モノトーンジャケットスタイルは、ストライプシャツで旬ムードに!

@BAILA

きちんと感をしっかり出したい日は、強い色や柄を控えると誰からも好印象に。初夏なら白が多めのモノトーンスタイルがおすすめ。黒ジャケットに、細かすぎないストライプのワザありシャツ&ひざ下丈の白スカートでまとめれば、女っぽさとトレンド感も上々に。シャツは太めのカフスでノーカラーのものを選ぶと、しゃれ感がさらに高まります。

フレアスカート¥38000/エストネーション(マディソンブルー) シャツ¥23000/アングローバル(イレーヴ) ジャケット¥52000/レリタージュ マルティニーク リング¥260000/TASAKI メガネ¥32000/ブリンク ベース(クレイトン フランクリン) バッグ¥178000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン)

明日のコーデ写真一覧へ>>

明日のおすすめ着回しアイテム

【長めの両端が表情の豊かさを演出! 白フレアスカート】
ボリュームのあるミディ丈フレアも白なら軽やかに。¥38000/エストネーション(マディソンブルー) 
【ノーカラー ストライプシャツ】
ちょっぴり太めのストライプが今年風。長めのカフスで差をつけて。¥23000/アングローバル(イレーヴ)
【ブラックジャケット】
ほんのりくすんだヴィンテージライクな金ボタンでこなれ感が急上昇。¥52000/レリタージュ マルティニーク 

「今月のおすすめの着回しアイテム」まとめはこちらから>>


関連アイテムはこちらでも紹介

【関連商品】BEIGE (ベイジ,) LIGHT / ジャケット ¥46,000+税


【関連商品】mizuiro ind (ミズイロインド)ストライプフロントフライシャツ ¥13,800+税


【関連商品】UNITED ARROWS (ユナイテッドアローズ)UWCS コットン タック フレアスカート† ¥16,000+税


【関連商品】CLEAR IMPRESSION (クリア・インプレッション) バケツ型ワンハンドルバック ¥4,900+税

撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵

関連記事
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など、細部にまでこだわったワンピースなら、ラクちんな着心地で大人の体型をきれいに見せてくれます。アラフィー世代から人気のブランドの“ほぼノースリーブワンピース”をお披露目。定番のベーシックカラーはカッティングやシルエットにこだわった逸品ぞろい都会的でリュクスな女らしさのある「ADORE」 すそにかけて控えめに広がるシルエットが上品な、リネンのベージュワンピース。アームホールが内側にくびれることなくまっすぐなラインに見せてくれるので、二の腕がすっきり細見え。 ワンピース¥52,000/ADORE ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥34,000(ヘリュー)・靴¥69,000(ジュゼッペ ザノッティ)/以上アパルトモン 青山店1.洗練された上質カジュアルが魅力の「ATON」 白肌はもちろん、ほんのり焼けた夏の肌とも相性のいいブラウンは、少し透けを感じさせるメッシュ素材で重く見えないのがいい。たっぷりとドレープを施すことで、丸みのある体型でも肉感を拾わずボディラインをカバーしてくれる。ぴったりしない袖口が腕からわき肉を目立たせないつくりに。 ワンピース¥55,000/エイトン青山(エイトン)2.トレンドの効かせ方が絶妙な「ESSEN.LAUTREAMONT」 前後ともにVネックになっているので、デコルテまわりと背中をすっきりシャープに、またウエストよりも少し高い位置についた共布リボンが、腰高ポイントを強調し脚長に見せてくれる。結ぶとエレガントに、自然にたらしてもノンシャランなムードでこなれて見える。ワンピース(リボンつき)¥42,000/エッセン.ロートレアモン3.エレガントなモード感が味わえる「CYCLAS」 コンサバになりがちなネイビーのワンピースを、張りのある素材感とモダンなデザインで、洗練された大人の印象に。さらにウエスト後ろにはゴムが入っているので、後ろ姿を自然とシャープに見せてくれる。ポケットがサイドについているのもうれしい。 ワンピース(ベルトつき)¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • 夏スタイルをシックに仕上げるなら大人仕様のキャメルカラーを選ぶべし※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますお仕事スカートの強い味方といえば、やっぱりすっきりシルエットのタイトスカートに決まり。斜めに入ったラップ風切り替えが、気になるおなかを目立たせず着やせ効果を発揮してくれるし、ウォッシャブルだからお家でも洗えて重宝する一枚。スカートがシャープな分、トップスにはふんわり甘めなものを選んで。スカート¥13,000(エムセブンデイズ)・エンブロイダリーブラウス¥26,000(ティッカ)・ショルダーバッグ【レヴューリザードミニ】¥18,000(トフ&ロードストーン)・ドットチュールサンダル¥23,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • マッサージアイテム『かたお』|松川菜々花 マッサージボールのように、体のコリのある部分に当てて、その上に寝て使うアイテム。ファンの方にいただきました。痛気持ちよく、ほぼ毎日、首と肩に当てています。 ◎次スライドもチェック→マッサージアイテム『かたお』|松川菜々花メイソンピアソンのヘアブラシ|武田玲奈 ヘアメイクさんが使っているのを見て気になっていたものを、昨年、クリスマスプレゼントでいただきました。髪をとかすだけで、ツヤツヤ! 毎日使っています。 ◎次スライドもチェック→他の画像を見る▶MODELS' TALK まとめ
  • @BAILAで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ5を発表! 第5位~第1位をチェックしてくださいね。 ※対象:2019年5月15日(水)~5月21日(火)の新着記事【第5位】最旬スマホケース&ミニポシェットは憧れブランドでゲット♡加速するキャッシュレスの波…もはや、スマホと少しのカードがあれば事足りてしまうかもという今、憧れのブランドでも小さなポシェットが人気者。ヴィトンやエルメスなど6ブランドの最新アイテムをご紹介します! ★記事はこちらから>【第4位】<無敵トップス9選>辛め派OL派はトレンド感を取り入れたトップスをスパイスに♡ついついクセの強いトップスばかりを選んでしまう辛め派OL。トレンドの形なら色はベーシックにするなど、足し引きのバランスをよくすれば着まわししやすいトップスが手に入る! そんなこの夏頼りになるトップス&はおりをお届け。 ★記事はこちらから>【第3位】通勤&休日OK! 大流行中シャカシャカアウターは【ワークマン(WORKMAN)】が最強説梅雨どき、さらに秋まで活躍する薄くて高機能なはおりものとして、ナイロン製の“シャカシャカアウター”が大ヒット中。挑戦しづらいと感じている人は、話題の【ワークマン(WORKMAN)】で高コスパなシャカシャカアウターから試してみてください! ★記事はこちらから>【第2位】¥1900に見えない【しまむら】で2度見&即買いした2WAY大容量トートバッグ¥1900~¥2900のリーズナブルなプライスゾーンで、なかなか高見えするウェアや小物が多く揃う【しまむら】の春夏物。“しまパト(=しまむらパトロール)”で見つけて購入したレザー調高見え2WAYトートバッグをご紹介。 ★記事はこちらから>【第1位】ファッション誌編集者が本気でおすすめ【ワークマン(WORKMAN)】レディースアイテムはコレ!ファッション編集歴14年のエディターが【ワークマン】の服のなかでも「最もコスパがいい!」と信じて疑わないのがコチラ。カジュアルテイストで普段着としても着られる、ワークマンの“つなぎ”の実力を大公開。 ★記事はこちらから>過去のファッション人気ランキングを見る
  • ホワイト×ブルーで仕立てるクリーンな初夏の通勤スタイル今の時期から夏にかけてぴったりなカラーの組み合わせと言えばブルー×ホワイト。 爽やかな印象になるライトブルーのパンツを取り入れました。一本持っていると便利なノータックのテーパードパンツ。 ウエストはスッキリしたデザインで、トップスをインしても着膨れ感ゼロです。 少し光沢のある素材なので、ベーシックな白トップスを合わせてもきれいめに♡ワイドパンツも好きですが、たまに穿きたくなる細身シルエットのパンツ。 バランスよく見えるアンクル丈がおすすめです。 足もとはシルバー×ホワイトのサンダルを。 ソールの傾斜が緩やかで歩きやすいので色違いも持っています。 パンプスやサンダルは足に合うものが見つかると色チ買いしてしまいがち^^バッグもブルーで統一感を出して。 少ない色数ですっきり感をアップ。トップスはシャツやTシャツに変えてもOK! 涼しげ配色は今後も出番が増えそうです。tops ur's pants JUSGLITTY sandals PICHE ABAHOUSE bag VASIC美女組No.161 愛のブログ
  • せっかくヘアアレしたのに、雨で崩れてしまっては残念。サロンスタッフが実践している、崩れないまとめ髪や湿気で広がっても可愛いアレンジを紹介! ■アシスタント 坂井希百さん発 梅雨のお悩み 毛量が多くてうねりやすい。透けバングがイマドキなツインテなら、クセがカールチックで誰より可愛く。- HOW TO -N.のオイル10円玉大を根元以外の全体に。手に残った分を表面と前髪にもなじませて。前髪の表面側1/3とこめかみより上の髪をすくって、たゆませながらピンで留める。指先にN.のオイルを少量つけ足し、前髪を少しずつねじりながらなじませて束感を作る。他の画像を見る撮影/嶌原祐矢(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/金山礼子 取材・原文/石橋里奈 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • ファッションに合わせてバッグを使い分ける方も少なくないのではないでしょうか。 今回は”大人可愛い”を作れるバッグのブランドを、アイテムとともに4つご紹介します。 SEE BY CHLOE(シーバイクロエ) フランスの人気ブランド・CHLOEのカジュアルラインとして誕生した、SEE BY CHLOE。CHLOEらしいフェミニンなデザインはそのままに、普段使いしやすい素材やリーズナブルな価格帯が魅力です。 SEE BY CHLOE/M TOTE W/S/¥35,000+税 トレンドのパイソン柄ミニケースが付いた、今季の新作トートバッグ。くしゅっとしたフォルムや、口を絞ってふわっとさせることもできるデザインが可愛らしい一品です。両端にはゴールドリングのジップポケットが配置されて、使い勝手も抜群。 Mimi(ミミ) MimiはデザイナーMimi Berryによってイギリスでスタートした、バッグ・アクセサリーブランド。上質な素材で作られた実用的なデザインが、大人女子の間で人気を集めています。 Mimi/フランシス イン ブラック/¥36,000+税 コロンとしたシルエットが可愛いショルダーバッグは、カジュアルにもフォーマルにも合う万能アイテム。フラップを開けると手前にはフラップポケット、奥にメインコンパートメントと、シンプルながら機能性もばっちりです。 beautiful people(ビューティフルピープル) 2007年に日本で誕生したbeautiful people。時代の雰囲気を落とし込んだ、こだわりのデザインが魅力的。2017年にはパリコレデビューを果たしました。 beautiful people/ビニールショルダーバッグ/¥12,000+税 今季のトレンドであるビニールバッグは、発売以来爆発的にヒットした人気アイテム。持ち手に使われたロゴ入りジャカードテープがアクセントになっています。表面はフッ素加工が施された格子柄のテント素材が使われ、光に当たっても黄ばまないところがポイント。半透明なので、中が丸見えにならないのも嬉しいですね。 Marimekko(マリメッコ) ケシの花をイメージした「Unikko」を代表とする、インパクトある柄でお馴染みのMarimekko。1950年代にフィンランドで設立され、アパレルや食器、インテリアなど幅広く展開。日本でも多くの人に愛されています。 marimekko/Buddy バックパック/¥23,000+税 Marimekkoの創設者であるArmi Ratiaの実の息子、Ristomatti Ratiaがデザインした人気のBuddyバックパック。軽くてフィット感があり、ポケットの数も多くて実用的。開口部は大きく開閉し、中身を出し入れしやすい機能性の高いバックパックです。
  • \あなたにぴったりの一枚は?/ お悩みタイプ別で選ぶ”お似合いTシャツ” Tシャツ一枚で出歩く機会が増えるこれからに向け、自分の体型に合ったデザインを見つけたい! 細見えしながらおしゃれに使える“最高の一枚”を、体型お悩みタイプ別にお届けしていきます。    肩幅が広くて張っている 肩幅が広くて華奢見えしない。 ぴったりめのTシャツを着ると、肩が張っているように見える。    バストが目立ちやすい バストが大きいことで太って見えやすい。 全体的にコーデのメリハリが失われがち。    二の腕ぽっちゃりさん 二の腕の太さが気になる。 Tシャツを着ると、袖がパンパンになってしまう。   ↓↓3つのお悩み別、おすすめのTシャツはこちら↓↓ 「肩幅が広くて張っている」AタイプにおすすめのTシャツ \スリット入りロングTシャツ/ AタイプさんがタイトなシルエットのTシャツを着ると、肩がより強調されてガッチリとした印象になりがち。 ロング丈のTシャツを選ぶことで、Iラインを印象付けながら肩への視線を逸らすことができます。裾に前後差のあるデザインのTシャツは、前だけインすると、さらにスタイルUPとこなれ見えが叶います。   ↓着用したのはこちら↓ ADAWAS/JERSEY T-SHIRT/¥12,000+税 ◆「肩幅が広くて張っている」Aタイプにおすすめはこちら◆     「バストが目立ちやすい」BタイプにおすすめのTシャツ \ビッグシルエットTシャツ/ バストのボリュームで太って見えがちなBタイプさん。 ややゆったりしたデザインでハリと厚みのある生地を選べば、バストラインをあまり拾わず、キレイに着られます。 さらにサイドにスリットが入ったデザインを選ぶことですっきり見えも実現! 袖をロールアップするとニュアンスも生まれ、ぐっとこなれた印象に。   ↓着用したのはこちら↓ ADAM ET ROPE’/BIG TEE/¥8,000+税 ◆「バストが目立ちやすい」Bタイプにおすすめはこちら◆   「二の腕ぽっちゃりさん」CタイプにおすすめのTシャツ その1 \五分袖ボートネックTシャツ/ Cタイプさんがピタッとした袖のデザインを着ると、着太りして見えがち。 腕周りをほっそり見せる五分袖のTシャツで、自然に二の腕をカバーしましょう。 さらにデコルテが美しく見えるボートネックなら、女らしさもぐんとアップ!カジュアルすぎず大人っぽさを狙いたい人にもうれしいTシャツです。   ↓着用したのはこちら↓ FABRIQUE en planete terre/【玄長なおこさんコラボ】ボートネックTシャツ/¥5,900+税     「二の腕ぽっちゃりさん」CタイプにおすすめのTシャツ その2 \ドロップショルダーTシャツ/ Cタイプさんは、半端袖のドロップショルダーデザインで、二の腕をさりげなくカバーするのも効果的です。 絶妙に詰まったネック×ルーズな今季風のデザインなら、着るだけでトレンド感あふれるスタイルに! 少し長めの袖は、ロールアップすることでよりカジュアルな雰囲気を醸し出せます。 ↓着用したのはこちら↓ M7days/【徳原文子さんコラボ】カジュアルTシャツ/¥7,200+税 ◆「二の腕ぽっちゃりさん」Cタイプにおすすめはこちら◆     自分に似合うTシャツが見つかれば、この夏さらにオシャレが楽しくなるはず! あなたにぴったりの一枚を見つけてみてくださいね★ お悩みタイプ別で選ぶ”お似合いTシャツ”はこちらをチェック!
関連キーワード

RECOMMEND