好きと使えるをとことん追及!おしゃれプロの「これ買っちゃいました!」2018年春夏

Marisol ONLINE
サックスリネンロングスカート

1/29

ピンクタックパンツ

2/29

パープルリネンタイトスカート

3/29

グリーンフレアスカート

4/29

CINSCRIREのベージュワイドチノパンツ

5/29

THE SHINZONEのIVYジーンズ

6/29

HYKEのベージュリネンマリンパンツ

7/29

MIDIUMISOLIDの黒ワイドマリンパンツ

8/29

THE SHINZONEのリブキャミソール

9/29

HYKEのノースリーブカットソー

10/29

CIRCOLO 190のカーキタンクトップ

11/29

YLÈVEのリブタンクトップ

12/29

UNIQLO UのメンズTシャツ

13/29

ベルギーリネンストール

14/29

フラットフレームサングラス

15/29

円筒型2WAYバッグ

16/29

パブッカータスクエアバッグ

17/29

ショルダーバッグ

18/29

ベージュスエードトートバッグ

19/29

リバティ花柄ブラウス

20/29

ブラウン花柄ブラウス

21/29

ベージュドット柄ブラウス

22/29

ネイビードット柄ブラウス

23/29

ブルーシアーTシャツ

24/29

ネイビーシースルーバンドカラーシャツ

25/29

パープルストライプカフタンドレス

26/29

ネイビードット柄ワンピース

27/29

28/29

ストライプシャツワンピース

29/29

エディター 坪田あさみさん

■サックスリネンロングスカート

「ラップ仕立てにしたブルーのリネン生地の内側に、ネイビーのサテンがあしらわれ、配色もデザインもすごくきれい。長さも素敵」。¥35,000/デミルクス ビームス 新宿(チノ×デミルクス ビームス)
エディター 発田美穂さん

■ピンクタックパンツ

「リネン風のシャリ感素材とローズピンクとのバランスがよく、フェミニンにもカジュアルにも着られる。価格以上の"ちゃんとしてる感"とおしゃれっぽさに大満足」。¥16,000/クラネデザイン(クラネ)
スタイリスト 徳原文子さん

■パープルリネンタイトスカート

「見たことないような美しい発色といい、リネン混のドライな素材感といい、すっきりとしたシルエットといい、理想どおり。誌面でも使いまくっています」。¥28,000/レリタージュ マルティニーク
スタイリスト 池田めぐみさん

■グリーンフレアスカート

「ボトムで色に挑戦。フレアでもグリーンなら甘くならず新鮮」。スカート¥19,500/エレンディーク
マリソル編集部・編集長スギノ

■CINSCRIREのベージュワイドチノパンツ

「前立ての合わせをずらしたデザインで、トラッドなチノパンツを大人に似合うモードへと進化。深いベージュや、ひと目で上質感がわかる生地もすごくいい」。¥39,000/アマン(アンスクリア)
スタイリスト 福田麻琴さん

■THE SHINZONEのIVYジーンズ

「どのパンツも優秀、と名高い『シンゾーン』の新作デニム。とにかくシルエットがきれいな大人デニムで、見た瞬間、これだ! と確信」。¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)
エディター 坪田あさみさん

■HYKEのベージュリネンマリンパンツ

「クリーンなシルエットや、しっかりした味わい深いリネン素材で、大人っぽく洗練されたムードではけるマリンパンツ。両すそ外側のスリットも小粋で今っぽい」。¥38,000/ボウルズ(ハイク)
マリソル編集部・副編集長SGUR

■MIDIUMISOLIDの黒ワイドマリンパンツ

「黒のワイドって春夏には重く見えそう、と敬遠していたのですが、これは白のボタンでクリーンな印象に。結果、なにかと活躍」。¥18,000/マザーズインダストリー(MIDIUMISOLID)
スタイリスト 松村純子さん

■THE SHINZONEのリブキャミソール

「タンクに定評ある『シンゾーン』の新作。胸もとのカッティングがストレートで、透け感トップスのインにしても過剰に女っぽくなく、便利」。¥7,8
00/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザシンゾーン
エディター 坪田あさみさん

■HYKEのノースリーブカットソー

「グレー、白、ネイビーを3 色買い。肩から落ちるくせのない形で着回ししやすく、どんなボトムとも相性よし。ミックス感のはっきりした杢グレーもかっこいい」。¥13,000/ボウルズ(ハイク)
マリソル編集部・副編集長S田

■CIRCOLO 190のカーキタンクトップ

「薄手のしなやかなストレッチ生地で着心地抜群! 袖口や首まわりのトリムが細く薄いので、辛口カーキもどこか女っぽい雰囲気に」。¥12,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ 1901)
マリソル編集部・編集カゲモン

■YLÈVEのリブタンクトップ

「オーガニックコットンのリブ素材で、薄くしなやかなのにふっくらした肌ざわり。ヘルシーなのに女っぽくて、インポートみたいな雰囲気も好き」。各¥6,500/アングローバル(イレーヴ)
エディター 発田美穂さん

■UNIQLO UのメンズTシャツ

「とことんタフで地厚な生地も、フェミニンなアレンジがいっさいないクルーネックも、無骨で最高!」各¥1,000(ユニクロ一部店舗とオンラインストアで販売)/ユニクロ(ユニクロ ユー)
スタイリスト 徳原文子さん

■ベルギーリネンストール

「以前も誌面でご紹介していますが、やっぱり大好き。ベルギーリネンのざっくり&ふんわりした表情と美しい色で手放せません」。各¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)
スタイリスト 福田麻琴さん

■フラットフレームサングラス

「大人の夏のシンプルスタイルに、サングラスは欠かせません。丸いフォルムとココならではのフラットなフレームで、かけるだけで今どきに」。¥47,000/コンティニュエ(アイヴァン 7285)
スタイリスト 吉村友希さん

■円筒型2WAYバッグ

「なめらかなレザー素材とこっくり深い明るいブラウン、シルバーの金具使いで、キュートな円筒形フォルムも大人っぽくモダンな表情に」。¥110,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO)
マリソル編集部・編集Y本

■パブッカータスクエアバッグ

「春夏のコーディネートに映えて清涼感をもたらす、真っ白のバッグ。グレイッシュなブッカータ(ヘビ革)でクラス感も備わって。スクエア型が着こなしに凛とした印象をプラス」。¥100,000/A.D.M.J.
スタイリスト 松村純子さん

■ショルダーバッグ

「スペインのハンドメイドブランドで、洗練されたボヘミアンな柄と小ぶりサイズがシンプルコーデのアクセントに最適。今季、誌面で何度も使っています」。¥17,000/RHC ロンハーマン(グアナバナ)
マリソル編集部・編集長スギノ

■ベージュスエードトートバッグ

「端正なベージュスエードの小ぶりトートは、サイドのマチでこなれた表情に。小粒のスタッズも上品で、さすがの完成度」。¥147,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
マリソル編集部・副編集長SGUR

■リバティ花柄ブラウス

「チョコ茶×白の繊細な植物プリントが素敵! 肩下の切り替えから広がるフレアスリーブも今年っぽい」。¥15,000/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店(アッシュ・スタンダード)
マリソル編集部・編集Y本

■ブラウン花柄ブラウス

「ブラウンべース、かつカラフルすぎないくすんだトーンの花柄なので、浮いて見えず着こなしやすい。デニムに合う点も決め手」。¥45,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)
スタイリスト 松村純子さん

■ベージュドット柄ブラウス

「今季はベージュばかり買っています。旬のドット柄もしかり。これはVネックや比翼仕立て、長めのカフスなど、辛口ディテールで甘すぎないのが好み」。¥28,000/UTS PR(ジェーン スミス)
スタイリスト 池田めぐみさん

■ネイビードット柄ブラウス

「今、個人的に注目しているブランドで、トレンドのドット柄アイテムも入手。ワッシャー加工やフラップポケットなどヴィンテージっぽい表情がツボ」。¥36,000/アーク インク(ザ・ニューハウス)
マリソル編集部・副編集長S田

■ブルーシアーTシャツ

「すごくなめらかで繊細な落ち感としアーな素材感が新鮮で、展示会で見た瞬間に購入決定。首のリブやメンズっぽいシルエットで、透け感をカジュアルに楽しめます」。¥18,000/ボウルズ(ハイク)
エディター 須藤由美さん

■ネイビーシースルーバンドカラーシャツ

「バンドカラー、シルク素材、深いネイビーと、好きな要素が三拍子そろったシャツ。メンズライクなデザインとセンシュアルな透け感、マットな質感というバランスも好き」。¥30,000/オーラ
マリソル編集部・編集Y本

■パープルストライプカフタンドレス

いつも可愛いと評判のTENのロンハーマン別注アイテム。ストライプのカフタンドレスは、バルーンスリーブのゆったりシルエットで、エフォートレスに楽しめる。

ワンピース ¥36,000/ロンハーマン(テン バイ ロンハーマン)
マリソル編集部・編集K松

■ネイビードット柄ワンピース
ドゥロワーのネイビー×白ドット柄ワンピースは、白いラウンドネックのパイピングやほどよい大きさのドットなど絶妙な可愛さ。

ワンピース ¥68,000/ドゥロワー 丸の内店(ティー マット マサキ パリ)
エディター 東原妙子さん

■黒ベロアパイピングロングワンピース
シンメのロングワンピースは、黒地に小さめのドットやネックラインや袖口を黒いベロアでパイピング、背中が見えるバックスタイルのデザインなど大人にぴったり。

ロングワンピース ¥48,000/チェルシーフィルムズ(シンメ)
マリソル編集部・編集カゲモン

■ストライプシャツワンピース
ティッカのストライプシャツワンピースは、美しいシルエットとストライプのカラーリングがおしゃれな一枚。

ワンピース ¥28,000/ビームス 新丸の内(ティッカ)

※商品は販売終了している場合があります

\ただ今セール開催中/

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND