田中哲司と田中圭が、エンタメ界のドロドロを演じる。【オススメ☆ステージ】

DAILY MORE

話題のステージの中から、キーワードに沿ったイチ押し舞台、そして2本のおすすめをご紹介します。

【今月のキーワード】“ふたりの田中”が挑む衝撃作

ハリウッドの超大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインへの告発に端を発し、世界中に広がった反セクシャルハラスメント運動『#MeToo』。華やかに見えるエンタメ世界の裏側、それも、女性の地位は日本よりもはるかに向上していると思われていたアメリカでさえ、傲慢な権力者による理不尽な仕打ちと犠牲のもとに成り立っているのだと思い知らされた。『サメと泳ぐ』は、そんなエンタメ界のドロドロした実情が顕在化するのを予期していたかのように、2007年の時点でクリスチャン・スレーター主演によって上演されていた作品。今回日本版で暴君的なプロデューサー、バディ役に扮するは名優・田中哲司。バディの新人アシスタントで脚本家志望のガイ役の田中圭は、主演ドラマ『おっさんずラブ』で男性に求愛される“はるたん”を好演し旋風を巻き起こしたばかり。芸達者で売れっ子な“ふたりの田中”に「この作品に参加したい」と思わせたのが、千葉哲也という存在。名バイプレーヤーにして、深い洞察力のある演出家が、どれだけ人間の欲望をえぐり出すのか期待が高まる。

本作のオリジナルは、1996年に公開された映画『ザ・プロデューサー』。脚本・監督のジョージ・ホワンは、インターン時代から大手映画会社を渡り歩いてきた人物。彼が見聞きした実話から着想を得ているだけあって、ブラックコメディながらリアリティも十分で見応えたっぷり! 主演であるケヴィン・スペイシーが多くの俳優からセクシャルハラスメント被害を告発され、キャリアと名声をふいにしたことは、なんとも皮肉な話だ。

【今月のイチ押し☆ステージ】『サメと泳ぐ』人間性は最悪ながら次々にヒット映画を生むバディ、成功を夢見る助手のガイ、その恋人でフリーのプロデューサー・ドーン(野波麻帆)をめぐる権力闘争や男女の駆け引きを、怒濤の台詞劇で見せる。演出の千葉哲也は、役者として出演も。◆ 9/ 1 ~ 9  世田谷パブリックシアター(地方公演あり) ●サンライズプロモーション東京 ☎0570・00・3337
リアリティも十分で見応えたっぷり! 『ザ・プロデューサー』大物プロデューサー・バディのもとで働く脚本家志望のガイ。強烈なハラスメントに耐える中、昇進に命を懸けるバディは、恋人であるドーンの企画を利用しようとガイにある提案を持ちかける。Everett Collection/アフロ

【オススメステージは『ゴースト』と『ローリング・ソング』】

『ローリング・ソング』日本を代表する劇作家・鴻上尚史が書き下ろしたオリジナル音楽劇。夢に翻弄される3 世代の男を、中山優馬、松岡 充、中村雅俊と個性豊かな3 人が演じる。共演に、森田涼花、久野綾希子ら。作詞・音楽監修は、歌謡曲からロック、アニソンまで手がける多才な森 雪之丞。◆ 8 /11~ 9 / 2  紀伊國屋サザンシアター ●サンライズプロモーション東京 ☎0570・00・3337
『ゴースト』大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をもとに生まれたミュージカル版。美しい愛のナンバーを希代のミュージカルスター浦井健治らが歌い上げる。ヒロインは宝塚歌劇団卒業後初舞台となる咲妃みゆとAKB48時代から数多くの舞台に挑んできた秋元才加、実力派女優によるダブルキャスト! ◆ 8 / 5 ~31 シアタークリエ ●シアタークリエ ☎03・3591・2400--------------------MORE2018年8月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 原文/小泉咲子--------------------




関連記事
  • 【栞里のちょっと行ってみ!?】富士山のふもとでワカサギ釣り!大人気モデル・佐藤栞里ちゃんの、愉快でハッピーな休日をレポート。今月は富士山のふもとでワカサギ釣りにお出かけした様子をお届けします♡山中湖では冬期、富士山を間近に望む絶好のロケーションで、ドーム船に乗ってワカサギ釣りが楽しめる。船内は暖かくさおもレンタルできるので、手ぶらで気軽に行けるのもうれしい。「海釣りはたまに行くのですが、ワカサギ釣りは初めて」という栞里、何匹釣れるかな?虫が苦手の栞里、エサの赤虫(蚊の幼虫)を針につけるのにしばしフリーズし、結局半泣き(笑)。ワカサギは湖の底にいるので、おもりが湖底につくまで釣り糸をたらしてたまに上下に動かす“誘い”がポイント。すると……ものの数分で1匹目をゲット! その時の興奮ったら!そしてハイライト! なんと3連で!! エサにかかった瞬間を逃さずさおをぐっと引っぱるのが確実に釣り上げるコツらしく、どうやらセンスあるみたい「一日中でも釣っていられます♡」という言葉どおりひたすら没頭した結果、釣れたのは約4時間で21匹! すごい! 一昨年の夏川釣りへ行った時には半日頑張ってイワナ1匹だったのに(笑)。それもそのはず、ワカサギ釣りは初心者でも比較的簡単らしく、特に朝早いほうが釣れるとのこと。その場ですぐ天ぷらにしてくれる、そのお味も本当に格別♡ねえ本当に行って! お願いだからワカサギ釣りへ行って!「いつでも行けるからまあいっか、なんて軽く考えていた自分に言いたい。ワカサギ釣りに今すぐ行きなさいと! 今まで本当にもったいなかったなぁ……と思ってしまうくらい! ひたすらさおの先を見つめ続けるドキドキの時間も、釣れた喜びで顔を上げた瞬間に出合える緑や波打つたびに輝く湖。深呼吸しようと外に出ると視界いっぱいの富士山! どの瞬間も新鮮で美しくて、まさにパワーチャージの場所でした。大好きな人たちに同じ気持ちになってほしいから、今必死にワカサギ釣りをプレゼンしながら過ごしています(笑)。」(栞里)【今回お伺いしたのは……『ガクロクマリン』】冬期以外はウェイクボードやSUPなどのマリンスポーツ。山中湖でのさまざまなアクティビティを楽しめる。さらに詳しい情報が♡ 「佐藤栞里のちょっと行ってみ!?」を本誌でもチェック!“ちゃま”の愛称で親しまれている、大人気モデル・佐藤栞里ちゃんの本誌連載『佐藤栞里のちょっと行ってみ!?』。毎号、栞里ちゃんがお出かけした場所を素敵な写真&栞里ちゃんのトークをたっぷり掲載しています。栞里ちゃんの可愛らしくて、優しい人柄がぐぐっと伝わってくるハートフルでワンダフルなこの連載。本誌には、まだまだたくさんの裏話がありますよ♪ ぜひとも毎号、雑誌MOREでチェックして♪▶▶▶「佐藤栞里」のその他の記事はこちら ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ MORE2019年3月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!   撮影/伊藤大作(The VOICE) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/佐藤栞里
  • 靴やバッグ、ストールなどに赤を取り入れて華やかさをプラスしたり、赤いコートやトップス、ボトムでダークトーンになりがちな冬の着こなしを鮮明にブラッシュアップしたり……。赤を上手に取り入れて、コーディネートの幅を広げよう。【目次】 ・アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ ・ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ ・靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて ・セットアップで大胆に赤を投入■アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】真っ赤なビッグコート×デニムパンツコーデベーシックカラーとのコントラストがドラマティックに映える赤のパワーを活用。冴えた赤はネイビーと好相性。ビッグシルエットをたおやかにはおって。生地をたっぷりと贅沢に使った、真っ赤なビッグコート。ダークカラーをすでに着倒したこの時期、パワーのある色の力を存分に借りて、ネイビーとともにフレッシュに着こなそう。 コート¥145,000・デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー カットソー¥21,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥122,000・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)【 2 】赤ニット×サーキュラースカートコーデアウターの中の気分を変えたいと思うなら、ニットを主役に赤をさして。シンプルなハイゲージのタートルニットは汎用性が高く、使いやすいから、買い足す価値アリ。ボトムは淡ベージュで明度を変えると、より新鮮に。分量感のあるサーキュラースカートとともに、温かみも女らしさもアップデート。 ニット¥25,000/スローン スカート¥72,000/マディソンブルー ピアス¥156,000・バングル¥326,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック)▶冬のダークトーンに飽きてきたら、ハッと目をひく「赤&ピンク」をデイリーコーデに投入!【 3 】赤ニット×ロングコートコーデ胸もとの赤が目線を引き上げ、ロングコート×ワイドパンツもスタイルアップ。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】【 4 】トレンチコート×赤ニットコーデトレンチのベージュとなにより相性がいいのはベリーレッド。アラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。 ニット¥20,000/ロンハーマン トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥19,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バッグ¥52,000/リエス(メゾン ボワネ)▶「レッド~ピンク」のさし色ニットで冬の大人のきれいと華やかさを引き寄せて【 5 】赤ニット×ブラックデニムコーデグレーがかったブラックなら発色のいい赤ともなじみよし!「腰から膝下にかけて、徐々に絞ったゆるめのテーパード。やや短めのレングスはヒール靴とも好バランスです」(染谷さん)。グレーに近い色落ちブラックは、鮮やかなきれい色ニットとも上品に決まる。 デニム¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) カーディガン¥31,000/スローン サングラス¥36,000/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥49,000/アマン(エレメ) ストール¥13,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥22,000/ANAYI▶上品見えも細見えもかなう! 3大人気ブランドのブラックデニム×秋の最旬コーデ【 6 】赤カーディガン×トレンチコートコーデトレンチのベージュと赤は好相性。女っぽいのに甘すぎず、着こなしがドラマティックな表情に。トレンチの凛としたムードを引き立てつつ、さりげなく女っぽさを演出してくれる赤。あえてストールできかせるのではなく、肩がけしたニットで無造作に投入し、こなれ感を出して。 トレンチコート¥79,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥19,000・カットソー¥10,000/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥9,200/ビームス ハウス 丸の内(べべ)▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】【 7 】赤ニット×グレンチェック柄コートコーデ大きめが旬のグレンチェック柄コートはバサッと羽織っていい女風に着こなして。トップスにほんの少し効かせるレッドとパンツは落ち感のある細身を選び女っぽく。 コート¥73,000・ニット¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥16,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パンツ¥29,000(セオリーリュクス)・ストール¥39,000(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス)/リンク・セオリー・ジャパン ピアス¥23,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) ローファー¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) トートバッグ¥6,900/L.L.Bean     ▶秋冬も大活躍の黒パンツにはグレンチェック柄コートが相性ぴったり【2018/12/3コーデ】 ■ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】赤のコーデュロイパンツ×ブラウンニットコーデコーデュロイ素材の縦畝うねが生む独特の光沢は、マットになりがちな冬の着こなしにこそ効果的。特に今季は、やや細めの畝やきれいめシルエットなど、野暮ったさとは無縁の、女っぷりのいいボトムが豊作!感度の高い旬顔カジュアルにトライして。美脚をかなえるセミフレアシルエットが、コーデュロイパンツにおいては新しいスタンダードに。ブリックレッドの今どき感も手伝って、流行のブラウントーンもひときわ新鮮な表情に。 パンツ¥32,000・ニット¥32,000/オーラリー 帽子¥38,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロックアンドコー) ピアス¥19,000/フレームワーク ルミネ新宿店(サスキア ディッツ) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス) バングル¥4,000(アンジェラ カプチ ジュジュ)・靴¥114,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/プラージュ 代官山店 バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶2019年冬のカジュアルコーデをもっとおしゃれにアップデートする方法【前編】 【 2 】赤のチェック柄スカート×ネイビーコートコーデ今季復活のネイビーコートは断然長め丈。トレンチコート風が新鮮。清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし!だからオフィスでもプライベートでも大活躍。 コート¥120,000/ebure ニット¥6,990/プラステ スカート¥30,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) 時計¥100,000/ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バングル¥9,000/NOJESS バッグ¥39,000/オルサ(オルセット) 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)  ■靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて【 1 】赤バッグ×パンツコーデセリーヌの鮮やかな色のバッグをアクセントに。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 【 2 】赤のショートブーツ×デニムパンツコーデ「秋冬は黒ブーツを履くことが多いのですが、今季はカラーブーツをあちこちで見かけて気になっていました。トライしたのは、『ファビオ ルスコーニ』の赤のショートブーツ。ちょっとダークな色みに加えてスエード素材ならではの柔らかいニュアンスのおかげで悪目立ちせず、意外といろんな着こなしになじみます。いつものデニムの日こそ、足もとのアクセントで今っぽさを楽しみます」。 カーディガン¥49,000/カオス丸の内(カオス) ファーバッグ¥42,000/ゲストリスト(アロン/ハウント代官山) SHOES:FABIO RUSCONI CARDIGAN:Chaos T-SHIRT:TANGTANG DENIM:upper hights STOLE:Johnstons BAG:arron▶モデル五明祐子「“きれい色”の華やかさが気分!」【My Life,My Fashion!】 【 3 】赤バッグ×白のゆったりニットコーデ大人の白ニットは「甘く」ではなく「かっこよく」着たい。たっぷりとした首もとや長めの袖など、ルーズなシルエットが目をひく一枚を、センタープレスがきいたきれいめパンツとヒールで女っぷり高く着こなして。白に映える赤いバッグとリップもアクセントに。 ニット¥43,000/クルーズ(エリン) パンツ¥53,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ピアス¥5,463/バナナ・リパブリック バッグ¥25,000/ティースクエア プレスルーム(MODALU) パンプス¥44,000/プラージュ 代官山店(ネブローニ) ▶春を感じさせる「白」を大きく取り入れてシャレ見え!【トップス編】【 4 】赤バッグ×柄スカートコーデベーシックカラーにプリントされた赤と白で奏でる華やかな柄のスカート。ジャケットをONしてもフェミニン度が高く、どこか人をほっとさせてくれるような優しさをプラスしてくれる。 ジャケット¥21,000・とろみハイネックブラウス¥12,000(ともにエムセブンデイズ)・ギャザースカート¥26,000(シンゾーン)・トートバッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥25,000(カルツァイウォーリフィオレンティーニ)/SHOP Marisol     ▶ストレスフリーな笑顔の秘密はギャザーづかいの楽ちんスカートにあり【2019/1/22コーデ】 【 5 】赤パンプス×黒ニット&デニムパンツコーデ大好きな黒ニット×デニムの黄金コーデにチェックのストールで旬のトラッド要素をプラス。ケーブル編みが華やかなざっくりとしたローゲージニット&デニムを、上質な小物で大人っぽく仕上げて。チェックのストールや赤いパンプスなど、主張のある小物も落ち着いたムードにまとめてくれるのは、「黒」がもつ上品さのなせるワザ。 ニット¥19,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) デニムパンツ¥36,000/サザビーリーグ(マザー) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ベグアンドコー) バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥48,000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥64,000/アマン(エレメ)▶冬の「黒」は“どこかに抜け感”で「強すぎない女」を目ざす【 6 】赤パンプス×シャツワンピースコーデ片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。足もとは仕事運をあげてくれる勝利の赤をポイントに。ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)      ▶きちんと見えて女性らしさもあるシャツワンピースで最終プレゼンへ【2018/12/27コーデ】【 7 】赤バッグ×ネイビーニットワンピースコーデボートネックでゆるやかなAラインを描くシンプルなネイビーニットワンピース。オフィスでは一枚で着てタイツを合わせたり、週末にはパンツをインしたりと着回しやすそうなので、アラフォーのワードローブにおさえておきたい定番に。そこに、ハッとする赤小物を投入してみる。ワンピース¥36,000(スローン)・カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ)・バッグ¥41,000(ペリーコ)・サイドジップショートブーツ¥46,000(ペリーコ サニー)/SHOP Marisol     ▶ネイビーワンピースにはクリスマス気分を先取りする赤小物が似合う【2018/11/20コーデ】 【 8 】赤パンプス×ネイビーブラウスコーデネイビーブルー、ホワイト、レッドの3色でフレンチを意識したオフィスコーデで品よく。とろみのあるボウタイ風ブラウスは、仕事服としてのきちんと感をキープしつつ女性らしさをきわだたせてくれるから、会食のようなちょっと改まった席におすすめ。パンツのフロントデザインを生かして、ブラウスはインしてすっきりと着こなして。ブラウス¥9,900・コスミカルウォームテーパードパンツ¥16,500(エムセブンデイズ)・バッグ¥42,000(ペリーコ)・バレエシューズ¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol        ▶ネイビーの華ありブラウスで上品な大人トリコロールコーデの完成!【2018/10/16コーデ】 【 9 】赤のチェック柄ストール×ムートンコートコーデ淡く優しいグレーは、ダークカラーのスタイリングが増える秋冬にひときわ目立つ存在。フェイクムートンだからとにかく軽くて暖かい! 袖口を折り返して、あえて裏側のファーを見せてアクセントに。大きめのポケットが、ポイントでありつつ実用面もクリア。 フェイクムートンコート¥28,000(エムセブンデイズ) シルクウールリブニット¥12,000(エムセブンデイズ) カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ) ショルダーバッグ¥47,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶今シーズンの相棒はどれ? 秋冬のおしゃれを託す新作コート【 10 】赤のクラッチバッグコーデヴィンテージの流れに乗って、ポシェットがブーム再来の予感。着こなしに今っぽいレトロテイストが欲しい日に。クラッチタイプはリストストラップつきをマーク。 ▶90年代風ポシェットやクラッチブームが到来?【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 ■セットアップで大胆に赤を投入ほどよくインパクトのある赤がダークになりがちな冬の装いをブラッシュアップしてくれる!  ほかを黒で統一してセットアップの小粋さを引き立てて。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】
  • ついに日本メジャーデビューを果たした9人組ボーイズグループ「PENTAGON」にも視線集中★日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のライフスタイル記事。人気のあった記事を見れば、毎日がハッピーになるヒントが見つかるかも!? ということで、2/9(土)~2/15(金)のライフスタイル人気ランキングを発表しちゃいます! 今週は、はじまったばかりのスタバさくら記事が大・大バズり中!!※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。♡第3位♡「PENTAGON」【インタビュー後編】 第3位は、2/13(水)にシングル『COSMO』でついに日本メジャーデビューを果たした9人組ボーイズグループ「PENTAGON」インタビュー後編。デビューが決まったときの気持ちや、デビュー曲『COSMO』の魅力、ポイントを語ってくれました! ▶︎▶︎メジャーデビューはとても大きなこと♡第2位♡「PENTAGON」【インタビュー前編】 第2位は「PENTAGON」のインタビュー前編。リーダー・フイは便利な男? メンバーも惚れる美しい胸筋の持ち主とは? 音楽よし、ダンスよし、ルックスよし、そしてユーモアありの9人組に注目♪ ▶︎▶︎今年ブレイク必至のアーティスト!♡第1位♡スタバのさくらが今年も登場! 第1位は、待望のスタバ新作SAKURAシリーズ全部みせ♡ キュートなカップのドリンクや、新作フード、限定アイテムなど気分がアガるスタバのさくらをお見逃しなく:) ▶︎▶︎今年のさくらはひと味ちがう♡あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるライフスタイル情報を更新中。いつもチェックして、いつもの生活をもっと楽しんで♬→先週までの「ライフスタイル人気ランキング」はこちら!
  • 2019年2月17日(現地時間)に38歳の誕生日を迎えるパリス・ヒルトン(37)。ひと足早く、ニューヨークでバースデーパーティを開催! Photo:Getty Images マンハッタンにあるナイトクラブで行われたこのパーティ。会場はピンクにライトアップされ、大量のハート型バルーンでデコレーション。さらに壁にはパリスのポスターが飾られ、かつて流行らせた口癖「That’s Hot」の文字が入ったクッキーも用意されるなど、パリス一色に。 この日、プラチナブロンドのウィッグにシルバーのドレスを着用し登場したパリス。妹ニッキー・ヒルトン(35)がケーキを持ってくると、ポーズを決め記念撮影! 友人たちに囲まれ、いつになく幸せそうな笑顔を見せた。 View this post on Instagram No better way to kick off Valentines Day then to celebrate my Birthday at home with my #NycCrew by @KevinOstaj Paris Hiltonさん(@parishilton)がシェアした投稿 - 2019年 2月月14日午後1時29分PST さらにゲストのひとりであるギリシャのマリア=オリンピア王女(22)がインスタグラムで公開した動画には、テーブルの上に立ち、ノリノリで踊る姿が。途中、勢い余ってケーキを踏みつぶすも、気にせずダンスを続けるというパリスらしい一幕も。 Photo:Instagram(@olympiaofgreece) そんな様子にブレイクした当時を思い浮かべるファンも少なからず。あれから10数年、ミニスカートで踊るのは今も昔も変わらない? 2003年、パリスのバースデーパーティ/Photo:Getty Images 世間を驚かせたクリス・ジルカ(33)との婚約破棄から、約3カ月。破局直後には「すぐには誰かとデートするつもりはない」と話していたパリスだが、関係者によるとすでに恋愛に意欲的だとか。「知り合いの男性と会ったりして、ボーイフレンドを探し始めているよ」と証言している。 Photo:Getty Imagesさらに今月初めには、パリスをよく知る弟バロン・ヒルトン(29)も「姉に新しい恋人ができるのは時間の問題」とコメント。シングルライフを満喫するも、もしかしたらもうお目当の男性が見つかっているかも? 38歳になっても、ゴシップを騒がせてくれそうなパリスから目が離せない! 元祖お騒がせセレブ、パリス・ヒルトンの「おバカ伝説」をプレイバック!(外部サイト) パリス・ヒルトンがまさかの婚約破棄! おしどりカップルに一体何が!?(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • 今から40年前、川久保玲は誰よりも早く常識を打ち破りジェンダーレスのメンズウェアを生み出した。彼女はその道を、今も突き進み続けている  東京の桜がちょうど満開になった4月初旬のある朝早く、閑静な南青山の名もないオフィスビルに100人ほどの個性的な装いをした人々が集まった。建物の外観(何の変哲もないレンガのビル)やその内部(ベージュ一色で空っぽでさらに特徴がない)とは対照的に、そこに入っていく人々の姿は、街路をふんわりと覆うピンクの花びらと同じように、いや応なしに視線を釘づけにする。そこには宗教的ファンダメンタリストや16世紀の肖像画の人物、はたまたフェデリコ・フェリーニ監督の映画『道』(1954年)のエキストラと見まがうような格好をした人までいた。彼らは黙ったまま無表情に会釈を交わしながら、代わるがわる後方の人のために扉を押さえていた。 ARTWORK BY GENGOROH TAGAME  1969年に川久保玲が立ち上げたアヴァンギャルドなファッションレーベル「コム デ ギャルソン」は東京でも年に4回、社員とバイヤーだけのための展示会ミニショーを開く。社員は、川久保が求める厳密な基準に沿って、メゾンのあらゆる美学のルールを熟知していなければならない。この美学を守るために彼らは人生を捧げているも同然なのだ。グレーの絨毯を敷き詰めた会議室には、合板製のショーステージが特設されていた。その横にプラスチックの折りたたみ椅子が整然と並び、蛍光灯はチカチカと点滅している。そんななかで完璧なメイクとヘアスタイルのモデルたちが何千マイルも離れたパリで、何カ月も前に披露された今シーズンのコレクションを披露した。 チュールを何層にも重ねたスカートやプラスチックのヘッドピースを身につけたモデルたちは、ルイス・キャロルの世界から抜け出してきたようだった。だが彼らの存在はどこか場違いで、さして重要ではないようにも見えた。私は懸命にランウェイだけに注目しようとしたが、どうしても向かいに座っている数十人の、全身をコム デ ギャルソンで固めた社員の姿が視界に入ってくる。彼らは共通のイデオロギーを掲げて闘志に燃える集団を思わせた。大半の人が前髪のあるヘアスタイルで、ジュエリーは身につけていない。ウォッシュド・ウールのラッフルジャケットを着ている人や、アルチンボルドの絵画をプリントしたガウンをまとい、アレルギー用マスクをつけている人もいた。レイヤードスカートはロング丈で、誰もがアンクルソックスをはき、シューズはフラット、ピーターパン・カラー(先が丸く幅が広い襟)はオーバーサイズだ。多様なシーズンとライン(コム デ ギャルソンには18ものラインがある)が入り交じったコーディネイトは強烈で目がくらみそうだった。ウィメンズウェアを着ている男性や、メンズウェアを着ている女性もいた。しまいに私は、メトロポリタン美術館で2017年に催された『川久保玲/コム デ ギャルソン: Art of the In-Between』回顧展の会場に引き戻されたような気になった。だがここで目にした彼女のアーカイブは命を吹き込まれたようで、展示会に並んでいたものよりずっと身近で、迫ってくるようなインパクトがあった。(パリ・コレクションで発表された2019年春夏をチェック) >>2019年春夏コレクション「COMME DES GARÇONS」を、もっと見るSOURCE:「The Great Liberator」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY ALICE GREGORY, PHOTOGRAPHS BY LAURENCE ELLIS, ARTWORK BY GENGOROH TAGAME, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO NOVEMBER 12, 2018 その他の記事もチェック その「ものづくり」はどこから来るのか ファッション界随一のファンタジスト、山本寛斎が再ブームに<前編> パリ・コレクションで発表された「コム デ ギャルソン・オムプリュス」の2019年春夏コレクションより(撮影もパリにて)。強烈な異彩を放っていたのが、プラスチック製の動物の目や牙をあしらったゴールドチェーンのネックレス PHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLISPHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLISコム デ ギャルソン・オム プリュスの2019年春夏コレクションのテーマは「クレイジースーツ」。服の丈を縮め、ラテックス製ヘアピースをつけて“男性らしさ”とスーツの常識を覆した。ヘアピースをデザインしたのはショーのヘアスタイリストとして川久保と長年コラボレーションをしているパリのジュリアン・ディス PHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLIS2019年春夏コレクションで川久保はスーツのシルエットと構造を崩してクレイジーなタキシードや複雑なひねりを効かせたセットアップ、縮めているのに。オーバーサイズなシルクスーツなどを披露した PHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLISPHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLIS
  • シンガポールを舞台にしたロマンチック・コメディ『クレイジー・リッチ!』の世界的ヒットをきっかけに、ハリウッドは今、アジアンブームが到来中。本作品で個性的なキャラクターを熱演するキャストはなんと、全員がアジア系。作品の面白さに加えて、ハリウッドにはこんなにアジア系俳優がいたの!?と、その数と多様さにも驚かされた人も多いのでは? さらに今年のゴールデングローブ賞では、ドラマ『グレイズ・アナトミー』でおなじみのサンドラ・オー(47)がアジア系の俳優として初めて司会に抜擢され、サンドラ自身が主演を務めるドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』でテレビ部門の主演女優賞にも輝くという、歴史的快挙も! photo:Getty Images いまだかつてないアジア系俳優ブームの今だからこそ、絶対におさえておきたい、アジアンビューティー33人をピックアップ。人種の壁を超え、欧米の映画やドラマ、音楽、ファッションシーンで活躍する彼女たちの姿に、勇気とインスピレーションをもらえるはず!  photo:Getty Images, Aflo text : Makiko Ota   >>華やかさを取り戻したゴールデングローブ賞! サプライズ演出から華麗なドレスルック35選までを一挙公開 元エンジェルのドリュー・バリモア&ルーシー・リューも太鼓判! 新『チャーリーズ・エンジェル』に期待が高まる
  • 日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のビューティ記事。人気のあった記事を見れば、キレイの法則が分かっちゃうかも? ということで、2/9(土)~2/15(金)のビューティ人気ランキングを発表しちゃいます! 今週は、本田翼のボブヘア4変化が注目度No.1☆※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。♡第3位♡アイシャドーは“オレンジブラウン”にチェンジすべし! 第3位は、のぼり坂OLコスメ委員会がおすすめする春メイクのアイシャドー“オレンジブラウン”。おしゃれさが格段に上がるのに、派手になりすぎないから大人女子にぴったり♪ ▶︎▶︎お仕事メイクにも使える!♡第2位♡『ルナソル』限定アイシャドーをお試し 第2位は、ライターゆうりが『ルナソル』の限定アイシャドーをお試し。上品なカラバリのパレットは、絶妙なツヤ感とパール感で今っぽい! ▶︎▶︎「恋コスメ」と話題♡第1位♡本田翼のボブヘア4変化をまねっこ! 第1位は、ボブヘア、ミディアムヘアさんにおすすめの、簡単ヘアアレンジ4選! 手持ちの冬服が見違えるヘアアレンジで、印象チェンジしてみて♪ ▶︎▶︎前髪を“7割”上げてみる?あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるビューティ情報を更新中。いつもチェックして、キレイのアンテナ張っておいてね♬→先週までのビューティランキングはここからチェック
  • 突然姿を消した伝説のデザイナー、マルタン・マルジェラの素顔と、ブランド設立から彼が去るまでの「メゾン マルタン マルジェラ」の日々を、彼を支えた人々の証言などで明らかにする傑作ドキュメンタリー『We Margiela マルジェラと私たち』の日本公開がBunkamuraル・シネマなどで始まった。 ©2017 mint film office / AVROTROS挑発的でコンセプチュアルな作品で一世を風靡、熱狂的なファンを獲得する一方で、初期には激しい批判にも晒された孤高のデザイナー、マルタン・マルジェラ。公に撮影された写真はなく、インタビューは書面にて、しかも主語は「I=私」ではなく「We=私たち」と答えるほど匿名性を貫いた彼と、彼とともにブランドを立ち上げ、一時代を築き上げたジェニー・メイレンス、そしてブランドを支えたクリエイティブチームの「私たち」の物語を、数多くの証言と残されたフィルムなどを通じて浮き彫りにしたのがこの作品だ。監督はオランダ出身の女性ドキュメンタリー作家、メンナ・ラウラ・メイール。彼女はデザイナーとしてのマルジェラに興味を持ったのではなく、突然消息を絶った人をテーマにして作品を撮りたいと考える中で彼のことを知り、「これほどまでに有名でありながら、その人物自体については知られていないというのはどういう意味を持つのか」ということを出発点にこのドキュメンタリーに取り組んだのだそうだ。 ©2017 mint film office / AVROTROS作品の軸となっているのは、メゾンが売却される2002年に58歳で引退したメイレンスの証言。2017年にこの作品の完成を見る前に亡くなった彼女は、映像ではなく、声だけの出演。彼女の証言のシーンにはメゾンにとって大きな意味を持つ色、白の背景だけが使われている。また、1989年の創立初期から2002年までコマーシャル・ディレクターを務めたアクセル・ケラー、1993年から2008年までコミュニケーション・ディレクターを務めたパトリック・スキャロン、メイレンスの娘でコマーシャル・マネージャーを務めていたソフィー・ペイ、1989年から2010年までセールス・マネージャーを務めたヴィッキー・ロディティスといった「私たち」や、外部の協力者たちによる証言も興味深い。このメゾンの特異な立ち位置や、初期のメゾンに満ちていたエネルギー、そして会社が大きくなるにつれて生まれていった問題など、初めて明かされる事実に、観る者は驚かされることになる。スタッフが着る揃いの白衣や、何も書かれていない白いタグと白い糸のステッチ、それに今なおブランドを象徴する「タビ」ブーツにまつわる秘話などには、マルジェラ好きなら興奮必至。ブランドの歴史やファッション界に衝撃を与えたコレクションについて知らなくとも、圧倒的な才能を頂点にした共同体が規模が大きくなるにつれてジレンマを抱え、元の状態を維持できなくなっていくまでを赤裸々に描いた誠実な物語には、きっと心打たれるはずだ。映画は今後全国で順次公開。詳細は公式サイトでチェックして。 映画『We Margiela マルジェラと私たち』公開日:2019年2月8日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開監督:メンナ・ラウラ・メイール 出演:ジェニー・メイレンス(声のみ出演)、ディアナ・フェレッティ・ヴェローニ(ミス・ディアナ)ほか 原題:We Margiela ©2017 mint film office / AVROTROShttps://wemargiela.espace-sarou.com/   Text : Shiyo Yamashita
関連キーワード