超絶使えるプチプラ夏映えコスメ★ エスプリークの限定アイカラー&アイライナーは絶対買い!

non-no Web
エスプリークの夏限定色のテーマは「SANDY FLOWER」。砂漠に咲く花のように、夏の日差しに映えるアイカラー&アイライナーが登場するよ!

ダイヤモンドの輝きで目元をドレスアップ

マーブル模様が可愛すぎ♡なアイカラーは1つ1つ模様が異なるので、自分だけのお気に入りを探してみて。天然ダイヤを砕いたダイヤモンドパウダーを配合し、リッチな輝きと透明感のある仕上がり。
(左上から時計回りに)エスプリーク セレクト アイカラー OR203・同 PK809・同 PK808・同 BR317 各¥800(編集部調べ)/コーセー(6月16日より限定発売)

優しげなまなざしをつくる絶妙カラー

ツヤがあり、しっかり発色するジェルペンシル。なめらかな描き心地で思い通りのラインが簡単に完成! ほんのり甘いピンキッシュブラウンと、自然な陰影がつくれるシマーブラウンの2色展開。
(左)エスプリーク ジェルペンシル アイライナー BR302 (右)同BR303 各¥1600(編集部調べ)/コーセー(6月16日より限定発売)

▼ 関連記事もチェック!

どんな目の形の人も、自然なのに大きくてキュートな理想の目元が叶う! ブラウンのリキッドアイライナーを使った詳細プロセスから旬ワザまでを、一挙大公開!
実はコドモ顔のノンノモデル、甘顔系の優華が、優子の"お姉さんメイク"にならって、顔タイプに合った"お姉さん"感を叶えるメイクに挑戦!
関連記事
  • MORE2月号の企画「今年こそ"小顔王"に私はなる!」をみなさんご覧になりましたか? 私も小顔になるべく、小顔賢者オススメのマッサージツールを10日間チャレンジさせていただきました! それがこちらー!♡CHANEL アクセソワール ドゥ マッサージュ V実際に試させていただいて、効果を実感したので、今回自腹購入しました♩* 顔全体用と目元用の2つのパーツになっていて、顔の起伏やツボにピタッと気持ちよくフィット。 これでサーッとマッサージするだけで、顔の血行がグッと良くなって、凝りもほぐれます♡朝のメイク前に使うと、メイクのノリも良くなる気がする! そしてツボ押しの効果なのか、本当にびっくりするくらい目が大きくなるんです(゚∀゚)!! 効果絶大◎ ビフォーアフターは、MORE2月号本誌とデイリーモアの記事に載っているので、ぜひチェックしてみてください☆ デイリーモアの記事はこちら↓⦅デイリーモア⦆「小顔になれる㊙グッズ」を、憧れの"顔ちっちゃ!"美人がこっそり教えます!!イラストでわかりやすい、マッサージ手順の説明書もついているので、実践しやすいのはもちろんのこと、スキンケア後にサササッとできちゃうので、ズボラな私でも続けられる手軽さも◎ CHANELのマークを見ると、モチベーションも上がります! できれば、楽して小顔を手に入れたい!というタイプの私にはピッタリでした\( ´ω` )/ コンパクトでかさばらないですし、陶器のカッサのように割れちゃう心配もないので、ケースに入れてポーチにINして、どこへでも連れて行けるところもお気に入り♡仕事の都合で出張が多いのですが、持ち運びもラクラクで場所を選ばずマッサージできて、とっても助かっています! しかも!!お値段¥5,800と手の届く価格なのも嬉しいポイントです◎ 「アクセソワール ドゥ マッサージュ V」でマッサージを続けて、今年こそ"シュッとした輪郭の小顔"を手に入れて、"小顔王"に私もなるぞー\( ´ω` )/♡ "小顔王"になりたいモアガールも必見のマッサージツールです!♡モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
  • 1回受けたら虜になる!ともっぱらの噂。CPコスメティクスの化粧品を使ったCPサロンのフェイシャルエステが気持ちよすぎたので詳細レポートしちゃいます。たった60分で見違えるような肌に。これは体験しなきゃ損です!何度か誌面でもオンラインでもご紹介しているCPサロンのエステ。取材に立ち会って、トリートメントを受けている皆さんの気持ち良さそうな表情を見るたびに「いいなぁ~、めちゃくちゃ気持ち良さそうだな~」と、羨ましく思っていました。だって、そばで拝見していると肌が明るく、清らかになっていく様子が手に取るように分かるんです。こんなアリーナ席で“見るだけ”はツライ!ということで、実際に体験させて頂くチャンスを頂きました! 嬉しすぎて気持ち良すぎたメニューの一部始終、実況しちゃいます。まずはカウンセリングから。スタッフさんが今の肌悩みをじっくり聞いてくれます。実際に肌に触れ、現在の状態をチェック。一人ひとりにぴったりのトリートメントを導き出すとともに、頼もしいスキンケアアドバイスも。私、肌は丈夫なのですが、どうも皮膚が薄いらしい。それも即座に言い当てられました。日常的に使っている化粧品もカウンセリングシートに記入。美容液にオイルにマスクに……がっつり書いて、ありのままを告白。全てを把握してくださるからこそ、自分の肌を安心して委ねられるんです。さて、お待ちかねのエステがスタート。まずはデコルテや頭部をマッサージしてくれるプレトリートメントから。頭皮のプッシングだけでもう極楽気分! リラックスすることも、エステの効果を存分に引き出す秘訣ですからね。スチームをあてて、余分な角質を柔らかくしながらクレンジングがスタート。まずはハンドクレンジングでメイクアップや汚れを丁寧に浮かせてオフ。つまみ上げているような指先に注目してください! この技で、表面だけではなく内側の滞りも解消。これぞCPエステの醍醐味。自分では決してできないケアです。次は天然素材で肌当たりのいいブラシによるクレンジング。これで古い角質や、細かい汚れをとことんからめ取ってくれます。クレンジングの締めはガラス管による吸引。毛穴に詰まった汚れまで徹底的に取り除くことで、真からクリアな肌を目指せます。リズミカルに「キュッ・ポン♪」と響く音や軽快なタッチが心地いい。この振動も血行促進を促してくれるとか。CPエステは、この3段階の丁寧なクレンジングがキモなんです。エステ開始直後と比べて、肌がかなりトーンアップしているのにもご注目を。肌がまっさらクリーンになったら、マッサージに突入。指先を駆使して、優しいけれど心地よさがしっかり届く手わざに、もう夢心地。こんな風にぐーっと引き上げるマッサージも。この時点で、私はもう意識がどこかに行ってしまっています(笑)。クライマックスのフェイシャルマスクは、ぴったりひんやり。うるおいをぐーっと押し込んでくれるようなプレス感を楽しみながら、エステの余韻を噛み締めて。 マスクを外し、化粧水と乳液で“お仕上げ”すると、エステ前とは段違いの明るい肌に。その変貌っぷりに、エステの一部始終をカメラに収めてくれたプロデューサーTも驚愕していました。自分的な実感としては、やはり徹底的に汚れを取り去ったためか、手触りツルン&中身がみっちり詰まったモチモチ肌に!このエステ体験は昼下がりだったのでメイクをして仕事に戻ったのですが、その後はびっくりするほどメイク崩れも起こさず、快適に過ごせました。CPコスメティクスのメイクブランド「サティシェ」の春新色を使ったメイクアップアドバイスも受けられて大満足!  ちなみに2月1日(金)発売、フルリニューアルしてのお目見えです。 ここまででおよそ60分、エステで使う化粧品をボトルキープしておけば、会員価格は1回¥2000~3000! 肌をメンテナンスして、メイクも更新できる。こんな至れり尽くせりのサロンって、なかなかないと思います。で、ホームケアもカウンセリングでお勧めされた「ソワーニュ フィエルテ」をメインに、美白ライン「ソワーニュ ホワイトシフト」を挟み込む“重ね美白”を実践中。実はエステ後、プロデューサーTが仕上がりのすっぴん肌も撮ってくれていたのですが、肌全体が明るくなった分、シミ&ソバカスが激しく目立ってヒドイ有様だったので……ここに載せられませんでした。その衝撃を胸に、今年は美白に注力しようと誓った次第です。というわけで「ソワーニュ ホワイトシフト」の美白美容液、メラノクリスタルエッセンス a(30mL ¥13500)が目下のお気に入り。加齢による潜んだシミや、ハリ対策も見据えたアラフォーにぴったりの美白です。軽いテクスチャーで季節を問わず使え、全顔も重ねづけも自在。ケアをスタートして半月ほど経った今では、随分と肌のにごり感も払拭されたような。丁寧なカウンセリングとエステで、自分の肌をもっと知って愛せるようになるCPサロン。時間がないのに悩みは増える一方のアラフォーは、味方につけないと損ですよ!●「CPコスメティクス」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 真珠がもつ、人を魅了する神秘的な白さ。そして、そこに潜む驚くべき美白効果を研究し続ける、ゲランのホワイトニングスキンケアライン「ペルル ブラン」。2019年2月15日から発売される美容液は、シミを作り出す要因についての新知見を得て、美白のネクストステージへと足を踏み入れる。 ゲラン ペルル ブラン ホワイトニング エッセンス TRP(医薬部外品) 30ml ¥15,500(2019年2月15日発売)「ペルル ブラン」シリーズの美白方程式は、独自成分のローズホワイトコンプレックスによる、メラニン生成の抑制、メラニンの排出促進、光の透過・反射の促進といった多角的アクションがベースにある。そこに新たに加わって強化されたのが、最新の肌研究で発見された「シミスイッチ」へのアプローチだ。私たちの真皮内で生成されるタンパク質の中には、恐ろしくもメラニン生成のプロセスを加速させてしまう、スイッチの役割を果たすものがあると判明。それを「シミスイッチ」と呼び、その働きを抑制すべく、新たな美白有効成分ウメエキスを配合している。シミの発生率を引き下げ、未来の肌を着実に明るく照らしてくれる先進美容液が、またひとつ誕生した。 目に見えるシミ、そばかす、生成されつつある潜在的なシミ……と守備範囲が広いうえに、炎症・肌荒れにも配慮した成分を配合。そろそろ私にもと不安がくすぶっている人も、今行っている美白ケアに満足いっていない人も。一度は手に取ってほしい、美白コスメ界期待の注目株だ。 ゲランhttps://www.guerlain.com/jp/ja0120-140-677text:Saori Nozawa >>ビューティニュース
  • 「メイクで新しい自分に出会いたいけれど、どうしていいかわからない!」そんなアラフィーの声に、ヘア&メイクの長井かおりさんがお答え。春の新色コスメを使った“春色アイメイク”を提案します。メイクがマンネリ化。メイクで新しい自分に出会いたいけれどどうしていいかわからない【新・華組】謝名堂華菜子さん(45歳)謝名堂さんのメイク傾向• メイクが苦手 •リップだけは鮮やか色 •くすみやすい色は回避「お洋服を作るのは好きですが、メイク偏差値はかなり低めです。さらに、年齢とともに似合うものが減ってきたため、くすみを飛ばす鮮やかなリップ以外は、ほとんど冒険もせずマンネリ傾向に。これを機会にマンネリを打破したいです」長井かおり’s Advice!この春の旬色スパイスは一点。ほかを大人ブラウンでまとめれば、ほら、簡単!「お会いしたとき、まずカラーされた明るい髪と眉の印象が目に飛び込んできました。ここにカラーレスなメイクだと、年齢を感じさせるくすみ感や軽さが強調されてしまいます。ですから今回は、くすみを払う明るい色で冒険しつつも、ブラウンで重みをもたせバランスをとりました。主役となるのは、黄み系の髪と眉にリンクする春らしいオリーブ色のアイシャドウ。ただ、いきなり色を投入するのはハードルが高いので、まぶたのベースにブラウンで深みを与えつつ、リップも今っぽいブラウンで大人っぽくしました。持ち味のナチュラルさは生かしつつも、明るくしゃれた印象になったと思いませんか?」メイクアップpointCheekカラーアイメイクを楽しむ際は、彫りときわの引き締めが必須眉下を少しあけ、Bを上下のまぶたに薄く入れたら、アイホールにAを。目を開けたり閉じたりしながら好みの色になるまでオン。中央は濃いめに入れ、立体感を演出。目のきわはCのブラウンラインで引き締めて。Lip大人が一本持つといいブラウンリップ。きわはていねいに塗って一見、むずかしそうに見えるブラウンは、実は大人の強い味方。黄み系のシャドウを優しく引き立てる、大人をしゃれて見せる深みカラー。きちんと感を出すよう、輪郭を縁取るように塗るのがおすすめ。A 鮮やかな発色と光のシアー感がくすみを払い、大人のまぶたをなめらかに美しく見せるオリーブ色のクリームシャドウ。デアリングヴォヤージャー 02(限定品)¥3,600/THREE  B まぶたにほんのり深みを与える練り系のブラウンシャドウ。ルナソル ベージュニュアンスアイズ EX06(1月11日限定発売)¥2,500/カネボウ化粧品  C 黒だと強く浮くため、黄み系の深いブラウンをチョイス。ヴィセ リシェ メルティシャープ ジェルライナー BR320(2月16日発売)¥1,000(編集部調べ)/コーセー D美容オイルがリッチなリップは、縦じわや荒れも一掃。ルージュ ヴォリュプテ シャイン 86(2月6日発売)¥4,100/イヴ・サンローラン・ボーテくすみと固定観念を解き放つ春色アイで、メイクの楽しさを再発見!目もと、頰、ネイルに使ったのはこちら(右から)ヘルシーなオレンジチークは、高めの位置に楕円形に。カネボウ ヴァリアンブラッセ(チークス)05(2月8日発売)¥5,500/カネボウインターナショナルDiv.ネイルポリッシュ 89 ¥1,800/THREE メイクに連動させて、マスカラもブラウンを。ファシオ パワフルフィルム マスカラ(ロング)BR300(1月16日発売)¥1,200/コーセーコスメニエンス撮影を終えて…「オリーブのアイカラーもオレンジのチークももともと大好き。でも、くすんだ肌には似合わないし、大人がすると痛々しいかな……と勝手にあきらめていました。いつものメイクにほんの少し冒険をするだけで、こんなにも晴れやかな顔に変われるんだと知り感動。これからは面倒くさがらずにいろいろ挑戦したいとワクワクしています。」教えてくれたのは……ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん 流行にたやすく流されない、その人の個性を生かした一番きれいな自分に出会えるメイク提案が好評。『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』ほか、メイク本は出せばヒットする人気者。撮影/玉置順子(t.cube) ケビン・チャン ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/寺沢 香 取材・文/中島 彩 ※エクラ2019年2月号掲載
  • まだまだ寒いけど、コスメカウンターには激カワな新色が到着中。今すぐ使えて、ちょっといばれる♡「タグ映え」コスメをズラリ揃えました!# WリップSNS映えとメイク映え、両方を叶えてくれる今季一番のトレンドアイテムがこちら♡ワンピース¥16000(2月発売予定)/ハニーサロン(Honey Salon by foppish)# イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー 5 ¥4300(2月6日発売)/イヴ・サンローラン・ボーテ 黒いハートがぷっくり感を演出。 # ディオール ルージュ ディオール ダブル 353 ¥4200(限定発売中)/パルファン・クリスチャン・ディオール 2色がMIXされ鮮やかなピンクに。 # RMK RMK カラーポップリップスティック 02 ¥3500(限定発売中)/RMK Division 中心のパール層がきらめきをプラス。 他の画像を見るモデル/鈴木優華 撮影/吉田崇(まきうらオフィス・モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/与儀昇平 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 一部業界内で話題を呼んだ(!?)「スナックBUSU」のリターンズ! 平成美容を見続けたママと、平成っ子、平成美とで連日熱く語り合った。 スナックBUSUのママ 都内某所でスナックBUSUをひとりで営む。かなりの美容通なため、夜な夜な妙齢(!?)女子が美容アドバイスを求め集まる。年齢は非公表だが、平成を語る口ぶりをみると55歳ぐらい? 平成の申し子 平 成美 昭和生まれではあるけれども、物心ついた頃に元号が平成となり、平成時代を目の当たりにしてきた独身女子、34歳。ママの美肌の秘密を暴こうと、日々スナックBUSUに通い詰める。 お題:細眉ブーム細眉ブームをきっかけに、眉のお手入れ習慣が一般化したわ 平 あ~、アムロちゃんが引退しちゃって、それこそ平成が終わったって感じ。 ママ そうね。彼女は美容においても“細眉”ブームをつくった立役者。これをきっかけに、いろいろな眉トレンドがあったわ。何より、眉のお手入れが一般化したのは、彼女の功績が大きいと私は思っているの。 平 確かに! ただ眉を抜くことが習慣になりすぎちゃって、その後来た太眉ブームに涙する人を多数見ましたが(笑)。 ママ だからアイブロウアイテムが発達したんじゃない。今じゃあ薄眉さん用に眉ティントまであるでしょ。あれは、この細眉ブームがあったおかげよ、きっと。 お題:ニキビ・毛穴ケアブームニキビのもと、角栓を取る、取らない問題あったわよね~ ママ あら、額に想われニキビ♡ 平 何言っちゃってるんですか(怒)。誰かに想われていようが、いまいが、ニキビを喜ぶ女はいませんよ‼ ママ でも、最近はいいニキビ用化粧品があるじゃない。それこそ20年ほど前は“ニキビは青春のシンボル”なんていわれ、単に脱脂効果が高いものしかなかったんだから。ニキビのもととなる角栓を取る毛穴パックも空前のヒットになって、“取る、取らない”で毛穴問題が勃発したわ。 平 毛穴問題ってそこからなんだ! ママ 大人ニキビって言葉も登場したわね。敏感肌もそうよ。女性の社会進出とともにストレスがクローズアップされ、1997年にはデリケートな肌症状に対応したブランド「d プログラム」も資生堂から誕生したわ。 平 いまやニキビも敏感肌も根本は一緒。研究が進みましたね~。 お題:ファンデーションの進化トレンドを"肌"で表現するのって何げにスゴイこと 平 ママ、クッションファンデーションって画期的だと思いませんか? ママ そうよね。ランコムがブームを盛り上げた感じ。昔は……。 平 出たー。ママの昔語り~♪ ママ ちょっと! 今でこそ“なりたい肌質”でファンデーションを選べるけれど、これは1997年に誕生した資生堂の「プラウディア」がプロモーションを展開したのがきっかけ。 平 シーズンごとに肌感の提案をしていたし、ナチュラルな仕上げを求めだしたのもこの頃から? ママ 正解! でも、日本女性にとってカバー力は永遠のニーズよ。 お題:落ちない口紅マットリップは美人度がUPする効果絶大よ ママ 成美ちゃん、今日のマットリップ素敵! あ~、思い出すわ、若かりし頃の“落ちない口紅”。食べても、キスしても落ちない……。 平 そんな昔からあったんですか! ママ 失礼ね! 落ちない口紅のニーズは女性の夢。1992年に登場したカネボウ化粧品の「テスティモ」の口紅は、そりゃあ一世を風靡したんだから! 平 でも私の記憶では、口紅ブームってここ3年ぐらいな気がする。 ママ そうね、スーパーモデルブームでベージュメイクが世の中を席巻。その後はグロスが主流となり、口紅不遇の時代に。その間に、口紅技術が水面下で進化していたのね♡ お題:美白ブーム美白はブームを超えもはや日本人のスタンダードケアに 平 いよいよ新作の美白化粧品が出てきますね! 美白ケアって、最先端技術を搭載しているって感じでワクワクするんですよー。 ママ 日本は美白大国だから。白肌文化は平安時代からだけど、昭和時代、夏は小麦肌、冬は白肌だったわ。 平 それを言うなら、アムラー時代はガングロで、その後のあゆの影響で白肌が定着したって感じ? ママ 平成美白の大きなニュースといえば、2011年にシャネルが開発した「TXC」が外資系企業で初めて美白有効成分として承認されたことかしら。 平 以来、新成分は出てないですね。今の美白は“浸透力”勝負です。 お題:スリミングブーム“塗るだけで痩せる”この言葉に日本中の女性が夢中に♡ ママ 平成といえば、ボディのスリミング系コスメティックスの勢いがハンパなかったわ。 平 そうそう! 祖母、母、姉がハマり、塗り系をはじめ、スリミングアイテムが家中にあふれてました。 ママ 引き締まるような清涼感がきいている気がして好きだったわ。海外旅行に行く友人に人気のスリミングコスメのお土産を頼んだものよ。 平 それ、円高だったんですね。 ママ ……まっ、ともかく、日本人のボディケア意識がこれによって変わったのは確かよ。 お題:小顔ブーム日本人のコンプレックスを直撃した小顔ブーム到来 ママ ボディスリミングくらいに盛り上がったのが“小顔”ブーム。ある外資系メーカーの社長なんて、日本の美容ジャーナリストのひと言で、日本人女性のニーズが“小顔”であることを知ったって話よ。 平 私も小顔になりたい!……って、今でも“小顔コスメ”はある? ママ そこの外資系メーカーでは、進化しながらも現在も人気アイテムとして君臨しているわ。でも近年は、“リフトアップ”“引き上げ系”コスメがそれにあたるんじゃないかしら。 平 やっぱ今は小顔ギアでしょ! SOURCE:SPUR 2019年2月号「平成美容に、乾杯!」illustration:Nozomi Oomori edit:Yuumi Fujii〈dis-moi〉取材協力:花王、カネボウ化粧品、コーセー、資生堂、シャネル、パルファン・クリスチャン・ディオール、ランコム
  • 沖縄限定ルルルンが新しくなりました!沖縄限定 アセロラの香り沖縄のプレミアムルルルンが、わたしが3年ほど前に行ったときに購入したゴーヤの香りから、アセロラの香りにリニューアルされていました。ゴーヤエキスは入っているようです! シークワーサーの香りは継続して販売されているようです。 今回は、アセロラの香りを友人からのお土産でいただいたのでご紹介します。夏にぴったり?期待できる美容成分たちゴーヤエキスの効果として、紫外線から肌を守ってくれるビタミンCや、抗菌化作用のあるモモルデシンが配合されています。 そして、アセロラをつくっている沖縄の人は、東京の人より肌年齢が平均6歳ほど若いそうです。 これは効果が期待できる、、! さっぱり系で、紫外線からも守ってくれるということで、暑い沖縄にぴったり。夏にも使いたいです。 逆にUVカットの手を抜きがちな冬にこのパックを仕込んでおけばなんとかなるかも!?(と期待※この記事は、コスメの中でもパック収集癖のあるわたしがパックを使用し、オススメや勧めないに関わらずその備忘録として書いています。モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • 軽やか素材や着こなしのスパイスになる色、ヒットアイテムの新作など実力はお墨付きの"使える"プチプラアイテムをお届けします! 忙しい日はコーデいらずでサマになるタートルワンピにおまかせ! タイツ¥900/タビオ(靴下屋) ブーツ¥46000/パリゴ 丸の内店 ストール¥25000/グリニッジ ショールーム(プレディー) バッグ・イヤリング/スタイリスト私物 NOMBRE IMPAIR ノンブルアンペール ウール混ダブルフェイスワンピース ¥9800 2枚の生地を1枚にしたダブルフェイス素材を使用しているので、カットソー素材ながら体のラインが出にくいのがうれしい。 ほどよい肉感で、秋~春と3シーズン着られます。 トレンドのブーツと合わせて一枚でさらりと着こなしたり、パンツやレギンスとレイヤードしたりと着回し力も抜群です。 【ウール混ダブルフェイスワンピース】をチェック! 公式通販LEEマルシェ 撮影/西出健太郎 ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/石上美津江 モデル/今井りか 撮影協力/TITLES
関連キーワード

RECOMMEND