「摩る」:この漢字、自信を持って読めますか?【働く大人の漢字クイズvol.330】

@BAILA

読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第330回は「摩る」の読み方です!

 

摩るの読み方

今日のお題【摩る】

「摩る」、正しく読めますか?

 

擦る(こする)ではありませんよ!

■ヒント

「摩る」の意味は               

 

「てのひらで、体や物の表面をくり返し撫でる。(集英社『国語辞典』)[第3版]」

■使い方はこう!

「膝が痛くて、無意識のうちに摩ってしまう」

「病気がちな母の背中を摩る」

 

↓↓↓

 

正解は……

■正解は…

摩るの読み方はさする

 正解は、「さする」でした!

 

混同しがちなのが、「擦る(こする)」。

摩るは、擦るよりもいたわる感じが強いので、誰かを気遣ってこの動作を行う時に使うといいかもしれません。

漢字クイズにチャレンジする!→

取材・文/高橋夏果

関連記事
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第360回は「手繰る」の読み方です! 今日のお題【手繰る】 「手繰る」、正しく読めますか?   “て”を違う読み方にすると、読めるかも? ■ヒント 「手繰る」の意味は               「①手元に引き寄せる。②話の筋や記憶を、順々にたどる。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「結婚式の小ネタ探しに、子どもの頃の記憶を手繰る」   「地引網体験で漁師に教わって網を手繰った」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「たぐる」でした!   そばをすすることを、江戸時代の人は「そばを手繰る」と言っていたそう。今でも下町の江戸っ子の中には、そばを食べるジェスチャーをして「ちょっと手繰っていこうか」なんて言う人もいるのだとか。   漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第359回は「嬲る」の読み方です! 今日のお題【嬲る】 「嬲る」、正しく読めますか?   これをされたら、嫌な気持ちになります。 ■ヒント 「嬲る」の意味は                 「①人をいじめて楽しむ。また、からかいひやかす。②いじる。もてあそぶ。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「たった一言の失言のために、上司に嬲るように叱責された」   「弱い者を嬲るなんて、いい大人のすることじゃないよ」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「なぶる」でした!   漢字を見たまま、男性二人が女性一人をいじめている様子。 女性二人が男性一人をいじめている「嫐る」も同じ意味で使われます。 怖い漢字ですが、一度見たら忘れる事のないインパクトがありますね! 漢字クイズにチャレンジする!→
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第357回は「舌鼓」の読み方です! 今日のお題【舌鼓】 「舌鼓」、正しく読めますか?これも間違えて読んでいる人が多い言葉。漢字を一文字ずつ離して読むと正しい読み方が分かるかも!? ■ヒント 「舌鼓」の意味は                 「飲食物が非常においしいとき、舌を打ち鳴らすこと。舌打ち。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「予約の取れない焼き肉店で、名物のサーロインに舌鼓を打つ」   「久々のフレンチフルコースに舌鼓を打つ」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「したつづみ」でした! 「したづつみ」ではないので注意が必要です。 おいしい~とポジティブな表現に使われる舌鼓ですが、二葉亭四迷の小説『浮雲』では気分を害したときの表現として出てきます。 滅多にない使い方ですが、舌打ちをする、意味で使うこともできるようです。 漢字クイズにチャレンジする! 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第358回は「鯑」の読み方です! 今日のお題【鯑】 「鯑」、正しく読めますか?   お正月のおせち料理で食べる人が多いかも。 ■ヒント 「鯑」の意味は     「ニシンの卵。また、それを感想または塩漬けにした保存食品(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「おせち料理に鯑が入っているのは、子孫繁栄を願ってるんだって」   「鯑のプチプチ感がたまらなく好きなんだよね~」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「かずのこ」でした! ■「鯑」は日本うまれの漢字 中国から伝わったといわれる‟漢字“。その中でも、日本で生まれた漢字があり、「鯑」もそのひとつ。この漢字は辞書に載っていないことが多いです。ちなみに「数の子」は当て字で、カドノコがカズノコに訛ったと言われています。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第356回は「極彩色」の読み方です! 今日のお題【極彩色】 「極彩色」、正しく読めますか?   読めるよ~という人も、本当にその読み方で合っているか見直してみて! ■ヒント 「極彩色」の意味は             「非常に濃く派手な色彩。けばけばしく目立つ色合い。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「秋の京都は極彩色の絶景が至る所で見られる」   「極彩色の限定コフレにときめきが止まらない」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「ごくさいしき」でした! 「ごくさいしょく」と読んでいた人はこの機会に正しい読み方を覚えて! けばけばしいといった意味があるので、捉え方によっては褒め言葉にならないことも。 使い方に注意してみてくださいね。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第354回は「牛角」の読み方です! 今日のお題【牛角】 「牛角」、正しく読めますか?   焼肉屋さんの名前…ではなく、普通名詞としての読み方です。 ■ヒント 「牛角」の意味は                  「互いの力量に優劣の差がないさま。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「切磋琢磨し合った二人は、牛角の戦いを繰り広げた」   「実力は牛角で決着がつきそうにない」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は… 正解は、「ごかく」でした! ■これも「ごかく」 互角のほうが、馴染みがありますよね。意味はまったく同じ。「牛角」のほうは辞書によると、牛の日本の角の長さ・太さに優劣がない意味からきていると言われています。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第353回は「微睡む」の読み方です! 今日のお題【微睡む】 「微睡む」、正しく読めますか?   うとうと…いちばん気持ち良いですよね。 ■ヒント 「微睡む」の意味は             「しばらく、うとうとと浅く眠る。(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「陽だまりが気持ち良くて、公園で微睡む」   「微睡んだときに見た夢をどうしても思い出せない」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「まどろむ」でした!   漢字通りの意味で、覚えやすいですよね。みなさんは最近いつ、微睡みましたか? 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第352回は「饂飩」の読み方です! 今日のお題【饂飩】 「饂飩」、正しく読めますか?   のどごしが最高! ■ヒント 「饂飩」の意味は                  「小麦粉に水を加えてこね、薄くのばして細長く切った食べ物。(集英社『国語辞典』)[第3版]」   もうお分かりですね…? ■使い方はこう! 「コシのある饂飩が好きで、高松まで足を運ぶ」   「すき焼きのしめは饂飩が最高!」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「うどん」でした!   奈良時代に、中国から伝わった麺料理が始まりと言われている「饂飩(うどん)」。諸説ありますが、漢字に関しては当て字で由来といえるものがないそう。何度も書いて頭に叩き込むのが、この漢字を覚えるには良さそうです。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
関連キーワード

RECOMMEND