精神科医がズバリ。怒りとはこうつきあえば楽になる!【今ドキの”怒り”と上手につきあう方法②】

@BAILA

イレギュラーな毎日に疲れているせいか、最近自分も周りも怒りっぽくなっているかも。「自分の怒り」「人の怒り」「世間の怒り」それぞれについて、さまざまな角度から対処の仕方を、精神科医の水島広子先生に教えてもらいました。

怒りとは… “困っていること”の表れ

対自分: 怒りを感じたら、「自分は困ってるんだ」と考える
対人 : 相手の困っていることを“自分のため”に解決してあげる
対世間:  「きっと事情があるんだな」と認識し、向き合いすぎない

困りごとを多く抱える今、怒りが増えるのは当然

そもそも“怒り”は人間にとって必要な感情だと言う水島先生。
「怒りの根源は“困る”という気持ち。怒りは、事態の改善を図るために必要なんです。たとえばパートナーが部屋に靴下を脱ぎ散らかしたときに感じる怒りも“部屋をきれいにできなくて困っている”ということですよね。そして今は、コロナによる困りごとを常にたくさん抱えている状態。ハッピーな時代の靴下は許せても、今は許せない、と余裕のなさが怒りの増加につながっていますね。また、身近な人の怒りに対しても“困っていて悲鳴を上げているんだな”と解釈してあげるのがいいと思います。“困っていることを怒らずに伝えてくれたらもっと共感できる”とお願いしてみてもいいでしょう。そして相手が困っていることを解決してあげる。何で私がそこまでしなきゃいけないの!?と思うかもしれませんが、これは自分のため。自分が平穏に暮らすためだと考えて」
 
また、自分に関係ない怒りには向き合わないことも大切。
「無関係な人の怒りにはふれない。自分に理解できなくても、それはきっと相手の事情を反映した怒り。人それぞれだと考え、向き合いすぎないようにしましょう。“相手が正しい”と認めるのではなく、綱引きの綱を手放すイメージです」

「怒り」から「困った」へ 頭のスイッチを切り替える

「怒り」から「困った」へ頭のスイッチを切り替える

「頭の中に自動変換器を置いて、怒りを感じたときは、“私は困っているんだな”とスイッチを切り替えるように考え直すクセをつけるといいですよ」

イラスト/描き子 取材・文/東 美希 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス
関連記事
  • マスクが欠かせない今、メイクを楽しむコツはまさにアイメイクにあり。人気ヘア&メイクpaku☆chanさんが「ルナソル」から選んだアイシャドウは、メタリックカラーを含む新しいカラー展開の4色パレット。ツヤ色をレイヤーした仕上げにカラーラインを引いてモダンな印象を残して。 ヘア&メイク paku☆chanがナビ! withマスクな今、アイメイクはどうすべき?「マスクの日に必要なのは、ズバリ“やさしさ由来の目ヂカラ”。ぬくもりを感じさせるチークやリップが見えなくなるぶん、まなざしには強さのみならず、女性らしさや包容力も漂わせたいですね。具体的にはアイメイクに緩急をつけること。上下で違うテクスチャーを使ったり、部分的に色をにじませたり……。その繊細なニュアンスが、あなたの想いを伝えてくれるはず」(paku☆chan) ルナソル/カネボウ化粧品 影の重なりから色ツヤがにじむ、“シック”の新しいかたち ぬれたように輝くメタリックカラーを最初に仕込み、影色をレイヤードするルナソルの新シャドウ。端正で落ち着いたムードのなかに鮮烈な色と光がたたずむ“NEW CHIC”なまなざしは、誰の視線もとらえて離さない。繊細なカラーライナーにもパールのツヤをひそませて。 paku’s Point仕上げに引くカラーラインはぼかさず、色をピッときかせたほうがモダンな印象に。グレーはすり込むことで色が定着しやすく。 使ったのはこれ!(左) 《1》アイカラーレーション(左)08・(右)07 各¥6200 使ったのはこれ! 《2》シークレットシェイパー フォーアイズ 01 ¥2800 How to... ペールオレンジ(1左a)をブラシで上まぶたにふんわりと。ライトグレー(1左b)は薬指の腹で黒目の上にすり込むように。カーキブラウン(1左c)は細チップの先にとり、下まつげのすき間を埋めて。何往復かしてじんわり引き締める。ネロリブラウンのライナー(2)で上の目のきわをマークし、目尻を3㎜ほど延ばす。 (モデル)ワンピース¥22000/ランチフィールド(ランブルレッド) イヤカフ¥18000/レム 撮影/野田若葉〈TRON〉(人)、久々江満(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/森絵梨佳 取材・原文/小川由紀子 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2020年10月号掲載 【BAILA 10月号はこちらから!】
  • 1週間の「30代今日のコーデ」をまとめてお届け!【9月25日(金)〜10月1日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 9月25日(金)のコーデ 今季らしいブラウンのセットアップは、リブ素材でやせ見えを叶える優秀アイテム。ヒップラインを隠せる長め丈トップスなのも優秀! リラックス感がありつつ、ベルトデザインできちんと見えするのもありがたいポイント。色っぽい背中あきで、大人の女らしさも上手に醸し出せ、デイリー使いに重宝します。 9月26日(土)のコーデ 今季デニムを手に入れるなら、控えめに広がった裾とほっそりスリムなシルエットのフレアデザインがマスト! ジャケット×デニムのベーシックな組み合わせも無難な印象にならず、今っぽさ漂う感度高めのカジュアルスタイルに。インのトップス&シューズをホワイトにすれば、いい感じの抜け感ができて軽やかな印象。 9月27日(日)のコーデ 味のあるウォッシュ加工でまろやかトーンに仕上げた黒デニムは、今季オススメな一本。きりっとした白シャツ合わせもカッコよくなりすぎず、凜とした女っぽさがきわだつ着こなしが実現。ブラックデニムのような重さがなく、抜け感たっぷりに仕上がるのもポイント。きれいめな小物や靴を合わせて、カッコよさを足すとさらにおしゃれ。 9月28日(月)のコーデ この秋のトレンドカラー・ブラウンは、ニュアンスのあるパステルカラーで盛り上げるのがおすすめ。色の系統が近いブラウンとイエローは、相性がよく失敗しづらい組み合わせ。上下で濃淡のメリハリが効いたこんな色合わせも、簡単に可愛く決まります。色あいに華があるので、シンプルアイテムのワンツーコーデでも寂しくならないのもうれしい! 9月29日(火)のコーデ きちんと感がありつつ今季らしい着こなしを叶えたいなら、タートル×シャツジャケットの上から細いベルトをオン。ウエストマークが鮮度を上げつつ、スタイルアップも叶えてくれます。トップスがダークカラーなら、ボトムはホワイトで抜け感を出すのが◎。清楚なフレアスカートなら、着こなしに清潔感が生まれ好感度もアップ! 9月30日(水)のコーデ 今年らしさと女らしさを両立するほんのりと赤みを帯びたブラウンは、パンツで取り入れるのがオススメ。ハンサムなきれいめパンツでも、色の効果で華やかに着こなせる。赤みブラウンの持つやさしい雰囲気を生かし、ボリューム袖のブラウスで可愛げを増せば、シンプルなら印象的なスタイルに。ホワイトバッグで抜け感を足すと、さらにおしゃれ上級者風! 10月1日(木)のコーデ バイラ世代がこの秋に狙うなら、女らしく着こなせて、種類も豊富なプリーツスカートがイチ押し。エコレザー素材は適度なツヤや硬さがあり、やわらかなニットやリラックス感のあるトップスと相性抜群! 今の時期なら、首抜きしたシンプルな白シャツを合わせてすっきりと着こなすのが気分。こっくりベーシュのエコレザープリーツなら、高見えする&今っぽいムードで大人っぽさを格上げしてくれる。
  • 大人のおしゃれを底上げしてくれる洗練されたデザインスペシャルなシチュエーションだけでなく、いつだっておしゃれを楽しみたい。『ジュエッテ』はそんな大人の女性に向けて、身につける人の個性をより輝かせるジュエリーを発信。中でも今おすすめしたいのは、さりげない女性らしさをくれるイヤーカフスです♡イヤーカフス(イエローゴールド)/¥8800 素材:SV925 イエローゴールドコーティング(ニッケルフリー) ゆるやかな結び目モチーフがリラックスムードを高める、ベーシックな大人デザイン。身につけるだけでファッション全体にこなれ感を演出してくれます♬ フープピアスやイヤリングと合わせたレイヤードスタイルにもおすすめ。イヤーカフス(プラチナム)/¥8800 素材:SV925 プラチナコーティング(ニッケルフリー) 抜け感のある3連風のイヤーカフスは、軽やかな印象を持たせながらボリューム感も抜群。こちらはピアスなどを重ね付けせずに、ぜひイヤーカフスを主役としたスタイルを楽しんで♬イヤーカフス ジルコニア(シルバー×ゴールド)/¥12100 素材:SV925 プラチナ/イエローゴールドコーティング(ニッケルフリー)、キュービックジルコニア 一列に配されたジルコニアが煌めくイヤーカフスは、これひとつで個性と存在感を引き出してくれる洗練されたデザイン。どんなシーンでもおしゃれのアクセントになってくれること間違いなし♡『Jouete(ジュエッテ)』公式サイトはこちら今回は、この『ジュエッテ』イヤーカフスを各1名様、計3名様にプレゼントします♡*プレゼントのデザインは編集部にお任せください。応募方法は以下のとおり。応募期間2020年10月1日(木)12時30分 〜 2020年10月29日(木)10時00分応募方法STEP① MORE公式Instagram @moremagjp をフォローすでにフォローしている方はSTEP②へ!STEP② こちらの投稿にいいねをしてください! この投稿をInstagramで見る moremagjp(@moremagjp)がシェアした投稿 - 2020年 9月月30日午後8時30分PDT みなさまからのたくさんのご応募、お待ちしています!応募事項【Instagram応募時・要確認事項】・1名様による複数アカウントでのご応募はおやめください。・いいねをした投稿のみ応募対象となります。・当選時にフォローを外されている、またはInstagramを退会されている方、非公開設定をされている方は当選の対象外となります。・選考にまつわるご質問、お問い合わせは受け付けません。⁠【抽選・当選発表について】・締め切り後に厳正な抽選を行い、当選者には締め切り日から1ヵ月を目安にご連絡します。・都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございます。あらかじめご了承ください。・当選者の発表は運営事務局より当選者の方へのみInstagramのダイレクトメッセージでご連絡いたします。その際、「@moremagjp」アカウントのフォローを外されていますと当選連絡ができなくなり、無効となりますのでご注意ください。・当選者の商品送付先として同一住所が複数登録された場合、ご登録いただいた日時が一番早い宛先のみを有効とし、以降のご登録(ご当選)は無効とさせていただく場合がございます。・当選者様の住所、転居先不明・長期不在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。・当選で獲得された権利は、他の人に譲渡することはできません。・当選者用の入力フォームを他者に共有した場合、当選が無効となります。・当選連絡後、ダイレクトメッセージ内にご案内する応募フォームより規定期間内に必要事項をご入力いただかない場合は当選が無効になりますのでご注意ください。【その他の注意事項】下記の項目に当てはまる投稿・コメントはご遠慮ください。・ 公序良俗に反する内容・売買及びそれに準ずる行為、特定サイト及びアドレスの掲示や宣伝行為の意味を含んだもの・当サイトの運営を妨げ、信頼を毀損するような行為を含んだもの・当サイトのテーマ意図と異なるもの・特定のキャラクターやタレントの権利に抵触する恐れのあるもの・個人、企業、団体などを中傷したり、プライバシーを侵害するもの・他人の著作権、肖像権に抵触するもの・その他当社が不適切と判断するもの・キャンペーンについての投稿を含む、応募者のInstagram上での発言内容や、それに関わるトラブルに関しては、当社では責任を負いません。・本キャンペーンは「Instagram」を活用したキャンペーンです。Instagramおよび関連するアプリケーションの動作環境により発生するキャンペーン運営の中断または中止によって生じるいかなる損害についても、当社が責任を負うものではありません。・応募内容は、後日、本誌や本誌公式サイト、宣伝物等で使用することがあります。その際には、一部変更する場合がありますのでご了承ください。【個人情報の取扱について】当選者から取得した個人情報は、賞品の発送など本件に関する諸連絡に利用します。いただいた個人情報は(株)集英社にて管理し、ご本人様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。・1名様による複数アカウントでのご応募はおやめください。・いいねをした投稿のみ応募対象となります。・当選時にフォローを外されている、またはInstagramを退会されている方、非公開設定をされている方は当選の対象外となります。・選考にまつわるご質問、お問い合わせは受け付けません。⁠・商品の換金、交換はできません。・転売行為、もしくは転売行為への加担は厳禁です。・本キャンペーンは都合により事前のお知らせなしに変更または終了となる場合がございます。【個人情報の取扱について】当選者から取得した個人情報は、賞品の発送など本件に関する諸連絡に利用します。いただいた個人情報は(株)集英社にて管理し、ご本人様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。
  • ひと目見た瞬間に可愛い!と心躍る、柄アイテム。30代の秋コーデにおすすめなのは、ミュベールの遊び心のある柄バッグや柄ワンピース、柄ブラウス。ファッションに取り入れて新しい変化を。 BAG 柄とロゴを大胆にミックスした楽しげなトートバッグ。これからの可愛いをたずさえて 今シーズンのコレクションを象徴する柄を組み合わせたバッグは、マスタードイエローの花柄×落書き風プリント、ネイビーの花柄×花のカモフラージュのコンビ。落ち着いたビターな配色のなかに、ミュベールらしい世界観の柄とギャップのある大胆なロゴが目を引くデザイン。秋一番に着るニットとデニムに合わせて、次のお出かけ気分を盛り上げて。バッグ各¥17000・ニット¥39000・デニムパンツ¥38000・靴(参考商品)/ミュベール ONE-PIECE 今の気分にマッチ。リラクシーでいて女らしいパネルボーダーワンピース シンプルなボーダーニットにコインボタンやボリュームたっぷりの袖でさりげなくひねりを加えたロングワンピース。縫い目のないホールガーメント®でゆったりと立体的に仕立てられているのが着心地のいい理由。体のラインを拾わず、ほどよく泳いできゃしゃ見え効果も。足もとはパールつきのスニーカーで、今気分のきれいめカジュアルに。ニットワンピース¥42000(ミュベール)・スニーカー¥23000(ミュベール×ミズノ)/ミュベール BLOUSE ヴィンテージライクな花柄が大人向き。さらりと一枚で着てなにげない日常を特別な瞬間に 大人を満足させてくれるのは、甘さ控えめで上品さとムードのある花柄。首まわりや上半身のおしゃれが顔映えの第一条件になるなか、柄ブラウスは有効。しぐさによってフリル使いも主張して。シンプルなテーパードパンツも、ツヤ素材を合わせることでクラス感アップ。柄の印象をとことん味わって大切に着たい。カラーはマスタードイエローのほかにネイビーがそろい、ワンピースも展開。ブラウス¥27000・パンツ¥24000/ミュベール 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/松島 花 取材・文/陶山真知子 構成/山岸成実〈BAILA〉 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • デニムはベーシックだからこそ周囲に差がつく着こなしを目指したい! 今季注目のデザイン「テーパード」は裾にかけて徐々に細く絞られたシルエットで、脚のラインをカバーするうえ、上品な雰囲気もあり。デニムのカジュアル感に抵抗のある人にもおすすめ!  白ブラウスとローファーで好感度たっぷりのハンサムな着こなしへストレートに限りなく近い、ゆるやかな傾斜が魅力の太めテーパード。きちんと見えする濃紺ならクリーンな正統派アイテムをプラスして、ちょっぴりマニッシュな方向に振るのが正解。デニムパンツ¥22000/ボウルズ(ハイク) ブラウス¥16000(ユナイテッドアローズ)・靴¥37000(ピッピシック)/ユナイテッドアローズ 有楽町店 ピアス¥25000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥46000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) 下半身をすらりと見せるきれいめシルエットだからこそ紺ブレとも好バランスにシルエットの美しさに加え、均一に色落ちしたフラットなブルーや軽快なアンクル丈が特徴的な一本は、端正な着こなしにぴったり。キャッチーなカラー小物でリズムをつければ洒落感もアップ! デニムパンツ¥12000/ノーク ジャケット¥46000/トゥモローランド(マカフィー) トップス¥5800/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン) ネックレス¥23000・ピアス¥29000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥120000/マルニ 表参道(マルニ) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) やわらかなきれい色を味方につけて女らしいムードを上乗せヴィンテージライクな色落ちと高感度な折り返しデザインも、辛口になりすぎない美シルエットだから挑戦しやすい。トップスのくすんだライムイエローが旬の着こなしにそっと近づけてくれる。デニムパンツ¥23800/ショールーム セッション(サージ) ニット¥38000/オーラリー サングラス¥38000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥5000/シップス 有楽町店(ドゾン) バッグ¥52000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥17000/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年10月号掲載 【BAILA 10月号はこちらから!】
  • 自分の感覚で自由に動き、さらりとなんでも器用に表現する男、嵐・二宮和也。想像力と思いやりをフル活用し、独自のスタンスで輝く理由に迫るインタビュー。 嵐・二宮和也 にのみや かずなり●1983年6月17日生まれ、東京都出身。A型。 1999年に嵐としてCDデビューを果たす。現在、「VS嵐」(フジテレビ系 木曜19時~)、「嵐にしやがれ」(日本テレビ系 土曜22時~)、「ニノさん」(日本テレビ系 日曜10時25分~)に出演中。ラジオ「BAY STORM」(bayfm 日曜22時~)でパーソナリティを務める。 絶妙な空気づくり、型を決めず、相手との呼吸で土台を固めていく  実在のカメラマン・浅田政志の人生を描いた映画『浅田家!』で、二宮さんは無茶でいいかげんで、自由奔放ながらどこか許せてしまう人間味あふれる主人公の政志を演じている。 「この作品の魅力は、浅田政志さんの人間力だと思ったので、それをどこまで噓っぽくなく、説教くさくならずに出せるかがすべてでした。“この人だから助けたい”“この人だから一緒にいたい”“この人だからつらくても頑張っていこう”と思ってもらわらないと、物語が台なしになる」「今回は(三重県の)津の方言があり、セリフの方言テープを聴いて耳で覚えました。イントネーションは難しかったけど、“難しいからできません”は通用しないから、やるしかない(笑)。それよりも自分がセリフをかんだりして、現場が止まってしまうほうが皆さんに迷惑がかかるので。特に、自分がそのセリフに対して理解が足りていなかったりすると、セリフがなかなか出てこなかったりする。それ以外なら早口でも問題ないし、それよりも相手との呼吸を合わせるほうが重要で、方言よりそのほうが難しいと思っています」普段は撮られる側の二宮さんが、今作では撮る側へ。プロの写真家の苦労も心でぶつかって、心でこたえた。「このために何か特別な準備はしませんでした。劇中の浅田家の写真は、浅田さんご自身が撮ってくださるというのが最初から決まっていたので。それでも、撮影の合間に現場にあったカメラをお借りして、いろいろ撮ったりはしていて。写真が多いほうが後々、何かの役に立つだろうと考えていたし、パンフレットとかに使ってもらえたら、それはそれで面白いかなと思ったんです。ただ、劇中で自分が撮った写真は一枚も使われていませんでしたが……(笑)」 「映画の打ち上げ会場で、僕が撮った写真と浅田さんが撮った写真が映像で一緒に流れたんですよ。プロとアマの違いを感じました(笑)。うまく説明はできないんですけど、何かが明らかに違ったんだよね」 「普段は撮ってもらう側だし、限られた時間、さまざまなテーマで撮影することが多いかな。何を求められているのか、自分らしさなのか、テーマに準じて応じています。衣装も、髪も整えてもらっているので、求められてるものを瞬時に探り、表現するようにしています」 動画ではなく、写真だからこそ伝わるたった一枚の写真の力  被写体をよく知ってからでないとシャッターを押せない政志。二宮さん自身も仕事相手を冷静に観察することで有名。日ごろから共演者のどんなところを見ているのだろう。 「共演する方たちを事前にリサーチすることはないですね。『検察側の罪人』で木村(拓哉)くんと初共演したときもそうでした。数々のムーブメントを起こした人だということはもちろん知っていますが、それよりも今の木村くんが何を思っているかのほうが重要だと思っています。撮影現場で先輩が考えていることがわかれば、自分の職業としては成立する。“今、何を思っているのか”とか、“自分とやってみて、こうなんだ!”と理解ができたら、自分が求められてるものが自然と見えてくるはず」 「過去の作品を勉強するのも素晴らしいことだと思いますが、なかには今の自分を見てほしい人もいるかもしれません。目の前にあるものだけで向き合ったほうが、みんなにとっていい環境になることもあるのかなって、個人的に思っています(笑)」 「自分は相手に調べられても大丈夫なタイプ。あまり人との間に壁を作らないから、そもそも気にしたことがないかな。ただ、その人を事前に調べなくても、観察していればわかることがたくさんあるのにとは思います。今は仕事の話をすると迷惑をかけそうだなと感じたら、まずは様子をうかがえばいい。いいタイミングを見極めて切り出すのがいちばんだし、それが俺の手腕です(笑)」 今作で印象的だった“写真に残す”ことで当時の思い出がよみがえる「写真の力」。二宮さんが思う、写真だからこそ伝わるものや映るものとは?「小さいころの写真はほとんど実家で、手もとにあるのは過去に出演させていただいた作品のオフショットくらい。いただいたときの茶封筒に入れたままで、アルバムに入れて保管もしていなくて(笑)。打ち上げの写真とか、スタッフの方が焼き増しをして渡してくれていました。わざわざ過去の写真を見返すことはほとんどありませんね(笑)」「ありがたいことに20周年とか、さまざまなタイミングで振り返ることが多いので鮮明に覚えています。ただ、写真のよさはもちろんあって、ちゃんとそこに存在しているってことがいちばん、有意義なことだと思います。変わらない価値をそのまま残しておけるのがいいんだろうね。でも、僕たちのような仕事をしている人間は、写真で生かされることもあれば、殺されることもある。今は、誰でも簡単に写真が撮れる時代。一枚の写真の中にたくさんの情報が詰め込まれているっていうことは、実は昔から変わらないんだろうけど。それだけ聞くと怖いし、ネガティブに聞こえるかもしれないけど、“この人、この時季になるといつもこれを着てる”とか当時の記憶が呼び起こされるものでもある。写真を撮るってなると、“いつもこの顔だよね”とか、“このポジションにいるなぁ”っていう情報を見つける楽しさもありますしね」 映画の中での、さまざまなシチュエーションでコスプレをしたユニークすぎる家族写真にも注目したい。「僕自身印象に残っているのは、バンドマンと酔っ払いとヒーローショーかなぁ。ほかの写真は、実際の写真集の場所と同じところで撮れたんですけど、この3点だけはもうその場所自体が存在していなくて……。ほかは撮影場所に行けば、画角もある程度決まっていたので、基本的にはポーズをとればよくて。完全再現することを目指していましたが、この3枚だけ空気感が変わっちゃうんじゃないかと心配ではありました」 「僕は普段グループで生活しているので、撮影のときに“隣の人が右を向いたら左を向いてください”みたいなオーダーは日常的にあるんですよ。だからこの作業に近いことを普段からやっているんですが、ほかの皆さんはとても大変だったと思います。そんな部分にも注目して、作品を観てもらえたらうれしいです」 「どの作品も全力でやることには変わりないけど、それでも力むことはない」 「一辺倒で学んできたことを吐き出すだけというのはつまらない気がします」 映画『浅田家!』 公開/全国にて10月2日(金)より©2020「浅田家!」製作委員会 4人家族の次男坊として育ち、写真家の夢を果たした主人公・浅田政志(二宮)とやんちゃな弟を温かく見守る兄・幸宏(妻夫木聡)。コスプレした姿を収めた家族写真から伝わる“家族の愛の絆”や、“家族とは何か?”を問いかけていく。 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/竹内美徳〈メーキャップルーム〉スタイリスト/福田春美 取材・原文/山中ゆうき 撮影協力/AWABEES 衣装協力/COMME CA ISM ※BAILA2020年10月号掲載 【BAILA 10月号はこちらから!】
  • スタイリスト 佐伯敦子プロデュース いつでもどこでも心地いい 大人の日常スタイル スタイリスト・佐伯敦子さんのセンスが光る大人気のプロデュース企画が今季も登場。黒田知永子さんとの待望のコラボにも注目です!着る人/黒田知永子 特集ページ掲載一覧 エクラ11月号掲載一覧 デジタルカタログを見る style 1 yunahicaユナヒカの初ニットは デイリーに着られる、飽きのこないベーシックさが魅力!  佐伯さんからのコメント 「欲しいなと思うのは、基本はベーシックで、少しニュアンスのあるもの。さりげないデザインがあって、毎日着ても飽きないニットを目ざしました」。素材はもちろん、わずかに高く絶妙に詰まった襟ぐり、袖口や裾のしっかりとしたリブ編み、前中心に1本、後ろ中心に3本のラインなど、佐伯さんのこだわりが随所にちりばめられ、どこか懐かしく安心感のある着心地。「ジーンズに大きめサイズを合わせて少年っぽく、ロングスカートに小さめサイズを着てフェミニンに。サイズは着方の好みで選んでください」。 COORDINATE yunahica(ユナヒカ) クルーネックセーター ¥39,000+税 チャコール 詳しく見る yunahica×chieko(ユナヒカ×チエコ) スタンダードデニム(ブラック) ¥23,000+税 ブラック 詳しく見る   ユナヒカと黒田さんが待望のコラボ – 大人のデニムパンツが誕生しました! – style 2 yunahica & yunahica×chiekoカジュアルな中にも大人っぽくシックな雰囲気漂うオールマイティデニム タッセルつきシューズ(ショセ) ¥35,000 + 税  黒田さんと佐伯さんからのコメント 「ピタピタのデニムは、いくらやせていても素敵にははきこなせないお年ごろ。そんな私たちの理想のシルエットをとことん極めました」と黒田さん。だぼっ&ゆるっとしているけれど、なんだかきれいで素敵、そんな夢のデニムは、12オンスの薄手ヴィンテージデニムに、ヒゲやブラストなどの細かなダメージ加工を施し、縫い目も細番手の糸で運針を細かく。さらにパーツ選びやポケット位置など、細部にまでおふたりのこだわりが満載! COORDINATE yunahica×chieko(ユナヒカ×チエコ) スタンダードデニム(インディゴ) ¥28,000+税 インディゴ 詳しく見る yunahica(ユナヒカ) セットインフリルブラウス ¥33,000+税 アイボリー、ブラック 詳しく見る   style 3 yunahica & yunahica×chieko薄手リネン素材のフリルブラウスは一枚でも、重ね着にも大活躍確実! セットインフリルブラウス(ユナヒカ) ¥33,000 + 税 / タッセルつきシューズ (ショセ) ¥35,000 + 税  佐伯さんからのコメント きちんと肩線とアームホールをとった、セットインスリーブのフリルブラウス。素材は薄く透け感のあるリネン。最大の魅力は、襟と袖口に重ねられた6枚の切りっぱなしのフリル。ぬらして手で一枚一枚広げて揉めば、花びらのような華やかなニュアンスが生まれる。「前身頃、背中のヨークにギャザーを寄せていますが、これまでのフリルブラウスより、コンパクトにしました。ニットやジャケットのインに着るときも、スカートやパンツに裾を入れるときも、すっきり収まってくれます」。 COORDINATE yunahica×chieko(ユナヒカ×チエコ) スタンダードデニム(インディゴ) ¥28,000+税 インディゴ 詳しく見る yunahica(ユナヒカ) クルーネックセーター ¥39,000+税 チャコール 詳しく見る   黒田×佐伯・スペシャル対談「私たちが本当にはきたい理想の“だぼゆる”デニム」 佐伯 初めてのコラボアイテムがデニムにと決まってから完成まで、じっくりとものづくりができ、いい経験になったよね。黒田 私たち、洋服の好みもデニムの好みもとても似ていて、ふたりとも欲しいのは、「“だぼゆる”なのにファッショナブルなデニム」で意見が即一致!佐伯 私たちの年齢でおしゃれにはけるデニムは何かと考えたとき、こだわるべきは、ある程度高めのウエストとゆとりのある腰まわり。でも、裾までそのままだぼっとしたものはほかでも見つかるから、テーパードシルエットにはこだわったんです。黒田 若い人とは確実にデニムに求めるバランスが違うものね。デニムの加工も同様で、やりすぎは古くさいけれど、何もないのもつまらない。ヒゲやスレは、大人にちょうどいいものをとことん追求しました。佐伯 ステッチも通常より細かく。細かいステッチって生地がつれたりしがちで、実はとてもむずかしいんだけど、やはり仕上がりは断然きれい。だから、そこにはこだわって。そして、ふたりの理想のインディゴを試行錯誤して実現したときはうれしかった!黒田 ブラックデニムは私の希望で。今回もさまざまなニットと合わせていますが、秋冬の着こなしに活躍してくれるはず。佐伯 色やサイズで少しずつ印象が違うのも実感してもらいたいですね。気分や合わせるトップスによって、サイズをはき分けてもらうのも素敵だと思います。 style 4 KristenseN DU NORDおしゃれ上級者になれる極上素材の3アイテム。日常で活躍させてこそ大人! AVORIAZ ブーツ(パラブーツ) ¥68,000 + 税  佐伯さんからのコメント 掲載するたびに大人気のクリステンセンドゥ ノルドは、佐伯さん自身も愛用する大人の上質カジュアルブランド。今回セレクトしたカシミヤカーディガンは、何げなくはおっているだけで一目置かれること間違いなしの逸品。「この上質感はただものではない印象。おばあちゃんになるまで長く着たい一着ですね」。さらにインに着たシルクシャツ、ボトムに合わせた大人気のストレッチパンツとも技ありの異素材ミックスが魅力。贅沢素材をまとう快感をぜひ実感してみたい。 COORDINATE KristenseN DU NORD(クリステンセン ドゥ ノルド) カシミヤカーディガン ¥130,000+税 キャメル、ブラック 詳しく見る KristenseN DU NORD(クリステンセン ドゥ ノルド) シルクシャツブラウス ¥68,000+税 ナチュラル、キャメル 詳しく見る 佐伯敦子×KristenseN DU NORD(サエキアツコ×クリステンセン ドゥ ノルド) コットンストレッチパンツ ¥39,000+税 ディープフォレスト、ブラック 詳しく見る   style 5 HERILL & Paraboot優しい色の最高級カシミヤのタートルに、ボリュームあるカジュアルブーツが今の気分 スタンダードデニム(ブラック)(ユナヒカ×チエコ) ¥23,000 + 税  佐伯さんからのコメント 佐伯さんが今注目しているブランドの筆頭がヘリル。「とにかく、デザイナーの大島裕幸さんが、素材オタクといっても過言ではないくらい素材探求に熱心な勉強家。非常にツヤのある美しい色合いの、最高級カシミヤ・ゴールデンキャッシュの心地よさをぜひ素肌で体感してほしいですね。また、ありそうでなかなか出会えない、首に美しく添うネックラインも秀逸です」。足もとには黒田さんも長らく愛用しているというパラブーツの名品マウンテンブーツを。 COORDINATE HERILL(ヘリル) カシミヤホールガーメントタートルニット ¥35,000+税 ナチュラル 詳しく見る Paraboot(パラブーツ) AVORIAZ ブーツ ¥68,000+税 ブラック 詳しく見る   style 6 humoresque首もとから足首まで、優しい素材に包まれる幸せを味わえるシルクコットンワンピース カシミヤカーディガン(クリステンセン ドゥ ノルド) ¥130,000 + 税  佐伯さんからのコメント ユーモレスクは素材にこだわり、着心地のいい服づくりをしている大人に最適のブランド。「シルク×コットンのこのワンピースは、マキシ丈だけど重くなりすぎず、この着こなしに合わせたようにハードめの靴ならほどよくカジュアルに、女らしいヒール靴ならフェミニンにと、合わせる靴で印象が変えられるのも魅力です」。共布のベルトは前で結んだり、後ろで結んだりでき、結び方しだいでさまざまな表情を楽しめる。 COORDINATE humoresque(ユーモレスク) ハイネックドレス ¥70,000+税 クリーム、ブラック 詳しく見る Paraboot(パラブーツ) AVORIAZ ブーツ ¥68,000+税 ブラック 詳しく見る   style 7 intoca. & chausserデニムスタイルを格上げする上質なアルパカニットと美しいトラッド靴 スタンダードデニム(ブラック)(ユナヒカ×チエコ) ¥23,000 + 税  佐伯さんからのコメント 「コンパクトな着丈と、ほどよいボリューム感で、デニムとの相性がいいセーター。さらに、このニットは、スヌードがはずせるのも魅力。もこもこのスヌードは、単独でコートに合わせたり、ワンピースに合わせたりと、活躍してくれること、間違いなしです」。スヌードをはずしたときの襟ぐりもほどよく詰まっていて大人好みのデザイン。アルパカ混なので暖かさも抜群で、アクティブに過ごしたい冬の日に最適。 COORDINATE intoca.(イントゥーカ) ネックウォーマーつきセーター ¥54,000+税 ブラック 詳しく見る chausser(ショセ) タッセルつきシューズ ¥35,000+税 ブラック 詳しく見る   いつものアイテムこそ年齢とともにアップグレードを!私がいつも考えているのは、「ふだん快適にきれいにいられる服」。もちろん外に出かけるとき着ても素敵だけれど、家の中でも気持ちよくまとえる、そんな服に囲まれて過ごしたいなと思っています。いろいろあった今年はますますそんな思いが強くなっています。そして、心がけるべきは、怠りがちな定番アイテムこそ、アップグレードすること。それを意識していれば、いくつになっても素敵な人でいられると思います。 佐伯敦子さん エクラプレミアム初登場! Fabiana Filippiのロングセラー – 上質チュールスカート – style 8 Fabiana Filippi優しいチョコレートブラウンはTシャツやハードめのブーツで自由にカジュアルダウンして  佐伯さんからのコメント 2018年の誕生以来、高い人気を誇るファビアナフィリッピの名品チュールスカートがついにエクラプレミアムに登場。チュールスカートは、合わせるトップスで印象を変えられるのが魅力。着用するオケージョンが広く、シーズンレスな素材なので、ほぼ一年中スタイリングに取り入れられるのもうれしい。「マウンテンブーツでカジュアルに着てもさすがの上質感!ぜひ日常に活用させてください」。 COORDINATE Fabiana Filippi(ファビアナフィリッピ) チュールスカート ¥109,000+税 ブラック、チョコレートブラウン 詳しく見る Paraboot(パラブーツ) AVORIAZ ブーツ ¥68,000+税 ブラック 詳しく見る   style 9 Fabiana Filippiブラックチュールの透け感と上品なコンパクトニットがつくるエレガントなお出かけスタイル sr YURI パンプス (セルジオ ロッシ×エクラ) ¥69,000 + 税  佐伯さんからのコメント 定番シリーズのカーディガンは、上質なメリノウール、シルクを中⼼に、カシミヤおよびベビーアルパカを巧みにブレンドした極上糸に、スパンコールを散らした非常に美しい一着。動きに合わせて品よくきらりと光るよう配されたスパンコールは、洗練された輝きを放つ。「スパンコールが施されていても、肌当たりがとてもよく、柔らかく軽い⾵合いが魅力。チュールスカートとの相性抜群です」。 COORDINATE Fabiana Filippi(ファビアナフィリッピ) スパンコールカーディガン ¥136,000+税 ブラック 詳しく見る Fabiana Filippi(ファビアナフィリッピ) チュールスカート ¥109,000+税 ブラック、チョコレートブラウン 詳しく見る   メイド・イン・イタリーのこだわりを日常に楽しんでファビアナフィリッピの技術力の高さを物語る、繊細なチュールを重ねた人気のチュールスカート。極限まで薄く軽やかに、そして柔らかく仕上げた上質チュールにギャザーを寄せ4枚重ね、一着当たり10m以上ものチュールを使用した実に贅沢なアイテムだ。「マウンテンブーツを合わせてカジュアルに着くずしても、ポインテッドトゥの美しいパンプスを合わせてフェミニンに着ても、変わらず素敵に着こなせる逸品です。大人がチュールスカートをはくときは濃い色のほうが断然上品です」と佐伯さん。エクラプレミアム初登場は、定番ブラックと、おしゃれな新色チョコレートブラウンの、大人におすすめの2色。日常に、スペシャルな場面に、活躍間違いなしだ。 佐伯敦子さん いつでもどこでも心地いい大人の日常スタイル全アイテムをご紹介 .is-style-fs-009::after {border-top-color:#d9eef0} 1. 上質素材を堪能できる万能チャコールグレー Brandyunahica(ユナヒカ) Itemクルーネックセーター colorチャコール Price¥39,000+税 カシミヤとウール、ヤクの絶妙な配合で、心地よさとおしゃれっぽさを両立。上品なチャコールグレーを採用し、どんな色のボトムやシャツとも好相性。着丈の差を楽しめる2サイズ展開。後ろ身頃には3本線のアクセント。計算されたデザインなので前後を逆にしてもOK! 2. こだわり生地で一日はいても疲れない Brandyunahica×chieko(ユナヒカ×チエコ) Itemスタンダードデニム(インディゴ) colorインディゴ Price¥28,000+税 Itemスタンダードデニム(ブラック) colorブラック Price¥23,000+税 ウォッシュやスレの具合、ヒゲの位置、ボタンのデザインなど、すべて黒田さんと佐伯さんの好みを反映。インディゴは通常より薄めの生地で、一日中はいても疲れないのも大きな特徴。ブラックはやや張りのある生地。1サイズ大きめをベルトで絞って、ジャストサイズをスッキリと。サイズはお好みで! 3. 冬の重ね着に重宝する薄手リネン Brandyunahica(ユナヒカ) Itemセットインフリルブラウス colorアイボリー、ブラック Price¥33,000+税 襟と袖に華やかな6枚フリルが施されたリネンブラウスは、ニットやジャケットのインに活躍してくれる一着。薄手でも張りのあるリネンだからフリルがきれいに立ち上がるのがうれしい。従来はラグランスリーブだったが、今回は肩がセットインになって、よりすっきりした印象に 4. カシミヤに包まれる心地よさを実感 BrandKristenseN DU NORD(クリステンセン ドゥ ノルド) Itemカシミヤカーディガン colorキャメル、ブラック Price¥130,000+税 オフショルダー&ゆったりシルエットで、上質なカシミヤにすっぽりと包まれているような感覚を味わえる。前立てとポケットのリブ、背中のセンターラインが上質カジュアルの決め手。前立てのリブ部分にスナップボタンがあり、閉めてもスッキリした印象 5. 大人の技ありシルクシャツ BrandKristenseN DU NORD(クリステンセン ドゥ ノルド) Itemシルクシャツブラウス colorナチュラル、キャメル Price¥68,000+税 上品な比翼仕立てのシャツ。バストあたりの前身頃に切りっぱなしのジョーゼットシルクを使用することで、こなれたカジュアル感も演出。カシミヤニットとのバランスのよさは絶品。優しい色合いの2色展開。袖口の一部にカシミヤニットを使用し、快適なフィット感 6. リピーター続出パンツに別注色も! Brand佐伯敦子×KristenseN DU NORD(サエキアツコ×クリステンセン ドゥ ノルド) Itemコットンストレッチパンツ colorディープフォレスト、ブラック Price¥39,000+税 登場のたびに大人気の、異素材使いがストレスフリーな定番パンツ。定番色のブラックに加え、エクラプレミアム別注色のおしゃれなディープフォレストが登場。この冬のヘビロテに決定!ふくらはぎ部分のみカットソー使用。腰まわりは少しゆったりのジョッパーズシルエット 7. 極上素材が醸し出す上品なたたずまい BrandHERILL(ヘリル) Itemカシミヤホールガーメントタートルニット colorナチュラル Price¥35,000+税 こだわり素材とユニセックスなデザインで注目のヘリル。肌当たりのいいホールガーメントのタートルは、着用するたびにつややかさを増す最高級カシミヤ(ゴールデンキャッシュ)使用。縫い目のないホールガーメント製法で、まったくノンストレスの快適な着心地 8. 伝説のマウンテンブーツを日常に! BrandParaboot(パラブーツ) ItemAVORIAZ ブーツ colorブラック Price¥68,000+税 世界中のアルピニストに愛されたマウンテンブーツを、パラブーツが現代的かつスタイリッシュに再現した名品。グリップ力とクッション性を兼ね備えた履き心地でタウンユースにも最適。登山靴に使われる製法、靴底とアッパーを縫いつける2列ステッチで高い防水性を実現 9. 首もとに添うハイネックが上品 Brandhumoresque(ユーモレスク) Itemハイネックドレス colorクリーム、ブラック Price¥70,000+税 後ろにボタンを配したシンプルなAラインシルエットのロングドレス。ボタンがあしらわれたロングカフスのアクセントや、首にゆったりと添うありそうでなかったハイネックが素敵。ナチュラルなクリームとシックなブラックの2色展開。体型を選ばないAライン 10. こだわりのつくりが美しい名品靴 Brandchausser(ショセ) Itemタッセルつきシューズ colorブラック Price¥35,000+税 注目の靴ブランド、ショセが20周年を迎え、復刻した名品のうちのひとつ。捨て寸を長めにとっているので履くと非常にシャープなシルエットに。ワイドなパンツにも合わせやすい逸品。フルブローグの穴飾りやタッセルなど長く愛着をもって履けるデザイン 11. 単独で使えるスヌードつきで便利! Brandintoca.(イントゥーカ) Itemネックウォーマーつきセーター colorブラック Price¥54,000+税 暖かなアルパカをループ状に撚よった糸は、プードルを思わせるようなかわいい表情。スヌードとのセットだから、合わせて着たり、別々に使ったりと着こなしの幅が広いのも特徴。コンパクトなシルエットなのですっきり着られる 12. 上質な素材と高い技術が生んだ逸品 BrandFabiana Filippi(ファビアナフィリッピ) Itemチュールスカート colorブラック、チョコレートブラウン Price¥109,000+税 ウエスト部分は幅広のゴム入りで着やすく、さらに横開きファスナーをつけてトップスをインしても端正な仕上がりに。大人の女性にふさわしい、理想的なボリューム感なのも人気の秘密。誕生以来の定番ブラックと今季の新色チョコレートブラウン 13. このうえない美しさと汎用性を両立 BrandFabiana Filippi(ファビアナフィリッピ) Itemスパンコールカーディガン colorブラック Price¥136,000+税 小さめのスナップボタンでとめられた、短め丈のカーディガン。コンパクトなシルエットだから、ボリュームのあるボトムとのバランスがとりやすく、さまざまな場面で活躍する一枚。コンパクトな着丈でスタイリングしやすい。スパンコールは控えめなのに効果的に輝く Profile佐伯敦子 ●さえき あつこ スタイリスト。『ユナヒカ』ディレクター。『éclat』創刊号から参加し、その鋭くセンスフルな美意識で女優やモデルからの信頼も厚い。 Profile黒田知永子 ●くろだ ちえこ 学生時代に『JJ』でデビュー後、『éclat』等数々の雑誌の表紙キャラクターとして活躍。世代・性別を問わず圧倒的な支持を得ている。 特集ページ掲載一覧はこちら エクラプレミアムTOP
  • ’20の新しいおしゃれ習慣 富岡佳子が着る「日常着こそ、名品を」 おしゃれの基準がよりカジュアルに、よりコンフォタブルにシフトした今。大人の日常でリアルに頼れるのは、ワンランク上の賢い定番アイテム。理由のある、冬の“名品”を厳選! 特集掲載一覧はこちら エクラ11月号掲載一覧 デジタルカタログを見る 名品file no.1 3.1 Phillip Lim ストレッチウールジョガーパンツ 2005年、当時31歳のクリエイティブ・ディレクターのフィリップ・リムが友人ウェン・ゾウとNYで創業したモダンラグジュアリーブランド。シンプルながらツイストを効かせた美しいワードローブは、おしゃれに一家言ある世界中のセレブたちからも絶大な支持を集めている。 アクティブなデザインと上質なウールの品のよさが絵になるたたずまいへと導いて 全身に黒を重ねたシンプルな装いも、シルエットの美しいパンツの一点投入で抜群の着映え感に。足もとのポインテッドトゥのパンプスが大人のエレガンスを呼び込んで。 3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム) ストレッチウールジョガーパンツ Colorネイビー、ブラック ¥57,000+税 詳しく見る ほんのりと漂うモード感でシンプルなワンツーコーデをこなれた大人の装いへと昇華 リラックス感を満喫したい休日には旬顔ニットとスニーカーを。ディテールにひとくせあるパンツと、ネイビー×白という洗練配色でぐっとこなれた印象に。 3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム) ストレッチウールジョガーパンツ Colorネイビー、ブラック ¥57,000+税 詳しく見る 3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム) クロップト クルーネックニット Colorアイボリー ¥47,000+税 詳しく見る  NY発コレクションブランドの『3・1フィリップ リム』。そのパンツのはきやすさ、シルエットの美しさはかつてエクラで特集を組まれたほど定評がある。すでに定番化しているパンツは何タイプかあるが、その中から今回“名品”として選んだのは側章と裾にリブ素材をあしらったテーパード。「購入してからもう5年以上たちますが、毎年はいています! 素足にはいても心地よいウール素材なので、真夏を除くほぼオールシーズン活躍中。今年は側章つきのパンツが人気だから、ますます出番が増えそう」とエクラプレミアム室長の宮田も絶賛。実際、店頭でお客さまから「あのパンツは?」と逆指名されることもあるという。足首をセンシュアルに引き立てるスリット入りの裾リブは、長身の人はクロップト丈、背の低い人はフルレングスでバランスよくはける絶妙な仕掛けに。側章は体型をすっきりと見せるアクセント効果だけでなく、伸縮性があるので長時間はいても疲れない。パンプスでもスニーカーでも受け止めてくれる万能さもエクラ世代には見逃せない。 名品file no.2 HERNO NEWエコファーショート丈ダウン 1948年、イタリアで誕生したラグジュアリーアウターブランド『ヘルノ』。受け継がれた職人の技を守りつつ、ハイテク素材などを積極的に取り入れ、常に進化中。今回セレクトしたエコファー素材を配したダウンは、昨年初登場&大ヒットしたアイテム。今年はより毛足が短く、よりなめらかでリッチな仕上がりにバージョンアップして登場。高さのある大きめのスタンドカラーは、暖かさはもちろん、小顔に見せてくれる効果も! 思わず頰ずりしたくなるふわふわなテクスチャーでおしゃれ気分もぐっと上昇! ふんわりとつやめくダウンジャケットのリッチな黒、チュールスカートの透け感のある黒。さらに足もとにはショートブーツでレザーの黒を重ねたオールブラックのチャーミングな装い。「腰骨位置に収まる着丈なので、ロング丈のスカートとは相性抜群です」(スタイリスト・戸野塚かおるさん)。 HERNO(ヘルノ) エコファーショート丈ダウン Colorブラック、クリーム ¥108,000+税 詳しく見る 別冊カタログの表紙で着ているのはコレ! 『ヘルノ』『タトラス』といえば、エクラプレミアムでは“完売ダウン”でおなじみのブランド。「今の生活習慣にもフィットして“これなら欲しい!”と思っていただけるものを探しました」(宮田)。昨年までは膝丈~膝下丈にこだわって選んでいたけれど、「すでにお持ちのかたが多いと思う」のであえて軽やかなショート丈を選択。流行(はや)りのマキシ丈スカートなどボリュームボトムから細身のパンツまでバランスよく合わせやすく、近所への買い物からちょっとしたお出かけまで対応。新しい定番としても、2着目の名品アウターとしてもおすすめしたい。 HERNO(ヘルノ) エコファーショート丈ダウン Colorブラック、クリーム ¥108,000+税 詳しく見る 名品file no.3 TATRAS ミドル丈Aラインダウン“KOSAVA” 『タトラス』は、2006年にスタートしたイタリア発のアウトフィットレーベル。ベーシックで美しいシルエットと高機能素材へのこだわりにファンが多い。昨シーズン大人気となった、表情のあるウールファブリックを継続した本モデルは、ヒップラインを隠す丈。絶妙にウエストラインを絞った立体的なAラインで、全方位きれいに見える。動きやすさも計算された、いつでも頼れる一着だ。 F/Leather Skinny パンツ(ルームエイト)¥28,000+税 軽やかなファブリック素材と優雅に広がるAラインが暖かさと美しさを見事にかなえて 軽く絞ったウエストとヒップまで隠れる絶妙な丈感で、スキニーパンツも安心してはける。リッチなファーとぬくもり感のあるウール素材のダウンジャケットに、黒のレザー風のパンツで、ほんのりとエッジを効かせたワンランク上のカジュアルスタイルが完成。 TATRAS(タトラス) KOSAVA Colorチャコールグレー、ブラック ¥118,000+税 詳しく見る コーディネートで使用した4アイテムをご紹介 .is-style-fs-009::after {border-top-color:#92a0da} 身長や体型、靴合わせもオールクリア!自信を後押ししてくれる秀逸パンツ 01 3.1 Phillip Lim ストレッチウールジョガーパンツ ¥57,000 +税 イージーなデザインを引き締めて見せる美しいテーパードシルエット。微光沢の上質なウール素材がスーツのように端正な雰囲気を演出。絶妙な幅の側章が縦ラインを美しく補整し、脚長効果も。 ここがPOINT! ・側章がリブ素材膝も出ず、動きやすいうえに美しいラインをキープ。・裾リブの内側にスリット入りちらっと見える骨ばったくるぶしが華奢さを強調。 詳しく見る どんなボトムにもバランスのよい丈。ラグジュアリーな着心地もその魅力 02 3.1 Phillip Lim クロップトクルーネックニット ¥47,000 +税 柔らかな着心地にこだわったというニットは、ざっくりとしたアルパカ混の贅沢な風合いとピュアなアイボリーで幸福感も加えてくれる。着丈は少し短めで、ボトム合わせの悩みも解消してくれる。クルーネックに、ボリューム感をもたせた裾がモダンなムードを呼び込んで 詳しく見る リッチにつやめくファー素材でひときわの着映え感を約束 03 HERNO エコファーショート丈ダウン ¥108,000 +税 シャーリング生地が持つ伸縮性で着心地快適。凹凸のある表面感でナチュラルな雰囲気に。伸縮性のある着心地快適。 ここがPOINT! 内側の生地も美しい光沢感。ファスナーはゴールド。ダブルジップでボリューム調整も簡単。 詳しく見る ワンピースやワイドパンツも◎。防寒も約束するミドル丈に人気集中 04 TATRAS KOSAVA ¥118,000 +税 撥水と防汚加工、しわ防止加工を施したイタリアの高機能な軽量ウール素材を使用。高さのあるスタンドネックや、取りはずし可能なフードのファーのあしらいで、エレガントに防寒をかなえてくれる。 ここがPOINT! 両わきには縦にステッチ入りギャザーの配されたサイドスタイルがモダンな印象に。裾の内側のコードで裾をキュッと締めれば腰まわりがより暖か。生地と同色のダブルジップを採用 詳しく見る 特集掲載一覧はこちら エクラ11月号一覧はこちら エクラプレミアムTOP
関連キーワード

RECOMMEND