暑い時期にオススメのヘアアレンジ

DAILY MORE

先日、友人の結婚式があったのでヘアアレンジをしていただきました〜。

私は前髪なしのミディアムヘアなのですが
いつも悩むのが前髪で。

思い切りあげると顔が大きく見えてしまうし、
かといって残しすぎると邪魔だし。

と結構悩みがあって。
しかもヘアアレンジって大体後ろの完成写真しかないので前面が分からなくて、結局少し前髪を残してもらうアレンジが多かったのです。

そして食事中はその前髪を耳にかけてしまう…
意味ない!!

と悩んでいたところに見つけたのが今回のアレンジ。


後ろはこんな感じで。

髪の毛少なめの猫っ毛なので、トップはいつもしっかり出してもらってます。

前髪のほとんどをあげてもらって、ハーフアップみたいにしていました。
横はこんな感じで。

もみあげ部分を後れ毛として出してもらって、なみなみに巻いてくれました。

このくらいだったら全然邪魔にならないので食事中もOK!!

程よく後れ毛があったのでそんなに顔が大きく見えなかったはず…です。


暑くて髪の毛がべたっとしたりするのも嫌なのでスッキリヘアにしたい方や前髪ありさんでもオススメです。


モアハピ部 No.355 めこのブログ

関連記事
  • こんにちは!しんしんです! そろそろ梅雨シーズン。 お気に入りの傘をもっておくと、雨の日のお出かけも少しだけ楽しめる気がしています。 あとは歩きやすい雨の日靴をゲットしたいなぁと思ったり。世はまさに、タピオカ戦国時代!ここ最近空前のタピオカブーム!と言われ、都内にも続々店舗かオープンしているタピオカ専門店。 まさにタピオカ戦国時代!ともいえる今、個性的なタピオカ店が注目されています♪ 中でもわたしがずーっと気になっていたのが、こちら!《comma tea》の焦がしタピオカ黒糖ミルクティー♡♡comma teaの看板メニューは、黒糖の深みをたっぷりと味わえる黒糖ミルクティー♪なんといってもこちら、クリームの表面に砂糖をまぶして最後にバーナーで炙ってくれるという!! 下に沈み込んだ黒糖が温かく、真ん中の紅茶部分が冷たく、そして表面の焦がし部分も温かく、と、《温冷温》のサンドイッチ♡ おいしくないわけがなーい!日曜日は、お店の前に大行列ができていました! しかもみんな同じメニューを頼んでいるという笑 クレームブリュレみたいなパリパリを割りながら、ミルクティーに溶かして飲むのがセオリーだそう。 飲み物というよりは、食べもの!デザート!な位置付けだと思います。ここでしか味わえない焦がしタピオカミルクティー♡ ぜひチェックしてみてくださいね♪ 最後までお読みくださりありがとうございます♡ *しんしん*モアハピ部 No.570 しんしん のブログ
  • こんにちは❤︎ 今日は全国的にあいにくのお天気、、 テレビでは 『今年いちばんの大雨☔︎』とも 言われていてびっくりしました(´⊙ω⊙`) 東京も風がかなり強いみたいなので 外出される方はお気をつけて、、! さてさて、今日わたしが ご紹介するのは そんな雨の日でも憂うつな気分を 吹き飛ばしてくれる❤️ 良い匂いアイテム\(^o^)/笑!shiroの練り香水、『ホワイトティー』です♪内容量は18g、 お値段はひとつ¥2,200+税 となっています☻おすすめポイントは❤︎*心落ち着くやさしい香りのホワイトティーで、 きつすぎない香りです* また、固形タイプのフレグランスで ポーチやポケットに入れてもかさばらないので、 簡単に香りのお色直しができちゃいます❤️ ベースに保湿成分のゴマ油や ミツロウを使用しているため、 指先の保湿ケアにも使えます✨実はお気に入りすぎて わたしも何度もリピートしている 個人的におすすめの香水です♡♡ 夏に向けて香りが気になってくる 時期ですが、 ホワイトティー以外にも 他にいくつか香りがあります☻ 気になった方は是非是非 チェックしてみてくださいね♬カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • キャットタワーにいるココンを下からパシャリ! 飼い主的にはペチャっとした顔が可愛くてしょうがなーいっ!!「ここからの景色すきだにゃ♪」■名前ココン■性別女の子■猫種ペルシャ・チンチラブルー■生年月日・もしくは推定年齢2015年3月27日■性格穏やかでおとなしい、ビビリのくせにチャレンジしてみる■特技ボールを投げると取りに行って持って帰ってくる■好物「にゃんにゃんカロリー」というチュールに似たペースト■マイブーム綿棒を転がして遊ぶ■チャームポイント大きな目と小さな鼻頭
  • 今月のMOREの付録はPAULとコラボ!MORE6月号の付録はパン屋さんPAULコラボの保冷バッグでした! デザインがシンプルかわいいと周りにも好評です。 心配でしたが、コンパクトなのに愛用のココポット(底広め)もそのまま入れられる頼もしい存在! 突然ですが、PAULのオススメパン、教えますPAULといえば、フランスで朝一並んで食べた!という友人がいるほど人気のパン屋さん。 わたしはフランスに行ったことはありませんが、実家でよく食べていたので馴染みの深いパン屋さんです。わたしのお気に入りのパンを(勝手に)紹介します。 ◆クロワッサン(たぶん)1番人気!フランスでおいしすぎた!との声多数。わたしもPAULの中では1番食べているのがクロワッサンだと思います。 バターたっぷりで、そのまま食べるとしっとり。焼き直すとちょっとサクッとなるのでお好みで。◆カヌレ皆さんが知っているカヌレより、大きくないですか、、? わたしは先にこちらを知っていたので、ほかのお店で見たとき、その小ささに驚きました。笑 中はしっとり、外側はちょっぴり大人の味です。◆パルミエ顔ほどの大きさのパルミエは、インスタ映えとしても人気なようです。 源●パイ大好きなので、嫌いなわけがない。笑 チョココーティングされたものもおいしいですよ◎付録もパンも要チェック!まだ本誌をゲットしていない方は、次号が出るまでに急いで! パンをまだ食べたことがない方は、ぜひ一度ご賞味あれ。モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • from NORMANDY Caroline Marolleau & Arthur Delaire 春が訪れつつある3月初旬。約2年半の交際を経て、ノルマンディー地方のマナーハウスで式を挙げたアーサーとキャロリン。結婚式の準備にかけたのは2~3 カ月。「準備にストレスを感じたくなかったから、もともと知っていて食事がおいしいこの場所で即決。私たちは親族もたくさんいるので、自分たちじゃなく、招待する親族や友人たちをもてなすというコンセプトで、自分たちがみんなをどれだけ愛しているかを表現したんです」。挙式とアペロ、ノルマンディー名物のカキをはじめシーフードをメインにしたディナーの後は、朝までDJダンスパーティ。映像・音楽関係の仕事をしている彼ららしく、そしてパーティ大好きなフランス人らしいウェディングを堪能した。 挙式とパーティの会場は、ノルマンディーの海辺にあるクラシカルなマナーハウスを貸し切ってブライズメイドたちの衣装も白! 理由は「みんなで愛を分かち合い、みんなが主役となれるような楽しい夜を過ごしたいと思った」からフランスに春を告げるミモザのブーケは新婦が自ら調達&デコレーション。豪快にブーケトス!ドレスはミレーユ・ダルクが映画の中で着ていたバックレスドレスがイメージ。踊りやすいよう丈は短め。新郎はロンドン・サヴィルロウの老舗でスーツを仕立てたそうディナーは長テーブルを4 列並べて新郎新婦も一緒に。新鮮な食材だけを使い洗練されたおいしい料理を提供してくれるレストラン。ワインはボルドー出身の新郎の友人たちが手配新婦と総勢6名のブライズメイドはお揃いのチームブルゾンを作ってまずは温水プールでシャンパンを楽しんでからパーティの準備を開始
  • ジェヨン(「キムチョンギョンヘアフェイス」ヘアデザイナー)&チョン・ボムジュン(インテリアデザイナー) from SEOUL Jaeyoung & Bumjun Jung 「ヘアとインテリア、ジャンルは違いますがデザイナーという同じ職業のせいか、趣味や好みなど共通点が多かったんです。猫が好きなところも!」と言うふたり。知人の紹介で出会い、4年の交際ののち「忙しいお互いの仕事もちゃんと認めて信頼し続けた」ことが決め手となり結婚することに。ブライダルの仕事も多い人気ヘアデザイナーの新婦だからこそ、自分の式のときもドレスよりヘアスタイルにこだわったそう。「ヘアもメイクアップも、時がたっても違和感なく、上品なイメージを目指しました」。パーティでは知人である韓国の芸人が祝辞を担当。愉快なスピーチで、会場の雰囲気を盛り上げてくれたことも大きな思い出になったそう。 伝統衣装を着て両親や親類に挨拶をする、トラディショナルな婚礼セレモニーも実施したパーティのドレスはジェニー・パッカムのもの韓服(ハンボク)を着たお母さまとの記念写真
  • 今更…感はありますが、オイル更新しました♡いつもご覧頂き、ありがとうございます。 今日は、関東地方は台風のような雨ですね☔️ みなさん大丈夫でしたでしょうか? さて、最近ヘアオイル更新しました。 以前から使ってみたいと思っていた「N.POLISH OIL」 かなり今更感はありますが、手持ちのオイルがなくなったのでようやく試してみました♡ ドライ後スタイリング剤無しワックスのみ使用ワックスとオイルを使用比べてみて頂ければわかるかな、と思いますが3枚目オイルとワックスを使用したスタイルが一番髪がまとまりきれいに見えるかなと思います。(個人的感想・好みですが…) スタイリングステップは簡単。 (Rougy 薫森さんに教えて頂きました) ①オイルとワックスの割合は、2:1! ②掌でしっかりとオイルとワックスを混ぜ合わせてから、後ろの毛先になじませ、サイド毛先になじませる。 ③最後に前髪や乾燥が気になる部分にさっとつけて完成。 梅雨から夏に向かうこの時期。うねりやパサつきが気になりますが…オイルの力を借りて乗り切りたいと思っています。 napla→→→♡Instagram♡→→→kumiko_149美女組No.149 kumikoのブログ
  • 大人の髪問題を、ぶっちゃけ対談CHIEKO KURODA × IKUKO JIBIKI仲良しのお二人…OurAge世代の髪事情や最近のグレーヘアブームについて、本音でトーク!〈黒田さん〉シャツ¥48,000/アルピニスム(ロキト) 〈地曳さん〉トップス¥30,000/オット デザイン(ルーム エイト)「グレーヘアを素敵に決めるには、今まで以上に努力が必要!」(地曳)編集部   プライベートでも仲良しというモデルの黒田さんとスタイリストの地曳さん。まさにアワエイジ世代のお二人ですが、まずはそれぞれの白髪事情を伺えますか?黒田   私は額の生え際あたりに集中していて、頭頂部や後頭部にはほとんどありません。前髪に分け目をつけてなく、毛量が多いので、あまり目立たないみたい。でも1カ月に一度は染めています。地曳   私も生え際が多く、だいたい1カ月半に一度、美容室に行っています。その間は気になる部分だけ自分でリタッチ。くしがついたタイプを使って、一段明るい色でカバー。でも私も毛量が多いせいか、あまり目立ちません。黒田   同じ年齢でも、白髪の量やある場所、なかには、まだほとんどない人もいるから、本当に個人差が大きいですよね。やっぱり遺伝?地曳   いろんな要因があるとは思うけど、確かに個人差は大きいわね。そういえば、最近はちょっとしたグレーヘアブームじゃない?   実は私も染め続けるのも大変だな~と思って、検討してみたりもしたの。黒田   私の母はもう染めるのをやめて、今は真っ白。私もいつかは染めるのをやめたいけれど、さすがにまだ早いかなと思っています。地曳   白髪の量にもよるしね。私も行きつけの美容師さんに相談してみたのだけど、まだ量が少ないから、やめたほうがいいと言われました。黒田   素敵なグレーヘアにするためには、どの部分にどれだけの量があるのかが関係する気が…。それにどうしても老けて見えがちなので、なかなか決断するタイミングが難しい。地曳   雑誌に取り上げられているグレーヘアの方たちは、みんな美人で、メイクもきちんとしているから様になっているけれど、グレーヘアを素敵に決めるのは結構大変だと思う。黒田   そうそう、きちんと手入れしつつじゃないとね。次ページに続きます!→黒田知永子さん1961年生まれ。モデルとして多方面で活躍。ファッションや生活について二人のセンスや考え方を語った、黒田さんと地曳さんの共著『おしゃれ自由宣言!』(ダイヤモンド社)が好評発売中地曳   ナチュラルグレーヘアといっても、何もしなくていいわけじゃない。髪も肌もパサパサでは、ただの山姥(やまんば)になっちゃう(笑)。黒田   山姥⁉︎(笑)髪のツヤは大切よね。これはグレーヘアに限らず、黒髪や茶髪の人にも共通して言えることだけど。逆に言うと、髪がきれいならノーメイクでもなんとかなるような。髪は肌と同じように年齢が表れるところですよね。地曳   確かにそうね。どんなに格好いい服を着ていても、髪がパサパサだと残念な感じになってしまう。黒田   それからグレーヘアにすると、 似合う服なんかも変わってきそう。地曳   そうなの。私、以前に金髪にしたとき、今まで似合わなかった色がしっくりきた。グレーにしたら、またそれは変わるでしょうね。それも面白いから、試してみたい(笑)。黒田   いろいろ変わっていくのも楽 しいよね。地曳   ということは、染めるのが面倒、単にズボラだという理由、もしくははやりだからというだけでグレーヘアにするなら、やめたほうがいいかもしれませんね。黒田   とはいえ、私もいつかは染め るのをやめたいな~。地曳   顔がシワだらけなのに、髪だけ黒いというのも不自然だから、そのバランスのいいときなら無理がないかも。年齢でいうと 70 歳くらい?黒田   白髪の量との兼ね合いもあるし、なかにはアレルギーなどで染められなくなるケースもあるみたいなので、タイミングは人それぞれで決めればいいのかもしれませんね。地曳  早めに移行する人は、いろいろと覚悟すべし!(笑)黒田   それも楽しんでしまえればいいかもしれない。地曳いく子さん1959年生まれ。スタイリスト。「グレーヘアにすると美しさを維持する手間がかかる。染めるのが面倒という理由だけならやめたほうが無難二人の本音トークは次回に続きます。お楽しみに!撮影/前田 晃(MAETTICO)  ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/地曳いく子 取材・原文/山村浩子
関連キーワード

RECOMMEND