つけ心地の軽さと下がらないまつ毛にますます惚れた♡ メイベリンのラッシュニスタがリニューアル!

@BAILA

毛量も長さもごくごく標準、生えグセで上がりにくいのが難点な私のまつげ。しかも目周りは季節によってかゆみが出てしまうのが悩みで、365日メガネ派です。そんな私がマスカラに求める条件は、この3つ!

レンズの奥からでも存在感をアピールできるツヤブラック。生えグセに立ち向かうカール力。残業しちゃってもにじまないのにお湯でカンタンに落とせる! 春の新作でこの条件をラクラククリアするマスカラ、見つけました!

ご存知ピンクのボトルのマスカラ! 2月16日にパワーアップして登場するのですが、これがまさに私好み♡メイベリン ラッシュニスタ N ¥1200。
自まつ毛になりすましてくれる黒いファイバー入りなのですが、これがまったくぼってりしなくて、つけ心地が軽い、軽い!2度、3度重ねても長さは出るけどカールは下がらず上向きをキープ♫
ブラシの形もよりスリムに、そしてまつげに絡みやすい密度になってました。右が新作です。つかまえにくかった下まつげや目尻側も1発でキャッチできて、これはイイ♡
発表会ではマスカラ液のちょっとした実験を見せてくれました。プレートにマスカラ液を塗布しているのですが、向かって左が新ラッシュニスタ。右が従来品。
40℃のお湯にプレートを沈めてスタッフがマスカラを塗った部分をそれぞれ指で軽くこすると………
新ラッシュニスタの方は、あっという間にするっと落ちてしまいました! マスカラが簡単&強くこすらず落とせるのは、敏感肌な私にはありがたーい♡ まつげへのダメージも少なくできそうですね!

最近涙腺のゆるい私は水曜夜のドラマを見てはうるうるしているのですが、そんな時もにじまない! 泣ける映画を観に行くときも安心ですよ(笑)(副編クドウ)

メイベリン ニューヨーク  https://www.maybelline.co.jp/


関連記事
  • シブくてダンディ、大人の男の色気がビシバシ伝わってくる俳優・奥田瑛二さん。主演映画『洗骨(せんこつ)』が間もなく公開される。切れ者、クセモノ、クールで情け容赦ない男のイメージが、本作では大逆転。優柔不断で意志薄弱、グズグズのダメ男っぷりに、びっくり!ベテラン俳優の奥田さんは何を思って今、この作品にチャレンジしたのか?撮影/萩庭桂太 取材・文/岡本麻佑奥田瑛二さんProfileおくだ えいじ●1950年3月18日、愛知県生まれ。1979年『もっとしなやかに もっとしたたかに』で映画初主演。ドラマ『宮本武蔵』(84年/NHK)や『男女7人夏物語』(86年/TBS)で人気を博し、映画『海と毒薬』(86年)で毎日映画コンクール男優主演賞、『千利休・本覚坊遺文』(89年)で日本アカデミー主演男優賞、『棒の哀しみ』(94年)でキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞。近年の出演作に『64-ロクヨン-』(2016年)、『散り椿』(18年)など。また映画監督としても才能を発揮、『長い散歩』(06年)をはじめ、高く評価されている。妻はエッセイストでコメンテーターの安藤和津、長女は映画監督の安藤桃子、次女は女優の安藤サクラ。演じたのは“ゴミみたいな”男「キャッチコピーを自分で考えました。“笑って泣いて、笑って泣いて、やがて微笑む”、そういう映画です」奥田さんが演じる主人公・新城信綱は、沖縄の離島・粟国島(あぐにじま)に住む中年男。昼間から部屋のカーテンを閉め切り、酒浸りの毎日だ。4年前に妻を亡くし、以来、立ち直れない。うつろな目、無精ひげ、だらんだらんに伸びきった下着姿。こんな情け無い、ふがいない、だらしない姿の奥田さんを観るのは、初めてかも。「台本を読んでみたら、これはもう、やるべきだと思いました。僕はデビュー以来、文芸作品に出演したり、アウトロー役が続いたり。ここ7~8年は年齢のせいか、企業のトップとか検事正とか新聞社の局長クラスとかね。怒り混じりの台詞を機関銃みたいにまくしたてる、まあちょっと知的な重鎮さんというか狡猾なヒールというか、そういう役が多かった。クセのある悪役は面白いけど、ちょっと疲れていたんです。もっと人間ぽい、清濁合わせ飲むような役がどうして来ないんだろうと思っていた。そこに、この話が来たわけです。よし、昔の自分に戻って取り組もう、今の奥田瑛二を全部剥ぎ取って、役者としての奥田瑛二をもう一回、構築しようと思ってね」撮影現場では、「空気の抜けた風船みたいな、落ちていたらただのゴミみたいな」男になりきって、その場に“いる”ことに専念したという。妻を喪ってから4年後、その男は『洗骨』という儀式を迎える。〈風葬で弔った妻の骨を洗い、改めて埋葬する〉と聞くと、怖じ気づいてしまうけど、粟国島の大自然を背景に物語が展開していくと、その行為は至極当たり前のことのように思えてくる。「そうなんです。なにしろ天国に一番近い島、ですからね。自分が死んだ後、この海、この空、この夕陽、この満天の星空の下に置いてもらったら、自由に天空を飛び回れる魂になれるなって、その場に立った時に思いました。粟国島は本当に何も無い、美しい島なんです。あの世とこの世が共存していて、この島の人たちは幸せだと思う。僕もいつかここに、と、本当に心から思いましたよ」シリアスな内容ながら、作品全体を流れる空気はあたたかく、ゆるゆると流れる沖縄時間の中に、ユーモアがにじみ出す。ガレッジ・セールのゴリこと照屋年之監督は〈洗骨〉という風習の中に、人の優しさと生命への讃歌を見ているのかもしれない。それにしても。妻に先立たれた男は、こんなにも打ちひしがれ、立ち直ることができないものなのか。「ねえ、このところ身近に亡くなる方も多いから、僕も考えてしまってね。もしそんなことになったら、僕は妻に幸せを感じさせてあげることはできたのか、苦労ばかりかけてしまったのではないかと、自責の念に打ちのめされるのがわかっているから、辛いです。だからってわけじゃないけど、僕は7年くらい前から、妻にはちゃんと日常的に『ありがとう』を言うことにしたんです。最初のうち妻は『なによそれ、冗談めかして!』とか『心にもないことを』とか鼻で嗤っていたけど、めげずに続けたらだんだん様子が変わってきた。僕の『ありがとう』をちゃんと受け止めてくれて、そこから夫婦として向き合っているという実感が生まれましたね。『ありがとう』だけじゃなく、何かむっとすることがあっても飲み込んで穏やかに接したり、優しくなれる自分を作っておくと、お互いに気持ちが良い。それは、ちょっと高級なキャッチボールですよね。夫婦っていくつになっても、いつからでも、そういうふうに歩み寄ることができる。僕はそう思います」役者の原点に立ち戻った奥田瑛二が演じる、情け無い中年男と家族の物語。“泣いて笑って、最後にほっこり”する作品だ。(自身の健康について語ったインタビュー後編は、明日17日9時に公開します)『洗骨(せんこつ)』沖縄の離島・粟国島に住む新城家の母・恵美子が亡くなった。4年後、島から離れていた息子・剛(筒井道隆)と娘・優子(水崎綾女)は、ひとり家に残る父・信綱(奥田瑛二)のもとに戻ってくる。島には風葬で弔った4年後、その骨を海水や酒で洗い、再度埋葬する風習が残っているのだ。信綱は今も妻の死を受けいれられず、酒浸りの毎日。剛はなぜか家族を連れてこず、優子は出産間近の臨月だが、父親の名前を明かそうとしない。バラバラの気持ちを抱えたまま、母の洗骨の日が近づいてくる・・・・。1月18日(金)より沖縄先行公開、2月9日(土)より丸の内TOEIほか全国公開。配給:ファントム・フィルム監督・脚本:照屋年之出演:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、大島蓉子、坂本あきらほか。(c)  『洗骨』 製作委員会公式サイト:http://senkotsu-movie.com/
  • この春はピンクベージュが気分だなと思っていたので、ドンピシャでした。■ ルナソル  ベージュニュアンスアイズ 限定6色 2,500円(抜)  ベージュニュアンスリップス 限定6色 3,000円(抜)  ネイルフィニッシュN 限定2色 1,500円(抜)ルナソルから1/11(金)に発売されたThe Beige。今年20周年を迎えるルナソルが、改めて向き合ったというベージュの世界。10色セットのザ ベージュ アイズは、まさに原点回帰ともいうべき美しいパレット。(買わなかったけど。)そして、ニュアンスの微妙に違う6色のベージュリップの中に、私の求めるカラーもあるに違いないと。結果選んだのは、EX04 Creamy。EX01,02,03が黄みの強いベージュ。EX04,05,06が赤みの強いベージュ。EX04は、ミルキーなピンクベージュで、抜群に可愛い!(ブルベの人の方があいそうだけど。)クリーミーなテクスチャー。シワも目立ちにくくなります。ただ、やや透け感があって白みの強い発色的に、唇が荒れていると目立ちやすそう。しっかりケアして使わねば。(しかもパールのせいかちょっと荒れるので、保湿必須。)アイシャドウも、赤みのあるものをチョイス。EX06 Cacaoです。やはり、EX01,02,03が黄みの強いベージュ。EX04,05,06が赤みの強いベージュ。EX04,05,06をタッチアップして、EX04,05は、手持ちのものとかぶるなと思い、EX04を選びました。一見締め色なのですが、割とシアーな発色なので、これ1色でグラデーションが作れるのも選んだ理由。目のキワからササっとワイパー塗りして自然なグラデーションを作り、更に濃くしたい目尻の上にタップして塗り重ねました。適当に塗ってもムラになりにくく、簡単テクなしで奥行のある目元に。微細なラメと艶っぽい赤みが美しい!長時間よれることなく、しっとりぴたっと密着。パサつく40代の目元も艶やかさを維持できます。カラーはどちらも気に入ってますが、使用感はアイシャドウの方がお気に入り☆予約してなかったネイルフィニッシュNですが、フォギーなボトルがあまりに可愛くてお買い上げ。EX83 Frost Pink Beige。マットなピンクベージュ。まだ自爪に塗ってないので、塗ったらレポートしたいと思います!The Beigeのアイテムは全て限定。自分に似合う、今だけのベージュを見つけられるはず。是非カウンターでチェックしてみてください!
  • 社内プレゼンは、白×ネイビーの洗練配色で!新規美容家電の開発に向け、上司にプレゼン。そんな日は第一に信頼を得たいところ。端正なジャケットを勝負服に、クリーンな配色で総仕上げ。堅苦しく見えないようレーススカート&ピンクパンプスでほどよく抜け感のある女らしさも忘れずに。でも「具体化には説得力が足りない」と指摘され、がっくり。けっこういい線いってたと思っていたんだけど……。再度、案を練り直さなきゃ!スカート¥26000/インターリブ(サクラ) ブラウス¥25000/セオリー ジャケット¥15000/プラステ メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥35000/プラステ(イアクッチ) 靴¥77000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【ネイビーレーススカート】 レディライクなレースを知的に導くネイビーがベストチョイス。長めの丈も今年らしい。¥26000/インターリブ(サクラ)【落ち感ボウタイブラウス】 しなやかな素材感できれいめスタイルに不可欠。清潔感のあるホワイトも決め手。¥25000/セオリー【ホワイトノーカラージャケット】 クリーンな白ジャケットはオフィス映え抜群。顔色も冴えて第一印象美人に。¥15000/プラステ「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】23区 【セットアップ対応】リラクションツイル ノーカラーロング ジャケット ¥13000(¥26000の50%オフ)+税【関連商品】M7days レースミモレ丈スカート ¥16,000+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • おしゃれに得するアイディア集 冬コーデを可愛くするために小物 でできることアクリル素材のイヤーアクセで顔回りに変化を♡ アクリルを使ったカラフルなイヤーアクセが次なるトレンド。顔回りをアプデすると簡単に印象を変えられる!1レオパード柄を丸いフォルムで愛らしく。 イヤリング¥700/クレアーズ原宿駅前店 2六角形がユニーク。 ピアス¥390/サンキューマート原宿アルタ店 3流行のフープもアクリルなら鮮度抜群。 ピアス¥648/GRL(グレイル) 42つのモチーフが耳元で揺れて。 ピアス¥740/GRL(グレイル) 5マーブル調の色がキュート。 イヤリング¥390/サンキューマート原宿アルタ店ざっくりカーデを細ベルトでウエストマークする この冬、注目のざっくりカーデ。ルーズに着るのもいいけれど、女らしく仕上げるなら上から細ベルトをしてメリハリをON。ボリュームのあるざっくりニットを細ベルトでキュッとシェイプ。このバランスが最高に可愛い! ベルト¥390/サンキューマート原宿アルタ店 カーディガン¥3900/INGNI ブラウス¥4900/ダブルネーム デニムパンツ(一部店舗のみ販売)¥1490/GU イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya)1スウェード風のなめらかタッチ。 ¥990/GU 2黒×シルバーがシャープな印象。 ¥850/ストラディバリウス・ジャパン カスタマーサービス 3可愛げのある丸バックルがポイント。 ¥790/GUメタルフレームの丸メガネを選ぶ おしゃれ顔の必需品・丸メガネはシルバーのメタルフレームが最新系。肌にすっとなじんで、上品な表情を引き出してくれる。ベレー帽と丸メガネの鉄板コンビもどこか目新しい雰囲気に。 メガネ¥800/PARIS KID’S原宿店 ニット¥2900/エムズエキサイト ベレー帽¥1500/カシータ1薄いブルーのレンズが今っぽくておしゃれ。 サングラス¥390/サンキューマート原宿アルタ店 2きゃしゃな作りが女らしい雰囲気。 メガネ¥926/クレアーズ原宿駅前店 3ちょっぴり太めのテンプルでカジュアル顔にアプローチ。 メガネ¥990/WEGOサンダルを冬っぽソックスでぐんと可愛く盛り上げる! 冬は素足でははけないサンダルも、ソックス合わせで大復活! ぬくぬく素材やこっくり深めカラーのソックスを選んで、暖かな見た目を意識したい。モヘアソックス+ふわふわのファーサンダルで真冬も無敵! ソックス¥300/WEGO サンダル¥7900/dazzlin ニット¥1998/SPINNS スカート¥3900/INGNI イヤリング¥1600/ゴールディ渋めのグリーンがスポーティーな厚底サンダルを落ち着いた印象に。 ソックス(3足で)¥1000/チュチュアンナ サンダル¥7900/dazzlin トップス¥3900/INGNI スカート¥2900/エムズエキサイト イヤリング¥1800/ゴールディモデル/山田愛奈 撮影/伊藤大作(The VOICE) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/立石和代 構成・原文/野崎久実子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 王侯貴族や多くのセレブリティから愛されてきた、イタリア屈指のハイジュエラー「ダミアーニ」から、“ベル エポック”の新作ブライダルリングが登場。 “ベル エポック”は、20世紀初頭の古き良き時代をイメージし、ヨーロッパが華やかなりし頃の可能性と創造性、革新的な気運に満ちあふれたコレクションだ。その時代に誕生した映画のフィルムをデザインソースに、幾何学的でモダンなデザインが話題となり、ブランドを代表するスターコレクションとなった。 スクエアフォルムが連なる洗練のデザイン。アームの太さも同じで重ね付けしやすい。上から:「ベル エポック」エンゲージメントリング〈PT、ダイヤモンド0.3ct〜〉¥598,000〜、フルエタニティリング〈WG、ダイヤモンド〉¥254,300〜 *2019年1月30 (水)発売予定 この度発売される新作ブライダルリングは、エンゲージメントリングとフルエタニティリング、ハーフエタニティリングのラインナップ。重ね付けすることで、まるで“ベル エポック”のシネマミューズのような、ミステリアスでエレガントな女性らしさを演出してくれる。レイヤードしやすい華奢なアームながら、ダイヤモンドひとつひとつが華やかに輝く存在感も魅力のひとつ。宝石鑑定のエキスパートが選び抜き、緻密な手作業で仕上げることで、職人の芸術的技巧が感じられる作品となっている。 新作発売のタイミングに合わせてダミアーニ 伊勢丹新宿店では、2019年1月30日(水)〜2月26日(火)の期間限定で、ブライダルフェアを開催。スペシャルな特典もあるというからぜひ訪れてみたい。ハイジュエラー待望の新作ブライダルリングを、いち早くチェックして。 ブライダルフェア期間:2019年1月30日(水)〜2月26日(火)場所:ダミアーニ 伊勢丹新宿店 ダミアーニ 伊勢丹新宿店http://www.damiani.com/03-6457-8154
  • さらりと乾いた肌触りで夏に活躍するリネン。ユニフォームライクな硬いシルエットを選べば、冬のスタイルにモードな裏切りが生まれる。 ジャケット¥52,000・パンツ¥34,000/オーラリー 03−6427−7141  コート¥75,000/ビームス ジャパン(ウーア) ブラウス¥59,000・ベルト¥38,000/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) メガネ¥52,000/グローブスペックスエージェント(アーレム) フェザーピアス¥9,000/シティショップ(セレフィーナ) バッグ¥185,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ソックス¥2,300/ビショップ(カプリコーンモヘア ソックス) 靴¥89,000〈伊勢丹新宿店限定〉/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) リネン特有のネップ感を出すために、シルクを5%だけ加えたセットアップを軸に。ウールのメンズライクなコートと色のトーンを合わせれば、異素材も自然となじむ。ジャケット¥25,000・パンツ¥25,000/グラストンベリーショールーム(ヤーモ) 03−6231−0213 タートルネック¥44,000/シティショップ(ウォーク オブ シェイム) ソックス¥1,500/OTOE 靴¥37,000/オン トーキョー ショールーム(メゾンエウレカ) 黄色のセットアップはリネンで気軽なムード。セーラーカラーシャツ¥42,000/トゥジュー代官山ストア(トゥジュー) 03−5939−8090 ミリタリーのセーラーシャツが着想源。厚手のリネンにワッシャー加工を施した、ラフな仕上がり。スリーブレスジャケット¥74,000/ウィリー(プール by クラス) 03−5458−7200 まるでジャケットを裏返しにしたような、インサイドアウトの仕上げ。高度な技術で織り上げた100%リネンサージ素材。スカート¥64,000/ハルミ ショールーム(アキラ ナカ) 03−6433−5395 複雑なドレーピングにクチュール的な感性を込めたデザイン。動きに合わせて大胆に揺れるフリルの分量が絶妙。トップス¥25,000/グラストンベリーショールーム(オネット) 03−6231−0213 サックドレス風のトップスはリネンながら、ブルーの発色のよさに驚かされる。ボタンの開閉で身幅の調節が可能。バッグ〈H26×W51×D22〉¥16,000/オカイユ 03−3403−0627 フランスのヴィンテージリネンクロスを使ったバッグ。縫い合わせの部分をトリミングして四角いフォルムを作り出した。インテリア用としても秀逸。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>【Seasonless Item_03 "Plastic"】冬なのに、プラスチック
  • お湯で簡単にオフできるのが、便利なフィルムタイプのマスカラ。 でもカール力が心もとなかったのも事実……。 そんな現実を打ち破る心強い新作が、ヘアメイクさんからも人気の高いファシオのマスカラ。(LEEweb担当・ねこまちゃん) ファシオ パワフルフィルムマスカラ(上)ロング(下)ボリューム BK001 各¥1200(税抜) ファシオのフィルムマスカラ史上、最強のカールアップ力とカール持続力を誇るアイテムが誕生。 硬さと強度を兼ね備えたウルトラカールアップ成分が、上向きのまつ毛を叶えてくれます。 速乾性にも優れているので、マスカラを塗ってから乾くまでの間にカールが落ちる……なんて心配もなし。 ロングタイプもボユームタイプも、ブラックのほかブラウンの2色展開。 ファシオ パワフルフィルムマスカラ(上)ロング(下)ボリューム BR300 各¥1200(税抜) ロングタイプは、ファイバーがまつ毛に見事に絡み付いて、簡単にロングまつ毛が叶います。 細めのブラシで根元からぐいっと持ち上げながら塗ることができるのもうれしい。 ボリュームタイプは、水飴みたいな質感に感動! 一本一本にきれいに絡み付いてボリュームアップします。その後、コーム部分でとかせば自然な仕上がりに。(LEEweb担当・ねこまちゃん)   DEBUT || 2019年1月16日(水) BRAND || ファシオ ITEM || パワフルフィルムマスカラ CATEGORY || マスカラ KEYWORD || #フィルムタイプ #カールアップ #上向きまつ毛 PRICE || 各¥1200(税抜) TEL || コーセーコスメニエンス(フリーダイヤル) 0120-763-328 HP ||  ファシオ (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • 柄MIXと光る足もと……連休明けもフルスロットルで!スタンダードなチノパンに、ボーダートップスとチェックストール、今年らしい柄合わせでリズムをつけて。キラッと光るシルバーフラットも、連休明けのテンションアップにひと役。やばっ、明日の会食のお店、予約し忘れてた! 外回りの途中に気づいて慌てて電話。無事お目当ての店が取れて一安心。こんなことがないよう、気を引き締めなきゃ。 パンツ¥39000/レスプラスデザイン(エムダブリュー) ボーダートップス¥11000/ゲストリスト(ルミノア) ライダーズ¥120000/アストラット 新宿店(アストラット) メガネ¥31000/モスコット トウキョウ(モスコット) ソックス¥1100/タビオ ピアス¥35000/アビステ バッグ¥81000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴¥26000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) ストール¥33000/プラステ(ジョンストンズ) 【今月のPROFILE】〝辛め〟ゆる華通勤OLの花 広告会社勤務で、企画やコピーを手がけるプランナー。外回りが多く、仕事柄トレンドにも敏感。休日もアクティブに過ごすのが好き。辛めの洗練スタイルが定番。ネコ好きで現在彼氏募集中。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【キャメルチノパンツ】 カジュアルなチノも濃厚なキャメルとセンタープレスで大人顔に。¥39000/レスプラスデザイン(エムダブリュー) 【ゆる感ボーダートップス】 ほどよいルーズ感が今どき。柄でのアクセントづけにも重宝。¥11000/ゲストリスト(ルミノア)【ブラックレザーライダース】 しなやかでつやのある羊革ライダース。ストイックな黒レザーはコーデにピリッと辛みをきかせたいときにも。¥120000/アストラット 新宿店(アストラット)「今月のおすすめパンツ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】Le minor 七分袖ボーダー ¥11,000+税【関連商品】SINME ワイドチノ ¥21250(¥25000の15%オフ)+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子  モデル/絵美里、松島 花 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
関連キーワード

RECOMMEND