2018年おすすめ♡ハワイ美食グルメまとめ

@BAILA

ハワイで一面海を見渡せる
ペントハウス、ついに買いました。


遊びに来てください〜






って10年以内に言うのが目標

南国大好きツノです。



先月、ハワイで現実逃避していたのですが


これから南国へ逃げる予定のある方の参考になればー、、



と私的美味しいお店を少し紹介します。


新しいお店や

昔からあるけどあまり知られていないところも。


お役立てくださいませ〜♡





==================
ハンバーガー、
オアフ島ならTeddy'sBiggerBurgurがオススメです!が

もしマウイ島行ったらここに行って欲しい

"Cool Cat Cafe"

しょっぱなから
オアフじゃないのだけど、、笑

ここはマウイ島にお住いの方に

どこがこの辺り(ラハイナ)で一番カジュアルで美味しいの?

と聞いたときに

皆が揃って口にしたアメリカンダイナー。

注文すると割とすぐもって来てもらえる
ここのバーガー類がどれも肉厚ジューシーで絶品。

とろーり♡溢れるチーズと夢と希望とパイナポー。
通り沿いのこの看板が目印。下のシーフード店はライバルかな。

==================

ヘルシーおしゃランチなら

MAD HEN WATER




ハワイ3日めから徐々に塊肉への感動が薄れて

丸亀製麺に行こうかな…

と心が日本人である自分に気付いた時におすすめ。



疲れた胃を休ませてくれる

ゆったりした場所、おしゃれで気分もあがる

穴場です♡


地元の人で賑わう店内。
ダークトーンの雰囲気の違う空間がひと続きに。

ここでおすすめは
シンプルなパンケーキ。


と、その時そのときで内容の変わるプレート。

キムチの付け合わせが意外にアボガドや卵と合う。

ちなみに店員さんもみんな可愛いしかっこいいです。


目の保養にもなるかも♡



==================

パンケーキは
"飾り立てる気ナシ"な
無骨メニューが美味しい。

Moana Cafe

シナモンロールパンケーキ。

見よ、このラフ感。でも見た目とは裏腹に味は格別。


シナモンシュガーで裏がコーティングされた

もっちもちの生地と

くるくる〜と描かれたチーズクリームが実に相性バッチリでやみつきになるんです、、


一口食べるたびに

美味〜おいし〜おいしゅうございます
連呼(ボキャブラリー少ない)





なんだろう、これは

付き合った彼がデートの時

Tシャツデニムというノーマルな上下に

さらっとハイブランドの(そうとわからない)スニーカーを合わせてきたときのトキメキ感に似てる…






飾る気満々のゴテゴテパンケーキとは一線を画します。

味素材にこだわるからラフなのが許される感じですね。

カジュアルな面々ですが赤い実はじけるよっ

写真の右にちょこっと写っているロコモコが

次いでおススメです。

ハンバーグの代わりに、ほろほろとろけるリブ肉がたまらない

なんというか…ロコっとモコしてます

==================

レナーズだけじゃない。

パアラカイベーカリーのふわふわマラサダ♡

丸いのマラサだよ。このお店の名物四角いパイは新しい味。

ハワイに来たらたいていの女子が行く

レナーズ。


ですが、


ガーリックシュリンプで有名なノースショアに訪れたら


絶対この地元のベーカリーにお立ち寄りされてくださいっ


レナーズと同じかそれ以上のふっわふわなマラサダと


軽い舌触りでさっぱりした甘みのカスタードがぎっしりつまった名物のパイが待ってます♪

==================

ウォールアートで有名なカカアコエリア。
この中心の複合商業スポットSALTに入っている
話題のパブレストラン。

Moku Kitchen

広い店内なのに満席。
タコスもおしゃれ。

ハワイ島・マウイ島・カウアイ島…とハワイ各島でベストレストランの称号を得る料理人
ピーター・メリマンさん…

という方がプロデュースしているらしいです。


彼の展開する店舗のなかではカジュアル路線のお店とのことですが

最近のハワイのトレンドを取り入れた
・野菜多め
・あっさりした味付け
・焼きにこだわったグリル料理や新鮮なシーフードを使った 料理の数々。


雰囲気も素敵なので
夜に利用してみたいな〜。

お店の人が撮ってくれた写真はほぼ壁でしたが。

ということでカカアコに来たら

いろんな雑誌に載っているARVOに行っちゃうと思いますが

是非こちらにも行ってみてくださいね(๑・̑◡・̑๑)






…まだまだ沢山ありますが、
万が一気になる方いらっしゃったら教えてください笑
少し落ち着いたらオススメのショップも(勝手に♡)紹介しますー!

バイラで旅行の企画とかあったらやりたいなー( ̄ー ̄)♡








ということでリゾートで開放的になりがちなツノのインスタはこちら。
見ていただけると嬉しいですー(>_<)。

instagram_tsunoyuko


スーパーバイラーズ 津野裕子のブログ

関連記事
  • 2019年におすすめの春コーデをまとめてお届け! 春アウターとして定番のジャケット、GジャンやGUのプチプラコーデなど。今年っぽく着こなすために、参考にしてみてくださいね。※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売が終了している場合があります。2019年に着たい春コーデ特集【目次】【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデ【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデ【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカート【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデ【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデ【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデ【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデ【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ春らしさと女らしさ、適度な肌見せがあるから叶うこと。コートを着てもクリーンな色味と肌見せの抜け感がきいて軽やかな印象になる。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) スカート¥13000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥15000/ティアラ イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33)【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ控えめな揺れ感、長め丈。それが私たちにちょうどいい白。マキシ丈なら淡い色でも寒そうに見える心配ナシ。すっかり着慣れたブラウンもフレッシュに。>スカート¥8900/ノーク シャツ¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥1490/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) バッグ¥16000/ルーニィ メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ タイツ¥1000/タビオ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデワンピースの上にはおるだけ。どんなカラーも中和して、カジュアルだけど大人っぽい、でしょ?ワンピース¥33000/メイデン・カンパニー(インディビジュアライズド シャツ) ワンピース¥10000/パリゴ 丸の内店 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥9600/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) 帽子¥6400/CA4LA ショールーム イヤリング¥2500/サンポークリエイト(mimi33) ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) 靴下¥900/タビオ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ春になったらジャケットと一緒に。カジュアルダウンしつつきれいめにまとまるのがうれしい。パンツ¥14000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ジャケット¥13000/ノーク Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥5800/コンバース バッグ¥28000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデマウンテンパーカSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥2990コンパクトでフェミニン派の人も着やすい。パーカ/GU ワンピース¥17000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥19000/ティアラ(ジャンニ ノタロ) イヤリング¥15000(ラダ)・ブレスレット¥11000(フィリップ オーディベール)/ノーリーズ&グッドマン銀座本店【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデスウェットプルオーバーSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥990トライしやすいプライスも魅力的な、クリーンな白のスウェット。スウェット/ジーユー ニット¥8800・パンツ¥13000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 コート¥58000/アナディス(ディレクトワール) バッグ¥47000/TOMORROWLAND0(CARBOTTI) ピアス¥13800/フォーティーン ショールーム(リリーズ) 時計¥20000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアム エル1985)【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカートリブナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990 “重素材のスカート”も発見。オフホワイトは春服に合わせやすい。スカート/ジーユー Gジャン¥9800/ミラ オーウェン ニット¥16000/Stola. 靴¥29000/アナディス(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥12027/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥4600/リエス(ラ ピエス) バングル¥51000/バフ スカーフ¥2500/ローリーズファーム ソックス¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデオックスフォードシャツSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥1990水色のシャツは体が泳ぐような大きめのサイズ感が今どき。Tシャツとのレイヤードも決まる。シャツ(一部店舗のみ販売)/ジーユー Tシャツ(2枚セット)¥2500/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥16000/ドロシーズ バッグ¥6400/ルクールブラン メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2380・ネックレス¥3500・リング(5本セット)¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデハイウエストストレートジーンズSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥2490「甘くない白」はデニムで取り入れたい。脚長効果の高いハイウエストがうれしい『GU』の名品はボーダーやキャスケットとマリンスタイルを楽しんで。パンツ/ジーユー コート¥58000/ボウルズ(ハイク) カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 靴¥18500/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥48000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥11000/CA4LA ショールーム ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデストライプナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990ベージュベースのストライプ柄×タイト、主役にしたい一枚。スカート/ジーユー ニット¥28000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥6500/ジーナシス スカーフ¥1400/ハリウッド ランチ マーケット ピアス¥2900・リング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデリネンのパンツコーデにさっとはおる。“カッコいい”のがうれしい! 辛口になりすぎず、女らしさも感じる、今、憧れのスタイル。ジャケット(冬のコーデと同じもの)¥36000/ボウルズ(ハイク) Tシャツ¥8000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) パンツ¥23000/リエス バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ピアス¥10200・ブレスレット¥16000/ガス ビジュー 青山 スカーフ¥3900/クリア インプレッション ヘアゴム/ヘア&メイク私物【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ春本番は前を開けて、袖をまくって軽やかに。Gジャン(冬コーデと同じもの)¥24000/デイリーショップ(アイディー デイリーウェア) ベスト(2月中旬発売予定)¥5800/ナチュラルビューティーベーシック Tシャツ(2枚セット)¥3000/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥49000/ブルーバード ブルバード 靴¥28000/リーガル コーポレーション バッグ¥41000/コード(ヴァジック) イヤリング¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥31000/モスコット トウキョウ 時計¥17000/コモノ東京 ソックス¥1800/ブロンドール 新丸の内ビル店【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ親しみやすくて、甘すぎなくて。デートにも最適! 甘い服をほどよくカジュアルダウンしつつ、フードがあるから可愛げもキープする。実はスカートやワンピにこそ合わせたい一着。パーカ¥13000/ムルーア ワンピース¥13000/ノーク 靴¥28000/グッドスタンディング(リノ) バッグ¥26000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥1990/ユニクロ ピアス¥1700・バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ外の寒さや歩きやすさを気にしなくていいドライブデートは、新しい季節のおしゃれを彼にいちばんにお披露目する絶好のチャンス! Vネックカーデとテーパードパンツの王道きれいめコーデを、クリーンな甘さのラベンダーとペールピンクで春らしく彩って。パンツなら車の乗り降りもラクチンだし、歩き回らないから華奢なサンダルでおしゃれを優先。白Tやバンダナを巻いたメッシュバッグで休日のカジュアル感もさりげなく取り入れて♪カーディガン¥7800・Tシャツ¥4200・パンツ¥8300・靴¥9800・バッグ¥10400・スカーフ¥6800/ミラ オーウェン 新宿ルミネ2【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ感度高めのグリーンのテーパードパンツで、手持ちのボーダーカットソーを鮮度上げ! 白黒ボーダーに無造作に肩かけした黒ニットでこなれたニュアンスを。上半身をモノトーンでシックにまとめておけば、インパクトのある柄×色でも手軽なワンツーコーデでも、どこか洗練感のある仕上がりに。斜めがけバッグや丸っこフレームのメガネ、おちゃめな遊び心も忘れずにね♪カットソー¥14000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ¥13800/フリークス ストア渋谷(フリーダ) ニット¥21000/ラ・エフ 靴¥25000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥21800/ビショップ(ブレディ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ リング¥3200/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)
  • 仕事で煮詰まった気分を、春めくラベンダーカラーのワントーンで明るく転換!「デザイン性の高い家電」が新商品のテーマだけれども、アイデアが浮かばない…! 新商品のアイディア出しに行き詰まり、起きたときから悩みモード。そんな気持ちを払拭したくて、春トレンドを取り入れた明るい色のスタイルに。可愛げなラベンダーのグラデーションのおかげで、沈んだ気分をなんとかごまかしつつも頭の中はまだまだスランプ状態。親友の花に、メールで相談してみようかな。ニットトップス¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) スカート¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ) コート¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン) イヤリング¥7500/ヒーマンウーマン(アレクサンドリン) バッグ¥55000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥23000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客データの解析や資料作りなどで内勤が多めの勤務スタイル。甘めのフェミニンスタイルが好みの半面、食は辛党。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【トレンド服】ラベンダーニット春色で、暖かさはキープしつつ軽さを加えて。ちょっぴり長めの丈でほどよいカジュアル感も。¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ)【トレンド服】ラベンダーフレアスカート風に揺れるフレアで春の訪れを感じたい。少し長めにアップデートされた丈感で、こなれた印象をつくって。¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ)【ベーシック服】フレアトレンチコートマニッシュなイメージのトレンチも、きれいに広がるシルエットで女らしく。¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン)「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】JILL by JILLSTUART ◆ドレストレンチコート ¥21,000+税【関連商品】OZOC 【WEB限定カラーあり・洗濯機で洗える・抗菌防臭・蓄熱】ソフトウォームニット ¥1494(¥2990の50%オフ) +税撮影/坂根綾子 スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵
  • そろそろ春のアイテムを買い始める頃。おしゃれプロたちが手に入れたワンピースやセットアップなどをご紹介。太陽の光で色あせたような色みと、柔らかな風合いで、こなれ感のあるカジュアルスタイルを演出できるパーカー。「コンパクトさと、あせたキャンディカラー、フードの立ち上がり具合、これはタイプでした!色違いで買いたい!」と副編集長S田。 プルオーバー各¥18,000( 3 月上旬展開予定)/ラルフ ローレン (ポロ ラルフ ローレン)「ノーク」は、本誌でも活躍中の福田亜矢子さんと斉藤くみさんのスタイリスト2 人がディレクションする新ブランド。小花柄ワンピースはVネックやシェイプされたウエストが大人の女らしさを感じさせてくれる。「アラフォーでもガーリーにならず、都会的に着られる花柄が欲しくて作りました」と福田さん。ボタンを開けてデニムなどにはおっても素敵。 ワンピース¥15,000( 3 月上旬入荷予定)/ノーク「カッコいいけど女らしい春のセットアップを発見!ヒップが上がって見えるお得意のパンツもさすが!」と副編集長SGURがひと目惚れしたのがこちら。ワイドテーパードという新しいシルエットのパンツは、あえて大きめに設定されたウエスト部分を付属のベルトで絞ってメリハリをつけて。 ブラウス¥27,000・パンツ¥33,000/ebure他の画像を見る撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol3月号2019年掲載】
  • ベーシックな色のニットは毎年買い足したくなるマストアイテム。今季は袖がかわいいニットで変化を。ハイゲージのハイネックホワイトニット。なら定番ですが、袖がレースの春らしいニット。 肘のあたりから切り替えしで模様が変わり、袖口にむかって膨らんだ形がとってもかわいいんです。 armoire capriceのインポートものでブラックもありましたが、迷わずホワイトに!後ろ姿はこんな感じ。レースの模様も形も色もいいでしょ~♡2月に入って気温の変化が激しく寒い日も多かったので、暖かくなると聞いてようやくデビュー。 のはずが、実は気温が上がらずレザージャケットを羽織っても寒かったこの日。かわいらしいニットには甘くなりすぎないように、CEPIE.のマキシ丈タイトスカートを。 MIO NOTISのシューズとCachellieのショルダーはシルバーで春らしさを意識しました。 レザージャケットとその上のコートを脱いで撮ってもらったので寒い寒い でも寒さを表情に出してはいけないのよ!と言いながら頑張りました(笑) アウターが要らないくらいに暖かくなったら、キレイ色のスカートやデニムにも合わせたい。 春は私の一番好きな季節。もうそこまで来てますね♪華組 沢辺史ブログ
  • ニット×パンツのワンツーコーデにシャツを羽織るだけでカジュアルな気分に浸れる内勤で企画書づくりに励む日にはシンプルなニット×パンツコーデで。全身ネイビーもいいけれど、そこに爽やかな淡色ブルーシャツをはおって袖をまくれば、なんだかいい企画が湧き上がりそう! 足もとは疲れないスリッポンタイプを選びつつ、ややインパクトのあるスネーク柄でコーディネートにもスパイスを少々。仕事終わりの書道教室ではシャツを脱いだオールネイビーで無我夢中に書と向き合いつつ精神統一でもして帰ろう。そして24節気2番めの雨水の日なので高菜を食べて雛人形を飾らなくっちゃ。ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • 日本でもディスティネーションとして大人気のウユニ塩湖への旅の玄関口となるのが、ボリビアの事実上の首都ラパス。標高約3,600mに位置し、世界一標高の高い場所にある首都としても有名! 絶景が楽しめるすり鉢状の街、ひとりっPがひとくち食べて感激した必食グルメ、マストなホテルなど、ラパスの魅力をひとりっPのInstagramから紹介。01ラパス 「チリからアタカマ高地を抜けてボリビアへ。ウユニ塩湖を満喫、昨日首都のラパスに着きました。標高3650メートルを、あら低いじゃない、と思うようになった自分に感動。ビバ!高度順応!いまならマラソンで自分史上最高記録出る!絶対!いや、走りませんが。ラパスは、すり鉢状の谷間に広がる風景に感激!そして地図で見ていただけじゃわからなかった、ほんの少し先の通りも急坂の上だったり。街歩きがいちいちちょっとした登山です。」(ひとりっP、以下同)「ボリビアの国民スナック、サルテーニャ、saltena。どらどら、と初トライ。パイだよね〜、と半分に割ったら『どわっあっあぢーーーっ!!!』。肉汁がじゃわわ〜!っとあふれでてきて、かるーく指をやけど(まるで小籠包?) 。見ると、ローカルのみなさんはナプキンでくるんで手に持ち、はじっこからかじって、ときどき肉汁をすすってます。なるほど!!しかしこんなに肉汁が出るとは!!と驚きつつ、ひとくち食べてさらにビックリ!!!『な、なんじゃこれ!!うますぎる〜〜!!』。各種スパイスが複雑にきいた具は、鶏肉、ゆでたまご、野菜など。パイ皮はしっとりさっくり硬めで、肉汁をセーブ。いや、肉汁というかそもそもシチューと言ったほうがいいような。こんなうまいもんがあったなんてーーー!これ食べたさにボリビア再訪する気がします。」「と、いうわけでサルテーニャに夢中になり、急遽食べくらべパトロールを決意、計3軒をハシゴ(バカ?)。店によって皮の食感、具の中身が微妙に違いますが、どれも美味。なんとなーく具は感覚的にはカレーに近い気がしてきました。ハーブ&スパイスをミックスした肉と野菜ミックス煮込み?な感じなので。2軒目からは地元の方々に倣い、はじっこからかじってみましたが、やはりどこかで肉汁をこぼしてしまい……まだまだ修行が足りません。こちらは3軒目。スプーンとチリが添えられて出てきました。」「サルテーニャが食べられるのはだいたいこんな感じのどローカルなスナック食堂。ローカルすぎてビビるかも知れませんが没問題。ボリビアの人って中南米の中でも極めて親切で素朴でいい人が多い、気がしてます。ローカル食堂も旅行者をウエルカムしてくれます。」02casa de piedra 「中南米では近代的なホテルよりも、ならではのコロニアルな宿に泊まるのが好きです。ラパスでの宿は、casa de piedra。石の家、という名前ですね。1830年代に建てられた建物を改装したそうで、間口は狭いけど奥に長い造りです。フリーWi-Fiも飛んでます。私の部屋は表通りに面していたので明るく、室内プチテラスがありました。ただ、通りに面している分、物音に敏感な人はうるさくて眠れないかも。宿の人もとても親切でよかったのですが、暖房の効きがやや弱いのとシャワーのお湯がぬるかったのが残念。朝食付きですが、内容はかなりベーシックで、シンプルなボリビアパン、フルーツ、ハム、チーズ、コーヒー紅茶、ジュースのみ。暖かいものはコーヒー紅茶以外なし。ホテルは旧市街のど真ん中にあり場所も便利なので、外にサルテーニャなど食べに行くのをオススメします。お土産屋通りのサガルナガ通りへも歩いて5分かかりません。」「casa de piedraの中庭。中南米のコロニアル邸宅はたいていこの造りですね。間口は狭くて奥に長く中庭がいくつかあり、中庭を囲む形で部屋があります。」「ラパス市内。中南米では新年の瞬間に個人で打ち上げ花火をあげる国が多いんですが、ラパスはすり鉢状の街なので山の斜面のあちこちからバンバン花火が上がって、今まで体験したどの街の花火よりキレイでした!わたしの宿からはパーシャルビューだったのが残念!」「ラパス、大統領官邸前。」 「ラパス市内のスーパーマーケットにて。高山病に効くといわれているコカ茶。チリやボリビア、ペルーなどでごく一般的に飲まれてます。が、ちなみにコカインの原料なので、日本やアメリカには持ち込み禁止です。」「ラパス市内、庶民の足なのがミクロmicroと呼ばれるボンネットバス。カラフルな外観がちょーマイタイプ。見かける度にカメラを向けてしまいました。」「標高3600メートル。世界一高所にある首都、ラパス。すり鉢状の街なので基本的に坂道だらけ。街歩きは軽い登山です。シューズも単なるスニーカーではなく、グリップ力のある軽トレッキング靴が歩きやすくて疲れないのでオススメです。」 紹介したアドレスはこちら! 南米の記事一覧を見る> 香港の記事一覧を見る> ハワイの記事一覧を見る>タヒチの記事一覧を見る>北米の記事一覧を見る>台湾の記事一覧を見る>日本の記事一覧を見る>アジアその他の記事一覧を見る>中東の記事一覧を見る>アフリカの記事一覧を見る>オセアニアの記事一覧を見る>ロンドンの記事一覧を見る> >>ひとりっぷ® TOPはこちら  
  • 今すぐ着たい、 春色ニュース この春、色は「差す」より同じトーンを 「重ねる」が旬。同色系の服や小物でコーデを揃えると上級者に♪爽やかな水色シャツと淡いデニムパンツで作るブルー系グラデ♡(優愛) 素材の違うパープルを重ねたら今っぽさ急上昇。(ふみか) (優愛)シャツ¥12000/デビュー・ド・フィオレ パンツ¥4900/アズ ノゥ アズ ピンキー イヤリング¥1900/Jemica 新宿ルミネエスト店 バッグ¥7500/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 パンプス¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)(ふみか)ブラウス¥6900/RD ルージュ ディアマン カーディガン¥15980/eimy istoire スカート¥12000/SNIDEL イヤリング¥1500/Jemica 新宿ルミネエスト店 バッグ(3月上旬入荷予定)¥7900/MURUA パンプス¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)▼春色コーデをCHECK!▼溶けそうなレモンイエロー ミルクを足したミントグリーン単色、くすみ、ニュアンス系ピンク他の画像を見るモデル/新川優愛 西野七瀬 馬場ふみか 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/立石和代 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 電車のつり革を持つとき、パソコンのキーボードを叩くとき、スマホを操作するとき……、日々の生活の中で必ず目に入る指先は、お気に入りの色で彩りたい。そんな願いに応えるネイルカラーがエレガンス クルーズからデビュー。30色(+限定3色)もの多彩なラインナップだから、どんな気分にも、どんなシーンにもマッチする1色が見つかるはず。 エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー 全30色 各¥1,500(2019年3月18日発売)きらめく海、鮮やかに咲き誇る花、夕陽に染まる空。エレガンス クルーズの新しいネイルは、ブランド名が示す通り、クルーズ(=旅)シーズンに目にする豊かな色彩を表現したラインナップ。肌なじみのいいベーシックカラーから、装いの主役になるインパクトたっぷりの色まで、圧巻のカラーバリエーションが揃う。 もちろん、ネイルとしての機能も優秀。速乾性にすぐれたクイックドライベースを採用し、素早く乾いて重ね塗りもしやすい。グリッターカラーはラメ・パールを盛り付けるように塗布できるので、ネイルデザインを楽しみたい人にとっても使い勝手良好。 エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー 限定3色 各¥1,500(2019年3月18日発売) また、同日発売の限定カラーも登場。こちらはスペインのイビザ島をテーマに、自由で陽気な輝きを表現した3色のラメカラーが揃う。 手元はヌード系でシンプルにまとめて、足元はモードなカラーリングを楽しむのもいいし、単色×ラメを組み合わせて自分だけのデザインを見つけるのも◎。目移りしそうなほど豊富なラインナップの中から、あなたはどれを選ぶ? エレガンス クルーズhttps://www.elegance-cosmetics.com/cruise/0120-766-995 text:Tomomi Suzuki>>ビューティニュースまとめ
関連キーワード