【2021冬アウター】上質きれいめなリバーコートなら、大人が着て映える「エスロー」「ロエフ」「エブール」の3ブランドは絶対チェック!

@BAILA

価値あるアウターに出会うなら、試着隊のリアルボイスは聞き逃し厳禁! 今年投資すべき推しの一着がきっと見つかるはず。「エスロー」「ロエフ」「エブール」の3ブランドを代表するキレイめコートは、パターン・素材・丈感すべてに感動の声が!

ESLOWのリバーコート

エシカルなものづくりにこだわり今シーズンからスタート。上質でサステナブルな素材と、体に沿うシルエットで、試着隊人気No.1。


「落ち感とコクーンシルエットのバランスが本当にうまくて着た瞬間、アガりました!」
ライター 榎本洋子さん(165㎝)

「色、軽さ、シルエットも満点。コンサバになりすぎないノーカラーコートを発見!」フリーランスPR 上枝みどりさん(167㎝)

エスローのコートの宮田聡子

袖を通した途端、心地よさと美しいパターンに誰もが驚き
ウールとナイロンのミックス素材でエアリーなボリュームに。コート¥149600/エンケル(エスロー) ニット¥13200/エストネーション パンツ¥15400/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) ストール¥10780/アルアバイル(ツィードミル) ピアス¥24200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥69300/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) 靴¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

「お値段はしますが、完璧なシルエットで、羽織りやすい軽さ。ブルーの色みもほかにない感じ。何年たっても“すたれない”コートだと確信しました」(菅原さん・162㎝)

「華奢な体にもしっくりなじむゆったりロング」(副編N・156㎝)

LOEFFのリバーコート

トラッドを今っぽく昇華するユニセックスブランド。羽織ったときのシルエットとディテールの可愛さに惚れ込む人が続出!


「スリット入りで広がる裾が、着るだけで勝手におしゃれに仕上げてくれる、優秀コート!」
スタイリスト 吉村友希さん(158㎝)

「今まで着たことのない短め丈半信半疑で着たら、愛らしくて抜け感もあり、意外性にキュン♡」スーパーバイラーズ・ネットショップ経営 上原 愛さん(160㎝)

ロエフのコートの宮田聡子

新鮮に着られるミドル丈のバルマカーンコートに喝采!
ゆったりとしたAラインでワイドパンツにも似合う。リサイクルウールを使用。コート¥88000/ロエフ 六本木店(ロエフ) スウェット¥15400/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) スカート¥9900/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) メガネ¥36300/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) リング¥30800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥156200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥94600/アマン(ペリーコ)

「丸みのあるステンカラーやなだらかな肩の曲線、裾のラウンドも素敵。黒なのでオンスタイルに合わせやすい!」(道端さん・161cm)

「生地の軽さにこだわりを感じます。トラッド感のある襟元も好印象」(河野さん・160cm)

「スリットの効果で正面からはシュッと見え!」
(池田さん・155cm)

ebureのリバーコート

旬のテイストを上品&リュクスな質感で仕上げるブランド。ゆったりとしたテントシルエットのダブルコートは、パンツ派からもスカート派からも人気。


「ボトムも靴も、色々なテイストに合わせやすそう!」スーパーバイラーズ・人材サービス広報 横井万里子さん(170㎝)

「サイドスリットで可愛げのある印象。ブーツで着こなしたい」スーパーバイラーズ・アパレル 藤田まきさん(157㎝)

エブールのコートの宮田聡子

鮮度の高いミドル丈は、試着して合わせやすさに開眼した人多数!
体が中で泳ぐたっぷりしたボリュームが、きれいな落ち感で揺れる。ほんのりと光沢のあるダブルビーバー素材が暖か。シンプルなコーディネートも上から羽織るだけで印象的に。コート¥108900/ebure GINZA SIX店(エブール) スカート¥17600/アンクレイヴ スカーフ¥17600/マニプリ ピアス¥36300/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥25300/バロックジャパンリミテッド(リムアーク) 靴¥15400/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)


「シルエットに惚れました。ステッチなど細部も美しい」
(編集長杉浦・160cm)

「軽くて暖か、ふんわり揺れるフォルムも可愛い」(編集スガコ・152.5cm)

撮影/金谷章平 ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/宮田聡子 取材・原文/久保田梓美 ※BAILA2021年12月号掲載

関連記事
  • まだまだ寒い1月。ダウンコートにも飽きてきて、ジャケット+コートスタイルでマンネリ打破。<BEAUTY&YOUTH TRADITIONAL UNIFORM>のジャケットは、スカートにもパンツにも合わせやすくて、キレイなシルエットが気に入っています。こんにちは。Kaaiです。 今年の冬は寒いですね〜!寒すぎると、ロングダウンにムートンブーツ。もうオシャレより防寒になってしまって、楽しくないなぁと、ジャケットを重ね着してみました。重ね着とっても温かい!! よくリバーコートだけでは寒い時に、UNIQLOのウルトラライトダウンを重ね着したりしていましたが、そんな感覚でジャケットを着たらいいんだわ〜と。 お仕事されている方には、何を今更という感じですよね(^^;) ジャケットは、BEAUTY&YOUTHのTRADITIONAL UNIFORMライン<BEAUTY&YOUTH TRADITIONAL UNIFORM>のもの。 ネイビージャケットって似たようなものがたくさんありますが、私が選んだポイントは、ダブルボタン、無駄な装飾がない、シルエットがキレイな丈。ボタンの形で意外と安っぽく見えたりもするので、ボタンも可愛いところが好きです。 正統派な金ボタン長く着られるシンプルなデザインと柔らかさに惹かれてこちらにしました! スカートやパンツどちらにも合わせやすい長めの丈感が気に入ってます♡BY TRADITIONAL ダブルジャケット ユナイテッドアローズ公式H.P.■素材カルゼ素材を使用。手触りとしては、制服の生地のような感じですが、柔らかな肌触りです。 ・柔らかな肌触り ・やや厚めで強い生地 ・シワになりにくい テロンとしたシルク100%のスカートと。ロングブーツを合わせて。■コーディネートポイントニット×フェミニンなロングスカートに、ロングブーツを合わせたスタイリングにしてみました。サイドスリットからロングブーツが見えるのが、何だか好きなスタイル。何故か写真がモヤっとしているのが気になりますが…カジュアルにもキレイ目にも合わせ易い定番ジャケットで、秋にも着られるのはもちろん、冬もコートの下にインで。春先に着るのも楽しみです。 コートを着た感じ。ただコートに付着していたであろう毛移りが気になる…エチケットブラシを持ち歩こうと思います。そろそろ冬のお買い物に飽きた頃、SALE品も春先をイメージしたお買い物を意識しています。 ジャケットはSALE品ではありませんが、春先毎年着ているので、前々からシルエットを更新したいと思っていたのです。 この冬のSALE購入品もまたご紹介できたらと思っています(^^)←今年もなんだかんだで買ってるわ。 それではまた! Kaai【My instagram】 コメント、フォロー嬉しいです♡No.180 kaai
  • 2枚目コートにぴったり。4万円以下で買える優秀コート。と年末の神戸旅行のことを少し。新年明けましておめでとうございます。 2022年が、皆さんにとって素晴らしい一年となりますように。 今年も楽しみながらブログを書いていけたらと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。 さて、皆さんはSALEで何か買われましたか? 私は「今季はウールコートは買わない!」言っていたのですが、買ってしまいました〜 少しずつ出かける機会が増えてきた今、私のワードローブには淡い色のロングコートが必要だ!と気付いてしまったのです。 実は断捨離した結果、ロングコートはキャメルの一枚しか残っていなかったんですよね。 SALEで買い足したコートは、NORC ノーカラーウールリバーコートNORC ノーカラーウールリバーコート 39900円(税込) カラー:グレージュ サイズ:2 今シーズンは去年よりさらに軽量化されたそうで、こんなに分量があるのに軽い! また撥水仕上げがされており、雨や雪など天候にも対応。上品な光沢感も高見えします。 ※私は年末のSALEでお安く購入できましたが、現在は定価で販売されています。(なんだかすみません。) でも4万円以下でこのクオリティ、2枚目コートにぴったりです!グレーがかった白は、絶妙な素敵色でとても合わせやすく、重たくなりがちな冬のコーデを軽やかにしてくれます。 生地はふんわり柔らかく暖かく、ノーカラーなので首元もスッキリ。 オンラインなのでサイズを迷いましたが、オーバーサイズでバサッとずるっと着たかったので2にして正解でした。(袖は長めになってしまいましたが。) (161センチ、肩幅広めの普通体型)共布ベルト付なので違った雰囲気も楽しめます。 春まで活躍してくれそうです。▶︎NORC ノーカラーウールリバーコート----------------------------------------------------------▶︎年末の神戸旅行のこと。素敵なロケーションでアイススケート名古屋にはないから...ついつい行きたくなるブルーボトルコーヒー南京町は夜の雰囲気が好きatoa(アトア)年末に1泊二日で神戸へ行ってきました。 今回の旅行で子供が一番楽しかった!と言ったのはスケート。素敵なロケーションで滑る。 初めての体験に大喜びでした。 私も小学生ぶりのアイススケート、めちゃくちゃ楽しかったです! そして、2021年10月にOpenしたばかりの、 「アクアリウムとアートが融合した新感覚の都市型水族館」atoa(アトア)も幻想的な空間で大人も子供もかなり楽しめる水族館でした。おすすめです!珍しい動物もいましたよ! 私はついつい夢中になってしまいました。 2022年も、まだまだ油断はできませんが、こうやってお出かけできる日が増えることを願っています。 kanaNo.164 kana
  • 今季、ワントーンで素早く素敵になれる旬の柔らかグレー。リバーコート×チェックパンツ、チェスターコート×スウェット、ガウンコート×プリーツスカートの3コーデをお手本に、今年らしい着こなしのコツをお届け。 白に近い淡グレーのコートはチェック柄パンツと小気味よく体を包み込むオーバーサイズのリバーコートは、軽やかなホイップグレーを選びたい。曖昧なトーンだからこそダークなチェック柄をボトムに効かせて、メリハリと洒落感を。コート¥69300/イウエン マトフ 横浜店(イウエン マトフ) ニット¥36300/エイトン青山(エイトン) スウェット¥19800(エーケーワン)・パンツ¥45100(ベルナール・ザンス)/デミルクス ビームス 新宿 バッグ¥36300/ショールーム セッション(ミカ デラヴァッレ) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥64900/ザ・グランドインク(ロランス) 遊び心のあるトラッドを端正なグレーチェスターで大人顔にコートのブルーグレーを軸にしたオールグレーがとびきりモダン。カチッとしたチェスターなら、ロゴスウェットで遊ぶ余裕も生まれる。コート¥121000/オーラリー スウェット¥17600/スローン シャツ¥26400/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) パンツ¥17600/アンクレイヴ バッグ¥24200(クリスチャン ヴィラ)・靴¥52800(エーティービー アトリエ)/デミルクス ビームス 新宿 ストール¥39600/カオス丸の内(アソースメレ) 上品チャコールのガウンコートに託すコージーな女らしさゆるっとガウンコートを羽織ったリラクシーなフェミニンスタイルも、チャコールグレーで引き締めたワントーンだと甘さ控えめで大人っぽい。リズミカルに揺れるプリーツスカートが軽快なムードも添えて。コート¥36850/アンクレイヴ ニット¥24200/エイトン青山(エイトン) スカート¥75900/ebure GINZA SIX店(ebure) バッグ¥29700/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(オルセット) ソックス¥4400/オーラリー 靴¥74800/フラッパーズ(ネブローニ) 撮影/倉本ゴリ〈​Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 ※BAILA2022年1月号掲載
  • カジュアル派エディターの磯部さんは、ベーシックにひとさじのトレンド感をプラスする天才。そんな彼女が今、トライしたい4つの最旬アイテムをご紹介【ISOBE’s Topic.1】 グレーのワントーン   ここ何年かブラウン系の大流行に押されぎみだったグレーが、今シーズン、復活の兆しを見せています。抜け感と上品さをあわせもったグレーはカジュアル派にとっては大好物カラー!ここぞとばかりにワントーンで楽しみます。<磯部さん> 「グレーのワントーンを着こなすコツは、素材や色みのミックス感。ニット素材のスカートを加えたり、グレーの色みに濃淡をつけたりするなど、奥行きのあるコーディネートを作って」。<磯部さん> ジャケット¥107,800/エブールギンザシックス(ebure) Tシャツ¥12,100(カバナ)・バングル¥20,900(アンセム フォー ザ センセズ)/アマン スカート¥53,900(デミリー ハーツ ロンハーマン)・ストール¥47,300(アソース メレ フォー ロンハーマン)/ロンハーマン ピアス¥31,900/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥158,400/ドゥロワー 丸の内店(ジャンヴィト ロッシ)【ISOBE’s Topic.2】 グルカパンツ   パンツ好きのカジュアル派にもかかわらず、実は昔からベルト使いが苦手です。チノやカーゴなどのカジュアルパンツは、ベルトをあしらってこそ素敵なのに!その点、ベルト込みのグルカパンツなら、テクニックいらず。はくだけで決まります。<磯部さん> 「きれいめ素材のグルカパンツなら、スニーカーを合わせてもカジュアルになりすぎません。白シャツをはおったベーシックコーデを堪能します」。<磯部さん> パンツ¥38,500/ユナイテッドアローズ 日本橋店(エズミ) シャツ¥78,100/マディソンブルー ニット¥42,900/アマン(アンスクリア) スカーフ¥31,900/イレーヴ 2重にしたネックレス¥70,400/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥148,500/八木通商(ザンケッティ) 靴¥10,450/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)【ISOBE’s Topic.3】 リバーコート   カーディガンのようにさらりとはおれるロング丈のリバーコートの登場は、ほどよいきちんと感が必須であるマリソル世代のカジュアル派にとっては、うれしいことしかありません。今シーズンも、もちろん堪能します!<磯部さん> 「去年の大流行をへて、今季は定番化した感もあるロング丈のリバーコート。先シーズンと気分を変えたいなら、プリント柄のリラックスパンツを相棒に。緩急のバランスが取れた旬コーデの誕生です」。<磯部さん>コート¥275,000・ニット¥42,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥49,500/アマン(アンスクリア) バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥59,400/エストネーション(ブレンタ) 【ISOBE’s Topic.4】 レイヤードスタイル   秋冬の鉄板であるニット×デニムは、レイヤードスタイルで更新することで、一気におしゃれ感がアップします。ニットベストには甘いブラウスを、細身デニムにはロングブーツをレイヤード。今どき感と好きを詰め込んだ着こなしに。<磯部さん> 「レーストップス×デニムも大好きなコンビ。旬アイテムであるニットベストとロングブーツの力を借りて、とびきり新鮮な装いを楽しみます」。<磯部さん>ニットベスト¥39,600/オーラリー ブラウス¥20,900/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジャーナル スタンダード レサージュ) パンツ¥34,100/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥281,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥190,300/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー) 【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE スタイリスト/徳原文子 構成・文/磯部安伽
  • 価値あるアウターに出会うなら、試着隊のリアルボイスは聞き逃し厳禁! 今年の大物を狙う人も、去年は買わなかったし着なかった、という人も、投資すべき推しの一着がきっと見つかるはず! 1.すべてに感動の声が!イチ推しリバーコート6選 ESLOWのリバーコート エシカルなものづくりにこだわり今シーズンからスタート。上質でサステナブルな素材と、体に沿うシルエットで、試着隊人気No.1。 「落ち感とコクーンシルエットのバランスが本当にうまくて着た瞬間、アガりました!」ライター 榎本洋子さん(165㎝)「色、軽さ、シルエットも満点。コンサバになりすぎないノーカラーコートを発見!」フリーランスPR 上枝みどりさん(167㎝) 袖を通した途端、心地よさと美しいパターンに誰もが驚きウールとナイロンのミックス素材でエアリーなボリュームに。コート¥149600/エンケル(エスロー) ニット¥13200/エストネーション パンツ¥15400/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) ストール¥10780/アルアバイル(ツィードミル) ピアス¥24200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥69300/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) 靴¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)「お値段はしますが、完璧なシルエットで、羽織りやすい軽さ。ブルーの色みもほかにない感じ。何年たっても“すたれない”コートだと確信しました」(菅原さん・162㎝)「華奢な体にもしっくりなじむゆったりロング」(副編N・156㎝) LOEFFのリバーコート トラッドを今っぽく昇華するユニセックスブランド。羽織ったときのシルエットとディテールの可愛さに惚れ込む人が続出! 「スリット入りで広がる裾が、着るだけで勝手におしゃれに仕上げてくれる、優秀コート!」スタイリスト 吉村友希さん(158㎝)「今まで着たことのない短め丈半信半疑で着たら、愛らしくて抜け感もあり、意外性にキュン♡」スーパーバイラーズ・ネットショップ経営 上原 愛さん(160㎝) 新鮮に着られるミドル丈のバルマカーンコートに喝采!ゆったりとしたAラインでワイドパンツにも似合う。リサイクルウールを使用。コート¥88000/ロエフ 六本木店(ロエフ) スウェット¥15400/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) スカート¥9900/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) メガネ¥36300/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) リング¥30800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥156200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥94600/アマン(ペリーコ)「丸みのあるステンカラーやなだらかな肩の曲線、裾のラウンドも素敵。黒なのでオンスタイルに合わせやすい!」(道端さん・161cm)「生地の軽さにこだわりを感じます。トラッド感のある襟元も好印象」(河野さん・160cm)「スリットの効果で正面からはシュッと見え!」(池田さん・155cm) ebureのリバーコート 旬のテイストを上品&リュクスな質感で仕上げるブランド。ゆったりとしたテントシルエットのダブルコートは、パンツ派からもスカート派からも人気。 「ボトムも靴も、色々なテイストに合わせやすそう!」スーパーバイラーズ・人材サービス広報 横井万里子さん(170㎝)「サイドスリットで可愛げのある印象。ブーツで着こなしたい」スーパーバイラーズ・アパレル 藤田まきさん(157㎝) 鮮度の高いミドル丈は、試着して合わせやすさに開眼した人多数!体が中で泳ぐたっぷりしたボリュームが、きれいな落ち感で揺れる。ほんのりと光沢のあるダブルビーバー素材が暖か。シンプルなコーディネートも上から羽織るだけで印象的に。コート¥108900/ebure GINZA SIX店(エブール) スカート¥17600/アンクレイヴ スカーフ¥17600/マニプリ ピアス¥36300/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥25300/バロックジャパンリミテッド(リムアーク) 靴¥15400/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 「シルエットに惚れました。ステッチなど細部も美しい」(編集長杉浦・160cm)「軽くて暖か、ふんわり揺れるフォルムも可愛い」(編集スガコ・152.5cm) 「エスロー」「ロエフ」「エブール」の3ブランドのリバーコートを詳しくチェックする Mila Owenのリバーコート トレンド感のあるリアルクローズが充実。たっぷりとした量感で着映えするチェックコートは、コストパフォーマンスのよさにも注目が集まった。 「今っぽいチェック柄。この価格とデザインなら挑戦しやすい!」@BAILA プロデューサーH(157㎝)「マキシ丈でもすっきり見える、トレンチ風の辛口デザイン」スタイリスト 石田 綾さん(160㎝) すらりとしたシルエットのチェックコートは、大人っぽく取り入れられると評判ビビッドなきれい色とも好相性な細かいチェック柄のベルテッドコート。マキシ丈の細身Aラインシルエットでかっこよく着こなせる。コート¥35200/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ワンピース¥33000(アダワス)・トートバッグ¥36300(モダン ウィーヴィング)/ショールーム セッション ピアス¥30800/アルティーダ ウード ショルダーバッグ¥22000/アナイ(クリスチャン ヴィラ フォー アナイ) 靴¥46200/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)「トラッドなチェックとすとんと長いシルエットがしっくりくる。大きめに折り返した袖など、今っぽくこなれるディテールもポイント高い!」(野崎さん・165㎝) ICHIEのリバーコート エレガントなムードのあるロングコートは、きれいめ通勤派の頼れる味方。デザインと色にひと目ぼれして、着たときの美しさに買い取り決意する人続出。 「ロング&ワイドでもウエスト位置が高めでスタイルよく見える!」副編R(153㎝)「とても小顔に見えて即買いを決意。色味も色白肌に合うブラウン」スーパーバイラーズ・ライター 太田 冴さん(161㎝) ワイドカラーと高め位置のベルトで、身長・体型を問わずスタイルUPするとの声小柄な人でも長すぎず、パンツやスカートにも合わせやすい丈感。共布ベルトは高めの位置で結べるので、バランスよく見える。今年らしいモカブラウンの色も絶妙。コート(共布ベルトつき)¥59400/シュガー・マトリックス(イチエ) カットソー¥12100/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) パンツ¥30800/ディーエムシー(マルモア) ネックレス¥52800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥50600/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ)「揺れ感のあるデザインは、ウェーブ体型の私にぴったり」(上原さん・160cm)「きれいめに見えつつ、大きな衿がしゃれ感も」(編集たま子・159cm) Demi-Luxe BEAMSのリバーコート 充実のラインナップで、幅広い層から絶大な信頼が。軽量で動きやすい丈、リバーシブルの色使いなど、働くシーンでリアルに使えるツボをついてくる。 「お尻が隠れるので短丈でも暖か。インに厚着しても着やすい」スーパーバイラーズ・ヨガ講師 松原麻衣さん(157㎝)「自転車通勤にこの丈は便利!ベルトループがあるのもポイント高い」フリーランスPR 河野なみこさん(160㎝) ショート丈の身軽さと、印象を自在に変えられるリバーシブルで得票オーバーサイズシルエットのショート丈。例年人気の形をアップデートして、より肉厚な生地に進化。カジュアルなデニムに合わせてもきれいめに。かつ、バランスよく見える。コート¥49500・ネックレス(ゴールド)¥8800(ともにデミルクス ビームス)・(パール)¥10230(ジュール クチュール)/デミルクス ビームス 新宿 ブラウス¥47300/ebure GINZA SIX店(エブール) パンツ¥18000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥49500/ヴァジックジャパン(ヴァジック)「しっとり感のあるウールは上質な着心地。リバーシブルで、やわらかいグレーのグラデーションが両面とも使いやすくて好印象」(編集M・148㎝) 「ミラ オーウェン」「イチエ」「デミルクス ビームス」の3ブランドのリバーコートを詳しくチェックする 2.通勤アウターの新定番・大人のきれいめダウン4選 6+1 COPENHAGENのきれいめダウン 北欧発の新進ブランドから、タウンユースにぴったりの洗練ダウンが登場。可愛げのある通勤スタイルにぴったりと高支持率を獲得。 「通勤のスカートスタイルに合わせやすい色と形に惚れた!」スーパーバイラーズ・アパレル企画 櫻田結子さん(160㎝)「マットな光沢感と、横長な ショート丈で好感度満点」編集ミツコ(166㎝) 通勤でも休日でも大活躍しそうな愛らしさのあるショートダウンコンパクトな丈とふんわりとした落ち感のあるコクーンシルエット。抜け感のあるネックラインで、肩を落として着られる。サステナブル素材なのもポイント。ダウン¥99000/シックス バイ ワン コペンハーゲン ニット¥68200/ボウルズ(ハイク) パンツ¥31900/RHC ロンハーマン(ジーネリカ) ピアス¥41800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥39600/ガリャルダガランテ 表参道店(ヴァジック)「小柄で“ダウンに着られがち”な私でも、ちょうどいいバランス!」(スーパーバイラーズ・IT関連会社 石本愛衣さん・150㎝)「襟元のリボン使いなど、スポーティすぎない要素がイイ♡」(編集たま子・159㎝) DIESELのきれいめダウン エレガントで上質感があり大人の女性にぴったり。カジュアルすぎるダウンが苦手な人や、きれいめでも防寒重視派から高評価!「かなりの暖かさ!なのにすっきり着られて嬉しい!」編集長杉浦(160㎝) メリハリのあるシルエットで通勤にもマッチ!マットな質感と、ウエスト調節できるドローコードつきで、大人フェミニンな印象に仕上がる。ダウン¥90200/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) カットソー¥17600/RHC ロンハーマン(RHC) パンツ¥23100/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) イヤカフ(1個)¥22000/リューク バッグ¥64900/インターリブ(サクラ) 靴¥90200/フラッパーズ(ネブローニ)「きれいめ服にも合う形。ウエストのコードストッパーが辛口なアクセントに」(スーパーバイラーズ・ネットショップ経営 上原愛さん・160cm)「ロング丈でも細身で軽いのが魅力。そして暖かい!」(副編N・156cm) AURALEEのきれいめダウン 新作の中綿アウターは、試着したときのきれいめ感に驚き。体型を問わず似合う人が続出した! ロンハーマン別注カラーもおしゃれ好き必見。 「ロング丈&細め袖で女性らしい。中綿は苦手でしたが、これは◎!」スタイリスト 山﨑静香さん(169㎝) ボリュームが出すぎず羽織るだけでこなれたミックス感にウエストはしぼることも可能。コート¥92400/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン) カットソー¥17600/インターリブ(サクラ) スカート¥37400/オーラリー サングラス¥41800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) リング¥33000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥80300/ボウルズ(チャコリ × ハイク) 靴¥19800/デッカーズジャパン(アグ®)「きれいに着られるカーキは新鮮。縦横のシームがリズミカルで、ロングアウターなのに軽やか」(編集W・165cm) HYKEのきれいめダウン 洗練されたカジュアルの代名詞的存在。独自の高機能的素材を使用したミリタリーテイストのアウターは、圧倒的な得票数に! 「前を閉めて着てもいいバランス。仕事柄ポケットが多いのも便利」スタイリスト 門馬ちひろさん(166㎝)「余計なステッチがなくほどよいボリューム感。色みも洗練されてる!」ライター 野崎久実子さん(165㎝) きれいに着られる色と形+本格派の辛口ディテール高機能素材PERTEXを使用した、オーバーサイズの中綿ジャケット。裾に丸みを持たせたショート丈で別注。ジャケット(エディション別注)¥92400/エディション 表参道ヒルズ店(ハイク) ワンピース¥30800/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) スカーフ¥31900/イレーヴ ピアス¥14300/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ブリー レオン) バッグ¥36300/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 「女性らしい体型でも、着たときにしっくりなじむメンズライクなデザイン。このブランドならではの絶妙さ!」(スタイリスト 石田綾さん・160cm)「小柄な私でもモコモコしすぎないシルエット」(スタイリスト 伊藤あかりさん・156cm)「上下両方向のジッパーがポイント高し。温度調節できて自転車に乗るときなど動きやすいんです」(@BAILAプロデューサーH・157㎝) ダウンのおすすめ4ブランドを詳しくチェックする 撮影/金谷章平 ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/宮田聡子 取材・原文/久保田梓美 ※BAILA2021年12月号掲載
  • ショート丈、トレンチ、ボア素材、ダッフル、リバーコート、ダウンジャケットetc.… この冬の相棒となる、おしゃれな美女組メンバーたちの「今年のコート・アウター」を一挙ご紹介!2021-2022冬、おしゃれブロガーたちが選んだ「今年のコート・アウター」をチェック!   ■美女組No.169 雪千代さんのブログより 「ZARA」のレトロな千鳥格子柄のショートコート   気軽に羽織れるショート丈コートをご紹介します。ZARAの千鳥格子柄コートはどこか懐かしいレトロな雰囲気が気に入りました。羽織った時も重たくなく軽めでジャケットっぽく着れます。   サイズは悩みましたが、コンサバ過ぎないようあえてゆるめに着れるようワンサイズ上のLサイズにしました。   両サイドポケット付きで機能面もちゃんとしてます。ショートのいいところは気温の変化に応じてサッと羽織ったり脱いだりできるところ。   170cmでLサイズはお尻がすっぽり隠れてしまうほどよいゆサイズ感。   オフではデニムやフレアスカートと合わせてカジュアルに。オンではスラックスやタイトスカートと合わせてきれいめに。やっぱりオンオフで着れるのはポイント高いですね。    ■美女組No.172 Hikariさんのブログより 「SLOANE」のチェスターコートコーデの主役はなんといってもこのチェックのチェスターコート!昨年、SLOANEで購入しました。   買った当初から丈はぴったりだったのですが、残念ながら袖がちょっと短い……。お店に無理を言って、布を継ぎたしていただき、ぴったりの袖丈に仕上げていただきました!    ■美女組No.169 雪千代さんのブログより 「uncrave」のマニッシュなトレンチコート 今季新たに仲間入りした「uncrave」のコートです。 マニッシュなトレンチに一目惚れ。大人っぽいチェック柄がオンオフに活躍できること間違いなしのデザイン。 ウールが入っているので今から春まで着れます。サイズは身長170cmで2を着用。高身長さんにありがたい膝がすっぽり隠れるロング丈です。  オンモードの際はシックに。 オフモードの時はデニム合わせで大人カジュアルに。   マンネリコーデにパッと羽織るだけで新鮮さとお洒落度UPしてくれます。   ■美女組No.159 RUIさんのブログより 「Chaos」の大人のボアブルゾン上質なウール100%のボアブルゾン。 ウール100%でとても上質で、後ろの着丈が長めな作りで立体感が出るように計算されたデザインなんです。 ザッと羽織るだけでこなれ感が出る、ボアジャケットは見たことありません!  ■美女組No.199 Fumikoさんのブログより 「ISABEL MARANT」のロングアウター3年ぶりに新調!長旅の末決めたものは、黒のたっぷりシルエットのロングアウター。デニム合わせのカジュアルから、ちょいモードっぽ合わせも良かったです。軽くて温かいので、自転車に乗らないスーパーへのお買い物には来ていけそうです。  白タートルにブルーデニムにコンバースなんていうスタイルでもさまになりそうなので、大切にいっぱい着ようと思います。    ■美女組No.200 Yumiさんのブログより 「Chaos」のアールスーペリアノーカラーコート今季のコート、私はChaosのアールスーペリアノーカラーコートを購入しました!実は、去年も欲しいな~と思い、ずっとチェックしていたのですが、悩んでいるうちにすぐ売り切れてしまい、今年、満を持しての購入となりました。Chaosはニュアンスカラーがとても素敵なブランドですが、このコートのカラーはモカというよりグレーに近い印象もある、絶妙なカラー。写真のようにベージュのワントーンコーデと合わせたり、中を黒でまとめたり、どんなコーデもおしゃれにサマになる、優秀コートです!163㎝の私が着用して、くるぶしから10㎝くらいまで丈があるロング丈。かつ生地をたっぷりと使ったドラマティックな印象のコートですが、着用して驚くのは、軽さとしなやかさ。身頃と袖に切り替えがないのもこちらのコートの特徴で、肩回りを華奢に見せてくれます。腕周りが非常にゆったりしたデザインなので、中にいくらでも厚いセーターを着こめそうです。店員さんから「デニムにも合いますよ~」と教えて頂きました!確かに雰囲気が変わってこちらの合わせも素敵ですね。    ■美女組No.163 tomomiyuさんのブログより メルトン生地のサイドスリットノーカラーコートイタリアンファブリックサイドスリットノーカラーコートヨーロッパの高級メゾンブランドにも愛されるイタリアの名門メーカーMilior(ミリオール)社。そのミリオール社のヴァージンウール二重織りメルトン素材を使った贅沢なコートです! サイドには深めのスリットが入っており、足捌きもよく、こなれ感もあります。    ■美女組No.183 emiさんのブログより 「uncrave」のダッフルコート私は新たに購入する予定は今のところ無く、去年購入したuncraveのダッフルコートを沢山着ようと思っています。uncrave プルーフメルトン ダッフルコート  オフホワイト 39,600円 ※今年も同じ価格です トグル部分の黒がポイントになって白の面積が多くても前面が間延びしないのがポイント。 まだそこまで寒くない日には、カジュアルにサラッと羽織りたいなと思い、今回はすべて足元をスニーカーにしていますが、もちろんブーツやスカートに合わせてエレガントにも幅広く着られるデザイン。   ■美女組No.194 Akinoさんのブログより 「ユナイテッドアローズ」の テーラードコート9月くらいから色々とチェックしており、いろんな形がでていますが、コートは長く着るので、ベーシックでシンプルな形のunited arrowsのアンゴラ&ウールのテーラードコートに。仕事用には黒のノーカラーコートをもっているのですが、暗くなりすぎない色も一枚もっておきたいなと思い、モカを購入。 シンプルな形なのでスーツ上やパンツスタイルにぴったりなテイラードコート。 オンにもオフにも使えるシンプルな形が結局一番使えます。    ■美女組No.163 tomomiyuさんのブログより 「PLST」の リバーコート羽織るだけで着映える!軽くて暖かい優秀アウター。   実は持っていなかった黒コート。PLSTで新調しました!スルッと滑らかな肌触りで、やや光沢のある高級感のある生地感。着丈長めなのに軽くて肩の凝らない着心地なのが嬉しい!サイドには深めのスリットが入っていて抜け感をプラス!足捌きもいいです。ドロップショルダーで肩に沿うから、ウェーブ体型の私でも着られてる感がないです。 サイズはXSからXLまで!コートで5サイズ展開はなかなか見かけないですよね。私は身長157cmでSサイズにしました。色も綺麗なブルーと最後まで迷って着回しやすいブラックに。他にもホワイト、グレー、ネイビーがありましたよ。    ■美女組No.167 hirokoさんのブログより 「EFFE BEAMS」モッサー カシミヤウール コートEFFE BEAMSで見つけちゃいました・・・!ギャザーがくるっと1周入った、立体的なデザインのコート。胸元に入っているので、背が低めな私でもボリュームのあるシルエットがバランス良く見えます・・・!パフスリーブや大きな襟元がとてもフェミニンで可愛い・・・!カシミヤウールの柔らかな風合いと、無染色のやさしいカラーが大人なEFFE BEAMSっぽくて、甘いだけじゃないところがいい。とても上質な主役級コートです。   この日は、エコレザーのスキニーパンツを合わせました。コートの中は、シンプルに、カジュアルに。白やベージュのワントーンで整えるとぐっと大人っぽくなりそうです。     ■美女組No.177 masakoさんのブログより 「SOÉJU」ウールリバーローブコートこちらのコートは品のあるデザインに惹かれました。素材や縫製にも拘って希少なウールが使われていて工程の70%が手作業、高度なリバーシブル縫製で作られています。早速羽織ってみたところ。柔らくてふわっと軽い!2枚の生地を両面表地として縫い合わせているので保温性もあります。生地がふんだんに使われているので前をベルトでさっと閉じるだけでスタイルが決まり、暖かいです。(1)パンツと合わせたお仕事コーデベルトを使うか、使わないかでも印象がだいぶ変わります!ベルトは、後ろ身頃は内側を通す仕様になっています。 そのため、ベルトを使ってもバックスタイルがきれいに保て、リラックスした雰囲気が出るのも特徴。 ゆとりもあるためジャケットの上からも着ることができました。(2)スカートと合わせたコーディネートスカートともパンツとも合い大活躍の予感です!    ■美女組No.107 ウマキさんのブログより 「NANGA」ダウンジャケットダウンを更新したいな~と思いつつも毎年悩んでいたダウンジャケット。今年こそ!思っていたので色々なメーカーのものを試着しリサーチし最終2メーカーに絞り、 寝袋で有名な国内ブランドである【NANGAナンガ】にしました。女性らしい絞られた形で腰下までの丈は私にはバランスが取りにくいのでスカートでもパンツでも合わせやすいショート丈のダウン狙いでした。今回購入した【オーロラライトダウン】は理想のスタイル!冬はどうしても、重い色のコーデになりアウターも黒・紺などが多くなるのでカーキとブラウンの間のような色である『コヨーテ』と言う色にしました。元々、ナンガは寝袋メーカーで定評のあるブランドで我が家がキャンプで使用している寝袋はナンガなんですが寝袋で使用されている防水透湿かつ軽量生地であるナンガオリジナルの"オーロラライト"をメインファブリックに採用されていて、とにかく軽い!ただ軽いだけではなく、防水透湿生地でも特に高スペックな素材だそう。またポケットには止水ファスナーを仕様しており雨風の対策もされています。アウトドアの本格的な仕様ながら洗練されたデザインなのでフェミニンなスタイルに合わせて、流行りのアスフロースタイルでも問題なくコーディネートできるのと、今回スタイリングしたようなカジュアルなスタイルやニットワンピなどのご近所スタイルにも相性が良いので、この冬はとても活躍してくれそうです。     
  • 価値あるアウターに出会うなら、試着隊のリアルボイスは聞き逃し厳禁! 今年投資すべき推しの一着がきっと見つかるはず。「ミラ オーウェン」「イチエ」「デミルクス ビームス」の3ブランドのきれいめコートは絶妙な丈感が高ポイントで、通勤派にもおすすめ! Mila Owenのリバーコート トレンド感のあるリアルクローズが充実。たっぷりとした量感で着映えするチェックコートは、コストパフォーマンスのよさにも注目が集まった。 「今っぽいチェック柄。この価格とデザインなら挑戦しやすい!」@BAILA プロデューサーH(157㎝)「マキシ丈でもすっきり見える、トレンチ風の辛口デザイン」スタイリスト 石田 綾さん(160㎝) すらりとしたシルエットのチェックコートは、大人っぽく取り入れられると評判ビビッドなきれい色とも好相性な細かいチェック柄のベルテッドコート。マキシ丈の細身Aラインシルエットでかっこよく着こなせる。コート¥35200/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ワンピース¥33000(アダワス)・トートバッグ¥36300(モダン ウィーヴィング)/ショールーム セッション ピアス¥30800/アルティーダ ウード ショルダーバッグ¥22000/アナイ(クリスチャン ヴィラ フォー アナイ) 靴¥46200/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)「トラッドなチェックとすとんと長いシルエットがしっくりくる。大きめに折り返した袖など、今っぽくこなれるディテールもポイント高い!」(野崎さん・165㎝) ICHIEのリバーコート エレガントなムードのあるロングコートは、きれいめ通勤派の頼れる味方。デザインと色にひと目ぼれして、着たときの美しさに買い取り決意する人続出。 「ロング&ワイドでもウエスト位置が高めでスタイルよく見える!」副編R(153㎝)「とても小顔に見えて即買いを決意。色味も色白肌に合うブラウン」スーパーバイラーズ・ライター 太田 冴さん(161㎝) ワイドカラーと高め位置のベルトで、身長・体型を問わずスタイルUPするとの声小柄な人でも長すぎず、パンツやスカートにも合わせやすい丈感。共布ベルトは高めの位置で結べるので、バランスよく見える。今年らしいモカブラウンの色も絶妙。コート(共布ベルトつき)¥59400/シュガー・マトリックス(イチエ) カットソー¥12100/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) パンツ¥30800/ディーエムシー(マルモア) ネックレス¥52800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥50600/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ)「揺れ感のあるデザインは、ウェーブ体型の私にぴったり」(上原さん・160cm)「きれいめに見えつつ、大きな衿がしゃれ感も」(編集たま子・159cm) Demi-Luxe BEAMSのリバーコート 充実のラインナップで、幅広い層から絶大な信頼が。軽量で動きやすい丈、リバーシブルの色使いなど、働くシーンでリアルに使えるツボをついてくる。 「お尻が隠れるので短丈でも暖か。インに厚着しても着やすい」スーパーバイラーズ・ヨガ講師 松原麻衣さん(157㎝)「自転車通勤にこの丈は便利!ベルトループがあるのもポイント高い」フリーランスPR 河野なみこさん(160㎝) ショート丈の身軽さと、印象を自在に変えられるリバーシブルで得票オーバーサイズシルエットのショート丈。例年人気の形をアップデートして、より肉厚な生地に進化。カジュアルなデニムに合わせてもきれいめに。かつ、バランスよく見える。コート¥49500・ネックレス(ゴールド)¥8800(ともにデミルクス ビームス)・(パール)¥10230(ジュール クチュール)/デミルクス ビームス 新宿 ブラウス¥47300/ebure GINZA SIX店(エブール) パンツ¥18000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥49500/ヴァジックジャパン(ヴァジック)「しっとり感のあるウールは上質な着心地。リバーシブルで、やわらかいグレーのグラデーションが両面とも使いやすくて好印象」(編集M・148㎝) 撮影/金谷章平 ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/宮田聡子 取材・原文/久保田梓美 ※BAILA2021年12月号掲載
  • 秋冬のおしゃれに欠かせないジャケットやコート。おしゃれプロの偏愛アイテムをご紹介。 【1】LOEFFのジャケット「ユニセックス感の強い素材やデザインに弱い。これはかなり風合いのある質感とテーラリングの美しさに惹かれました」(スタイリスト 池田メグミさん)。ジャケット¥74,800/ロエフ 六本木店(ロエフ)【2】N.O.R.Cのリバーコート「薄手で暖かく、さらりまとって絵になるリバーコートはこれで3 枚目。今年は大人が着られるピンクの色みに惹かれて。着るだけで気分が上がります」(スタイリスト 福田亜矢子さん)。コート¥32,000/ノーク撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・原文/塚田有紀子【Marisol2021年11月号掲載】
関連キーワード

RECOMMEND