いま発売中のLEE7月号、ともさかりえさんの季節連載「‘4 Colors’ Basic」の第2回目が!

LEE

いま発売中のLEE7月号、ともさかりえさんの季節連載「‘4 Colors’ Basic」の第2回目が!
*
色をテーマにベーシック名品をお届けするこの連載、今回ピックアップしたカラーは「白」。
りえさんのショートエッセイもあります!
ぜひ誌面をご覧下さい!
*
今回、この連載の女性スタッフ陣で、ティファニーのベビーパールをおそろいで購入することに!!!

そんな7月号の連載撮影から2ヶ月経ち……、スタジオに再び集結。みんなで「せ〜の!」と、美しいティファニーブルーの箱を開けました。


ちょうど、女同士の友情がたっぷりと描かれた映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」について、りえさんにインタビューをさせていただいた日のこと。生涯の宝物がひとつ増えました。(S子)

#ともさかりえ さん
#ともさかりえの4ColorsBasic
#夏はWhite
#LEE7月号
#ベビーパール
#TIFFANY
#SUNNYのりえさんインタビューはLEE9月号
#次回の季節連載はLEE10月号
#magazinelee
#LEEweb

投稿 いま発売中のLEE7月号、ともさかりえさんの季節連載「‘4 Colors’ Basic」の第2回目が!LEE に最初に表示されました。

関連記事
  • ベースメイクはとにかくツヤッツヤに仕上げたい!というのがここ数シーズンの個人的気分です。もはやツヤなのか、テカりなのかよくわからない、いや、むしろテカって見えるくらいがちょうどいい。ツヤがある方が元気に見えるし、マットなリップとの相性も良いですし。というわけで、ベースメイクはリキッドファンデーションのツヤをいかし、ルースパウダーを使うことはあまりなかったのですが・・・。そんな私が久々にハマりました、ルースパウダーに。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」11 ルミナリーアイボリー ¥5,000 それがコスメデコルテの新「ルースパウダー」です。まず、肌にのせた瞬間、え、なにこの感触!? というか、ほぼ無感触!? “心地よい感触”のさらに上をいく、まるで何もつけていないような軽さ&滑らかさ。ノーストレス! スキンケアも服も人間関係も、身のまわりの全てにおいて、その存在を忘れるほど自分にフィットすることが“究極の心地よさ”だと思うのですが(所謂空気のような存在ってやつ)、このパウダーはまさにそんな感じです。 ノンパールやパール入りなど、色に合わせてもそれぞれ異なる。 そして、ふわっ、すーっと肌に溶け込むように馴染み、肌と一体化するような仕上がり! だから、下地やファンデーションで作った最適な色や艶を損なうことがない。むしろ、お粉とは思えないほど、内から光を放つような自然な艶を演出してくれます。それでいて、毛穴はふんわり隠して、肌表面はスベスベに。リキッドファンデーションだけでフィニッシュするよりも、メイクのもちも断然良くなります。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」00 トランスルーセント¥5,000 色や質感違いで6種類ラインアップされていますが、今のところ、デイリーメイクのスタメンは00トランスルーセント。無色でノンパールで本当に透けるような仕上がりだから、リキッドファンデーションの艶をそのままいかしたい私にはぴったり。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」80 グロウピンク ¥5,000 もう少し女性らしい雰囲気にしたい時は80のグロウピンク。見た目はしっかりピンクですが、肌にのせるとほんのり自然な明るさで、細かなパールの効果もあり、くすみが目立たなくなります! ヘルシーにしたい時は左の02、より艶を強調したい時はパール入りの右のP01と、好みに合わせて使い分け。RMK シルクフィット フェイスパウダー 5,000 円 そして日中のお直しには、RMKのシルクフィット フェイスパウダー。こちらはプレストタイプのパウダーですが、まさにシルクフィット。パフではなく、ブラシがセットされているので、仕上がりはより軽やか。過剰なテカリは適度に抑えつつも、自然な艶肌が復活します!  >>花から、花へ >>レコ大のピンク・レディーがスゴすぎたので。 >>【美容天竺放談】お風呂が恋しくて…冬。 コスメデコルテ「フェイスパウダー」11 ルミナリーアイボリー ¥5,000ノンパールやパール入りなど、色に合わせてもそれぞれ異なる。コスメデコルテ「フェイスパウダー」00 トランスルーセント¥5,000コスメデコルテ「フェイスパウダー」80 グロウピンク ¥5,000ヘルシーにしたい時は左の02、より艶を強調したい時はパール入りの右のP01と、好みに合わせて使い分け。RMK シルクフィット フェイスパウダー 5,000 円
  • 最終章の全米放送を2019年4月14日(現地時間)に控えた、米ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」。エミー賞の最高賞にも輝いた人気作品の舞台裏を、出演女優が告白。耳を疑うほど厳しい役作りが、ファンの間で話題になった。 「ゲーム・オブ・スローンズ」名物の“鉄の玉座”に腰かける、女優のソフィー・ターナー(22)。Photo:GettyImages 米「InStyle」誌のインタビューに答えて、人気ドラマの知られざる舞台裏について告白したのは、同作でサンサ・スターク役を演じる女優のソフィー・ターナー(22)。役作りのために髪を洗わずに過ごすよう指示を受け、2年ほどは脂ぎったベトベトの髪で過ごす羽目になったのだという。 サンサ・スタークを演じたソフィーは、役作りのためにシャンプーを禁止されたことを告白。Photo:amanaimages ソフィーは、頭が痒くて不快な思いをしたことや、小道具の人工雪が脂ぎった髪に張り付いて、汚らしかったというエピソードも明かした。ちなみに、シリーズも最終章に差し掛かった現在では、かつらが用意されたことでシャンプーができるようになったそう。 聞くだけで頭が痒くなるようなエピソードを明かしたソフィー。現在はかつらが用意され、シャンプーも許されているそう。Photo:Getty Images さらに、もともとは明るいブロンドの髪を、役作りのために何度も赤毛に染めたことで、髪がボロボロに。ベリーショートにすることも余儀無くされたというソフィー。痒みに耐え髪を犠牲にして熱演したサンサの運命を、最終章でしっかりと見届けたい。 プライベートでは、元ジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナスと交際中。Photo:GettyImages キム・カーダシアンはあえて洗わないことを選択! >>I am 髪洗わーなシアン >>フランス女優の髪が美しいのは「週に2回しか髪を洗わないから」
  • 息子ジョナサンくん(3)の子育てに奮闘するアン・ハサウェイ(36)が、家でやってはいけないことを明かした。 Photo:Getty Images 2019年1月14日(現地時間)、米トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ』に出演したアン。ジョナサンくんについて、「すっかり歌に夢中なの。『ライオン・キング』にハマっているのよ」と嬉しそうに話した。しかし、なぜかアンの歌声は好きではないらしく、家で歌うことを止められているとか。 Photo:Instagram(@annehathaway) アンといえば、映画『レ・ミゼラブル』(2012)でファンテーヌ役を熱演。演技力だけでなく美しい歌声が評価され、見事アカデミー賞助演女優賞に輝いた。さらに、ゴールデングローブ賞でも同じく助演女優賞に選ばれている。 司会のジミー・キンメル(51)に「ジョナサンくんは『レ・ミゼラブル』のことは知っているの?」と聞かれると、「ええ、毎日話しているわ。でも彼にはそんなこと関係ないみたいね」と笑いながら答えた。 2013年、アカデミー賞授賞式にて/Photo:Getty Imagesこれまでも事あるごとにジョナサンくんについて話してきたアン。前には、当時1歳だった息子との危機一髪のエピソードを告白している。 Photo:The Mega Agency/アフロ ある日、ジョナサンくんを公園に連れて行ったアンは、一緒に滑り台で遊ぶことにしたという。ところが安全対策がとられていなかったその滑り台は、ふたり分の体重に耐えられず、本来スピードダウンしていくはずが、逆にスピードが増していったという。 公園にいた子どもの母親たちからも注目され、覚悟を決めたアンは、ジョナサンくんを抱え何とか着地に成功。そのときの様子を再現し、会場の笑いを誘った。 子育てをしつつも、昨年末には新作ドラマの撮影を無事終えたというアン。今後もその活躍から目が離せない! 一枚上手のアン・ハサウェイ、「太った?」と批判される前に先手を打った行動とは!?(外部サイト) 史上最強の大女優グループ誕生!? 『オーシャンズ8』の豪華キャスト陣、記者会見で大爆笑!(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • 『ケイト・スペード ニューヨーク』が、新クリエイティブディレクターであるニコラ・グラスの初コレクションを発売します。日本は、世界に先駆けて1/23(水)から発売開始! 彼女の描き出す、新生『ケイト・スペード ニューヨーク』をご堪能あれ♡ニコラ・グラスが掲げるブランドコンセプトは「optimistic femininity(楽観的な女性らしさ)」。この世界観を表現するために迎えられたヒロインは、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス』でおなじみのサディ・シンクと、ファッションアイコンとしても注目の女優ジュリア・ガーナー、そして映画『ビール・ストリートの恋人たち』で初主演を果たしたキキ・レーンの3人。この3人が出演するキャンペーンビジュアルは、キュートなカラーやハッピーなモチーフでいっぱい! ブランドの創業以来、数多くのキービジュアルを手がけてきたティム・ウォーカー氏が撮影しています。そしてどのアイテムにも共通するのが「スペード」。柄やモチーフとして、スペードのマークが数多く用いられています。どんな風にデザインされているのか、さっそくアイテムをチェックしましょう!nicola twistlock medium flap shoulder in rococo pink ¥60000 クロスボディバッグの「ニコラ」は、丸みのあるシルエットとなめらかなレザーでシーンを選ばず使えそう。しかも、ハートのモチーフをクルッと回すと……nicola twistlock medium flap shoulder in roasted fig/rococo pink ¥60000 ハートがスペードにぴたっとハマるんです! バッグを開けるたびにウキウキしちゃいそう。ストロベリーチョコみたいなバイカラーにもキュン❤︎nicola twistlock medium flap shoulder in deep evergreen/black ¥60000 深みのあるグリーンには、ブラックのハートが。nicola twistlock medium flap shoulder in roasted fig ¥53000 スペードモチーフが控えめなタイプもラインアップ。トラッドなスタイルにも似合いそう!dorie medium bucket in chartreuse ¥60000 バケツ型バッグの「ドリー」は、よく見るとたくさんのスペードを編み込んであるっ! ピンクのインナーバッグは取り外し可能なので、他の巾着を使ったり、あえて中身を見せても可愛い❤︎dorie medium bucket in hot chili ¥60000 鮮やかカラーでリゾートスタイルにもぴったり! でもハンドクラフトタッチのレザー素材なので、きちんと感はキープ。dorie medium bucket in evergreen ¥60000 インナーバッグを使えば、オールシーズン持てそう。イメージビジュアルで着ている、同じく春コレクションのワンピースとも相性バツグン❤︎各ショップでは、コレクションの発売を記念したイベントが行われます。1/25(金)・26(土)の2日間は、『ケイト・スペード ニューヨーク 銀座店』でニコラ・グラスがディレクションしたストアデザイン体験ができるんだって! さらにフォトブースが登場したり、ケータリングが提供されたりとパーティ気分でショッピングを楽しめます♡ 2/9(土)・10(日)には、一部店舗でドリンクサービスが実施されるそう。ニコラ・グラスの初コレクション、手に取ったら春が待ちきれなくなっちゃいそう! さらに進化した『ケイト・スペード ニューヨーク』から目が離せません♬▶︎▶︎『ケイト・スペード ニューヨーク』公式サイトはこちら
  • 韓国のオーディション番組『PRODUCE48』から誕生したIZ*ONE(アイズワン)が再登場♡IZ*ONE’s BEAUTY PICK!韓国のオーディション番組『PRODUCE48』から誕生したIZ*ONE(アイズワン)が、ついに2月6日、日本デビュー! 20日発売のノンノ3月号に再登場してくれたよ。 日韓で注目をあつめる彼女たちの、スキンケア、メイク、ボディ磨き……etc.  12人のメンバーが、キレイのためにやってること、全部教えてもらいました♡ 彼女たちの可愛いの秘密がわかる全8ページ『IZ*ONE’s BEAUTY PICK!』は、20日発売のノンノ3月号でチェック!  さ ら に ……増刊号はIZ*ONEが表紙♡コンパクトで持ち歩きに便利で、お財布にもやさしいワンコイン版(¥500)の増刊号は、IZ*ONEの表紙が目印だよ☆  ※増刊号の掲載内容は通常版と同じです。IZ*ONEがよく分かるQ&Aチャン・ウォニョンさん宮脇咲良さんチョ・ユリさんチェ・イェナさんアン・ユジンさん矢吹奈子さんクォン・ウンビさんカン・へウォンさん本田仁美さんキム・チェウォンさんキム・ミンジュさんイ・チェヨンさん撮影/ISAC(SIGNO) ヘア&メイク/LEE JUNGSUK LEE SUMIN KANG DAYOON KIM HAEMIN KIM YONGHAN MYEONG YESOL スタイリスト/松尾正美 取材・原文/力石恒元 松山梢 宮平なつき 吉川由希子 web構成/篠有紀 撮影協力/アワビーズ 
  • 日本にル・コルビュジエの作品はたったひとつしかない。だが、日本のモダニズム建築の多くは、ル・コルビュジエから始まったと言っても過言ではない。そこには、ル・コルビュジエの思想と日本人のアイデンティティとを融合させようとした建築家たちの苦闘の歴史が刻まれている >>ル・コルビュジエは日本のモダニズム建築に何を遺したのか<前編>  2016年、ユネスコの世界遺産に登録された〈国立西洋美術館〉をはじめ、ル・コルビュジエが日本の建築界に及ぼした影響は計り知れない。だが、1920年代、日本の建築家たちはふたつの思いに引き裂かれていた。世界的潮流であるモダニズムを取り入れたいという思いと、「日本的なもの」を守りたいという思い――。ル・コルビュジエが象徴するモダニティの思想はいかに日本の建築界を変えていったのか、そのドラマティックな歴史を俯瞰する後編。 1920年代の日本でモダニズム建築は新たな潮流として捉えられた。19世紀後半の職人の手仕事や一般的なクラフツマンシップとは別ものとして区別されたのだ。にもかかわらず、あるいは多少はそのせいかもしれないが、日本は東アジアのどの国よりも早くから、そして最も深く、ル・コルビュジエとの関わりを通してモダニズム建築に傾倒していった。1930年代前半までに、ル・コルビュジエの最も重要な著作の多くが日本語に翻訳され、ル・コルビュジエの事務所で学んだ何人かの日本人建築家が帰国して、彼の建築論を日本に紹介する役割を担った。 そして日本はどの国よりも長く、その影響を受け続けることになる。米軍から史上二番目に激しい空爆(一番はベトナムだった)を受け、東京が壊滅的な被害を受けた第二次世界大戦が終戦を迎えると、コンクリートを媒介としたモダニズムが戦後日本の復興のイデオロギーとなった。戦後の日本でおそらく最も影響力のある建築家である丹下健三は、前川國男の事務所に入所後、ル・コルビュジエの近代建築国際会議(CIAM)に参加した。ル・コルビュジエの彫刻のような、表現主義的なコンクリートの使い方にヒントを得た丹下は、ル・コルビュジエが早くから興味を示していた都市総合計画を推し進め、さらにそれを拡大していった。〈国立西洋美術館〉と向かい合うように立つ〈東京文化会館〉(1961年)は前川國男の代表作のひとつであり、戦後の名建築を象徴するものでもある。ル・コルビュジエの事務所に入所したとき、前川は多感な22歳の青年だった。建築中だった〈サヴォア邸〉を見学した前川は、ヨーロッパにモダニズムを定着させようと奮闘するル・コルビュジエの姿に触発されたに違いない。前川もまた変化を嫌う旧態依然とした日本の風潮に直面していたからだ。前川の作品はどの建築家よりも、日本の初期モダニズムにおけるイノベーションと妥協を体現していた。それを思うと、前川の代表作のひとつとル・コルビュジエの作品が、当時の苦労を語り合うかのように向かい合って建っていることも何か意味を感じさせる。〈東京文化会館〉は、〈国立西洋美術館〉よりも横幅が広い。反り返った巨大なひさしの突き出たコンクリートの屋根が、重厚感のある水平ラインを強調している。美術館に面した側は、お堀と傾斜した巨大な壁で囲まれたシェルターか城のように見える。 前川事務所の中心的メンバーとして〈東京文化会館〉のプロジェクトをとりまとめ、のちに独立して著名な建築家となった大高正人は、ル・コルビュジエの〈ロンシャンの礼拝堂〉や、遅くとも7世紀に建立された、日本最古の神社のひとつと言われる神道の聖地、出雲大社との類似性を指摘している。この建築は「日本的なもの」を表現したのか? あるいは、「インターナショナルなモダニズム」という閉じられた狭い世界の中をぐるぐる回っているだけなのか? 内装を見ても同じような曖昧なヒントしか与えられない。大ホールへ続くエントランスには美術館と同じコンクリートタイルが貼られている。しかしホール内部の壁面には、クリアで温かい音響を実現するために、切り出した木材で造られた、どことなく抽象的な彫刻の大きなレリーフが貼られ、建物内部にそびえる木目模様の高いコンクリートの柱は木製の神社の鳥居を彷彿とさせる。 〈国立西洋美術館〉と向かい合うように建つ前川國男設計の〈東京文化会館〉 (東京文化会館〉の外観  さまざまなモチーフが盛り込まれたこのモダニズム建築の傑作には、前川の建築に対する「日本的なもの」を巡る論争に心をかき乱されてきた、彼自身の複雑な軌跡が投影されている。コルビュジエの事務所を去って日本に戻った前川は、1930年代から初期のモダニストで日本を拠点に活動していたチェコ出身の米国人建築家アントニン・レーモンドの事務所で働き始めた。日本が戦時体制に突入する頃に彼はレーモンドの事務所を去ったが、“日本趣味”を掲げる建築家たちはモダニストたちを「日本人らしからぬ」と攻撃した。 誰もが伝統的な日本建築の技術をまねるようになり、前川はそれを不誠実なことだと感じていた。1931年、彼は〈東京帝室博物館〉(現・〈東京国立博物館〉)の公開コンペに計画案を提出。それについて書いたエッセイの中で前川は、伝統主義者からの批判を覚悟のうえで、国際連盟本部のコンペに提出したル・コルビュジエの計画案を引き合いに出し、「日本建国から2591年目[原文ママ]の今、日本式の切妻屋根を造るなどとは、数千年にわたる日本の芸術の歴史に対するはなはだしい冒瀆にほかならない。われわれは日本古来の芸術に敬意を払っているからこそ、昨今の日本の建築界の臆面もなく誤った風潮に断固として異議を唱えるのである」と主張した。  前川は予想どおりコンペに落選した。だが、彼が設計した〈東京文化会館〉は、その〈東京国立博物館〉と同じ上野公園内に建てられることになった。リベンジとまでは言わないが、因果応報とはこのことだろうか。SOURCE:「Anxiety of Influence」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY NIKIL SAVAL, PHOTOGRAPHS BY ANTHONY COTSIFAS, TRANSLATED BY FUJIKO OKAMOTO OCTOBER 23, 2018 その他の記事もチェック 既成概念を軽やかに超える建築家・妹島和世 戦後日本の建築家が家に託したもの 〈東京文化会館〉の外観 PHOTOGRAPH BY ANTHONY COTSIFASル・コルビュジエの弟子のひとり、前川國男の自宅。現在は「江戸東京たてもの園」に移築 PHOTOGRAPH BY ANTHONY COTSIFAS前川國男の自宅の内観 PHOTOGRAPH BY ANTHONY COTSIFASル・コルビュジエのもとで学んだ坂倉準三が設計した新宿駅西口 PHOTOGRAPH BY ANTHONY COTSIFAS
  • 愛する女性を全力で守り抜く頼もしい彼氏役が新鮮!――  映画『フォルトゥナの瞳』で本格的なラブストーリーに初挑戦した神木さん。死を目前にした人が透けて見える不思議な能力を持った青年・慎一郎役を演じ、最愛の恋人・葵役には有村架純さんが扮している。 「相手役が有村さんって聞いた時は本当に助かったって思いました。共演した『3月のライオン』の取材の時に『神木くんのラブストーリーが見てみたい』と言ってくれていましたが、まさか自分が相手役を演じるとは思っていなかったみたいです(笑)」 ――  今回は、「葵を見る目をいかに愛情に満ちあふれているものにするか」が勝負だと思っていたそう。 「本心から優しくしたい、守りたいと思っていれば、"愛おしい芝居"をするのとは違う温かさが出ると思っていて。有村さんが理想の女性を完璧に演じてくれたので、役に浸ることができました。普段の僕と彼女はほぼ姉弟(笑)。考えていることも全部読まれる感じです。『あなたがいいならそれでいいと思うよ』みたいに、いつも寛大でいてくれるから、最近はもう母と子くらいかも(笑)。浜辺でバックハグをするシーンでは、監督からも『姉弟に見えないように』と言われました。でも足元の砂の量によっては有村さんの背が高くなるから、僕が首にしがみついてるように見えてしまうのでそこは苦労しました(笑)」 ――  と、おどける神木さん。でもこれまでと違う頼もしい"彼氏役"には、ドキッとする人も多いはず。 「大人っぽく演じるために声を低くしたり、ゆっくり動いてみたり、落ち着いてセリフを言ってみたり。いつもと違う新鮮な雰囲気が出せたことは大収穫でした。私生活でもやってみたいのですが……ムリ! ガマンできないです(笑)」●かみき りゅうのすけ 1993年5月19日、埼玉県出身。映画『Last Letter』『屍人荘の殺人』が今年公開。NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK)が放送中。©2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会『フォルトゥナの瞳』 死を目前にした人が透けて見える"フォルトゥナの瞳"を持っていることに気づいた木山慎一郎(神木)は、自分の能力に一人苦しむことに。ところが心優しい桐生葵(有村架純)に出会ったことで孤独な人生に初めて彩りが生まれる。 ●2月15日(金)より全国公開©2018 Twentieth Century Fox 『女王陛下のお気に入り』 18世紀初頭、イングランドを統治していたのは虚弱な女王アン。彼女を操り権力を振るっていたのが、幼なじみのサラ(レイチェル・ワイズ)だった。ところが新人召使いのアビゲイル(エマ・ストーン)が、女王からの信頼を獲得したことで事態は急変。嫉妬に駆られるサラと、成り上がりを目論むアビゲイルの泥沼バトルが繰り広げられる。戦争中なのに贅沢三昧を謳歌する貴族ののんきな暮らしぶりなど、ブラックユーモアも満載! ●2月15日(金)より全国公開Ⓒ2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved 『メリー・ポピンズ リターンズ』 魔法使いのメリー・ポピンズが問題を抱える家族のもとにやってきて奇跡を起こす、1965年に公開されたミュージカル映画の続編。前作から20年後のロンドンを舞台に、母親を亡くした一家のもとにメリー・ポピンズが舞い降りる。圧倒的な美貌でポピンズに扮するのはエミリー・ブラント。心躍る楽曲の数々や、実写とアニメーションを織り交ぜた映像など、見ているだけでハッピーになるディズニー映画らしい世界観にうっとり。 ●2月1日(金)より全国公開©Universal Pictures 『ファースト・マン』 『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督が再タッグを組んだ最新作。1969年に月面着陸を達成し、人類で初めて月面を歩いたアポロ11号の船長ニール・アームストロングの偉業を描く。壮大な宇宙をテーマにしているけれど、無口な男の内面を丁寧に描いた人間ドラマとしても見ごたえあり。徹底的にアームストロングの視点で描いたストイックなまでの映像は、浮遊感を覚えるほどリアル! ●2月8日(金)より全国公開他の画像を見る撮影/斎藤大嗣 ヘア&メイク/MIZUHO スタイリスト/百瀬豪 取材・原文/松山梢 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 
  • まだまだ寒いけど、コスメカウンターには激カワな新色が到着中。今すぐ使えて、ちょっといばれる♡「タグ映え」コスメをズラリ揃えました!# WリップSNS映えとメイク映え、両方を叶えてくれる今季一番のトレンドアイテムがこちら♡ワンピース¥16000(2月発売予定)/ハニーサロン(Honey Salon by foppish)# イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー 5 ¥4300(2月6日発売)/イヴ・サンローラン・ボーテ 黒いハートがぷっくり感を演出。 # ディオール ルージュ ディオール ダブル 353 ¥4200(限定発売中)/パルファン・クリスチャン・ディオール 2色がMIXされ鮮やかなピンクに。 # RMK RMK カラーポップリップスティック 02 ¥3500(限定発売中)/RMK Division 中心のパール層がきらめきをプラス。 他の画像を見るモデル/鈴木優華 撮影/吉田崇(まきうらオフィス・モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/与儀昇平 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
関連キーワード

RECOMMEND