知花くららさんインタビュー!祖父の家を受け継ぐために建築学科に進学【未来へ繋がるあの人の学び①】

@BAILA

学びって実は大人になるほど楽しめるもの。そう教えてくれるのは、一歩先をゆく同年代の女性たち。知花くららさんは祖父の家を譲り受けたことをきっかけに大学の建築学科に進学。好奇心の赴くままに挑戦するというのが知花さんのポリシーだという。

祖父の家を未来に残す目標への一途な思いが40代への投資につながった

祖父の家を未来に残す 目標への一途な思いが 40代への投資につながった

History
2011頃:沖縄・慶良間諸島の祖父の家を譲り受ける
2019:京都芸術大学社会人課程に入学
2021:大学を卒業

知花くららさん

知花くららさん


ちばな くらら●1982年生まれ、沖縄県出身。'06年にミス・ユニバース・ジャパンに選出され、各メディアで活躍。'07年から国連WFP大使。'12年より沖縄・慶留間島で子どもたちのための保養キャンプを主催。'19年に歌集『はじまりは、恋』を刊行。2児の母。

喜びと苦しみが詰まった建築学科卒業までの2年間

「国連WFP(世界食糧計画)の仕事や旅行で訪れた世界の国々。そこでは現地の方が暮らす住宅に招いていただく機会にも恵まれて。中でも印象に残ったのが牛糞や泥を塗り固めて建てるマサイ族の家。彼等は一夫多妻制なのですが、奥さまたちがそれぞれ自分の手で家を建てています。私が招かれたのはまだ若い新妻のお宅だったのですが、何か音がするなと思ったら、第一夫人と第三夫人が屋根の修理を手伝っていたりして。日本で暮らす私にとって、それはとても興味深くどこか不思議な光景でもありました」  

家は住人の生活だけでなく、その国の文化や社会まで映し出す鏡。旅を通じて建築に興味を持つようになった知花さんが、本格的に勉強を開始したのは2年前。「建築を学ぼうと思ったのは、沖縄の慶良間諸島にある祖父の生家を受け継いだことがきっかけです。老朽化が進むその家は建て直す必要があるのですが、国立公園に指定されている島なので景観保全も考えなければいけない。だからこそ、何を残し、何を変えていくのか、自分自身で学びちゃんと考えたくて」  

彼女が学びの場所に選んだのは、東京で生活しながら通信で勉強できる京都芸術大学建築学科の社会人課程。入学したのは第1子を妊娠しているときだった。「仕事がスローダウンするので、ある意味、これはチャンスだなと。ただ、通信だから家でゆるりと学ぶことができるのかなと思いきや、これが想像以上に大変で。教材をもとに自分で学ぶことが基本なのですが、製図や模型作りの実践過程は週末に学校に通いスクーリング。オンラインで提出する課題やレポートも、私はいつもギリギリ。睡眠時間を削り必死に制作した課題に対して、先生から厳しい批評が返ってきては落ち込む、そんな日が続くこともあったりして」  

中でも「いちばん大変だった」と語るのが、第2子の妊娠中に挑んだ卒業制作。「つわりがひどいときには、横になりながら模型を作ったりして。卒業制作の発表後、修正した作品を京都のキャンパスに送るのが最後の課題だったのですが。発送を終えた帰り道に、一人でコッソリ泣きました。安堵と達成感が押し寄せてきて、“あぁ、終わったんだ”って(笑)」

「好奇心の赴くままに学びのドアをたたき続けたい」

「好奇心の赴くままに学びのドアをたたき続けたい」(知花さん)

人生の選択肢を広げてくれる学びは未来の自分への投資

つらく厳しい時間を過ごした卒業までの2年間。それでも学び続けることができたのは、喜びや楽しみもあったから。「私の至福のひとときは模型を作り終えたあとの撮影。スマホのライトを照らし朝日や夕日を再現しながら撮影をするのですが、カメラのレンズを通して見ると、そこで生まれるであろう生活や時間がえてくる。自分の頭の中にあるものが形になる、それは喜びを感じる瞬間でした。心が折れなかったのは、祖父の家を建て直すという明確な目標があったことも大きかったと思います。実は今、その計画も少しずつ動き始めていて。学校で建築関係の知り合いも増え、そんな仲間たちと意見を交わしている最中なんです」  

今までも、建築に限らず短歌や古筆など様々な学びにトライしてきた知花さん。その原動力は“好奇心とノリ”。興味が湧いたら「合わなかったらやめればいい。とりあえず、やってみよう」の精神で飛び込むことを大切にしているそう。

「学びは自分の可能性を広げてくれる。それを実感したのは大学在学中に学んだフランス語でした。留学も経験して身につけたそれは私の世界を広げてくれた……。私にとって学びは“未来の自分への投資”でもあります。特に年齢を重ねるほど“経験ずみ”のことが増えていく、ゆえに自分の可能性が狭まるような感覚に陥ることも。そこで足を止めたら何も変わらないけれど、学び知識を身につけ、できることが増えれば仕事や人生の選択肢が広がるかもしれない。それってすごくワクワクするじゃないですか」

未来はいい意味で不確定。それはミス・ユニバース・ジャパンに選出され、一夜で人生が変わった体験を経て学んだこと。「今の時代、肩書はいくつあってもいいと思います。“これしかできない”より“あれもこれもできる”のほうが未来に夢を描くことができるから。これからも好奇心の赴くまま、私は学びのドアをたたき続けたいと思います」

スクーリング以外は基本自宅学習

スクーリング以外は基本自宅学習。自分のペースで学べるが、課題に追われているときは孤独を感じることもあったそう

卒業式は京都芸術大学の瓜生山キャンパスで

卒業式は京都芸術大学の瓜生山キャンパスで。お気に入りの琉球紅型の訪問着を着て卒業証書を受け取りました

トレンチコート¥88000/ヘンネ カスタマーサポート(HAENGNAE)

取材・原文/石井美輪 ※BAILA2022年2月号掲載

関連記事
  • 学びって実は大人になるほど楽しめるもの。そう教えてくれるのは、一歩先をゆく同年代の女性たち。美容ジャーナリストとして活躍中の鵜飼香子さんは、雑誌編集部から独立したあと、ビジネススクールに通いMBAを取得。現在は“コオロギ食”に熱心に取り組んでいるそう。 MBA取得に通ったビジネススクールでの出会いが、第2の人生の扉を開けた History2016:雑誌編集部から独立2019:ビジネススクール入学2021:MBA取得、卒業 鵜飼香子さん うかい きょうこ●会社員を経て美容雑誌『MAQUIA』で'04年の創刊からエディターとして活動。'16に独立し、美容ジャーナリストとして多数の女性誌や広告などで活躍。2児の母。 経験が一周まわったと感じたとき、違う道を探し始めた 「美容雑誌のエディターとして働き始めてから13年目、世間ではよく“トレンドは一周する”と言いますが、私がそれを体感したのがそのときで。ワンサイクル経験した今、2周目に突入する前に違う道を探したいと考えるようになったんです」美容の世界で活躍していた鵜飼さんが、早稲田大学ビジネススクール(WBS)に通い経営管理修士(MBA)を取得。畑違いとも思える世界に飛び込んだきっかけは書店で出会った一冊の本だった。「それまでも仕事を通じて知り合った会社の方々からブランドマネージングの相談を受けることが多かったんです。エディターとしての経験から、売れるものやトレンドは感覚としてはわかる。でも、それをロジカルに説明する力が私にはなくて。“右脳”ではなく“左脳”で考え伝える力が足りないのかも、そう思っているときに出会ったのが、WBSで教鞭をとっている内田和成さんの『右脳思考』という本で。“右脳派の自分にビジネスは無理かもしれない”とあきらめていた学びへの好奇心をかき立ててくれたんです」自らを「好奇心旺盛で後先考えずに行動するタイプ」と分析。受験を決めたのは入試の1カ月前。そして「好きなものにはトコトンのめり込む」性格に突き動かされ見事に一発合格。しかし、入学してからがとても大変だったそうだ。「途中から新型コロナウイルスの影響で授業はオンラインになったのですが、それまでは9時から16時半まで教室で座学。家庭と仕事を両立させながら大量の課題にも向き合わなければいけない。特に必修科目を学び終えた2年目は好きな授業を詰め込みすぎて睡眠時間は平均3時間。自分で選んだ道ではあるものの、泣きたくなるほどハードな毎日でした」     同じ景色を眺め続けるより知らない海に飛び込んでいたい 好奇心も知識欲も旺盛な鵜飼さん。そんな毎日も「楽しかった」と振り返る。 「授業や講義はもちろんのこと、普段は出会えない人たちに出会えたことが私の中では大きくて。WBSには異業種の方々や留学生が通っていて、教室に集まる生徒は年齢も国籍もバラバラでとてもグローバル。その出会いは自分のいる世界がまだまだ小さいことを教えてくれ、私の視野をグンと広めてくれたんです」学校で手に入るのは知識だけではない。夢や目標に向かい突き進む仲間に出会い刺激をもらえるのも学びの魅力。実は今、そんな仲間と組んでコオロギビジネスを計画中。「WBSがセカンドチャンスの扉を開けてくれた」と笑顔で語る。「WBSで学んだことで環境への意識が高まり、そこで目に留まったのが昆虫食。コオロギは環境負荷をかけずに育てることができ、良質なタンパク質を摂取することもできるんです。肝心の味も美味しくて。揚げればまるで居酒屋さんで出てくる海老の素揚げのようですし、おだしはまるで関西風。鶏ガラよりも繊細でまろやかなコクが出るんです。そんなコオロギを浸透させるべく、国内外の論文を片っ端から読みエビデンスを集めたり、カンボジアでコオロギを育てる理工学部のチームを紹介していただきセッションを重ねたり。そこでもWBSで培った人脈に助けられているんです」今の夢はコオロギを手軽なスナックフードとして定着させること。「いずれは給食に出るような存在にしたい」と語る。「今はまだ道半ば。それを現実に変えるにはいくつもの壁を乗り越えなくてはいけない。でも、まだ見ぬその壁も楽しみだったりするんです。人生は一度きり、同じ景色を眺め続けるよりも、私は知らない海に飛び込んでいたい。計画性がないのが私の欠点ではありますが、学びにおいては長所だと思っています。身軽に勢いで動くことができるので。自分の中でやりたいことを温め続けても何も変わらない。行動を起こすことが大切。失敗もいずれ自分の財産になりますから‼」 ビジネススクールを卒業するまで、約2年間の“学び”がギッシリ詰まったノート。その数は軽く15冊を超え、最後には成績優秀者に選ばれる快挙も 留学生から「中国の卒業式ではこれが流行」と教えてもらったリボンをガウンにつけて。グローバルな同級生からは様々なことを学びました 環境負荷の低い餌で育てることから始めたいと、こだわり飼い始めたコオロギ。多いときは500匹以上いたそう 撮影/目黒智子 取材・原文/石井美輪 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 本格的に学びたいなら、確かな体系に基づいて学べる大学・大学院は最高の場所。リカレント教育のフロントランナー「日本女子大学」は、女性が長く働くためのプログラムを開設。 教えていただいたのは リクルート進学総研  主任研究員(社会人領域) 乾喜一郎さん (株)リクルート入社以来、一貫してキャリアに関する領域に携わる。社会人学習専門誌の編集長を経て、2019年より現職。学習者視点でリカレント教育・社会人学習のあり方について提言を続けている。 日本女子大学《リカレント教育課程 働く女性のためのライフロングキャリアコース》 人生100年時代、女性が長く働くための力を養う「履修証明プログラム」日本のリカレント教育のフロントランナーとして、2007年から育児などで離職した女性の再就職を後押しするプログラムを実施してきた日本女子大学が、就労中の女性を対象とするプログラムを2021年に開設。6カ月・合計65時間のカリキュラムで、授業は主に平日夜間や週末にオンラインで行う。長く働くための心がまえを学ぶ「キャリア講演」を必修とし、プレゼンスキルを上げる実践型授業や、人材育成の導入理論、マーケティング・マネジメント、管理会計の基礎などの選択科目を設置。受講生が自分に合わせて選択できる。費用は入学金33000円、受講料135000円。教育訓練給付制度の指定講座で、修了した上で一定の条件を満たせば受講料の一定の割合額が支給される。 2021年のオンライン開講式の様子。受講生は、管理職を目指す人から、自営業や経営者の人まで様々 ※BAILA2022年2月号掲載 「学び」の記事一覧はこちら
  • 本格的に学びたいなら、確かな体系に基づいて学べる大学・大学院は最高の場所。「京都芸術大学」では、完全オンラインでアート・デザインを学ぶことが可能な「手のひら芸大」が社会人に人気。 教えていただいたのは リクルート進学総研  主任研究員(社会人領域) 乾喜一郎さん (株)リクルート入社以来、一貫してキャリアに関する領域に携わる。社会人学習専門誌の編集長を経て、2019年より現職。学習者視点でリカレント教育・社会人学習のあり方について提言を続けている。 京都芸術大学《完全オンライン課程「手のひら芸大」》 知識・経験は不問!通学せずにアート・デザインを学ぶ現在、日本全国1万人以上、18歳から96歳の学生が学ぶ京都芸術大学。「手のひら芸大」では、芸術教養学科、アートライティングコース、書画コース、イラストレーションコースの4コースが用意されている。芸術教養学科では仕事や生活に生かせるアート・デザインの知識や実践例を学べ、アートライティングコースでは芸術作品や芸術家について文章で伝える方法を学ぶことができる。実際に描くことが好きなら、イラストレーションコースでイラストを体系的に学べる上、この春、書画コースも新たに開講。費用はコースによって異なり、年間17万円~。 学習サポート体制が充実し、4年制大学の卒業資格を取得可能。入学試験はなく、出願資格があれば誰でも入学できる ※BAILA2022年2月号掲載 「学び」の記事一覧はこちら
  • 学びって実は大人になるほど楽しめるもの。そう教えてくれるのは、一歩先をゆく同年代の女性たち。フリーアナウンサーの小熊美香さんは、テレビ局入社後に語学の楽しさを再認識して日本語教師のスクールに入学。「迷っていたときは好きなことに逃げてもいい」と語る。 「言語」への変わらない情熱。逃げ道も寄り道もすべての道はつながっていた History2002:高校2年生カナダに留学2008:上智大学英語学科を卒業2010:日本語教師のスクールに通い始める 2012:休学、仕事に専念2016:第1子妊娠、復学2017:日本語教師資格を取得 小熊美香さん おぐま みか●1986年生まれ、静岡県出身。2008年、日本テレビにアナウンサーとして入社、「news every.」「ZIP!」ほかに出演。報道からバラエティまで幅広く活躍。2017年に退社し、現在はフリーアナウンサーとして活動。2児の母。 現実から逃げたくて通い始めた日本語教師の養成講座 「言語に惹かれるようになったのは高校生の頃。カナダ留学を経験したのがきっかけなんです。日本ではあまり社交的ではない私が、英語圏に突入した瞬間、明るく振る舞えるようになる。言葉を通じて自分の新たな一面を知り、同じ言葉を話すことで多くの現地の人とつながることができた、それはとても大きな体験で。そんな言語をもっと追求したい、言語を通じてもっといろんな人とつながりたい、次第にそう考えるようになったんです」大学では英語学科に進み、身につけた英語力を武器にハリウッドスターにインタビューをしたことも。そんな小熊さんが日本語教師の資格を取得すべく学校に通い始めたのは日本テレビに入社して間もない頃、アナウンサーとして活躍し始めてから2年目の出来事だった。 「自分がアナウンサーになって感じたのが“私はこんなにも日本語のことを知らなかったんだ”という驚きでした。そこで、もっと日本語を追求したいなと思ったのがひとつの理由ではあるのですが……。実はいちばんの理由は“この仕事は自分に向いていないんじゃないか”と壁にぶち当たってしまったからなんですよ(笑)。そもそも私は言語が好きで“言語を扱う仕事がしたい”という漠然とした思いでアナウンサーの仕事に就いたので、仕事を始めてから表に出ることの責任の大きさや伝えることの難しさを痛感、早々に心が折れそうになってしまって。そこで、もしかしたらほかの道もあるんじゃないか。仕事以外に何かひとつ武器を身につけることができたら、いずれ別の世界に飛び込めるんじゃないかと。早い話が“逃げ”ですね(笑)。大好きな言語を扱う日本語教師の資格があれば海外で生活できるかもしれないし、アナウンサーの仕事にも生かせるかもしれない。そんな思いから、学校に通い始めたんです。誰にも言わず秘密裏にコッソリと(笑)」 「学びをきっかけに、外側から自分を見直し仕事の楽しさも再発見できた」(小熊美香さん) 想定外の気づきに出会える。それが、学びの楽しさ      当時は早朝番組を担当。生放送が終わったあとのスキマ時間や週末に学校へ。帰宅後は19時に就寝して翌朝3時に起きて出社。ハードな毎日ゆえに「座学は眠くて仕方がなかった」と笑う。「いろんな授業があるのですが、楽しかったのが模擬授業。実際に海外からやってきた生徒さんを相手に授業をするんですけど、自分でカリキュラムを組み教材も準備しなければいけないので。厚紙を切り、マグネットを貼り、ホワイトボードに貼りつける教材を徹夜で製作したりして。そして、挑んだ授業では、たとえば“木に登る”と“木を登る”、私たちが普段は気にしないような助詞の差について“何が違うの?”と質問されることも。教える立場の自分が日本語の難しさに頭を抱える場面も多々あり、正直、大変だったのですが。その分生徒さんに伝わったときの喜びもすごく大きくて。キラキラした瞳で“先生”と呼ばれるたびに、私のやる気や情熱も高まっていったんです」 日本語の知識をより深めたい、そんな思いから通い始めた学校。しかし、小熊さんが何より身についたと実感しているのが“教える喜び”。「実は今、役立っているのもそれなんです」と言葉を続ける。「教えは与えるものではなく相手から引き出すもの。先回りして答えを出さない、一緒に考えながら答えを出す。模擬授業で学んだことは、後輩や新人の指導役を任されたときに役立ちましたし、今も子育てにとても役立っているんですよ」想定外の出会いや発見が待っている、それも学びの楽しさであり面白いところ。 「実はほかにも大きな想定外があって。学校に通い始めてからアナウンサーの仕事を楽しめるようになったんですよ。それまでの私は仕事がすべてだったからこそモヤモヤしたり、不安になることが多かった気がするんです。でも、一歩外に出て、外側から眺めたことで、あらためてアナウンサーの仕事の楽しさや素晴らしさに気づくことができた。結果、別の道を探す当初の予定が覆り、生き生きと会社に向かう毎日。次第に学校から足が遠のいてしまいまさかの休学。卒業するまで約7年もかかってしまったという(笑)」 大人の学びの“正解”は自分で見つければいい “逃げ道”から始まり途中には“寄り道”も。マイペースな小熊さんの学びの道。「本当、ダメダメですよね(笑)。でも、肩の力を抜いてゆっくりと、大人の学びはマイペースでもいいのかなって思う自分もいるんです。社会人になると“仕事がすべて”になりがち。そんな狭い世界から外へ連れ出してくれる学びは、息抜きや新しい風を届けてくれて、その時々の自分を救ってくれることも。知識を得ることだけがゴールじゃなくていい。迷っているときは学びに、好きなことに逃げてもいいと思うんです。また、学びで得た知識をどのタイミングでどう使うのか、それも自由。今は使えなくても未来のために楽しみながら蓄えてもいいと思うんです。私自身、学校に通い始めた当初に抱いていた“日本語教師をしながら海外で暮らしたい”という夢は今もなお健在。子育てをしている今は難しいけれど、それが終わったらいつか……。そのときこそは、7年かけて得た資格を生かそうと思っていますからね(笑)」 高校2年生の1年間を過ごしたカナダのエドモントンで。使う言語が英語になると性格が変わる自分に驚いたそう 「ZIP!」のニュースキャスターとして英語力を生かしインタビューも。写真は2016年に大統領選挙の取材で訪れたNYで 日本語教師資格を取得するためには400時間以上の座学と外国人生徒への模擬授業経験がマスト。写真は自作した教材 ジレ¥20900・パンツ¥19800/ストラ ニット¥13200/ルーニィ その他/スタイリスト私物   撮影/目黒智子 ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリスト/山﨑静香 取材・原文/石井美輪 ※BAILA2022年2月号掲載
  • こんにちは、バイラーズの前川です。 これまでのブログはこちらから BAILA2月号、もうご覧になりましたか。特集は「学べる人は、一生楽しい!」さまざまな学びによってライフスタイルを確立された方のエピソードや、すぐ実践できるような情報が盛り沢山! 先の見えない今だからこそ、手に職をつけたり、色々なことを考える時間が必要ですよね。そんな私もコロナと結婚を機に働き方を変えた1人。以前はアパレル会社のプレスでしたが、現在は企業関連のWebライターやPRなど、販促・広報に関わる仕事をしています。場所を問わず働けるので、たまに気分を変えてカフェで作業をしたりします。 【THE CORE KITCHEN 】 今回はそんな毎日で見つけたノマドワーカー的、作業できるおしゃれカフェ(電源・Wifiあり)をご紹介します! 新橋と虎ノ門を結ぶ新虎通りにあるカフェ•ダイニング「THE CORE KITCHEN」。 オフィスビルの並ぶ一角に、どーん!と広くおしゃれな空間が突然現れます(笑) 店内は、解放感のある高い天井と壁の特徴的な絵が目を惹きます。この絵は、アートユニット「HITOTZUKI」が手掛けられたのだそう。 日曜の11時オープン直後に行ったのですが、昼時になってもガヤガヤすることはなかったです。(お店が広くて席数が多いのもある!) ランチセットはサラダとメインのセット。セットを頼むと、ドリンクもお安くなります。平日は980円のデリランチもあるようです。メインが来る前にサラダを食べてしまい、別々に撮った写真ですみません 大好きなカフェラテも、、おいしい!!最高なカフェです。 コンセントの使える席は多いですが、全席にあるわけではないので、使いたい場合はスタッフさんに相談すると案内してもらえます。作業以外にも、少し気分を変えて何か考えたい時や、親しい人とゆったりした時間を過ごすのに、ぴったりなカフェと感じました。 ぜひ皆さんも利用されてみてくださいね! Instagramはこちらから
  • こんにちは!バイラ―ズの臼居実優です。昨年は色々あり、こちらのブログをお休みさせていただいておりましたmmそのお陰で色々学んだ年でしたので、またこのブログでも発信していけたらなあと思っております。さて、わたしのインスタグラムをご覧の方はご存知と思うのですが、嬉しいことに“臼居実優”といえば”ヨガ”のイメージが定着しつつあります。わたしはヨガに出会って人生が変わったといっても過言ではないくらい、日々ヨガに魅了されています。ヨガを本格的に始めたのは26歳の時。それからどっぷりはまり今ではヨガをしない日はありません。今回はいまのわたしには欠かせない“ヨガ”を始めた3つの理由をお伝えできればと思います。 理由その1:趣味を持ちたかった ※ヨガを始める前までは、趣味は旅行と食べること。1人でヨーロッパに行ったりもしました! ヨガに出会うまでのわたしはとにかく周りに影響されまくりで、なんにでも染まりやすかったです。当時は「相手に合わせることができるのも自分の良いところ」と受け入れながらも、ある一つの”カラー”を持っている人にとても憧れていました。わたしの身近な存在でいくと、父がその憧れの一人。あるときから“染まりやすい自分”に違和感を持ち始め、自分が何者なのかわからなくなり、それを父に相談したところ「趣味をもちなさい」とアドバイスの一つとして言われました。そのときは「趣味を持つだけで人間変われるわけないじゃ~ん」と思っていたのですが、今までこれ!と言い張れる趣味をったこともがなかったので、元々興味があったヨガを再開しました。それがきっかけの一つ目です。子供のころのわたしは"趣味って時間潰し”のためにあると思っていたのですが、実際ヨガに没頭する時間は、自分と見つめ合う大切な時間となりました。 理由その2:手に職をつけたかった ヨガを始めた26歳の時点で既に2回の転職をしていて、3社目の会社で働いていました。新卒で入社した会社では総務、2社目は営業事務、3社目で役員秘書。目の前にいる人(身近な人)の役に立つことに喜びを感じていた私には全てピッタリの仕事でしたが、自分が定年まで会社員をしていることが全く想像できませんでした。 そんな気持ちに気が付いたのは、会社で半期に一度行う上長との面談時。【今の仕事で実現したいことや将来挑戦してみたいこと】を記入する欄に、今の仕事に直結することが何も書けなかったのです。かといって今の仕事に関係ないことでも将来何をやりたいかが明確になく、面談時に号泣しました。笑泣きだした私にあたふたする上司の顔がいまでも忘れられませんが、そのあとも将来について一緒に考えてくれた優しい上司には今も感謝しています。それから少しづつ将来なりたい自分について考えるようになり、色々なアイディアが思い浮かぶも、やっぱり会社員でいる自分は想像できなくて。それであれば何かを極めて手に職業を持たなければ!と思ったのがきっかけの2つ目です。そのときハマりつつあったヨガをもっと学んでヨガインストラクターになるか、元々料理好きということもありお料理教室の先生になるかどちらかで悩んだ結果、わたしはヨガを選んでヨガインストラクターの資格を取得することになりました。 理由その3:摂食障害を治したかった ちょっとヘビーな内容になる気がして書こうか躊躇したのですが、自分にとっては大切なことなので書き留めます。実は高校1年のときに拒食症になり、体重が一気に20kg以上減ってしまいガリッガリになった時期がありました。それから過食嘔吐症になり 、症状が治っては復活したりと、発症して10年以上経っても(当時26歳)それから完全に離れることができませんでした。この病気は精神面から来ていて、その理由の1番の要因は”自分に自信がないから” 当時のわたしは他人と比べてばかりでした。「自分の容姿が悪いから、自分を見てもらえないんだ」「自分は頭が悪いから、せめて外見だけでも綺麗でいよう」など...自分に自信がなくなるとそんな風に考えてしまう癖があって、それに追い詰められると自虐行為をしてしまっていました。そして自虐行為をするまた自分を責めて、、、永遠に自分を責めまくっていました。笑(いや、実際笑えないんだけどね。)自分に自信を持つためには摂食障害から立ち直らないといけないし、摂食障害から抜け出すためにはとりあえず健康を取り戻さないといけない。 そう考えて、まずは「食事のコントロール」か「運動」どちらか始めてみることにしました。理由その2でもお伝えしましたが、元々料理が好きだったこともあり食事のコントロールから始めてみようと考えたのですが、今までの自分の経験からして、まずは「食から離れた方がいい!」と考えて、運動することを選択しました。なんの運動しよう?は全く迷うことなく、導かれるがままにヨガスタジオを探していました。それがヨガを始めたきっかけ3つ目です。摂食障害については、正直いまも完治はしていません。 でもそれから離れられる日はそんなに遠くないと思っています。改善してきた理由は様々ありますが、ヨガ存在はとても大きいです。それはまたいつかの機会にお伝えします^^ ※ピークに痩せてる時ではないけれど、身体はガリガリで顔はむくんでパンパンだった時期もありました。 以上の3つ理由がわたしがヨガを始めたきっかけでした。 これから、ヨガの知識やヨガを通して学んだことをブログに書いていくので、まずはわたしとヨガの関係を知っていただきたくて少し長く綴ってしまいました。今月号のBAILAは有名芸能人からバーラーズ、一般のOLさんまで様々な女性が今までの経験についてのインタビュー記事がとても面白く共感しました。ぜひ同世代の働く女性に見ていただきたい1冊です^^ ※自分で「始めた」女たちも、働く女性に是非読んでいただきたい1冊です☆ それでは長々とお読みいただきありがとうございました。 インスタグラムではヨガを中心に食や美容のことも発信しております☆このブログの更新もストーリーなどからお知らせいたしまので、よかったらフォローお願いします☆ インスタはここから飛べます✈︎
  • 本格的に学びたいなら、確かな体系に基づいて学べる大学・大学院は最高の場所。「グロービズ経営大学院」ではオンラインと通学を組み合わせたハイブリッド型MBAが話題! 教えていただいたのは リクルート進学総研  主任研究員(社会人領域) 乾喜一郎さん (株)リクルート入社以来、一貫してキャリアに関する領域に携わる。社会人学習専門誌の編集長を経て、2019年より現職。学習者視点でリカレント教育・社会人学習のあり方について提言を続けている。 グロービス経営大学院《ハイブリッド型MBA》 オンラインと通学を組み合わせて、MBA(経営学修士)の取得を目指せる!MBAとは、経営者の視座を持つビジネスプロフェッショナルを育成することを目的にした学位。2006年開学のグロービス経営大学院は、主に社会人を対象にしたMBAを取得できるビジネススクール。他校に先駆けて2015年から実施したオンライン完結プログラムが多数の学生から好評だったこともあり、2021年度からオンラインと通学を自由に組み合わせられる新プログラム「ハイブリッド型MBA」がスタート! オンラインクラスと通学クラスの間で振替受講も可能で、通学クラスは全国7つのキャンパスで開講中。現役・実務家教員とともに、ケース(企業事例)を用いたディスカッション中心の授業が特徴。費用は1科目のみの「単科生」で128000円、2年間の「本科生」は2998800円。 オンライン・通学ともに、クラスはディスカッション形式で同等の質を担保。特にオンラインクラスを通して日本全国・海外からの学生と出会うことができ、ネットワークを築ける ※BAILA2022年2月号掲載 「学び」の記事一覧はこちら
  • 学びって実は大人になるほど楽しめるもの。そう教えてくれるのは、一歩先をゆく同年代の女性たち。バービーさんは自分が本当に好きなものを見つめ直し、園芸の世界へ。仕事や結婚などに対する迷いから解放され、自分らしさを取り戻せたそう。 自分自身を見つめ直して心から好きな「植物のこと」を形にしたら、人生の迷いが晴れた History2016:日本園芸協会に資料請求2017:「ガーデンデザイナー」資格取得2018:4月渋谷公園通り ガーデニングコンテスト参加 2018:5月英国チェルシーフラワーショー ボランティア参加 バービーさん ばーびー●1984年生まれ、北海道出身。'07年にお笑いコンビ・フォーリンラブを結成。'16年から地元・北海道夕張郡栗山町の町おこし、テレビのコメンテーターやラジオパーソナリティなど幅広く活躍。ピーチ・ジョンと協業で下着の開発も行う。 自信がない自分を武装すべく取得したいくつもの資格 チベット体操インストラクターやスパイス&ハーブコンサルタントなど、今までにいくつもの資格を取得。実は“資格マスター”であるバービーさん。 「知識や特技を身につけることで自信を持ちたい、自分の中にそんな気持ちがあったんでしょうね。特に20代後半は人生に迷っている時期で。私はどんな人間なのか、何が適しているのか、自分の可能性を探るべくいろんな学びに手を出しました。『大人の家庭教師トライ』で急にビジネスや社会学を学び始めたかと思えば、『宣伝会議』のコピーライター講座に申し込み、講義を数回受けただけで挫折。通関士の資格を取るために高額な教材を取り寄せたものの、あまりの難しさに3日であきらめたこともありました(笑)」  ガーデンデザイナーの資格を取ったのも、そんな迷いの渦中にいた頃。 「自分を見つめ直さなきゃと思ったとき、何が本当に好きなのか考えて。そこで、頭に浮かんだのが“植物”だったんです。私の本名は“笹森花菜”なんですけど。草木を表す漢字がそろった名前を授けられたせいか、子どもの頃から自然や植物が大好きで。普段は何かにハマるということがあまりないのですが、長崎のハウステンボスで開催されるガーデンショーだけは一人旅がてら何度も訪れていたんです」  人生の迷いの波がMAXに高まった30代前半には、イギリスの世界的な園芸の祭典「チェルシーフラワーショー」に庭園デザイナー・石原和幸さん率いるチームのボランティアスタッフとして参加。 「ありがたいことに仕事はとても忙しかったのですが、過激なスタイルで笑いを取ることに疲弊している自分も。実はテレビというフィールドに限界を感じていた時期でもあって。また、私生活では一人の女性としての未来も考えるように。結婚したら仕事と家庭の両立は難しいかもしれない。でも、この仕事を辞めたら私に何が残るのだろう……。先延ばしにしていた迷いの答えをそろそろ出さなくちゃいけないぞと。相当、追い詰められていたんでしょうか。ネットで“ボランティアスタッフ募集”のHPを見つけた瞬間、何かにせかされるように申し込みボタンを押していたという。事務所に相談する前に、完全に勢いだけで(笑)」   「人生に悩み迷った30代の入り口。もがき学んだから答えが見えた」(バービーさん) 自分自身を取り戻せた英国のボランティア期間 ガーデンデザイナーの資格を取ってよかったことは何かと尋ねたとき、バービーさんから返ってきたのが「ボランティアスタッフを経験できたこと」だった。  「イギリスには約1週間滞在したのですが。まず、この仕事を始めてから、自分の意志で長期休暇を取ったのはそれが初めてだったんですよ。忙しさを理由に置き去りにしてきた“自分と向き合う時間”を持つチャンスだと思い、ボランティア仲間には“バービー”ではなく本名で呼んでほしいとお願い。その期間は仕事を忘れ“笹森花菜”として過ごすことができたんです。そして、それが自分自身を取り戻すとてもいい機会になったんですよね」  それまでは自分の大半を“バービー”に注いで生きてきたけれど、“笹森花菜”もちゃんと満たしてあげなければいけない。学びを通してそこに気づいたとき、目の前をずっと覆っていたモヤモヤがふうっと晴れていくのを感じた。 「私を“花菜ちゃん”と呼ぶ仲間と出会えたことも私にとっては大きな財産。今も交流がずっと続いていて。ゴリゴリの造園のプロとして活躍する仲間たちと、イモトアヤコちゃん宅のお庭を一緒に造ったこともあるんですよ」 大人になればなるほど学びはきっと楽しくなる!!   以前は“自信がない自分を武装するため”そして“自分探しのため”に学んでいたバービーさん。しかし、今はそれが“自分を豊かにするため”のものに変わった。 「大学を卒業してから、今がいちばん豊かに学べている気がします。ラジオ、執筆、書評の連載など、これまで触れてこなかったジャンルのお仕事をいただき、学ぶ機会が増えたこともきっかけなのですが。年齢や経験を重ねて、理解する解像度がすごくクリアになったというか。若い頃はわからなかったことが今になって理解できるようになった、そういうことがとても多くて。大人の学びはとても刺激的。クラブでお酒を飲んだり踊ったりするよりも充分に刺激的(笑)。もしかしたら、感受性は弱まっているのかもしれないけれど、それをカバーするくらいの経験値と蓄積された感情がありますから。そこに学ぶこと一つひとつがビリビリと大きく響くんですよね。この先もきっと、そのビリビリは増していくはず。それを今の私は楽しみにしていたりもするんです」 渋谷公園通りの花壇を飾る国際ガーデニングコンテストにひそかに参加。チームを結成して取り組み、アイディア賞を受賞 チェルシーフラワーショーで。自分を取り戻しつつある“笹森花菜”さん。仲間とともに真剣に好きなことと向き合った!! バービーさんが師と仰ぐ庭園デザイナーの石原和幸さん。長崎のガーデンショーにも発足から携わる、その道の第一人者 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/加藤志穂〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/谷口夏生〈TAKUTY PRODUCE&CREATE〉 取材・原文/石井美輪 ※BAILA2022年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND