【30代スタイリストが私服でアンサーまとめ】リアルだから役に立つ。その冬服はもっと素敵に着られる!

@BAILA

旬と日常感を両立したスタイリストの私服にはマネしたいテクニックが満載! コートの着こなしからブーツの選び方、着やせして見えるニット、マスクのおしゃれまで、個性の異なる3人が、同世代の共感でお悩みを解決します! 

吉村友希さん

スタイリスト

吉村友希さん


身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。

石田 綾さん

スタイリスト

石田 綾さん


身長160cm。旬アイテムや話題のブランドをキャッチし、日常のおしゃれに落とし込むのが上手なスタイリスト。ハイ&ローMIXも得意、猫2匹と暮らし、愛称は“あやちゃん”。

門馬ちひろさん

スタイリスト

門馬ちひろさん


身長167cm。元セレクトショップスタッフの経験を生かした、まねしやすく好感度の高いフェミニン提案が得意なスタイリスト。愛称は“もんちゃん”、体型悩みにも親身に対応。

※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。

1.3大デザインを今っぽく着る【コート編】

防寒上欠かせないけど一枚で印象を左右するうえ着膨れも気がかり…。悩み多き冬アウターを解決!

《読者の悩み件数No.1》
Q.ダウンをすっきり女っぽく着るには?

A.揺れ感のあるワンピースときれいめな足もとがカギ(吉村さん)

_

「スポーティなダウンには、対照的に女っぽいボトムがマイルール。ワンピやスカートの丈は長めが気分だから、バランスよく合わせるならダウンはやっぱり短丈一択。ツヤ感ブーツで脱カジュアル、一点投入の白バッグでさらに軽やかに」。ダウン/デサント オルテライン ニット/スローン キャミワンピース/クリスチャン ワイナンツ バッグ/メアリ オル ターナ 靴/エストネーション

スタイリストの私服ダウンコーデを詳しく見る

A.薄手トップスを重ねた深いVラインが顔までシャープに見せる(門馬さん)

_

「背が高いので、まずはコンパクトなタイプで“大きく見える”を回避。インナーには白シャツとニットで、深いVラインを作り、さらにすっきりさせました。ダウン自体がカジュアルだし、着こなしの中でも目立つので、合わせるアイテムはシンプルかつきれいめで統一」。ダウン/ミラ オーウェン シャツ・パンツ/ユナイテッドアローズ ニット¥10000/ハッシュニュアンス バッグ¥48000/シップス 有楽町店(アバケーション) 靴¥25000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

スタイリストの私服ダウンコーデを詳しく見る

A.ノンステッチなフラットタイプを選ぶのが、すっきり見えの近道(石田さん)

_

「昨年のダウンを、今旬なレザー調プリーツスカートで刷新。ダウン特有のモリモリとした凹凸のあるデザインを避ければ、手っ取り早くきれいめですっきりした印象に。ベージュ×茶トーンを無難に見せないコツは、足もとに投入したモーブピンク」。ダウン/ユニクロ ユー ニット/セリーヌ スカート/GRL バッグ/マルコ マージ ショートブーツ/ドリス ヴァン ノッテン

スタイリストの私服ダウンコーデを詳しく見る

《バイラ女子の愛用率 No.1。だから着方で差をつけたい》
Q.ウールのロングコート、今年はどう着る?

A.ガウンコートのリラックス感をデニムとフラット靴で満喫(石田さん)

_

「ガウンタイプのリバーコートだから、かしこまりすぎない着こなしにもなじみます。ヒョウ柄バレエ靴とバッグも、今年らしくブラウンでリンク。ハイウエストデニムをベルトマークして腰高に見せて、ロングコート×ぺたんこ靴でもスタイルアップ」。マキシ丈コート/ノーク バイ ザ ライン Tシャツ/ユニクロ ユー デニム/リーバイス ベルト/メゾンボワネ バッグ/ロエベ 靴/ポルセリ

スタイリストの私服ウールロングコートコーデを詳しく見る

A.ロング×ロングで合わせてもやわらか色同士なら軽やか印象をキープ(門馬さん)

_

「パキッとせず重さもない、軽い感じの色が好き。ロングコートのように面積の多いものは好みの色から選びます。ストライプのロングシャツとパンツでIラインに」。コート/スピック&スパン 肩にかけたニット/ユナイテッドアローズ シャツワンピ¥27000/ティッカ パンツ/トゥモローランド バッグ¥15800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥47000/フラッパーズ(ネブローニ)

スタイリストの私服ウールロングコートコーデを詳しく見る

A.コートの柄から一色拾ったブラックのボトムと靴で縦長につないで(吉村さん)

_

「昨年購入したコートは、ドロップショルダーで袖筒ゆったり、パーカもすっきり重ねられます。茶と黒のハウンドトゥース柄なので、合わせられる色幅が広いところもお気に入り。昨年はスキニーパンツで少しカジュアルに着ていたけれど、今年はタイトスカートで女性らしさを」。コート/ナヌーシュカ フーディ/ソーノ スカート/エーピー ストゥディオ バッグ/レフィエ 靴/マノロ ブラニク

スタイリストの私服ウールロングコートコーデを詳しく見る

《新注目タイプの正解バランスが知りたい》
Q.ショート丈アウターの細見えと大人見えのコツは?

A.ベルトつきジャケットと揺れるスカートでXラインを(門馬さん)

_

「お尻や腰まわりが気になる短丈アウターには、プリーツスカートが頼れる味方。立体感がラインをカバーし、動きが出るので軽やかさも。コートの中、バッグ、ブーツの3カ所に小さく黒を使い、目線をそらしつつ引き締め」。コート/オーラリー ニット/ビューティ&ユース スカート/アストラット バッグ/インポート ネックレス/アリギエーリ 靴¥51000/ザ・グランドインク(ロランス)

スタイリストの私服ショート丈コートコーデを詳しく見る

A.コートの中をゆるめの白で統一し、ラインを拾わず縦長に(石田さん)

_

「次に気になっている色・グレーをピーコートで取り入れました。グレーが引き立つよう、コートの中は明るい白、小物は黒でモノトーンに。ゆるめの短丈コートの中は、ピタッとさせすぎるよりも、ほどよく縦長感が出せるニットアップを選ぶと大人っぽくなります」。ピーコート/アンクレイヴ ニット・ニットスカート/ノーク バイ ザ ライン バッグ/5525gallery×ポーター 靴/トッズ×マメクロゴウチ 

スタイリストの私服ショート丈コートコーデを詳しく見る

A.上ゆる×下スリムの黄金バランスを辛口モノトーンでさらにシャープに(吉村さん)

_

「ボアコートはカジュアルが似合うアウター。相性のいいデニムはブラックを選び、全身の色数も抑えてあくまでシックに。コートの中に、ゆるいものやカジュアルすぎるものを入れないことも大人がボアを楽しむコツです」。ボアコート/スタンドストゥディオ カットソー/オーラリー デニム/ファイブアンドハーフ スカーフ/ミラ オーウェン バッグ/デメリエー 靴/エストネーション

スタイリストの私服ショート丈コートコーデを詳しく見る

2.ロングもショートもお手本にしたい【ブーツ編】

季節の足元はブーツ一択! ロングにトライ? いつものショートは何と合わせる? 選択肢が多い今季の結論。

《その新鮮さに惹かれ、挑戦したい人多数》
Q.ロングブーツ、まずはどう履く?

A.主役にふさわしいパイソン柄をシンプルコーデで(石田さん)

_

「以前バイラの靴企画でも提案した“パイソン柄”。ようやくお気に入りの一足に出会いました。ベージュ×黒のパイソンは、グレー系より合わせやすいし、カジュアルにも転ばせやすい。柄に加え、スクエアトゥと太ヒール、筒はタイトで今っぽさ充分。足もとにポイントがあるので、シャツワンピはベーシックなものを。柄の見える分量をスリットを利用して加減します」。ブーツ/スロウ バイ スライ シャツワンピース/ノーク バッグ/メゾン マルジェラ

スタイリストの私服ロングブーツコーデを詳しく見る

A.ブーツとニットの色をこげ茶でリンクさせた異素材ワントーン(門馬さん)

_

「ロングブーツは濃い色で探す人が多いと思いますが、私のイチ押しはダークブラウン。今年の旬カラーなのでワントーンや同系色コーデにまとめやすいし、黒よりもやっぱりやさしげ。柔らかな素材のワンピースを、ブーツとカーディガン、上下からダークブラウンで引き締め、赤茶のバッグをなじませつつさし色に」。靴/ダイアナ カーディガン¥16000・ワンピース¥23000/スピック&スパン ルミネ有楽町店 バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ)

スタイリストの私服ロングブーツコーデを詳しく見る

A.筒幅の広いブーツで軽い素材のワンピを冬らしくシフト(吉村さん)

_

「ネブローニのブーツはピタッとしない筒幅が新鮮で、ワンピに重ねても存在感あり。シフォン素材の一見涼しそうなワンピは、合わせ方次第でシーズンレスに着られます。冬はこうしてブーツで重さを加えて季節感を。ブーツのシルエットを透けさせるのがポイント。ボトムを重ねるのと同じくらい防寒できて、見た目はシャープに仕上がります」。ブーツ/ネブローニ ニット/ドゥーズィエム クラス ワンピース/アダム エ ロペ バッグ/メアリ オル ターナ 

スタイリストの私服ロングブーツコーデを詳しく見る

《パンツは重さ、スカートは丈感がカギ》
Q.ショートブーツとパンツ&スカートどう履き分けてる?

門馬さん

_

スカート>>足首タイトなブーツでスカートとすき間なくつなぐ

_

パンツ>>きれいめロングパンツには白ショートで抜け感がマスト

「ショートブーツは、足首の細さを強調できるタイトな、ヒールつきが好き。センタープレスのきれいめパンツに、パンプス代わりに合わせると今っぽさが倍増します。スカートの場合は、タック入りのフレアロングスカートをブーツにかぶせ、冬になると増すクラシック気分を満喫」。〈PANTS〉靴/ロランス パンツ/ザ シンゾーン ニット/ユニクロ ストール¥62000/シップス 有楽町店(ジョンストンズ) バッグ¥55000/エスケーパーズオンライン(モダン ウィービング) 〈SKIRT〉靴/ダイアナ スカート/シップス エニィ ニット/セオリー コート¥34000/アンクレイヴ バッグ¥42000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)

スタイリストの私服ショートブーツコーデを詳しく見る

石田さん

_

スカート>>コンバットブーツでスカートコーデをハンサムに昇華

_

パンツ>>とろみパンツをかぶせブーツの厚いソールに視線を集中させて

「厚底でフロントジップ、存在感たっぷりのコンバットブーツに夢中! 合わせ方、見せ方に変化をつけてパンツにもスカートにも。パンツスタイルはきれいめにまとめ、下半身は黒でつないですっきりと。ブーツをすべて見せないのが、メンズっぽさを抑えるコツ。逆にスカートのときは、スカートとのすき間で抜け感を出し、フレアな裾の甘さと、対照的な雰囲気を楽しみます」。〈PANTS〉ブーツ・パンツ/ザ・ロウ ジャケット/ヴィンテージのマックスマーラ トップス/アクネ バッグ/スマイソン 〈SKIRT〉ブーツ/ザ・ロウ スカート・トップス/アンクレイヴ コート/ヴィンテージのセリーヌ バッグ/ロエベ

スタイリストの私服ショートブーツコーデを詳しく見る

吉村さん

_

スカート>>甘めマキシスカートを端正なサイドゴアでマニッシュ仕上げ

_

パンツ>>カットオフの前後差丈デニムでブーツを軽やかにトリミング

「細身でヒールのあるフェミニンなタイプと、サイドゴアでフラットなマニッシュタイプとを使い分けています。フェミニンブーツにはカジュアルな切りっぱなしのブルーデニム、マニッシュブーツにはドット柄のマキシスカートと、相反するテイストを合わせます。ブーツ+ボトムがすらっと見えるよう、ウエストインなどで腰位置は高めに」。〈PANTS〉靴/エストネーション デニム/ファイブアンドハーフ カーディガン/アンスクリア ロンT/オーラリー ストール/ジョンストンズ 〈SKIRT〉靴/チャーチ スカート/マドモアゼルパリ コート/J&M デヴィッドソン スウェット/スリードッツ バッグ/レフィエ 

スタイリストの私服ショートブーツコーデを詳しく見る

3.着太りしない着こなし満載【ニット編】

冬のスタメンだからこそ着膨れやマンネリを脱してただの“無難”に終わらない真の着こなし上手になりたい!

《いつも細パンツと合わせちゃう…》
Q.ゆるニットの着やせコーデは?

A.色の濃淡と配置を吟味すればルーズ×ルーズでもほっそり仕上がる(吉村さん)

_

「今季デビューしたブランドで、着やすい黒のゆるニットをチョイス。長いボトムとルーズなもの同士のバランスを楽しみたい気分。ニットは黒、スカートは黒×オフ白の柄、ブーツはオフ白……と、ゆるい部分ほど濃い色を選び、相対的に細く見せる錯視効果を。黒から白への切り替えも、柄を挟むことでパキッとしすぎません」。ニット/マルモア スカート/RHC ロンハーマン ジージャン/ウィム ガゼット バッグ/デメリエー ブーツ/ロランス

_

《POINT》
ひじ下までくしゅっとたくし上げて細い部分を見せる

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

A.とびきりビッグな最愛ニットを黒タイト+ブーツで縦長に(石田さん)

_

「7年前に購入した、フィービー・フイロ時代のセリーヌを代表するチャンキーニット。いつまでも印象が古びないので“寝かせる”ことなく毎冬着ます。去年はワイドパンツと合わせていたけれど、今年はタイトなロングスカートで細長く仕上げたい。身幅も袖もたっぷりとしたニットなので、ブラウジングしたりロールアップしたりせず、シルエットを堪能」。ニット/セリーヌ スカート/ザ・ロウ バッグ/ロエベ 靴/ステラマッカートニー

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

A.メンズのMサイズニットを揺れ&つやスカートで軽やかに(門馬さん)

_

「ユニクロのメンズのニットはMサイズ。肩まわりやアームはほどよくゆるく、裾のリブをスカートにかぶせてもピタピタせず、スッと縦に落ちてくれます。アイボリー色のスカートとの間にワンクッション挟んだニュアンス違いの白Tや、ヒョウ柄のミニバッグで“ワンツー”に洒落感を」。ニット/ユニクロ スカート¥9500/シップス エニィ 渋谷店 バッグ¥23000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥25000/銀座ワシントン銀座本店

_

《POINT》
絶妙な色差の白Tをスカートに重ねてさりげない奥行き感を

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

《普通に着ると「なんか地味…」》
Q.タートルネックの選び方&着方は?

A.折り返さないゆるタートルにカラーボトムを合わせて(門馬さん)

_

「首もともシルエットもゆるっとしたタートルは、顔まわりをフレーミングしすぎず抜け感をキープできます。タートルで着太りを避けたい人におすすめしたい! ベージュなど、肌とコントラストが強くならない色も効果的。濃いめのベージュに濃いピンク、きれい色を合わせるときは、トーンの似通った色同士を選ぶと失敗なく」。ニット/ロベルトコリーナ ピアス/マリア ブラック パンツ¥9000/シップス エニィ 渋谷店

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

A.黒タートルは私の定番。白を使ったスカーフで表情も明るく(吉村さん)

_

「黒タートルはワードローブの定番的アイテム。一枚でも、キャミワンピなどの中に着ても、なにかと便利。一枚で着るときは小物使いで盛り上げます。ボトムから黒でつなぎ、タートルは低めに折り返し。中にスカーフを小さく巻いてのぞかせれば、目線が上がってスラッと、顔まわりがぐっと華やかに」。ニット/スローン スカーフ/エルメス 時計/カルティエ チェーンブレスレット/ハム デニム/ファイブアンドハーフ

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

A.ピタ×ゆるのメリハリが効いたデザインタートルで変化を(石田さん)

_

「実はタートルが苦手な私。首もとの暖かさや今年らしさという点で挑戦したくて、選んだのはポンチョのようなゆるい身幅で、首もとと袖だけがスリムな一枚。締め色のハイゲージだから、もこもこ見えず、カジュアルに転ばないところも気に入りました! 丸顔をカバーしたいので、大きめのアクセサリーを合わせて視線を散らす効果を」。ニット/ハッシュニュアンス パンツ/アクテ ピアス/マリア ブラック バッグ/ロエベ 

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

《気分の上がる色を求める声多数》
Q.きれい色ニット失敗しない選択は?

A.黒髪と相性のいいこっくり色は細見えのブラックコーデにも最適(吉村さん)

_

「撮影ではくすみ色やパステルの提案も好きですが、自分が着るならこっくりと発色のいい色。黒髪が重く見えず、ちょうどいいんです。最近投入したのはモヘアのパープル。色も質感も女性らしさがあるところがお気に入り。色に加え、袖がパフッとふくらんでデザイン性も充分。一枚で華やかなので、ブラックデニムで潔くシンプルに」。ニット/エストネーション デニム/ファイブアンドハーフ バッグ/バレンシアガ 靴/マノロ ブラニク

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

A.肌に合う黄みのあるブルーをデニムとワントーンですっきりと(門馬さん)

_

「明るい“浮かれ色”はもともと好きで、特に好きな暖色を顔まわりに、寒色はボトムに使うことが多かった私。でも今季出会ったこのブルーが可愛くて! 肌の色にも合うので、思い切って挑戦しました。デニムでラフなムードに」。ニット/アーチザ パンツ/ハイク スカーフ/マニプリ ネックレス/マリハ ピアス/マリア ブラック バッグ¥70000/シンゾーン ルミネ有楽町店(リトルリフナー) 靴¥32000/ザ・グランドインク(ロランス)

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

A.体につかず離れずなゆるリブで淡いラベンダーがぐっと身近に(石田さん)

_

「ラベンダーとピンクの中間のような、今年らしい曖昧な発色に惹かれた、ユニクロ ユーのニット。膨張色なのでサイズを吟味し、リブがピタッとしないXLサイズに。きれい色は大きすぎない面積できかせるのが好きなので、ダークネイビーのジャンパースカートを重ねました。ラベンダーとダークネイビー、ニュアンスある色同士の組み合わせも今の気分」。ニット/ユニクロ ユー ジャンパースカート/アンスクリア ブーツ/ファビオ ルスコーニ 

スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る

4.今だからこそのコーデは必見【ニューノーマル編】

今シーズンを語るうえではずせないのが新しい日常やそれに合わせたもの選び。おしゃれぷろも例外ではなく…。

《必需品で気分を上げるなら》
Q.「マスクのおしゃれ」プロの選択が知りたい

A.なじんで使いやすいベージュのマスクコードを使い始めました(吉村さん)

_

「コードのベージュの色みが自然で、ニュアンスベージュのマスクとも服ともなじむのが選んだ理由。仕事上、マスクはロゴなど主張するものをつけづらいので、さりげなく、便利な新アイテムに自分らしさを投影して。“ミュラー”のマスクコードは、過去のコレクションの材料から再利用されて作られたもの。そんな生産背景にも共感」。マスクコード/ミュラーオブヨシオクボ マスク/エニー ロンT/オーラリー チェーンブレス/ハム

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.顔まわりがシンプルなときにはマスクのテープをアクセ感覚で(門馬さん)

_

「耳の後ろで結んだテープの先端が、長くたれる布マスクを、シンプルなニットワンピのポイントに。普段は白い不織布マスクを選びがちですが、デザインが控えめでカジュアルな服なら、少し存在感のあるマスクを合わせても素敵。30代におすすめなのはシックさと華やかさのバランスがとれているもの。サラッとした生地感のベージュは、顔にも服にもなじみやすいと思います」。マスク/プラージュ ワンピース¥29000/ティッカ

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.シルク素材の花柄マスクは肌当たりのやさしさもうれしい(石田さん)

_

「初夏ごろにオンラインで購入した、花柄のマスク。フランスのシルクランジェリーブランド“バサラ”のもので、肌ざわりやつけ心地のよさはさすがのひと言。マスク自体に光沢もあり華やかなので、シンプルなブラックのニットに合わせました。手抜き感が出ないよう、中に白Tを仕込み、きゃしゃなゴールドのネックレスをプラスして」。マスク/バサラ ニット/ジェームスシャルロット Tシャツ/ヘインズ ネックレス/ココシュニック

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

《働く30代女子も味方につけたいアクティブ靴》
Q.スニーカーの脱カジュアルテクニックは?

A.根っからのフェミニン派は、ハイテクをきれいめ素材×落ち着きトーンで(門馬さん)

_

「スニーカーは大得意! と言い切れないからこそ、選ぶ基準は明確に、白か黒が入っていて、3色くらいまでで構成されたものしか選びません。合わせる服もラフさを避けるよう徹底して、ハイゲージニットに光沢スカート。スニーカーに使われている黒とグレーで統一し、シルエットも縦長に」。靴/カルフ スカート/イエナ バッグ/インポート ネックレス/マリハ ニット¥15000/アンクレイヴ

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.スニーカーもコーデもオールブラック。肌見せで抜け感を(石田さん)

_

「カジュアルになりすぎるのは苦手だけど、デニムやマニッシュなものが好き。そのバランスをとった結果、スニーカーの登場頻度は低いほう。モードっぽく持っていくのが自分らしいのでオールブラックで、肌を見せて重さを抜きました。スニーカーは履き心地のいいホカオネオネの定番モデル“ボンダイ”」。スニーカー/ホカオネオネTM カーディガン・バッグ/ロエベ ワンピース/ジルサンダー 

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.白×ベージュできれいめな厚底ハイテクと明るいイエローでコート合わせも軽やかに(吉村さん)

_

「“ヴェジャ”は2足目。ボリュームのある厚底ハイテクが目新しく、一昨年から愛用してきたシンプルなローテクタイプから履き替えることに。これを履くだけで、グレー×黒のコーデが新鮮に映りますが、ぱきっと明るいイエローでさらにフレッシュに」。スニーカー/ヴェジャ コート/エイトン ニット/アクネ ストゥディオス スカート/エーピー ストゥディオ バッグ/セリーヌ メガネ/アイヴァン

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

《日常をハッピーに! ご近所シーンでもおしゃれを楽しみたい》
Q.頑張りすぎない「ワンマイルコーデ」見せて!

A.デザインと暖かさを兼ね備えたカーディガンを主役に(石田さん)

_

「お気に入りのカーディガンが一枚あれば、いつものロンT×デニムのおうちスタイルに重ねるだけでOK。目が詰まったカシミヤ混で暖かく、フワッと立体的な袖がポイントのカーデは、主張しすぎずルーズな印象もない。ラフに着てもちょうどいいんです」。カーディガン/ケイト ロンT/ユニクロ デニムパンツ/ラングラー ストール/トゥモローランド バッグ/マルコ マージ 靴/ポルセリ

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.気分もなごむニットパンツでラクして映えるレイヤード(吉村さん)

_

「ニットパンツは、腰からお尻まわりをカバーするトップスとのコンビが、ワンマイルにぴったり。メンズ風の大きめなスウェットと白でつないで、腰丈のコンパクトなジャケットにブラウンを選び、目線をUP。冬らしい風合いで、見た目のぬくもりも意識」。ジャケット/ウエストオーバーオールズ スウェット/マルモア ニットパンツ/ドゥーズィエム クラス バッグ/テンベア 靴/マノロ ブラニク

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.明るいコートに、小物で色を足してラフなアイテム同士も楽しく(門馬さん)

_

「フーディやコンバース、キャンバストートなど、カジュアルなアイテムをフル活用したいシーン。暗い色尽くしで地味にせず、あくまで彩りよく! 最近、念願の引っ越しをして、休日は新しい近所を歩くだけでも楽しい」。パーカ/オーラリー 靴/コンバース コート¥45000/スピック&スパン ルミネ有楽町店 スカート¥23000/ティッカ バッグ¥12000/シップス 有楽町店(テンベア)

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

《好感度と着映えのバランスは?》
Q.おうちでテレカン。何を着る?

A.部屋着の上からバサッとゆるジャケット(石田さん)

_

「家で普段使いしている白Tは、画面越しならレフ板効果あり。ゆるいジャケットを羽織るだけで、“即席きちんとコーデ”! 今年らしいサイズ感のジャケットと、顔まわりと手もとに盛ったアクセサリーで、手早く信頼感を演出」。ジャケット/ノーク バイ ザ ライン ロンT/ユニクロ ユー 時計/ヴィンテージのロレックス

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.モノトーンと細かいドット柄でほんのり華やか(吉村さん)

_

「派手すぎず落ち着いた印象を与えたい、でも地味見えも避けたいのがバイラ世代。ドットブラウスなら、そんな願望をクリアして自分らしく華やかに。形があらかじめ整ったボウタイつきだから、着くずれが気にならないのもうれしい」。ブラウス/J&M デヴィッドソン デニム/ファイブアンドハーフ 時計/カルティエ

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

A.「デザイン性のある白」にリップをきかせる(門馬さん)

_

「色はまず、顔が明るく見える白! 襟つきのシャツより、ただ着るだけでも絵になるブラウスが便利。ハリ感素材で、ギャザーやボリューム袖など、映る部分にデザインがあるのがポイント。リップに色をきかせれば、アクセはイヤカフだけでも地味見えの心配もナシ」。シャツ/シップス エニィ イヤカフ/インポート

スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る

撮影/中田陽子〈MAETTICO〉 ヘア&メイク/TOMIE〈nude.〉(吉村さん)、沼田真実〈ilumini.〉(石田さん、門馬さん) 構成・原文/三橋夏葉〈BAILA〉 ※プライス、クレジットのないものは私物です ※BAILA2021年1月号掲載

関連記事
  •   毎回大反響の麻琴さんコラボが、久々に"フレンチベーシック服"へ回帰!これまでどおり体のきれい見えや着心地、お手入れのラクさは保ちながら、大人にちょうどいい可愛げをくれる5アイテムが完成しました。 【福田麻琴さんコラボ】12closet 前後2 WAY花柄ワンピース「洗える」 (各)¥17160 2つの着丈が選べるモノトーンの花柄ワンピース その他/スタイリスト私物 コードを配したVネックと、クルーネック、どちらを前に着ても絵になるティアードの2 WAYワンピース。ほどよい大きさの花柄は、エスニック調のパターンを用いた黒×オフホワイトのモノトーン。シックな華やぎの中に可愛げが香る一枚になっています。通年で着用できる薄軽なポリエステル生地なので、デニムやレギンスを合わせたり、秋冬はタートルニットを仕込んでも!着丈118㎝のレギュラー丈と、10㎝長いロング丈の2 サイズ展開。 前後を逆に着ると、首元がクルーネックになってクラシカルさが増します。同じワンピースとは思えないほど雰囲気がガラリと一新。着用しているロング丈は、身長167㎝でふくらはぎが隠れる長さです。 クルーネックを前にして着ると、上品な背中あきに。インナーが見えない絶妙な深さがうれしい! ちょっとした動作で可憐な揺れ感が生まれる、スリット入りのフレア袖。 前後2 WAY花柄ワンピース 【福田麻琴さんコラボ】12closet 衿取り外しOK!コットンニット「洗える」 (各)¥13200 “きちんと可愛い”レース衿が首元からちらり。平常心で最旬が満喫できる2WAYニット サイドスリット入りジャージーパンツ¥13750/LEEマルシェ(12closet) その他/スタイリスト私物 日常がちょっと特別になる。そんな可愛げをくれる、レースの立ち衿を飾ったクルーネックニット。スウェットライクな生地は、ほどよく肉厚で伸縮性に優れたコットン混。コンパクトなシルエットながらまったく窮屈さを感じず、すっきりとした着姿を演出します。 レース衿を外すとたちまちベーシックさが増し、カジュアルからきれいめまで幅広いコーデにフィット! 主役も名脇役も軽快にこなします。グレーとブラックの全2 色展開。 衿取り外しOK!コットンニット 【福田麻琴さんコラボ】12closet シャンブレーフリルシャツ「洗える」 ¥15400 甘辛バランスにとことんこだわった誰でもさらりと着こなせるフリルシャツ サイドスリット入りジャージーパンツ¥13750/LEEマルシェ(12closet) その他/スタイリスト私物 可愛らしいディテールの代表格ともいえるフリルを、爽やかなシャンブレー生地のバンドカラーシャツでカジュアルにシフト。フリル自体もボリュームを抑え、ラフな切りっぱなしにすることで気さくなムードを高めました。ゆとりがあるけれど大きすぎないサイズ感で、サイドスリットを配した裾には前後差をつけ、後ろはお尻がしっかり隠れる長さ設定。一枚でさらっと着るだけで、洒落た着映えも体型カバーも実現してくれる優れもの! バックヨーク部分にギャザーをたっぷり入れ、後ろ姿にも存在感を。ドレープの縦ラインはすっきり見え効果も。 シャンブレーフリルシャツ 【福田麻琴さんコラボ】12closet 切り替えボーダーチュニック「洗える」(各))¥11550 ボーダートップスを今どきシルエットで更新! サイドスリット入りジャージーパンツ¥13750/LEEマルシェ(12closet) その他/スタイリスト私物 すっきりとした顔まわりと、しっかりとしたコットン生地によるAラインの対比が印象的な、パネルボーダーのチュニックカットソー。その立体感はサイドから見ても美しく、これまでのボーダーとは一線を画す着映えを約束します。気になるおなかやお尻、太もものつけ根下あたりまでボリュームを丸ごとカバーしてくれるチュニック丈でいて、どんな太さのパンツともバランス良好。 ホワイト×ブルー、ブラック×アイボリーの全2 色展開。 切り替えボーダーチュニック 【福田麻琴さんコラボ】12closet サイドスリット入りジャージーパンツ「洗える」 (各)¥13750  (サイズ:36、38、40) 好評だった2020年11月号のフロントスリットパンツを春バージョンが春バージョンに進化! 軽量かつ柔らかな肌触りと、着用ストレスを感じさせない伸縮性。さらに接触冷感、UVカット機能も備えたジャージー素材のストレートパンツです。ウエストは安定感がありラクちんな平ゴム入り。センターシームが縦ラインをきわだたせ、サイドスリットで足元にさりげない抜け感をプラス。快適さと今どきな美脚効果を両立させました。両わきにポケット、後ろにヒップ位置が高く見える飾りポケット付き。 ブラックとピンクベージュの全2 色展開(ブラックは上記ボーダーチュニックと合わせた写真をご覧ください)。 サイドスリット入りジャージーパンツ 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT)(物) ヘア&メイク/TOMIE(nude. ) スタイリスト/福田麻琴 モデル/福田メイコ 取材・文/鈴木絵美
  • 鮮度の高いデザインでも、着回し力が高いのはシャツならではのメリット! おしゃれの幅が広がります。VOLUME SLEEVE SHIRT/ボリューム袖シャツ × PANTS サテンのカーゴパンツが 女っぽいカジュアルに貢献ベージュの細ストライプ&タイつきデザインで、ボリューム袖シャツもメリハリよく。カーゴパンツはツヤ感素材を選ぶと、カジュアルだけど女っぽい理想のバランスが実現。チェーンバッグでリッチな華やかさをプラスして。 シャツ¥33,000/エブールギンザシックス(ebure) パンツ¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) バッグ¥155,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ) イヤカフ¥30,000/ストローラーPR(リューク) バングル¥4,500/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) × SKIRT ジャージー風タイトで 今どきのきれいめスタイルデザイン性の高いボリューム袖シャツなら、タイトスカート合わせも真面目にならず、映え感十分。スカートは地厚なジャージー風素材で、ピタッとキレのいいシルエット。 シャツ/上と同じ スカート¥15,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) バッグ¥132,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥29,000/エストネーション(ヘンリ エン ヴァーゴ フォー エストネーション) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バングル¥22,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)【Marisol3月号2021年掲載】撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/阪井まどか 取材・文/三尋木奈保
  • マスク必須の日々が続き、なんとなく去年のアイカラーや定番ブラウンを使い続けてしまっている人、案外多いのではないでしょうか。でも季節は着実に春へ。目もとを明るく一新して、気分を変えませんか? 今回は、美容愛好家・野毛と美容ライター・北林が、2021年春新色から、目もとの印象を軽やかに彩る4つのアイシャドウパレットをご紹介します!春夏の目もとに必須! ライトニュアンスのフェミニンな4色「ラデュレは色やケース、紙袋に至るまで、すべてが可愛くて大好きなのですが、このアイシャドウには心底感動。細長くて持ち運びやすいパッケージに、シアーとマット、両方の質感が楽しめる上質発色のカラーが4色も入った充実のセット。付属のツールもチップ&ブラシのダブルエンドで便利です」(野毛) アイカラー コレクション 06 ¥5,830/レ・メルヴェイユーズ ラデュレレ・メルヴェイユーズ ラデュレの公式サイトはこちら目を大きく見せるという実用性も兼ね備えたトレンドカラー3色セット「トレンド感がありとってもおしゃれ。プチプラにして大人が使えるアイテムも豊富なケイトは、私にとって『気軽に買える”ハイブランド品質”コスメ』。強すぎるパールはヨレやシワを悪目立ちさせてしまいますが、この上品パールは、大人まぶたにもしっくり馴染みます。下まぶたにも使って明るさを出すと、マスクメイクが印象的になりますよ」(野毛)ケイト パーツリサイズシャドウ RD-1 ¥1,320 (編集部調べ)/カネボウ化粧品カネボウ ケイトの公式サイトはこちら春の日差しに映える繊細なきらめき! フレッシュな”美人”ホワイト「2色のホワイトが、フレッシュでピュアな印象の目もとを簡単につくってくれるパレット。右上はローズパールが入っていて、少し華やかな印象に仕上がり、左下はプラチナのようなクール感を演出してくれます。左上のメタリックなピンク、右下のバーガンディもやわらかな発色で、どの色もきらめき感がとてもキレイ。これだけで春メイクがラクに決まります」(北林)レ キャトル オンブル 374 ¥7,590/シャネル(※数量限定色)シャネルの公式サイトはこちらブラウンベースの”安心感”にトレンド感を絶妙に取り入れた春色4色「ピンク、オレンジ、イエロー+締め色の赤みブラウン。春に使いたくなるカラー勢揃いの、とっても使いやすいパレット。どのカラーもわりにしっかりめに発色しますが、ぼかし具合で、いろんなニュアンスに調整することが可能。大人のまぶたにもしっかりなじみながら、さりげなく今年っぽい新鮮な輝きを放つメイクに仕上がります」(北林) ルナソル アイカラーレーション 11 ¥6,820/カネボウ化粧品 ルナソルの公式サイトはこちら美容愛好家 野毛まゆり美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。美容ライター 北林道子美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
  • ピエールアルディのスニーカーがエクラプレミアムに初登場! 春の幕開けに備えて、ミニマリストの心をつかむタイムレスなデザインのシューズを取り入れれば、おしゃれの格上げ間違いなし。PIERRE HARDY SLIDER※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますブランドを象徴するミニマルデザインピエール アルディの名作レザーシューズ「スライダー」は、シューレースなしのスリッポンタイプ。簡単に脱着可能な仕様と、ゴム素材ならではの適度なフィット感が快適な履き心地を実現。シャープなシルエットに厚めのソールがつくり出す適度なボリューム感あるフォルムは、春のおしゃれに欠かせない!PIERRE HARDY SLIDER ¥68,200(税込)>>村山佳世子×CINOH リネンブラウス ¥35,200(税込)>>ホワイトのほかブラックも。ブルゾン¥53,900/ebure GINZA SIX店(エブール) パンツ¥ 53,900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥ 15,400/ザ ストア バイシー 代官山店(マリアブラック)PIERRE HARDY TREK COMET※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますアイコニックなソールに注目!ピエールアルディのアイコンであるキューブの柄を3つ配したソールが特徴の「トレックコメット」スニーカー。後ろのパテントレザーが効いたモードな遊び心あるブラックと、春らしい配色が若々しいオフホワイト×オレンジの、どちらも欲しくなる魅力的な2色展開。PIERRE HARDY TREK COMET(ブラック) ¥84,700(税込)>>PIERRE HARDY TREK COMET(オフホワイト×オレンジ) ¥79,200(税込)>> こちらの記事もおすすめ>>撮影/生田昌士(hannah) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子
  • お仕事靴におすすめなのは?【MOREが選ぶ春の靴&バッグアワード】のぼり坂OLのための。春の靴&バッグアワードみんなが太鼓判を押す、リアルな旬アイテムを選出! 読者・MOREインフルエンサーズ100人、スタイリスト、ファッションブランドプレス、モアスタッフに「この春欲しいもの、気になるトレンド」を一斉調査。新しい季節をぐんと楽しく、もっとおしゃれに始めるための本命アイテムがここに!【見慣れたオフィス服にきく!お仕事靴部門】春にときめくきれい色編と、ほどよい辛さをくれるパイソン柄編、それぞれトップ3を発表します☆きれい色お仕事靴部門、トップ3を発表!1位 『ロックポート』トータルモーション一度はいたらやみつきになる最上級のはき心地。上品なピンクも素敵(編集・渡部)インソールに反発弾性素材を使用し、歩行時の屈曲性や安定感にもこだわった大人気シリーズ。つやめくパテント素材で華やかさもキープ。くすんだピンクが大人仕様。歩きやすさと今どき感を両立スクエアトウやブロックヒールなど旬ディテールも満載。靴(4・4月中旬展開予定)¥17000/ロックポート ジャパン(ロックポート) コート¥24800/LIFE's 代官山店(TODAYFUL) トップス¥22000/スローン パンツ¥13000/AKTE バッグ¥44000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) カチューシャ¥800・イヤリング¥1000/お世話や(OSEWAYA) 時計¥40000/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー)2位 『銀座かねまつ』スクエアトウパンプス歩きやすくて横顔もきれい。パンプス選びに悩んだ時はいつも頼ってしまいます(No.17 しんしんさん)防水加工ずみで汚れにくくグリップ力のあるオリジナルソールを使用。なじみ力のあるスモーキーブルーはどんな着こなしにもマッチ。(6)¥19000/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)3位 『GU』マシュマロパンプスプチプラなのに長時間ずっとはいていても疲れ知らず。色バリエが豊富なのもうれしい!(No.6 彩希さん)痛くなりがちな指のつけ根やかかとにクッションを配して、はき心地に配慮したパンプスは言わずと知れたベストセラー。スエード調の鮮やかなグリーンは、春感をひとさじ取り入れたいコーデにぴったり。(6)¥2490/GUパイソン柄お仕事靴部門、トップ3はこれ!1位 『デミルクス ビームス』キトゥンヒールパンプス甘い服と相性がいい低めのヒールややわらかな配色が大前提(25歳・事務)ポインテッドトウと長めのノーズがスマートな足もとを演出。コントラストが強すぎない、グレーベースのパイソン柄なら優しい雰囲気に。きれいなフォルムに惚れ惚れ。ほどよいクール感で美人見え白ワンピにジャケットを肩かけした端正なシンプルコーデに、ほどよいアクセントをプラスしてくれる。靴(4.5)¥21000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ジャケット¥17000/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) ワンピース(3月上旬発売)¥16300/ハッシュニュアンス バッグ¥15000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(マルコ ビアンキーニ) イヤリング¥2200/ロードス(オギー)2位 『ファビオ ルスコーニ』フラットパンプス気張っていないデザインがいつものお仕事服に絶妙なしゃれ感を与えてくれます(ライター・野崎久実子さん)バックストラップのぺたんこ靴なら、パイソン柄もどこか親しみやすいイメージに。デニムやゆるめのワンピなど、リラックス感たっぷりの着こなしと相性◎。(1)¥23000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ )3位 『タラントン by ダイアナ』セパレートパンプス6㎝ヒールでも安定感あり。パンツの裾からちらりとパイソン柄をのぞかせたい(No.13 あずあずさん)パイソン柄にちょっぴり抵抗がある人には部分使いが推し。オープントウのセパレートデザインなら足もとに軽やかさが生まれる。(6)¥20000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ)【関連記事】トレンドを押さえたバッグなら“メッシュ”と“トート”!【MOREが選ぶ春の靴&バッグアワード】【関連記事】PCバッグにお仕事リュック。ベストワンはどれだ!?【MOREが選ぶ春のバッグアワード】 【関連記事】【春の靴アワード】この靴なら歩きやすくて旬度最高! MOREが選ぶ春の靴大賞はこれ ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/アキタカオリ(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/逢沢りな(モア専属) 鈴木友菜 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野崎久実子 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 撮影協力/アワビーズ ●本文中( )内の数字は、編集部で計測した靴のヒールの高さで、単位は㎝です。※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • さらっとした涼しげ素材が魅力の春めくセットアップ。上下セットで着ると、テクなしでサマ見えする! 辛口小物でカジュアルにイメチェンするのが好き ラップ風スカートとジャケットのレディなセット。ラフなTシャツを仕込む&キャップとレースアップシューズでカジュアルにシフト。 ジャケット¥12700・スカート¥9500/リリー ブラウン Tシャツ(2枚セット)¥8400/トップウィンジャパンショールーム(ベルバシーン) 帽子¥3800/ニューエラ 時計¥9800/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ティッド ウォッチ) バッグ¥48000/08ブック(08サーカス) 靴¥11000/ラヤン(マリー・ルイーズ)(上)シャリ感のあるリネンブレンド。知的なネイビーが新鮮! ジャケット¥19000・スカート(サスペンダーつき)¥13000/アンクレイヴ (下)ウエストひもつきパンツだから、肩の力の抜けたカジュアル感を出しやすい。サラッとしたリネン混。 ジャケット¥15818・パンツ(ともに3月末発売)¥9081/バナナ・リパブリック ジレとハーフパンツで一歩先行くおしゃれ感 難易度高めだけれど、セットで着ればたちまちおしゃれ女子を気取れちゃうジレとパンツ。アイテム自体に個性があるから、合わせるカットソーはシンプルなものがベター。 ベスト¥13000・パンツ¥11000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) カットソー¥4900/メイデン・カンパニー (アップサイクル) イヤリング¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥2000/アメリカンホリック プレスルーム バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) 靴¥36000/インドル(W&M)モデル/渡邉理佐 撮影/小嶋洋平(モデル) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ボウタイの存在感と風をきる肩がけジャケットがデニムコーデを華やかに仕上げる※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますプライベートで可愛がっている10コ下の港区女子から相談にのって欲しいとLINEがきたので週末にお茶することに。ちょっとお姉さん風吹かせてアドバイスするには余裕を感じさせるボウタイブラウスの出番。ジャケットはちょいと肩にのせて、デニムパンツを合わせるだけで、カジュアルなのに大人のエレガンスを身に纏える。ブラウス¥14,000(商品コード:378642・エムセブンデイズ)ローファー¥37,000(商品コード:371762・ピッピシック)/SHOP Marisol ジャケット¥53,000/三喜商事(マレーラ) パンツ¥29,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥39,000/メアリ・オル・ターナブラウス/エムセブンデイズ【SHOP Marisol】▶ローファー/ピッピシック【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「デニム」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 今季は黒よりこなれて軽やかに見えるベージュに注目! おしゃれ上手な人たちも、この春はベージュに夢中です。今回はADORE、ル フィルのプレス・秋山さんとカオス ディレクターの櫛部さんのベージュコーデをご紹介。One piece《ワンピース》秋山直子さん(ADORE、ル フィル プレス)カジュアル素材のワンピースもグレージュなら柔らかいイメージ 「軽くてカジュアルなボンディングのワンピースを、今季は優しいグレージュトーンで女性らしく。張りがある素材なので、フードの存在感やシルエットがきれいなのがお気に入り。一枚でワンピースとして着るのはもちろん、サイドのジッパーを開けてレギンスやロングスカートとレイヤードしてもバランスがいいんです」。 ワンピース¥42,900・バッグ¥20,900(ともにADORE)・靴¥60,500(プロエンザスクーラー)/以上ADORE パンツ¥17,600/ル フィル【Before】Blouse《ブラウス》 櫛部美佐子さん(カオス ディレクター)リュクスなモカベージュでシルクブラウスを気負わず楽しむ 「シルク100%のブラウス&パンツは、マットな光沢とベージュの色みにこだわって。大人の肌にも映えてラグジュアリーに見えるトーンを考え、このグレイッシュなモカベージュを選びました。少し前までは個人的にもブラックが多かったけれど、今季はニュアンスカラーに惹かれます」。少しフレアなブラウスは定番人気のシルエット。同素材のスリットパンツも美脚に見えると評判。 ブラウス¥26,400・パンツ¥29,700/カオス表参道(カオス) その他/本人私物【Before】「ベージュ」記事一覧はこちら>>撮影/目黒智子(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 取材・原文/東原妙子 ※エクラ2021年4月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND