土曜日は、黒のフリルTシャツで大人の甘さを楽しむ【30代今日のコーデ】

@BAILA
土曜日は、黒のフリルTシャツで甘さの中に凛とした強さを【30代今日のコーデ】

上半身を甘めに盛ったらボトムで力を抜いて。エフォートレスな着こなしに

着映えするラッフルフリルTが一枚あれば、ラクして洒落見えが簡単。華やぎトップスにはウエストゴムのイージーパンツで力を抜いて。トップスの女っぷりの高さをちょうどよく中和しつつリラックス感も得られるこんなパンツが、今の時代と気分にしっくり。

 

Tシャツ¥17600/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥19910/シップス プライマリーネイビーレーベル リング¥214 500・バングル¥902000/フォーエバーマーク チェーンバッグ¥132000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) ニットバッグ¥18700/エッセンス オブ アナイ 靴¥25300/アダム エ ロペ

今日のコーデ画像をもっとみる

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/林由香里〈ROI〉 スタイリスト/池田 敬 モデル/大政 絢 構成・原文/榎本洋子〈TENT〉 企画/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年7月号掲載

関連記事
  • リモートワークに最適! キリッと知的なストライプシャツ 打ち合わせや会議などでクライアントや上司と画面越しで会う日は、上半身の印象を大切に。キリッと知的な表情へと導くストライプシャツなら瞬時に仕事モードオン。バンドカラーだから今季らしさも申し分なし。形態安定加工が施されているのもありがたい!   シャツ¥4290・パンツ¥8690/AOKI本社お客様相談室(レ ミュー ファム) 時計¥82500/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー) リング¥39600/ココシュニック 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/宮田聡子 構成・原文/道端舞子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
  • 12closet 【洗える】バックフレアT (各)¥8580(サイズ:フリー) 表情豊かな異素材使いのデザインTは風通しのよさも大きな魅力 パンツ¥11000/ジャーナル スタンダード 自由が丘店 ジャケット¥42900/ボウルズ(ハイク) ピアス¥9900/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) バングル¥74800/ロン インク(ロン) バッグ¥35200/シップス 渋谷スクランブルスクエア ウィメンズ店(マロウ) 前身頃と袖&背中の上部にソフトなオーガニックコットンのカットソー生地、後ろの切り替えから下の部分に布帛素材を使った、存在感のある半袖Tシャツ。背面のギャザーが裾に向けてふわっと広がるので、風が通り抜けて涼しく着られるのもうれしいポイント。後ろ裾を少し長く設定し、バランスをとりやすく調整しました。着回しやすいホワイトとネイビーの2色。 FRONT STYLE 前から見るとシンプルなクルーネックのAラインTシャツ。バックスタイルとのハイセンスなギャップを存分に楽しめます 左:ネイビー 右:ホワイト 【洗える】バックフレアT 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/西出健太郎(モデル) 草間大輔(物) ヘア&メイク/TOMIE スタイリスト/石上美津江 モデル/福田メイコ 取材・原文/葛畑祥子 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年7/7発売LEE8月号現在)です。
  • 気温が低めのお寿司屋さんでは冷房対策のロングカーディガンはマストアイテム ※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます先日のレストランのオーナーから連絡があり、市場調査につきあってくれないかと頼まれて一緒に高級寿司屋さんへ行けることに。白のオールインワンを着ると無条件にきちんとして見えるし、透け感のあるベージュカーディガンを羽織ったらなんだか炙りをいれたえんがわっぽい感じがしてテンションが高まる。こういう年上のお友達ができると未開拓の地に行く機会が増えてありがたいなぁとしみじみ思う。オールインワン¥18,500/ノーク ロングカーディガン¥20,900/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ) バッグ¥50,600/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) ブレスレット¥23,100/デザインワークス 銀座店(モダンウィーヴィング) 靴¥31,900/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ福岡店(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥19,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)N.O.R.C (ノーク)商品一覧【SHOP Marisol】▶qualite (カリテ)商品一覧【SHOP Marisol】▶FABIO RUSCONI (ファビオ ルスコーニ)商品一覧【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「オールインワン」を使った関連記事もチェック
  • エクラ世代のおしゃれリーダー、スタイリングディレクター・大草直子さんの夏の装いを直撃! 夏→秋のおしゃれへとリフレッシュしてくれるつなぎアイテムを教えていただきました。《大人プレッピーなVネックニット》  「着ると後ろに抜けたり、ちょっと毛足の立った風合いもモダン。ベーシック好きな大人の女性にちょうどいいアップデート感を足してくれる一枚」。ニット¥41,800/エストネーション(コラム)《甘さのあるスウェット》波打つような袖のあしらいが甘やかで女性らしい一枚。「深すぎず沈まない色みも素敵で、セットアップのスカートと合わせる予定です」。スウェット¥15,400/カデュネ プレスルーム(カデュネ)《美シルエットの高機能コート》「撥水(はっすい)加工つきの機能素材なのに、形はコンシャスな軽量コート。たっぷりとした丈は優雅で、遠くから見ても美しい輪郭をつくってくれます」。 コート¥47,300/カデュネ プレスルーム(カデュネ)《真っ白なカットワークレザーバッグ》「手のこんだカットワークレザーとピュアな白。夏の余韻が残る秋の始まりには、このエレガントな軽やかさが季節感の微調整に最適です」。バッグ¥352,000/リシュモン ジャパン(アライア)「夏」に関する記事一覧>>「大草直子さん」に関する記事一覧>>撮影/魚地武大(TENT) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリング/大草直子 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年9月号掲載
  • 目もとに視線が集まる今、アイメイクの振り幅を広げたい。ヘア&メイクpaku☆chanさんが太鼓判を押すのが着回し力抜群のアイパレット。今回は「ディオール」の美人色アイパレットで4つの表情をつくりました。 ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん アイパレットって今、あらためていいよね♡「毎日、服は着替えても、顔はつい同じになっちゃいがちですよね。だけどメイクを変えるのって面倒……というときにやっぱり頼りになるんですよ! 計算され尽くした色がセットされているから、どう組み合わせても失敗がなく、誰でも簡単にメイクの振り幅を広げられるんです。多色パレットも同じで、一見難しそうに見えても実は似合う&飽きない工夫が満載。ひとつで多彩な目もとをかなえてくれるパレットに、今再び惚れ直しています」 上品フェミニンな美人醸成パレット ディオール サンク クルール クチュール 429「すべての色みがやわらかでなじみがよい、ワントーンパレット。エッジレスでやさしげな目もとや深みのあるアイメイクまで、お仕事シーン中心にあらゆる場面で使い勝手抜群。そう、コーヒーでいうならカフェラテのようにマイルド。絶妙なパール感と質感の違いを操って、印象チェンジを」(paku☆chanさん)。¥8360/パルファン・クリスチャン・ディオール 1.血色をまとわせるグラデメイクで優しくほほえんでいるようなまなざしに 目の形に沿うように、淡い色から濃い色のグラデーションで仕立てたベーシックな立体メイク。アイホール半分と下まぶたの目頭に効かせたレディッシュブラウンの効果で、血色をまとったような優しげな目もとに。また、キワのラインを淡めにすることも、抜けのあるやさしげアイの秘訣。 《Other Item》 極薄ブラウンで目のキワを軽やかに引き締め。ケイト ダブルラインエキスパート LB-1¥935(編集部調べ)/カネボウ化粧品 2.抜け感重視の囲み目で深みのある大人の横顔に 締め色2色と黒のアイライナーで目もとをぐるっと囲んだ、クールメイク。ただ、ひと昔前の強いだけの囲み目とは違って、今どきは抜け感がマスト。キワの締め色シャドウにパレット中央の淡く締まるベージュをチョイスし、まぶた中央にハイライトをのせれば、気負いすぎない印象に。 《Other Item》 淡い色の締め色シャドウとコントラストをつけるよう、マスカラとライナーは漆黒色を。D-UP パーフェクトエクステンションマスカラ ブラック ¥1650/ディー・アップ デジャヴュ ラスティンファインE ショート筆リキッド ディープブラック¥1430/イミュ 3.まぶた中央の赤みが目を引く甘すぎないフェミニンフェイス フェミニンフェイスの主役は、顔にほどよい甘さをプラスする左下のレディな赤みブラウン。まぶたの真ん中にポンと効かせれば、目が縦に広がり、くりっと大きな印象に。その甘さをバランスよく調整するには、下まぶたの黒目の下にブラウンラインを引いてピリッと引き締めるのが効果的。 《Other Item》 上まぶたのキワは、優しく引き締める、赤茶ライナーを。もちも秀逸。スティロ ユー ウォータープルーフ N 943 ¥3520/シャネル 4.きらめきだけでつくりだすぬれたようなまなざしの色っぽ美人 そのみずみずしさで視線を奪うぬれ感のあるまなざしは、ツヤにツヤを重ねるようにつくりだして。繊細&パールリッチなハイライトをベースに偏光パールが入ったコーラルを重ねつつ、下まぶたにも目頭を幅広めに入れれば、うるみEYEが完成。下まぶた目頭のきらめきで、ほどよいうぶっぽさも。 (上から)ブラウス¥13200/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店 イヤリング¥11000/ロードス(リプサリス)ジャケット¥17600/セルフォード ルミネ新宿1店 イヤリング¥6600/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エネーダ)ワンピース¥24200/カデュネ プレスルーム(カデュネ) ロングネックレス¥23100/ココシュニック リング¥12100/ロードス(リプサリス) ショートネックレス/私物ワンピース¥23100/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ネックレス¥6200/ロードス(ルメル) 撮影/菊地泰久〈vale.〉(人)、橋口恵佑(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/新川優愛 取材・原文/中島 彩 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
  • マリソル8月号のアラフォーがトライしたい「白黒」スタイル、私も挑戦してみました♬みなさん、こんにちは。 美女組のゆっこです。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます! さて、今日はマリソル8月号の「白黒」コーデを参考にしたコーデのご紹介です。 徳原文子さんがスタイリングされていて、どれも本当に可愛くて素敵な着こなしでした♡ 私が参考にしたのは、このマリソル左側のコーデです。白と黒のシンプルなコーディネートですが、色のメリハリが効いてお仕事スタイルにはもってこいでした! トップスはユニクロのシアーニット(なんと500円)、スカートはur’sのサーキュラーロングスカートです。 スカートは4,389円(税込)とプチプラなのに、裏地が付いていて透けない白。とっても優秀♬ 上下で5,000円しないコーデ、いかがでしょうか、笑 163cmの私が履いて、くるぶしにかからない程度の着丈なので、フラットサンダルでも引き摺りません!もちろん、ヒールを合わせればもっとスタイルアップして見えるかと。綺麗目のスカートは、座った後のシワ感が気になりますが、こちらはポリエステル95%・ポリウレタン5%なのでシワになりにくいです。 写真でもわかるように、微光沢生地なのできちんと見えしますよ。 さらにポケットも付いている優れもの〜 これは「プチプラ高見えアイテム」に勝手に認定します、笑長めの着丈で、足を組んでも長さがしっかりとあるのが安心! 程よいフレアシルエットなので、可愛くなりすぎずアラフォーのモノトーンコーディネートにぴったりです。 他にもグリーン、ピンク、ネイビー、ブルーなどニュアンスカラーも揃っているので、気になる方はお揃いor色違いにしましょう♬去年に引き続き、今年も外出の機会が少ないですが、お仕事でもプライベートでもリアルで会えることに改めて感謝ですね。 窓の外はすっかり夏景色で、青い空に入道雲が綺麗でした。あっという間に駆け抜けるであろう8月、今しか出来ないファッションを愉しみたいですね。 そして明日、8月5日はマリソル9月号発売日です!雑誌の発売日って今だにワクワクするのは私だけでしょうか♬またお気に入りのコーデと共にご紹介していきます。 本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。 インスタでは独立系ファイナンシャル・プランナーとして、日々のライフスタイルを綴っています。 もし宜しければフォローしてご覧ください(^ ^)No.189 ゆっこ
  • セールで賢く手に入れたベージュのセットアップ。今日はジャケットを着回してみました!こんにちは。Hikariです。 昨日のオリンピック、男子サッカー日本対スペインはもう一息でしたね! フランスに勝った時は「ひょっとするとひょっとするかも?」と期待したのですが……。 次のメキシコ戦、ぜひ勝利してメダルを獲得してほしいものです。 さて、以前のブログ ▷▷セールアイテムでつくる夏のお仕事コーデにてご紹介した、【Theory】のリネンセットアップですが、 やはりベージュ系は着回し力高い!と改めて買ってよかった〜と感じています。 普段は頼れる黒ジャケットですが、この時期だと お会いするお相手に与える印象が少々重すぎる気がします。 軽やかな印象ながら、きちんと見えする 落ち着きのあるベージュカラーは働くアラフォー女性の強い味方ですね❤︎ ジャケットより濃い、ブラウンのパンツを合わせてみました。 マスクは最近お気に入りのピンクの不織布マスクです。 箱の凹み失礼しました、、、(汗) 私のパーソナルカラーは「スプリング」。 チークが使えないマスク時代、 少しでも顔まわりを明るく見せたくて最近取り入れたものです。 手に取る前は「仕事中にピンクはどうかな、、、」と思っていたのですが、 肌馴染みのよいピンクカラーなので違和感ありません。 不織布マスクでカラーをお探しの方はおすすめですよ☻ 私はマツキヨで買いました。良かったら探してみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました❤︎ Hikari \ 毎日のコーデと体づくりに役立つTipsを発信中! ぜひ遊びに来てください♪ / No.172 Hikari
  • きれいめワンピースはロープストラップのサンダルで抜け感を 立体シルエットをキープするフェミニンなワンピースは、足もと合わせで鮮度をアップ。きれいめなサンダルだと当たり前にレディな着こなしにまとまってしまうところを、あえてロープストラップのサンダルでラフにくずして。足もとにボリュームを持たせるのが、最旬バランス。   ワンピース¥26400/リステア総合カスタマーサービス(ルシェルブルー) バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) バングル¥13200・シングルピアス¥25300/アルティーダ ウード 靴¥9900/クオリネスト(ボホノマド) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉  スタイリスト/加藤かすみ モデル/桐谷美玲 構成・原文/東原妙子 企画/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND