水曜日は、最旬配色でリモートワークでもおしゃれは忘れない!【30代今日のコーデ】

@BAILA
水曜日は、最旬配色でリモートワークもおしゃれは忘れずに【30代今日のコーデ】

ブラウン×グレー、最旬配色でリモートワークの日だっておしゃれは忘れずに

体を華奢に見せ、肉感を拾いすぎない絶妙なフォルムが魅力のニットは、さらっとした素材感だから今すぐ投入OK。着心地抜群のつる太パンツと合わせたリモートワークスタイルもブラウンとグレー、旬な配色で手抜き感ゼロ。カチューシャで顔まわりをすっきりまとめておけば急なオンライン会議も安心!

ニット¥27500/スローン パンツ¥19800/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) カチューシャ¥18700/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店 ベルト(発売店舗限定)¥3190/AOKI本社お客様相談室(レミュー ファム) イヤカフ¥16500/ジュエッテ 

今日のコーデ画像をもっとみる

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/宮田聡子 構成・原文/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載

関連記事
  • 秋冬の着こなしの軸になるアウター。大切なアイテムだからこそトレンドは誰より早くチェックしておこう! 今回はおしゃれプロが狙っているロングコートを大公開。リバーコート、MA-1、中綿コート、それぞれがこだわる選定ポイントをぜひ参考に。 1.アンクレイヴのくすみ色コート スタイリスト 佐藤佳菜子さん 「年を重ねてからのほうが明るい色がしっくりくるようになったのと、髪をショートにしてから甘めのトーンも気負わずに楽しめるようになったので、思い切って今シーズンはやわらかなセージカラーをセレクト。定番のリバーコートも新しい気持ちで着こなせそうです」 シンプルな表情ながらポケットや襟でさりげなく立体感を出したこだわりの一着。ゆったりとした形で絵になる装いに。¥38940/アンクレイヴ 2.カレンソロジーのチェックコート スタイリスト 門馬ちひろさん 「おしゃれに時間をかけられない慌ただしい日も、さっと羽織るだけでサマになるコートが欲しくて即決。お目立ち感のある大きめのチェック柄ですが、ベーシックカラーの配色で落ち着いて見える上、可愛げのあるシャギー素材で着るたびにテンションがアップ!」 ゆるやかなショルダーラインやアルパカ混のやわらかなシャギーがフェミニンな着こなしにフィット。¥75900/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) 3.アンクレイヴのMA-1コート ライター 東原妙子さん 「ウールのコートにやや飽きてしまい、着こなしのアクセントになる“シャカシャカ系”のコートに注目。このMA-1はすっきりとしたロング丈とミニマルなデザインでダウンほどカジュアル見えしないんです。スカートにも似合ってきれいめに着られるので冬中重宝するはず」 ミリタリーテイストのMA-1ジャケットをそのままロング丈に。無駄をそぎ落としたスタイリッシュなデザインがまさに大人向き。¥38500/アンクレイヴ 4.スタニングルアーのリバーコート ライター 伊藤真知さん 「ベージュや黒、グレーといった定番色のコートはひととおり持っているため、今年は“アガる”色にチャレンジ。柿を思わせるような、ほのかに渋さのあるオレンジなので、意外にどんな色のアイテムとも合わせやすく、ロング丈&オーバーサイズでも迫力が出すぎません」 エフォートレスなムードの着流しコート。付属のベルトでシルエットに緩急をつけられる。¥68200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) 5.ノーク バイ ザ ラインの中綿コート ライター 野崎久実子さん 「ショートカットでカジュアル好きの私は、スポーティに転びすぎないアウターが大前提。こちらはラフに着られるフードつきの中綿コートですが、スマートなシルエットで上品な印象。さりげなくクリーンな女らしさを演出してくれる明るい白も心惹かれた理由です」 前を開けても閉めても、すっきりと着られる頼もしいロング丈。ふかふかの着心地で防寒性が高いのに軽量。¥27000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 6.フレイ アイディーのボリューム袖コート ライター 榎本洋子さん 「中に厚手のニットを着てももたつかないたっぷりとしたボリューム袖のコートは、手持ち服にオーバーサイズが多い私にぴったり。さらに身長165cmの私でもちゃんとマキシ丈になる長めの着丈や、Iラインをアピールしてくれるきれいなシルエットも嬉しいポイント」 甘くなりがちなボリューム袖コートをスタンドカラーでマニッシュに仕上げた一着。¥52800/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 撮影/坂田幸一 スタイリスト/大平典子 取材・原文/野崎久実子 構成/岡谷真唯子〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2021年10月号掲載
  • バイラ読者モデル森田みやびです。 好きなファッションは究極のシンプル。 「楽しくエシカル」な生活を心がけ、育児に奮闘中。 ------------------------------ 突然ですがハンドソープ、ボディーソープは 液体派ですか?固形派ですか? 私はエシカルな生活を心がける前は 当たり前のように液体ソープ一択でしたが 現在は、プラを削減するために 可能な限り固形タイプに切り替えるように! 色々試しましたが Marks&Webの固形ソープ... ◎ナチュラル成分 ◎ソープディッシュが汚れにくい ◎コスパ ◎日本製 優秀なんです! しばらく固形ソープ迷子でしたが、 ようやくリピートしたくなるアイテムに出会えたのでブログに綴りますっ! ハンドメイドボタニカルソープ ▶︎ローズマリー/炭 100g      540円 ▶︎ ネロリ/オレンジ(季節限定) 40g  250円                 モイスチャーフェイスソープローズマリー/アプリコット 75g 850円 セラミックソープディッシュS   1040円 アルミソープケース S & L   690/810円 成分にこだわっていたり、環境に配慮したアイテムはお値段が張るものが多いのですが、マークス&ウェブの価格設定は 無理なく続けられる価格なところが◎ 固形石鹸生活に切り替える中で意外にも 大事なのがソープディッシュ!! 機能性(水切り機能/洗いやすさ等)とデザイン性(シンプル/高級感)に優れているソープディッシュを探すのにも一苦労していたので たまたま通りかかったマークス&ウェブに 理想のソープディッシュがあったので思わず購入! さらに注目したいのが【ソープケース】 旅先でもマイソープを持ち歩く事でプラ削減! Lサイズのソープケースには 75gの洗顔用石けんがスッポリ Sサイズのソープケースには 40gのボタニカルソープがピッタリ収納。 アルミ素材なのでとにかく軽い! 手のひらサイズでコンパクト。 ストレスフリーに持ち運べるので 旅行ができるようになったら沢山使おうと思います! ウォッシャブルヘアコームもアメニティーを使わないために購入!                 包装もプラスチックフリーで◎ サステナブル、SDGs、エコ、エシカルと聞くとどこか難しく考えてしまったり、疲れてしまったり。 サステナブルなアクションは人それぞれ違って良い♡正解も不正解も無いのでは?!深く考えずに自分にできる事に取り組もうとするマインドに拍手! 私のエシカルアクションのモットーは                 【ストレスフリーに楽しく】                 継続できない価格や、「エコだから...不便だけど使おう。」といったマインドではストレスが溜まってしまう。                 だからといって初めから、【大変そう】と決めつけて試さずに終わらせたくない。                 固形せっけんも、蜜蝋ラップも、エコバッグもはじめは使い慣れてないから不便に思ったりも。                 ですが、続けていくうちに習慣化し、ストレスフリーに続けられてます! 今後も楽しくエコできて、自分らしく続けられるエコグッズを探していこうと思いますので引き続きシェアさせてください★ 最後までお付き合い頂きありがとうございました! Instagram @mori.miya_
  • 凡庸な毎朝に退屈したら、いつものスタイルにちょっとエクストリームなアクセサリーを思いきって足してみる。その瞬間、なんでもない一日が、特別に変わるはず!つけ袖¥35,200/アンダーカバー ブラウス¥111,100/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥223,300/エスケーパーズ オンライン(ボロロ)フェザーのつけ袖でパッと華やぐ つけ「襟」の次は、「袖」! 軽やかなフェザーが手首まわりをひらひらと装飾する。「ちょっとケーキが食べにくくなるかしら?」くらいがおしゃれの醍醐味。ポルカドットのボウタイブラウスのクラシカルなムードと呼応させたい。(右上)メガネとチェーンで遊ぶ ビッグフレームのメガネからあえて繊細なチェーンを垂らしてジュエリーのように。メガネ¥51,700/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(グッチ) アイウェアチェーン〈K18YG〉¥121,000/シハラ ラボ(シハラ) カーディガン¥46,200/A.P.C. ブラウス¥156,090/メゾン・ディセット(プルーン ゴールドシュミット) ショーツ¥63,800/イーストランド(オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー™) ベルト¥50,600/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥38,500/エスケーパーズ オンライン(エルナン エルデス) (右下)ネックレスで消毒する アトマイザーに消毒液を入れられる仕様。ネックレス¥16,500/レイ ビームス 新宿(アデル ビジュー×レイ ビームス) ドレス¥408,980/メゾン・ディセット(プルーン ゴールド シュミット) チョーカー¥20,300/MarlandBackus リング¥152,900・イヤーカフ(上)¥25,300・(下)¥22,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左上)ボディチェーンで盛り上げる レザーのセットアップにフェミニンな要素を加えるパールオーナメントのボディチェーン。ポロニットの水色をきかせる。ボディチェーン¥19,250/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥109,010・パンツ¥66,660/ヒラオインク(ナヌーシュカ) ニット¥55,000/スティーブン アラン トーキョー(アーチ ザ) ピアス¥34,980/エドストローム オフィス(ルメール) (左下)アンティークリングを重ねづける リングはとにかくすべての指に!くらいの勢いでオン。ポップなロゴニットに指輪がクラシカルなスパイスを加える。リング(人さし指・上)ゴールドにダイヤが埋め込まれたタイプ。¥242,000(同・下)円形のパールリング。¥440,000(中指・上)ピンクのフラワーモチーフ。¥143,000(同・中)花形のパールリング。中央はダイヤモンド。¥330,000(同・下)サファイアとパールのミックス。¥198,000(薬指)ゴールドのシグネットリング。¥363,000(小指)スクエア形のパールリング。¥308,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(メルティングポット) ニット¥115,500/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) スカート¥15,400/シティショップ ネックレス¥12,650/リトマス(メゾンルルピノー)(右上)両襟にブローチをオン ブローチは襟に、対称に飾るのが気分。ベルベットのカチューシャを合わせて、ゴシックな雰囲気で仕上げよう。ブローチ 各¥24,200/フィルグ ショールーム(パール オクトパシー) ドレス¥51,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(ソレイス ロンドン) シャツドレス¥110,550/ビオトープ(ケイト) カチューシャ¥13,200/シジェーム ギンザ(マルツォリーネ ミラノ) リング¥115,500/エスケーパーズ オンライン(ボロロ) (右下)グローブはシュシュと合わせる すっかりおなじみのロンググローブに新しい提案。大きめのシュシュを根元にはめて、シネマティックに。グローブ¥21,450/フィルグ ショールーム(シモーネ ワイルド) シュシュ 各¥8,800/リトマス(メゾンルルピノー) ドレス¥60,500・ソックス¥5,830/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャaルソン) 靴¥128,700/GGR JAPAN (ジャンヴィト ロッシ) 2連に重ねたピアス¥47,300/イザベル マラン (左上)装飾イヤーカフを絡ませる 定番のイヤーカフは、葉が耳に絡みつくようなデザインを選べば、横顔に差がつく。イヤーカフ〈シルバー/K18ヴェルメイユ〉¥168,300/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) ラベンダー色ドレス¥35,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス (ジマーマン) トップス¥47,300/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) リボン¥9,900/エンメ(フラッパー) リング¥206,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左下)ヘッドピースで厳かな気持ちに 昨年からじわじわトレンドの、パールオーナメントを用いたヘッドピース。ふわふわに巻いた髪とのコントラストを楽しみたい。ドレスではなく、あえてスーツを合わせてひねりをきかせてみて。ヘッドピース¥71,500/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥59,400/ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション(ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル) ブラウス¥82,500・スカーフ¥30,800/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)ブラトップ¥66,000/パッチワークス(タナカダイスケ) ジャケット¥127,600・パンツ¥78,100/THE WALL SHOWROOM(エアロン) シャツ¥86,900/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) バッグ¥751,300(参考価格)/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) サングラス¥82,500/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(カルティエ)貝殻ブラで出勤する 貝殻モチーフにレースの刺しゅうをあしらい、どこか懐かしさも湛えたブラトップ。ピンク色のスーツに加えて、通勤スタイルを一新する。 SOURCE:SPUR 2021年10月号「アクセサリーのNext Levelを追う」photography: Masaya Tanaka 〈TRON〉 styling: Natsumi Ogasawara hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉 make-up: KIE KIYOHARA 〈beauty direction〉 model: Alaska
  • BAILA10月号 今月号も今期の秋ファッションには欠かせない内容が盛りだくさんで読み応えたっぷり!ショートカットになって更に素敵になられた中村アンさんの表紙が目印です♡ 今回のブログでは、中でも私が1番見入ってしまった、2つの特集をご紹介させていただきます✨ ①フェミニン派のための最旬デニム講座 休日になると手に取ってしまうのは、やっぱりデニム!ですが、着こなしがマンネリしてしまったり…新しいデニムが欲しいと思っても、自分のいつもの雰囲気に上手く溶け込めずデニム選びに迷ったり…デニムのお悩みは尽きませんよね そんな中、とても参考になった今回の特集。 Part1.トレンドデニムと上手くつきあう7つのヒント、Part2.ニュアンスカラーの秋の着こなし、Part3.ユニクロ新作に大人がはきたいデニムがある! の3つの切り口で最旬デニムをご紹介しています。 デニムの着こなしが本当にお洒落!ぜひ、フェミニン派の方には特に見て頂きたい ②顔立ち4タイプ別「華ブラウス」に合わせのコツ Instagramを開けば、1度は目にする「華ブラウス」♡大きな襟が特徴のビックカラーブラウスや、ふんわりとしたボリュームのある袖が特徴のボリュームスリーブブラウス。どれも可愛いなぁ〜と思いつつ、自分には似合わないなぁ…と、眺めている毎日。笑 そんなお悩みに寄り添ってくれるこの特集。自分の顔立ちにフィットする甘さを見極めるポイントを顔タイプ別にレクチャーしてくれます! そのタイプにはちょっと難しいブラウスの着こなしも、アドバイスが付いているのでとっても参考になります♡ 流行りに乗って買ってみたけど、、なんだかミスマッチ…というお悩みの方や、可愛いブラウスが欲しいけど、どんなタイプが自分には合うのか分からない!という方には特に参考になる内容だと思います☺️ 今月号も読み応えたっぷりのBAILA10月号。 ぜひご覧ください Instagramもやっています
  • 毎年即完売となる、カオスのスーペリアコートシリーズ。上質な素材を贅沢に使い、軽量で着心地抜群。ノーカラーコートの新色ベージュを含む3色をキープしたので確実に手に入れるチャンス!□カオスノーカラーコート軽く、さっとはおるだけでサマになるのが人気の理由 しなやかな素材ならではの流れるようなシルエットが最旬。ベルトを締めるとシャープな印象に。■カオス アールスーペリア ノーカラーコートベージュ、ブラック、モカサイズ:F¥74,800 バッグ(商品コード:386639)¥63,800/SHOP Marisol(ザンケッティ) ブラウス¥38,500・パンツ¥34,100/オンワード樫山(ジョゼフ) ピアス(片耳)¥24,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥57,200/フラッパーズ(ネブローニ)▶︎COLOR VARIATION■カオス アールスーペリア ノーカラーコートベージュ、ブラック、モカサイズ:F¥74,800 【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/濱田 福 取材・文/三尋木奈保
  • ハートやレース、愛らしいモチーフを散りばめて♡ デイリーに取り入れるアイテムだって、シンプル+αの高揚感が欲しい。そんな気持ちを満たしてくれるのが、ゴールドのハート形ボタンがアイキャッチーなニットカーディガン。やわらかなオフホワイトとすっきりしたネックラインがきれいめに映えて、上手に可愛げを盛り上げてくれる。手首からカットソーのレースをのぞかせてをインしてより愛らしく。カーディガン¥39600・トップス¥30800・スカート¥39600・バッグ¥28600/ミュベール メガネ¥57200/グローブスペックス エージェント(アーレム) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載
  • 潔い寒色カジュアルだからこそ、ボーダーの可愛さが映える♡ハッピーに過ごしたい連休中日は、カットオフデニムのハーフパンツに大好きなボーダーで可愛げアクティブに♪ ラフに肩かけしたスウェットや素足×ローファーで、こなれムード満点に仕上げて。思いっきりカジュアルに振ってるけど、モノトーン+ネイビーの辛口トーンなら幼く見える心配ナシ。さらにハンドバッグやモチーフネックレスの上品クラシカルな味つけも効果的。休日だけじゃなく、内勤デーやカフェでリモートワークなんて時も、このコーデなら気分が上がりそう! 旬のブラウンメイクに後れ毛が可愛いひとつ結び、顔まわりにだけ女っぽさをほのめかすのもお忘れなく♡ トップス¥13200/ゲストリスト(ルミノア) スウェット¥13200/ビショップ(ジムフレックス) パンツ¥18700/TOMORROWLAND(セージ×TOMORROWLAND) 靴¥49500/ギャラリー・オブ・オーセンティック(ビューティフル・シューズ) バッグ¥379500/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) コインネックレス¥61600・ゴールドネックレス¥26400/トムウッド プロジェクト(トムウッド) 本田翼の【今日のコーデ】をもっと見る>>【関連記事】>>本田翼が『ルイ・ヴィトン』『グッチ』など憧れ7ブランドのミニバッグと共演!>>【本田翼×ティアードワンピ】最高に可愛いのに大人っぽい。シアー素材やミニ丈も!>>通勤コーデにも! “小さめ衿”や“袖フリル”のフリルブラウスに注目 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/石田 綾 企画・原文/渡辺真衣(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 仕事に向かう姿勢や気持ちが正されるようなシャツに、おしゃれに対するポジティブさや自信をくれるイヤカフを。今回はビッグサイズのドレスシャツとパールイヤカフコーデをご紹介。 リモートワークだけどZoom会議はありビッグサイズのドレスシャツ×パールイヤカフ 着心地はラクしながら、見た目はちゃんときれいで上品。画面越しでも伝わる“わかりやすさ”も大切。 ほどよい抜け感と心地よさ。新しい働き方には欠かせない きちんと感はありつつ、しゃきっと着るよりふわりとまとう感覚でいられるシャツ。大きめのバロックパールを配したイヤカフは伝わりやすい上品さが魅力。どちらも働く女性のためのこれからのスタンダード。中に着たカットソー¥26400/ブランドニュース(イン) シャツ¥34100/サードマガジン(エヴァ マン)  イヤカフ(上)(SV925×K18YG/P×アコヤパール)¥15400・(下)(SV925×K18YG/P×アコヤパール)¥25300/アルティーダ ウード  ノーブルで、可愛げも少し。気軽にスイッチを切り替えて 大小のパールでひとさじの可愛げを。Zoom会議が始まる直前にジャケットを羽織ったり、終わったらイヤカフを外してもいい。そんな気軽さもリモートワークの強い味方。ジャケット¥29700/アンクレイヴ シャツ¥28600/ビームス ハウス 丸の内(バグッタ) イヤカフ(上)(K10WG×アコヤパール)¥25300/スタージュエリー表参道店(スタージュエリー) イヤカフ(下)(SV925×YGコーティング×淡水パール)¥16500/エテ ※イヤカフは表記のないものはすべてシングル(1個)の価格です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、DIA=ダイヤモンド、SV925=純度92.5%シルバー、SV=シルバー、Pt=プラチナ、/P=プレーティングの略です 撮影/新田君彦〈えるマネージメント〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/新川優愛 構成・原文/岡谷真唯子〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND