"ちょうどいい"ワンピースは色とシルエットが重要 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.清潔感のある女らしさを引き出す、
夏に映えるブルー
きれいなライトブルーのカシュクールワンピースは、後ろが長くなったシルエットと、リボンベルトを締めることで生まれるドラマチックなギャザーでフェミニン度をアップ。ゆったりドルマン風になった袖は二の腕をすっきり見せてくれるうれしい効果もあり。トングサンダルで軽快に。

ワンピース¥28,000/エストネーション(エストネーション) ピアス¥18,000/ドレスアンレーヴ(1DKジュエリーワークス) バッグ¥109,000/ブルーベル・ジャパン(ジュゼッペ ザノッティ) 靴¥153,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)
2.気持ちまで華やぐ明るい色の組み合わせで、
新鮮な女らしさを
ツヤのある鮮やかなイエローが上品な華やかさを演出。胸上で切り替えられた膨らみのある構築的なシルエットは、体のラインを拾わず体型カバーの強い味方に。ラベンダーのミニバッグを合わせて、ロイヤル感のある配色に。

ワンピース¥79,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥617,500・バングル¥289,300・リング¥493,500(3点とも参考価格)/ステディ スタディ(ソフィー ビル ブラーエ) バッグ¥343,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)
3.シンプルシルエットなら
明るい色も臆せず楽しめる
パープルが目にも鮮やかなAラインワンピースは、シンプルなカッティングながら、贅沢に布量をとったシルエットで女らしさ満載。サークルモチーフをあしらった華奢なストラップサンダルを合わせて、大人のかわいげも感じさせて。

ワンピース¥39,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレスチェーン¥120,000・チャーム¥51,000/シャンテクレール 東京店(シャンテクレール) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥10,5000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
4.体が泳ぐ膨らみのあるフォルムで
品のある女らしさを手に入れて
曲線を描く自然な膨らみで体が泳ぐシルエットなら、メンズライクになりがちなシャツワンピースもフェミニンに。肉感を拾わないので体のラインも気にならない。少し襟を抜いて着ると今どき感もアップする。

ワンピース¥16,800/マーコート(ミズイロインド) 帽子¥17,000/三喜商事(イレブンティ) バングル¥124,700/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) バッグ¥24,000/エストネーション(ヘレンカミンスキー) 靴¥71,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
5.美女感アップのカシュクールは
リネンの黒がちょうどいい
ドライな質感が夏らしいリネンワンピースは、カジュアルになりすぎないよう、カシュクールタイプでフェミニンムード高めに装うのが正解。小物は白でさわやかに。

ワンピース¥58,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) サングラス¥33,500/タカロック(クレア) バングル(手先)¥210,000・(肘側)¥138,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥27,500/アマン(ペリーコ サニー)
eclat7月号掲載 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • 頑張ったご褒美に癒しのスイーツタイム。あ~しみる…♥クライアントを回るから、きちんと感を重視したコーディネートを。黒のサファリシャツでキリッと見せつつ、軽くて持ち運びしやすい夏素材のバッグをお供に。ワイドパンツはニュアンスグレーを選んで、重くならないようにするのがポイント。いつも服が辛めなせいか、クールに見られがち。でも実は大がつくほど甘党の私にとって、仕事の合間のスイーツタイムは至福の時♡ 今日はひとつ新規の契約もできたし、大奮発といきますか~。サファリシャツ¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) ワイドパンツ¥12963/バナナ・リパブリック ピアス¥32000/アガット(ミキノラ) バングル¥57000/チェリーブラウン バッグ¥38000/アマン(ペリーコ)【今月のPROFILE】青山の広告会社勤務広告プランナー・花 企画を手がけるプランナーとして、バリバリ仕事をこなす29歳。クールな見た目とは裏腹に、大の甘党&忘れ物もやや多めと、そそっかしい一面も。愛犬のまいぺと自転車をこよなく愛し、恋愛は休憩中。丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里とは親友の関係。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】サファリシャツ 一枚はもちろん、はおりものとしても使える優れもの。"本気"のサファリになりすぎないように、カーキより黒を。¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ)【初夏の受け皿ボトム】薄手ワイドパンツ 落ち感があってエレガント。女っぽさを足したいときに。¥12963/バナナ・リパブリック「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】M7days for office 【洗える】セミワイドパンツ ¥15,000+税【関連商品】23区 【マガジン掲載】23区×VIOLA d' ORO ラメテープ ラフィア カゴバッグ ¥18,000+税撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) モデル/松島 花、まいぺ ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり!今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます☆ 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェック♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!お招ばれドレスから『ユニクロ』のトップスまで、気になるアイテムがいっぱい【ファッション人気記事】♡第3位♡『GLACIER』の「ワッフルワンピース」 No.576 *Ayane*さんがイチオシしているのが『GLACIER』の「ワッフルワンピース」。カジュアルなのに1枚でしっかりキマるから手放せないそう。ワッフル素材、注目です! ▶︎▶︎プチプラです ♡第2位♡お招ばれドレスを買いました♡ No.647 ゆきちょさんは、『ストロベリーフィールズ』でお気に入りのドレスを発見。胸元から袖、ウエストにかけてのキラキラしたレース素材が可愛すぎ♡ お招ばれ服の参考にしてみて。 ▶︎▶︎上品で大人っぽい ♡第1位♡『ユニクロ』の「レーヨンプリントブラウス」が使える 第1位は、No.562 しょこたうるすさんが使えるとおすすめする『ユニクロ』の「レーヨンプリントブラウス」。着回し力がすごいから、コーデの幅が広がる! 洗濯してもシワになりにくいから、お手入れもラクちん。 ▶︎▶︎しかもこの値段!話題の韓国コスメ『FEMMUE』のシートマスクに、優秀プチプラコスメ!【ビューティー人気記事】♡第3位♡『FEMMUE』のシートマスクがイイ! No.646 あみさんが“1回で肌が確実にトーンアップしてる......"と感じたのが『FEMMUE(ファミュ)』のシートマスク。肌への密着度がすごいんだって! ▶︎▶︎週末のスペシャルケアに!!♡第2位♡『セザンヌ』の「パールグロウハイライト」 No.675 ちゃんあさんが3刀流! と紹介する『セザンヌ』の「パールグロウハイライト」。濡れツヤ感がすごくて、アイシャドウ・ハイライト・お直しパウダーとして使える優れもの♡ ▶︎▶︎これは使える♡第1位♡ファンデ難民脱出の予感 No.576 *Ayane*さんが紹介している「TIME SECRET タイムシークレット ミネラルプレストパウダー SPF50+ PA++++ 」に注目。カバー力◎、質感もGOOD、さらに紫外線もガードしてくれる♪ ▶︎▶︎大人の最強パウダー「しっとりラングドシャアイス」や、『箱根ガラスの森美術館』がとっても気になる!!【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡とっても可愛いネモフィラスイーツとは? No.617 ひろみんさんが、茨城県『国営ひたち海浜公園』に訪れた理由。それは、絶景ネモフィラはもちろん、「ネモフィラブルーソフト」を食べるため!!! ▶︎▶︎おいしくて可愛い♡第2位♡『セブン‐イレブン』×『ヨックモック』 No.562 しょこたうるすさんが食べてみたのは「しっとりラングドシャアイス」。バターが香るラングドシャとバニラアイスクリームの相性はもちろん抜群だそう♬ ▶︎▶︎リピート確実♡第1位♡『箱根ガラスの森美術館』は夢の世界♡ No.614 ほーたんさんがおでかけしたのは、『箱根ガラスの森美術館』。カラフルなガラスが光に反射してキラキラと輝く様はまるで夢の中。上手な写真の撮り方も教えてくれましたよ! ▶︎▶︎館内にはおいしいグルメも★今回のランキングは5/13(月)~5/19(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • せっかくの休日、「いつもよりおしゃれして出かけたい!」そんな女心を満たしてくれるはいつだってワンピース。着るだけで高揚感が味わえる華やかな一枚を味方に、ぜひあなたも少しだけドラマティックな日常を楽しんで。友人とのアフタヌーンティーはシックなブラックドレスで 女友達とホテルのアフタヌーンティーへ。ある程度のきちんと感は欲しいけれど、気合いの入れすぎも気恥ずかしい。そんなシーンにぴったりなのが、リトルブラックドレス×パーカの組み合わせ。フォーマル感をほどよく残しつつ、大人の余裕も感じさせる着こなしで、楽しいひと時を過ごしたい。ワンピース¥85,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) パーカ¥36,000/CABaN Daikanyama(キャバン) ピアス¥69,000・ネックレス¥126,000・バングル(WEB限定)¥136,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥52,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(セスタ コレクティブ) 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ  日本橋店(ニナ リッチ) ぱっと目をひく美しい赤で、あでやかに、軽やかに観劇へ劇場へ行く時は、作品や演者へのリスペクトをこめて、ある程度華やかな装いをするのも大人のたしなみ。ちらりと見える背中が女らしい赤いワンピースは、後ろ姿まで印象的。リネンならではの軽やかな素材感のおかげで、きれい色でも派手になりすぎないのがうれしい。小物は大ぶりのバングルやかちっとしたかごバッグで、洗練と遊び心を加えて。ワンピース¥44,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥13,000/デ・プレ(ポーノ) バングル¥45,000(アンコモンマターズ)・バッグ¥47,000(トーマソ ガンダリア)/TOMORROWLAND 靴¥59,000/フラッパーズ(ネブローニ)トレンドど真ん中なボヘミアンワンピをあえてシックに素敵なアイテムとの出会いを求めてショップクルーズをするお買い物デーは、一番自分らしいおしゃれが楽しめる日。休日ならではのリラックス感とトレンド感を両立するボヘミアンワンピースでおしゃれテンションを上げつつ、小物はモノトーンでシックに。ワンピース¥61,000/ドレステリア 銀座店(レムレム) レギンス¥9,200/アニエスベー ピアス¥11,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ソコ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) 靴¥75,000/ヴェルメイユ  パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) 大好きな花柄ワンピとブランチでパワーをチャージ!花柄のコットンワンピースにリネンジャケットをさっとはおった即席甘辛コーデで、ご近所ブランチ。慌しい平日を乗りきる力をくれるのはこんなささやかな癒しの時間。それがお気に入りのワンピと一緒ならなおさら! ワンピース¥24,000/ロンハーマン ジャケット¥32,000/エイチ ビューティ&ユース メガネ¥36,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) バングル¥48,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥32,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ) 靴¥48,000/フレームワーク ルミネ新宿店(バルダン) 【Marisol6月号2019年】撮影/生田昌士(hannah) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 撮影協力/ホテル イースト21東京 国際医療福祉大学 bills 銀座
  • 東京を舞台にした映画『ロスト・イン・トランスレーション』や『アベンジャーズ』シリーズへの出演で知られる、女優のスカーレット・ヨハンソン(34)。人気コメディアンのコリン・ジョスト(36)と婚約したことが明らかに! Photo:AFLO2019年4月22日(現地時間)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のLAプレミアに揃って出席したスカヨハとコリン。フォトコール中もコリンはスカヨハの背中に手を回し、お互いを見つめ合う場面もキャッチされていた。 Photo:AFLOスカヨハとコリンに交際説が浮上したのは、2017年5月頃。もともとは友人関係だったが、コリンが出演する米人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』にスカヨハがゲストとして登場したことを機に、急接近。その後、2017年11月にはふたりが路上でキスをしている姿が激写され、交際確実となった。Photo:Getty Imagesそれから約2年の交際期間を経て、婚約することを選んだふたり。ゴールインとなれば、スカヨハは3度目の結婚となる。2008年に俳優のライアン・レイノルズ(42)と結婚するも、2011年に離婚。2014年には、フランス人ジャーナリストのロマン・ドリアック(37)と結婚。同年にローズちゃん(4)を授かるも、2017年9月に離婚が成立した。 Photo:Getty Images2度の離婚を経験した恋多きスカヨハに、またも結婚を決意させたコリン。日本ではあまり知られていないが、コリンは名門ハーバード大学を卒業後、脚本家として米人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』に参加。現在は同番組でコメディアンとして出演、また俳優活動も行うなど、ハリウッドで多才ぶりを発揮している。 最初の結婚相手であるライアンとは極秘婚を挙げ、2度目のロマンは一般人であったこともあり、プライベートを明かさないことで知られるスカヨハ。コリンもインスタグラムを開設しているが、私生活は伏せている様子。ファンとして、美男美女のプライベートショットが見られないことだけが、なんとも残念? >>スカーレット・ヨハンソン、噂の新恋人との路上キスを激写される! > スカヨハの前夫ライアンにもハッピーなニュース! >>ブレイク・ライブリー、第3子を妊娠! ハッピーオーラ全開でファンに報告
  • 本田翼が着る、スタイリスト石上美津江が語る! ベージュ、ブラウン、カーキの魅力。スタイリスト石上美津江さんはこう言います。「ベージュ、ブラウン、カーキを着ると毎日いいことがある! この3色だから挑戦できること、逆にラクできることがこんなにたくさんある。つまり私たちの日常を救ってくれる、なくてはならない存在ってこと!」(石上さん、以下同)えっ、そんなに? と思ったそこのあなた、今から石上さんの言葉を、本田翼の着こなしで証明してみせますから!“今っぽい”が“やりすぎ”にならない「まずは私が思う、ベージュの最大の魅力のお話。それは、おしゃれ感をさらりと出せるやわらかさ。はりきりすぎてイタい、にならない絶対的な上品さ。だからトレンド服や目新しい服も臆せず着られるし結果、目いっぱいおしゃれを楽しめる。“ハヤリモノ”はとりあえずベージュを選べ!ってお買物の時にぜひ思い出してくださいね(笑)」スポーティなアノラックとレイヤードで魅せるセンシュアルなレース。トレンド服同士、それも正反対のテイストのものを自然に無理なく“なじませる”。新しいおしゃれを、手の届くものにしてくれる。ブルゾン¥16000/ヘリーハンセン原宿店 ワンピース¥38000/メゾン イエナ パンツ¥11000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥3500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(インク+アロイ) バングル¥21000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール)“女っぽい”に照れずにすむ「コンサバとは違うし、セクシーとも違う。女っぽさに憧れながら、女っぽさってとても難しいからこそ。土っぽい色のトーンが“ちょうどよく”してくれる。この春はぜひ、その感覚を知ってほしいと思います。デコルテが見える服も透けたり揺れたりする服もこの色たちだから“ちょうどいい”んです。ソワソワせず背伸びもせず、思い描く理想のあなたへ」女っぽい服ほどプリミティブな色、の簡単だけどおしゃれなバランス。デコルテの見えるタンクトップにチュールスカート、衿を抜くようにばさっとはおるトレンチ。コンサバとは違うきれいさやセクシーとは違う女性らしさは、こなれ感や品のよさに転ばせるこの3色のおかげ。コート¥15800/フリークス ストア渋谷 タンクトップ¥9900/カージュ ルミネエスト新宿店(アール ジュビリー) スカート¥11000/ミラ オーウェン 靴¥83000(ポール アンドリュー)・リング¥12000(ジャミレイ)/プラージュ 代官山店 イヤリング¥11000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(イリス47) ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店きちんとした服がやわらかくなる「リネン素材のベージュがとにかく多いこの春。甘いだけを卒業してきれいめを目指す女性たちにそのやわらかなクリーンさはぴったりだと思うんです。たとえばこのジャケットとパンツのセットアップも仕事のためだけのものといまだに思っていては損。“たったひとつでおしゃれになれる服”としていちばん頼れるし、甘えられるんですから」シルエットやデザインは端正でカッコいいのに、リネンの軽やかさとベージュのやさしさで堅苦しく見えない。女性らしさも抜け感もちゃんとある。“これだけで絵になる”の最新版に、カーキのスカーフをたらす遊び心も添えてみたりして。ジャケット¥30000・パンツ¥21000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント) カットソー¥13000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥23000・リング¥11000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)カジュアルな服がきれいになる「今までと同じではそろそろ子供っぽい? とカジュアル好きな女性たちも悩みがちな世代ですよね。それを救えるのも、この色たちの素晴らしいところ。ベージュからブラウンのグラデーションはモノトーンよりシックさに“奥行き”があるから“大人っぽい”のベクトルがただ辛口なのとは違う。それがこなれ感の正体、だと私は思っています」ほら、ボーイッシュなはずのビッグシャツとハーフパンツもこのとおり。ふわりと肩の力を抜きつつ、だらりと脱力するわけじゃない。カジュアルのいわゆる“絶妙なさじ加減”もこの配色なら簡単。シャツ¥21000/アナディス パンツ¥16800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥36000/TOMORROWLAND(エーティーピー) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) 帽子¥23000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤクリップ¥10000・バングル¥42000/プラージュ 代官山店“時間がない”が“余裕”になる「メンズライクなカーキだからこそ際立つ女性らしさがある。それはとても新鮮で、うれしい気づきで、私たちの朝に革命をもたらすかもしれません!色数やテクニックを使わなくていいワントーンは時短コーデのセオリーのひとつですが、だからその一色は、これからは絶対にカーキ。さ、“ちょっと先”のおしゃれをして、余裕でいきましょう」シャツジャケットとプリーツスカート、だけなのに。配色、なんてしなくても。カッコいいのに女性らしい。シックなのに無難じゃない。ラクしてるのにおしゃれっぽい。なんて、最高じゃないか!ジャケット¥39000/TICCA スカート¥22000/ルーニィ 靴¥17000/ジネス ペリエ千葉店(チアキ カタギリ) バッグ¥8300/セムインターナショナル(サンラミ) バングル¥36000/プラージュ 代官山店(ナタリー シュレッケンベルグ)“定番”が“シンプルなのにおしゃれ”になる「ベーシックカラーであり、トレンドカラー。ブラウンは今、そんな最強で最高の色。たとえば去年までのごくベーシックな白Tを今年はブラウンに買い替えてみてください。それをごくベーシックなデニムに合わせてみてください。ほら、“なにげないのにおしゃれな人”のでき上がり。色のパワーって、こんなにすごいんです」大人っぽさや上品さに少しだけ今の気分を交ぜるのがシンプル上手。ブラウンを選ぶだけでそれが簡単ってこと!Tシャツ¥8800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥22000・Gジャン¥30000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥63000/パラブーツ青山店 バッグ¥7400/リフラティ シップス ルミネ横浜店 ヘアバンド¥600・イヤリング¥1200/お世話や メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ベルト¥8000/メイデン・カンパニー(トリー レザー) リング(右手)¥7200・(左手)¥21000/UTS PR(ルフェール)甘さが“大人の可愛げ”になる「久々にワンピースが素敵だと思ったこの春ですがそれはきっと、ベージュやブラウンやカーキのワンピースが多かったからだと思うんです。たとえば総柄のシフォンワンピースもほかの色だったら甘すぎると敬遠していたはず。可愛い服が好きな気持ち、大人っぽくなりたい願望。どちらも叶えられるなんて、やっぱり最高ですよね?」カーキだから、甘くなりがちなワンピースが甘すぎない。甘すぎないから、おじ靴やボリュームのあるアクセもよく似合う。そんな小物使いでハズせるから、すとんと一枚着るだけでおしゃれに見える。“この色だから”から始まる好循環。ワンピース¥11000/フリークス ストア渋谷 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) 帽子¥18000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤリング¥11000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥29000/UTS PR(ノース ワークス) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/本田 翼 スタイリスト/石上美津江
  • マウンテンパーカやシャカシャカアウターなど、春から梅雨どき向けの薄くて軽いはおりものとして、アウトドア&スポーツテイストのアウターが大流行中ですが、専門店レベルの防水や撥水・透湿・防風などの機能に優れた丈夫で高機能なウェアがリーズナブルに揃う【ワークマン(WORKMAN)】をパトロールしていて発見したのがこちらのヤッケです。【ワークマン(WORKMAN)】で発見! ヤッケって何!?綿かぶりヤッケ(品番47331W)¥1954/ワークマンヤッケは、ドイツ語でジャケットという意味の”Jacke”が語源です。レインコートほどの防水性はないものの、レインコートより通気性に優れ、何より汚れにくいのが特徴。主に土木建築作業や農作業のときに汚れ防止・日除け・防風・防寒を目的に着るジャケットですが、【ワークマン(WORKMAN)】のこのヤッケは、火に強い綿100%の生地を用いているので、通称“焚き火ジャケット”として、調理や焚き火で火を使うキャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーウェアとして大人気の売れ筋商品に!首&襟足までしっかりガードする立ち襟&フード長財布も横にしてすっぽり入る、大きなフロントポケットみぞおちのあたりには、ドラえもんのような大きなファスナーポケットがついています。長財布を横にしても入る特大サイズ。ちなみに両サイドにもファスナーつきポケットがあって、全部で3つのポケットがついているので、スマホやリップ、鍵など本当に必要で大切なものをヤッケにぜーんぶ入れて、手ぶらでお出かけも可能です。ファスナーにはカバーがついているので、砂や泥が入り込んで中のものが汚れる心配も少なめ。二重袖仕様で、より汚れにくい構造に!汚れや風が服の中に侵入しにくいよう、袖口は2重構造になっています。下のレイヤーはゴムが入っているので、袖をまくりやすいのも地味にうれしいポイントです。左袖のロゴパッチ&ペン刺しがワンポイント作業着なので、ペン刺しはもはや【ワークマン(WORKMAN)】のウェアのデフォルトです。“96 CLOTH”というロゴパッチがなんだか可愛い!サイズを微調整できる、ドローストリングコード内蔵!ウエスト部分、裾、そしてフードにはロープコードが内蔵されているので、天候やスタイリングに合わせてシルエットを変えられます。【ワークマン(WORKMAN)】のヤッケ着回し①:早朝ロケ撮影コーデこの【ワークマン(WORKMAN)】のヤッケを3スタイル、着回してみました。まずは早朝6時にロケバスがお迎えに来てしまった表参道ファッションロケ撮影の日のコーデ。朝6~7時の東京の気温は16℃前後ですが、日が昇るにしたがって23℃くらいまで上がり、紫外線も強め。アウターをいちいち脱いだり着たりしなくてもOKで、貴重品をまるごと入れて動けるヤッケはかなり便利です。シルエットが大きめなので、ボトムはスキニーデニムで引き締めてみました。いちばん今年らしい着こなしは、フェミニンなワンピースとのコーデ!アウトドア&スポーツテイストのフードつきジャケット、今年は小花柄ワンピースやシフォンスカートなどのフェミニンなアイテムに合わせるのがトレンドです。スニーカーやキャップでミックス感を強めてもいいし、なくてもじゅうぶん今年らしい着こなしになると思います。きれいめタイトスカート&パンプスを合わせれば、通勤コーデにもなる!?バイラ編集部はカジュアル通勤OKなので、端正なチェック柄のタイトスカート(ザラ)に合わせ、ボルドー色のソックスをきかせたブラウン系のワントーン配色コーデにまとめてみました。ジャケットなどを合わせるよりも“きめすぎ”感がほどよくセーブされるのかなと思います。サイズはM・L・LL・3L・4Lの5展開。小柄な方はM、下に大きめのTシャツやシャツを着たいなら1~2サイズ大きめを選ぶといいと思います。色はキャメルとストーンブラックの2色。どちらもウォッシュをかけたような風合いが魅力的ですが、キャメルのほうがやさしげな印象になり、2019年春夏に大人気のベーシックカラー、ベージュに近いので着回しがきくと思います。【ワークマン(WORKMAN)】には、リーズナブルで高機能な薄軽アウターがたくさん揃っていますので、ぜひ一度お試しいただくことをおすすめします!今すぐ着られる薄軽アウター多数【ワークマン(WORKMAN)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】コスパ最高! 30代女子も着られるワークマン(WORKMAN)取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物で、2019年5月中旬時点での商品情報です。
  • マンダリンオリエンタル東京のスパを体験してきました。さかのぼること去年の12月、職場の年末パーティでプレゼント抽選会がありました。私は賞品にかすりもしなかったのですが、秘書を担当する若手君が賞の目玉だった「マンダリンオリエンタルのスパチケット」をゲット。いいなーと思っていたら、「日頃お世話になっているめるもさんにどうぞ」となんと譲ってくださるじゃありませんか! そんなわけで、棚ぼた式にいただいたチケットを使って、先日行って参りました。撮影の許可はいただいております。まずは予約の1時間前にチェックイン。ヒート&ウォーターエリアに入ります。ジェットバス、ドライサウナ、アメジストを用いたクリスタルスチームルームなどで身体をあたため、心身の緊張をほぐしながら至福の時間を過ごす準備をします(男女別々のため、水着着用の必要はありません)。37階からの東京の街並みを眼下に、贅沢なリラックス時間でした。受けたトリートメントは「タイムリチュアル120分」、ボディとフェイシャルのフルコースです。体調や要望に合わせて組み合わせる、東洋と西洋の伝統的技術を基に考案されたトリートメントとのこと。心地よいアロマの香りのオイルでの、ほどよい圧の全身マッサージで、体がほぐれていきました。が、あまりの気持ちよさに途中から記憶がない!「おつかれでしたね」とセラピストさんの言葉で眠りから覚めました。あ、あっという間・・・(^^;)。 美女組ブロガーたるものもっとしっかり目を見開いてレポートをすべきでしたが(笑)、極上のスパ体験、至福の3時間でございました。チケットをくださった若手君、ありがとう。今後もお仕事がんばります♡マンダリンオリエンタル東京スパのHPはこちら。美女組No.92めるものブログ
  • みなさんこんにちは。Sayuriです。5月もあっという間に後半。いい季節になりましたね♪この夏「日焼けをしない」が目標笑意地でもしないように頑張る笑さて。最近可愛すぎるリップに出会いました❤️それがこちら。✅クレ·ド·ポー ボーテルージュルミヌ3 スウィートサテンルージュルミヌは1月21日に発売されたClé de Peau Beauté(クレ・ド・ポーボーテ)待望の新作スリムルージュ。18世紀のフランス宮廷をイメージしてつくられたデザインはシンプルながら上品。下のくるくる回すところのデザインも美しい!あ!!一度くるくる回して出してしまうと元に戻せないので、使う分だけだしてくださいね♪保湿成分としてプレミアムアルガンオイルが配合されていて、滑らかな塗り心地がくせになりそう。オイルがとろけるようなテクスチャーで、唇も荒れません!!グロスのようなツヤ感を持ちながら綺麗な発色で、ふっくらと輝く唇を演出してくれます♡ グロスのような艶が欲しいけど、ベタベタするのは嫌い!!という人にはオススメ♪色が濃すぎず、適度な透明感があるので、濃いめの色でもチャレンジしやすく、優しい雰囲気になりますよ♪私の選んだスウィートサテンは春夏にぴったりのカラー 表情を明るく見せてくれる、可愛くて上品な色合いです❤️イエベの方。パーソナルカラー「スプリング」の方にオススメです❤️ちなみに、全12色のうち、イエべさんには「1 オールドローズ」「3 スウィートサテン」「5 パーフェクトピーチ」「7 キャンディーピンク」「8 スウィーティーダーリン」の5色がオススメ。ブルベさんには「2 ラベンダー」「4 ダリア」「6 ローズドラジェ」「9 キュートキス」「10 スウィートアズキャンディー」「11 ダムソンジェリー」「12 グレナディン」の7色がオススメ。番号が大きくなるほど色合いがはっきりしていくイメージ。とはいえ、私は時折summer?と言われることもあるくらいsummer寄りのspring笑今回は3をゲットしましたが、2と6も狙っています!!!いや、1も大人っぽくて良さそう♪もちろんイエベとブルベで似合う色が違うのは当たり前で、参考にしていただきたいのですが、もう好きな色をつければいいじゃない♪というのが私の考え方。あまりにも似合わなかったら自然と選ばなくなりますから笑私にはどの色が似合うと思いますか?など聞いていただければお答えしますので、InstagramにDMを送るかコメントでもくださいね♪このルージュ。贅沢にとろけるテクスチャーと、レフ板効果で、本当に唇が滑らか且つ艶やかに見えますよね♪TPOも選ばず使えそうなので、今後もヘビロテしそうな予感。皆さんもお気に入りのカラーを見つけてみてくださいね♪欠品も増えてきているみたいなので急げー!!!instagram←是非みてね⭐︎
関連キーワード

RECOMMEND