秋のマストアイテム♡GUフェイクレザースカート×白シャツ〈ブラウンコーデ〉

@BAILA

いつもご覧いただきありがとうございます。

バイラーズの中島真亜沙です。


ようやく待ちに待った秋コーデも解禁!

BAILA10月号も発売されましたが、今季のトレンドはブラウン。秋はやっぱりブラウンが着たい!!

_

…と言いつつ、個人的にブラウンは苦手色なので、クローゼットの中にもほぼ存在しない色なのですが(確認したらブラウンは一枚のみ…)先日、GUでこれだー!というブラウンと出会えました。

GU / フェイクレザーフレアミディスカート〈ダークブラウン〉

_

▶︎shirt…snidel

▶︎skirt…GU

▶︎bag…lavishgate 

▶︎shoes…titivate

今季、一枚手元にあると着回しも利くフェイクレザースカート。サスティナブルへの関心も高まる今、フェイクレザーは注目の素材でもありますよね。


黒と悩んで二色試着してみたのですが、このダークブラウン、暗すぎることがなく、カーキブラウンのような色味。シャレ感のあるブラウンで、そこにも惹かれました。

_

そして、フェイクといえど、レザーというだけでハードなイメージがあり「私には絶対似合わない…」と今まで弱腰になり避けていた素材でもあったのですが、今回履いてみたら意外としっくりきたので即決!


同じようにレザーに抵抗がある方や、色味で悩んだ際は、トレンド感もあってハードなイメージも和らぐブラウンを絶対にオススメします♡

_

先日、誕生日祝いでオシャレなお店へ行った時のコーデとしても大活躍してくれました。

¥1,990(¥2,490から値下げしている時にget♡)とは思えない、とっても高見えするスカート。


日中はまだまだムシっとすることも多いので、上は白シャツでまとめてみました。もう少し肌寒くなったら薄手のニットと合わせるのも良さそう…♪

BAILA10月号で新しいブラウンをチェック!

今月号には、絶対におさえておきたいブラウンを使ったコーデがたくさん♪

苦手意識のあったブラウンも、今季は進化している模様。私もいろんなブラウンに挑戦してみたくなりました!

_

赤やピンク寄りなどの甘めで華やかなブラウンなど、色の幅も広がっているようです…♪個人的には、ボルドーブラウンが気になるので、買い足そうと思います。

詳しくは、本誌で是非チェックしてみてくださいね♡

_

そして、私の尊敬するヘア&メイクアップアーティスト・小田切ヒロ様の特集も6Pに渡ってドドーンと載っています!


この企画、とても楽しみにしていて…本当に響くことばかり。。ヒロさんの言葉に動かされ、早速行動に移したこともたくさん。

気付きのたくさんある見逃せない特集となっているので、確認してみてくださいね♪

オシャレも美容も、この秋楽しんでいきましょう♡

また更新します(^^)

_
Instagramはこちらから*
関連記事
  • ◆〝ガミちゃんワンピ〟最新版 昨年LEE12月号に掲載された石上美津江さん×「12closet」コラボの切替えギャザーワンピースは、即売切れ&追加販売で大好評でした。そんな石上さんの新作は、おなじみのワンツーコーデをシックな雰囲気に落とし込んだバンドカラーワンピース。シャツとフレアスカートがドッキングされたデザインは、一見ワンピースっぽくないですよね! 1枚で着こなしが決まるワンピースは私も着る機会が多いのですが、今回は雰囲気ががらりと変わって新鮮な気持ちになりました。 ◆着丈は選べる2サイズ展開 身長158センチの私にとって、ロングスカートは丈が悩むところ。デザインが気に入っても、地面すれすれの丈は汚れが気になって泣く泣く諦めることが何度かありました。今回はレギュラー丈(着丈122センチ)とロング丈(132センチ)の2サイズ展開ですので、自分のイメージに合わせて選ぶことができます。ちなみに私が着ているのはレギュラー丈です。 ◆春先に向けて着られる素材感 生地はウールとポリエステルが50%ずつ。ウイルスや花粉が気になる季節に嬉しいおうち洗いOKなのに、防シワ性にも優れた素材感です。今日のように温かい日はそのまま、真冬の寒さに戻ったらニットカーディガンを合わせて。温度調節をしながら春先まで長く活躍してくれそうです。
  • 春を感じたくて買った久々の花柄ワンピは、冬の暗くなりがちなコーデのアクセントにも使える大人の花柄。とっても優秀さんです♪今日は暖かいですね! こんな日は、早く春が来ないかな〜とそわそわしてしまいます。 この冬のセール、何も買わないと固く決めていましたが、ついZARAのサイトを覗いてしまったが最後、いくつか買ってしまいました笑笑 目に留まったのはこちら。 グリーンの花柄ワンピです。花柄だけどシャツタイプなので甘すぎず着られてgood! セール価格でなんと2990円!でした♪冬の間は上にニットをレイヤードしてもグリーンの鮮やかさがアクセントになってとってもかわいいです。 アラフォーの花柄は難しいと感じる方も多いかもしれませんが、デザインが甘すぎないものを選んだりニットやカーディガンと合わせたりすると、雰囲気が柔らかくなるとても心強いアイテムかなと思っています。 桜の木を見上げると、もうつぼみが膨らんできていますね! 早く春がきますように♪ ZARA プリント柄ワンピースはこちら→Instagramで日常も綴っています。よかったら覗いてみて下さい♪→No.146 rin
  • ウェブエクラ週間(1/4~1/10)ランキングトップ10にランクインしたファッション人気記事をピックアップ!ランキングを見れば、アラフィー女性たちが今一番気になる旬のアイテムや着こなしがわかる!早速チェックして。 第1位 【2020秋冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ZARA』高見えコーデ特集ZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすエクラ代表おしゃれ読者モデル華組メンバーの「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!▶記事はこちら   第2位 【50代 センスのいい黒】無難な黒は卒業!今どきの黒コーデ20選服選びに迷ったとき、ついつい手にしてしまう手持ちの黒アイテム。年齢を重ねた体のラインを適度に引き締めてくれ、そこそこおしゃれにも見せてくれるから。でも、"無難な黒"はもう卒業したい。黒を着慣れてきた大人の女性に届けたい、センスよく着こなすためのメソッドを一挙ご紹介!▶記事はこちら   第3位 【2020秋冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ユニクロ・GU』高見えコーデ特集ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、デニムコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。▶記事はこちら   第4位 50代の主役級バッグ!実用的かつおしゃれな「大きめバッグ」は持つだけで視線が集まる新しい日常は、荷物が増える。常備する携帯品の数も、買った物もしっかり入る容量がバッグのマスト条件に。荷物まとめる派の50代におすすめしたい実用的&おしゃれなデザインの「大きめバッグ」を人気ブランドからピックアップ。▶記事はこちら   第5位 2021年に買うべき財布って?1年の幸福を願って春財布で「張る」財布に!幸先の良い1年のスタートを切るためにぜひご紹介したい新春に買うと「春財布」=「張る」財布とも言われ、大変縁起がよいと言われていますので、是非チェックしてみてくださいね。▶記事はこちら   第6位 【2021冬コーデ】アラフィー読者ブロガーの真似したい「大人のこなれコーデ集」おしゃれなアラフィー読者ブロガーたちは、この秋冬どんなアイテムを選び、何を合わせているの?シンプルながら華のあるスタイルや旬のトレンドを上手に取り入れた大人のこなれスタイルは必見!▶記事はこちら   第7位 【リアル愛着服】街&SNS発!おしゃれを楽しむアラフィーのリアルコーデ5選激動の年を経て、おしゃれの持つパワーを再確認した人多数。街でSNSで注目されたマダムたちのポジティブな着こなしをスナップ。大好きな洋服をセンス良く身にまとう姿をたっぷりご覧あれ!▶記事はこちら    第8位 【50代の最強セット】コーデをぐっと引き締める「黒のバック×靴」で気品とこなれ感を手に入れる「オーソドックスな選択肢と見過ごしがちですが、黒靴とバッグのかけ合わせこそ、真に美しい」と語る“マダム戸野塚”こと、スタイリスト・戸野塚かおるさん。気品も、こなれ感も思いのままの黒ブーツ×バッグコーデを公開。▶記事はこちら   第9位 【50代が買うべきコート】人気ブランド指名買い「あのコートが欲しい!」予約続出コート11選冬のおしゃれを決定づけるコート選びは、前評判の高さがカギになる。そして、つくられた背景やデザイナーの熱い思いを知るともっと欲しくなる!ねらいを定めた"あのブランドのあのコート"、今季買うべき11着を厳選。▶記事はこちら   第10位 「HERMÈS」のクロスボディバッグは、上質素材で大人の日常使いに最適!10年、20年後も絶対に愛せる、使い勝手抜群の逸品バッグを信頼ブランドで。今回は、スポーツシックなデザインが特徴的なHERMÈS(エルメス)のバッグ2種をご紹介。▶記事はこちら  ※集計期間:2021年1月4日(月)〜2021年1月10日(日)
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! 春に向けて買い足しておくべきは「白の甘顔ブラウス」。パフスリーブや長めのカフスなど袖コンシャスなデザインは要チェックです。 スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 袖コンシャスな《白の甘顔ブラウス》 《吉村さんレコメンド》パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスは一枚は押さえておきたい流行。多くは透け素材で、肌を見せなくても女っぽさが出せるのも万人向き! 《伊藤さんレコメンド》春本番に向け、ボトムや小物に“色”が増えてくることを見越して、ブラウスは万能な白を。真っ白より少し黄みのあるエクリュやたまご系のカラーなら高見えにも。 立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型も“ラクして女っぽい”を後押し。「インでもアウトでもサマになるので、見せる分量に迷いがちなカラーボトムがきても安心!」(伊藤さん)。ブラウス(インナーつき)¥19000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥24000/ハルミ ショールーム(ミューラル) リング(人さし指)¥12500/ソワリー リング(小指)¥21000/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) 椅子にかけたジャケット¥32000/スタイリング/ 新宿ルミネ1店(スタイリング/ バイ ケイ シラハタ) バッグ¥82000/メゾンレクシア CADUNÉ ブラウス(インナーつき)¥19000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • Amplitude(アンプリチュード)の限定カラーは、お洒落感たっぷりでモードな自分と出会えます♡こんにちは、hirokoです。 今週から大阪も緊急事態宣言、時短(or在宅)勤務になりました。 家族の健康管理はもちろんですし、様々なニュースを見てもストレスを感じない人なんていないんじゃないかなあ、と思います。 そんな日々でも、よし、頑張るか!と毎朝スイッチを切り替えてくれるのは、メイクタイム。 1月1日に発売された、Amplitude(アンプリチュード)の春の新色を買いました。 アイシャドウ(05 スモーキーグレー ※数量限定)とネイルカラー (33 ソフトバイオレット)が新色で、チーク(01 ライトベージュ)は定番カラーです。左からスモーキーシーク フォーアイズ 05、コンスピキュアス モノチークス 01、コンスピキュアス ネイルカラー 33「アンプリチュード」の意味は、「豊かさ、奥行き、心拍」。 心の豊かさ、感情や思想の深遠さ、知識の豊富さ奥深さなど、〝人間に関わる大きさ広さ〟という意味合いをも含んでいるそうです。 まさにまさに、そんな「かっこいい大人美」に憧れて手に取っております。 服でもメイクでも、そのブランドのコンセプトやシーズンテーマに共感できるものを手に取ると、なりたい自分のイメージに近づけるような気がして。 何を選ぶかは、そういうところにポイントを置いてます。ブラシとチップがついていて、重ね方を試行錯誤してるところ 笑アンプリチュードのネイルはお高めだけど、オススメです。今回は、久しぶりにグレーのアイシャドウに挑戦してみました。 モザイク状の見た目もかわいいし、ブラシでくるくると混ぜてつけるだけでエッジの効いたスモーキーアイを楽しめます。 黒ニット、白シャツなど、自分の中で定番すぎて地味、、、と思っていたトップスが一気にモードなスタイルに見えるから不思議! ピンク、ベージュの甘口メイクばっかりだったことを反省しました。 チークは、各誌のベストコスメなどでもピックアップされていた名品。 チークレスのように見えるけど、肌がきれいに見えてバランスが整う感じ。 ネイルは見たまま発色でキレイ。 指先を見るたびスミレの花のようで、早くあったかくならないかな~と春を待ちわびます。 新しいメイクをトライ&エラーでどんどん試していこう!と思えるアイテムでした★ Instagramもよろしくお願いします!No.167 hiroko
  • 裏拍のリズムを刻み、仲間と陽気に踊りだす。今感じたいのはあたたかな太陽の光と、やさしいグルーヴ。ハッピームードがあふれる3人が、ルーツ・レゲエをモードに解釈したスタイルを弾ける笑顔とともに届けよう。スピーカーから流れる 愉快な音楽に身を委ねてサウンドシステムで音楽を鳴らし"One Love"なマインドを歌う。 (右)グッチの2021年エピローグコレクションのトラックジャケットは、アメリカ人のデザイナー、ケン・スコットのアーカイブを再解釈したもの。鮮やかなプリントと、ベロア素材に施されたスポーティなラインが特徴的。GGパターンのパンツを合わせて、柄のマッチングを思いきり楽しむ。 ジャケット¥195,000、パンツ¥98,000/グッチ ジャパン(グッチ) (中)ピンクのトップとパンツのセットアップは、"地中海を巡る旅"がテーマとなったシャネルの2020ー2021年 クルーズ コレクションから。体とともに揺れるチェーンベルトを重ねて、遊び心をひとさじ。 トップ¥233,000、パンツ¥351,000、チェーンベルト(上)¥154,000・ロゴベルト(下)¥316,000/シャネル (左)レトロなムードと現代的なストリートの要素が共存するスタイリング。ケープのような、モノグラム・フラワーのカットアウトがあしらわれたAラインドレスに、オーバーサイズのボンバージャケットを羽織って。ドレスの赤が、燃え上がる太陽を連想させる。 ジャケット¥685,000、ドレス¥433,000、スニーカー¥134,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) ピアス/モデル私物夢を運ぶクラシックカーを相棒に映画『Rockers』(’78)に憧れて、クラシックに装う。 (右)イントレチャートを進化させた、「ファンタジア プリント」のセットアップ。2020年フォールコレクションで登場したダンシングマンのモチーフを引き継いだ模様は、ムーブメントを人の体で表現した。 トップス¥169,000、ショーツ¥87,000、ネックレス¥285,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) ピアス/モデル私物 (中)グリーンのバギーパンツに、イエローベルトで、色の対比を楽しむ。テックコットンのポロシャツで涼しげに。 トップス¥110,000、パンツ¥140,000、ベルト¥68,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) (左)’50sから飛び出してきたようなチェックドレスに、オーバーサイズのスエード×ニットのジャケットをまとって。スカート内部のチュールパニエによって、フワッとした立体感が実現。 アウター(参考色)¥455,000、ドレス¥375,000、イヤリング¥41,000、ソックス¥23,000(すべて予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) その他/モデル私物鮮やかなプリントに身を包み笑顔で踊る1970年代にジャマイカで流行したルーツ・レゲエ。古きよき音楽の系譜を紡ぎながら、3人のダンスは未来に向けて、続いていく。 (右)ハイネックのトラックスーツが一体化したスポーティなニットは、まとうだけで元気になれるイエロー。バーバリーのヴィンテージチェックのボトムスは、スイムウェアとしても使用できるので、バケーションにも最適な一着だ。 ニット¥124,000、ショーツ¥43,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)  (中)アメリカ人の芸術家、ケン・プライスの作品が着想源となったロエベのカプセルコレクション。ヤシの木とグラフィカルな建築物が目を引く、L.A. SERIESプリントのセットアップは、肩の力を抜いてリラクシングに着こなしたい。 カーディガン¥112,000、シャツ¥126,000、ショーツ¥92,000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエべ) その他/モデル私物  (左)クラフト感があるニットポンチョは華やかな雰囲気が魅力的。ボトムスは、ショートパンツでヘルシーに。 ポンチョ¥610,000、パンツ¥140,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) その他/モデル私物 SOURCE:SPUR 2021年2月号「太陽のグルーヴをまとって ONE LOVE」photography: Ittetsu Matsuoka styling: Sumire Hayakawa〈KiKi inc.〉  hair: Yusuke Morioka〈eight peace〉 make-up: DAKUZAKU〈 TRON〉 model: Sakura, Sena, Yousef edit: Kaeko Shabana cooperation: HOTDOG CARTS JAPAN, ISHIKAWA
  • シンプルな着こなしは、最新アイコンバッグで更新! おしゃれなセレブも大注目している『ボッテガ・ヴェネタ』のカセットシリーズ。なかでも1970年代のラグジュアリーカーの内装からインスピレーションを得たという「パデッド カセット」は、革車の内装のような個性的なフォルム。斜めがけにするだけでサマになるこんなバッグがあれば、大好きなデニムスタイルも一気におしゃれに! ベーシュ系のバッグに合わせコートも柔らかいカラーにすると大人なムードになって◎。デニムは明るいめを選ぶとさわやかな雰囲気にまとまる。コート¥480000・バッグ¥315000・イヤリング¥98000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) その他/スタイリスト私物 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/大政 絢 取材・原文/東原妙子 構成/内海七恵〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号 好評発売中!】
  • 映画『君の名前で僕を呼んで』などに出演する、人気俳優のアーミー・ハマー(34)。彼が送ったとされる衝撃的なメッセージが波紋を呼ぶなか、離婚したばかりの元妻エリザベス・チェンバーズ(38)の反応が明らかとなった。 Photo:Getty Images先日、本人のものとされるDM(ダイレクト・メッセージ)が流出したアーミー。そのメッセージには「君の血を飲みたい」、「僕は人食い人種だ」、「奴隷として生きろ。君は僕の所有物だ」、「君の爪先を切り落としてポケットに入れたい。そうすれば、いつでも君を僕のものにしておける」といった、恐ろしい言葉が。本人のものとは確定していないが、DMにはアーミーと思われる顔写真も。その衝撃的な内容にSNSやネットは大騒ぎ。アーミーの名前がツイッターでトレンド入りするなど、世界が騒然となった。 Photo:Getty Imagesそれと同時に注目が集まったのが、元妻であり、テレビパーソナリティや実業家として活動するエリザベス・チェンバーズの反応。 英ゴシップサイト『Daily Mail Online』に語った関係者の話によると、エリザベスはアーミーの恐ろしい一面については知らず、「完全にショックを受けている」という。また多くの女性から、アーミーの危険性を指摘するメッセージがエリザベス宛にも届いており、はじめは信じていなかったものの、今は彼女たちの告白が本物であると考えているそう。 Photo:Getty Imagesしかし「エリザベスはそんな彼の一面に全く気づいていませんでした。(結婚していた時期にも)そんな面があったのか、それとも故意に隠していたのか、もしくは何かのきっかけでそうなってしまったのか、彼女は分からないのです」とのこと。また、この騒動を受け、「アーミーは怪物になってしまったようだわ」と語っていたともいう。  Photo:Instagram(elizabethchambers)アーミーとエリザベスは2010年に結婚し、2人の子どもが誕生。2020年5月にはエリザベスが結婚10周年を祝うメッセージをインスタグラムにアップ。変わらぬ仲の良さをうかがわせていたが、その約2ヶ月後である2020年の7月に破局を発表し、話題を呼んでいた。 View this post on Instagram A post shared by Elizabeth Chambers (@elizabethchambers) エリザベスは離婚について「人生の次の章では、子どもたちの親、大親友ということを最優先にする」と語っており、明確な理由は語っていなかった。 この騒動の直後にアーミーは最新作の映画『Shotgun Wedding(原題)』を降板。今後は『君の名前で僕を呼んで』の続編への出演も控えているが、果たして? アーミー本人がどのような対応をするのか、引き続き注目していきたい。 >>泥沼化が止まらないジョニー・デップ、「和解金の寄付は嘘」と元妻アンバーを非難! >>誹謗中傷が絶えないヘンリー王子&メーガン妃、ソーシャルメディアと決別か text : Mariko Peeling      
関連キーワード

RECOMMEND