「疾病」:この漢字、自信を持って読めますか?【働く大人の漢字クイズvol.387】

@BAILA

読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第387回は「疾病」の読み方です!

疾病の読み方

今日のお題【疾病】

「疾病」、正しく読めますか?

 

誤って読みがちな漢字です。

■ヒント

「疾病」の意味は                

「病気。(集英社『国語辞典』)[第3版]」

■使い方はこう!

「健康診断で大きな疾病が見つかった」

 

「癌は三大疾病のうちのひとつに数えられている」

 

↓↓↓

 

正解は……

■正解は…

疾病の読み方はしっぺい

 正解は、「しっぺい」でした!
「しつびょう」と読んでしまった人はこの機会に覚えなおしてみて。

 

そして気になるのが「疾患」と「疾病」の違い。

 

疾病は、発症している病気全体のこと。

疾患は、患部から連想できるように病気がピンポイントで発生している箇所が分かるときに使われることが多いそう。

 

違いが分かると、少し見方が変わりますよね。

漢字クイズにチャレンジする!→

取材・文/高橋夏果

関連記事
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第396回は「躙りよる」の読み方です! 今日のお題【躙りよる】 「躙りよる」、正しく読めますか?   動作を表す漢字です。されたら、ちょっとドキドキしちゃうかも。 ■ヒント 「躙りよる」の意味は         「座った形のままで、膝を動かして少しずつ寄っていく。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「茶道ではお茶碗を受けとるとき、立ち上がらず躙りよるように教わった」   「猫を驚かせないように、そっと躙りよった」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「にじりよる」でした!   古文で「躙る(にじる)」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。 意味は、躙りよると同じ。古文の躙るが、現代では躙りよるになったのではと言われています。また気をつけなければいけないのが、膝をついて座っている状態でじわじわと寄ってくる動作だということ。  立ったまま躙りよることはできないので、使うときに注意です! 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第395回は「貼付」の読み方です! 今日のお題【貼付】 「貼付」、正しく読めますか?   「てんぷ」は慣用読み、正しくは……? ■ヒント 「貼付」の意味は                 「はり付けること。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「資料に写真を貼付する。」   「大事なプリントをノートに貼付すれば忘れないはず。」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は… 正解は、「ちょうふ」でした!     「てんぷ」は辞書内でも一般的に使われていることを示す慣用読みとして掲載されていますが、ただしくは「ちょうふ」。これは「貼」が「チョウorはる」の読み方しかないからです。   「貼」の漢字を正しく使う意味でも、「ちょうふ」と覚えておいた方が良いかもしれません。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第394回は「詰る」の読み方です! 今日のお題【詰る】 「詰る」、正しく読めますか?   詰め寄る様子を言い換えれば答えが見えてくる…! ■ヒント 「詰る」の意味は                 「相手の至らない点を追求して批判する。詰問する。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「母は詰るような調子で質問責めにしてくる」   「人を詰る姿は見ていて気持ちいいものではない」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「なじる」でした! 詰るは漢字の通り、詰めること。なるべくなら人に対してしたくない態度ですよね。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第393回は「褞袍」の読み方です! 今日のお題【褞袍】 「褞袍」、正しく読めますか?   着物女子は、もうご存知ですよね? ■ヒント 「褞袍」の意味は                 「大きく仕立てた、そで口の広い綿入りの着物。防寒・寝具用。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「寒い夜には、褞袍が欠かせない」   「褞袍は日本のガウンと言えるだろう」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「どてら」でした! ■気になる、「はんてん」との違い 褞袍の画像検索で気になるのが、「はんてん」や「ちゃんちゃんこ」との違い。  防寒用に着る、綿入りで裾が長めの褞袍に対して、 丈が少し短いものをはんてんと呼ぶことが多いようです。そして中綿のあるなしにかかわらず、袖がないものはちゃんちゃんこと呼びます。 寒暖差のある近年、ちょっと気になるルームウェアアイテムになるかも…!? 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第392回は「欹てる」の読み方です! 今日のお題【欹てる】 「欹てる」、正しく読めますか?   「耳を○○○てる」が、大ヒント! ■ヒント 「欹てる」の意味は             「①一方の端を高くする。②注意力を集中する。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「彼が何を話しているか気になり、こっそり耳を欹てる」   「群衆は耳目を欹てて市長のあいさつに注目した」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「そばだてる」でした! 今でこそ集中して注意を払う意味で使われますが、古文では「枕をそばだてる」といったように端を立てる意味として使われることが多かったようです。   漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第391回は「雀斑」の読み方です! 今日のお題【雀斑】 「雀斑」、正しく読めますか?   顔にあるもの。悩む人もいますが、とってもキュートなイメージ! ■ヒント 「雀斑」の意味は                 「顔面などに細かい点状に現れる褐色の色素の小斑点。夏に濃く、冬に比較的薄い。(集英社『国語辞典』)[第3版]」   もう、分かりましたね…?   ■使い方はこう! 「雀斑が私のチャーミングポイントだと思っている」   「小さいころから頬に雀斑がある」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「そばかす」でした! ■由来は漢字の意味のまま。 雀斑の「雀(すずめ)」。羽に散らしたようにある斑点が、そばかすと似ているため漢字に使われていると言われています。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第390回は「重複」の読み方です! 今日のお題【重複】。 「重複」、正しく読めますか?   じゅうふく、でも間違いではありませんが、正確な読み方は違うかも。 ■ヒント 「重複」の意味は                 「同じ物事が重なること。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「各部署で連絡が重複しないよう気をつけよう」   「前回お見せしたデータと重複する部分がございます」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「ちょうふく」でした! ■「じゅうふく」と「ちょうふく」の違い 上で「じゅうふく、でも間違いではありませんが、正確な読み方は違うかも」と書きましたが、 「じゅうふく」は慣用読みが広まった読み方で、もともとは「ちょうふく」なんです。   現在ではどちらも正解ですが、この事実を知っているのと知らないのではビジネスの場で差がつくかも!? 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第389回は「香具師」の読み方です! 今日のお題【香具師】 「香具師」、正しく読めますか?   漢字は3文字ですが、読み仮名は2文字です。 ■ヒント 「香具師」の意味は             「祭りや縁日など人の多い所で、物を売ったり見せ物を出したりする人のこと。てきや。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「香具師といえば、映画『男はつらいよ』の寅さんの職業だよ」   「香具師の出店を見ると、思わず心が浮き立つ」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「やし」でした!古い言い方で「こうぐし」と読んでも間違いではないですが、「かぐし」ではないので注意です。 ■由来は、薬売り。 「香具師(やし)」の由来は諸説ありますが、有力なのは、地べたに薬を置いて売っていた薬師(やくし)の姿から派生したという説。薬や香具を売っていたそうです。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
関連キーワード

RECOMMEND