好きと使えるをとことん追及!おしゃれプロの「これ買っちゃいました!」2018年春夏

Marisol ONLINE
サックスリネンロングスカート

1/29

ピンクタックパンツ

2/29

パープルリネンタイトスカート

3/29

グリーンフレアスカート

4/29

CINSCRIREのベージュワイドチノパンツ

5/29

THE SHINZONEのIVYジーンズ

6/29

HYKEのベージュリネンマリンパンツ

7/29

MIDIUMISOLIDの黒ワイドマリンパンツ

8/29

THE SHINZONEのリブキャミソール

9/29

HYKEのノースリーブカットソー

10/29

CIRCOLO 190のカーキタンクトップ

11/29

YLÈVEのリブタンクトップ

12/29

UNIQLO UのメンズTシャツ

13/29

ベルギーリネンストール

14/29

フラットフレームサングラス

15/29

円筒型2WAYバッグ

16/29

パブッカータスクエアバッグ

17/29

ショルダーバッグ

18/29

ベージュスエードトートバッグ

19/29

リバティ花柄ブラウス

20/29

ブラウン花柄ブラウス

21/29

ベージュドット柄ブラウス

22/29

ネイビードット柄ブラウス

23/29

ブルーシアーTシャツ

24/29

ネイビーシースルーバンドカラーシャツ

25/29

パープルストライプカフタンドレス

26/29

ネイビードット柄ワンピース

27/29

28/29

ストライプシャツワンピース

29/29

エディター 坪田あさみさん

■サックスリネンロングスカート

「ラップ仕立てにしたブルーのリネン生地の内側に、ネイビーのサテンがあしらわれ、配色もデザインもすごくきれい。長さも素敵」。¥35,000/デミルクス ビームス 新宿(チノ×デミルクス ビームス)
エディター 発田美穂さん

■ピンクタックパンツ

「リネン風のシャリ感素材とローズピンクとのバランスがよく、フェミニンにもカジュアルにも着られる。価格以上の"ちゃんとしてる感"とおしゃれっぽさに大満足」。¥16,000/クラネデザイン(クラネ)
スタイリスト 徳原文子さん

■パープルリネンタイトスカート

「見たことないような美しい発色といい、リネン混のドライな素材感といい、すっきりとしたシルエットといい、理想どおり。誌面でも使いまくっています」。¥28,000/レリタージュ マルティニーク
スタイリスト 池田めぐみさん

■グリーンフレアスカート

「ボトムで色に挑戦。フレアでもグリーンなら甘くならず新鮮」。スカート¥19,500/エレンディーク
マリソル編集部・編集長スギノ

■CINSCRIREのベージュワイドチノパンツ

「前立ての合わせをずらしたデザインで、トラッドなチノパンツを大人に似合うモードへと進化。深いベージュや、ひと目で上質感がわかる生地もすごくいい」。¥39,000/アマン(アンスクリア)
スタイリスト 福田麻琴さん

■THE SHINZONEのIVYジーンズ

「どのパンツも優秀、と名高い『シンゾーン』の新作デニム。とにかくシルエットがきれいな大人デニムで、見た瞬間、これだ! と確信」。¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)
エディター 坪田あさみさん

■HYKEのベージュリネンマリンパンツ

「クリーンなシルエットや、しっかりした味わい深いリネン素材で、大人っぽく洗練されたムードではけるマリンパンツ。両すそ外側のスリットも小粋で今っぽい」。¥38,000/ボウルズ(ハイク)
マリソル編集部・副編集長SGUR

■MIDIUMISOLIDの黒ワイドマリンパンツ

「黒のワイドって春夏には重く見えそう、と敬遠していたのですが、これは白のボタンでクリーンな印象に。結果、なにかと活躍」。¥18,000/マザーズインダストリー(MIDIUMISOLID)
スタイリスト 松村純子さん

■THE SHINZONEのリブキャミソール

「タンクに定評ある『シンゾーン』の新作。胸もとのカッティングがストレートで、透け感トップスのインにしても過剰に女っぽくなく、便利」。¥7,8
00/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザシンゾーン
エディター 坪田あさみさん

■HYKEのノースリーブカットソー

「グレー、白、ネイビーを3 色買い。肩から落ちるくせのない形で着回ししやすく、どんなボトムとも相性よし。ミックス感のはっきりした杢グレーもかっこいい」。¥13,000/ボウルズ(ハイク)
マリソル編集部・副編集長S田

■CIRCOLO 190のカーキタンクトップ

「薄手のしなやかなストレッチ生地で着心地抜群! 袖口や首まわりのトリムが細く薄いので、辛口カーキもどこか女っぽい雰囲気に」。¥12,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ 1901)
マリソル編集部・編集カゲモン

■YLÈVEのリブタンクトップ

「オーガニックコットンのリブ素材で、薄くしなやかなのにふっくらした肌ざわり。ヘルシーなのに女っぽくて、インポートみたいな雰囲気も好き」。各¥6,500/アングローバル(イレーヴ)
エディター 発田美穂さん

■UNIQLO UのメンズTシャツ

「とことんタフで地厚な生地も、フェミニンなアレンジがいっさいないクルーネックも、無骨で最高!」各¥1,000(ユニクロ一部店舗とオンラインストアで販売)/ユニクロ(ユニクロ ユー)
スタイリスト 徳原文子さん

■ベルギーリネンストール

「以前も誌面でご紹介していますが、やっぱり大好き。ベルギーリネンのざっくり&ふんわりした表情と美しい色で手放せません」。各¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)
スタイリスト 福田麻琴さん

■フラットフレームサングラス

「大人の夏のシンプルスタイルに、サングラスは欠かせません。丸いフォルムとココならではのフラットなフレームで、かけるだけで今どきに」。¥47,000/コンティニュエ(アイヴァン 7285)
スタイリスト 吉村友希さん

■円筒型2WAYバッグ

「なめらかなレザー素材とこっくり深い明るいブラウン、シルバーの金具使いで、キュートな円筒形フォルムも大人っぽくモダンな表情に」。¥110,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO)
マリソル編集部・編集Y本

■パブッカータスクエアバッグ

「春夏のコーディネートに映えて清涼感をもたらす、真っ白のバッグ。グレイッシュなブッカータ(ヘビ革)でクラス感も備わって。スクエア型が着こなしに凛とした印象をプラス」。¥100,000/A.D.M.J.
スタイリスト 松村純子さん

■ショルダーバッグ

「スペインのハンドメイドブランドで、洗練されたボヘミアンな柄と小ぶりサイズがシンプルコーデのアクセントに最適。今季、誌面で何度も使っています」。¥17,000/RHC ロンハーマン(グアナバナ)
マリソル編集部・編集長スギノ

■ベージュスエードトートバッグ

「端正なベージュスエードの小ぶりトートは、サイドのマチでこなれた表情に。小粒のスタッズも上品で、さすがの完成度」。¥147,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
マリソル編集部・副編集長SGUR

■リバティ花柄ブラウス

「チョコ茶×白の繊細な植物プリントが素敵! 肩下の切り替えから広がるフレアスリーブも今年っぽい」。¥15,000/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店(アッシュ・スタンダード)
マリソル編集部・編集Y本

■ブラウン花柄ブラウス

「ブラウンべース、かつカラフルすぎないくすんだトーンの花柄なので、浮いて見えず着こなしやすい。デニムに合う点も決め手」。¥45,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)
スタイリスト 松村純子さん

■ベージュドット柄ブラウス

「今季はベージュばかり買っています。旬のドット柄もしかり。これはVネックや比翼仕立て、長めのカフスなど、辛口ディテールで甘すぎないのが好み」。¥28,000/UTS PR(ジェーン スミス)
スタイリスト 池田めぐみさん

■ネイビードット柄ブラウス

「今、個人的に注目しているブランドで、トレンドのドット柄アイテムも入手。ワッシャー加工やフラップポケットなどヴィンテージっぽい表情がツボ」。¥36,000/アーク インク(ザ・ニューハウス)
マリソル編集部・副編集長S田

■ブルーシアーTシャツ

「すごくなめらかで繊細な落ち感としアーな素材感が新鮮で、展示会で見た瞬間に購入決定。首のリブやメンズっぽいシルエットで、透け感をカジュアルに楽しめます」。¥18,000/ボウルズ(ハイク)
エディター 須藤由美さん

■ネイビーシースルーバンドカラーシャツ

「バンドカラー、シルク素材、深いネイビーと、好きな要素が三拍子そろったシャツ。メンズライクなデザインとセンシュアルな透け感、マットな質感というバランスも好き」。¥30,000/オーラ
マリソル編集部・編集Y本

■パープルストライプカフタンドレス

いつも可愛いと評判のTENのロンハーマン別注アイテム。ストライプのカフタンドレスは、バルーンスリーブのゆったりシルエットで、エフォートレスに楽しめる。

ワンピース ¥36,000/ロンハーマン(テン バイ ロンハーマン)
マリソル編集部・編集K松

■ネイビードット柄ワンピース
ドゥロワーのネイビー×白ドット柄ワンピースは、白いラウンドネックのパイピングやほどよい大きさのドットなど絶妙な可愛さ。

ワンピース ¥68,000/ドゥロワー 丸の内店(ティー マット マサキ パリ)
エディター 東原妙子さん

■黒ベロアパイピングロングワンピース
シンメのロングワンピースは、黒地に小さめのドットやネックラインや袖口を黒いベロアでパイピング、背中が見えるバックスタイルのデザインなど大人にぴったり。

ロングワンピース ¥48,000/チェルシーフィルムズ(シンメ)
マリソル編集部・編集カゲモン

■ストライプシャツワンピース
ティッカのストライプシャツワンピースは、美しいシルエットとストライプのカラーリングがおしゃれな一枚。

ワンピース ¥28,000/ビームス 新丸の内(ティッカ)

※商品は販売終了している場合があります

\ただ今セール開催中/

関連記事
  • 靴やバッグ、ストールなどに赤を取り入れて華やかさをプラスしたり、赤いコートやトップス、ボトムでダークトーンになりがちな冬の着こなしを鮮明にブラッシュアップしたり……。赤を上手に取り入れて、コーディネートの幅を広げよう。【目次】 ・アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ ・ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ ・靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて ・セットアップで大胆に赤を投入■アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】真っ赤なビッグコート×デニムパンツコーデベーシックカラーとのコントラストがドラマティックに映える赤のパワーを活用。冴えた赤はネイビーと好相性。ビッグシルエットをたおやかにはおって。生地をたっぷりと贅沢に使った、真っ赤なビッグコート。ダークカラーをすでに着倒したこの時期、パワーのある色の力を存分に借りて、ネイビーとともにフレッシュに着こなそう。 コート¥145,000・デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー カットソー¥21,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥122,000・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)【 2 】赤ニット×サーキュラースカートコーデアウターの中の気分を変えたいと思うなら、ニットを主役に赤をさして。シンプルなハイゲージのタートルニットは汎用性が高く、使いやすいから、買い足す価値アリ。ボトムは淡ベージュで明度を変えると、より新鮮に。分量感のあるサーキュラースカートとともに、温かみも女らしさもアップデート。 ニット¥25,000/スローン スカート¥72,000/マディソンブルー ピアス¥156,000・バングル¥326,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック)▶冬のダークトーンに飽きてきたら、ハッと目をひく「赤&ピンク」をデイリーコーデに投入!【 3 】赤ニット×ロングコートコーデ胸もとの赤が目線を引き上げ、ロングコート×ワイドパンツもスタイルアップ。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】【 4 】トレンチコート×赤ニットコーデトレンチのベージュとなにより相性がいいのはベリーレッド。アラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。 ニット¥20,000/ロンハーマン トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥19,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バッグ¥52,000/リエス(メゾン ボワネ)▶「レッド~ピンク」のさし色ニットで冬の大人のきれいと華やかさを引き寄せて【 5 】赤ニット×ブラックデニムコーデグレーがかったブラックなら発色のいい赤ともなじみよし!「腰から膝下にかけて、徐々に絞ったゆるめのテーパード。やや短めのレングスはヒール靴とも好バランスです」(染谷さん)。グレーに近い色落ちブラックは、鮮やかなきれい色ニットとも上品に決まる。 デニム¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) カーディガン¥31,000/スローン サングラス¥36,000/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥49,000/アマン(エレメ) ストール¥13,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥22,000/ANAYI▶上品見えも細見えもかなう! 3大人気ブランドのブラックデニム×秋の最旬コーデ【 6 】赤カーディガン×トレンチコートコーデトレンチのベージュと赤は好相性。女っぽいのに甘すぎず、着こなしがドラマティックな表情に。トレンチの凛としたムードを引き立てつつ、さりげなく女っぽさを演出してくれる赤。あえてストールできかせるのではなく、肩がけしたニットで無造作に投入し、こなれ感を出して。 トレンチコート¥79,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥19,000・カットソー¥10,000/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥9,200/ビームス ハウス 丸の内(べべ)▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】【 7 】赤ニット×グレンチェック柄コートコーデ大きめが旬のグレンチェック柄コートはバサッと羽織っていい女風に着こなして。トップスにほんの少し効かせるレッドとパンツは落ち感のある細身を選び女っぽく。 コート¥73,000・ニット¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥16,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パンツ¥29,000(セオリーリュクス)・ストール¥39,000(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス)/リンク・セオリー・ジャパン ピアス¥23,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) ローファー¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) トートバッグ¥6,900/L.L.Bean     ▶秋冬も大活躍の黒パンツにはグレンチェック柄コートが相性ぴったり【2018/12/3コーデ】 ■ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】赤のコーデュロイパンツ×ブラウンニットコーデコーデュロイ素材の縦畝うねが生む独特の光沢は、マットになりがちな冬の着こなしにこそ効果的。特に今季は、やや細めの畝やきれいめシルエットなど、野暮ったさとは無縁の、女っぷりのいいボトムが豊作!感度の高い旬顔カジュアルにトライして。美脚をかなえるセミフレアシルエットが、コーデュロイパンツにおいては新しいスタンダードに。ブリックレッドの今どき感も手伝って、流行のブラウントーンもひときわ新鮮な表情に。 パンツ¥32,000・ニット¥32,000/オーラリー 帽子¥38,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロックアンドコー) ピアス¥19,000/フレームワーク ルミネ新宿店(サスキア ディッツ) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス) バングル¥4,000(アンジェラ カプチ ジュジュ)・靴¥114,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/プラージュ 代官山店 バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶2019年冬のカジュアルコーデをもっとおしゃれにアップデートする方法【前編】 【 2 】赤のチェック柄スカート×ネイビーコートコーデ今季復活のネイビーコートは断然長め丈。トレンチコート風が新鮮。清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし!だからオフィスでもプライベートでも大活躍。 コート¥120,000/ebure ニット¥6,990/プラステ スカート¥30,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) 時計¥100,000/ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バングル¥9,000/NOJESS バッグ¥39,000/オルサ(オルセット) 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)  ■靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて【 1 】赤バッグ×パンツコーデセリーヌの鮮やかな色のバッグをアクセントに。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 【 2 】赤のショートブーツ×デニムパンツコーデ「秋冬は黒ブーツを履くことが多いのですが、今季はカラーブーツをあちこちで見かけて気になっていました。トライしたのは、『ファビオ ルスコーニ』の赤のショートブーツ。ちょっとダークな色みに加えてスエード素材ならではの柔らかいニュアンスのおかげで悪目立ちせず、意外といろんな着こなしになじみます。いつものデニムの日こそ、足もとのアクセントで今っぽさを楽しみます」。 カーディガン¥49,000/カオス丸の内(カオス) ファーバッグ¥42,000/ゲストリスト(アロン/ハウント代官山) SHOES:FABIO RUSCONI CARDIGAN:Chaos T-SHIRT:TANGTANG DENIM:upper hights STOLE:Johnstons BAG:arron▶モデル五明祐子「“きれい色”の華やかさが気分!」【My Life,My Fashion!】 【 3 】赤バッグ×白のゆったりニットコーデ大人の白ニットは「甘く」ではなく「かっこよく」着たい。たっぷりとした首もとや長めの袖など、ルーズなシルエットが目をひく一枚を、センタープレスがきいたきれいめパンツとヒールで女っぷり高く着こなして。白に映える赤いバッグとリップもアクセントに。 ニット¥43,000/クルーズ(エリン) パンツ¥53,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ピアス¥5,463/バナナ・リパブリック バッグ¥25,000/ティースクエア プレスルーム(MODALU) パンプス¥44,000/プラージュ 代官山店(ネブローニ) ▶春を感じさせる「白」を大きく取り入れてシャレ見え!【トップス編】【 4 】赤バッグ×柄スカートコーデベーシックカラーにプリントされた赤と白で奏でる華やかな柄のスカート。ジャケットをONしてもフェミニン度が高く、どこか人をほっとさせてくれるような優しさをプラスしてくれる。 ジャケット¥21,000・とろみハイネックブラウス¥12,000(ともにエムセブンデイズ)・ギャザースカート¥26,000(シンゾーン)・トートバッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥25,000(カルツァイウォーリフィオレンティーニ)/SHOP Marisol     ▶ストレスフリーな笑顔の秘密はギャザーづかいの楽ちんスカートにあり【2019/1/22コーデ】 【 5 】赤パンプス×黒ニット&デニムパンツコーデ大好きな黒ニット×デニムの黄金コーデにチェックのストールで旬のトラッド要素をプラス。ケーブル編みが華やかなざっくりとしたローゲージニット&デニムを、上質な小物で大人っぽく仕上げて。チェックのストールや赤いパンプスなど、主張のある小物も落ち着いたムードにまとめてくれるのは、「黒」がもつ上品さのなせるワザ。 ニット¥19,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) デニムパンツ¥36,000/サザビーリーグ(マザー) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ベグアンドコー) バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥48,000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥64,000/アマン(エレメ)▶冬の「黒」は“どこかに抜け感”で「強すぎない女」を目ざす【 6 】赤パンプス×シャツワンピースコーデ片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。足もとは仕事運をあげてくれる勝利の赤をポイントに。ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)      ▶きちんと見えて女性らしさもあるシャツワンピースで最終プレゼンへ【2018/12/27コーデ】【 7 】赤バッグ×ネイビーニットワンピースコーデボートネックでゆるやかなAラインを描くシンプルなネイビーニットワンピース。オフィスでは一枚で着てタイツを合わせたり、週末にはパンツをインしたりと着回しやすそうなので、アラフォーのワードローブにおさえておきたい定番に。そこに、ハッとする赤小物を投入してみる。ワンピース¥36,000(スローン)・カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ)・バッグ¥41,000(ペリーコ)・サイドジップショートブーツ¥46,000(ペリーコ サニー)/SHOP Marisol     ▶ネイビーワンピースにはクリスマス気分を先取りする赤小物が似合う【2018/11/20コーデ】 【 8 】赤パンプス×ネイビーブラウスコーデネイビーブルー、ホワイト、レッドの3色でフレンチを意識したオフィスコーデで品よく。とろみのあるボウタイ風ブラウスは、仕事服としてのきちんと感をキープしつつ女性らしさをきわだたせてくれるから、会食のようなちょっと改まった席におすすめ。パンツのフロントデザインを生かして、ブラウスはインしてすっきりと着こなして。ブラウス¥9,900・コスミカルウォームテーパードパンツ¥16,500(エムセブンデイズ)・バッグ¥42,000(ペリーコ)・バレエシューズ¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol        ▶ネイビーの華ありブラウスで上品な大人トリコロールコーデの完成!【2018/10/16コーデ】 【 9 】赤のチェック柄ストール×ムートンコートコーデ淡く優しいグレーは、ダークカラーのスタイリングが増える秋冬にひときわ目立つ存在。フェイクムートンだからとにかく軽くて暖かい! 袖口を折り返して、あえて裏側のファーを見せてアクセントに。大きめのポケットが、ポイントでありつつ実用面もクリア。 フェイクムートンコート¥28,000(エムセブンデイズ) シルクウールリブニット¥12,000(エムセブンデイズ) カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ) ショルダーバッグ¥47,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶今シーズンの相棒はどれ? 秋冬のおしゃれを託す新作コート【 10 】赤のクラッチバッグコーデヴィンテージの流れに乗って、ポシェットがブーム再来の予感。着こなしに今っぽいレトロテイストが欲しい日に。クラッチタイプはリストストラップつきをマーク。 ▶90年代風ポシェットやクラッチブームが到来?【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 ■セットアップで大胆に赤を投入ほどよくインパクトのある赤がダークになりがちな冬の装いをブラッシュアップしてくれる!  ほかを黒で統一してセットアップの小粋さを引き立てて。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】
  • 彼に誘われてお芝居へ。ジャケットで締めつつ、中はふんわりデート仕様今日は、彼と観劇デート。明るい色を取り入れた、女っぽいコーデでお出かけ。フリルトップスには、ベーシックカラーのジャケットと小物を合わせて大人の雰囲気もしっかりプラス。今日の演目、とっても迫力があって感動できた♪ ディナーでもお芝居の感想で彼と盛り上がり、大満足な一日に。フリルトップス¥4350/バースディバッシュ ジャケット¥49000/セオリー リュクス スカート¥59000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) バッグ¥40000/コード(ヴァジック) 靴¥48000/アマン(ペリーコ) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客データの解析や資料作りなどで内勤が多めの勤務スタイル。甘めのフェミニンスタイルが好みの半面、食は辛党。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【トレンド服】白フリルトップスフェミニン感が漂うデザインのブラウスも今年は豊作。手首と顔まわりの肌感で、大人の甘さが楽しめる一枚。¥4350/バースディバッシュ【ベーシック服】ツイード風プリーツ大人の女性を演出できる色み。ツイード風で高級感も。¥59000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル)【ベーシック服】グレージャケットオフィスに欠かせないジャケット。甘め好きさんはやわらかい印象のグレーを選んで。¥49000/セオリー リュクス「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】ANAP フロントステッチフリルデザインブラウス ¥4,900+税【関連商品】Odette e Odile 【WEB限定】O ポインテッド パンプス70●↑ ¥9,700+税撮影/坂根綾子 スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵
  • とても気になっていたジバンシイの新ルージュ、GIVENCHY ローズ・パーフェクト ピンクのレザーにシルバーメタルを組み合わせた、スタイリッシュなヴィジュアルがとても素敵なリップ★このローズ・パーフェクト・・・<メイクアップ>と<スキンケア>、両方の機能を兼ね合わせたアイテム!だから発色の良さとバームによるケア効果でみたままの色で唇を彩りつつ、唇の乾燥を防いだり、ふっくらと見せてくれたりと、かなりマルチに使える子なのです★全8色の中から気になる4色をお試ししてみたのですがその塗り心地や発色の仕方がとても良き♡リップスティックとしてはわりと硬めのテクスチャではありますが、 バームというだけあってつけ心地は滑らか★ベタつきがないのでリップベースとしても使いやすいです。<バーム>のわりにはしっかり発色し、特にピンク系は1度塗りでもわりと色が出る感じです。No.000 ホワイト・シールド色はほとんどつかないので重ね色としてオススメ。 パール(ラメ)がさりげなくオーロラに輝いて素敵★No.101 グレイズド・ベージュとてもナチュラルなピンクベージュ。元の唇が赤い方だとあまり色を感じないかもだけど素肌感の楽しめる色★この2色は自然な仕上がりが好みの方や、バーム感覚で使い方にオススメ♡※唇が荒れていて申し訳ないです・・・No.202 フィアレス・ピンクパキッとした華やかなピンク。 どちらかというとイエベさん向きかな★No.304 コズミック・プラム多色ラメ入りのダークなプラム。 見た目よりも明るさがあって意外と使いやすいプラムカラー★この2色はしっかりとした色づきを楽しみたい方にオススメ♡私が気に入っているのはNo.304 コズミック・プラム!サラッと1度塗りで・・・透け感とチラリなラメを楽しんでます♡【Sponsored by GIVENCHY】
  • ついに日本メジャーデビューを果たした9人組ボーイズグループ「PENTAGON」にも視線集中★日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のライフスタイル記事。人気のあった記事を見れば、毎日がハッピーになるヒントが見つかるかも!? ということで、2/9(土)~2/15(金)のライフスタイル人気ランキングを発表しちゃいます! 今週は、はじまったばかりのスタバさくら記事が大・大バズり中!!※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。♡第3位♡「PENTAGON」【インタビュー後編】 第3位は、2/13(水)にシングル『COSMO』でついに日本メジャーデビューを果たした9人組ボーイズグループ「PENTAGON」インタビュー後編。デビューが決まったときの気持ちや、デビュー曲『COSMO』の魅力、ポイントを語ってくれました! ▶︎▶︎メジャーデビューはとても大きなこと♡第2位♡「PENTAGON」【インタビュー前編】 第2位は「PENTAGON」のインタビュー前編。リーダー・フイは便利な男? メンバーも惚れる美しい胸筋の持ち主とは? 音楽よし、ダンスよし、ルックスよし、そしてユーモアありの9人組に注目♪ ▶︎▶︎今年ブレイク必至のアーティスト!♡第1位♡スタバのさくらが今年も登場! 第1位は、待望のスタバ新作SAKURAシリーズ全部みせ♡ キュートなカップのドリンクや、新作フード、限定アイテムなど気分がアガるスタバのさくらをお見逃しなく:) ▶︎▶︎今年のさくらはひと味ちがう♡あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるライフスタイル情報を更新中。いつもチェックして、いつもの生活をもっと楽しんで♬→先週までの「ライフスタイル人気ランキング」はこちら!
  • こなれカジュアル派は、【アースカラーのワードローブ】をいち早くベージュ、カーキ、ネイビー。こなれカジュアルを目指すならアースカラーで統一を! 実は何をどう合わせても絵になるから、誰でもできるおしゃれの近道なんです♡アースカラーコーデ見本帳! 例えば……お仕事編&デート編KHAKI & NAVY ▷▷▷可愛いよりカッコいい。〝たたかう〟お仕事コーデ!カーキは一見メンズライクだけど、女性が着ると女性らしさが際立つ色でもある。それがシャツならなおさら。“カッコいい女”っぽく装うことでモチベーションを上げたい日は、それにネイビーのラップスカート!ネイビーのラップスカート¥36000/ティースクエア プレスルーム(テラ) カーキのシャツ¥1990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ 巾着ショルダー¥18500/HUMAN WOMAN 花柄スカーフ¥1490/アメリカンホリック 丸メガネ¥32000/モスコット トウキョウ パールイヤリング¥1400/お世話や シルバー腕時計¥20000/ピークス(ロゼモン)BEIGE & BROWN▷▷▷品はあるけど、お堅くない。〝好かれる〟絶妙バランスデートコーデニットとスカートを選んだのは、シャツやパンツでは堅すぎて距離が遠い気がして。こんな時のベージュトーンの絶妙さとありがたさよ。ベージュのダッフルコート¥82000/ゲストリスト(グローバーオール) ブラウンベージュのモヘアニット¥28000/バトナー ベージュのAラインスカート¥16000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ) カーキパンプス¥14500/ダイアナ 銀座本店 スクエアポシェット¥24000/アルファ PR(アエタ) 色石イヤリング¥7500/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アレクサンドリン) 黒リブソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)アースカラーのワードローブ、全部見せます♡A.ベージュのダッフルコート B.ブラウンベージュのモヘアニット C.ベージュのAラインスカート A.何枚も買えないコートはいつでも一枚で素敵に仕上がるものがいい。だから“この冬いちばん旬のベージュ”。¥82000/ゲストリスト(グローバーオール) B.オレンジブラウンに近い絶妙な“老けないベージュ”。¥28000/バトナー C.ほっこりしすぎない“賢いベージュ”は、すとんと直線的でむだのないデザインのスカートで。¥16000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ)D.ネイビーのスウェット風ニット E.ネイビーのラップスカート F.ネイビーのニットワンピース D.しっかり編まれた厚手のニットはスウェットみたいなタフさが魅力。少しスポーティなムードもあり“さりげなく今っぽいネイビー”。¥27000/スローン E.“女っぽいネイビー”も必須。¥36000/ティースクエア プレスルーム(テラ) F.パンツだけでなくスカートとも重ねたいサイドスリット入り。“カジュアルときちんとを自在に行き来するネイビー”。¥19000/アナディス(アナカノワー)G.カーキのシャツ H.カーキのベイカーパンツ G.男の子っぽくなりすぎないように“きれいなカーキ”。やわらかな素材感と色味のシャツで。¥1990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ H.“安心安定のカーキ”があればコーデに迷わない。¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)I.白のリブタートルニット J.パープルのプリーツスカート I.アースカラー派にとって白は“定番のさし色”。少しきかせるだけで渋くなりすぎないための抜け感や、まったりしないためのメリハリに。¥13000/Stola. J.“トレンドのさし色”は今なら絶対パープル。この女っぽさが絶妙に似合う。¥22000/ミミ&ロジャー上級合わせ、単色・多色使いもマスターしよう!NAVY & PURPLE ▷▷ニットワンピとプリーツスカートの上級レイヤードこの2色の合わせなら、一枚のワンピに見えるくらいさりげない。私なりの"スペシャルバージョン"!ネイビーのニットワンピース¥19000/アナディス(アナカノワー) パープルのプリーツスカート¥22000/ミミ&ロジャー 巾着ショルダー¥18500/HUMAN WOMAN シルバー腕時計¥20000/ピークス(ロゼモン) 黒リブソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)KHAKI▷▷ほかにはないカーキのワントーン、「私はデキる女!」って思える魔法大事な日、勝負の日。ほかにはないカーキのワントーン。シャツとパンツをセットアップみたいに凜と着ると、不思議と自信も湧いてくる。でもいかつくはならないように、首もとにスカーフ、耳には揺れるピアスを。カーキのシャツ¥1990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ カーキのベイカーパンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 花柄スカーフ¥1490/アメリカンホリック プレートピアス¥12000/HEMT PR(ノース ワークス) シルバー腕時計¥20000/ピークス(ロゼモン)BEIGE & BROWN & NAVY & WHITE▷▷白タートルを重ねる、そのたったひと手間で重ねるだけでニット&スカートもマンネリ化せずにすんで、毎日着るコートにも新鮮さをくれる。やっぱり白タートルってすごい!ベージュのダッフルコート¥82000/ゲストリスト(グローバーオール) ブラウンベージュのモヘアニット¥28000/バトナー ネイビーのラップスカート¥36000/ティースクエア プレスルーム(テラ) プレートピアス¥12000/HEMT PR(ノース ワークス) 巾着ショルダー¥18500/HUMAN WOMAN パールイヤリング¥1400/お世話や 黒タイツ¥900/タビオ(靴下屋) ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石上美津江 撮影協力/GLITCH COFFEE & ROASTERS マリアージュ フレール 銀座本店 アワビーズ EASE UTUWA TITLES プロップス ナウ
  • ボーイズ風味のアイテムだからこそ、女性らしさや甘さをほどよく受け止めてくれる程よいハリとやわらかな生地感でメンズライクなゆったりシルエットのカーゴパンツ。股上が深めなので履いているだけで安心感があり、ウエスト後ろがゴムになっているリラックス仕様というのも嬉しい限り。長めのレングスなので、好みに合わせてロールアップして着こなしたりできるので、着こなしの幅も広がって。何よりもシーズンレスで楽しめる肉厚な素材感が、どんなトップスと合わせても旬なコーデにしてくれそう。まずは手始めに相性のよいネイビー×カーキを選んでみるのもよさそう。パンツ¥26,000/ティッカ ニット¥39,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) ソックス¥2,700/ビームス ハウス 丸の内(ブレシアーニ) バッグ¥55,000/ゲストリスト(アロン/ハウント代官山) 靴¥24,000/F.E.N.(プリティ・バレリーナ)撮影/坂根綾子 スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • ミニマルなデザインで今最も人気のバッグブランド「VASIC」。私も遂に・・・手に入れました!いつものネイビーコーデに「BOND MINI」を合わせるだけで一気に旬顔!収納力も抜群。レザーがしっかりしているので型崩れしない点も素晴らしい!定番人気の「白」。結び目をアクセントにした巾着型がシンプルだけど他にないデザインで絶妙なバランス感!今最も入手困難なバッグと言っても過言ではない VASICの「BOND」シリーズ。 先日美女組のAkaneさんもブログで紹介されていましたが 私も運よく同じ「BOND MINI」の白バッグを手に入れることが出来ました! ■美女組No.127 Akaneさんの『VASIC』バッグのブログはこちら! お洒落な友人からトゥモローランドに再入荷する。 という極秘情報を入手し、入荷日のオープン前に並んで ラスト1個をギリギリで購入することが出来ました! こちらのバッグ、きれいめにもカジュアルにも。 フェミニンにも・・・様々な着こなしに合わせやすく、 主張しすぎないデザインが絶妙だなと手に持った瞬間、即決。 ハンドル部分のアレンジができるのも魅力的で、 片方の持ち手を長くして肩にひっかければショルダーバッグ風にも使えます。 シンプルだけどひねりのあるデザイン、リッチ感ある上質な素材、 そして、なんだか記憶に残る“絶妙なバランス感”のバッグで アラフォー世代のコーディネートに欠かせない存在になりそうです! 春は淡いパステルカラーのコーディネートに 軽やかに合わせたいな~と妄想を膨らませています♡ ■VASIC ヴァジック■HP■My Instagram■ yukie_ota美女組No.109yukieのブログ
  • 日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のビューティ記事。人気のあった記事を見れば、キレイの法則が分かっちゃうかも? ということで、2/9(土)~2/15(金)のビューティ人気ランキングを発表しちゃいます! 今週は、本田翼のボブヘア4変化が注目度No.1☆※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。♡第3位♡アイシャドーは“オレンジブラウン”にチェンジすべし! 第3位は、のぼり坂OLコスメ委員会がおすすめする春メイクのアイシャドー“オレンジブラウン”。おしゃれさが格段に上がるのに、派手になりすぎないから大人女子にぴったり♪ ▶︎▶︎お仕事メイクにも使える!♡第2位♡『ルナソル』限定アイシャドーをお試し 第2位は、ライターゆうりが『ルナソル』の限定アイシャドーをお試し。上品なカラバリのパレットは、絶妙なツヤ感とパール感で今っぽい! ▶︎▶︎「恋コスメ」と話題♡第1位♡本田翼のボブヘア4変化をまねっこ! 第1位は、ボブヘア、ミディアムヘアさんにおすすめの、簡単ヘアアレンジ4選! 手持ちの冬服が見違えるヘアアレンジで、印象チェンジしてみて♪ ▶︎▶︎前髪を“7割”上げてみる?あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるビューティ情報を更新中。いつもチェックして、キレイのアンテナ張っておいてね♬→先週までのビューティランキングはここからチェック
関連キーワード