【2021-2022ニットまとめ】この秋冬のトレンドニットを全網羅!コーディネートもたっぷり見せます

@BAILA

秋冬の着こなしに欠かせないアイテム、ニット。おしゃれプロが試着して選んだ名品から主役となる存在感たっぷりのデザイン、着回しに重宝する名脇役などBAILAでご紹介したニットコーデを一挙ご紹介! 冬のおしゃれを素敵に盛り上げる一枚が必ず見つかるはず。

※元記事公開時点の情報であり取り扱いが終了しているアイテムもあります。 ※詳細は画像をクリックして元記事へリンクを。

1.【2021秋冬の名品ニットが決定】おしゃれプロが本気で試着

【おしゃれプロ認定 2021年秋冬の「名品ニット」】

SLOANEのカシミヤ混タートルネック

SLOANEのカシミヤ混タートルネック
「立体的かつ自立するタートルでカジュアルでもきれいめな雰囲気に」スーパーバイラーズ・人材サービス広報 横井万里子さん(170㎝/ナチュラル)

ニット¥34100/スローン パンツ¥20900/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ブレスレット¥7680/Stard JAPAN(TUWAKRIM)

THE SHINZONEのVネック&ロンTセット

THE SHINZONEのVネック&ロンTセット
「合わせやすく万能な気の利いたセット。深Vにボウタイブラウスを合わせ印象変えを楽しむのも◎」フリーランスPR 上枝みどりさん(167㎝/ウェーブ)

ニットとロンTのセット¥23100/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) パンツ¥35200/UTS PR(ジェーン スミス)

PLSTのクルーネックパフスリーブ

PLSTのクルーネックパフスリーブ
「きれいめに着られるハイゲージ。パッと見はベーシックなのに袖のフォルムで洒落感が出る」スタイリスト 山﨑静香さん(169㎝/ウェーブ)

ニット¥7990/プラステ

uncraveのきれい色タートルネック

uncraveのきれい色タートルネック
「ダークカラーが多くなりがちな冬に嬉しい大人に映えるきれい色」スーパーバイラーズ・ライター 太田 冴さん(161㎝/ストレート)

CINOHの浅Vネック

CINOHの浅Vネック
「浅めのVネックで上半身の華奢感が悪目立ちせず絶妙!形も可愛い!」スーパーバイラーズ・アパレル企画 櫻田結子さん(160㎝/ウェーブ)

ニット¥37400/モールド(チノ) スカート¥4990/ギャップ新宿フラッグス店(ギャップ)

YLÈVEのメリノウール ショート丈ボトルネック

YLÈVEのメリノウール ショート丈ボトルネック
「一枚で華やかに見えるニット。上品な優しげグレージュも好印象」スタイリスト 吉村友希さん(158㎝/ウェーブ)

ニット¥37400/イレーヴ

FRAY I.Dのドレープ デコルテリブ

FRAY I.Dのドレープ デコルテリブ
「デコルテがきれいに見える!パンツで甘辛ミックスしたい」スーパーバイラーズ・ネットショップ経営 上原 愛さん(160㎝/ウェーブ)

ニット¥10560/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) パンツ¥15950/シップス ルミネ新宿 ウィメンズ店(シップス) ネックレス¥7800/Stard JAPAN(TUWAKRIM)

WRAPINKNOTのハイネックワッフル地

WRAPINKNOTのハイネックワッフル地
「厚地で体型カバー。きちんと感ある紺色はオンスタイルに最適!」スタイリスト 池田メグミさん(155㎝/ストレート)

ニット¥33000/UTS PR(ラッピンノット)

Chaosのシルクリブ

Chaosのシルクリブ
「シルク100%の着心地が最高。ほどよいフィット感や袖のスリットなどすべてが完璧」フリーランスPR 河野なみこさん(160㎝/ストレート)

ニット¥31900/カオス丸の内(カオス)

GALERIE VIEのファインウール ハイネック

GALERIE VIEのファインウール ハイネック
「厚手だけど袖のしぼりがあるから着膨れしない。肩の落ち感も好き」スタイリスト 石田 綾さん(160㎝/ストレート)

ニット¥30800/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)

Demi-Luxe BEAMSのクルーネックモヘア

Demi-Luxe BEAMSのクルーネックモヘア
「華奢な体型でもふわふわの素材感がボリュームを足してくれて女っぽく着られる」スーパーバイラーズ・ヨガ講師 松原麻衣さん(157㎝/ウェーブ)

ニット¥23100/デミルクス  ビームス 新宿(デミルクス ビームス) スカート¥14300/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー)

SACRAのゆるタートルネック

SACRAのゆるタートルネック
「きれいな深緑!ゆとりがありリーンなボトムとの相性も抜群」スタイリスト 高橋美帆さん(168㎝/ウェーブ)

ニット¥29700/インターリブ(サクラ)

【あると便利な「脇役名品ニット」】

_
SLOANEのシルクリブカーディガン

SLOANEのシルクリブカーディガン
一度手に取るとみんなもう夢中!シルクならではの質感にうっとり。スーパーバイラーズ・ ヨガ講師 松原麻衣さん (157㎝/ウェーブ)

カーディガン¥35200/スローン パンツ¥3990/ユニクロ

_
PLSTの透けハイネック

PLSTの透けハイネック
上品な透け感とやわらかな肌触りに票が集中! フリーランスPR 上枝みどりさん(167㎝/ウェーブ)

ニット¥7990/プラステ シャツ¥2990/ユニクロ 靴¥27500/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

_
COZ manufactured by WRAPINKNOTのニットベスト

COZ manufactured by WRAPINKNOTのニットベスト
シャツの上やジャケットの下に。とにかくレイヤードできる! スーパーバイラーズ・ライター 阪本菜奈さん (158㎝/ストレート)


ニットベスト¥31900/ウメダニット(コズ マニファクチャード バイ ラッピンノット) ジャケット¥46200/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ 表参道店) パンツ¥25300/デ・プレ
 

【着やせしたい人のための「華奢見えニット」】

COZ manufactured by WRAPINKNOTのカシミヤニットT

COZ manufactured by WRAPINKNOTのカシミヤニットT

縦ラインがさりげなく効いてシュッと細見えなニット。サイドではなく前後の中心で縫い合わせることで、さりげなく縦ラインが際立ち、ほっそりシャープな印象に。

ニット¥29700/ウメダニット(コズ マニファクチャード バイ ラッピンノット)

COZ manufactured by WRAPINKNOTのカシミヤニットT

スタイリスト 門馬ちひろさん(166㎝/ストレート)

COZ manufactured by WRAPINKNOTのカシミヤニットT

編集バタコ(153㎝/ストレート)

JOHN SMEDLEYのVガゼットクルーネック

JOHN SMEDLEYのVガゼットクルーネック

ほどよい生地感とあしらいでオーバーサイズでも着やせする。ボリュームの出すぎないスウェットライクなさらっとした質感。V字のガゼットがのっぺり見えを防ぐのに有効。

ニット¥47300/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)

JOHN SMEDLEYのVガゼットクルーネック

スタイリスト 門馬ちひろさん(166㎝/ストレート)

JOHN SMEDLEYのVガゼットクルーネック

編集バタコ(153㎝/ストレート)

Ray BEAMSのフラッフィーVネックカーディガン

Ray BEAMSのフラッフィーVネックカーディガン

着太りしやすく苦手なモヘアはVネック&カーディガンで解決。軽くふわふわな素材が肌に心地よい。Vネックと縦に長く細く見せるIラインで、すらっとした印象に視覚を操作。

カーディガン¥17600/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス)

Ray BEAMSのフラッフィーVネックカーディガン

スタイリスト 門馬ちひろさん(166㎝/ストレート)

Ray BEAMSのフラッフィーVネックカーディガン

編集バタコ(153㎝/ストレート)

FRAY I.Dのウールシルクリブタートル

FRAY I.Dのウールシルクリブタートル
ハイネックと厚手のリブでメリハリボディをいいバランスに。ボディラインをコンパクトにまとめつつ、袖口のスリットや縦に並ぶ飾りボタンの効果で腕も長くきれいに!

ニット¥9900/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー)

FRAY I.Dのウールシルクリブタートル

スタイリスト 門馬ちひろさん(166㎝/ストレート)
 

FRAY I.Dのウールシルクリブタートル

編集バタコ(153㎝/ストレート)

2.【存在感たっぷりの主役ニット】旬色や旬デザインを狙って

フロムのグリーンニット

フロムのグリーンニット

手軽に今っぽく印象を変えたいときに、効果的なさし色。中でもグリーンはベーシックカラーに溶け込みやすく、初めてでも取り入れやすいのでおすすめ。これまで人気だったセージやミントといったくすんだ色よりこれくらいパキッとしたグリーンのほうが新鮮だし、大人っぽく見えるので、通勤にも使いやすいはず。

ニット¥26400/フロム スカーフ¥15180/真下商事(ヴィンセンツォ ミオッツァ) パンツ¥17600/アンクレイヴ コート¥ 75900/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) ピアス¥38500・ネックレス¥16500/マリハ バッグ¥27500/オデット エ オディール 新宿店(ジ ャンニ ノタロ キャロル ジェイ) 靴¥59400/アマン(ペリーコ)

_

マイストラーダの袖コンシャスニット
ボリュームたっぷりのスリーブにピタッとニットで華奢見え確実袖を通すだけで気分の上がる大胆なボリュームスリーブは、落ち着いたグレーのワントーンでまとめて。身ごろはやわらかなニット、袖はシャツ素材というメリハリのあるデザインが粋。異素材MIXのコンシャスニットで華やかな印象になること間違いなし! 

ニット¥15400/マイストラーダ  プレスルーム(マイストラーダ) パンツ¥26400/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) ネックレス¥154000・ピアス¥30250/エナソルーナ

バトナーのグリーンニット

バトナーのグリーンニット
休日に映えるグリーン。ゆるめのサイズ感と前後で差をつけた裾デザインが目を惹くニットは、品質に定評のあるファクトリーブランド発。同じ編み地でメンズもあるので彼とお揃いにしても♡ 

ニット¥22000/バトナー スカート¥38500/ロエフ 六本木店(ロエフ) カチューシャ¥14300/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) イヤリング¥13000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)
 

ヴィンスのグリーンニット

ヴィンスのグリーンニット
カシミヤ100%ならではのやわらかな質感に、奥行きのある深いグリーンがマッチ。袖を通せば、ふんわりと至福のぬくもりに包まれる。着る人の年齢や体型を限定しないシルエットに日常になじむ洗練されたシンプルデザインは、上質な素材使いを得意とするブランドらしい一枚。

ニット¥74800・ブラウス¥50600・パンツ¥58300/コロネット(ヴィンス) リング¥46200/イセタンサローネ(カラットアー)

エボニーのマルチカラーニット

エボニーのマルチカラーニット
様々な色彩を編み込んだ楽しげなニット。編み地から糸の端がひょこひょこと顔を出し、裾にはフリンジが躍る。デザイナーの幼少期の記憶から想像をふくらませたという一着は、フォークロアスタイルに通じるような、どこか懐かしいムードと、エネルギッシュな力強さが同居する。個性的だからこそ愛おしい。虜にさせてくれる存在。

ニット¥42900/エボニー パンツ¥46200/エイトン青山(エイトン) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット)

JW アンダーソンのボリュームフーディニット

JW アンダーソンのボリュームニット
ローゲージ編みの豊かな表情に心惹かれるニット。柔らかな“もこもこ”に埋もれる喜びは、この季節の特権に違いない。両袖と前身ごろ全体を使って表現されたJWAの特大ロゴが、面積の広いニットをリズミカルに魅せるアクセントに。

ニット¥104500・スカート¥66000/三喜商事(JW アンダーソン)

エキップモンのボーダーニット

エキップモンのボーダーニット
ボーダーならではの親しみやすさと洒落感の相乗効果で憧れの素敵先輩に。スパイシーなエコレザースカートで鮮度UP。親近感とかっこよさが同居したおしゃれが後輩たちの憧れの的! 黒ほど強くないネイビーレザーでやわらかく引き寄せて、あくまで品よくまとめるのが理想。

ニット¥50600/サザビーリーグ(エキップモン) スカート¥20900/エリオポール代官山(エリオポール) バッグ¥145200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥19800・ピアス¥24200/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

オーラリーのブルーニット

オーラリーのブルーニット
軽くて肌触りのいいモヘアニットを冬に新鮮な爽やかブルーで印象的に。ウエストのゴムが嬉しいドロストパンツを合わせてリラックススタイル。

ニット¥39600/オーラリー パンツ¥36300/インターリブ(サクラ) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥78100・リング¥203500/トムウッド プロジェクト(トムウッド) ソックス¥2970/真下商事(パンセレラ)

ビューティ&ユースのくすみイエローニット

ビューティ&ユースのくすみイエローニット
ふんわりと大きな編み目のニットがリラックス気分満点。グレイッシュなベージュとイエロー。同じトーンでまとめることで、ニット+パンツのカジュアルさとジャケットのきちんと感をシームレスになじませる。

ニット¥14850・パンツ¥13200/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ  渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) ジャケット¥29700/アンクレイヴ イヤカフ¥143000/プライマル バッグ¥209000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

トゥモローランド コレクションのピンクニット

トゥモローランド コレクションのピンクニット
ぱっと目を引くフューシャピンクのタートルニットで端正なストライプジャケットに女らしさと今っぽを加えて。首元に効かせたスカーフやニットの上から合わせた時計がアクセントに。

ニット¥31900・ジャケット¥49500/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) スカート(10月下旬展開予定)¥17600/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥16500/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) イヤリング¥5940/アビステ スカーフ¥13200/シップス 有楽町店(マニプリ) 時計¥99000/オールージュ(ミッシェル・エルブラン)

カオスのくすみブルーニット

カオスのくすみブルーニット
スモーキーブルーのニットが秋の定番ブラウンコーデを洗練した印象に。温かみのある茶と涼しげなブルー。真逆の色はトーンをそろえておくと失敗がない。

ニット¥31900/カオス表参道(カオス) ジャケット¥25300/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) パンツ¥37400/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ウーア) イヤカフ(上)¥4950(シャルロット ウーニング)・(下)¥6600・リング¥13200(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ ネックレス¥77000/ココシュニック

ノークのモヘアニット

ノークのグレーモヘアニット
ボリュームたっぷりのモヘアニットを冬の主役に。ふわふわ起毛感のあるニットも落ち着いたグレーなら大人の甘さに着地。同色のストールを合わせてさらにボリュームアップ!

ニット¥16500・ストール¥15000/ノーク ピアス¥57200/ショールーム セッション(マリハ) リング¥69300/マリハ

3.【着回し力ならこのニット】ベーシックデザインを目一杯活用!

ユニクロの黒タートルニット

ユニクロの黒タートルニット
ほのかに光沢のあるリブで、単品としてもきれいなユニクロのタートル。シンプルなデザイン&素材も薄手で重ねやすいからこそ、今年はいつものニットの“中”に重ねて、昨年とはひと味違った着こなしを楽しんで。防寒にも、おしゃれのリフレッシュにも効く¥2990なら、挑戦してみる価値は大です!

中のニット¥2990/ユニクロ ニット¥36300/インターリブ(サクラ) スカーフ¥12100/シップス 有楽町店(メゾンナンバーエイト × シップス) カチューシャ¥18700/アレクサンドル ドゥ パリ GINZASIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) ピアス¥34100/マリハ バッグ¥165000/八木通商(ザンケッティ)

セオリーのタートルニット

セオリーの黒タートルニット
リブがしなやかにフィットするシンプルな黒ニット。フレアスカートと合わせれば、好印象と女らしさが両立する黄金コンビ。バッグにあしらったスカーフやパンプスで華やかさを足して。

ニット¥24200/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) スカート¥75900/ebure GINZA SIX店(ebure) 時計¥236500/フレデリック・コンスタント相談室(フレデリック・コンスタント) バッグ¥23100/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) スカーフ¥13200/マニプリ 靴¥18700/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

フレイ アイディーのざっくりニット

フレイ アイディーのグレーニット
優しい質感が着る人も魅力的に見せてくれるグレーのニット。首元がやや広めに会いただデザインはシャツとレイヤードするのもおすすめ。花柄のマーメイドスカートと合わせ今季ならではの女らしさを。

ニット¥18700/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー)  シャツ¥40700/トゥモローランド(ブーリエンヌ)  スカート¥¥29700/インターリブ(サクラ) イヤリング¥11000/シップス 渋谷店(フィリップ オーディベール) カチューシャ¥17600/アレクサンドル ドゥ パリ GIN ZA SIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) リング¥10780/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥49500/ケイト・スペード カスタマーサービス(ケイト・スペード ニューヨーク) ソックス¥1100/タビオ 靴¥69300/パラブーツ 青山店(パラブーツ)

エストネーションのリブニット

エストネーションのリブニット
体のシルエットを綺麗に見せるオフホワイトのリブニット。チェックジャケットと合わせた定番の組み合わせはエコレザースカートでさらに鮮度をアップ。耳もとや手もとにきちんとジュエリーをつけ、女らしさもたっぷりと。

ニット¥19800(エストネーション)・ジャケット¥90200(コルピエロ フォー エストネーション)/エストネーション スカート¥19800/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ストール¥30800/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アッパーハイツ) ピアス¥36300・バングル¥63800/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥7700/フォーティーンショールーム(イン ムード) バッグ¥42900/トゥモローランド(ヴァジック)

CFCLの太リブニット

CFCLの太リブニット
再生ポリエステルを活用し、ホールガーメントで廃材を極力出さない。一貫したサステナビリティへの取り組みと高いクオリティで注目を集める新進気鋭のブランドのニット。凹凸のあるニットは古代ギリシャのイオニア式の柱に着想を得たもの。3Dコンピューター・ニッティングの技術による構築的なシルエットは、近未来SFのような雰囲気も魅力。なんと自宅で洗濯可能。

ニット¥40700/CFCL デニム¥30800/イレーヴ メガネ¥36300/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン)

オーラリーの襟つきリブニット

オーラリーの襟つきリブニット
コットン100%のハイゲージリブニットは、生地に適度なハリがあり、ボディラインとの距離が絶妙。そこに生まれるほどよい緊張感が、襟つきニットの端正なたたずまいを後押しする。かなり長く設計された袖丈、大きめの襟に対して控えめなボタンと前立て、洒落たショルダーラインの位置。細部まで研ぎ澄まされた美意識が、日常着に心地いい刺激をくれる。

ニット¥33000・スカート¥44000/オーラリー

ebureのリブニット

ebureのリブニット
綺麗にフィットするリブとごく薄手の素材感が女らしさを引き出してくれる。これからのシーズン、ジャケットやアウターと合わせて活用して。ニュアンスのあるカラーも今っぽい。

ニット¥25300/ebure GINZA SIX店(ebure) スカート¥28600/ロンハーマン ネックレス¥17600・リング¥16500/フーブス(イリス47) バッグ¥53900/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 靴¥53900/クルーズ ショールーム(ヒューン)

エンリカのリブニット

エンリカのリブニット
繊細な微光沢リブニットに落ち着いたムードの台形ツイードスカートを合わせれば、品よく好感の持てる装いが完成。白を基調とした優しいトーンでまとめて話しかけやすいオーラもまとって。

ニット¥23100/エンリカ スカート¥59400(サヤカ デイヴィス)・ブレスレット¥39600(マリハ)/ショールーム セッション スカーフ¥13200/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(マニプリ) バッグ¥23100/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) 靴¥33000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

エイトンのタートルニット

エイトンのタートルニット
ほんのり肌が透けるタートルニットは、シックに転ぶ上質な風合いとダークカラーを選ぶのが正解。それを茶目っ気のあるチェック柄スカートの受け止め役にして、大人の余裕漂う最旬スタイルに。

ニット¥24200/エイトン青山(エイトン) スカート¥23100/アルページュストーリー プレスルーム(アルページュストーリー) バッグ¥39600/エスケーパーズオンライン(ヘリュー) ピアス¥33000/リューク 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

スローンのハイゲージニット

スローンのハイゲージニット
どんなシーンにも着回しの効くごくシンプルなニットを持っておくと重宝。さりげなく女らしいリボンベルトスカートで等身大の甘さを表現。小物で知性を盛り上げ、頼もしさも上手にアピールして。

ニット¥24200/スローン スカート¥24200/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) イヤカフ¥13200・ブレスレット¥14300/ソワリー バッグ¥64900/アー・ぺー・セー カスタマーサービス(アー・ぺー・セー) 靴¥29700/フラッパーズ(カステラーノ) メガネ/スタイリスト私物

サクラのリブニット

サクラのリブニット
カーキのリブニットでちょっぴり変化球を効かせて洒落感アップ。マスタードイエローのボリュームスカートで明るさをプラス。

ニット¥24200/インターリブ(サクラ) スカート¥17600/ロペ バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) スカーフ¥17600/マニプリ イヤカフ¥13200/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 靴¥64900/ザ・グランドインク(ロランス)

カトリーネ ハメルのブルーニット

カトリーネ ハメルのブルーニット
ふんわり柔らかなニットで顔まわりを優しい印象に。グレーのドロストパンツを合わせ“アクティブでシック”のいいとこ取り。スカーフやパールのイヤカフで、女性らしさはピリッと効かせるくらいで。

ニット¥34100/スティーブン アラン トーキョー(カトリーネ ハメル) パンツ¥41800/オットデザイン(ルーム エイト) スカーフ¥24200/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) イヤカフ(太)¥16500・(パール)¥18700・リング¥15400/フーブス(イリス47) バッグ¥42900/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥36300/ザ・グランドインク(ロランス)

サクラのざっくりニット

サクラのざっくりニット
ざっくり、ゆったりしたニットを、白シャツと重ねて出勤仕様に。着こなしも気分もこれだけでシャキッと。全身バランス、知的さと上品さ、仕事のやる気。大切なものを一度にアップ。

ニット¥36300/インターリブ(サクラ) パンツ¥26400/エストネーション シャツ¥27500/サザビーリーグ(ユニオンランチ) メガネ¥29700/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥60500/ショールーム セッション(モダンウィーヴィング) 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

オーラリーのブラウンニット

オーラリーのブラウンニット
着心地が軽やかなふんわりニット。ブラウンとキャメルのグラデーションコーデでおうち時間もシックに。するっとラフに巻くスカーフや可愛いモチーフのピアスを合わせておけば、リモートワークにも◎。

ニット¥36300/オーラリー パンツ¥24200/ロゥタス  カスタマーサービス(ロゥタス) スカーフ¥25300/マニプリ ピアス¥19800/エナソルーナ

デ・プレのダークグリーンニット

デ・プレのダークグリーンニット
深いグリーンニットとつやのある黒ボトムで作る“ほぼワントーン”。ゆるりと着ながらも凜として強さのある組み合わせだから、重ね着で遊べるカシュクールニットを選ぶのも素敵。出勤の日はトレンドのボウタイのシャツを重ね、きちんと感をキープしつつおしゃれなセンスものぞかせて。

ニット¥30800/デ・プレ パンツ¥14850/アンクレイヴ シャツ¥37400/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(マディソンブルー) バッグ¥20900/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(デザインヴェルソ)

サクラのネイビーニット

サクラのネイビーニット
通勤に欠かせない端正な表情のジャケット。今の季節ならタートルネックを合わせてすっきりと着こなして。黒よりも印象が和らぐネイビーのタートルが好バランス。

ニット¥25300/インターリブ(サクラ) ジャケット¥77000/イレーヴ スカート¥16500/ロペ ピアス¥24200/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥40700/ヴァジックジャパン(ヴァジック)

プラステの黒タートルニット

プラステの黒タートルニット
万能な黒タートル。でもちょっぴり男前なチェックジャケットに合わせるなら、女性らしい薄手のリブを。首は“折り返さない”のも今っぽさの決め手。

ニット¥7990/プラステ ジャケット¥69300/サードマガジン パンツ¥5940/リリー ブラウン ルミネエスト新宿店(リリー ブラウン) バッグ¥29700/アマン(エレメ) カチューシャ¥13200/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) イヤカフ(上)¥19800・(下)¥20900・リング¥23100/マリハ ブローチ¥10780/ステラハリウッド

サヤカ デイヴィスの黒リブニット

サヤカ デイヴィスの黒リブニット
程よいフィット感のあるリブニットはオフィスでも休日でも着回しの効く万能なアイテム。ツイードジャケット+リブニット、素材のミックスで黒同士も表情豊かに着こなして。

ニット¥27500/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(サヤカ デイヴィス) ジャケット¥42900(ジャーナル スタンダード レサージュ)・パンツ¥19800(ジェーン スミス)/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店 カチューシャ¥12100/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) イヤリング¥20900(ココシュニック オンキッチュ)・リング¥70400(ココシュニック)/ココシュニック 時計¥28600/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥48400/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥9680/アダム エ ロペ

アルアバイルのブラウンニット

アルアバイルのブラウンニット
紺ブレとタートルというまじめなトラッドを今っぽく見せる上で、効果的なブラウンのワントーン。流行のエコレザーのスカートを合わせたり、ニットをインするという着方のアップデートも不可欠。

ニット¥18700/アルアバイル ジャケット¥30800/パリゴ丸の内店(ミューニック) スカート¥31900/インターリブ(サクラ) リング(右手人さし指)¥65000・(右手薬指)¥13980・(左手中指)¥19000/ロードス(アヴェーテ) バッグ¥69300/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥22000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ)

レイ ビームスのオフ白ニット

レイ ビームスのオフ白ニット
ほっこりしたり、子どもっぽく見えたり、苦手意識のある人も多い白のタートルは、そもそもオフ白のような品のある色を選び、似たようなカラーのジャケットでなじませるのが大人の正解。いかにもなスーツに見えないダブルのジャケット+パンツのセットアップで、いっそう都会的に。

ニット¥8580/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) ジャケット¥33000・パンツ¥22000/エトレトウキョウ イヤカフ¥20900・リング(左手)¥36300・(右手)¥40700/ASAMIFUJIKAWA バッグ¥47300/シップス 有楽町店(ア ヴァケーション) 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック)

アンクレイヴのゆるニット

アンクレイヴのゆるニット
体が泳ぐようなたっぷりとしたニットが華奢見えに直結。普遍的に好感度の高いフレアスカートとは違う、大人の女性の余裕を感じるナロー(細身)スカートを合わせて今季らしいバランスに。

ニット¥15950/アンクレイヴ スカート¥37400/オーラリー イヤカフ¥13200・ブレスレット¥14300/ソワリー バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥64900/ザ・グランドインク(ロランス)

ザ シンゾーンのネイビーニット

ザ シンゾーンのネイビーニット
デイリー使いしやすいネイビーのシンプルニット。リラクシーなニット×レースタイトは誰もが真似しやすい、定番の組み合わせ。ゆるい×長いバランスに加えて、今年はロングブーツで足もとを“重ため”に仕上げるのがトレンド。

ニット¥29480/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) スカート¥62700/インターリブ(サクラ) ピアス¥18700/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ショルダーバッグ¥23100/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) バッグ¥2200/トラディショナル ウェザーウェア 青山店(トラディショナル ウェザーウェア) 靴¥148500/デミルクス ビームス 新宿(フラテッリ ジャコメッティ)

プラステ

プラステの淡イエローニット
カスタードのような優しいイエロー×チョコブラウンの目にも“美味しい”色合わせ。ゆるニットは両サイドにスリットが入ることで、腰まわりにゆとりができ、細身のスカートがいっそうほっそり見える嬉しい効果も。

ニット¥9990/プラステ スカート¥20900/カデュネ プレスルーム(カデュネ) ネックレス¥15400/アナイ リング¥33000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥13200/マニプリ バッグ¥137500/J&M デヴィットソン 青山店(J&M デヴィットソ) 靴¥35200/エリオポール代官山(コルソローマ,9)

ステュディオスの黒タートルニット

ステュディオスのタートルニット
ざっくりタートルとつやスカートの鉄板コンビも、モノトーンで着るのは意外と新鮮。小物で盛りたい気持ちをぐっと抑えて、靴&バッグはブラウンで統一する、このシックさも今年っぽい。

ニット¥37400/ステュディオス  ウィメンズ 表参道店(ステュディオス×チノ) スカート¥31900/フロム 時計¥44000/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー) バッグ¥30800/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥24200/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

デミルクス ビームスのVネックニット

デミルクス ビームスのVネックニット
重ね着ブームもあり、今季いちだんと目にする深Vのオーバーニット。インの白Tでヘルシーさが出る分、ボトムは揺れる黒で女っぽさをキープ。

ニット¥23100・スカート¥26400/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) トップス¥1500/ユニクロ ネックレス¥18700/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(シンパシーオブソウルスタイル) ピアス¥17600/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ストール¥28600/スロー バッグ¥70400(ヘリュー)・靴¥35200(ペレテルノ)/アルアバイル

スピック&スパンのパープルニット

スピック&スパンのパープルニット
ちょっぴり遊びのあるきれい色ニットはネイビープリーツで大人のカジュアルにまとめて。足元をスニーカーでアクティブに着こなす日、色数は少なく上品に。

ニット¥18700/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) スカート¥13200/カデュネ プレスルーム(カデュネ) トップス¥15400/オーラリー ピアス¥11000(ニナ・エ・ジュール)・ブレスレット¥41800(ナタリー・シュレッケンベルグ)/ショールーム 233 バッグ¥64900/インターリブ(サクラ) 靴¥8250/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)

マディソンブルーのグレーリブニット

マディソンブルーのグレーリブニット
トレンドのオールインワンは、子どもっぽくならずに着こなすなら体にフィットするリブニットの出番。モダンに決まるグレーのワントーンなら、洗練されて見える。アニマル柄やシルバーの小物合わせで、中間色を小気味よく仕上げて。

ニット¥74800/マディソンブルー オールインワン¥49500/インターリブ(サクラ) ヘアバンド¥5280/メゾンドリリス ピアス¥15400・バングル¥24200/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥57200/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥13200/アダム エ ロペ

スローンのグレーゆるニット

スローンのグレーゆるニット
ゆったりとしたサイズ感のシンプルグレーニット。優しさのあるグレーニットがエコレザーパンツのハードさを引き算してくれる。カットソーを裾から覗かせてモノトンコーデに奥行きを。

ニット¥34100/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(スローン) カットソー¥17600/エイトン青山(エイトン) パンツ¥12100/ノーク 帽子¥7920/カシラ プレスルーム(カシラ) バッグ¥6600/エスケーパーズオンライン(OPEN EDITIONS) ストール¥41800/アイネックス(アソース メレ) 靴¥45100/ザ・グランドインク(ロランス)

イレーヴ×デミルクス ビームスのアイボリーニット

イレーヴ×デミルクス ビームスのアイボリーニット
優しい印象が魅力、アイボリーのモヘアニット。ほんのりイエロー寄りな優しいグレーのフレアスカートをなじませて、色も風合いもやわらかなムードにまとめて。ニュアンスのある配色で、ミルキーなグラデーションも甘くならずすっきり仕上がる。

ニット¥53900/デミルクス ビームス 新宿(イレーヴ×デミルクス ビームス) スカート¥37400/エンリカ ネックレス¥275000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥154000/八木通商(ザンケッティ)

エレ ストリオフのグレーニット

エレ ストリオフの淡グレーニット
ごく淡い、優しいグレー。今季取り入れたい旬色グレーニットは同系色のボトムでワントーンで楽しんで。淡いピンクのアウターと合わせた新鮮な配色でアップデートを。

ニット¥37400/エレ ストリオフ パンツ¥20900/トゥモローランド(レッドカード) コート¥38940/アンクレイヴ バッグ¥42900/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) 靴¥88000/ジミー チュウ

ノーク バイ ザ ラインのグレーニット

ノーク バイ ザ ラインのグレーニット
やや濃いめのグレーが知的な印象のシンプルニット。パワフルなビビッドカラーパンツを品よくこなれて見せてくれる。気分の上がる色×落ち着いた色の対比が楽しい配色。

ニット¥19000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) パンツ¥37400/スタンブリー ネックレス(長)¥28600・(短)¥16500/マリハ バッグ(ストラップつき)¥62700/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) 靴¥22000/シードコーポレーション(ヴェジャ)

イレーヴの白ニット

イレーヴの白ニット
冬に映えるオフホワイトのニット。カジュアルなグレーデニムと合わせて鉄板の舎衛感コーデに。そこにピュアホワイトのシャツをレイヤードして全身の配色がリズミカルに。足もとはグレーと相性◎のシルバーパンプスで光のアクセントを。

ニット¥37400・シャツ¥33000/イレーヴ パンツ¥31900/サザビーリーグ(マザー) サングラス¥39600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥52800/アマン(ペリーコ)

関連記事
  • プレス&ライターのお仕事黒をアイテム別にリサーチ。お仕事シーンに…といえば黒パンツ。きちんと見えるのに動きやすく、さらに気持ちまでアガるコーディネートを5人のおしゃれプロから学んで。 Mila Owen プレス 川村らいむさん 「細身パンツでもセンタースリットのおかげで、足さばきよく動けます」組み合わせやすい黒パンツはワイドよりもきれいめな細身のものをチョイス。袖&襟コンブラウスの甘さをオフィス向けにほどよく調節してくれる。グリーンのバッグで遊び心を取り入れて。 Pants / Mila Owen Tops / Mila Owen Shoes / Mila Owen Bag / Mila Owen Earring / Mila Owen Deuxième Classe プレス 刈部麻理奈さん 「3つの黒アイテムは異なる素材を選んで、コーデに奥行きを出しています」カジュアルで動きやすいレギパンは、ニットとの間に白シャツを挟むだけで洗練されて見える。アームウォーマーとサイドゴアブーツがベーシックカラーのコーデを今年気分に高めてくれる。 Pants / Deuxième Classe Coat / Deuxième Classe Knit / Deuxième Classe Shirts / Deuxième Classe Shoes / Tony Bianco Bag / NEOUS Arm Warmer / Deuxième Classe ライター 石黒千晶さん 「リモート→取材の日でも、きちんと見えつつ楽できちゃいます」フレアパンツを大人っぽくはくなら黒のコーデュロイがおすすめ。小さいさんは印象が重くならないよう、明るい色のカットソーを首もとに重ねて、視線を上げるテクを使うといいバランスに。Pants / MATURED Coat / ATON Tops / ADAM ET ROPÉ Knit / AURALEE Shoes / no brand Bag / Saint Laurent ライター 榎本洋子さん 「黒でつくったIラインがすっきりスタイルよく見せてくれます」柄とグリーンのさし色でリズムをつけて、リモートも楽しい自分ウケコーデに。短いジャケット感覚のコートがこの冬の気分。コートとニットを脱げば、きちんとした場面も対応できる装いに。Pants / YLÈVE Coat / ZARA Knit / Shinzone Tops / CLANE Shoes / ZARA Bag / Acne Studios Earring / IRIS 47 73 Showroom PR 河野なみこさん 「細身のパンツ×ロングブーツが久しぶりで新鮮な気持ちに」」細身のパンツをロングブーツにインするスタイルが復活。お仕事中もアガる最高の組み合わせ。スリットの入った長めのニットと合わせることで体型をカバーしつつ、動きやすさも確保。 Pants / Chaos Knit / Chaos Coat / Chaos Shoes / PELLICO×Chaos Bag / FRANCOIS RENIER Pierce / MARIHA 撮影/イマキイレカオリ ※BAILA2022年2月号掲載
  • 【SUQQU】新作チークをパーソナルカラー別レビュー BAILA読者モデルの青山麻穂です。都内で16タイプパーソナルカラー診断のサロンを運営しています☻(詳しくはインスタへ)今日はSUQQU(スック)の新作春コスメの中から、チーク(メルティングパウダーブラッシュ)をご紹介したいと思います。アイシャドウやリップも可愛かったのですが、個人的に最も推したいコスメがチークなのです!!!SUQQU(スック)メルティングパウダーブラッシュ全8色 ¥6,050(税込み) 新技術「メルティングパウダー処方」の採用により、これまでは難しかった※オイルの高配合や、新たな原料構成による新フォーミュラのチークを実現。パウダーでありながら、大人の肌に自然になじむ“新湿感”で、じんわり艶をにじませ、透明度を感じる頬に。※ SUQQU において 【SUQQU】既存商品のピュアカラーブラッシュとの違いは? SUQQUチークの定番と言えば、ピュアカラーブラッシュ。ハイライトとチークカラーがセットになり、簡単に立体感のある頬を作れることから大人気の商品です。そうなると新商品のメルティングパウダーブラッシュとの違いが気になるところではないでしょうか。個人的な意見になりますが、既存のピュアカラーブラッシュは粉質がサラっとしていて、ふんわり柔らかい雰囲気を演出できます。またハイライトカラーを活かした自然な陰影を作り出すことができます。パウダーチークならではの、ふんわりフォギー肌やナチュラルな血色感を求める方におすすめです。一方で、新作のメルティングパウダーブラッシュはオイルinなので粉質がしっとりしていて、じゅわっと滲んだような血色感を演出できます。パウダーチークでは難しかったしっとり感や、ツヤ感を求める方にとてもおすすめです。 【SUQQU】メルティングパウダーブラッシュの色味比較 全部で8色展開なのですが、私が購入したのは上記の5色です。私個人の見解にはなりますが、パーソナルカラー別に分けてみたので参考になれば嬉しいです。 02春音 モーヴピンク(ブルべ全般・特にブルべ夏)03恋巡 コーラルピンク(イエベ春)04澄色 ピンクベージュ(イエベ全般・一部ブルべ夏)07宵漆 ダークレッド(ブルべ冬・イエベ秋)08燈火 オレンジブラウン(イエベ秋) 購入していないカラーも含めたマトリックスを作成してみました。同じイエベ・ブルべさんでも、明るめが得意なのか暗めが得意なのか分かれます。是非ご自身の肌の色に合わせて選んでみてくださいね!ここまでお読みいただきありがとうございました☻ (※KATEリップモンスターの全色レビューもしています➡https://baila.hpplus.jp/46026) =====都内で16タイプパーソナルカラー診断/顔タイプ診断を行っています。パーソナルカラーに合わせたメイクアドバイス付◎お問い合わせはInstagramよりお気軽にどうぞ☻➡ @maho_713=====
  • これまで、あらゆる物事に果敢に挑戦しながら己の信念を貫き、ストイックに生きてきた男。自らの力で成功体験を積み重ね、ぶれない“らしさ”を確立。さらなる高みを目指し、主演ドラマ「となりのチカラ」で新境地に挑む松本さんが、今語る言葉とは── 。 松本 潤 まつもと じゅん●1983年8月30日、東京都出身。A型。1996年にジャニーズ事務所に入所。数々のドラマや映画、舞台出演を経て、2016年、2018年に主演したドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」シリーズも話題に。現在、主演映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』が公開中。2023年放送の大河ドラマ「どうする家康」では徳川家康を演じる。 人間関係でいちばん難しいことは、失った信頼を取り戻すこと! 「人とコミュニケーションを深めていくには、信頼がないと何も始まらない。何が好きで何が嫌いか、何が許せないのかをある程度知っておかないと、関係性が壊れてしまうこともあると思う。価値観が近しい人ほど、ストレスなく一緒にいられるし、やっぱり仲よくなりやすいものだよね。だからこそ、自分は相手に対して、信頼を失うようなことはしないと心がけています」 主人公チカラに相談したいこと?今はないかな(笑) 「悩みがあっても、僕は誰かに相談したりはしません。ただ、チカラくんみたいに話を聞いてくれる人がそばにいたらいいんだろうなぁ。愚痴が言えるだけでも、気持ちが整理できたりするかもしれないし。たいていそういうものだよね。聞いてもらうことが重要ではなくて、話して満足できるときもあるわけだから」「僕が演じる中越チカラは、何もできないけど、お節介やきで、周りの人が気になってしまうという、ちょっと変わったヒーロー。“頼りなくて中腰の男がみんなと向き合って、強いつながりを持っていく”という役を演じるのは、すごく面白いなと思いました。このドラマは、“同じマンションに住む個性豊かで、ワケありな住人たちのいろんな人間模様を描いていく”がテーマになっています。誰もが抱えている問題に、真摯に向き合っていく“チカラ”という人間を描きたいという話を、脚本家の遊川和彦さんに言われました。オリジナル脚本だし、僕自身もどういう作品になっていくのか、台本を読んでいて楽しみでもありました。ただ、いざ撮影が始まるとひたすらチカラがしゃべってるので、だいぶ大変ですね……。遊川脚本というのは、こういうことなのかと(笑)。遊川さんからの挑戦状にどうこたえていこうかと奮闘しているところです。」「今までこういったホームドラマをあまり経験してこなかったので、僕にとってはすごく新鮮なことが多いです。上戸さん演じる奥さんがいて、子どもも二人いるという設定なので、家族で過ごすシーンもたくさんあって、楽しい時間を過ごしています。」「ドラマのいちばんの見どころは、“人間愛”や“家族愛”です。チカラが周りの人を大切に思う気持ちを、自身の身のまわりに置き換えて感じ取ってもらえたらいいなって思います。少しでも心が温まったりほっこりしたり、こんなことができるのかもという想いが見ている方の心に芽生えたらとても嬉しいですね」 木曜ドラマ『となりのチカラ』 出演/松本 潤、上戸 彩、小澤征悦、映美くらら、ソニン、清水尋也、長尾謙杜、浅野和之、風吹ジュンほかテレビ朝日系 木曜21時~ 思いやりと人間愛にあふれるが、何をしても中途半端で半人前な男、“中腰の”中越チカラを松本さんが演じる。ちょっぴり“中途半端な男”が、孤独に生きる現代人の心を救う社会派ホームコメディドラマ。 取材・原文/山中ゆうき ※BAILA2022年2月号掲載
  • 圧がある人と圧がない人の違いとは? 芯はどこから生まれるの?教育学者の齋藤孝先生に分析いただき、具体的にどんな特徴があってどんなコミュニケーションをする人なのか、その実像をひもときます。 【前の記事】齋藤孝先生が分析!今時代に求められる「圧はないけど、芯はある」ってどんな人? 圧はないけど芯はある人の話し方・伝え方 1.断定・命令・否定を避けてポイントを3つに整理する 「相手に圧を与えないために『〇〇だ』→『〇〇という可能性があります』、『△△しないと△△できません』→『△△すると△△できます』などポジティブに転換する語法の活用を。どんな話もポイントを3つに整理して話すと本質をとらえた芯のある話し方になります」 2.前向きで提案型の相手が理解しやすい言葉を選ぶ 「物事が前に進むよう提案をする気持ちで、生産的でポジティブな言葉を選ぶといいですね。会話の中で相手を傷つけないために、相手と自分との共通理解を増やした上で、誰に聞かれても大丈夫なわかりやすい表現を心がけると誤解を避けられると思います」 たとえば…相手にミスを指摘 するとき 向かい合わず間に資料を置いてミスを防ぐシステムをともに考える「個人のミスは必ず起こるので、『間違いを防げなかったシステムの問題を改善したい』という立場で話すといいですね。お互いが共通認識できる資料を挟んで斜めに座ると穏やかに話せると思います」 たとえば…相手に自分の考えを伝える とき 対立させず、相手の意見をアレンジ。紙にまとめるのも◎「たとえば意見の異なる上司には、提案をA4一枚の紙にまとめたり、メールで文字にして冷静に伝える方法も。相手の考えをベースにしつつ発展させるかたちで意見を提案すると受け入れてもらいやすいです」 教えてくれたのは 教育学者 齋藤 孝さん 1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラー著作家、文化人として多くのメディアで活躍。 イラスト/秋葉あきこ 取材・原文/佐久間知子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 1週間の「BAILA今日のコーデ」をまとめてお届け【1月21日(金)〜1月27日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月21日(金)のコーデ ふわふわのカーディガンと揺れるプリーツスカート。グッドガールな組み合わせにビットローファー、かっちりしたバッグ、チェック柄ストールのハンサムトラッドな小物をオン。少し辛口で大人っぽく引き締めつつ、おしゃれにハズして今っぽく。 1月22日(土)のコーデ 満を持して真冬のカンフル剤、白のアウターを投入すると、それだけですっと姿勢を正したくなる。ケープ型のコートに同色系の美シルエットのパンツを合わせたワントーンコーデで、とことんカッコいい女性を目指すのも新鮮。白の分量を増やしたら少量の黒を効かせてほどよく引き締めるのも忘れずに。 1月23日(日)のコーデ 上下のシルエットにメリハリをつけるのは体をきれいに見せる方法の王道だけど、だからこそアップデートが必要。「ぴたふわ」から「ゆるぴた」へ。2022年の気分に合わせたシルエットバランスでカジュアルコーデを今っぽく見せて。光沢あるナロースカートで女らしさもほんのり。 1月24日(月)のコーデ デニムライクなシャンブレーシャツをニットの袖口と裾からのぞかせ、レディなプリーツスカートをカジュアルダウン。キャップやラインソックスなど小物も効かせてこなれ感を倍増。色を抑えているから、ラフなのに印象はあくまで上品。コートは袖を通さず肩にかけて洗練されたムードに。 1月25日(火)のコーデ 会社へ行く日の相棒は気分が上がる明るい色のニットをご指名! ベリーのような深いパープルで今っぽさも大満足。ウール100%で暖かく、ソフトな肌触りも嬉しい。きれい見えするボリュームスカートを合わせたら、ロングブーツでしっかり防寒。見た目も着心地も寒さを感じさせないコーデに。 1月26日(水)のコーデ 黒のタートルニットとデニム、冬の定番ワンツーコーデもシャツを1枚重ねればぐっと新鮮なイメージに。シャツがメインだからクリーンな印象も簡単に。ショルダーバッグやスニーカーを合わせてアクティブな印象にまとめて。 1月27日(木)のコーデ カッコよさと華やかさを同時にかなえてくれる、みずみずしいグリーンは大注目のカラー。落ち感がありながらも、タックが効いた立体的なシルエットで洗練感のある着こなしが思いのまま。マキシ丈のコートをさらっと羽織ってより一層こなれたムードに。
  • バイラ読者から届いた声に、政治学者の姜尚中さんがアドバイス。 今回は、在宅勤務で夫と一緒の時間が増え、相手の行動にイラつくことが多くなったというお悩み。姜さんの回答は? 〈お悩み〉在宅勤務で夫と一緒の時間が増えたのですが、相手の行動にイラッとくることが増えました(S・36歳・メーカー) 結婚3年目です。二人とも在宅ワークが増えましたが、家が狭くて気づまりです。また、家にいると食事の支度など、家事はいつも私。その間、夫はゲームをしています。イラッとしますが、所詮こんなものとあきらめています。夫とはお見合い結婚で、さほど好きでもなく結婚したのですが、会話も少なく、どんどん溝が深まっています。 夫婦の関係は、常に絶えざる形成の途上にあるのです──姜 「結婚は人生の墓場だ」というのは、フランスの詩人ボードレールの言葉です。もとの意味とは違い、日本では結婚を否定的にとらえる言葉として知られていますが、なぜ結婚が墓場かというと、結婚すれば一件落着と思って、お互いを思いやったり、二人の関係をうまくつくっていこうという意識が薄れるからだと思います。しかし夫婦の関係というのは、その時々によって、絶えず変容していくものです。結婚当初と3年後では、また違いますし、子どもができて、運命共同体となったときも、ひとつ違うステージへと変わります。さらに子どもが巣立ち、再び「おふたりさま」になったときには、これまでとは、また違う結びつきとなります。血のつながりがない二人の関係は、常に絶えざる形成の途上にあるのです。しかしSさんの悩みをみると、結婚して数年で、自分と夫の関係を「これ以上、変わりっこない」と見限っているところがあります。これでは、二人の間の溝はどんどん大きくなるだけです。大切なことは「所詮こんなもの」というようなシニカルな考えを捨てることです。そしてよりよい関係をつくるために、「自分はこうしたい」「こういう関係性を築きたい」と話し合ってください。Sさんは「この人でなければならない」ということで、結婚したわけではないようですが、一緒に暮らすなかで、「この人でなければならない」関係になることもあります。月並みですが、お互いの努力があって、夫婦関係は初めて成り立ちます。相手に求めることがあるのなら、言葉にして伝える手間を惜しんではならないと思います。 1月26日(水)発売!『それでも生きていく 不安社会を読み解く知のことば』 1月下旬に上梓される本書は、2010年から2021年まで、女性誌で連載されていた姜さんの人気連載をまとめたもの。この間、東日本大震災、中国の台頭、トランプ大統領の誕生、新型コロナウイルスのパンデミック……と、世界も日本も揺れに揺れた。そんな不安社会の構造を姜さんが読み解き、苦しみや悲しみを乗り越えて生きていく術を示してくれる、現代の救済の書。劣化する日本の政治、変わりゆく知のカタチ、ジェンダーをめぐる攻防、問われる人間の価値、不透明な時代の幸福論とテーマも刺激的で、知的好奇心が満たされること間違いなし!!『それでも生きていく 不安社会を読み解く知のことば』 姜尚中著  集英社 1650円 姜尚中(かんさんじゅん) 1950年、熊本県生まれ。東京大学名誉教授。長崎県鎮西学院学院長。熊本県立劇場館長。専門は政治学・政治思想史。著書に『悩む力』『漱石のことば』『母―オモニ―』『トーキョー・ストレンジャー』など多数。 撮影/渡部 伸 イラスト/塩川いづみ 取材・原文/佐藤裕美 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 本格的に学びたいなら、確かな体系に基づいて学べる大学・大学院は最高の場所。すぐに通わなくても、知っておくだけで将来の可能性がぐんと広がる。大学・大学院の選び方と社会人向けプログラムをご紹介。 【知っておきたい!基礎知識】大学・大学院で学ぶ選択肢 教えていただいたのは リクルート進学総研  主任研究員(社会人領域) 乾喜一郎さん (株)リクルート入社以来、一貫してキャリアに関する領域に携わる。社会人学習専門誌の編集長を経て、2019年より現職。学習者視点でリカレント教育・社会人学習のあり方について提言を続けている。 正規課程への入学以外にもいろいろ!OPTION1公開セミナー・公開講座いちばんお手軽!誰でも参加できる講座。単発で週末に2時間くらいの講座を無料で行うものから、長めの期間で開講するものまで、形態は千差万別。少しでも気になる分野の講座があれば、参加してみるのがおすすめ。 OPTION2科目等履修生制度入学せずに特定の科目のみを履修できる制度。90分×15回の授業で、数万円~15万円くらいのものが多い。正規課程の学生に交じって受講でき、正規課程入学したときのシミュレーションに役立つ場合も。OPTION3履修証明プログラム社会人学生のために一から設計された学習プログラム。修了者には法に基づく履修証明書が交付される。今、社会で必要とされている特定のテーマについて、全体で60時間以上とまとまったかたちで学べる。OPTION4正規課程入学大学では学士、大学院では修士・博士号の取得を目指す。通信制大学では学力試験は基本的に課されない。週末・夜間のみの社会人大学院も増え、こちらも入試では学力よりも学ぶ意欲が重視されている。 コロナ以降、オンライン化が進み、選択肢が増加。より学びやすく「コロナ禍への対応で、通信制大学だけでなく通学の大学・大学院においてもオンライン化が進み、好きなときに見られるオンデマンド授業から対話があるリアルタイム授業まで選択肢が増えました。遠隔からの参加も可能になり、オンラインでの学びに抵抗が薄れた人が増えて思わぬ出会いが生まれるようになったのもメリットです」(乾喜一郎さん、以下同) 国の教育訓練給付制度を使えば、費用の最大7割の補助を受けられる!教育訓練給付制度とは、社会人学生支援を目的に、厚生労働大臣が指定するコースを修了すると受講費用の一部が支給される制度。「特に『専門実践教育訓練』に指定されているコースなら受講費用のうち最大7割(年間上限56万円)の支給を受けられます。大学院に2年通って合計100万円以上支給される人も少なくなく、社会人学生を強力に後押ししています」 大学・大学院は、「自分の学びやすさ」で選んで そもそも、大学と大学院の違いとは?「何より目的が異なります。大学は主にインプットをして物事の基本的な考え方を身につける場。大学院は研究、つまりアウトプットを目的とした場なので、自分の問いを磨くことが重要になります」 ベストな選択をするポイントは?「まずお伝えしたいのは『学び直す』といっても昔通った大学での学びとはまったく違っているということ。特に社会人大学院では黙って聞いているだけの授業は少なく、学生がこれまでの経験や知識をベースに参加するタイプの授業が中心。学生側の主体性が非常に重要です。 どこで学ぶかの選択においては、『自分に合っているか』が大きなポイントになります。具体的には、学ぶ内容や学び方に加え、費用、立地、サポート体制などが自分の状況やニーズに合っているかです。  たとえば通信制大学の場合、費用は安く抑えられますが、手厚くサポートしてほしいならその分高くなります。キャンパスに通学する場合は、平日は仕事のあと、土日は自宅から通い続けるのが苦にならないかどうかが大切。学ぶ内容や学び方に関しては、いきなり正規課程に入学するのではなく、興味のあるセミナーなど手軽なものから参加して情報を集めていくのがおすすめです。  大学・大学院は、職場では出会えない人とフラットな関係で出会える貴重な場所。正規課程への通学となると人生の一大プロジェクトですが、通った方は皆『やり遂げることで身についた実行力が大きな財産になった』と言われますよ」 【社会人の大学・大学院選び】正規課程以外の入学方法と、その選び方を詳しくチェックする 【大学・大学院の学び4選】社会人向けプログラムが増えています! 1.グロービス経営大学院《ハイブリッド型MBA》 オンラインと通学を組み合わせて、MBA(経営学修士)の取得を目指せる!MBAとは、経営者の視座を持つビジネスプロフェッショナルを育成することを目的にした学位。2006年開学のグロービス経営大学院は、主に社会人を対象にしたMBAを取得できるビジネススクール。他校に先駆けて2015年から実施したオンライン完結プログラムが多数の学生から好評だったこともあり、2021年度からオンラインと通学を自由に組み合わせられる新プログラム「ハイブリッド型MBA」がスタート! オンラインクラスと通学クラスの間で振替受講も可能で、通学クラスは全国7つのキャンパスで開講中。現役・実務家教員とともに、ケース(企業事例)を用いたディスカッション中心の授業が特徴。費用は1科目のみの「単科生」で128000円、2年間の「本科生」は2998800円。 オンライン・通学ともに、クラスはディスカッション形式で同等の質を担保。特にオンラインクラスを通して日本全国・海外からの学生と出会うことができ、ネットワークを築ける ハイブリッド型でMBAプログラムを詳しくチェックする 2.京都芸術大学《完全オンライン課程「手のひら芸大」》 知識・経験は不問!通学せずにアート・デザインを学ぶ現在、日本全国1万人以上、18歳から96歳の学生が学ぶ京都芸術大学。「手のひら芸大」では、芸術教養学科、アートライティングコース、書画コース、イラストレーションコースの4コースが用意されている。芸術教養学科では仕事や生活に生かせるアート・デザインの知識や実践例を学べ、アートライティングコースでは芸術作品や芸術家について文章で伝える方法を学ぶことができる。実際に描くことが好きなら、イラストレーションコースでイラストを体系的に学べる上、この春、書画コースも新たに開講。費用はコースによって異なり、年間17万円~。 学習サポート体制が充実し、4年制大学の卒業資格を取得可能。入学試験はなく、出願資格があれば誰でも入学できる 完全オンライン課程「手のひら芸大」を詳しくチェックする 3.日本女子大学《リカレント教育課程 働く女性のためのライフロングキャリアコース》 人生100年時代、女性が長く働くための力を養う「履修証明プログラム」日本のリカレント教育のフロントランナーとして、2007年から育児などで離職した女性の再就職を後押しするプログラムを実施してきた日本女子大学が、就労中の女性を対象とするプログラムを2021年に開設。6カ月・合計65時間のカリキュラムで、授業は主に平日夜間や週末にオンラインで行う。長く働くための心がまえを学ぶ「キャリア講演」を必修とし、プレゼンスキルを上げる実践型授業や、人材育成の導入理論、マーケティング・マネジメント、管理会計の基礎などの選択科目を設置。受講生が自分に合わせて選択できる。費用は入学金33000円、受講料135000円。教育訓練給付制度の指定講座で、修了した上で一定の条件を満たせば受講料の一定の割合額が支給される。 2021年のオンライン開講式の様子。受講生は、管理職を目指す人から、自営業や経営者の人まで様々 リカレント教育課程 働く女性のためのライフロングキャリアコースを詳しくチェックする 4.山梨大学《ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム》 地域のワイン産業の発展に貢献する人材を育成国内1位のブドウ収穫量・ワイン生産量を誇る山梨県にとって、ワインは地域の重要な産業。国立大学である山梨大学のこのプログラムは、社会人のキャリアアップのための学びを支援する「職業実践力育成プログラム(BP)」として文部科学大臣から認定を受け、山梨県や地域のワインメーカーと連携して、山梨ワインのブランド化およびグローバルスタンダード化を推進する「ワイン・フロンティアリーダー」を養成。ワイン産業に従事する社会人を対象に多彩な授業を展開し、高品質ワインの製造能力、国際競争力、経営能力などを総合的に身につけることを目指す。授業時間は合計140時間、費用は年額14万円。 ブドウ栽培やワイン醸造・品質管理から、ブランディング、ワイナリー経営、法律に至るまでワイン産業を総合的に学ぶ ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムを詳しくチェックする ※BAILA2022年2月号掲載
  • ボッテガ・ヴェネタの人気バッグ「ザ・アルコ」から待望の新作「ザ・アルコ ツール」が登場! 「ザ・アルコ」とは違ったバックルやリベットの大胆なあしらいが、ちょっぴりスポーティな仕上がりに。 【BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)】いつもより主張のある白 新作の「ザ・アルコ ツール」は、トップについた大きなダブルファスナーが存在感を発揮。これまでの「ザ・アルコ」とは違ったバックルやリベットの大胆なあしらいが、真っ白なレザーにメリハリを与え、次なる波を予感させる。ファスナーが大きく開くのも便利で、活動的に出かけたくなるデザイン。バッグ(19×28×9)¥418000・コート¥726000・ニット¥145200・ピアス¥121000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) 撮影/伊藤彰紀〈aosora〉 ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/佐藤里沙〈BENATURAL〉 モデル/大政絢 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2022年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND