お久しぶりですっ♡

@BAILA

 

 

と〜っても久しぶりの

更新になってしまいました 、

みなさま お久しぶりですっ♡

 

 

 

このblogをupできていない間に

いろんな変化がありました !

 

 

instagramではご報告しているのですが

実は 、昨年 結婚いたしました〜 ♡

 

_

 

 

 

プロポーズは 夏に旅行で行った

星のや富士で 。

 

_

 

 

 

ビックリしすぎて大号泣 ! ! !

指輪を見るたびに大号泣〜 ! ! 笑

 

本当に本当に幸せな時間でした ♡

 

あの時 目に映った状況や感情は

忘れることのできない瞬間ですっ 。

 

_
_
_

 

 

 

そして 、来月には

彼の住む仙台へ引っ越す予定です 。

 

 

一瞬にして環境が変わっていく現実に

あまり実感も湧いていない状況ですが 笑

 

今年 結婚式も挙げられたらいいな

とも思っているので

これからは fashion だけでなく

 wedding blog も書いていきたいな

と 思っています ♡

 

 

 

それでは 2022年も

どうぞよろしくお願いします★

 

 

 

instagram

 

 

 

 

 

関連記事
  • おしゃれな人には、ブレないその人らしさがある! 現場でいつも私服が素敵なモデル、スタイリスト、エディターのMyベーシックなコーディネートのルールを拝見。 【目次】 ①モデル・RINAさん ②モデル・稲沢朋子さん ③スタイリスト・徳原文子さん ④エディター・坪田あさみさん ⑤スタイリスト・望月律子さん ⑥スタイリスト・小川ゆう子さん ⑦エディター・松井陽子さん ⑧エディター・東原妙子さん ①モデル・RINAさん「最愛の白シャツをモノトーンで。同じ白×黒の配色でも、いろいろなイメージで楽しめます」「昔はいろいろな服を買っていたけれど、40代になった今は、好きなテイストが定まって、気づけば白か黒の服ばかり! 特にユニセックスの白シャツを女っぽく着るのが好きです。上下の白&黒が逆転するだけでも印象は変わるから、モノトーンでも意外と遊べるんです」Item list Coat:Y’s Shirt:Y’s BANG ON! Pants:AMI Shoes:ZARA Tie:SAINT LAURENT白が多めのマニッシュなスタイルは、ディナーに行く日に。「冬に白のスタイルって映えますよね。髪を短くしてから、タイをさらっと巻くスタイリングにハマっています。シャツだけでなくTシャツにも!」。Item listTops:BOGNERShirt:Y’sPants:Ground YShoes:Y’s PINKすそが2重になったデザインの効いた白シャツは、今、一番お気に入りのブランドY’sで。「Y’sは、シャツの仕立てがとても美しい。カジュアルな日は、黒でシックにまとめます。落ち感のきれいなブラックパンツもMy定番アイテムです」。 ③モデル・稲沢朋子さん「ストールは、毎年必ず買い足してしまう定番。素材のよさやアレンジ力で好きなブランドを指名買い!」「首に巻くだけでなく、さし色的に手持ちしたり、バッグのカバーにしたり。コーディネートに欠かせないストールは、お店が開けるくらいたくさんあります(笑)。車移動が多いので、本格コートよりも、さっとはおってアウターがわりになるストールがとても便利なんです。夏は日射し対策でリネンのストール。一年中活躍しています」Item list Knit:HYKE One-piece:Ron Herman Stole:johnstons of Elgin Bag:Globe-Trotter Shoes:THE ROW 「淡いアイスブルーのカシミヤストールは、ブルーのワンピースと同系色でリンクさせて。大判で暖かく、色も合わせやすいので、今季登場頻度はNo.1!」。ジョンストンズのストールは、毎年ハウントの別注カラーをチェックしているそう。Item list (from right)  Scarf:HERMÈS Scarf:HERMÈS Stole:Joshua Ellis Stole:johnstons of Elgin Stole:ASAUCE MELERシーズンレスに使えて旅行にも最適なエルメスの大判のカシミヤシルクスカーフは色違いで。ジョシュアエリスでは、アイコニックなチェック柄をチョイス。左のアソースメレ×スタイリスト・辻直子さんコラボは、付属のピンでとめればケープ風に。 ③スタイリスト・徳原文子さん「ほぼ毎日ロングスカート派ですが今季はいつもより少し女っぽく着こなしたい気分です」「季節を問わず、ここ数年、外出時はマキシスカートしかはいていない! 毎日足もとがスニーカーなので、ボトムはパンツよりスカートのほうがカジュアルになりすぎず、合わせやすいんです。今季は、なんだかより女っぽく着こなしたい気分。定番のフレアに加え、タイトスカートもよくはいています」Item list Coat:Chaos Tops:AURALEE Skirt:CP SHADES for Ron HermanBag:BOTTEGA VENETAShoes:Maison Margiela ベロアのフレアスカートは、毎シーズン色と素材を替えて展開するCP SHADES for Ron Hermanのもの。「重くなりがちな冬こそ色を着たくてブルーを選びました。いつもならフレアスカートにはスニーカー&ダウンですが、今季はブーツとロングコートでクラシカルに」。Item listCoat:REMI RELIEF×ChaosTops:AURALEESkirt:ChaosBag:AetaScarf:HERMÈSShoes:NIKE×sacai足もとが定番のスニーカーの日は、スカートのシルエットを更新。「フレアスカートが多かったけれど、今季はトップスにボリュームがあるので、スカートは対照的にタイトなものを選ぶことが増えました。上下の対比でスカートのシルエットがスマートに引き立ちます」。 ④エディター・坪田あさみさん「今年、気づけばニットはジャスト丈ばかり! 手持ちのボトムも新しいバランスに」坪田あさみさん「少し前まで、ゆるっと腰下まであるルーズシルエットのニットばかりだったので、このつかず離れずなジャスト丈のニットを着たとき、とても新鮮に見えて色違いで購入しました。この丈のニットに合わせることで、手持ちのフレアスカートやワイドパンツもすっきりバランスよく、また新しい着こなしを楽しめています」Item list Jacket:INSCRIRE Knit:CABaN Skirt:FLOML Muffler:Deuxieme ClasseBag:PolèneShoes:Gianvito Rossi ジャスト丈ニットに開眼するきっかけとなった、キャバンのコットンカシミヤニット。「素材や色、サイズも豊富にそろっているので、何枚も欲しくなります。まずは使える白と黒を購入」。この時季は、マンネリ解消に、柄のフレアスカートを合わせて。Item list(from top)Knit:JOHN SMEDLEYKnit:JOHN SMEDLEYKnit:CABaNジョンスメドレーの「コモンフィット」シリーズは、メンズのフィット感を女性に落とし込んだ、ほどよくゆとりのあるジャスト丈。「ウールで暖かいけれど、薄くてさらっとしているので、カットソー感覚で重ねられて便利」。 ⑤スタイリスト・望月律子さん「トレンドはデザインよりも素材合わせや配色の妙で“今”のムードを取り入れて」「ベーシックが好きなので、私らしいスタイルのまま、グレージュ、カーキ、ボルドーといった旬のニュアンスカラーを重ねることでトレンド感を取り入れました。大人は体型的にものっぺりした印象にならないよう、メリハリを意識するのがポイントです」Item list Knit:ATON Skirt:Rick OwensBag:HERMÈSShoes:ZARA ふわふわ起毛感のあるニット×光沢スカートのコーディネート。対照的な質感同士の組み合わせでメリハリある印象に。「カーキはもともと好きな色。ワントーンでも単調に見えないよう、色でしっかり濃淡をつけるようにしています」。重めの足もとで旬のムードをプラス。 ⑥スタイリスト・小川ゆう子さん「昔からレイヤードスタイルが好き。今季は特に重ね着アイテムのバリエーションが広がって楽しい!」「レイヤードは今季トレンドということもありますが、個人的にもずっと好き。いろいろな服を重ねることで、おもしろい発見があるんです。今季は、ボウタイやデニムシャツ、パーカ、ジャケットなどアイテムの幅が広いので、テイストMIXの重ね着を楽しんでいます」Item list Jacket:Maison Margiela Cardigan:THE HANDSOMEShirts:THE HANDSOMEInner:INSCRIREPants:ShinzoneBag&Shoes:Maison Margiela 薄手カットソーの上に、シャツ、ニットカーディガン、ジャケットと4枚を重ねた上級者スタイル。「色のトーンを統一するのが、無理なく上手にレイヤードする秘訣。アウターは重ね着前提でビッグシルエットを選ぶことが多いですね」。この日もメンズのジャケットを。 ⑦エディター・松井陽子さん「おしゃれが手抜きになりがちな冬こそ自分目線で「好き!」と思える心地のいい良品をハンティング」「寒さが本当に苦手なので、冬は防寒に徹するけれど、おしゃれの手抜きはしたくない。だから、ふわふわの着心地とか、ぱっと肌映えする色とか、何かしら自分の気持ちを上げてくれるアイテムしか身につけたくなくて。常に“コンフォタブル”かどうかで選んでいます」Item list Cardigan:Curensology Knit:ATONPants:MADISONBLUEStole:ASAUCE MELERBag:LOUIS VUITTONShoes:CLERGERIE 堅いツイードジャケットのかわりにニットカーディガン。インナーはテンセルカシミヤ、ストールはカシミヤと、肌に優しい素材にこだわって。スエードパンツもストレッチが効いていて、窮屈感なし。「日焼け肌がくすんで見えないよう、顔まわりの白で明るく見せます」。 ⑧エディター・東原妙子さん「楽で着映えるセットアップが好き。今季は、色のトーンをそろえた異素材セットでアップデートを」「コーディネートに迷わないセットアップが大好きです。一般的にセットアップというとトップス×ボトムのイメージですが、例えば、コート×ニットや、ボトム×ストールといった、素材が違うアイテムを色のトーンをそろえて着るセットが新鮮です」Item list Coat:uncrave Knit:uncraveShirts:uncravePants:uncraveScarf:HERMÈSBag:VASICShoes:Le Talon GRISE ウールのニットアップと、リバーコートを同系色の濃淡でまとめて。ベーシックカラーではなく、絶妙なブルーグレーが鮮度の高い印象。「中に白シャツを重ねることで、ワントーンにクリーンな抜けが生まれるのと同時に、ニットパンツをルーズに見せない役割も」。    ▲ページトップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE(RINA、徳原さん、小川さん、東原さん) YUMBOU(ilumini./稲沢朋子、坪田さん、望月さん、松井さん) 取材・文/東原妙子 ※エクラ2022年2月号掲載
  • [ 全体運 ]旅行にも出かけられず、友人とライブに行ったり、ニューオープンのお店で会食したりすることもできず、これまでのあなたでは考えられない狭い行動範囲の中で過ごしたこの二年間。不安も不満ももちろんあったけれど、その一方、「あれ? 自宅にこもるのは意外と快適」とか「外食が減って、健康的になったかも」とプラスの発見ができたのが無花果のあなたの強みです。2022年もまだまだ先が見えない状況ですが、悲観的にならず、無理をせず、今できることを自分なりに楽しむという、今のあなたの基本姿勢でやっていけば大丈夫です。3月は人間関係でちょっとショックなことがあるかも。すべてを理解されなくてもいい、という開き直りは必要。4月は新たな場に参加することで、気の合う仲間を得られそう。6月は自分から何かを起ち上げるチャンスのとき。 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢 [ 恋愛運 ]ほどよいリラックス感のあるコミュニケーションの取り方が、優しくて親しみやすい印象を与えます。あなた自身がいい意味で自分に甘く、理性より本能に忠実になり、恋愛のスイッチが入りやすい時期なので、フリーの人は2022年はモテる年です。ただし、2月、3月はひとりで気ままに過ごす気楽さを手放せないので、誰かからアプローチされてもスルーしてしまうかも。4月、5月は出会いのチャンス。思い切り甘えたり、甘えられたりして、心から癒される時間を過ごせそう。カップルは、お互いにダメなところも許し合える寛容さを持てれば、関係は安定。3月はリスク管理やお金に関する感覚の違いが、ふたりの気持ちのズレにつながることが。一度、じっくり話し合って。6月は決断力と行動力があるとき。結婚や同居を決めるのはグッドタイミングです。 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢 [ ラッキーアクション ]ていねいに紅茶やコーヒーを淹れる。ゆっくり食器を洗ったり、掃除をしたりする。そんなスローな動きを日常生活に取り入れることで、自律神経が整い、フィジカルとメンタル、両方のストレスを軽減できます。おしゃれな友人に紹介してもらって、違うヘアサロンで髪型を変えるなどもおすすめ。あなたの新しい魅力を引き出してもらえます。おしゃれが楽しくなると運勢全体がアップします。 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢 [ ナンバー別アドバイス ]水晶玉子先生が、フルーツナンバーごとに一言アドバイス!★7遠慮なく自分を甘やかす時間を持ってください。そのほうが、オンとオフの切り替えがうまくいき、ストレスが溜まりません。機嫌のよい状態をキープすることが開運のポイント ★17一度好きになるとどっぷりはまりやすい気配の2022年前半。もの作りなどクリエイティブな趣味に没頭するなら、最高の気分転換にもなります。恋愛にはまりすぎてしまう気配も ★27イライラをどう発散するかが2022年の課題です。趣味も本気で打ち込みすぎたり、人と競争したりするとストレスに。肩の力を抜いて、「試しにやってみよう」ぐらいの気持ちで ★37いつもなら、先頭へ立って新しいジャンルに切り込んでいくあなたですが、今年前半はスロースタートでOK。スケジュールも詰め込みすぎず、マイペースをキープして ★47「こうでなければ」という正義感や義務感ではなく、自分の好奇心や楽しみのために動くとうまくいく2022年。2月、3月は気の緩みがミスにつながりやすいので要注意 ★57シビアな現実に向き合い、慣れ親しんだ人たちや場所から離れていくこともあるかも。でも、それは次のステージの始まりともいえます。新しい出会いを大切にしてください 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢
  • [ 全体運 ]会いたい人にも会えず、行きたいところに旅行もできず、行動を制限されたこの二年。一番のストレスは何か、逆に、意外とストレスにならないことは何か、気づいたこともあったでしょう。人によって、ストレスの度合いも反応の仕方もかなり違うことも実感したはずです。その経験を経て、2022年はストレスと上手につきあうことがあなたのテーマになりそうです。2月は自分の生活や身近な人を守ろうとする気持ちが強くなり、慎重になるとき。友人とノリが合わず、温度差を感じることも多いかも。3月は現状維持のまったりムード。無理をせず、生活習慣を整えているうちに心身ともにパワーが養われてきます。4月、5月はモチベーションが上がり、アイデアを積極的に行動に移せるとき。6月は人間関係は“広く浅く”より“狭く深く”が吉。 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢 [ 恋愛運 ]カップルは、今まで気づいていなかった価値観の相違が問題になるとき。3月ごろ、「違うから一緒にいられない」となるのか、「違うから、いいんだよね」となるのか、今後のことがはっきりしそう。そこを超えてつきあうことができれば、5月には深い絆で結ばれ、真のパートナーになれるでしょう。フリーの人はリアルな恋愛欲求は高まらないけれど、“推し活”が楽しくて、恋心が満足することも。3月はアプローチしてくる人がいても、あなたはゼロから人間関係を築くのが面倒くさいと感じるかも。そっけなさすぎる態度は相手を傷つけるので、さりげなく距離をおいて。5月は自分のメンタルの浮き沈みと上手に折り合いをつけられそう。オープンマインドで人と話せば、出会いを生かせます。全然タイプじゃない人が妙に気になったら、恋の始まりのサイン。 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢 [ ラッキーアクション ]個人として表現の場を持つこと。アート作品や動画を公開したり、オンライン店舗で手作りの小物を売るなど、自分が面白いと思うことを自由に発信してみて。さまざまな人からの反応が刺激になり、コラボのオファーがくるなど楽しみも広がりそう。体を動かすなら、ヒップホップダンスや“推し”のダンスの完コピなど、簡単にマスターできないことほど夢中になれそう。 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢 [ ナンバー別アドバイス ]水晶玉子先生が、フルーツナンバーごとに一言アドバイス!★8周囲の人の転職や退職、ライフスタイルの変化に動揺することがあるかもしれません。でも、恐れることはありません。みんなそれぞれ、試行錯誤の真っただ中なのです ★18マナーや常識として正しいと信じてきたことが、時代とともに変わってきています。それらに関して無頓着だと、よかれと思ってやったことが裏目に出てしまいます ★28自分の思いが伝わりにくく、イラッとすることがあるかも。我をはると余計に人とぶつかります。「ありがとう」と「ごめんね」をさらっと言うことを心がけましょう ★38心の中でずっと引っかかっていることがあるなら、4月5日までにけじめをつけて。気持ちが切り替わり、状況も変わります。そのあとは、未来に目を向けてチャレンジを ★48クリエイティブな能力が冴えて、意外な才能が開花する気配。ただし、何気なく発した一言が、意図せず誰かの気に障るなんてことがあるので、コメントには細心の注意を ★58誰かの一言がグサッと刺さると、立ち直るのに時間がかかりそう。「この人は、攻撃的な言い方をしがち」と察知したら、あたりさわりのない会話ですませることを心がけて 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢
  • 2022年3月18日に「ヴァレンティノ ビューティ」のメイクアッププロダクツがローンチされます!口紅はもちろん、ファンデーション、ハイライター、チーク、アイシャドウパレットなどからアイライナーやマスカラまで。なかでも、注目すべきアイテムの情報を先出しでお届けします。 カッコよくておしゃれなメイクアップアイテム。さあ、アラフィーだって、心を燃やせ!ウェブエクラ編集長 オサニャイウェブエクラ編集長 オサニャイ50代女性のための雑誌&ウェブメディア「エクラ」ブランド統括。北海道出身。蟹座、B型。愛するもの/ワイン、日本酒、エスニック料理全般、肉、鮨、北海道産の食材、映画、海外ドラマ、本、マンガ、旅行、フィギュア観戦、美容。ネコチャン。ヴァレンティノといえば、クチュールメゾン。そしてヴァレンティノのシグネチャーカラーといえばなんといっても「赤」。アラフィーにとっては「手の届く、憧れ感」があるブランドですね。以前、ある50代モデルさんが「RED VALENTINO」のドレスを着ていて、本当に素敵だったな。 そのヴァレンティノが満を持して3月18日にローンチするのが「ヴァレンティノ ビューティ」!ついに美の世界へも進出です。プレス発表の案内とともに、サンプルがいくつかオサニャイのもとにも届きました。 「この美しいパワー、一足お先にいただくわ!」ブランドのクリエイティブ・ディレクター ピエールパオロ・ピッチョーリは、ヴァレンティノの伝統にクチュールとストリートカルチャーを融合させた人。今回登場するビューティプロダクツにも彼らしさ、ヴァレンティノらしさが存分にあらわれています。 そのパッケージデザインの美しさは「中身のメイクアップ製品も、さぞかし美しかろう!」と期待させますよね! まず最初に紹介したいのは口紅「ロッソ ヴァレンティノ」。全50色(発売時45色、のちに5色追加予定)で、そのうちレッド系は17色もあり、こだわりを感じます。 サテンとマットの2種のテクスチャー。美しい発色だけれど、肌から浮かない感じなのはやはり、(いい意味でですが)「メイクアップした」というよりも「似合う服を着た」ときのような、うれしい高揚感があります! ロッソ ヴァレンティノ¥6,600(ロッソ ヴァレンティノ レフィルは¥4,400) ファッション性が高く、持ち歩きたくなるのがこのクッションファンデーション。 GO クッション SPF50+・PA+++ 全5色 ¥10,010(GO クッション レフィルは¥5,500)。つけるのも手軽だし、リタッチも簡単なのがクッションファンデーションの魅力。「クッションファンデーションは塗りムラが・・・」「小鼻のまわりとかは塗りにくいし」という人は、このスポンジに注目。面白いカタチでしょ?角のある部分を使うと、細かいところも塗りやすいですよ! 大きなロゴの入った赤とゴールドのケース、赤いスポンジ。こんな素敵なクッションファンデーションなら、お化粧直ししている仕草も、きっとサマになるはずですよね!うふふん♪。そして! 今回のメイクアッププロダクトのなかでも、花形といえるのがこのセット!2017年SSのランウェイで初披露されたGO クラッチ(ミニクラッチ)にインスパイアされたという、ミニロッソ(ミニ口紅)とフェイスパウダーのセットです。 GO クラッチ+ミニロッソ¥24,970 (GO クラッチ レフィルは¥6,490)しっかりした長さのチェーンがついていて(取り外しできます)、アクセサリーや小物感覚で持ち歩くことを想定。ケースを開けると、上部にミニロッソをセットするスペースがあります。フェイスパウダーの下には、ちゃんとブラシも収納されています。 ………実際にね、これをね、自分がね、これだけをね、肩や首にかけて歩くかって聞かれたらね、正直ね、どうするかわかりませんよ? でもね、欲しいでしょ?子供のころにあこがれた魔法のアイテムみたいでしょ?カッコいいでしょ? 私たち、そういうものにお金を使える年齢なんだから、大人が持っていてもいいと思う!(断言)。 オサニャイはこの製品にこそ「ヴァレンティノ ビューティ」の精神を見た気がするのです。「欲しいものは手に入れちゃって!」「メイクって、自由でしょ!」「きれいと楽しいを両立させることこそ、ラグジュアリーなんだ」と!! あ、ちょっと興奮してしまいました。(赤だからですかねえ?) ヴァレンティノ ビューティは、3月18日、表参道にオープンのストアや、公式オンラインブティックなどで発売予定です。少し先にはなりますが、楽しみですね! ●ヴァレンティノ ビューティ 表参道ストア 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 西館1F (2022年3月18日オープン予定) お問い合わせ先■ヴァレンティノ ビューティ 電話03-6332-7251
  • 2022年度のLEEキャラクターに選ばれた、上杉明子さん。ここ数年は育児中心の生活で、もともと好きだったメイクやファッションは後回しになりがちだったそう…。最近、やっと好きなことを楽しむ余裕ができ、新しいことにも挑戦してみたいという思いから、LEEキャラクターへの応募を決意! そんな上杉さんに、今ハマっているものや大切にしていること、子育ての合間の楽しみなどを教えてもらいました。 LEEキャラクター 上杉明子さん   DATA 名前 上杉明子(うえすぎ あきこ) 年齢 35歳(1986年生まれ) 職業 主婦 家族構成 夫、長女(7歳)、長男(4歳) 趣味 スキンケア、おいしいもの探し 身長 162㎝ Instagram  @akikooto 上杉さんを構成する5つのキーワード 「趣味=美容」 メイクのポイントは「カラーマスカラ」  毎日欠かさない「マヌカハニーとフルーツ」 「生活を楽しむ余裕ができた!」  ファッションは「直感を大切に」 「趣味=美容」! 独身のころから、美容やコスメが大好き。出産してしばらくは、育児が大変すぎて美容どころじゃなかったのですが、子育てが落ち着いてきたこともあり、再び美容への関心が高まってきています。 気になるものは、いろいろ試したい派で、美容雑誌やSNSで見て気になったものは、ジャンルを問わずにいろいろと購入してしまいます。 スキンケアに関しては、「保湿をしっかりしたい」という思いと「買ったからには使いたい!」という思いから、いつも使っているアイテムは多め。 ずっと信頼して使っているブランドは、ポーラやコスメデコルテ。最近はトゥヴェール、アスレティア、ワフィトなども使っています。   とくに今シーズンどハマりしているのが、アスレティアのコアバランスオイル。私の肌にはすごく合っているようで、つけると肌の調子が劇的によくなるんです! マスクの摩擦による肌あれも防げて、肌のツヤ感もアップして、今の私には手放せないアイテムに。 朝使っているスキンケアアイテム 左からポーラのB.A ディープクリアライザー、アスレティアのコアバランスオイル、トゥヴェールの薬用ホワイトニングローションαEXと水溶性フラーレン、アスレティアのコアバランス トーニングローション、菊正宗の日本酒の美容液、ポーラのB.Aミルク、ワフィトのレジェナ エンリッチドクリーム。私の肌は皮脂が少なく洗顔フォームは毎日使わないほうが調子がいいので、コンディションに合わせて使ったり、使わなかったり。ポーラのB.A ディープクリアライザーは、スペシャルケアとして週に1回使っています。 夜使っているスキンケアアイテム 夜使っているスキンケアアイテム。朝のアイテムのローションを夜はミノンのエイジングケアローション、アルビオンのフローラドリップに変えて、最後にワフィトのレジェナ フェイシャルオイルもプラス。 メイクのポイントは「カラーマスカラ」 メイクも大好きで、美容雑誌をチェックして、日々新しいアイテムやメイクに挑戦しています。最近はカラーマスカラでまつ毛の色を変えるのがお気に入り。モスグリーンやバーガンディでちょっと抜け感を出してみたり、オレンジやピンク系の明るめカラーで遊んでみたり。トーンやヒンスなど、いろいろなカラーマスカラを試しています。 トーンのカラーマスカラがお気に入り。オレンジやバーガンディがかわいいんです! カーキブラックとカーキゴールドのアイライナーを重ねて、まつ毛にはモスグリーンのマスカラを。ローラ メルシェのヌードローズのアイカラーをぬり、最後にアディクションのイエローのブラッシュを頬と目元に少しだけのせています。 メイクで使ったカラーメイクアイテム。左から、セルヴォークのインディケイト アイブロウマスカラ(02 ハバネロ)、アディクション ブラッシュ(001 M サハラ サン)、ローラ メルシェのキャビアスティック アイカラー(40 ヌードローズ)、デジャヴュの密着アイライナー(6 カーキブラック)、アヴァンセのジョリ・エ ジョリ・エ クリーミーアイライナー(カーキゴールド)、ヒンスのニューアンビエンスカラーマスカラ(03 エンドレス)。 LEEキャラクターになって、最初の撮影がヘアメイクの長井かおりさんのメイク企画だったんですが、尊敬している長井さんにメイクをしてもらえるのが光栄で、震えました(笑)。いつも雑誌で見ていた長井さんが、私にメイクをして、やさしく話かけてくださって…。感動しかありませんでした。またぜひお会いしたいです。 毎日欠かさない「マヌカハニーとフルーツ」 家での食事は、なるべく添加物の少ない食材や調味料を使うようにしています。すごくこだわっているわけではなく、住んでいるエリアにはおいしい飲食店が多いから、外食やテイクアウトを活用することもあります。そのぶん、普段の食事はなるべくシンプルに。 家族全員フルーツが大好きなので、フルーツは毎日食べています。スーパーでもよく買いますが、「豊洲市場ドットコム」でお取り寄せをすることも。ふるさと納税でも、フルーツが返礼品のところを選ぶことが多いです。 子どもたちはフルーツが大好きで、出すとあっという間になくなります(笑)。すぐに食べられるよう、余裕があるときにカットして冷蔵庫で冷やしています。 一昨年の冬から、子どもたちには毎日マヌカハニーを舐めさせています。義母に「免疫力が上がって、風邪予防になる」と教えてもらったのをきっかけに毎日の習慣に。 医療グレードとも呼ばれる、殺菌効果が高めの「UMF15+」を選ぶようにしているのですが、グレードが高いものは価格も高め。同じグレードのものを色々と探した結果、「ハニーバレー」のものが一番コスパが良かったので、楽天でポイントがたくさんつくときにまとめ買いしています。マヌカハニーを舐めるようになってから、風邪を引きにくくなった気がします。 子どもたちには、スプーンで1さじ、自分たちで舐めさせています。 「生活を楽しむ余裕ができた!」 上の子が1歳になった頃、出産前まで勤めていたIT関連の会社に復帰したんです。でも、当時、夫の仕事が忙しい時期で、私がほとんど一人で家事・育児をしながら働かなければいけない状況で…。しばらく頑張ってみたのですが、「これは無理…」と仕事の継続は断念し、家事・育児に専念することに。その後、下の子が生まれて、子どもたちのお世話と家事だけで気がつけば一日があっという間に終わるような日々を過ごしていました。 今でも下の子は幼稚園で昼食を食べたらすぐお迎えに行くので、バタバタな日々は継続中ですが、最近、子どもたち2人が同じタイミングでダンス教室に通うようになったこともあり、前よりも自分の時間を作りやすくなりました。2人がダンスをしている間は、完全に私の自由時間! お気に入りの花屋さんやカフェに行ったり、ショッピングをしたりして楽しんでいます。 育児がちょっと落ち着いたのと同時に、コロナ禍で家にいる時間が増えたこともあって、家のこともこだわりたいな…という気持ちも出てきました。花を飾ったり、お気に入りの食器を集めたり、ほしかったコーヒーメーカーを買ったり、家の壁紙を自分で張り替えてみたり。 本当はIDÉEやACTUSなどのおしゃれな家具がほしいな…という気持ちもあるのですが、下の子がまだまだやんちゃですぐ汚してしまうので、安めのメーカーのものが多めです。 最近は大好きな花を飾る余裕も。子どもたちの習い事の時間にお気に入りの花屋さんで花を選ぶ時間が幸せ♡ お花はリビングに飾ると子どもが倒したりするので、今は廊下に飾ることが多いです。好きな花が目に入ると、元気が出ます。 ずっとほしかったコーヒーメーカーも購入。レビューを読み漁って、メリタのアロマフレッシュサーモにしました。コーヒー豆は、新潟の「蔦屋書店」を展開しているトップカルチャーのオリジナルのもの。 食器は笠間焼が好き。実家がある茨城に帰省するときに、窯元に寄って購入しています。 コーヒーを飲むときも、笠間焼のコーヒーカップで。 家電はパナソニックが多め。おこげが大好きなので、「おこげ機能」がある炊飯器を選びました(笑)。バルミューダのトースターもお気に入り。 リビングのキッズスペースの壁紙は自分でチェンジ。「壁紙屋本舗」というネット通販で、自分で簡単に貼れるのりつきの紙が売っていたので、挑戦してみました。 今は海外旅行に行けない分、家族でドライブするようになりました。運転が好きなので、週末、家族で車で出かけるときは、仕事で疲れた夫は後部座席で寝てもらって、私が運転しています。運転しながら子どもたちと熱唱することも、実はストレス発散になっています。 今乗っている車は、TOYOTAのRAV4 adventure。車検のタイミングで買い替えることが多いので、車情報も常にチェックしています。 廊下や階段の壁に、旅行の思い出写真を飾っています。子どもは生まれてからの行き先は、ハワイや沖縄の離島など、リゾート地が多め。自由に海外に行けるようになったら、グアムに行ってみたいです ファッションは「直感を大切に」 ファッションのこだわりは、流行にとらわれすぎず自分の直感を大事にすること。ブランドはYANUK、YLÈVEが好きですが、ローリーズファーム系列や無印良品のオンラインショップもよく覗きます。ボトムスだけは絶対お店で試着してから購入したいので、ネットよりもショップで買うことが多いです。 気分によっては全身黒の日もありますが、ピンク、イエロー、グリーンなど明るいカラーを着ることも。メイクもそうですが、その日の気分で、いろいろ変えて楽しむのが好きです。 アウターはWOOLRICHI、ニットは無印良品のメンズ、デニムはYANUK、ブーツはCAMINANDO。ロングブーツ×スキニーデニムを主役にしたくて! アクセサリーはゴールドもシルバーも両方好き。服やその日の気分に合わせて楽しんでいます。右手のリングは憧れのブランド、エルメスのもの。ネイルはTHE POLISHの「ウーロンティ」というカラー。 最近のお気に入りは、カチューシャ。IENAで購入したジェニファーオーレットというブランドのもの。シンプルコーデのときもアクセントに。   今一番ほしいのは、長く履けるちょっといい靴。トッズのローファーやドライビングシューズが気になっています。靴や小物もこれまでは動きやすさや身軽さ重視でしたが、少しずつ、長く使えるいいものにシフトしていきたいと思っています。   ▼上杉さんが大人のカラーレスメイクに挑戦した記事はこちら! 【長井かおりさんの”かっこいい美人”メイク】大人のカラーレスメイクとは? くすみカラーライナー、ベージュリップ… 連載「Close-up! LEEキャラクター」で他の読者モデルのインタビューもチェック! 取材・文/渡辺有紀子 ※掲載商品は全て私物のため販売を終了している可能性がございます。ご了承ください。
  • 家族だけの宿泊型ウェディング「花ノ家族婚」を2020年6月にローンチ、8か所の魅力的な宿を開拓した仕掛け人であるクリエイティブディレクター・飯田諭史さん(※以下敬称略)にインタビュー。家族婚という新しい文化、そしてSDGsへもつながるスタイルの魅力にフォーカスする。少人数ウェディングの新たな形を作るなら、今しかないドラマティックな安藤忠雄氏の建築で晴れの日を迎えられる「瀬戸内リトリート青凪」ーー大切な家族と旅する「花ノ家族婚」をはじめられたきっかけ、コンセプトは? 飯田 コンセプトは“記憶を巡る心の旅”。家族と旅をすることで互いを知り、優しさや温かさを改めて感じる、そんなきっかけを「花ノ家族婚」で作れたらと考えています。元々所属するブライダルプロデュース会社「花ノ結婚式屋」は枠にとらわれないオリジナルウェディングを数多く手掛けていて、新しい形の少人数ウェディングができないか構想中でした。そんな中パンデミックが起こって、やるなら今だろうと。どうせやるなら毎月1会場ずつ増やしていこうと思い切って踏み出し、気づけば「瀬戸内リトリート青凪」、淡路島の「ISLAND LIVING」に「嵐山邸宅 MAMA」と、2021年だけで6軒、計8軒の宿と手を結ぶことができました。滞在時は朝日を浴びながらのバスタイムを堪能したい「ISLAND LIVING」レストランでの賑やかなパーティと心落ち着くゲストルームでの時間、その両方が堪能できる「嵐山邸宅 MAMA」――これだけの魅力的な会場とは、どうやって出合ってきましたか? 飯田 最初のリサーチはインターネットがベースですが、ホームページだけでなくSNS、旅行サイト、口コミなど徹底的に下調べをします。判断基準はそこでしか味わえない体験価値があるかどうか。気になった宿には必ず直接出向き人に会いに行きますが、基本的にどの宿も想像をはるかに超えてきます(笑)。それこそ最初のあいさつからポリシーが感じられ、パジャマひとつとってもこだわりがある。例えば奈良にある「ume, yamazoe」は“生まれ”“目覚め”をコンセプトにしていて、宿にあるフィンランド式サウナでその理念を五感で感じられる。お声がけしてきた宿は結婚式を行ったことがないところがほとんどだったので、「花ノ家族婚」のスタイルをゆっくり説明させていただき、長い時は3カ月かけてじっくり縁を結んでいくこともありました。「ume, yamazoe」にあるのは、”ただいま”と言いたくなる山里の穏やかな情景と人の温かさ1日目、2日目と両家の仲が深まっていくのを目の当たりに 飯田 海の綺麗な場所で式を挙げたいというふたりには、結婚式と同時に家族で過ごす余白の時間を作れる可能性を感じた「413はまひが HOTEL&CAFE」という沖縄の宿を提案しました。 ――準備期間や式当日はどんなスケジュールになりますか? 飯田 「花ノ家族婚」ではコロナでスタンダードになったオンラインでの打ち合わせを活用して、ふたりだけでなく両家の親族にヒアリングをする場を設けています。お母さまから見た新婦、ご兄弟から見た新郎など、それぞれの立場から見たふたりの印象をお聞きし、それらを披露するコンテンツを宿泊中に用意します。具体的には家族と共に人生を振り返り、感謝を届ける「巣立式」、家族からの言葉をふたりへ贈る「新郎新婦の取扱説明書」などを行って、家族と家族が交わるきっかけ作りを演出します。ヘアには花嫁希望の生花のデコレーションを。装飾ひとつにもこだわりを凝縮両家共通の想い出として刻まれた、海をバックにしたガーデン挙式――宿泊中に家族同士の仲もぐっと深まりますね! 飯田 沖縄の結婚式では1日目にバーベキュー、2日目に「巣立式」や「新郎新婦の取扱説明書」贈呈などを行い、ラスト3日目には宿泊中の写真をダイジェストでまとめてムービーを流したんですが、私も泣いてしまいました(笑)。1日目の食事では横の人としか話をしていなかったのが、2日目、3日目には向かいの人や斜めに座っている人とトークするなど、両家がどんどん仲良くなっていくのを目の当たりにできました。普通はあまり家族の方とは交流のないウェディングスタッフですが、2泊3日と長い時間一緒にいさせてもらうと、そこも全然違います。私が装花を手掛けていることもあって、途中からお祖父さま、お祖母さまが「(お花の)先生」と気軽に話しかけてくれて、ご両家の女性ゲスト全員にお揃いの生花でヘアパーツを作ったのもいい思い出です。拍手を送る親族のヘアには飯田さん作のヘッドフラワーがSDGsに繋がる新たなウェディングへの道筋瀬戸内の美しい海がいつでもそばにある「URASHIMA VILLAGE」飯田 意外かもしれないですが、宿選びはその土地に所縁があるというよりは、単純に“行ってみたかったから”という声が多いです。私たちも言うならば、ふたりのサードプレイスを作ってほしいと願っています。これからの未来で縁を深めたい、何度も来たいと思える土地を発見してほしい。それがその土地の価値を伝えることになり、現地の人々に仕事を生む地域創生へのサイクルへと繋がったらいいなと! ――すでに構想しているものはありますか? 飯田 香川の「URASHIMA VILLAGE」では地元で獲れた名産品を引出物にするなど、日々オーナーとディスカッションを重ねています。各宿のオーナーは自分たちの宿や、関わっているその土地の人々も大好きなので、新しいアイデアをどんどん提案してくれる。新郎新婦が結婚式をきっかけに、いろんな形でその土地と繋がりを持ってくれたら嬉しいですね。「URASHIMA VILLAGE」はロケーションを活かしたフォトシューティングも魅力コロナ禍で再確認した、日本の素晴らしさ 飯田 第8弾までローンチした「花ノ家族婚」ですが、まだまだ紹介したい宿はたくさんあるんです。日本は本当に素晴らしいですよ! 各都道府県に一つはおすすめの宿があるぐらい、魅力的な場所が数多く存在している。 ――今後も精力的な活動が続いていきそうですね 飯田 まずは2022年に予定している結婚式をきちんと着地させ、「花ノ家族婚」の価値をしっかり提示していくことが一番。まだまだスタートしたばかりで興味がある方も実態がよく分からないというのがほとんどだと思うので、そこをクリアにしていくのが目標です。宿泊スケジュールではあえて余白の時間を設けているので、ぜひご両家の絆を深めてください。     ―PROFILE―飯田諭史[Satoshi Iida]さんブライダルプロデュース会社「花ノ結婚式屋」のクリエイティブディレクターを務める傍ら、同社のプロジェクト「花ノ家族婚」の中心メンバーとして会場の開拓から式当日のディレクションまで担う。魅力あるヒト・モノへの嗅覚が鋭く、興味のある事柄には直接会いに行きハントするのが信条。 花ノ家族婚https://hana-no-wedding.com/family/
  • 인생캐(インケンセ)更新中。注目度NO.1韓国俳優が MOREに初上陸 『梨泰院クラス』『マイネーム:偽りと復讐』『ユミの細胞たち』etc.と出演作が立て続けに大ヒットを記録している、俳優アン・ボヒョンさん。『MORE』ではそんなアン・ボヒョンさんに独占書面インタビューを実施。 DAILY MORE限定で、本誌では公開しきれなかったインタビューの全文を大公開します! まだ見たことのないアン・ボヒョンさんに出会えるはず♡アン・ボヒョン プロフィール1988年5月16日生まれ。身長187cm。ボクサーからモデルを経て俳優に。主演ドラマ『軍検事ドーベルマン』、『ユミの細胞たち2』の放送が待機。映画『2時のデート』では主演を務める。写真集『Unbearable Moment』が発売中。日本公式ファンクラブ https://www.ahnbohyun-official.jp/Instagram :@bohyunahnアン・ボヒョン出演の話題作はこれ!アン・ボヒョンさんが出演した2021年の話題作をプレイバック! 悪役から、正義感あふれる警察官まで、役のふり幅も魅力のひとつ。『梨泰院クラス』主人公が、因縁の大手飲食企業の代表とそのドラ息子(アン・ボヒョン)と対立しながら、飲食業界で成り上がっていくさまを描く。●Netflixシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中『マイネーム:偽りと復讐』殺された父親の復讐のため、麻薬組織の後ろ盾を得て警察に潜入した主人公の物語。アン・ボヒョンは主人公の同僚役。●Netflixシリーズ『マイネーム:偽りと復讐』独占配信中アン・ボヒョンさんが振り返る2021年Q. 日本でも大ヒットしたドラマ『梨泰院クラス』はアン・ボヒョンさんの俳優人生にとって、どのような作品になりましたか?また、忘れられない共演者とのエピソードがあれば教えてください。アン・ボヒョン:『梨泰院クラス』は、僕の人生のターニングポイントになった作品です。 アン·ボヒョンという俳優を世の中に知らせる機会をくれました。また、パク·ソジュンという良い友達に会わせてくれました。 ソジュンさんとはよく連絡をとって、お互い応援しています。Q. 『梨泰院クラス』での怪演ぶりが強烈で、アン・ボヒョンさんに“怖い”イメージを持っている(かもしれない)方に、「プライベートのアン・ボヒョンはこんな人です」という自己紹介をお願いします!アン・ボヒョン:こんばんは、普通の男アン·ボヒョンです。 僕は表現することが少し苦手なのですが、周りの人に感謝の気持ちを伝えようと努力する方で、思ったより繊細でかわいいところもあるんですよ(笑)。 実際には、断じて怖い人ではありません! ハハ!Q. コロナ禍に入ってから、出演ドラマが立て続けに公開されたこともあり、日本人ファンが急増しています! 実感はありますか?アン・ボヒョン:たくさんの方が日本語でのコメントをくださいます。また、会社に韓国語で書いた手紙を送ってくださる方もいて、日本でも関心を持ってくださっているんだなという気がして、本当にうれしいです。ありがとうございます! 直接お伺いして感謝の気持ちを伝えたいですが、今の状況ではそうすることができなくて残念ですが、2022年には良い機会があることを願っています。Q. 現在、日本でも大ヒット中の『マイネーム:偽りと復讐』の撮影ビハインドを教えてください!アン・ボヒョン:『マイネーム』の撮影地は釜山、 その中でも影島(ヨンド)です。 影島は僕が生まれ育った場所なので、撮影地の全てが僕にとっては馴染み深くて懐かしい場所でした。 なので『マイネーム』を撮影したすべての瞬間が、僕にとっては故郷でまた違う思い出を作るような、特別なものでした。Q. 初のラブコメに挑戦した、『ユミの細胞たち』『ユミの細胞たち2』は、アン・ボヒョンさんにとってどのような作品になりましたか?アン・ボヒョン:長く記憶に残る特別な作品です。初めてラブコメに挑戦しましたし、ささやかな日常の中で癒しを与えることができるドラマなので、誰にでも自信を持っておすすめできる作品だと思います。 Q. 役柄とご自身との共通点はありますか?アン・ボヒョン:僕もク・ウン(役名)と同じように自分の悩みや痛みなどを周りの人にあまり打ち明けないところが似ています。相談相手の負担になったり、心配をかけるのが申し訳ない気持ちもあって……。それで演じる時は、ク・ウンをもどかしく思う気持ちがありつつ、理解できるところもありました。 Q. 共演のキム・ゴウンさんとの撮影秘話はありますか?アン・ボヒョン:キム·ゴウンさんとは、俳優キム・ゴウンとして初めて会ったのですが、いつの間にかキム·ゴウンではなく、キム·ユミ(役名)そのものになっていました。 キム·ゴウンがユミになろうと努力していたところが、僕の役作りに大きく響いたし、そのおかげで僕も早くク・ウンになることができました。 そして、主人公として現場の雰囲気を和やかに導いていく姿がすごく魅力的でした。僕とキム・ゴウンは現場でアイディアをたくさん出す方だったんですが、海辺旅行の時の和解のキスシーンも、実際のカップルならこうしたのではないかと話しながら、アイデアを出しました。そしたら、監督がその場面を使ってくださったんです。 現実のカップルの姿を見せるシーンなので、 多くの方々が共感して喜んでくださいました!Q. 日本での配信を心待ちにしている、20代後半の読者に、本作のおすすめポイントを教えてください!アン・ボヒョン:アニメーションと実写の結合という新しくて新鮮なドラマ 『ユミの細胞たち』は日常のささやかな楽しさと癒しを、多様な細胞たちの魅力を感じることができるドラマです。 一緒に共感しながら楽しんでください。Q. アン・ボヒョンさんといえば、『梨泰院クラス』では悪役を。『マイネーム:偽りと復讐』では正義感に溢れ、頼りがいのある警察官を。『ユミの細胞』では、感情表現が苦手な男性を演じ、役柄によって印象をガラリと変える、カメレオンぶりが日本でも話題になっています。役を演じる上で大切にしていることや、役に入る前にしていることがあれば教えてください!アン・ボヒョン:原作がある作品なら、 一番は原作を参考にする方です。 大きな枠から離れることのない範囲で、僕が生きてきた人生や、このキャラクターたちはどんな人生を生きてきたのか、というのをすり合わせて、台本に没頭して撮影を準備します。そして、いろんな場合を考えて台詞を準備し、監督のディレクティングや相手の俳優と話しながら、キャラクターを作っていきます。だから、僕が演じたキャラクターは僕を構成する一部分で、すべてのキャラクターが僕と似ています。 『ユミの細胞たち』のク・ウンみたいに、僕はさっぱりした性格でまとめるのが好きです。 そして表現は少し下手ですが、感性的です。 そして『マイネーム』のピルドのように原則を守ることを大切にする人です。 Q. 理想のオフの日の過ごし方を教えてください!アン・ボヒョン:キャンプに行くことです。どこに行くか目的地を決めずにとりあえず車で走って到着した所で日没を見る。Q. 韓国のエンタメ作品が世界的にも注目を集めており、アン・ボヒョンさんもその立役者の一人でいらっしゃいます。今後、どのような作品や役柄に挑戦してみたいかを教えてください!アン・ボヒョン:色んな役をやってみたいですが、特にアクションを見せられる役がいいと思ってます。『マイネーム』を通じて本格的にアクション演技に挑戦してみたんですが、長い時間準備しなければならないのでちょっと大変でした。代役なしにやり遂げた時の達成感は本当に嬉しかったです。Q. 日本のファンに向けて、メッセージをお願いします!アン・ボヒョン:送ってくださる応援と、みなさんの暖かい心に力をもらっています! 良い演技で恩返しをする俳優アン·ボヒョンになります。2022年も健康で楽しい一年になることを祈っています。これからもたくさんの応援よろしくお願いします!アン・ボヒョン 一問一答!アン・ボヒョンさんの私服や寝るときの恰好って? オフのアン・ボヒョンを満喫できる一問一答を大公開しちゃいます♪Q.自身の性格をひと言であらわすと?アン・ボヒョン:繊細な男 Q.最近のTMI(プチ情報)を教えてください。アン・ボヒョン:電気カーペットがいくら探しても見つかりませんでした……。Q.好きな日本食はありますかアン・ボヒョン:寿司! そして生ビールが好きです!Q.テンションをあげたい時と癒されたい時に、聴く音楽を教えてください!アン・ボヒョン:テンションを上げたい時は『梨泰院クラス』のOST (オリジナルサウンドトラック)『START』(Gaho)が最高ですよね? スケジュールをしに出発する時に、たくさん聴いています。そして最近の癒しは『クリスマスキャロル』です!Q.座右の銘を教えてくださいアン・ボヒョン:言う通りに。言う通りになることを願っています。Q.私服はどんな感じ?アン・ボヒョン:とにかく楽なスタイル。スウェットやパーカにジョガーパンツを着るスタイルが好きです。Q.寝る時の格好は?アン・ボヒョン:楽な短パン姿。Q.毎日必ずすることはありますか?アン・ボヒョン:運動、スケジュールを終えて夜明けに帰っても、少しだけでも必ずします。 運動しないと寂しいです……。Q.お部屋のテイストを教えてください(モノトーン調やウッディ調など)アン・ボヒョン:ウッディ調の暖かい雰囲気が好きなので、そんな感じに飾っています!Q.好きな香りを教えてください(フローラルなもの、爽やかなものなど)アン・ボヒョン:暖かくて温もりのある香り。Q.ヒーローが好きですか?それともヴィランズが好き?アン・ボヒョン:両方ですかね!Q.携帯の充電は何%くらいから不安になりますか?アン・ボヒョン:50%以下になると少しずつ気になる。 Q.ドラマの撮影期間中に突然、丸一日お休みができたとしたら何をして過ごしたい?アン・ボヒョン:睡眠! 実は最近ドラマ撮影で忙しくてちょっと寝不足なんです。 一日中寝たいです。Q.料理が上手とお聞きしましたが、得意料理は?アン・ボヒョン:キャンプ料理なら何でもできます! 一番よくやるのはアサリ酒蒸し。Q.来日できたらやってみたいことはありますか?アン・ボヒョン:いろいろあるんですが、まず日本にいらっしゃるファンの方々と会える機会があれば嬉しいです。そして、日本料理を食べたいです!取材・文/海渡理恵 構成・企画/松本一葉(MORE) 写真提供/FN ENTERTAINMENT KODANSHA Ltd.
  • 深津絵里さんが表紙を飾る『LEE DAYS vol.2』、 読んでくださったLEE100人隊OGの方からメッセージとお写真が届きました! LEE100人隊OG みみんさん 私の〝好き〟がたくさん詰まった『LEE DAYS』 LEE100人隊として活動させていただいた3年間は、本当にたくさんのことを学び、自分を見つめ直す時間になりました。そこで見つけた〝自分の本当に好きなこと、好きなもの、好きな時間〟ーー 『LEE DAYS』にはそんな私の〝好き〟がたくさん詰まっています。 子育ても一段落しつつあり、少しずつ自分の時間が持てるようになったいま、どうしたら自分がよりhappyでいられるかを考えるようになりました。 好きなものに囲まれながらの暮らし、美味しいと思うものを食し、飽きのこない大人のおしゃれも楽しみたい。 『LEE DAYS』にはまさにそんな私たち世代の暮らしの楽しみ方が詰まっており、読んでいてワクワクします。 美しい料理の写真と大人レシピ 特に好きなのは、美しい料理の写真とレシピです。 見開きいっぱいの美しい料理の写真。 ひと手間を惜しまないことで、より味わい深くなるレシピ。 子どものために作ってきたこれまでの料理から、お酒にも合う大人の料理へ。 私も『LEE DAYS vol.1』から小堀紀代美さんの「白身魚の柚子こしょうバターパスタ」を作ってみました。 せっかくなのでショートパスタは手打ちで。 白身魚がパスタのソースになるなんて!ピリッと辛い柚子こしょうとレモンの爽やかさが白ワインによく合いました。 料理だけでなく、料理に合わせた器や道具のストーリーある選び方、長く大切に使い続ける金継ぎなど、今の自分に興味のあることばかりです。 これからの生き方を考える 『LEE DAYS vol.2』では、「夫婦のこれから」として、相手の〝好き〟を尊重し、お互い尊敬し合う素敵なご夫婦について紹介されていました。 私自身も最近は子どもと一緒に家族で過ごす時間よりも夫婦で過ごす時間が多くなり、これからふたりでどのように過ごしていきたいか、考えるようになりました。 お互い食べることが好きなので、家では旬の味覚を取り入れた料理をゆっくり楽しんだり、たまには美味しいものを食べに旅行に出かけたりできたらいいね、と話しています。 『LEE DAYS』は私にとってこれからの私たちの生き方を素敵に導いてくれる、ライフスタイルのお手本のような存在です。 こんな雑誌が欲しかった! 次号がますます楽しみです。 ︎小堀紀代美さんの「白身魚の柚子こしょうバターパスタ」レシピ 小堀紀代美さんの「白身魚の柚子こしょうバターパスタ」レシピ/おすすめのワインと共に!【LEE DAYS】 100人隊からLEE DAYSへのメッセージ from LEE DAYS
関連キーワード

RECOMMEND