マンネリ? それならいつもの冬服に【春色メイク】が最高のスパイス

@BAILA

BAILA2月号は本日は発売! 30代女性のキレイを後押しするビューティ企画が目白押しです。まずは、まだまだ寒いけれど、冬服にはちょっと飽きてきたこの時季に効く、春新色メイクをお届けします。重い素材やダークな色味の服に春メイクできらめきや彩りを添える、今年らしい取り入れ方を人気ヘア&メイクが指南します。服は同じままに、新しい季節の風を先取りできるのでぜひトライしてみて!

春色のまなざしで軽やかさを【ローテンションのキレイ色】をまぶたに

マカロンみたいなパステルカラーを、甘く可愛く塗ってもつまらない。大人がまとうパステルには、どこかセクシーさが欲しいんです。だから、ダークで重たい素材の服に、肌の質感が透けるシアーなパステルを合わせてコントラストをきかせて。リップもキラキラ&うるうるではなく、あえてブラウンで大人っぽく。そのほうが、今年のキレイが持つローテンションなニュアンスやセンシュアルな側面が引き立ちます。この質感や色みの駆け引きが、今年っぽくキレイ色を塗りこなすコツ。同系色でもパール×マットの質感でさりげなくコントラストをつけたり、透けているまぶたに鮮やかなインラインを合わせたり。ちょっとひねりのある組み合わせに惹かれます。まだまだ寒い今の季節は、重厚感のある冬服に、雪解けのように春色が映えるいいシーズン。目もとにローテンションな春色を取り入れるだけで、いつものコート姿が新鮮に見違えるはず。(ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん)

人気ヘア&メイクが指南! 大人がまとう春色メイク、3つのポイント

POINT1 「旬の多色パステルは“どの色も同じ重さ"が正解」

シアーなマット質感が今年らしい、マカロンパステルで多色な目もとに。アイホールにブルー、眉下にイエロー、下まぶたにピンクをオン。流行の多色アイメイクを大人っぽく取り入れる秘訣は、あえてポイントをつくらずメリハリもきかせず、どの色も同じ重さに仕上げること。色のムードを生かすために、アイライナーはソフトなブラウンを選んで。
使ったのはこちら
ミルキーなパステルが、ふわっとソフトに色づく。 バイラ世代の多色アイ入門に最適なパレット。ルナソル マカロングロウアイズ EX01 ¥5000/カネボウ化粧品(限定発売中)
POINT2「質感ミックスでいつものブラウンを新調」
見慣れたブラウンを、マット×パールの質感ミックスで今年っぽくリフレッシュ。Wエンドのリキッドシャドウを、上まぶたにはマットタイプでラインを引くように塗ってからアイホール狭めにぼかし、下まぶたの涙袋にはパールシャドウを塗る。オフィスではマットで通し、アフター6に下まぶたにキラキラを足すという戦法で、二つの表情を楽しむのもあり。
使ったのはこちら
ラインにも使えるマット、軽やかなパール。二つの質感が楽しめる、シナモンブラウンのデュオシャドウ。RMK ウォーターアイズ カラーインク 05 ¥ 3800/RMK Division
POINT3「おしゃれ顔を目指すならインサイドに、色」
今季、いろいろなブランドが提案している、下まぶたのインサイドにカラーライナーを引くワザは、攻めたおしゃれを楽しみたい日にうってつけの色遊び。下まぶたの粘膜部分に鮮やかな色を思い切って塗ってみて、はみ出た部分は綿棒でオフすればOK。上まぶたは、透け感のあるパステルグリーンでさりげなく陰影を引き立てる程度に抑えるとベストバランス。
使ったのはこちら
瞳の深みを引き立てるほんのりメタリックなディープグリーン。 スティロユー ウォータープルーフ 938 ¥3000/シャネル
まぶたの自然な陰影を引き出す、シアーなパステルグリーン。アイグロウ ジェム GR 781 ¥2700/コスメデコルテ(2月16日発売)

ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん
NYで活躍後、帰国。その人の空気感を生かした、力まず等身大のモードメイクが得意。趣味はサーフィン。

いかがでしたか? 服はそのままに、メイクをちょっぴり変えるだけで脱マンネリ。ポイントを押さえれば、甘い色も大人に似合うセンシュアルな雰囲気に。先どり春メイク、お試しくださいね。
本日発売のBAILA2月号には春色メイクをはじめ、over30乾いてはいけない24時、頭皮ファーストなシャンプーなどビューティ記事が盛りだくさん! みなさまのキレイの底上げにぜひお役立てください。鏡リュウジ先生監修「愛に効く魔法の杖」BOOKが別冊付録としてついてきます。お見逃しなく!


撮影/尾身沙紀〈io〉(モデル)、 山口恵史(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/比留川游 取材・原文/長田杏奈

関連記事
  • モードシックな着こなしにもマッチする黒スニーカーで一味違うオフィスコーデにベーシックカラーのなかでも定番のネイビーコートの人気が復活! パッと目をひく華やかなイエローカラーのスカートを大人っぽく且つ上品に見せてくれるのはネイビーの為せる技。自分には少し派手かなと思う華やかカラーも、トップスではなくボトムスから取り入れてみれば意外にすんなりきれいに着こなせる。あとは黒スニーカーで甘さを微調整しつつ、メリハリのきいた配色でシックに決めてみて。靴¥63,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド) コート¥175,000/アマン(アンスクリア) ニット¥23,000/バーニーズ ニューヨーク スカート¥58,000/エリオポール代官山(エリカ カヴァリーニ) メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥16,000/ドレステリア 銀座店(メゾン ボワネ) バッグ¥148,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼イエローコーデをもっと見る
  • 「厚着になる冬こそ、スニーカーが大活躍」というこの特集。激しく同意です。マリソル美女の皆さま、こんにちは。 1月号で大人スニーカーの特集がありましたね↓ アウターが厚みを持つこの季節が、一番スニーカーが似合うと私自身ずっと思っておりまして。 記事の通り、 チェスターコートでも、ダッフルでも、ダウンでも。 モードシックでも、通勤コーデでも。 丁度良くバランスが取れるので、冬はよくスニーカーを選びます。 このニューバランス247のブラックは適度に厚みのあるソールと、足先のすっとスマートな形状。 Nの字までブラックで、カジュアル過ぎず本当に何にでも合います。 シリーズによりますが、価格もお手頃。 普段スニーカーを履かず、1足持っておきたいという方(そう、それは私)にも、 本当にオススメです〜! >> NewBalance公式サイトはこちら>>>no.152 Natsuki Instagramはこちら♡♡美女組No.152 Natsukiのブログ
  • こんにちは。 少し時間が経ってしまいましたが 今月もBAILAが発売されましたね♬ なんと言っても 今月の大注目は “なんとなく黒、じゃなくてアガるけど「黒」”たしかに 黒って何にでも合うから 「あ〜、最後はこの黒でいいか。」なんて合わせていたのでメインを黒にしよう!って思うことはなかったかも。。。 週末の旅行も 黒コーデ×きかせ小物のコーデで行ってきました。in金沢OUTER:トランテアンソンドゥモード TOPS:dholic SKIRT:UNIQLO SHOES:re edit スカートは 新価格で990円でした!! 清楚で何にでも合うチェックがこの金額でゲットできるなんておススメです。ヨンア様ナビゲートのソウル特集も♡♡♡最近は行けてないけど 昔はちょこちょこお買い物に行ってたソウル。 ご飯が美味しいのはもちろん、 洋服やコスメなどもお買い得なところが多いので(スーツケースすっからかんにしてあちらでお洋服調達なんてこともありました。)また近いうちに行けたらなぁ…と思います。最近、ネットで購入した 韓国コスメもいい感じだったので またレポもアップできたらと思います。そして付録はみんな大好きちびまる子ちゃん!ちびまる子ちゃんFOREVER BOOK♡ 神5話+単行本未収録1話。 さくらももこさんが 亡くなった時に テレビでアニメをずっと担当されてた方が1番面白かったお話として挙げられていた“まる子おすし屋さんに行くの巻”も収録されています。 実際に読んでみると “このお話知ってる!!!”というものばかり。 漫画にしてもアニメにしても たくさん見たことあるはずなのに さすが 神5話と言われるだけあるなぁ…という感じでした。今日も最後まで読んでいただきありがとうございます! また更新します。井上あずさスーパーバイラーズ 井上あずさのブログ
  • おしゃれなスタイルでワクワクさせてくれる人気スタイリスト辻直子さん。彼女がこの冬、訪れたのはのドイツ・ベルリン♡ ギャラリー・美術館巡りを中心にアクティブに過ごした5日間の旅のワードローブを拝見しました! 【スタイリスト辻直子さん】 "らしさ”のあるセンスあふれるコンサバかつモダンなスタイリングが絶大な支持を得る。本誌連載をはじめブランドディレクションなど多方面で活躍。旅先のファッションも、目的に合わせた自分らしいスタイルが素敵!色、素材、フォルムで余韻を残すワードローブDay1 ブライトカラーニットを主役にショッピングへ メンズを中心にいろいろなお店を回りました。ヨーロッパの街は石造りで落ち着いているので、派手なものが着たくて。多色使いのニットに赤いバッグ、デニム合わせでカジュアルにまとめました。Day2 夜遊びは軽快に。毛皮×Tシャツが定番 夜遊びの予定がある日は、軽快なスタイルで。アウターを脱いだらTシャツという、なんてことない格好が好きです。ショートボトムにニーハイブーツでアクティブに。色はシックな黒でまとめます。Day3 肩ひじ張らないニットワンピでディナー ディナースタイルは、一緒に行く友人の雰囲気に合わせることが多いです。この日はあまりドレッシーにする感じではなかったので、ニットワンピースで。色や足もとのパールで華やかさが出るように。Day4 歩きやすさを重視してギャラリー巡り ギャラリーや美術館を巡る日には、着心地のいいニット×レギンス、足もとはヒール太めのブーツを。グリーンのファーブルゾンは羽織るだけで雰囲気が出るから、シンプルなスタイルにもぴったり。Day5 街歩きのときはラフだけど印象的な柄アウターを ほかの日とは少し違ったテンションで、インパクトがあるものを着たくて選んだアウター。どこかメンズライクで存在感のある柄が気に入っています。そのぶんボトムは極シンプルにスリムな黒パンツを。Column コートを着込んでも映える耳まわりのジュエリーを多めに コーデに合わせてジュエリーも替えたいので多めにセレクト。耳もとのジュエリーをはじめ、半袖になったときポイントになるバングルも必ず。ネックレスは、ニットの上にできるものを。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年1月号掲載
  • ロマンティックとリアリティの両方を追求する新進ブランドが多数 2 BURBERRY リカルド・ティッシによる新生バーバリー。「キングダム」と題し、あらゆる世代に服を提案3 CHRISTOPHER KANE 「Sex in Nature」がキーワード。ビッグビジューのトップスとデニムの組み合わせが新鮮4 ERDEM ドレスアップすることで心が解き放たれるパワーに注目。華やかなヴィクトリアンドレス5 HOUSE OF HOLLAND パフォーマンスウェアとストリートウェアの融合を実現。ジャケットにテクニカルベストを6 JW ANDERSON 軽やかなストライプドレスにレースの襟を。彫刻家リンダ・ベングリスにオマージュを捧げて7 MARGARET HOWELL シャツを軸にスポーティなフィーリングを取り入れた。カーキのショートパンツがキュート8 MARY KATRANTZOU ブランドデビュー10周年を記念したレトロスペクティブなショー。アーカイブを昇華した9 MM6 MAISON MARGIELA ファッションが持つ社会的責任に言及。チャリティや古着(不用品)がコンセプト10 MOLLY GODDARD マーケットがショーの舞台。アイコニックなチュールドレスは可憐なギンガムチェックに11 NABIL NAYAL 2017年のLVMHプライズ ファイナリストになり注目を集める。ヴィクトリア朝が着想源12 NATASHA ZINKO ラングラーの協力のもと、ヴィンテージデニムを再構築。サステイナブルなモードを提案13 NICHOLAS KIRKWOOD ロンドンで初となるショー形式の新作発表。TVをモチーフにデジタル時代の反骨精神を表現14 PORTS 1961 夏の開放的なムードを反映。カラフルなチェックにワークパンツを合わせてイージーに15 REJINA PYO ノスタルジックなポルカドットのドレスで甘い夢を。美しい混沌をファッションに託して16 RICHARD QUINN ファーストルックはオールブラックのドレス。プリントを得意とするブランドの新境地を見せた17 ROKSANDA ベルトを巻いたオーバーサイズのブレザーがキーアイテム。エレガントな日常着が揃う18 SIMONE ROCHA デザイナー自身のルーツである中国に思いを馳せて。清王朝の女性のプリントや刺しゅうが登場19 TOGA サイクリングパンツにロココ調のプリントを。世界の都市で目にするさまざまな情景を取り入れた20 VICTORIA BECKHAM ブランド創立10周年を記念して、初めて祖国でショーを開催。モダンウーマンのための服
  • おしゃれが好きで、流行にも敏感なハイスペック女子との女子会。女友達のなかでも最も手ごわいタイプにはわかりやすいトレンドをひとつ取り入れたスタイルが有効! 楽しみの半面、「何を着ていけばいいの?」という悩みを解決します! コーデのどこかに取り入れて!【+1トレンドアイテム】10選+1Trend【カラーコート】 登場から去りぎわまで、おしゃれな印象をしっかり残してくれるカラーコート。女子ウケのいいピンクでさらに感度よく♡ ×ブルーのようにきれい色からダークトーンまで意外にも合わせる色を選ばないピンク。着心地も軽やかかつ、ノーカラー&比翼仕立てで上品な仕上がり。コート¥42000/イエナ ラ ブークル(イエナ) ニット¥43000/ビームスハウス 丸の内(エリン) パンツ¥20800/ショールーム セッション(サージ) ピアス¥11800/ガス ビジュー 青山(ガス ビジュー) リング¥20000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥55000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)+1Trend【レオパード柄】 派手で可愛い、アクセント上手なレオパード。バイラ世代は足もとで小さく取り入れるだけでも効果絶大。 定番のトレンチコートも、足もとのレオパードがあることで一気にこなれた表情に。起毛感のある革で柄物にありがちな、安っぽさとも無縁。安定感のあるスクエア型のチャンキーヒールで歩きやすく、また後ろ姿もすっきりきれいに見せてくれる。ファスナーで着脱も楽ちん。靴¥49000/エストネーション(ペリーコ サニー) コート¥117000/ニアー(ニアー ニッポン) ベレー帽¥5000/カシラ ショールーム(カシラ) バッグ¥120000/ドレステリア銀座店(ザンチェッティ)+1Trend【大きい耳盛り】 つるっとした陶器のテクスチャーでトレンドの耳盛りをさらにアップデート。 女らしいニュアンスカラーとユニークなフォルムに目を奪われる、バルセロナ発の耳盛りアクセサリー。見た目の大きさに比べ、軽い使用感もうれしい。一点で抜群の華やぎを見せる存在感に頼って。ピアス¥8900/ビームス ハウス丸の内(レベンス ジュエルズ) ニット¥43000/クルーズ(エリン) パンツ¥28000/サザビーリーグ(マザー)+1Trend【チェック柄】 メンズライクな大ぶりのチェックでこなれたカジュアルを満喫して。 地厚でしっかりとした生地感が、カジュアルなチェックシャツに端正なクリーンさをプラスしてくれる。シルバーのバッグやピアスなど、輝きを足してメンズライクな見た目にキャッチーなアクセントをつけて。シャツ¥48000/カオス丸の内(カオス) ニット¥27000/ebure ピアス¥38000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バングル¥16000/ロペ エターナル(ローレン マヌーギアン) バッグ¥142000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)+1Trend【派手色スカーフ】 暗い色の着こなしが多い冬こそ、きかせの派手色が出番。 写真のようにカーキをはじめ、旬のブラウン、そして鉄板のネイビーや黒とも相性のいいオレンジ。一枚あると便利な、華やか上手な逸品。スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ブラウス¥34000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ピアス(1個)¥15000・リング¥38000/ショールーム セッション(マリア ブラック)+1Trend【タートルネック】 テクニック不要。インに着るだけで誰でも即、上級者な装いが完成♡ さりげない指抜きのデザインもポイントに。タートルニット¥14000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥46000/マディソンブルー スカート¥41000/クルーズ(エリン) ピアス¥7000(ガリャルダガランテ)・靴¥123000(サルトル)/ガリャルダガランテ 表参道店 サングラス¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ボワネ) バッグ¥138000/アマン(ザネラート)+1Trend【パープルカラー】 今っぽさも女らしさも手に入る注目カラーをニットでマークして。 ベリー寄りの色み&ハイゲージで美女感たっぷり。¥14000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) やや横に広くあいたネックラインがヘルシーな色気を約束。¥16000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) 後ろの着丈が長くスタイルアップにも期待できる。¥29000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント)+1Trend【レギンス】 この冬は黒タイツよりもレギンスが足もとのおしゃれに効果的。 今季ならリブやスリット入りなど、どこかに凝ったワンポイントがあるレギンスが狙い目。ワンピースやミニボトムとのコンビネーションを楽しんで。レギンス¥9000/オーラリー ワンピース¥37000/ティッカ ライダースジャケット¥88000/ゲストリスト(アッパーハイツ) サングラス¥55000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥100000/カオス丸の内(ルッツ モリス) 靴¥125000/ビームス ハウス 丸の内(フラテッリ・ジャコメッティ)+1Trend【白い靴】 抜け感たっぷり! 一足あれば、ワードローブが見違える飛び道具。 コレクション会場でも多く見られた白い靴。着こなしが一気にあか抜け、しゃれ感が加わる。内側ファスナーでミニマムな見た目も◎。靴¥64000/ザ・グランドインク(ロランス) ブラウス¥19000・キャミワンピース¥34000/サード マガジン ハット¥67700/カシラ ショールーム(メゾン ミッシェル) ピアス¥26000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) リング¥11000/ロペ エターナル バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)+1Trend【ファーバッグ】 シンプルな着こなしにも映えるふわっと可愛いプラスワンを引き連れて。 (ブルー)チェーンストラップでエッジィな一面も。¥33000/ADORE 六本木ヒルズ店(メゾン ボワネ) (ホワイト)部分的なファーのデザインでオケージョンにも対応。¥45000/アマン(ペリーコ) (ブラウン)小ぶりなサイズ感が取り入れやすい。巾着型で愛嬌もたっぷり! ¥16000/エリオポール代官山(マルコ マージ)撮影/西㟢博哉〈MOUSTACHE〉(人) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumi.ni〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 撮影協力/銀座 創龍 ※BAILA2019年1月号掲載
  • 世代を超えておしゃれな女性に支持されるアクセサリーブランド「NOJESS(ノジェス)」が、代官山に路面店をニューオープン! パリジェンヌの部屋をイメージした空間には、思わず手に取りなくなるアクセサリーが並ぶ。12月25日(火)まで開催中の「Treasure Chest Campaign」も見逃せない。 マチュアな愛らしさと上品なあたたかみに満ちたアクセサリーを展開する「NOJESS」。パールやカラーストーンを用いた繊細なアクセサリーは、個性的でありながら多彩なファッションに合わせやすいのが魅力。12月14日(火)にオープンした路面店は、パリジェンヌの部屋をイメージし、宝物を手にした時のときめきや自分だけの贅沢感を演出。趣味の部屋やダイニングキッチン、リビングに、ドレッサーやクローゼットがコーディネートされた空間で、リングやネックレス、時計などのスペシャルなアクセサリーが見つかる。 なかでも注目は、代官山店でしか出会えない数量限定のアイテム。クラウンモチーフの「pinky ring/K10YG and diamond」は、上下に広がる透かしとダイヤモンドの輝きが華やかな1品。ラウンドブリリアントカットを施したダイヤモンドがきらめく「ring・pinky ring/K10YG and diamond」や、ライトアップされた街並みをイメージしたカラーストーンの「ring・pinky ring/Gold plated silver and natural stone」など、手に取って確かめてみて。さらにパリで買い付けたアンティーク雑貨や文房具が手に入るのも、代官山店だけのお楽しみ。 壁にほどこされたARイラストも要チェック。店内でスマートフォンをかざすと、いたるところにノジェスの世界観を表現した手書き風のイラストが出現する。オープン記念として12月25日(火)までの間、指定のイラストを3つ見つけてスタッフに伝えると、店内にあるカプセルトイを1回無料で回せる「Treasure Chest Campaign」も実施。カプセルトイを回すと、カラフルなバリエーションが揃うメダイチャームや、パリから買い付けてきた雑貨が当たるチャンスが。12月25日(火)以降も、ノジェス 代官山で5400円以上購入すると1回チャレンジできる。 また、店内のフォトブースで撮影した写真を、「#nojess_daikanyama」のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿し、ベストショットに選ばれると、春の新作アクセサリーがもらえるキャンペーンも開催中。2019年1月31日(木)までの投稿が対象なのでぜひトライを。<DATA> ノジェス 代官山 オープン日:2018年12月14日(木) 営業時間:11:00~20:00 定休日:不定休 住所:東京都渋谷区恵比寿西1-34-26 アクセス:東急東横線「代官山駅」正面口よりすぐ 数量限定アイテム 「pinky ring/K10YG and diamond」45360円 「ring・pinky ring/K10YG and diamond」ring15120円・pinky ring10800円 「ring・pinky ring/Gold plated silver and natural stone」ring19440円~・pinky ring15120円~ ノジェス 代官山03-6455-2511http://nojess.net/daikanyama/ text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • こんにちは、バイラーズ 日下です☺︎ 今日は、発売中の最新号みどころをご紹介しますブラックアイテムの多い私にはうってつけベーシックカラーの多いクロゼットの中でも、合わせるアイテムの色味を選ばないブラック! 使い勝手が良く重宝する反面、地味になりがち、マンネリになりがちなのも事実 でもそんな悩みもBAILAを参考にすれば解決できます☺︎!そんな、黒、をあえて選びたいコーデが盛りだくさんオフィスコーデにもうってつけなので、今月号ではブラック×なりたいOL別コーデがたくさん掲載されています 黒ニット×濃色パンツは、誰でも取り入れやすく、即こなれる鉄板コーデですのでぜひ参考に〜!桐谷さんのハッキリメイクもかわいい♡大特集以外にも、目を惹くページがたーくさんありましたよ☺︎! GUCCIの靴が大好きなのですが、このページを見てローファーを買い足したくなりましたソウルへ旅行したくなる魅力たっぷりのページそれから、韓国好きなら是非読んでほしいのがこのページ! ヨンアさんのナビゲートで、魅力いっぱいのお店がいくつも紹介されていました。初見のお店もたくさん! そんなみどころ盛りだくさんのBAILA1月号、ぜひぜひご覧くださいね! 付録も、他にはない、ちびまる子ちゃん Forever bookと、ユニークです☺︎ では、また更新しますねInstagram▶︎ktf19スーパーバイラーズ 日下知世のブログ
関連キーワード

RECOMMEND