【秋の最新ベースメイクおすすめ12選】季節の変わり目は変えなくちゃ!人気ブランド&推しコメントつきでお届け

@BAILA

マスクでもリモートでも、今の気分にフィットするのはどんなファンデ? 今季ベースのトレンド傾向とともに、人気ブランドの化粧下地、ファンデーションをピックアップ。各PRの“肌にいい”推しコメントもぜひチェック!

心までふわっと軽くなる。薄膜ファンデーションが今の気分

心までふわっと軽くなる。薄膜ファンデーションが今の気分

潤って素肌美を引き上げる《進化系メイクアップベース》 

潤って素肌美を引き上げる 進化系メイクアップベース

1.ポール & ジョー
モイスチュアライジング ファンデーション プライマー

人気下地が保湿&化粧もち強化。SPF15・PA+(01・02のみ) 30㎖ 全3色 ¥3850/ポール & ジョー ボーテ
【ココが推し!】
「美容液成分約90%配合でみずみずしくのび広がり、日中もスキンケアをしているかのような潤いが続きます」(PR五百川さん)

2.ナチュラグラッセ
メイクアップクリーム カラープラス ミントグリー
水分と油分の絶妙なバランスの美容液処方。SPF44・PA+++ 30g ¥3080/ネイチャーズウェイ(9/15発売)
【ココが推し!】
「高SPF値、ブルーライトカット機能、赤みに対してのカラー補正機能がありながら、石けんオフできる優しい処方です」(PR寺西さん)

3.ナーズ
ソフトマット プライマー
みずみずしい使用感で、肌の凹凸を自然とフラットな状態に。30㎖ ¥4400/ナーズ ジャパン(10/1限定発売)
【ココが推し!】
「独自技術を採用し、光が肌に当たったときに四方八方に光を反射させるため、気になるくすみやあとなどをカムフラ」(PR福島さん)

4.ヴィセ
ヴィセ リシェ トーンアップ プライマー シャイン
グロウパール配合で、自然 な立体顔に。SPF20・PA++30g ¥1100(編集部調べ)/コーセー(9/16限定発売)
【ココが推し!】
「潤いのあるツヤ肌仕立てで下地としてもハイライトとしても使用可能です。美容液成分たっぷりで心地よい使用感」(PR木寺さん)

ワンストロークで肌づくりOK《素肌が息づくミニマムベース》

ワンストロークで肌づくりOK 素肌が息づくミニマムベース

1.リサージ
カラーメインテナイザー DX
一本でベースメイクが完了するミニマムさと洗練されたハリツヤ印象を両立。SPF23・PA++ 30g全5色 ¥11000/カネボウ化粧品
【ココが推し!】
「大人の肌に絶妙な血色感と立体感のあるハリツヤを演出。色ムラや乾燥等の肌悩みにも対応し、一本でベースが完成」(PR松田さん)

2.エスト
コレクティング プライマー
光を巧みに操り、毛穴や色ムラなどの気になる部分を厚塗り感なく自然にカバー。SPF32・PA++25g ¥4620/花王(限定品)
【ココが推し!】
「マスク生活で肌をいたわりたい方が増えたこともあり、なめらかでのびのよいテクスチャーと保湿感にこだわりました」(PR浅利さん)

3.コスメデコルテ
ザ スキン ミニマリスト
スキンケアの延長のような保湿力がありながら、さらりとした仕上がりが続く。SPF30・PA+++30g ¥4180
【ココが推し!】
「スキンケアの延長で使える心地よさです。ミニマルなアイテムながらも、紫外線や環境ストレスから肌をプロテクト」(PR吉成さん)

潤ったセミグロウ肌完成《高機能トリートメントクッション》

潤ったセミグロウ肌完成 高機能トリートメントクッション

1.ディオール
ディオールスキン フォーエヴァー グロウ クッション
カバー力が人気のシリーズからグロウ仕様が登場。SPF50・PA+++ 全3色 ¥8250/パルファン・クリスチャン・ディオール
【ココが推し!】
「一日中続くロングラスティングと潤い効果のタッグ。みずみずしく心地よい状態に保ち、つややかな仕上がり」(PR村山さん)

2.イヴ・サンローラン
アンクル ド ポー マーブル エッセンス クリームパクト
ハイカバーと生っぽいツヤ感を同時に。SPF50+・PA+++ 14g 全4色 ¥9240(セット価格)/イヴ・サンローラン・ボーテ
【ココが推し!】
「トーンアップ、スキンケア、メイクアップ3in1。ウォータリークリーム処方で、みずみずしさがずっと続きます」(PR井上さん)

マスクプルーフ&毛穴レス《サラすべ肌が続くクッション》

マスクプルーフ&毛穴レス。サラすべ肌が続くクッション

イニスフリー
ノーセバム パウダー クッション
韓国発“国民的パウダー”のクッションが登場。皮脂コントロールパウダー搭載でマスク移りを予防。14g 全4色 ¥2530
【ココが推し!】
「余分な皮脂やテカリを抑え、サラすべ肌を長時間キープ。カバー力がありながら、保湿成分配合で潤いケアも」(PR大八木さん)

エアリーになじんで心地いい《パウダレスなパウダーファンデ》

エアリーになじんで心地いい パウダレスなパウダーファンデ

1.コフレドール
パウダレスウェット
油剤高配合なので、粉感を感じさせない。SPF12・PA++ 7.5g 全7色 ¥3080(編集部調べ)/カネボウ化粧品(10/16発売)
【ココが推し!】
「油剤を多く含み密着力が高いので、粉浮きが目立たない&時間がたってもくずれにくく、マスクにつきにくいです」(PR風間さん)

2.アルビオン
プリンプ パウダレスト
重ねても軽やかなのに、肌ノイズはしっかりカバー。マスク移りもしにくい。SPF12・PA++ 10g全6色 ¥5500(セット価格)
【ココが推し!】
「保湿成分を含んだパウダーがなめらかに肌に溶け込み、粉感レス&負担感のないつけ心地。くずれやマスク移りも予防」(PR大鷲さん)

ニット¥12980/ハッシュニュアンス ワンピース¥9790/ビーミング ライフストア byビームス コクーンシティ店(ビーミング by ビームス)

撮影/嶌原佑矢(人)、西原秀岳〈TENT〉(物) ヘア&メイク/輝・ナディア〈ThreePEACE〉 スタイリスト/辻村真理(人)、山本瑶奈(物) モデル/森絵梨佳 取材・原文/谷口絵美 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載

関連記事
  • 1年に365日、そしてこれからも積み重ねていく習慣だからこそ、必修! スキンケアの基本、"保湿"の正しい方法を知れば、理想の美肌がぐんと身近に。肌の奥まで潤いを届けて憧れのうるツヤ肌を叶える♡ トップス¥5940/dazzlin カチューシャ¥1100・イヤリング¥2090/お世話や(OSEWAYA)ベタつかない 潤い肌を叶える3つの掟 1 潤いが"続く"肌は、化粧水&乳液で作られる 水分=潤い、油分=ベタつきは間違い。両方のバランスがとれてこそ、乾燥に負けない潤い肌が育つんです。 2 スキンケアは肌のキメにムラなくなじませる なんとなく肌にのせるのではなく、手のひらの凹凸や体温を生かして顔全体にまんべんなく広げ、浸透させて。 3 美容液をプラスすれば、さらに"なりたい肌"に 化粧水&乳液の基本ケアでしっかり保湿できた肌は、美容液の効果を発揮しやすい状態。目的別にプラスオンを。若いうちから保湿しすぎると、「肌が慣れ」そう。 育ちはしても、ダメにはなりません! 「肌は生きているので、日々、状態が変わるもの。ノンノ世代はホルモンバランスによるゆらぎもあらわれやすいので、そのつど、状況に応じて甘やかすくらいお手入れしてあげてOK。ただ、ケアを変えた時にニキビなどの異変が起きたら使用を中止しましょう」(水井さん・以下同) ベタつく肌質だから乳液の必要性が分かりません。 化粧水だけのケアを続けると、ある日突然シワ、シミが…… 「どんな肌タイプでも乳液はマスト。オイリー肌は水分と油分のバランスが崩れているので、化粧水で潤いを与えたら乳液でしっかりフタを。化粧水は"今、この瞬間"の肌を整え、乳液は整えた肌を"持続"させるものと心得て。潤いを保てない肌はダメージを受けやすく、エイジングサインが早く&突然あらわれることも」 お風呂を出たら潤ってます。それでも保湿は必要ですか? 水分を吸ってふっくら見えるだけ! その潤いは、続きません 「水分を含んでふやけた肌を、潤っていると勘違いしているのかも。でも、それはただの水道水です(笑)! 汗とともに蒸発したら、残されるのは乾燥したカピカピ肌。そうなってしまう前に、保湿成分を含んだスキンケアを使ったお手入れを習慣づけましょう!」 教えてくれたのは美容家 水井真理子さん美容家 水井真理子さんエステティシャンの経験をもとに、あらゆる世代の肌に寄り添う丁寧な美容法を提案。 小さな肌変化からもその人の生活習慣やスキンケアを見抜き、解決法を導き出す。2021年11月号掲載▶「一生モノの"保湿ケア"の基本」をもっと見るモデル/遠藤さくら 撮影/田上浩一(モデル) 新谷真衣(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/中村美保 イラスト/田中麻里子 構成・原文/野崎千衣子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 「ここちを美しく。」をブランドメッセージに掲げるオルビスユーと、シンプルなタッチながら心に残るイラストを手がけるアーティスト、長場雄氏のコラボレーションが実現! 長場氏の描くゆるやかなタッチの女性像が、スキンケアやバスタイムなど、日々の生活の中でほっとひと息つける瞬間に“ここちよさ”をもたらしてくれる。 長場曰く「ポジティブに日々を送ることを大切にしている女性をイメージした」という今回の限定品のイラストは、どちらも颯爽と歩く女性の姿が印象的。 オルビスユー ミスト 50ml ¥1,980(2021年9月22日限定発売) ボトルにもイラストをプリントした「オルビスユー ミスト」は、やわらかく繊細な霧状の美容成分が肌に素早く浸透し、うるおいのヴェールで肌を守るミスト状化粧水。 持ち歩きにも便利なサイズ。 オルビスユーシリーズの共通成分“キーポリンブースター”に加え、このミストのみに配合されている“ユキノシタエキス”が肌のすみずみまで長時間うるおいを巡らせ、みずみずしい肌へと導いてくれる。メイクアップの上からも使えるので、日中のメイク直しやリフレッシュしたいときなど、さまざまなシーンで重宝しそう。 リリース&フロウスパ バイ オルビスユー ¥5,500(2021年10月22日限定発売)[セット内容]リリース&フロウ クレイバス(本品) 25g×8包、オルビスユー ローション(本品) 180ml、オルビスユー ウォッシュ(トライアル) 14g、オルビスユー モイスチャー(トライアル) 9g 10月発売の「リリース&フロウスパ バイ オルビスユー」は、オルビスユーの世界観に浸れる体感型のスキンケアコフレ。オルビスユーの核となる、ローション、ウォッシュ、モイスチャーの3品のほかに、コフレ限定アイテムの「リリース&フロウ クレイバス」がセットに。「リリース&フロウ クレイバス」のパッケージにも長場氏のイラストが。ミネラル豊富なクレイを使ったこちらは、入浴剤やフェイスパック、ボディパックなどマルチに使えるすぐれもの。入浴剤として使えば温浴効果で肌をやさしくほぐし、パックとして使えばザラつきが気になる肌をなめらかに整えてくれる。 顔・身体・心のすべてをめぐらせる「リリース&フロウスパ バイ オルビスユー」。 どこかほのぼのとしたムードが漂うイラストがあしらわれ、眺めるだけでも心が和むアイテム。忙しい毎日を過ごす人への贈り物としてもおすすめ! オルビス https://www.orbis.co.jp/ 0120-010-010 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース
  • 秋冬の着こなしの軸になるアウター。大切なアイテムだからこそトレンドは誰より早くチェックしておこう! 今回はおしゃれプロが狙っているロングコートを大公開。リバーコート、MA-1、中綿コート、それぞれがこだわる選定ポイントをぜひ参考に。 1.アンクレイヴのくすみ色コート スタイリスト 佐藤佳菜子さん 「年を重ねてからのほうが明るい色がしっくりくるようになったのと、髪をショートにしてから甘めのトーンも気負わずに楽しめるようになったので、思い切って今シーズンはやわらかなセージカラーをセレクト。定番のリバーコートも新しい気持ちで着こなせそうです」 シンプルな表情ながらポケットや襟でさりげなく立体感を出したこだわりの一着。ゆったりとした形で絵になる装いに。¥38940/アンクレイヴ 2.カレンソロジーのチェックコート スタイリスト 門馬ちひろさん 「おしゃれに時間をかけられない慌ただしい日も、さっと羽織るだけでサマになるコートが欲しくて即決。お目立ち感のある大きめのチェック柄ですが、ベーシックカラーの配色で落ち着いて見える上、可愛げのあるシャギー素材で着るたびにテンションがアップ!」 ゆるやかなショルダーラインやアルパカ混のやわらかなシャギーがフェミニンな着こなしにフィット。¥75900/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) 3.アンクレイヴのMA-1コート ライター 東原妙子さん 「ウールのコートにやや飽きてしまい、着こなしのアクセントになる“シャカシャカ系”のコートに注目。このMA-1はすっきりとしたロング丈とミニマルなデザインでダウンほどカジュアル見えしないんです。スカートにも似合ってきれいめに着られるので冬中重宝するはず」 ミリタリーテイストのMA-1ジャケットをそのままロング丈に。無駄をそぎ落としたスタイリッシュなデザインがまさに大人向き。¥38500/アンクレイヴ 4.スタニングルアーのリバーコート ライター 伊藤真知さん 「ベージュや黒、グレーといった定番色のコートはひととおり持っているため、今年は“アガる”色にチャレンジ。柿を思わせるような、ほのかに渋さのあるオレンジなので、意外にどんな色のアイテムとも合わせやすく、ロング丈&オーバーサイズでも迫力が出すぎません」 エフォートレスなムードの着流しコート。付属のベルトでシルエットに緩急をつけられる。¥68200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) 5.ノーク バイ ザ ラインの中綿コート ライター 野崎久実子さん 「ショートカットでカジュアル好きの私は、スポーティに転びすぎないアウターが大前提。こちらはラフに着られるフードつきの中綿コートですが、スマートなシルエットで上品な印象。さりげなくクリーンな女らしさを演出してくれる明るい白も心惹かれた理由です」 前を開けても閉めても、すっきりと着られる頼もしいロング丈。ふかふかの着心地で防寒性が高いのに軽量。¥27000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 6.フレイ アイディーのボリューム袖コート ライター 榎本洋子さん 「中に厚手のニットを着てももたつかないたっぷりとしたボリューム袖のコートは、手持ち服にオーバーサイズが多い私にぴったり。さらに身長165cmの私でもちゃんとマキシ丈になる長めの着丈や、Iラインをアピールしてくれるきれいなシルエットも嬉しいポイント」 甘くなりがちなボリューム袖コートをスタンドカラーでマニッシュに仕上げた一着。¥52800/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 撮影/坂田幸一 スタイリスト/大平典子 取材・原文/野崎久実子 構成/岡谷真唯子〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2021年10月号掲載
  • 凡庸な毎朝に退屈したら、いつものスタイルにちょっとエクストリームなアクセサリーを思いきって足してみる。その瞬間、なんでもない一日が、特別に変わるはず!つけ袖¥35,200/アンダーカバー ブラウス¥111,100/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥223,300/エスケーパーズ オンライン(ボロロ)フェザーのつけ袖でパッと華やぐ つけ「襟」の次は、「袖」! 軽やかなフェザーが手首まわりをひらひらと装飾する。「ちょっとケーキが食べにくくなるかしら?」くらいがおしゃれの醍醐味。ポルカドットのボウタイブラウスのクラシカルなムードと呼応させたい。(右上)メガネとチェーンで遊ぶ ビッグフレームのメガネからあえて繊細なチェーンを垂らしてジュエリーのように。メガネ¥51,700/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(グッチ) アイウェアチェーン〈K18YG〉¥121,000/シハラ ラボ(シハラ) カーディガン¥46,200/A.P.C. ブラウス¥156,090/メゾン・ディセット(プルーン ゴールドシュミット) ショーツ¥63,800/イーストランド(オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー™) ベルト¥50,600/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥38,500/エスケーパーズ オンライン(エルナン エルデス) (右下)ネックレスで消毒する アトマイザーに消毒液を入れられる仕様。ネックレス¥16,500/レイ ビームス 新宿(アデル ビジュー×レイ ビームス) ドレス¥408,980/メゾン・ディセット(プルーン ゴールド シュミット) チョーカー¥20,300/MarlandBackus リング¥152,900・イヤーカフ(上)¥25,300・(下)¥22,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左上)ボディチェーンで盛り上げる レザーのセットアップにフェミニンな要素を加えるパールオーナメントのボディチェーン。ポロニットの水色をきかせる。ボディチェーン¥19,250/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥109,010・パンツ¥66,660/ヒラオインク(ナヌーシュカ) ニット¥55,000/スティーブン アラン トーキョー(アーチ ザ) ピアス¥34,980/エドストローム オフィス(ルメール) (左下)アンティークリングを重ねづける リングはとにかくすべての指に!くらいの勢いでオン。ポップなロゴニットに指輪がクラシカルなスパイスを加える。リング(人さし指・上)ゴールドにダイヤが埋め込まれたタイプ。¥242,000(同・下)円形のパールリング。¥440,000(中指・上)ピンクのフラワーモチーフ。¥143,000(同・中)花形のパールリング。中央はダイヤモンド。¥330,000(同・下)サファイアとパールのミックス。¥198,000(薬指)ゴールドのシグネットリング。¥363,000(小指)スクエア形のパールリング。¥308,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(メルティングポット) ニット¥115,500/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) スカート¥15,400/シティショップ ネックレス¥12,650/リトマス(メゾンルルピノー)(右上)両襟にブローチをオン ブローチは襟に、対称に飾るのが気分。ベルベットのカチューシャを合わせて、ゴシックな雰囲気で仕上げよう。ブローチ 各¥24,200/フィルグ ショールーム(パール オクトパシー) ドレス¥51,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(ソレイス ロンドン) シャツドレス¥110,550/ビオトープ(ケイト) カチューシャ¥13,200/シジェーム ギンザ(マルツォリーネ ミラノ) リング¥115,500/エスケーパーズ オンライン(ボロロ) (右下)グローブはシュシュと合わせる すっかりおなじみのロンググローブに新しい提案。大きめのシュシュを根元にはめて、シネマティックに。グローブ¥21,450/フィルグ ショールーム(シモーネ ワイルド) シュシュ 各¥8,800/リトマス(メゾンルルピノー) ドレス¥60,500・ソックス¥5,830/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャaルソン) 靴¥128,700/GGR JAPAN (ジャンヴィト ロッシ) 2連に重ねたピアス¥47,300/イザベル マラン (左上)装飾イヤーカフを絡ませる 定番のイヤーカフは、葉が耳に絡みつくようなデザインを選べば、横顔に差がつく。イヤーカフ〈シルバー/K18ヴェルメイユ〉¥168,300/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) ラベンダー色ドレス¥35,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス (ジマーマン) トップス¥47,300/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) リボン¥9,900/エンメ(フラッパー) リング¥206,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左下)ヘッドピースで厳かな気持ちに 昨年からじわじわトレンドの、パールオーナメントを用いたヘッドピース。ふわふわに巻いた髪とのコントラストを楽しみたい。ドレスではなく、あえてスーツを合わせてひねりをきかせてみて。ヘッドピース¥71,500/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥59,400/ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション(ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル) ブラウス¥82,500・スカーフ¥30,800/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)ブラトップ¥66,000/パッチワークス(タナカダイスケ) ジャケット¥127,600・パンツ¥78,100/THE WALL SHOWROOM(エアロン) シャツ¥86,900/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) バッグ¥751,300(参考価格)/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) サングラス¥82,500/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(カルティエ)貝殻ブラで出勤する 貝殻モチーフにレースの刺しゅうをあしらい、どこか懐かしさも湛えたブラトップ。ピンク色のスーツに加えて、通勤スタイルを一新する。 SOURCE:SPUR 2021年10月号「アクセサリーのNext Levelを追う」photography: Masaya Tanaka 〈TRON〉 styling: Natsumi Ogasawara hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉 make-up: KIE KIYOHARA 〈beauty direction〉 model: Alaska
  • BAILA10月号 今月号も今期の秋ファッションには欠かせない内容が盛りだくさんで読み応えたっぷり!ショートカットになって更に素敵になられた中村アンさんの表紙が目印です♡ 今回のブログでは、中でも私が1番見入ってしまった、2つの特集をご紹介させていただきます✨ ①フェミニン派のための最旬デニム講座 休日になると手に取ってしまうのは、やっぱりデニム!ですが、着こなしがマンネリしてしまったり…新しいデニムが欲しいと思っても、自分のいつもの雰囲気に上手く溶け込めずデニム選びに迷ったり…デニムのお悩みは尽きませんよね そんな中、とても参考になった今回の特集。 Part1.トレンドデニムと上手くつきあう7つのヒント、Part2.ニュアンスカラーの秋の着こなし、Part3.ユニクロ新作に大人がはきたいデニムがある! の3つの切り口で最旬デニムをご紹介しています。 デニムの着こなしが本当にお洒落!ぜひ、フェミニン派の方には特に見て頂きたい ②顔立ち4タイプ別「華ブラウス」に合わせのコツ Instagramを開けば、1度は目にする「華ブラウス」♡大きな襟が特徴のビックカラーブラウスや、ふんわりとしたボリュームのある袖が特徴のボリュームスリーブブラウス。どれも可愛いなぁ〜と思いつつ、自分には似合わないなぁ…と、眺めている毎日。笑 そんなお悩みに寄り添ってくれるこの特集。自分の顔立ちにフィットする甘さを見極めるポイントを顔タイプ別にレクチャーしてくれます! そのタイプにはちょっと難しいブラウスの着こなしも、アドバイスが付いているのでとっても参考になります♡ 流行りに乗って買ってみたけど、、なんだかミスマッチ…というお悩みの方や、可愛いブラウスが欲しいけど、どんなタイプが自分には合うのか分からない!という方には特に参考になる内容だと思います☺️ 今月号も読み応えたっぷりのBAILA10月号。 ぜひご覧ください Instagramもやっています
  • 激アツ!コスメブランド【SUQQU】 大注目の秋リップをご紹介します。こんにちは。159.RUIです。 本日はコスメのご紹介です。 今、私が一番、注目しているコスメブランドは''SUQQU"です。 徐々にメイクも秋仕様を楽しんでいる今日この頃です。 シーズン毎に洋服に合わせて、リップもカラーや質感を変えて、楽しんでいます。 ここ最近はマスク生活ですが、外すシュツエーションもありますので、リップは必須です。 手持ちでもリップは好きで色々と持ってはいますが、このSUQQUだけは買わずにはいられないほど、ドンピシャなカラー&質感でした。 コスメカウンターはタッチアップが出来ないので、手の甲にBAさんがたくさん塗ってくださいました。 秋といえば、定番でマットリップはマストですが、今期はシアーマットがオススメのようです。深めのカラーでもちょうど良い、抜け感も出て、使いやすいです。 私は赤茶メイク、茶系が多いので、合わせて、ブラウン系リップを選びました。 なんだか、他のカラーも買い足してしまいそうな気がするぐらい、お気に入りです。 秋もメイク楽しみましょうね!シアーマットリップスティック07 濃胡桃 ウォルナットブラウンNo.159 RUI
  • 美容好き100人のガチ私物ポーチの中身を大公開する「MAQUIA」10月号から、保湿オタクさんたちのポーチをピックアップ。どんなシチュエーションでもみずみずしさをキープする㊙アイテムは必見! 愛が詰まった小宇宙♡ 美容好きさんのメイクポーチ 怒涛の100連発! みんなの私物ポーチをこだわり別にご紹介!肌作りからポイントメイクに癒やしグッズまで、すべて持ち運べるようにしている方々のポーチを紹介! いつだって潤っていたい!保湿オタク タレント 福田彩乃さん 無印良品のクリアポーチなら、お手頃価格で定期的な買い替えも可能・衛生面も安心。入れるアイテムによってポーチの顔が変わるところも楽しい! 日中もイプサの保湿スティック(A)で肌をうるうるに。クレ・ド・ポー ボーテの唇用美容液(B)で口元をケア。さらにOWAYのハンドバーム(C)でパーツケアにも余念がありません。また眉コスメのLAKAはブラウン(D)とクリア(E)をスタンバイ。毛流れを整えるだけで、表情がまるっきり変わります!  MEGOOD BEAUTY/mgb skin ファウンダー&クリエイティブディレクター MEGBABYさん mgb skinのノベルティとして、MEGBABYさん自ら監修したメッシュポーチ。中に何が入っているか一目瞭然だし、意外とたくさん入るので便利。 マスクを外したあとの鎮静&保湿に役立つmgb skinのマグワートトナーのミスト(A)は、ポーチのスタメン。あとはツヤ肌が好きなので、肌がうるっとするmgb skinのサンクッション(B)を愛用。インスタライブがあるときは、鼻筋や頬にツヤを盛れるシャネルのボーム エサンシエル(C)も使います。 モデル・タレント よしあきさん ロエベの巾着ポーチを愛用中。選んだ理由は、なんといってもコンパクトでシンプルなところ。余分なものを一切感じさせない潔さを支持! NARS(A)は、程よいツヤと潤い感、プラスでスキンケア効果もあるので一石二鳥なアイテム。3本目のイプサ(B)は、荒れがちな鼻周りや口元のケアに。3CEのUV(C)やマキアージュのコンシーラー(D)などのスティックは、メンズでもクールに使えて重宝。見た目がシンプルなコスメがいいですね。 インフルエンサー 鹿の間さん ディオールのノベルティポーチ。ころんとしたシルエットも、大容量でコスメが取り出しやすいところも、可愛らしい色合いも使わない理由がない! ドクターエルシアのバーム ファンデーション(A)は 、重ねるとどんどん肌がみずみずしく。その上からコスメデコルテのフィックスミスト(B)をスプレーすると、肌がしっとり整って化粧崩れの防止にも。シンプルで使いやすいラ ロッシュ ポゼのリップトリートメント(C)で唇の保湿も入念に行います。 MAQUIA10月号撮影/久々江 満 岩城裕哉 さとうしんすけ 奥村亮介 イラスト/eve 取材·文/轟木あずさ 風間裕美子 構成/横山由佳、萩原有紀(MAQUIA)※紹介しているものはすべて私物です。現在販売していない場合がございます。ブランドへの問い合わせはご遠慮ください。
  • 洗顔は、もはや「汚れ落とし」にあらず。汚れと引き換えに、肌が欲しがる成分を与える、積極的な「プラスオン」アイテムへ!何年も同じものを使い続けていたり、洗顔に消極的では、美肌を手に入れるチャンスをみすみす逃してしまうようなもの!?もはや「洗い流す美容液」と名前を変えたほうがいいほどの美肌育成アイテムに。 教えてくれたのは内科・皮膚科医 友利 新先生内科・皮膚科医 友利 新先生大人の女性の肌変化を見据えた、的確なスキンケアアドバイスが評判。コスメの進化にも精通。新著『最新 美肌事典』(KADOKAWA)を上梓。【目次】 ①美賢者がアンサー!大人こそ「洗顔」を見直す理由 おすすめ洗顔コスメ ②くすみを晴らす ③ゴワつきを一掃 ④肌のしぼみをふっくらさせる ⑤肌の揺らぎに寄り添う ①美賢者がアンサー!大人こそ「洗顔」を見直す理由「洗うことが好きな日本人は洗顔革命でもっともっと美肌に!」洗顔によるリスクがなくなり肌にうれしいことばかりに「日本人はそもそも洗顔が大好きなのに、いつのころからか取り去るリスクが注目されるようになり、半信半疑で洗顔していた人も多いはず。汚れを浮かすための洗浄剤は、バリア機能に欠かせない脂質を奪い去ってしまいがちなため、確かにリスクはありました。しかし、ここにきて、肌に穏やかな洗浄剤が登場し、脂質を守る技術、洗い流しながらも潤いはとどめる技術が進歩。肌にとってうれしいことばかりの洗顔料が多数登場しています。 エクラ世代の多くは、皮脂分泌が低下し、長引くマスク生活で肌のバリア機能は乱れ、乾燥や吹き出ものが深刻化。旧式洗顔ではエイジングが心配です。せっかく洗顔革命が起こったのですから、ポジティブな洗顔へと舵を切って。肌悩みから解放され、肌の伸びしろに気づくはずです」(友利先生) あれこれプラスするより洗顔料を替えるほうが「復活」の近道【証言者1】美容ジャーナリスト 安倍佐和子さん【証言者1】美容ジャーナリスト 安倍佐和子さん長年にわたり美容ジャーナリズムを牽引。コスメの進化をつぶさに取材し、ジャッジ。その見識の深さで大人の女性の信頼を集める。「コロナ禍で肌の調子が不安定だったのですが、進化した洗顔料で復活! 洗顔している時点から肌をリカバーしてくれるので、あとからよけいなものをあれこれつける必要がありません。長くこの仕事をしていますが、こんな驚きと感動は味わったことがありません」 洗顔はもはや「落としモノ」の役割を超えて肌を「整える」立ち位置に【証言者2】美容コーディネーター 弓気田みずほさん【証言者2】美容コーディネーター 弓気田みずほさんスキンケアアイテム選びの指南役として多くのメディアで活躍。化粧品開発の裏事情を知りつくし、特に洗顔料の技術背景に詳しい。「もともと洗顔を重視してきた私ですが、洗顔だけでここまで肌がいきいきするのは、生まれて初めて。化粧水まで終わったように、肌をチューニングしてくれます。泡立たない洗顔料や炭酸泡の洗顔料など、未体験のテクスチャーにもぜひ挑戦して、美肌の可能性を広げて!」 《アイテムを買い替える前に…》まずは“洗顔意識”に革命を!「洗顔料が単なる落としモノ」という先入観は、もう捨て去るべきだと友利先生。意識改革のポイントをうかがった。洗い流すものだからこそ保湿成分が重要である保湿は洗顔後にしっかりすればいい、という考えをまずは変えて! 一時的でも潤いレベルがマイナスになればバリア機能にダメージを与え、肌荒れの引き金に。「洗顔料に保湿成分が入っていても流れ出てしまうのでは?」という心配も必要ありません。進化した洗顔料は保湿成分がちゃんととどまり、潤いレベルをプラスに。朝はぬるま湯だけ、は思わぬ肌トラブルの原因にこれまでの洗顔料は、洗うリスクがあったため、むしろぬるま湯で洗顔するほうが調子がよい場合もありました。が、寝ている間の汗、皮脂、前の晩に与えた油分の酸化したものをとりきれず、くすみなど、肌トラブルの原因に。リスク知らずの新洗顔料なら、大手を振ってぬるま湯洗顔を卒業できます!しわやたるみを洗顔でケアできる可能性が出てきている進化した洗顔料は、しわやたるみの原因であるバリア機能の乱れや炎症を起こさない設計に。しかも洗い流すスペシャルパックと遜色ないほどのエイジングケア成分を配合。朝晩使うものだから、週イチのパックより積み重ねの効果が! この革命で、しわ、たるみケアの主要アイテムに昇格したことは間違いありません。 ②くすみを晴らすナビゲーターは美容ジャーナリスト 小田ユイコ美容ジャーナリスト 小田ユイコ洗顔こそがスキンケア成功のカギを握ると信じ、取材しつづけること30年。あらゆる洗顔料を試しまくる日々。散歩中のうっかり日焼けや空調による冷えなどの《くすみを晴らす》どんよりお疲れ肌に見えるのは、夏の紫外線の影響でたまった古い角質によるくすみ。これを物理的にこすり落としたり、強い洗浄剤で洗い流すのではなく、「成分の力」で難なくゆるめてくすみのもとをキャッチ。実にスマートに洗い流してしまうのが革命的。肌に負担を感じないうえ、《2》、《3》のような炭酸洗顔料ならめぐりもよくなり、肌を土台から底上げ。洗顔しただけで肌が2トーンアップする。《1》イグニス リファイニング プレミアム ソープ老廃物を一掃。抜けるように明るい肌に 洗顔でエイジング要因まで徹底浄化。ゼオライトとククイナッツオイルが活性酸素から肌を守り、老廃物を一掃。もっちり濃密な泡が立ち、肌を包み込むように洗い上げる。120g ¥4,950《2》資生堂 ベネフィーク リュクス ホットムースウォッシュ炭酸泡が、ザラつく肌をほぐすように浄化ほんのり温かい炭酸泡の洗顔料。ザラつきをほぐし、しなやかな透明肌に。プッシュしただけでクリーミーな泡が出てくるので、忙しい朝や眠い夜も手間いらず。140g ¥6,050《3》花王 ソフィーナiP リニュー ムース ウォッシュ内側から透明感を帯び、肌冷えも解消気泡が見えないほどのミクロな炭酸泡がなめらかに密着。潤い成分を引き連れて肌の奥へ。炭酸泡パックのような使い心地で、肌に見違えるような抜け感が!200g ¥3,630(編集部調べ)《4》ポーラ B.A ディープクリアライザー厄介な黄ぐすみを払い、ハリ感までも!たるみの原因、糖化をケアする週2~3回の洗顔料兼マスク。ジェルクリームが泡に変わったら黄ぐすみをからめとったサイン。洗い流すとハッとするほど明るい肌に。120g ¥13,200 ③ゴワつきを一掃マスク生活で起こった頑固な毛穴詰まりを退治《ゴワつきを一掃》ゴワつき肌をケアするのに画期的なのが、《2》、《3》のような泡立たないジェル洗顔。ハードなピーリングをしなくても、忘れかけていたつるんとした手ざわりが蘇る。《1》、《4》のようなスクラブ洗顔料も飛躍的に進化。肌の上でくずれ、クレイ(汚れを吸着する天然の泥)と組み合わせることで肌に負担をかけずに毛穴詰まりをオフ。夏×マスク着用のダブルパンチで黒ずんだ毛穴も、洗顔が解決してくれる。《1》カネボウ スクラビング マッド ウォッシュクレイとくずれるスクラブが毛穴詰まりをなかったことにクレイペーストが毛穴に吸着し、スクラブがくずれながら汚れをかき出す。少量の水をなじませて泡立て、スルリとリリース。130g ¥2,750/カネボウインターナショナルDiv.《2》コーセー インフィニティ モーニング リニュー泡立たないジェル洗顔で、メイクのりのいい肌に洗顔料と美容液の効果をあわせもつジェルが、寝ている間にたまったタンパク質汚れを優しくオフ。ぬるま湯洗顔からの切り替えにぴったり。100g ¥2,750(編集部調べ)《3》センサイ SP クリアジェルウォッシュ毛穴の黒ずみ汚れを優しくからめとってオフ泡立たないジェル洗顔料。濃密なジェルが肌にピタッと密着し、毛穴汚れをオフ。シルクのようになめらかな洗い上がり。朝の洗顔におすすめ。145ml ¥6,050/カネボウ化粧品《4》アスレティア スムーススクラブウォッシュすがすがしいハーブの香りで心のゴワつきも一掃クレイとくずれるスクラブを配合した洗顔料。泡立てて使えば優しく、直接肌にのばせばしっかりと毛穴汚れや古い角質を除去。ジュニパーベリーなどの香り。120g ¥4,950 ④肌のしぼみをふっくらさせるお手入れ不足のしわっぽさ、たるみ加速による《しぼみをふっくら》洗顔料であるにもかかわらず、ブランドが誇るエイジングケア成分を惜しげもなく配合。それができるのは、汚れのみを洗浄し、洗い流してもエイジングケア成分の効果をとどまらせる優れた技術があればこそ。朝晩の洗顔料を替えただけで、しぼんでいたキメがふっくらし、しわやたるみが気にならない肌に。優雅な使い心地もこの4品の共通点。心まで豊かになり、高級洗顔の価値がよくわかる。肌の汚れのみ選択的に取り除く、賢すぎる洗顔料洗うたびに、肌のバリア機能をつかさどる脂質をケア。吸いつくような濃密な泡立ちで、潤い成分をたっぷり配合。キメがふっくら立ち上がり、つややかな肌に。140g ¥6,600クレイやシルクのパウダーが潤いを奪わずクリーンアップ白キクラゲやヒアルロン酸を配合。驚くほど弾力のある泡が、肌に潤いを与えながら汚れをオフし、炊きたて白米のようなもっちりツヤツヤ肌に。110g ¥5,500/再春館製薬所《3》ディオール プレステージ ラ ムースディオールだけの特別なバラが洗顔時からハリを応援汗、皮脂を優しくオフする洗浄成分を採用。ディオールのバラ、グランヴィル ローズの微量要素がキメ密度の高い肌に。120g ¥10,450/パルファン・クリスチャン・ディオール《4》ジバンシイ ソワン ノワール リチュアル ネトワイヤージュマッサージも兼ねた漆黒の洗顔ジェル泡立たない洗顔料。生命力を秘めた漆黒の藻のパワーで、洗顔時から肌エネルギーが全開に。175ml ¥14,850/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ] ⑤肌の揺らぎに寄り添う在宅ストレスや環境ダメージ、ホルモンバランスの乱れによる《揺らぎに寄り添う》コロナ禍でデジタルストレスや心の閉塞感から、もともと肌が丈夫な人でも敏感に傾きがちに。また、ホルモンバランスが変わる更年期は肌が揺らぎやすい時期。洗顔革命では、デリケートな肌を優しく洗い上げるテクノロジーも進化。《4》のように肌をいたわる使い心地のものから、《1》~《3》のように揺らいだ肌に刺激を与えず、バリア機能を整えて抵抗力の高い肌へと導くものまで。心強いかぎり!《1》クラランス ジェントル フォーミング クレンザー SP エキストラ コンフォートオーガニックハーブが美肌菌をサポート肌の常在菌に着目し原料を厳選。ゲンチアナやメリッサ葉などオーガニックハーブのエキスが敏感肌をサポート。肌に穏やかなのに、大気汚染物質も洗い流す。125ml ¥4,290《2》デュオ ザ 薬用 バイタルバリアウォッシュ洗浄剤フリーで肌のバリア機能をサポート泡立たないミルクタイプの洗顔料。イオンの力で汚れのみをセレクト洗浄。バリア機能の立て直しをサポート。110g (医薬部外品)¥3,300/プレミアアンチエイジング《3》シトラナ シカリペアフォーム肌を守るだけでなく洗いながら「強い肌」へ天然の洗浄剤、ソープナッツを配合。プッシュするだけで出てくる濃密な泡が、肌をいたわりながら洗う。ストレスに強い肌に。150ml ¥2,860/プレミアアンチエイジング《4》シンクー セラム ウォッシュ天然由来のとろみ成分が肌に寄り添い汚れをオフ朝洗顔に適した、泡立たないセラム状洗顔料。柔らかなテクスチャーがデリケートな肌も優しく包み込む。ゼラニウムの香りで明るい気持ちに。120ml ¥3,520/ほぼ日    ▲ページトップに戻る>>「洗顔」記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/山本瑶奈 取材・文/小田ユイコ ※エクラ2021年10月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND