きれい色に合わせてガンガン着回す【白&ブルーのベーシック服】7選

@BAILA

梅雨明け宣言が続き、夏が早くも本気を出してきました! 暑さに負けずに働くモチベーションを下げないためにも、トレンドのきれい色を使った上手な着回しをマスターしていきたいもの。そこで、きれい色の主張をほどよく抑え、夏らしい涼しげな印象をつくるために意識して入れたいのがホワイト&サックスブルー&ベージュ。今回は、この定番3色を中心に、クロゼットにあると使えるおすすめワードローブ7着をご紹介します。

抜け感【白】&こなれ【サックスブルー】&しゃれ感【ベージュ】があればOK!

【ロゴTシャツ】
ほかのきれい色アイテムとリンクした色使いのロゴTシャツ。¥6000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(キッド デンジャラス)
【ノーカラージャケット】
ラペルがないのですっきりして見えるし、かっちりしすぎずちょうどいいきちんと感が夏にぴったり。¥44000/セオリー
【ワイドパンツ】
オフィスにもカジュアルにもいけるリネン混素材で軽やかなムードを演出。前出のジャケットとセットアップでも着られます。¥33000/セオリー
【シャツ】
大きめ襟&ポケットで気映え力あり! 襟抜きで女っぽくも、ボタンを留めてメンズライクに着ても。¥41000/マディソンブルー
【ワンピース】
コーデの幅が広がるベーシック配色のストライプ柄ラップタイプのワンピース。一枚ではもちろん、下にデニムやレギンスをレイヤードしても着られます。¥76000/デミルクス ビームス 新宿(アンスクリア)
【デニム】
ハイウエストや丈短め、裾カットオフと今っぽさを詰め込んで。¥22000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)
【タックススカート】
ボリューム感と前後差のあるアシンメトリーな裾で、表情豊かに華やか見え。合わせる色を選ばずこなれるベージュがおすすめ。¥61000/マディソンブルー

カバーモデルヨンア登場! リアルな着回しコーデは7月号をチェック

色同士をぶつからせることなく、どう組み合わせてもサマになって今っぽい着回しコーデを、現在発売中のバイラ7月号にて、カバーモデルのヨンアが実践しています。続きはぜひ本誌でお楽しみくださいね。

紹介アイテムも登場! 毎日更新【明日なに着てく?】をチェック


撮影/金谷章平、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ヨンア 取材/昼田祥子 ※BAILA2018年7月号掲載 ※クレジット掲載のないアイテム詳細は本誌をご覧ください

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND