働く日の夏スカート、今シーズンのイチ押しは「きれいめ白フレアスカート」
Marisol ONLINE

解説してくれたのは・・・

三尋木奈保さん

現実的な上品ベーシックスタイルが、働くマリソル世代に人気。2 冊目となる著書『My Basic Note Ⅱ “きちんと見える”大人の服の選び方』(小学館)が好評発売中

三尋木さんイチ押し働く日の夏スカート

「きれいめ白フレア」

ここをチェック!

□ 「落ち感素材の白」がオフィスで映える!

□ 腰はすっきり、すそが揺れる美ラインを厳選

涼しげかつ華やか。夏の好印象がこれ一枚で
「イチ押しなのは白のフレア。スカートの白ってちょっとした特別感があって、夏場にすごく映えるんです。大事なのは、きれいめなとろみ素材を選ぶこと。オフィス向けのきちんと感が出せるし、白でも汚れが気になりにくいんですよ。逆にコットンはカジュアルに転びがちなので避けたいところ。腰はタイトめで、すそに向けて広がるサーキュラータイプなら思った以上にすっきり見えます(三尋木さん)」 
スカート¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

セオリーの「きれいめ白フレア」を着回し!

1/2

2/2

黒トップスを合わせるだけで着映えと着やせが同時にかなう


シンプルなワンツーコーディネートなのにぱっと目をひくのは、「白フレア」のフェミニン効果のおかげ。なめらかな落ち感素材は、ほっそり着やせするのもメリット。黒トップスを合わせれば、いっそうメリハリがきいてすっきり見えが実現。忙しい朝はこの組み合わせが簡単! 真っ白すぎないオフ白なのもオフィスで気後れせずに着られるポイント。色合わせもしやすい。

スカート¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ニット¥14,000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ) ピアス¥90,000/ベルシオラ バッグ¥139,000/ヴェルメイユ パー イエナ 天神ヴィオロ店(ザンゲッティ) 靴¥43,000/プラージュ 代官山店(バルダン)

ワザありのシルエットがニュアンス抜群の揺れ感を演出


ブラウスをすそインで着ると、きちんと女っぽい印象が加速。ダーツ&スリットがアシンメトリーに配されているから、すその揺れ感がドラマティックなのもいい。

スカート¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ブラウス¥25,000/アングローバル(イレーヴ) イヤリング¥12,000/メゾン イエナ(イリス 47) メガネ¥37,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバー ピープルズ) バングル¥4,800/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ランドシヌール) バッグ¥41,000/ショールーム セッション(ポティオール) 靴¥75,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ニナ リッチ) インナー/スタイリスト私物
撮影/三宮幹史(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/田澤美香 モデル/渡辺佳子 取材・文/三尋木奈保
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND