猛暑のおしゃれ対策♡【肌みせ服】30代が着こなすための似合わせ術
@BAILA

35℃を超える真夏日が続く毎日、透け感のあるレースやシースルー、オフショル、背中あきなど【肌みせ服】を着ることが多くなる季節。でも「年齢相応に素敵なラインってどこまで!?」と迷ってしまうもの。そこで、大人にふさわしい肌みせコーディネートのコツを、人気スタイリスト辻 直子さん、百々千晴さん、佐藤佳菜子(さとかな)さん、安西こずえさんの4人に聞きました!

質問:歳相応の素敵な肌みせ、プロ4名のファイナルアンサー!

【辻 直子さんのアンサー:透ける素材を取り入れて】
「肌を直接見せるより、透ける素材を取り入れたい気分。ネイビーの、ハリ感のある素材のワンピースは、私にとってスタンダード、"ゼロ地点"にあるアイテム。だからこそ透ける素材やミニ丈という遊びが入るのが、全体としてちょうどいいバランスなんです」 ワンピース/サカイ
【百々千晴さんのアンサー:しゃれ感のあるワンショルダーで躊躇なく肩出し!】
「夏に肌見せすることはあまり抵抗がないですね。モテたいと思って着ることもないので(笑)、ワンショルダーニットのようにシンプルかつモダンなものを選びます。キメてる感が出ないよう足もとはサンダルでラフに」 トップス/Wendelborn パンツ/Khaite サンダル/ANCIENT GRREK SANDALS
【佐藤佳菜子さんのアンサー:みんなオフショルダーだから、レースブラウスでちょい見せ】
「肩をむき出しにするのが流行りすぎていて少し恥ずかしいので、レースブラウスでちょっと肌を見せるくらいが気分です。同系色のパンツで淡いワントーンにまとめると目を引くし、夏は涼しく過ごせるので好きなんです」 トップス/ルーニィ パンツ/ドロシーズ 
【安西こずえさんのアンサー:背中を出すなら下は隠す。バランスが大事】
「前から見ると普通のカットソーですが、後ろがクロスで大胆に肌見せしています。上を出すなら下はゆったりパンツで隠す、というのも私のルール。ペイズリーのような柄パンツがあると一気に今年らしく装えます」 トップス/ノーブランド パンツ/アクネ ステュディオス バッグ/ラドロー

撮影/岡田 潤〈BE NATURAL〉、中田陽子〈MAETICO〉、水野美隆〈zecca〉、鈴木 新〈go relax E more〉 へア&メイク/麻生陽子〈ilumini.〉、清水美知、森野友香子〈Perle Management〉、森ユキオ〈roi〉 取材/昼田祥子 ※BAILA2018年8月号掲載 ※掲載アイテムはすべて私物です

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND