所で、音に、雰囲気に、ドンペリに酔いしれる♡ リッチで上品な“ごほうび女子会”いかがですか?
  • 現在、東京ディズニーリゾートでは ひと足先に七夕イベントを開催中♡ ということで、 7/7まで食べられる限定の七夕スイーツを 食べてきました~!✨七夕ディズニーの限定スイーツクリーム・シェイブアイス(ピーチ&ブルーゼリー)¥550ランド・シー共に販売されている 七夕スイーツ✨ ソーダ味のゼリーの上に ほんのりピーチのかき氷、 更にソフトクリームと星型のお麩のようなものが トッピングされた贅沢な一品! 見た目の可愛さはもちろん、 ソフトとかき氷を一度に食べられるので 満足度◎です♡ 七夕ディズニーに行くなら絶対に食べるべき! オススメのスイーツです(*´▽`*)ランチならオススメはこれ♡シェフのオススメセット(冷やし牛カルビうどん)¥1,160こちらはランドにて9/30まで販売されている 冷たいおうどんのセットです! (単品でも注文可能) 気温が高い日のランチにぴったり♡ レストランはバズライトイヤーの アストロブラスターズの近くにあります! 席が多くて土日でも空席を見つけやすいのも ポイントの一つ。 【セット内容】 ・冷やし牛カルビうどん ・サラダorフレンチフライポテト ・ドリンク 楽しい七夕ディズニーを!モアハピ部 No.636 れいか のブログ
  • オープン以来ミシュラン2つ星を獲得し続ける“予約の取れない銀座のレストラン”「ドミニク ブシェ トーキョー」で、ラグジュアリーなシャンパーニュランチを――。そんな夢のようなひとときへ、『エクラ』がご案内いたします。会場となるのは、パリ1区のアパルトマンを思わせる心地よい雰囲気のダイニング「ドミニク ブシェ トーキョー」。こちらでは「ラ・トゥール・ダルジャン」、「ホテル・ド・クリヨン」で総料理長を務めたドミニク・ブシェ シェフの端正なフレンチが楽しめます。当日はお料理に合わせて、次々とグラン・メゾンのシャンパーニュが登場します。「モエ・エ・シャンドン モエ アンベリアル」(2杯)、「ルイナール ブラン・ド・ブラン」、「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2008」、「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム ロゼ2008」の4種5杯で、ほとんどがプレスティージュ・キュヴェというリュクスなラインナップ。◆当日のコース プティ・サレ、アミューズ・ブーシュ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、小菓子、コーヒーまたは紅茶、パンのフルコース。お腹を空かせてお越しください。シャンパンとの“夢のマリアージュ”をご体験いただきます。※料理はイメージです。◆当日のゲスト シャンパーニュの解説は、『エクラ』連載「飲むんだったらイケてるワイン」を担当するワイン&フード ジャーナリストの安齋喜美子さん。長年交流のある各メゾンの最高醸造責任者から聞いた“とっておきの秘話”を皆さまに披露いたします。大のシャンパーニュファンである長内育子エクラ編集長も同席し、『エクラ』の最新情報などもこっそりお話いたします。安齋喜美子 ワイン、旅などの記事を手がける。国内外のワイナリーや醸造家取材も多数。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。長内育子 『エクラ』編集長知的好奇心を刺激する美味しいランチは、大人だからこそ楽しめる贅沢。おひとりでも、あるいはお友達と一緒に、ちょっとおしゃれをして、ぜひご参加ください。シャンパーニュが、幸福な時間をお約束いたします。 ◆イベント詳細 開催日 2019年7月20日(土) 開催時間 12:00-(受付11:30-) 会場 Dominique Bouchet Tokyo(ドミニク・ブシェ トーキョー)  東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル2F  https://www.dominique-bouchet.jp/#home-acces  (交通手段)  「銀座」駅 A13番出口 徒歩5分  「銀座一丁目」駅 6番出口 徒歩3分  「京橋」駅 3番出口 徒歩3分  「JR有楽町」駅 京橋出口 徒歩7分 定員 28名 ※先着順です。定員に達し次第、受付を終了とさせていただきます。 参加費 25,000円(+税)〈締め切り:7月15日(月)10:00〉 ※定員に達し次第、販売終了(申し込み終了)となりますので予めご了承ください。 主催:集英社【チケットご購入時注意事項】 ※イベントお申し込み前に、必ず下記注意事項をご確認頂き、ご了承頂ける方のみお申し込みください。 1.お支払い方法は”クレジットカード払い”のみとなります。 2.他の商品との同時購入はいただけません。 3.ご注文後のキャンセルは不可とさせていただきますので、ご了承ください。 4.チケットの変更・払い戻しはできません。 5.送料無料で購入いただけます。購入時、お客様アカウントログイン前の場合、「送料(税抜)¥500」と表示されますが、購入最終確認時には「送料無料」となります。 6.おひとりにつき4枚までご購入いただけます。 7.現地までの往復の交通費はお客様自身にてご負担をお願い致します。 8.天候・震災などやむをえない事情により主催者がイベントを中止する場合は、所定の方法で払い戻しを行います。返金方法についてはショッピングガイド内の「ご返金について」をご確認ください。 イベントが中止になった場合の旅費等の補償はできませんので、ご了承ください。 9.集英社FLAG SHOPが定める「個人情報の取り扱いについて」のご確認をお願いいたします。 10.今回はアルコールを用意しているイベントのため、お車を運転してのご来場はお断りさせていただいております。 【チケットについて】 1.お申込頂いた方には7月中旬にチケット購入確認のメールを送信いたします。こちらのメールがチケットとなりますので、当日受付にてご提示ください。 2.チケットの転売・譲渡は、かたくお断りいたします。当日、ご本人様確認をさせていただく場合がございますので、運転免許証や身分証明証をご持参ください。 
  • 下味をつけたサバ缶の作りおきがあると、活用の幅がさらに広がります。今回から3回に分けて作りおきを利用したレシピをご紹介。ハーブの風味でサバ缶がおしゃれに変身。朝食に、おつまみに、大活躍です。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いて、サバフレークハーブ風味を活用したレシピをご紹介![活用−❶]サバ×トマト×玉ねぎで味も健康効果もアップ!トマトとサバフレークのサラダサバのDHA&EPAとトマトのリコピンが血管と血液を健康に。玉ねぎにも血液サラサラ効果が。材料(2人分)トマト……1個玉ねぎ……1/4個サバフレーク……大さじ3オリーブオイル……大さじ1酢……大さじ1塩……小さじ1/2作り方1 トマトはひと口大に切る。玉ねぎは縦に薄切りにして水にさらし、水気をきる。2 ボウルにオリーブオイル、酢、塩を入れて混ぜ、①を入れてあえる。さらにサバフレークを加えてあえる。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • こんにちは、彩希です。 今日は、私が静岡県に来てまもない頃に 連れてきてもらった 【さわやか】のご紹介をします。 以前、桐谷美玲さんもインスタグラムで 「#念願の」とつけて アップしていたハンバーグのお店です^^ げんこつハンバークの炭焼きレストラン さわやか「げんこつハンバークの炭焼きレストラン さわやか」は静岡県内に32店舗展開しているハンバーグ・ステーキレストランです。 静岡の「ソウルフード」とも言えるであろう【さわやか】のハンバーグ。 さわやかは静岡県にしかなく、他府県で食べることはできません。 ネット販売なども行っておらず、店舗オンリーでこちらのハンバーグを楽しむことができます。 ちなみにソースは二種類。 断然、オニオンソースがおすすめですよ。牛肉100%ハンバーグはかなりレアの状態で提供されます^^ 牛肉100%にこだわったハンバーグは肉汁たっぷり。 店員さんがカットした面を鉄板に押し付けて焼いてくれます。 ボリューム満点の250グラム! 食べきるのは大変ですが、、、一番人気です*。 詳しくはHPの動画をご覧ください^^さわやかHP( ´ ▽ ` )˚✧₊⁎とにかく食べてみて…!「レアのハンバーグ…?」と不思議に思う方もいらっしゃると思いますが とにかく、食べればわかります♩ 私は関西出身で、去年までこの味を知りませんでしたが 今では、「さわやかのハンバーグ中毒」気味になっています。笑笑 いつ食べても美味しくて、幸せな気持ちになれます( ´ ▽ ` )県民もさわやかの大ファンなので、、、混みます土日祝はとにかく混みます^^; ランチタイム、ディナータイム問わず、いつも満席…! 店の外まで並んでいることも少なくありません。 平日のランチタイムが比較的混雑していない時間帯です。 店内お店の雰囲気はこのようなウッドでナチュラルな雰囲気。 どの店舗も天井が高く、開放感のある造りになってます^^ ステンドグラスもランプも可愛い〜静岡に来た際はぜひ…!♡一度は食べてみてほしい「さわやか」のハンバーグ。 静岡に来た際には、ぜひ訪れてみてはいかがですか?^^モアハピ部 No.682 彩希 のブログ
  • おやつをひたすら待たさせられるマツコ。じっと耐えてえらいね。うるうるな瞳が可愛くて、あやうくずっと”待て”をしてしまいそうでした。「早く食べたい~早く食べたい~早く食べたいわん~!!」■名前マツコ■性別女の子■犬種フレンチブルドッグ■生年月日・もしくは推定年齢2014.10/1■性格人間大好き 犬苦手■特技ぺろぺろ■好物ヨーグルト 肉■わんこのマイブーム■チャームポイント→マツコの投稿はこちらから
  • STARBUCK RESERVE ROASTERY TOKYOで新しい体験♡普段のスタバでは飲めない ここオリジナルのドリンク! 第2段はドリンクにしぼって( ´∀`) 実は2週連続でいってきまして(笑) 何種類か飲んだので、 今回はそれを紹介します☆コーヒー☆■バタースコッチラテイチゴのケーキと一緒にいただきました♡ ホッとする甘さと濃厚さで、かなりリッチで香りのよいラテです! イチゴのケーキはカスタードといちごがピッタリの相性! ケーキもロースタリーで作ってるそうですよ!■アイスマキアートコンクレマシナモンシュガーの香りが、クセになる! フォームのキメが細かくて、 まろやかな味わいです!( *´艸) 一緒に食べたティラミス 卵の味がしっかりして、濃厚でした!■ペッパーナイトロwithジャーキーツイストスパイシーなコーヒーなんて初体験!! ジャーキーを口に含んで、コーヒーを飲むと 人生初体験のおいしさです!!ティー☆○ナイトロティーフライト・ナイトロ ミルク ティー (上品でリッチなミルクティー) ・ナイトロ ティー シトラス ラベンダー セージ (シトラス感でさっぱり夏にぴったりな味!) ・ナイトロ ティー ラプサン スーチョン (燻製の香りのするコクがクセになります!) の3種類の窒素ガスで抽出した紅茶を楽しめます( *´艸) 1200円ですが、色々楽しめて、美味しいのでお得です☆○ティバーナ™ クリーム ソーダ ハニーブッシュ バニラまず、見た目が可愛すぎます♡ ハニーブッシュバニラティーが、ほのかに甘く上品な味で、バニラアイスとあわさって、上品クリームソーダに! 最初は混ぜずに一口ずつ味わって、 混ぜて飲んで 二度楽しいドリンクです\(^^)/以上、 ロースタリーで楽しめるドリンクでした( 〃▽〃) どれも1000円前後で楽しむことができます!(アルコールはもう少し高いですが) 頑張った月のご褒美にはもってこいです!! 中目黒で目黒川に面してありますので、 本当にリラックスできます(*´-`)お洒落で贅沢感があるのに、ここでしか見れないロースト現場と、リラックスできる空間とドリンクとフードって… サイコーです(笑)ときどき、美味しいもの、楽しい場所 20代前半のビューティー情報(そんなに大それてないけど) インスタにあげてるので是非見てください!maguchan*Instagramモアハピ部 No.680 まぐちゃん のブログ
  • フランス、ドイツ、ベルギーに囲まれたルクセンブルク。周辺各国の食文化に触発されながら発展したその料理を、国境を越えて味わいに来る美食家も多いのだとか。WEB限定記事第2弾は、その「食」にクローズアップします。「ウン・プラトー」にて、食前酒にあわせた前菜。見た目も楽しませてくれる。「ケンプ・コーラー」のショーケース。デリコーナーにはいつも多くの人が。ルクセンブルクは、国民一人当たりのミシュラン星付きレストラン数が世界一を誇るグルメな国。街を歩けば、そこかしこに名店が見つかる。 この国の料理がおいしくなる一番の理由は、その立地。世界中から人が集まる土地柄、当然、料理も世界中の味が集まるのだ。なんといっても、隣は美食の国フランスと、マイスターの国ドイツ、食材豊富なベルギー。それらのエッセンスを吸収し発展した料理は、この国が世界屈指の富裕国となった近年、ますますクオリティーを上げている。 「ケンプ・コーラー」の棚にずらりと並ぶオリーブオイル。お土産も見つかりそう。街は治安がよく、夜遅くまでディナーを楽しむ環境は万全。そんなルクセンブルクを旅するのなら、食はとことん楽しまなければ! とくに首都のルクセンブルク市は、デリやビストロ、ミシュラン星付きのレストランまで、豊富な食のチョイスがある。気軽に試せるのは、デリやパティスリーに併設するレストラン。「ケンプ・コーラー」「オーバーバイス」など、大公宮御用達の店は高級食材ブティックのようで、ショーケースを見ているだけでもワクワクしてしまう。白ワインのジュレが香るパテ・オ・リースリング郷土料理の代表格といえば、白ワインのジュレを挟んだひき肉のパイ包み焼き「パテ・オ・リースリング」。シャンパンと同じ製法で作られる「クレマン・ド・ルクセンブルク」がよく合うニョッキ「クニーデレン」は、家庭の食卓に並ぶ、“ママの優しい味”。レストランでは、ルクセンブルク特有のワインソーセージ(現地でワインツォーシィスと呼ばれる、ワイン風味のソーセージ)を入れ、クリーミーなマスタードソースをからめたアレンジも人気だ。クニーデレンはぜひソーセージ入り、マスタードソースで。ルクセンブルクのマスタードは塩辛くなく、風味豊か。クニーデレンが人気の「バイ・ド・ボウエン」は、地元の人に愛される家庭的なレストラン。さらに、ルクセンブルクではスイーツにも魅了されるはず。なかでも、「オーバーバイス」のチョコレートは甘さが残らないのにカカオをしっかりと感じられて、チョコレートの概念が変わってしまうほど!大公宮御用達の「オーバーバイス」。チョコレートはこの国が誇る味!「ウン・プラトー」でのディナーの始まりは、テラス席の食前酒から。ディナーはぜひ、この国の著名な料理家やグルメ家に知られた「ウン・プラトー」へ。テラス席で食前酒にジンカクテルを楽しんだ後、シックな店内でコースをいただくのがおすすめ。今、ルクセンブルクで熱いのがジンのカクテル。レストランでは、オリジナルのカクテルで味を競い合う。ジンカクテルを楽しんだ後は、店内に移動してメインディッシュを(ウン・プラトー)。■レストラン情報 Kaempff-Kohler ケンプ・コーラー 住所/18 place Guillaume, L-1648 Luxemburg Stadt ☎+352・2686861 http://www.kaempff-kohler.lu/ Bei de Bouwen バイ・ド・ボウエン 住所/35 rue Laurent Menager, L-2143 Luxembourg Stadt ☎+352・26202114 http://beidebouwen.lu/ Oberweis オーバーバイス 住所/16, Grand-Rue, 1660 Luxembourg Stadt ☎+352・470703 https://www.oberweis.lu/en Um Plateau ウン・プラトー 住所/6 Plateau Altmunster, L-1123 Luxemburg Stadt ☎+352・26478426 http://umplateau.lu/ <<第1回/ルクセンブルクの古城ホテルとスパホテル撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
関連キーワード

RECOMMEND