【フツーの服をおしゃれに着る3】定番「シンプルニット」の着こなしを変えて今年っぽく!

@BAILA

エディター東原妙子とスタイリスト佐藤佳菜子の二人が、手持ちのベーシックをこなれて見せる“ちょこっと変え”テクを提案。かけたり、巻いたり、重ねたり。ニットの可能性が広がった今季、冬の定番シンプルニットで、何通りもの楽しみ方ができる!

ちょこっと変えテク「タートルをニットonニットする」

藤井夏恋 「タートルをニットonニットする」

ざっくりVネックニットの下に、薄手タートルニットを重ねて。異素材だけでなく、同素材のニット&カーディガンの重ね着も洒脱。Vネックニット¥53900/エイトン青山(エイトン) 中に着たニット¥10780/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) スカート¥20900/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥46200/UTS PR(オソイ) ピアス¥31900/エスケーパーズオンライン(モダン ウィーヴィング) ソックス¥2970/真下商事(パンセレラ) 靴¥40700/エストネーション

ちょこっと変えテク「シャツの下にニットを着る」

藤井夏恋 「シャツの下にニットを着る」

タートルニットを中に着ることで、冬はインナーとして着ることが多かったシャツやシャツワンピースが、ジャケット的な役割に。ニット¥19800/メゾン イエナ(イエナ) シャツ¥29700・スカート¥42900/トラディショナル ウェザーウェア 青山店(トラディショナル ウェザーウェア) キャップ¥9900/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥27500/マリハ リング¥15400/ソワリー バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥42000/デ・プレ(フラッタード)

ちょこっと変えテク「ストール代わりにコートの上に巻く」

藤井夏恋 「ストール代わりにコートの上に巻く」

コートやジャケットの上に、ニットを肩かけするテクニック。シンプルなアウタースタイルも、“コーディネートしてる感”がアップする。ニット¥48400・ソックス¥5500/オーラリー コート¥30800/パブリック トウキョウ 渋谷店(パブリック トウキョウ) スウェット¥19800/ティッカ パンツ¥53900/カオス丸の内(カオス) メガネ¥37400/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥29700/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(オルセット) 靴¥57100/エスケーパーズオンライン(ヘリュー)

TAEKOTAEKO「今季、薄手のシンプルなタートルニットがやたらめったら活躍してる」

SATOKANASATOKANA「私も。肩や腰に巻いたり、シャツやワンピースの下に重ねたり、シンプルなスタイリングにニュアンスを出したいときに、助かってるわ」

TAEKOTAEKO「何ならニットの下にニットっていうのも今季はアリ。俗にいう、脱いでも脱いでも出てくるニットのマトリョーシュカ状態ね」

SATOKANASATOKANA「それ、初めて聞いたけど」

佐藤佳菜子

スタイリスト

佐藤佳菜子


本誌の表紙やファッション特集のほか、広告などでも幅広く活躍する超人気スタイリスト。そのセンスと明快な理論にファンも多い。

東原妙子

エディター

東原妙子


本誌をはじめ、数多くの女性誌やカタログなどを手がけるエディター。人気ブランドuncraveのクリエイティブディレクターも務める。

撮影/黒沼 諭〈aosora〉 ヘア&メイク/イワタユイナ スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/藤井夏恋 構成・原文/東原妙子 ※BAILA2022年1月号掲載

関連記事
  • おしゃれはそろそろ心浮き立つ春にスイッチ。今季は気分も着こなしも盛り上げてくれる多彩なカラーパンツがスタンバイ! センタープレス入りで、すらり見えがかなうきれいめシルエットなら、オフィスに通用するきちんと感も申し分なし。 【センタープレスパンツ】“トレンド上手”を印象づける小粋なグリーン カッコよさと華やかさを同時にかなえてくれる、みずみずしいグリーンは今シーズン、大注目のカラー。落ち感がありながらも、タックが効いた立体的なシルエットで洗練感のある着こなしが思いのまま。パンツ¥41800/エンケル(エスロー) コート¥61600/インターリブ(サクラ) カットソー¥16500/ヒュッゲ イヤリング¥13640/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) 靴¥52800/ザ・グランドインク(ロランス) オレンジがかったピンクはヘルシーさも発揮。ワイドシルエットならスタイリッシュに。¥62700/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 定番コーデが瞬時に着映えする吸引力のあるイエロー。¥42900/アーク インク(ザ・ニューハウス) くすんだラベンダーは白やベージュなど淡色となじみよし。自宅でお手入れできる頼もしい一本。¥20900/ストラ ツヤ感のあるブルーや華奢なベルトが一歩先ゆくこなれ感を実現。¥30800/ミュラー オブ ヨシオクボ 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini. 〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/新川優愛 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • なんだかんだと「毎日出社」な私。すっかりローヒールしかチョイスしなくなくなった今日この頃なのですが、最近お気に入りの3足を紹介します。履いているだけで気分が爆上りのグッチのローファー、きれいめテイストの服に似合う絶妙なボリュームのアスファルトのスニーカー、そして休日に履きたくなるポップな柄のオールスターです! 眺めているだけでうっとり、はき心地抜群のグッチのビットローファー まずはグッチのローファー。秋口にインスタグラムでふいに流れてきた画像に釘付け、速攻新宿伊勢丹に買いに走った「一目惚れ」靴。グッチのアイコンでもあるバンブーにブレスレットのようなゴールドモチーフのアクセントがたまりません。美しいステッチやコバ、深く品の良い輝きをまとう黒など、靴自体の完成度にもうっとり。美容院などで褒められることも多く、履いているだけでウキウキです。足になじんできたので、はき心地もGOODです。 グレー、ベージュ、白、茶・・・。どんな色の服にも似合う万能ボリュームスニーカー お次はちょっとボリュームのあるスニーカー。実はこれBAILA1月号の「フツーの服をおしゃれに着るためのこなれアイディア16」の校了ページを読みながら、思わずポチってしまったものです! あんまりにスタイリスト佐藤佳菜子さんのコーディネートが素敵だったもので・・・。程よいボリュームがあるので冬コートスタイルにも負けません。そしてなんといっても配色が絶妙。グレーベースにベージュと白が入っているので、ボリューム感のわりに軽やかな印象なのです。今年のヘビロテ、NORCのグレーのオーバーサイズコートにも合うし、手持ちの茶系チェスターコート、白ダッフル、ネイビーのリバーコートなど、どれと合わせてもすんなり馴染むので、本当に通勤に重宝しています。 ポップなペイント柄のコンバースオールスターに、休日の開放感を込めて そして最後はコンバースのオールスター。蛍光カラーのペイント柄なので、さすがにこれは会社には履いていかないですが、休日、近くのカフェにお散歩に行く時などに。合わせるのもパーカやデニム。休みの日は、思いっきりカジュアルを楽しんでしまいます。以上、最近お気に入りの3足でした! BAILA編集長 杉浦歩 アラフォー雑誌のファッション・ジュエリー担当として14年。6月よりBAILA編集長となりました。好きなものはビールと音楽と柴犬です。皆さまどうぞよろしくお願いいたします。
  • バイラ世代が目指すべき春のイットフェイスこと“これさえ持っておけば”のテッパンおしゃれな新色コスメを、人気ヘア&メイクが本気でピックアップ! 福岡玲衣さんは「渋イエロー」の囲み目でハンサム顔に! 前の記事:ヘア&メイク林由香里さんの“渋イエロー”で魅せるフレッシュフェイス ヘア&メイク 福岡玲衣さん ファッションとのバランスを考慮したこなれ感あふれるメイク提案で人気急上昇。トレンドを牽引! 《福岡推し!》渋イエローで囲み目にして彫り深感を演出したハンサムな彼女 使用したコスメはこちら SNIDEL シルキー タッチ アイズ 01グリーンのニュアンスをはらんだノスタルジックなイエローとスモーキーなオレンジのカップル。シルキーなテクスチャーでフィット感にもうっとり。¥2970/スナイデル ビューティ アディクション ザ カラーリキッド アイライナー 101イエローのムードをそれとなく感じるマットなスモーキーグリーン。¥3300/アディクション ビューティ(限定) HOW TO 《1》SNIDEL シルキー タッチ アイズ 01のオレンジを二重幅になじませたあと、オレンジと肌の境目に目頭が強めに発色するように、イエローをブラシで重ねる 《2》上下のキワ全体にアディクション ザ カラーリキッド アイライナー 101を引いて囲み目に。瞳のフレームをやわらかに締めながら、アイシャドウの黄みの発色を引き立てて 《3》SNIDEL シルキー タッチ アイズ 01のイエローを下まぶた全体にふわっとオン。ブラシで2で引いたラインの上をなぞって、アイシャドウに溶け込ませる OTHER ITEM オレンジ×ブラウン。ブレンドして頰の外側に小さくふんわり。プレスト ブラッシュ 09 ¥3850(セット価格)/ポール & ジョー ボーテ ピンクブラック。上まつげだけにさらっと。ブルーミングラッシュ ニュアンスカーラー 01 ¥3300/ジルスチュアート ビューティ ウォーミーなローズ。全体に塗ったあと、ティッシュオフして密着させる。コンフォート リップオイル インテンス 09 ¥3520/クラランス(2/4限定発売) シャツ¥9900/サステナブル ケイスリー(ジーナ トリコ) イヤカフ¥11000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ジャスティン デイビス) 撮影/ISAC〈SIGNO〉(人)、 ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/福岡玲衣〈TRON〉 スタイリスト/古田千晶 モデル/森絵梨佳  取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 羊羹は古くから愛されてきた和菓子のひとつ。最近は、新たな発想や技法を用いた新ジャンルな羊羹が続々登場! 今回は、フルーツの魅力をぎゅぎゅっと詰め込んだ「フルーツな羊羹」をご紹介。甘みに酸味やえぐみが折り重なった、味の奥行きを楽しんで。 1.五條堂「羊羹みのり」 紅茶とのペアリングが秀逸。具だくさん羊羹はちみつ入りの白あんにクランベリー、いちじく、あんず、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオがイン。ジューシー&ゴロッとした食感が楽しく、脚つきのカップに入っているのもチャームポイント。6個入り¥2051 PACKAGE DATA大阪府東大阪市東鴻池町1の5の7 ☎072(963)4331 https://gojodosweets.com/ 2.乃し梅本舗 佐藤屋「りぶれ」 あんことレモンがこんなにも相性いいなんてベースはラム酒を練り込んだコク深い黒糖羊羹。トップには寒天で固めた愛媛県の怒和島の農家から届いた完熟レモンの蜜漬けを贅沢にオン。芳醇な味わいと爽やかな香りゆえ甘いものが苦手な方にもおすすめ。1棹¥1296 PACKAGE DATA山形県山形市十日町3の10の36☎023(622)3108https://satoya-matsubei.shop-pro.jp/ 3.五勝手屋本舗「回/Re-Fruit」 フォルムが愛らしい羊羹inドライフルーツ豆の産地であり、水が美しいことから実は羊羹が美味しいことで知られる北海道発。ドライいちじくの中に、小豆ではなく十勝産の金時豆を使う五勝手屋羊羹を詰めて。プチプチした種の食感も楽しい。3個箱入り¥1404 PACKAGE DATA北海道檜山郡江差町本町38 ☎0139(52)0022https://gokatteya.co.jp/ 4.銀座凮月堂「羊羹テリーヌ」 ハーブやスパイスがイン。エキゾチックな味とメロウな余韻自家製あんに、木の実やドライフルーツとともにスパイスやハーブをしのばせて。クローブが香る“黒”にはいちじくやピスタチオなど、白味噌入りの“白”にはレモンピールやレーズン、かぼちゃの種などが。各3枚入り¥3100 PACKAGE DATA東京都中央区銀座6の6の1・2F ☎03(3571)2900 https://ginza-fugetsudo.co.jp/ 5.湯布院 ジャズとようかん「ジャズ羊羹 classic」 上質な食材で作る大人のための小粋な羊羹沖縄県産の黒糖を加えて作る羊羹には、ワインに漬け込んだ高地栽培の高級いちじくがゴロゴロ入って。白あんに練乳や牛乳を加えたあんを重ね、ピアノの鍵盤を表現。センシュアルな魅力が口中に広がる。1棹¥2160 PACKAGE DATA大分県由布市湯布院町川上3015の4 ☎050-3538-0943(お客様相談室)http://www.jazz-youkan.com/ 撮影/山口恵史 スタイリスト/西崎弥沙 取材・原文/広沢幸乃 ※BAILA2022年2月号掲載
  • バイラ読者のお悩みに東京大学名誉教授の姜尚中さんが回答! 今回は、劣化する政治への不信から、社会を変えたいと思っている女性へ、何からスタートすべきかをアドバイス。 〈お悩み〉劣化する日本の政治を変えたいけれど、何から始めればいいのか、わかりません(K・33歳・メーカー) 今やすっかり貧しい国となった日本。格差も広がるばかりです。しかし政治家は、問題を直視しようとせず、私利私欲に走るばかり。現状を変えたいと思いますが、私には政治の知識はありません。社会を変えるにはどうしたらいいのでしょうか。また知識や情報を得るとき、気をつけたほうがいいのはどんなことですか。 まずは自分にとって最も切実な問題から取り組んでみてください──姜 僕がおすすめしたいのは、自分にとっていちばん切実な問題から始めてみるということです。たとえばKさんに子どもがいるなら、保育園の問題を考えてみる。地域の待機児童の数を調べるだけでも色々なことがわかってきます。政治というのは何か特別なものではありません。いきなり天下国家を語るより、身近な問題から考えることで、より自分の価値観を反映させることができると思います。それから情報の見分け方ですが、大切なことがひとつあって、それは、右にしろ、左にしろ、極端なことを言うメディアや人には警戒が必要だということです。人の気持ちをあおり、扇動していくようなメディアは、客観的な視点が欠けています。インターネット空間では、さらにその傾向が強くなり、あらゆる感情が増幅されます。一方、新聞は「新聞紙」という物理的なものを俯瞰して第三者的な視点が定まってくるというメリットがあり、古いメディアですが、情報を整理する上で、とても有効なメディアだと僕は考えています。また、自著『それでも生きていく』もおすすめです。これを読めば、今世界で起きていることについて、より理解が深まるはずです。機会があれば、ぜひ手に取ってみてください。 『それでも生きていく 不安社会を読み解く知のことば』 発売中!本書は、2010年から2021年まで、女性誌で連載されていた姜さんの人気連載をまとめたもの。この間、東日本大震災、中国の台頭、トランプ大統領の誕生、新型コロナウイルスのパンデミック……と、世界も日本も揺れに揺れた。そんな不安社会の構造を姜さんが読み解き、苦しみや悲しみを乗り越えて生きていく術を示してくれる、現代の救済の書。劣化する日本の政治、変わりゆく知のカタチ、ジェンダーをめぐる攻防、問われる人間の価値、不透明な時代の幸福論とテーマも刺激的で、知的好奇心が満たされること間違いなし!!『それでも生きていく 不安社会を読み解く知のことば』 姜尚中著  集英社 1650円 姜尚中(かんさんじゅん) 1950年、熊本県生まれ。東京大学名誉教授。長崎県鎮西学院学院長。熊本県立劇場館長。専門は政治学・政治思想史。著書に『悩む力』『漱石のことば』『母―オモニ―』『トーキョー・ストレンジャー』など多数。 撮影/渡部 伸 イラスト/塩川いづみ 取材・原文/佐藤裕美 ※BAILA2022年2月号掲載
  • @BAILAで1月20日~1月24日の期間に、トップ5にランクインした人気ヘアをお届け! ▼ヘアの詳細はリンクをタップしてチェック! 【5位】前髪なしのヘルシーなくびれロング 旬のくびれヘアは、2022年もオーダーが殺到中! BAILA世代は、やりすぎない“ほんのりくびれ感”がキーワード。毛先はやや厚めにカットし、顔周りにレイヤーをプラス。イマドキっぽさが出るよう、毛流れと弾むような動きを添えて。顔周りに後れ毛となる部分をつくることで、時間がないときはサッとまとめるだけでも簡単にニュアンスが出せる。(Violet 表参道店 浅沼雄元さん) ▷詳細はこちら! 【4位】揺らめく大人のフェミニンロング 2022年は顔周りにしっかりレイヤーを入れた、華やかで動きのあるスタイルに注目! BAILA世代はさらにツヤ感をプラスすることで、より大人の美髪へアを極立たせたい。毛先は厚みを残しながらカットし、顔周りにレイヤーをプラス。前髪は広めのシースルーバングで、大人可愛いバランスと抜け感を。毛量が多い、髪質が硬い人に特におすすめ。(Violet 表参道店 MANAEさん) ▷詳細はこちら! 【3位】大人可愛い上品ゆるウェーブ 重くなりがちなロングヘアも、顔周りにレイヤーを入れることで軽やかになり、華やかな雰囲気も際立つスタイルに。毛先はやや厚めにカットし、バックからフロントに向けて短くなっているのが特徴。前髪は薄くなりすぎないよう狭めに取って、小顔効果もプラスされている。カラーは10トーンのアッシュベージュに、ほんのりラベンダーをオン。柔らかく透けるような質感のフォギーベージュに仕上げて。(LONESS 本田治彦さん) ▷詳細はこちら! 【2位】こなれ感漂う美シルエットなくびれロング 2022年は引き続きレイヤーを入れた軽めのスタイルや、シースルーバングに注目が集まりそうな予感。重くまとまりにくいロングヘアは、表面にレイヤーを入れて、ふんわり空気を含んだような動きと立体感を出して。時間がない日も顔周りの毛を巻くだけで、簡単にこなれヘアが実現。前髪はやや長めのシースルーバングにすることで、顔が隠れすぎず、表情をふわっと明るい印象に見せてくれる。(GARDEN aoyama 豊田 楓さん) ▷詳細はこちら! 【1位】美人度アップなレイヤーロング 2022年のトレンドは、重ためのベーススタイルから、動きと軽やかさのあるレイヤースタイルへと進化! ベースカットとスライドカットで毛流れを作り込めば、巻かなくてもツヤとまとまり、束感のあるスタイルがかなう。ひとつに束ねるだけでも、レイヤーの動きが出てニュアンスのあるスタイルになるので、いつもとは違う表情を楽しんで。(BEAUTRIUM 神戸 尾谷有美さん) ▷詳細はこちら!
  • 勉強や仕事は頑張った分だけ結果はついてきたけれど、恋愛や婚活だけはどうも報われない…(涙) 悩めるライターTが賢者5人に徹底取材! 頑張っても恋愛や婚活だけは 報われないのはどうして!? 突然ですが、皆さま!恋愛に努力って必要だと思いますか? 好きな人に好かれるために、彼氏と長続きするために、自分磨きも頑張ってきたし、相手への気づかいも怠ってこなかった。空気だって読めるし、使うかどうかは置いておいて、ある程度のテクニック的な知識はある。むしろ自分で言うのもなんだけど、そこそこイケてるほう(のはず)。それなのに、どう努力をしても恋愛や婚活は報われない。そもそも好きになれる人がなかなか現れなかったり、「いいな」って思う人はもうすでにパートナーがいたり、やっと彼氏ができたと思ったら、とことんクズだったり……。最近、そんな恋愛迷走ぎみな女子、自分も含めて周りに多すぎやしませんか!? 勉強や仕事なんかは努力した分だけ、それなりに結果はついてきたけれど、恋愛だけはどうしてこんなに難しいのか……! たった一人、運命の人がいればいいだけなのに、その一人が見つからないし、選ばれない。こんなに頑張っても空回りするのなら、そもそも恋愛に努力は必要ないの? それとも今までの努力の方向性が間違っている!? そこで、あらゆるジャンルで活躍する、人生の先輩方にこの「恋愛に努力は必要かどうか」モンダイを聞いてみました。教えてください、切実に!! 1.【女優・タレント YOUさん】恋愛相談をしてみたい先輩といえばこの方! 女優・タレント YOUさん ゆう●東京都出身。バラエティ番組などで見せる、飾らないキャラクターはみんなの憧れ。NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」など、女優としても活躍。 人を惹きつけるのは「用事のある女」。自分を豊かにする努力はある程度必要 「ありのままの私を受け入れろというのは、畑から取った泥のついた大根を食べろというのと同じ」という美輪明宏さんのお言葉があるけど、これがすべてだよね。やっぱり恋愛において、ある程度の努力は必要だと思うよ。だってさ、裏返せばどういう人を素敵だなって思う? 人間は自分を補う相手を求めているから、何かに長けてたり、頑張っている人を魅力的に思うものでしょ。でもその努力ってひとつじゃなくて、たとえば人への接し方。やっぱりいつも笑顔な子や人から見られてなくても気がきく子って男女問わず魅力的だもん。お友達でもいいし、テレビや街中で見かけた人でも素敵だなと思う部分があったら、まずは真似して取り入れてみる。最初は“やってる感”が出るかもしれないけど、続けていればいずれ身についてくるから。あとね、謎に魚にめちゃくちゃ詳しいとか、中華料理を作らせたらものすごい上手とか、興味をそそるじゃない? そういうことでもいいの。もちろん、可愛くなるために頑張るのも自分がしたいなら全然アリだけど、でも見てくれだけで、話題もありません、空気も読めませんじゃ、一回連れ回したら用はなくなるのよ。だからこそ、「用事のある女」を目指してほしいんだよね。それって、恋愛だけに限らず、友達関係や仕事においても言えること。「用事がある女」は人としても魅力的だし、興味を持たれるのよ。それが交友関係を広げるし、恋愛に発展するとっかかりにもなるものなんだよね。 人生の輝き方は人それぞれ。幸せの固定観念に振り回されないで でも逆を言えば、自分も他人に興味を持つことが大切。だから私はいつも周りの子に「シェフを落としたいなら、まずは近くにいるウェイターから口説け」って言ってるの。意中の相手だけを特別扱いするんじゃなくて、周囲にも興味を持って真摯に対応する。そうすれば、今まで見逃していた人のいい面に気づくかもしれないし、ウェイターたちが噂して「あの人いつも素敵ですよね」ってシェフの耳に届くかもしれない。視野や間口を広げた分だけ、出会いがないと思い込んでいた世界が変わるから。だいたいみんなさ、思い込みで的をしぼりすぎてるんだよね。しかもそれが自分に本当に合ってるかっていうとほとんどが間違ってるわけ。自分のことって実は自分がいちばんわかってないんだから! それに、すでに完成された理想的な独身男子なんて、かなりの争奪戦じゃん? だったら、これから芽が出そうな有望株を見つけて、プロデューサー目線で育てるのも楽しいよ〜。そうやって誰かを育てるにしても、仕事を頑張るにしても、一人でいるにしても、それぞれの輝き方があるし、幸せのあり方ってひとつじゃない。そもそも結婚したからって安定するわけでもないからね? それでもしたいなら、幸せにしてほしいなんて考えは捨てること。結婚って相手を幸せにするためにするものなんだから。相手のために何ができるのかを考えて、自分の人生の選択をしていってね。 2.【哲学者・教育者 苫野一徳先生】哲学的にはどうなんですか? 哲学者・教育者 苫野一徳先生 とまの いっとく●兵庫県出身。熊本大学大学院教育学研究科・教育学部准教授。熊本市教育委員。著書に、あらゆる愛の形を明らかにした『愛』(講談社)などがある。 人との〈対話〉を通じて、自分を知ることが豊かな関係性を築く第一歩 当たり前のように聞こえるかもしれませんが、恋に落ちることに関しては努力は不要。でも、その恋を継続して豊かな関係性を築くためには努力が必要だと言えるでしょう。そもそも恋とは何か。私は、「自己ロマンの投影とそれへの陶酔」であると言っています。人は皆、人生の小さな挫折を通じて“こうだったらいいな”というロマンを育みます。そのロマンをそのまま投影したかのような相手に出会うことで恋に落ちる。でもそれはいわば幻想のようなものですから、「こんなはずじゃなかった」ともろくくずれてしまうことも多い。そこで大事になってくるのが、私の師である竹田青嗣の理論、「自我のエロス」から「関係のエロス」への展開です。恋のロマンを含め、誰しもが持つ自己中心的な欲望=「自我のエロス」。それを超えて、相手との関係そのものに喜びを感じたい、そのために努力したい、そう思えるかどうか。もし恋人との関係に悩んでいるのであれば、“一緒にいることそれ自体に幸せを感じるか”を問うてみてください。一方が尽くすでも依存しあうでもなく、ともに過ごす喜びを味わうことが「関係性のエロス」です。この関係は、必ずしも恋から始まる必要はありません。大人になると経験から現実を知りロマンを抱くことがどうしても少なくなる。そしてもちろん、誰もが恋をする必要もありません。ときめきはなくとも、お互いを尊重しあい、慈しむことができたら素敵なことです。ジャン=ジャック・ルソーの言葉で「不幸の本質とは、欲望と能力のギャップにある」という鋭い洞察があります。人は欲しいもの(この場合は恋愛や結婚)が手に入らないと不幸を感じやすい。では、どうしたらこの不幸から逃れられるのか、答えは3つ。「能力を上げる」「欲望を下げる」、そして「欲望を変える」ことです。前2つは少々大変ですが、欲望を変えることは意外とできるんです。いつも苦しい恋愛ばかりしてしまう人は、自分の本質的な欲望=自己了解がズレている場合も多い。自分が本当は何を求めていて、どうありたいのかを理解すること。それには映画観賞や読書もいいですが、いちばんは対話を通じて他者と価値観や感受性を交換することです。“誰かといい関係性を築けた”という成功体験は人間関係のいい土台づくりになります。直接的な恋愛の成果をすぐに求めるのではなく、様々な人とのコミュニケーションを楽しむ。それは、自分を知り、幸せな関係を築くための大切なプロセスです。 3.【精神科医 樺沢紫苑先生】精神科医から見ると… 精神科医 樺沢紫苑先生 かばさわ しおん●北海道出身。作家、YouTuberとしても活躍。著書に『精神科医が見つけた3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法』(飛鳥新社)など多数。 愛を勝ち取るための努力ではなく、末永く安定した関係を育む努力を 人は幸せだと感じたときに、セロトニン、オキシトシン、そしてドーパミンの3種類の脳内物質を分泌します。いわゆる「幸福物質」と呼ばれるものですね。その中でも愛に関する脳内物質は2パターン。ドキドキした高揚感の「ドーパミン的愛情」と、居心地のよさや安らぎを感じる「オキシトシン的愛情」があります。恋愛がいつもうまくいかない、結婚までたどり着かない、そういった方はだいたいドーパミン的な愛を求めがち。ですがこれには、2~3年という賞味期限があるんです。また、相手を条件で見ることになる婚活や、“彼氏をつくること”を目標にしている場合、どうしても“頑張って勝ち取る”ことがゴールになりがち。安定した関係性を得たいのであれば、「オキシトシン的愛情」を持てる人をパートナーにする、もしくは「ドーパミン的愛情」を「オキシトシン的愛情」へと軌道修正する努力は必要だと思います。「オキシトシン的愛情」を持てる人は、好き!というより気疲れしないような相手ですから、会社の同僚やお友達など、意外とすぐ近くにいる可能性だって高いと思います。趣味のサークルなどコミュニティを広げる活動をしてみるのもひとつの手。ポイントは結婚や恋人を探そうとしてかまえないことです。すぐに「あり」か「なし」かで判断するのではなくニュートラルに人間観察することで、今まで意識してこなかった相手のいい面が見えるようになりますよ。また、この「オキシトシン的愛情」は恋愛や結婚だけのものでもありません。友達やペット、趣味のコミュニティでも得ることができます。恋人をつくる、結婚することだけが幸せのかたちでないことも念頭に置くといいかもしれませんね。 4.【タレント 丸山桂里奈さん】元日本代表アスリートいわく タレント 丸山桂里奈さん まるやま かりな●東京都出身。元サッカー日本女子代表。バラエティ番組などで見せる明るいキャラクターが世代を問わず人気。夫はサッカー元日本代表の本並健治氏。 幸せの絶対条件は、自分らしくいられること! そのための努力をしていきたい 実は私、もともと結婚には執着がなくて。だって仕事が好きだし、自分で楽しく暮らしているし、「結婚する意味って何?」ってずっと考えていたんです。むしろ結婚することで、相手にも家族がいるし、ぬるぬるローションみたいに体張る仕事とかを制限されてしまったら、自分らしくいられなくなるんじゃ?って心配で。でも本並さん(夫)は幸いなことに、「お尻出すのは事前に教えてね」と言ったぐらいで、あとは全然自由にやらせてくれます。だから結婚したいなって思えたんです。もちろん、人を好きになったり結婚することは素敵なこと。だけど、自分らしくいられることが何よりも幸せだと思うんです。だって、無理して背伸びするのって疲れません? 私、焼き肉を食べにいくときは、肉と真剣に向き合うためにスウェットが正装なんですけど、ある日デートで焼き肉にいくってなったときにスウェットを着ていったんです。普通ならありえないかもしれないけど、本並さんは「いいじゃん」って言ってくれた。やっぱり自分が信念を持っていることは大事にしたいなって思ったんです。でもそれって恋愛に限らず、仕事にもサッカーにもつながっていることだと思います。そこがブレちゃうと、私じゃなくて誰でもいいじゃんってなるから。自分だけができること、持っているものってみんな平等にある。だからこそ、それを磨く努力はしていきたいですよね。 5.【経営者・コラムニスト 川崎貴子さん】婚活支援のプロにも聞いてみた 経営者・コラムニスト 川崎貴子さん かわさき たかこ●埼玉県出身。人材コンサルティング会社「リントス株式会社」、結婚サイト「キャリ婚」、婚活結社「魔女のサバト」主宰。働く女性たちの人生をサポート。 人生を他人マターにしないこと。自分の求める優先順位をとことん突き詰めて 婚活の場合、アイドルのセンターを決めるオーディションではないので、モテなくていいんです! だって、結婚って最終的に素顔をさらして生活する、自分にぴったりな一人と出会えればそれでいいのだから。でも、いざ婚活の場に入ると、選ぶ対象が広がったり、肩書やら年収やらスペックに惑わされたりして人気投票のように錯覚してしまう。そうなると、もはや自分がどんな人が好きで、何を求めているのかも見失ってしまう場合が多いんですよね。これが危険。だからまずは、自分が結婚相手に何を求めているのか、どういう人生を歩んでいきたいのか、優先順位をとことん突き詰めていく必要があります。私は婚活の勉強会を定期的に行っているのですが、意外とみんなそこが落とし穴。レッドオーシャンの好条件男子をとりあえず狙ってはみたけど、本当は休日穏やかに過ごせる相手を望んでいたり、やみくもに婚活していたけれど、実は結婚自体を求めてはいなかった……なんて場合も。自分で自分を誤解したままでは、どこにもたどり着けないので、そここそ努力のしどころなんです。また、お相手がいるのに結婚にたどり着けない場合。それはとことん、話し合うべきです。察してもらうために変なアピールをするのは無駄な努力。それよりも、「私はいつまでに結婚したいと思っているんだけど、あなたは?」と、ファイナンシャルプランナーのように二人の人生設計をすり合わせていきましょう。そんな話し合いができない場合は、結局結婚したところでうまくはいきません。大切なのは、自分の人生を他人マターにしないこと。自分を知って、自分で決めて、自分が納得する人生を歩んでいってください。 お話を聞いて…… 意外と皆さんが口をそろえておっしゃったのは「恋愛に努力は必要」。でも、それは自分を知る努力だったり、二人の関係性を深める努力だったり……。もしかして、今まで空回りしてきたのって、本当は望んでいなかったり、ただ勝ち取るためだけの努力だったからかも。私の人生は私だけのもの。幸せの形はひとつじゃないからこそ、固定観念にとらわれず、自分に合った方法で、自分らしい幸せを、相手を思いやってつかんでいきたい!(ライターT) イラスト/五月女ケイ子 取材・原文/谷口絵美 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 選手以上に注目を集めているフィギュアスケートのコーチ、ステファン・ランビエール。今回、2回目となるBAILA独占オンラインインタビューが実現!  Stéphane Lambiel ステファン・ランビエール 1985年スイス生まれ。2006年トリノオリンピック男子シングル銀メダリスト。2010年に競技から引退、プロスケーターに転向後は世界中のアイスショーで観客を魅了し、現在はコーチ、振付師としても活躍中。好きな昆虫はテントウムシ。社会現象を巻き起こしたフィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」では、本人役で出演。 前回、取材した2020年9月からあっという間に時は過ぎ、気がつけば北京オリンピック開幕まであと数日!@BAILAでは、北京への出発を翌週に控えたステファン・ランビエールさんに独占インタビューを敢行。ラトビア代表のデニス・ヴァシリエフス選手、そして日本代表の宇野昌磨選手という2人の愛する教え子たちと向かう、4年に1度のオリンピック。忙しい合間を縫って、直近に開催された大会でのエピソードやプログラムの見どころなどを話してくれました! 1. 北京オリンピック直前。ステファン・ランビエールコーチ独占インタビュー! 年末には日本で全日本選手権、年明けにはエストニアで欧州選手権と、相変わらず大忙しのステファン・ランビエールコーチ。年末年始、つかの間の休日をどう過ごしていたのでしょうか。「全日本選手権のためクリスマスを日本で過ごし、スイスに戻ってからは家族や友人と過ごす時間がありました。ポルトガルに住む祖母と久しぶりに会うことができ、美味しいポルトガル料理をたくさん作ってもらいました」— ステファンさんは料理好きでも知られていますね。 「大みそかには友人とスイス版“しゃぶしゃぶ”をやりました。私はそれに合うポテトフライやサラダ作りを担当しましたよ」—スイス版“しゃぶしゃぶ”とは?「薄く切ったお肉をブイヨンが入ったスープに入れて火を通し、ガーリックソースやダブダブソース、カクテルソースなどに付けて食べます。日本のしゃぶしゃぶ”によく似てますけど、スイスの伝統的な料理なんです。家族や友達とリラックスした休暇を過ごせました」 欧州選手権で見事銅メダルを獲得! オリンピックへ向け弾みをつけた愛弟子、デニス・ヴァシリエフス選手 つかの間の休息を楽しんだあとは、ヴァシリエフス選手とともに欧州選手権へ。ヴァシリエフス選手はフリーで4回転サルコーを着氷させ、自己ベストをたたき出し3位に。念願のISUチャンピオンシップ初のメダルを獲得した。 2021年フランス杯でのショートプログラム演技後。Photo: Getty Images —素敵な休暇のお話をありがとうございます。その後はすぐ欧州選手権でしたね。ヴァシリエフス選手の技術と芸術が融合した最高の演技に、胸が熱くなったという声も多いです。 「私もとても感動しました。デニスはトレーニングを非常に頑張っていたし、演技中はアグレッシブであると同時にすごく冷静でしたよね。彼がとても素晴らしいことができると証明してくれました。一瞬一瞬が、本当に素晴らしかったんです。特にフリープログラムはエキサイティングでした」 —フィニッシュを決めた後、会場はスタンディングオベーション。歓喜のあまり、いてもたってもいられず頭を抱えていたあなたの姿もあり、ファンの間では画面越しにも興奮が伝わってきたと話題に。 「人生で一番の体験だったと言えます。あのようなプレッシャーのなかで自分をコントロールした演技をできるということが素晴らしい。これまで僕の人生にはたくさんの美しい瞬間があったけど、その中でも最も素晴らしい瞬間のひとつだったと言えると思います。自由で力強くて、感情をみなぎらせた姿を見ることができたのが本当に幸せでした」 —キス&クライで得点を待つ間、ヴァシリエフス選手の手をぎゅっと握っていましたよね。その後の感動もひとしおだったと思います。「よく覚えていないのですが、その瞬間瞬間を生きていたからこそ、自然とそうしていたのかもしれないですね。その日は泣かなかったのですが、翌日になって、改めて前日に体験したことの素晴らしさに気づき、涙を流しました」 ランビエール氏のインスタグラムより引用 —フリープログラム『ロミオとジュリエット』のエレガントさはもちろんのこと、ショートプログラムは迫力があって、ヴァシリエフス選手の新たな一面を見たような気がします。 「彼は様々な意図をプログラムに込めることができるスケーター。ただテーマに沿って滑るだけではなく、どうやって演出し、どうやって音楽に感情をのせていくかということに大変長けています。ですからショートプログラムの『The Battle Drums』では、野性味を出すことができるし、フリープログラムの『ロミオとジュリエット』では、ロマンチックさを出すことができるし……魅力が満載で、もっともっと色々な彼を見たいと思っていますよ」 逆境のなかでオリンピック代表をつかみ取った正真正銘のファイター、宇野昌磨選手 さらに注目は平昌オリンピックの銀メダリスト宇野昌磨選手。オリンピック以降この4年間、不調や、拠点変更など幾多の試練を乗り越え、一回りも二回りも成長してきた。今シーズンはフリーで4回転5本を組み込むという高難度の構成で、表彰台の頂点を狙う。 2021年NHK杯。フリープログラム「ボレロ」はステファンの振付。写真:YUTAKA/アフロスポーツ —宇野選手は直前に足に痛みを抱えていたにもかかわらず、代表選考を兼ねた全日本選手権で素晴らしい演技を披露してくれましたね。不安もあったかと思いますが、ショートプログラムの演技直前、コーチとしてどのように送り出したのでしょう?「何と言ったかは正確には覚えてないのですが、彼の穏やかさをぶち壊そうとして、美しいアクションを見せて欲しいということを伝えました。全日本選手権の約1週間前に足首を痛めたことで、私も不安を感じていましたが、痛みに耐えながら、ショートでもフリーでも素晴らしいパフォーマンスで戦ってくれました。 もちろん大会が終わってからはしっかり休んでと伝え、今は回復したのでトレーニングを再開し、週に2、3回オンラインでトレーニングを行っています」—オリンピックへの準備は万全ということでしょうか?「今はリハーサルをたくさん重ね、いよいよ出発前の最終段階に入っています。やることはたくさんありますが、その中で私は彼の健康や、ジャンプ、ランスルー(通し演技)など何をどれくらいやるべきか管理しています」 優勝した2021年NHK杯にて固い握手を交わす。写真:長田洋平/アフロスポーツ —直接指導できない状況でもどんどん進化されているのは、信頼関係があるからこそですよね。宇野選手がよく口にされる、“ステファンのために”という言葉からも感じます。「昌磨のスケートが大好きなので、私のために戦ってくれるというのはとても嬉しいです。ですがこれは彼のスケート人生で、彼の挑戦。私の役目はあくまで彼の成長の手助けであり、結果がどんな色のメダルだって構いません。私の優先順位は彼が自由でハッピーで、自信に満ちた表情で滑ってくれること。メダルを取ることは重要ではありません。その後に成功がついてきたらもちろん幸せですが、重要なのは彼が楽しみ、彼の“人生”のために戦うことだと考えています」 Photo:KYODO NEWS/Getty Images —お二人にはオリンピック銀メダリストという共通点がありますよね。ご自身と重ね合わせることはあるのでしょうか? 「私たちには互いにスケートが好きという共通点と、何年も一緒にやってきた歴史もあります。初めて彼を見たインスブルックユースオリンピックを思い出しますよ。とても若くて、とっってもキュートでしたよ。その時から今に至るまで、長い道のりをかけて技術的にも芸術的にも大変成長しています。独自の素晴らしいスピンを持っていて、最高のスケーターであるだけでなく、特別なスケーターでもある。敬服に値しますし、だからこそもっと発展させたいと願っているんです。彼は本当に地に足の着いたスケーター。誰も彼の真似をすることはできません。なぜなら彼は“authentique(本物)”だから」 2021年NHK杯。ランビエール氏のインスタグラムより引用 北京オリンピックに向けて。そして、日本のファンへのメッセージ! —お二人が心からの演技を披露できることを祈っています。ちなみに、北京オリンピックで個人的に注目している選手はいらっしゃいますか? 「もちろん他の選手たちもしっかり応援するつもりです。アイスダンスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組はいつも私にフィギュアスケートの楽しさを改めて教えてくれるカップルですし、パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ組もオリジナリティのある演技で大好きです。アイスダンスは一番好きな種目で……あ! 実際にはもちろん男子シングルですよ、デニスと昌磨を応援しますから(笑)。ペアでは、“スイハン”(ウェンジン・スイ&ツォン・ハン組)、エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ組、アナスタシヤ・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ組の演技に注目しています。女子シングルは、かつて私の教え子だったスイス代表のアレクシア・パガニーニを応援します。彼女はとても可愛らしくて、美しいスケーティング技術をもったスケーターなんです」 —団体戦もありますし、毎日全種目から目が離せませんね。では最後に、オリンピックへの思いと、日本のファンへのメッセージをお願いします。 「親愛なる日本のファンの皆さん。コーチとして迎える2度目のオリンピックです。今回初めて日本代表選手のコーチを務め、TEAM JAPANとして参加できることが嬉しいです。私も一瞬一瞬を楽しむつもりですし、皆さんもデニスと昌磨の演技を楽しんでくれることを願っています。そして、日本でまたすぐに会える日を楽しみにしています」 コーチという立場でありながら、ステファン自身が彼らの一番のファンであり、そして同じスケーターとして何より尊敬していることがひしひしと伝わってきた今回のインタビュー。どこまでも惜しみなく注がれる愛情こそが、選手たちが伸び伸びとスケートを楽しみ、それぞれの大きな成長へと繋がっているのだろう。2人の活躍はもちろん、画面から飛び出すほどの勢いで喜ぶステファン先生の姿を見られることを楽しみに、日本からありったけの愛を込めた応援を送ろう。 取材・文/轟木愛美 通訳/松本美穂 構成/高井佳子〈@BAILA〉  ▼北京オリンピック目前!こちらの記事もチェック! 【海外男子フィギュアスケーター】ネイサン・チェン、チャ・ジュンファンら氷上のプリンスをチェック! 【男子フィギュアスケーター】国内外のイケメン選手&話題の鍵山優真選手インタビュー、推し活の実態まで総まとめ 2. ステファン・ランビエールってどんな人? 初心者向けに解説! 伝説的スケーター 写真:YUTAKA/アフロスポーツ スイス人初の世界選手権2連覇、3度にわたりオリンピックに出場し、トリノオリンピックでは銀メダルを獲得するなど、数々の偉業を達成。軸のぶれない高速スピンを得意とすることから、「スピンの貴公子」の異名をもつアイスレジェンド。情熱的なフラメンコ「ポエタ」は彼の代表作。 - 3つの顔を持つアーティスト 写真:アフロスポーツ コーチとして活躍するだけでなく、振付師、プロスケーターとしても名をとどろかせる氷上のアーティスト。教え子はもちろん、今シーズンは紀平梨花選手、宮原知子選手らトップ選手の振り付けを担当するなど、常にひっぱりだこ。合間には各国のショーに出演し、芸術的なプログラムを披露。大人の魅力あふれる演技に客席はいつもメロメロ! 宇野昌磨選手の新コーチに就任! 写真:TASS/アフロ そんな彼のもとには世界中からトップクラスの選手が集まる。今年から正式なコーチを務める宇野選手もその一人。昨シーズン長く一緒だったコーチのもとを離れ、一人でシーズンに臨んでいた宇野選手。コーチ不在で不調が続くなか、ステファンに臨時コーチを依頼。演技後には温かなハグで迎えられ、安堵の表情を浮かべる姿が話題に。 3. 羽生結弦、宇野昌磨ら日本のフィギュアスケート選手との交友録&蔵出しショット まるで二次元!美しい師弟関係 スイス・シャンペリーののどかな大自然のもと練習に励む、ステファン率いるチーム・シャンペリー。今年から宇野選手が仲間入りし、さらに豪華に。二次元もびっくりの美しい師弟たちの動向からますます目が離せない! 宇野昌磨 写真:ロイター/アフロ 試合でミスが続き、4年連続表彰台を決めていたGPファイナルへの出場を逃した宇野選手。一時は今後の進退についても考えたという彼に、もう一度滑る楽しみを思い出させてくれたのがステファンだった。ステファンのもとで練習に励み、少しずつ自信を取り戻すと、昨年末の全日本選手権では見事4連覇を果たした。 デニス・ヴァシリエフス、島田高志郎 写真:ロイター/アフロ (左)芸術的スピンに表現力、ステファンの遺伝子を受け継ぐラトビアの貴公子。モデルのようなイケメンツーショットはいつも注目の的で、同居生活を送る二人の料理タイムなど、オフショットに癒される人続出。技術の継承と、エナジーの共有を表現した師弟のコラボプログラムは世紀の名作とも評される。 (右)憧れだったステファンに師事するべく、15歳にして単身スイスに渡った島田選手。現在は父のように慕っている。英語が話せない宇野選手の通訳や、ステファンが尾崎豊さんの曲を披露した際には歌詞を翻訳するほど語学も堪能な島田選手だが、しゃべれなかったころはひたすら「I love you」とステファンに伝えていたという可愛らしいエピソードも。 深い絆で結ばれた戦友たち 現役時代をともに戦ってきた仲間たちとは、引退後もアイスショーで全国を訪れ、合間に観光や食事を楽しむなど交友が続いている。コーチ、解説者、現役スケーターなど、それぞれの立場から今もフィギュアスケート界を支えている。 髙橋大輔、織田信成 最高の親友で最強のライバル! 写真:ロイター/アフロ 現役時代に幾度もメダルの色を争った髙橋大輔さん&織田信成さんの二人には、振り付けを提供したことも。3人が夢の共演を果たした『源氏物語』をテーマにしたアイスショーでは、髙橋大輔演じる光源氏の兄・朱雀帝役で出演。平安装束を着こなす姿も話題に。 癒されるツーショット! 写真:築田純/アフロスポーツ 日本選手全員の兄的存在 日本選手の合宿で特別講師を務めていたこともあり、選手たちとは小さいころからよく見知った間柄。合宿では教え子のように手厚く指導。試合中では熱心に声援を送り、演技後には熱いハグで激励! 羽生結弦 フィギュアスケートの技術だけでなく、芸術性を非常に重視するスケーターでもある二人は、世代は違えど、リスペクトし合う仲。羽生選手にジャンプのアドバイスをすることもあれば、逆に試合練習中に自分の弟子のデニスのジャンプを見てほしいと頼んだことも。 神出鬼没ですっかりおなじみ♡ 写真:築田純/アフロスポーツ 地域対抗戦でなぜか日本チームのキス&クライに座っていたり、暫定3位までの選手が待機する部屋で自撮りしていたりと、日本選手に混じり和気あいあいと過ごすおちゃめな一面も。 荒川静香 写真:アフロスポーツ トリノオリンピックのメダリスト同士でもある二人。彼女がプロデュースするショーにも多数出演。海外のテレビ番組ではペアプログラムを披露し、仲のよさをうかがわせた。 4. BAILA独占インタビュー!スイスの自宅からリモートで登場! コーチという仕事は毎日が感動にあふれてる! 今年からスイスナショナルチームの指導も務め、さらに多忙を極めるステファン。シーズン初戦を控えた9月中旬、約束の時間をほんの少しだけ過ぎたところで、1万キロ近く離れたスイスの地からコンタクトが届いた。「少し遅れてしまってごめんなさい!今レッスンを終えたばかりで、自宅に帰っているところなんです」レッスンの直後、少しでも早くと帰路の途中、歩きながらビデオをつないでくれた。その後ろにはシャンペリーの雄大な山並みと真っ青な空。自宅に到着するまでの間、バイラスタッフ陣もしばし美しい景色を堪能!「ようやく家に帰ってきました!」フーッと息を吐くと、スマートフォンを固定する道具を探し歩きながら、話を続けてくれるステファン。「コーチとしての人生はとても面白いんですよ。毎日が感動にあふれています。今朝は昌磨や高志郎、デニス、(紀平)梨花など、国際大会に出場するクラスの練習でした。試合を控えているから、適度に緊張感のあるよい練習ができました」 ひとまず水を飲み、ひと息ついてもらったところで、早速最近の過ごし方について聞いてみると、意外にも自分の時間をもつことができているとのこと。「今年はショーの出演がないので、コーチの仕事に焦点を当てて生活することができています。生徒のために新しい振り付けを考えたり、プロコーチのライセンスを取るために、その勉強も。健康的な体を保つために体調にも気をつかっているし、料理もしています」 充実のコーチ生活のかたわら、家族と過ごす時間も大切にしているとか。「姪っ子はまだ子どもで何でもスポンジのように吸収していくから(笑)、一緒にいると心が安らぎます」 帰国していた愛弟子との5カ月ぶりの再会 ロックダウンを受け一時帰国していた島田選手と宇野選手。練習の再開が大変だったのでは?「高志郎は永住権を持っているので、2カ月くらいでただいま!と戻ることができました。でも昌磨はなかなか戻ってこられなくて、5カ月もブランクが。だけど彼のことは昔からよく知っているし、ずっと連絡を取り合っていたので、再会してすぐに絆を取り戻し、何も問題はありませんでした」 チームに入って間もないなかでも自然と練習に戻れたのは、長い間築き上げてきた信頼関係があったからこそ。振り付けも務めたデニス・島田両選手のプログラムの見どころも教えてくれた。 「デニスの『ロミオとジュリエット』は、若くてロマンチックなイメージがぴったり!彼はドラマチックなストーリーを表現していくのに向いていますよね。ロックダウン中はバレエにも取り組んでいて、体のラインもクラシック向きになっていました。彼にはバレエの国・ロシアのバックグラウンドもありますし、クラシックバレエからどのようにして美しいラインを見せるかということにとても気をつかっていました」 「高志郎は『パガニーニの主題による狂詩曲』を滑るんですが、最初は硬くスピード感があって、戦士や闘牛士をイメージしています。それが後半につれてどんどんソフトに、感情的に変化していくんです。ラストに向けて偉大な人へと成長していく姿が見どころのひとつです」今季の宇野選手は昨年と同じプログラム。以前ステファンが振り付けを担当したエキシビションナンバーは、情感豊かでファンも多い。今後競技用の振り付けを担当する予定は?「もちろん考えています。オリンピックに向けて新しいプログラムを今シーズンから準備し始める予定でいますよ」 5. もっと知りたい!ステファンの手料理から愛用の香水までQ&A Q 素敵なファッションやヘアスタイルは、日本でも注目の的。最近はバッサリ短髪に!そのワケは? A ふふふ、髪がもとのように伸びるまで待っていてね(笑) ロックダウンを受けて、いろいろと難しい時期ということもあり、何か変化をもたらしたいなと思って髪を切ってヒゲも伸ばしてみました。髪の毛が伸びたらヒゲもまたそるつもりですよ。でも、もうちょっと時間がかかりそうなので辛抱して待っていてくださいね(笑)。 Q グルメで知られるステファン。最近はどんな料理を作りましたか? A 料理が大好きなので、毎日のようにキッチンに立っています! 先日は高志郎の誕生日パーティがあったので、そこでみんなと料理教室をやってみました。メニューはパンプキンスープに、メインは鹿の足のグリル。シュペッツレというスイスのパスタに、ブラウンマッシュルームをあえたものを用意して……デザートは何だったかな……そうだ!いちじくとレーズンとりんご入りのパイを作りました。普段でも毎日何かを作っています。昨日は魚のフィレを作ったし、料理が大好きなんです。 料理の自撮り写真♪腕前も一流! 大好きな「お米」を昌磨が日本から持ってきてくれました 昨シーズンに昌磨がお米をくれたんですが、大好きだからもうなくなってしまって……昌磨は私が長い間日本に行けていないのを知っているから、何か必要なものはあるかと聞いてくれたんです。それでお米を頼んだら、こちらに戻るときちゃんと持ってきてくれました。それはそれは大きい袋で、なんと5kgも! Q 仕事で後輩に指導する場面も増え始めるバイラ世代。教えるうえで、普段どんなことを心がけているのか教えてください A ルールを作るのと同じくらい、“自由”を与えてあげるのも大切 (とても悩んでから)私の場合は、最初にゴールや目的を明確化すること、自分の価値観をしっかりシェアしておくことを大事にしています。お互いを尊敬し合い、同じ忍耐力をもつ関係づくりも。あとはきちんとルールを作ってあげることと同時に、ある程度の自由を与えてあげること。そして何か問題が起きても軌道修正できる柔軟な考えをもっておけばよい結果が得られると思いますよ! Q いつもいいにおいがすると噂ですが、その秘密は? A TOM FORD BEAUTYの オードパルファムを愛用中。冬は「タスカン・レザー」、夏は「ネロリ・ポルトフィーノ」 Q 例年シーズンオフには、日本に住んでいるのでは?と噂が立つほど、長期滞在しているステファン。今年は寂しいのでは? A 日本で過ごす時間は、“人生の一部”。今はホームシックになった気分です アイスショーのために春夏はほとんど日本で過ごしていたから、今年はそれがかなわずホームシックになった気分です。パフォーマンスをしたり、ファンやスケート仲間に会うことができなくて本当に寂しく思っています。自分の人生の中で何かが失われた気分。シーズンが始まったら、余計に寂しさを感じそうです。 Q 次回日本に来たときにしたいことは? A 温泉、銀座のお気に入りのレストラン、京都にも行きたい! (これまでの思い出を思い起こしているかのような幸せそうな表情で)本当にたくさんたくさんありますね。温泉もいいし、大好きなすき焼きや、京都に豆腐も食べに行きたい!お気に入りの銀座久兵衛にも行きたいし、買い物もしたいです。日本は何度行っても、新鮮な発見がある魅力的な場所。楽しい思い出ばかりで、本当に日本のことを恋しく思っていますよ。 Q プロスケーターとして、常に新たな挑戦を続けるステファン。今年はどんなプログラムを用意されていますか? A 生きていくことには必ず意味があるということを表現したい 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、シーズンの集大成でもある世界選手権が中止に。さらにロックダウンでリンクは閉鎖され、大切な何かが失われてしまったという気持ちになりました。まだ披露できていない新プログラム「Lost」では、この失ってしまった経験を通して、私たちが生きていくことには必ず目的と意味があるんだということを表現したいと思っています。披露できる日が早く訪れることを願っています。 Message from him to Japanese fans♥ 日本のファンへメッセージ みんなが元気になれるようなメッセージを送りたくて、自宅のバルコニーからシャンペリーの山々をバックにお届けします!ロックダウン中は、庭で野菜を育てたりオンラインエクササイズをしたりといろいろと活動して毎日忙しくしていました。もうすぐ試合が始まるし、すべてのスケーターがいい演技ができるよう心から願っています。そして私も皆さんの前で演技できるのを楽しみにしていますよ。早く会えますように! シャンペリーに来るなら「山や湖のほとりで散歩やピクニックがおすすめ!ゆっくりするには最高の場所です!」 独占取材の動画もチェック! 取材・原文/轟木愛美 通訳/ヒュース夕子 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉  ※BAILA2020年12月号掲載内容、情報は2020年9月のもです
関連キーワード

RECOMMEND