この冬はカラーアイテムが気になる♡【ZARA】

@BAILA

スーパーバイラーズの上原 愛 です!

この冬はカラーアイテムも沢山着ていきたいなと思いカラーアイテムを購入したのでコーデと一緒に紹介しようと思います^^

_

わたしが【ZARA】で購入したカラーアイテムは、

パステルピンクとパステルパープル

そしてパープルのシャツ♡

トップスをカラーアイテムにするだけで顔が明るくみえ、リモートワークも肌映えする事間違いなし!

_

BAILA 11月号 でも中村アンさんが着るピンクニットが素敵でした♡

今回は購入したピンクニットを使ってコーデを組んでみたので紹介したいと思います!

ピンクニットって人によっては、可愛いすぎてどう着たらいいかわからない…と思う方もいるのかなと思ったので小物を使ってカジュアルダウンさせて甘辛MIXコーデに!

_

小物は全てBLACKにしてレザーレギンスでかっこよく太めのフレームのメガネカジュアルダウン

ピンクニットはこちら

tops…ZARA

bottom…ZARA

bag…stellamccartney

glasses…Ace.

boots… gu 

大人ピンクニットコーデにしてみました!

他のカラーアイテムも使って後々instagramに載せていくのでみていただけたら嬉しいです♡

instagramはこちら
_

今季はアウターもカラーアイテムを買いました!また紹介させてください^^

最後まで読んでいただきありがとうございます♡

関連記事
  • BAILAエディターズがリレー形式でお気に入りをご紹介するコラム、第234回は「アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ」。スポーティでシックで、この春にぴったりの白スニーカーです!春トレンドを取り入れた着こなし&履いてみたレビューをお届け。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し1】春トレンドのブルー&グリーンに白を効かせて この春はブルーがトレンド。淡いブルーのニット×ミントグリーンのパンツできれい色コーデを楽しもうと思っています。きれい色同士のコーデは、シンプルなデザインのアイテムで彩度を揃えると、うまくいきます。そこに白のスニーカーとバッグを合わせると軽やかさ、抜け感、統一感が出るので、きれいな色が好きな人ほど、白の靴は使えます。私の場合、コーディネイトにはちょっとしたひねりや遊びを加えたいので、スニーカーのミッドソールのレオパ柄がお気に入り。半透明に仕込んであるのがちょうどいい存在感です。白スニーカーは多くあれど、このデザインで購入を決めました。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し2】引き続き人気のワントーンは足元まで白でつなぐのがポイント 白やエクリュのレイヤードスタイルはこの春もトレンド。ワントーンコーデは足元までつなげるとおしゃれ感が増すのと、スタイルアップして見えます。こちらはノースリーブのロングニットトップス、プリーツスカート、スニーカーを白で合わせて、ミリタリージャケットのカーキで引き締めました。テイストとしてはトップスとスカートが甘め&きれいめ、スニーカーとジャケットが辛め&カジュアルめというミックスコーディネイトです。コーディネイトの要素は、色だけではなく多面的に考えるとバランスがよくなると思います。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し3】モノトーンも注目トレンド。プリントTとスニーカーで大人カジュアル この春夏はプリントTシャツが人気の予感。大人に似合うものもたくさん出ています。また、モノトーンも人気の兆しです。ジャケットとパンツのお仕事コーデを今季らしくTシャツで味つけしつつ、モノトーンの場合も足元は白のほうが軽やかな印象でおすすめです。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノをレビュー!】 高機能でスポーティ、そしてスタイリッシュでタウンユースにぴったり。オールインのスニーカーの魅力をご紹介します! アッパーは上質なネオプレンファブリック。合わせやすく、歩きやすいサイズ感 「ネオプレンファブリック」とは、多用途に使える先進的な合成生地。クールな印象で汚れにくく、ちょっと近未来感も!今までスニーカーははキャンバスやレザーを愛用していましたが、なんといっても軽いのが魅力です。ナロースカート、フレアスカート、タイトなデニムからワイドパンツまで合わせやすいサイズ感で、とはいえ細すぎないので、履いてみると足指までぐっとのばせて快適です。私はNIKEなら確実に24.5cm、ニューバランス996なら24cmですが、こちらはは24.5cmをチョイス。アッパーは少し硬めにも感じるので、余裕をもってはけて、シューレースで調整するのがちょうどよかったです。 黒のレオパ柄のミッドソールはアディダスならではのBOOSTフォーム! 私は完全タウンユース用に買いましたが、ミッドソールには長距離のランやトレーニングに使っても性能が持続するというアディダスのBOOSTを搭載。クッション性と反発性を両立する機能とのことで、とても歩きやすいです。スニーカーの名品は、横顔が機能美の見せどころ。私のお気に入りのうっすらレオパもグッドデザインです。 かかとの内側にはクッションもついてます 内側にさりげなくクッションが。かかとのホールド感もあるし、靴擦れ知らずです(スニーカーでもたまに靴擦れしませんか…?) ベロの部分のロゴもスタイリッシュ! ロゴももちろんグッドデザイン。アディダス バイ ステラ マッカートニーはスタートした2004年から長年のファンで、ちょっとしたウォーキングやトレーニング用のウェアも持っています。SDG’sの先駆けのブランド、ステラ マッカートニーのコンセプトやデザインと、機能的で美しいスニーカーの代名詞であるアディダスとのコラボに、当時ハートをわしづかみにされました。今も、自分にとって大好きで特別なブランドです。 安定性の高いヒール部分。ラバーアウトソールの巻き上げはデザイン的にも可愛い! ヒールの半透明の部分は、高強度のワークアウトでも安定性を発揮するというTPU製(スマホのソフトタイプのカバーなどにも使われている材質)。ラバーアウトソールの巻き上げもあって、足に負担なく歩けます。ダイエットや健康維持の目的で通勤時には2駅歩いているのですが、歩きやすくておしゃれ心も叶えてくれるスニーカーに出会えてホクホク。これからまた春夏の着こなしを考えるのが楽しみです。(編集T)
  • 中村アンさんのファッション連載がスタート。初回は白を使った真冬の配色レッスン。グレー・ベージュと組み合わせて、カジュアル感が女っぽさを導く逆説的アプローチでお届け。 White × GRAY 【白とグレー】 洗練された中間色のモノトーン。黒の手前の奥ゆかしさがエレガンスを生む 白がシックになるグレー。デザインをレディに格上げ 無彩色のなかでも白×グレーの組み合わせは、白×黒よりコントラストが低いぶん、主張控えめで洗練された印象になれる。冬のおしゃれを盛り上げるブランケット風のフリンジスカートを主役にしたら、脇役ニットは黒ではなくグレーでなじませて、品格漂うシックな装いに。しかも、伝統的な紳士服でおなじみの配色だから、カジュアルでもきちんと見えるのもいい。トップス¥60000・スカート¥95000/ブラミンク 靴¥98000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) その他/スタイリスト私物 White × BEIGE 【白とベージュ】 やさしげなグラデーションは今季らしさピカイチ。大人のカジュアルを品よく仕上げる ボリュームのあるニットでマイルド配色にアクセントを 白からベージュにつながるやわらかな色のグラデーションは、ボリュームのメリハリを意識して脱・ぼんやり。太い編み目で存在感のあるバルキーニットなら、やさしさに加えてカッコよさも欲張れる。コート¥49000(ルージュ・ヴィフ)・パンツ¥23000(アッパーハイツ×ルージュ・ヴィフ)/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店 ニット¥49000/カオス表参道(カオス) バッグ¥537000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) ピアス¥69000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/中村アン 構成・原文/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 着膨れせず白ニットを着るには? ぱっと顔まわりを明るくし、冬にこそ着てみたい白ニット。ですが、気になるのはなんといっても着膨れ感!ここ数年のニットディテールは優秀なので、着膨れを恐れずに是非ともチャレンジしてほしいカラーです。今回は小顔と着痩せ効果も期待できる「Vネック」、旬のレイヤードな着こなしに一枚は欲しい「タートルネック」、飽きのこないベーシックな「クルーネック」を中心にハピプラおすすめの白ニットをご紹介します!着丈や素材の違いで印象もがらっと変わりますので、お好みの一着を見つけてください。 【パンツ編】白ニットの着こなしコーディネート 豊富なシルエットとカラーが揃う今シーズンのパンツとも白ニットは相性抜群。メリハリを効かせたり、パステルやくすみカラーに合わせるだけで一気に高感度がアップします。タックインしやすい着膨れしない白ニットが一枚あると便利です! UNITED ARROWS green label relaxing ▲ UNITED ARROWS green label relaxing/[ 手洗い可能 ] CB リブ Vネック プルオーバー ニット/¥7,200+税ベーシックさと、こなれ感を兼ね備えたニットプルオーバー。前後差のある着丈×サイドスリットが今年らしく、デコルテがきれいに見えるVネックは、全体をすっきりと見せてくれます。一枚着としてはもちろん、ジャケットや羽織りのインナーとしても重宝し、おうち洗いできるのも嬉しいところ。フィットし過ぎず、華奢に見えるようシルエットにもこだわった一押しニットです! 23区 ▲ 23区/【洗える】ビスコース ウール Vネック ニット/¥13,500+税コクーンシルエットで一枚でも立体的、リラックス感のあるVネックニット。密度と繊維の長さが均等なウールを使用することで、ふっくらと弾力性のあるきれいな表面感。ビスコースが入っているので滑らかで通気性も良く、発色も鮮やかです。幅広リブの重ね襟が女性らしく、今年らしくロンTなどとレイヤードしたスタイリングもおすすめ。 23区 ▲ 23区/【洗える】キャッシュフィールウール Vネック ニット/¥13,500+税たっぷりとした身頃と長めのレングスがリラックスムードを演出するVネックニット。計算されたVネックが程よくシャープで、すっきりな印象を与えてくれます。カジュアルデニムから、ロングスカートまで合わせるボトムスを問わないので、幅広い着こなしにマッチ。 23区 ▲ 23区/【洗える】ウールシルクスムース クルーネック ニット/¥19,000+税すとんとしなやかな落ち感が美しいクルーネックプルオーバー。程よい肉感とフォルムを意識した両面仕立てのスムース編みで仕上げ、23区らしい上品な大人スエットのような仕上がりになっています。シルクが入っている事により肌触りが良く着た時の体のラインを美しく見せ、全体の上品さを底上げ。一枚着でも素敵ですが、今シーズンはシャツなどとレイヤードしたリラックスムード漂う着こなしがおすすめです。 qualite ▲ qualite/クルーネックニットプルオーバー/¥12,000+税鮮度アップが狙える、淡カラーをのせたハイゲージニット。クルーネックがきちんと感と清潔感を与え、ゆとりのある肩まわりと身幅で今っぽいヌケも演出します。コートやダウンのインナーに入れれば、顔まわりも明るく肌のトーンアップも。ベーシックなのでどんな着こなしにもマッチし、通勤から休日まで大活躍します。 【スカート編】白ニットの着こなしコーディネート スカートとのバランスが取りにくく、どこかあか抜けない着こなしになってしまっていた方におすすめしたい白ニットとのコーデ。着膨れ感のないニットならタックインですっきり見えも叶い、脚長効果も期待できます。今年ならコンパクトな丈感を選んで、レイヤードもおすすめ。 GALLARDAGALANTE ▲ GALLARDAGALANTE/シアータートルニット/¥14,000+税デコルテとボディで異なる2パターンの編地が組み合わさったシアーニット。ボディにフィットするタイトシルエットですが、リブとデコルテ、袖の切り替えが細見え効果に。ワンピースやニットなどのインナーとしてはもちろん、表情があるニットなので1枚着でもサマになります。着丈は腰丈、袖は長めなので、くしゅくしゅと溜めて着るのが今っぽさを叶える秘訣です。 UNITED ARROWS ▲ UNITED ARROWS/UWSC サイドスリット クルーネック ニット†/¥15,000+税ゆったりとしたサイズ感とサイドスリットがポイントのクルーネックニット。軽くふっくらとした質感の糸を使用した、7ゲージの中肉の厚みでリラクシーな表情が魅力です。長めのシャツやロンTをインに合わせてレイヤードしたり、ディテールを活かしたスタイリングも楽しめます。 N. Natural Beauty Basic* ▲ N. Natural Beauty Basic*/リリーバスケットニット/¥9,400+税立体感のある編地が表情豊かなVネックニット。旬なニュアンスカラーとバスケット編みの凹凸感がアクセントになるデザインです。一枚着としてはもちろん、ジャケットや羽織りのインナーとしても重宝し、おうち洗いできるのも嬉しいところ。シンプルながらも着回し力も高く、今年は長めのシャツやロンTに重ねたレイヤードもおしゃれ。 HELIOPOLE ▲ HELIOPOLE/シアー クルーネックニット/¥15,000+税スタイリングを旬な表情に傾けてくれる透明感のあるシアーニット。繊細な18ゲージの編地とゆったりとしたシルエットでニュアンス感があり、スタイリングを旬な表情に引き締めてくれます。旬のレイヤードスタイルを楽しめ、オールシーズン着回せる秀逸アイテムです。 INED ▲ INED/ウールジャージタートルネックプルオーバー/¥21,000+税ウールを圧縮した布帛ライクなジャージ素材と毛100%のニットの異素材をドッキングさせた、一枚でサマになるタートルネックプルオーバー。後ろ身頃と袖口、タートル部分をニットで仕上げ、細かなディテールが目を引くデザインです。程よいAラインが女性らしく、裾は前上がりのヘムラインで360度美しいシルエットも魅力! おすすめの白のVネックニット アクセ映えも良く、小顔と着痩せ効果も期待できる「Vネック」は女らしさも高めてくれるデザイン。カシミヤなどの上質素材を選べば、シンプルさが逆にリュクス感を生み大人の品も格上げしてくれますよ。 UNITED ARROWS ▲ UNITED ARROWS/UBCS ラメノット Vネック ニット†/¥16,000+税柔らかなニットの風合いにキラキラと輝く淡いゴールド色のラメノットが華やかさを演出するVネックニット。タックイン、アウトもサマになる丈感で、ゆったりした袖も華奢見えを叶えてくれます。ネックラインも浅めなので小顔効果も期待でき、落ち着きのある印象と品の良さも加算。 ICB L ▲ ICB L/【洗える】Balmy Vネック ニット/¥10,000+税どんなスタイリングにも合わせやすい、程よい抜け感のあるややオーバーサイズのニット。クリーンなVネックカットが女らしいデコルテラインを演出し、さりげない袖口のラインがワンアクセント。HAPPYな気分になれるカラバリも多数揃い、一枚着はもちろんカットソーとのレイヤードもおすすめ。スリット入りの前後差のある着丈で、シンプルだけど旬な着こなしが叶います。 LAUTREAMONT ▲ LAUTREAMONT/【WEB別注】浅めVネックニット/¥12,000+税ウールの入っていないサラッとした素材を使っているVネックニット。特有のチクチク感が無く、しっかりと目を詰めることで程よい厚みを持たせています。裾の前後差やニュアンスのある浅めのVネックがデザインポイントに。INにカットソーなどを合わせたレイヤードはより今年らしい着こなしになります。 ICB ▲ ICB/【マガジン掲載】25th Vネックニット(番号CL27)/¥17,000+税「ICB生誕25周年」を記念したグラフィックデザイナー伊藤心さんデザインのアイコン入りVネックニット。特別アイコン×カラーがアクセントになり存在感があるので、シンプルなボトムと合わせたコーディネートがおすすめ。すっきり見えのVネックデザインで、カジュアルすぎずどことなくシャープさを感じるシルエットバランスもおしゃれ。今年しか手に入らない、特別なVネックニットです。 NOLLEY’S ▲ NOLLEY’S/片畦Vネックプルオーバーニット/¥11,000+税今年らしくゆったりとしたシルエットに仕立てたニットプルオーバー。コットンポリエステルの7G片畦編みで仕上げ、成型の編み柄がデザインポイントです。着膨れのない程よい厚みで、ロングスカートやゆったりパンツとあわせたスタイリングがおすすめ。春らしいカラバリが揃い、気分も引き上げてくれそう。 abahouse mavie ▲ abahouse mavie/ecru ふわストレッチVネックプルオーバー/¥6,500+税柔らかでもっちりとした質感が肌触り抜群のVネックニット。ふわっと軽くウール混なので暖かく、伸縮性もありストレスフリーな着心地です。デコルテが美しく見える、開きすぎないVネックで首回りもすっきり。一枚でヌケを生む、ドロップショルダーや前後差のある着丈で着回し力も抜群です。 おすすめの白のタートルニット 視線を上に引き上げ、ネックラインの高さで小顔効果も見込めるタートルネックニット。トレンドのレイヤードスタイルにもアクセントを効かせやすく、長めの袖デザインを選べばより華奢見えします。暖かさも女性らしさもアップするタートルネックは今年こそ欲しいシルエットです。 abahouse mavie ▲ abahouse mavie/ecru ふわストレッチタートルネックプルオーバー/¥7,000+税ウール混の暖かくもっちりとした肌触りのオフタートルニット。ふわっと軽く、伸縮性もあるのでストレスフリーな着心地です。ぴったりしないオフタートルと、ほどよいオーバーサイズ感でリラックスムードのある一枚。ヒップにかかる少し長めの着丈なのでタイトなボトムスにも、ボリュームボトムスにも合わせやすく着回し力抜群です! MACKINTOSH LONDON ▲ MACKINTOSH LONDON/ウールニットタートルネックセーター/¥31,000+税斜めの編み組織で、幾何学模様のタートルニット。襟の折り返しはネックラインに沿って、編地を詰め気味に仕上げています。19.5マイクロンSUPER80’Sの膨らみと弾力性が特徴の糸で商品のシルエットを保ちながらもエレガント。着膨れ感のないすっきり見えが実現し、ボトムスを選ばない対応力です。 AMACA ▲ AMACA/ウールリブタートルニット/¥18,000+税程よいストレッチ感のリブハイネックのプルオーバー。非常に柔らかいメリノウールを使用し、細い番手ながら非常に温かく滑らかな風合いです。袖口の小さな飾りボタンが上品で女らしいアクセント。薄手なので一枚着からジャケットや羽織りのインなどロングシーズン着回せます。 UNTITLED ▲ UNTITLED/ルミーナウールタートルネックプルオーバー/¥11,000+税カシミヤ混の軽さと風合いの柔らかさが特徴のタートルネックプルオーバー。身頃はゆったりしたサイズ感、着丈はヒップトップにかかる長さで、気になるヒップ周りもカバーしてくれます。裾のスリットは軽やかさを出し、ハーフインの着こなしにも便利。背中心には3本のリブ目が立ち、さりげないアクセントになっています。 NOLLEY’S ▲ NOLLEY’S/アイレット柄ハイネックプルオーバーニット/¥11,800+税ふっくらとした袖コンシャスなシルエットが今年らしいニットプルオーバー。ナチュラルなアイレットレースとフリルを飾ったハイネックが今年らしくレトロな表情。着こなしを引き立てる主役級のデザインで、シンプルなボトムと合わせるだけでも華やかなスタイリングが完成します。ワンピースやジャケットのインナーとしてもおすすめです。 Shinzone ▲ Shinzone/ハイネックリブ/¥8,800+税心地よいフィット感を生む、柔らかリブのスマートなタートルニット。細かなリブ編みがストレッチを効かせつつ、縦ラインも強調してくれるのですっきりとスマートな印象にキマります。着膨れ感もなく、薄手なのでジャケットなどのINにも最適。ヌケのある長めの袖はたくし上げてこなれ感もたっぷりに仕上がります。 おすすめの白のクルーネックニット 飽きのこないクルーネックニットは、今年流に仕上げるなら詰まり気味のネックライン、前後差のある着丈や前だけタックインもしやすい裾スリットデザインもおすすめ。コンパクトな着丈ならINに長めのブラウスやロンTをレイヤードしたり、お尻まで隠れる着丈なら小尻効果も発揮してくれますよ。 VICKY ▲ VICKY/《手洗い可能》袖パール×フリルリブニット/¥6,500+税パールとフリルの可愛さを、袖口にギュッと詰め込んだリブニット。程良く大きなパールとボリュームを抑えたフリルも絶妙な存在感を放ちます。配色使いもアクセントを効かせているので、ジャンパースカートなどのインナーにして袖口にポイントを持ってくるのもおすすめ。活躍の場の多い、シーズンレスな素材感でヘビロテ必至です。 MELROSE CLAIRE ▲ MELROSE CLAIRE/ウォッシャブルクルーネックニット/¥5,800+税ハイゲージの滑らかな肌触りが嬉しい心地よいシアーニット。クルーネックのプレーンなデザインがオンオフ使いやすく対応力抜群。今っぽさを取り入れつつ、プレーンで対応力ある1枚です。ウォッシャブル仕様なのでおうち洗いできるのも嬉しいポイントですね! Comptoir des cotonniers ▲ Comptoir des cotonniers/カシミヤ3Dクルーネックニット/¥24,000+税まるごと編み上げた縫い目のないデザインで、美しい立体的なシルエットを描く3Dニット。肌に馴染むようにフィットし、今までにない着心地の良さを実感できます。ふっくら袖からきゅっと締まった長めの袖リブも華やかさを生む着映えデザイン。なだらかなネックラインもヌケを生み、きちんと感と女性らしさのバランスも絶妙です。 LAUTREAMONT ▲ LAUTREAMONT/【WEB別注】後ろスリット入りクルーネックニット/¥12,000+税ウールの入っていないサラッとした素材を使用したクルーネックニット。ウール特有のチクチク感が無く、しっかりと目を詰めることで程よい厚みを持たせています。体のラインを拾いにくい上、風も通しにくいのでロングシーズン着回せ、そのシンプルさから様々なシーンで活躍。コンパクトな襟元やゆるめのサイズ感、後身頃のスリットなど今っぽさを詰め込んだ一枚です。 HELIOPOLE ▲ HELIOPOLE/ハイゲージクルーネックニット/¥14,000+税肌触りが良い綿100%素材を使用し、肌当たりの良さが自慢のクルーネックニット。長すぎず短すぎず、収まりのよい着丈が着こなしを選ばず、ジャケットや羽織りのINにも最適です。着膨れしない薄手のハイゲージなのでスウェット感覚で使え、ロングシーズン着回せます。飽きのこないデザインで長く愛用できるのも嬉しいですね。 INDIVI ▲ INDIVI/「L」クルーネックニットプルオーバー/¥14,500+税オーストラリア産スーパーファインウールとモンゴル産カシミヤをブレンドした良質でふんわりとしたタッチのプルオーバー。繊度が高く、繊維長が長い原料を使用しているので、ソフトでしっとりした風合いが心地よく、スポンディッシュな仕上がりです。一見ミニマルなリラックス感のあるアイテムでありながらも、前身に振れた脇ラインからのスリットなど、ディティールにこだわった一枚です。 HAPPY PLUS STOREトップへThe post 着膨れしない!今っぽい【白ニットコーディネート】のコツを伝授! first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド02 ウールシャツが冬の着こなしの変化球に今季、私的な注目アイテムはウールシャツ。 冬ってどうしても毎日毎日ニットを着てしまいますよね。しかも私の場合、ニットといえばほぼタートルばかりだから、印象が変わりにくくって……。 そんな時はウールシャツの出番。思った以上に暖かいし、シャツ襟とカフスのディテールが入ると、冬スタイルがピリッと締まるんです。以前はカジュアルなものが多かった印象だけど、最近は大人向けのきれいめタイプもよく見かけます。インに薄手タートルを重ねるのも好きな着方 「ウールのシャツって、コットンシャツにはない端正さや、マニッシュな色気があるのがいい。こちらは今っぽく着られるゆったりサイズなので、薄手のタートルニットを重ねてみました。シャツと同じライトベージュでそろえたのが、レイヤードが悪目立ちせずにさらっと決まるポイントかも。本当はここでデニムを合わせてみたい気持ちもあったけれど、私には男前すぎるので、ツヤ感スカートで女っぽさを足して、自分らしく落ち着く方向に」SHIRT:MUSE de Deuxième Classe KNIT:Drawer  SKIRT:Whim Gazette STOLE:A_SAUCE MÊLER  BAG:WANDLER  NECKLACE: MARIHA BRACELET:TIFFANY&Co. WATCH:Cartierおしゃれのときめきをもらえる甘辛なシャツドレス 「メンズライクなストライプのフランネルウールに、小さなフリルのついた立ち襟がなんとも可愛くて……。おしゃれなレストランへ出かける時に、いつものニットじゃなくてこんなシャツドレスを着ていけたらなぁ♡と妄想して買いましたが、結局この冬は、素敵なディナーの機会はあまりなさそうです……。でも、ふだんの仕事の日でも、たまにドレッシーな服を着るとやっぱり気持ちが華やぎますね。おしゃれをして、自分で自分の気分を上げていこう、って思えるようになったのが、この1年間の収穫です。着こなしの幅がかなり広がりました」SHIRT DRESS:ebure BAG:BOTTEGA VENETA  SHOES:Sergio Rossi EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET :TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.o.※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • この日、まるでキラキラと透き通るやわらかな風を連れてきたように、スタジオに現れた白石さん。少しでも近づきたくて聞いてみた、“まいやん”の美しさの理由とは!? Q 白肌をキープするためにいちばん気をつけていることは? A 理想は、ふんわりしっとりなマシュマロ肌。日焼け対策は“塗る”より“着る”!  比較的外に出るのが好きなので、なるべく日焼けをしないように心がけています。実は日焼け止めがそこまで得意じゃないので、どちらかというとはおりものや日傘、帽子をかぶって紫外線をガードすることが多いですね。 Q 朝晩のスキンケアルーティンは? A すごいズボラなので、いたってシンプルです(笑)  あまり特別なことはしていないけど、しっかり泡立てて洗顔したほうがいいって聞いて、数年前から実践しています。それで朝洗顔をして、化粧水、美容液、たまに乾燥がひどいときはオイルも投入して、最後にクリームを。朝はとにかくギリギリまで寝ていたいので、「あー!もう早くおうち出なきゃ」ってパパッとすませちゃうんですけどね。夜はクレンジングのあとに洗顔をして、たまにお水で肌を引き締めたりも。そのあとのケアは朝と基本的には同じですね。たまに時間があるときはシートマスクをしたり、美顔器を使ったりすることもあります。肌の汚れを取り除いてくれるものと、ちょっとピリピリと刺激を感じる引き上げタイプを必要に応じて使い分けています。 Q 肌トラブルが発生! そんなときはどうする? A ニキビができたり肌が荒れたときは、皮膚科に駆け込むのがいちばん!  Q スキンケアでいちばん大切にしていることは? A まずは保湿が第一!それから、寝落ちをしても起きてメイクを落とすこと!(笑)  乾燥肌なので、保湿が大事ですね。あと、どんなに遅くなったり疲れて帰って寝落ちをしちゃっても、罪悪感いっぱいになりながらなんとか途中で起きて(笑)、絶対にメイクを落とすようにしています。 Q まいやん顔になるためのポイントは? A 根元からぱっちりとカールされた、扇状に広がるまつげとサラッと肌 根元からぎゅんと折れないように自然にカールさせて、マスカラは黒じゃなくて茶色で。それからベースメイクはテレビに映ったときにもテカって見えないように、マット肌が基本なんです。そこに、あとからハイライトでツヤをポイントで足すのが好き。頰の高い部分とか、目頭にチョンチョンッて。 女優 白石麻衣 しらいし まい●1992年8月20日生まれ。A型。2011年、アイドルグループ〝乃木坂46〞のメンバーとなる。絶対的エースとして活躍しながらドラマや映画などにも出演し、女優として活躍の場を広げる。そして2020年10月、約9年間の活動を経てグループを卒業。今後新たなフィールドでの活躍が期待される。 ニットドレス¥42000・パンツ¥26000/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥10000・リング¥4000/ソムニウム その他/スタイリスト私物 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/笠原百合 取材・原文/森山和子 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 量感のある冬のスタイルはとにかく全身のシルエットに着目。「遠目から、大ざっぱに」が合言葉。あの流行も、あのボリュームも、長方形シルエットで考えれば身長150cmの小柄さんも楽しく着られる!自身も小柄なライター・宮崎桃代さんがご紹介。エディター 宮崎桃代エディター 宮崎桃代小さいころから「前へならえ」の先頭が定位置。ストロベリーサイズでは満足できず、着こなせる服、着こなし方を模索中。日々のモットーは「愛嬌のある着こなし」。“小柄さん”におすすめ長方形スタイル3タイトスカートこそ縦長の救世主。くるぶしまでの長い丈を タイトスカートはとにかく長い丈で着るほど、全身の印象はスラッと見える。「私は試着して床スレスレまで長さがあると小柄でよかったとニンマリします」。横の量感を抑えたデザインは、より縦横の比率が潔くていい。トップスも色をつなげたワントーンなら、長方形のシルエットはパーフェクト。 ニット¥31,000/スローン シャツ¥38,000/トヨダトレーディング プレスルーム(アスペジ) スカート¥17,000(ウィム ガゼット)・ベルト¥19,000(プントヴィータ)/以上ウィム ガゼット 青山店 バッグ¥56,000/アパルトモン 青山店(パーム グレンス) 靴¥120,000/ゲストリスト(サルトル/ハウント代官山)流行のボリュームニットには柔らか素材のタイトスカートを 今季はローゲージの量感のあるニットが流行中。上半身のボリュームは小柄には難易度高めの案件のひとつ。助けてくれるのは、スムーズな薄手素材のタイトスカート。ニットからそのままストンと続くシルエットで、全体を長方形にイメージ。スリムパンツでは上半身でっかちになってしまうけれど、直線的なスカートなら大丈夫! ニット¥78,000/ebure GINZA SIX店(ebure) スカート¥48,000/ポステレガント ピアス¥26,000・リング¥48,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥172,000・靴¥58,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥4,200/ステッラ ピエール マントゥー事業部(ピエール マントゥー)テーパードパンツはちょいゆるめで全身のバランスを整える 「テーパードパンツは大ざっぱではありますが、私は長方形シルエットに分類。ハイウエストのデザイン、ちょいゆとりのあるもので縦に長い雰囲気を演出します」。トップスインでパンツを強調。上半身1:下半身2ぐらいを目安に。トップスと同系色のストールで上半身を高い位置に見せる技もプラスすれば、ぐんとのびやかに。 ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) パンツ(共布ベルトつき)¥38,000/サードマガジン メガネ¥27,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥130,000/ボン マジック ストール¥48,000/スローン バッグ¥18,800/プルミエ アロンディスモン(ヤーキ) 靴¥120,000/リエート(サントーニ)「身長150cmエディター宮崎桃代さんの小柄さんコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/アドリアナ 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年2月号掲載
  • 続々新星が飛び出すジャニーズJr.! ダンスパフォーマンスが魅力の「Travis Japan」から、松倉海斗くんにインタビュー。BAILA初登場です♡ まつくら かいと●1997年11月14日生まれ、神奈川県出身。O型。2012年にグループを結成、2017年からメンバーが今の7人組になり新体制に。ニックネームは“まつく”。繊細で心配性だが、頑固で負けず嫌いな一面も。向上心を持ち続け、努力を怠らない男。 僕らのシンクロダンスでみんなの心を揺さぶりたい! 「Travis Japanは個性豊かな7人がシンクロして、ひとつの世界観をつくり出すグループ。ダンスでもトークでも絡み合っているので、そこに注目していただきたいなと。僕はグループ内ではいじられキャラ。番組やYouTubeでは運に恵まれないことも多くて、ファンの方たちからも可哀想……なんて言われることも(笑)。常に自然体なので、いろんな表情を見られるのが推していただける理由なのかもしれませんね」「アイドルを目指したきっかけは'09年の嵐10周年ライブ。5人がキラキラ輝きまくっていて、いつか同じステージに立ちたいと思い、自分で履歴書を送りました。“スーパーアイドルになりたい”という夢は今でも変わらないし、Travis Japanの楽曲で多くの人を感動の渦で包み込みたい。ステージに立って、歓声を聞くとパワーがみなぎるし、僕らにとっても魔法の場所です」 松倉くん“推し”カルチャー! 古着ファッション 「4年前くらいから古着ファッションの楽しさに目覚め、あき時間があると古着屋巡りへ繰り出しています。最近はファーがついたカーディガンがお気に入りでよく着てます」 Travis Japan メンバーの“推し”ポイント! 中村海人(なかむらかいと) by 松倉 「愛嬌があるから、何でも許されちゃうんだね。中国語のレッスンの時間に居眠りをしても、先生も笑顔で見守るほど愛されキャラです」(松倉) 川島如恵留(かわしまのえる) by 松倉 「グループの最年長は、誰よりも努力家! 知的で多才だし、ひとつやると決めたら最後までやり遂げるところは俺と似てますね(笑)」(松倉) 松田 元太(まつだげんた) by 松倉 「元太はグループの最年少で、甘え上手。人の懐に入るのがピカイチなんですよ。嫌らしくなく、あざとくもないから天性なんだと思います」(松倉) 取材・原文/山中ゆうき 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉  ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 欲しくないのに気づけば脂肪が…そんなアラフォー体型のお悩みをカバーしてくれるのは、シャキッとジャケット♪こんにちは!マッキーです。 ジャケットLOVEな私。 ジャケットが好きなのにも理由があります! 年々、筋肉が衰え、無駄な脂肪が増え… トレーニングをしつつも、どうにもならない体型に悩みますが… そんなお悩みアラフォー体型には、ジャケットが最適です♪ジャケットのシャープなデザインが、脂肪を隠してくれる。 二の腕、胸、腰、お尻このエリアをさりげなくカバーしてくれる。 女性モノのジャケットのバリエーションも年々増え、動きやすいアイテムも豊富です。 子育て中でも!羽織ものとして重宝します。jacket #ZARA knit #sloane #VERMEIL par iena pants #UNIQLO bag #BOTTEGA VENETA accessories #ARTIDAOUD #HIROTAKA watch #BOUCHERON車移動の時に、ショートアウターとしても活躍できる。ジャケットって、着れる時期が長いのもいいですよね。 最後まで、ご覧いただきありがとうございました。●インスタも行っております。気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。No.170 マッキー
関連キーワード

RECOMMEND