選ぶのに迷ったら、やっぱりこれ!不動の定番「スリードッツ」のTシャツ
Web eclat

three dots(スリードッツ)

“ちょっとやせた?といわれるほどすっきり見えるクルーネックがお気に入り。ジャケットのインナーとしても頼りになります。

スタイリスト 福田亜矢子さん

“初めて着たのは20年以上前!?体もおしゃれ感も変化しているのにここの定番Tだけは今も照れずに着こなせるんです。

エディター&ライター 向井真樹さん

さらりと肩かけしたホワイトデニムジャケットからのぞかせた白Tシャツと素肌量のバランスに、ヘルシーな女性らしさがほのかに漂う。ウエストリボンのセンタープレスパンツにもしっくりなじむ、ほどよい品よさもこのブランドならでは。Tシャツ¥11,000/スリードッツ青山店
(スリードッツ) ジャケット¥38,000/ebure(エブール) パンツ(共布ベルトつき)¥25,000 /レリアンお客様相談室(キャラ・オ・クルス)バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

選ぶのに迷ったら、やっぱりこれ! 不動の定番

独自の技術で表面を起毛させ、特別に柔らかな肌ざわりを実現したスリードッツの定番素材は、「結局、出番が多い!」と編集部スタッフの間でも不動の人気。もともとメンズラインの人気素材というコットン100%のサンデッドジャージー。ほどよく厚みがあって一枚でも安心して着られるから、インナーのキャミソールが響いて着こなしにくいというTシャツにありがちな悩みも払拭。ゆとりのある身幅に対して、華奢さをさりげなく強調する広く深めなラウンドネックとコンパクトな袖が、女性らしさとリラックス感を同時にかなえてくれる。大人カジュアルにはもってこいの、頼れる一枚。
「絶妙なネックデザイン」
デコルテを美しく見せるネックライン。ジャケットにインしても、華奢に印象づく。
「あえてコンパクトな袖」
腕にフィットするので、カーディガンにインしてもアタリが出ずにすっきりと着られる。
撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND