人気4ブランドのパーソナライズサービス

SPUR.JP

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)» モン・モノグラム

2008年、ルイ・ヴィトンがいち早く開始したパーソナライゼーションサービスが「モン・モノグラム」。「スピーディ」や「キーポル」をはじめとするアイコニックなモデルに、イニシャルとストライプを2色でプリントできる。国内は22店舗とオンラインで展開。

POINT

  • ツートーンカラーのイニシャル、中央かコーナーのどちらかにストライプが施せる
  • カラーバリエーションは17種類。イニシャル&ラインの組み合わせは2億通り以上!
  • オーダー後、手作業でプリントされるため、製作期間は約2カ月

1 「モン・モノグラム・キーポル・バンドリエール45」〈H27×W45×D20〉¥255,000
2 「モン・モノグラム・アジェンダPM」〈H14.5×W10〉¥58,000
3 「モン・モノグラム・ポルトフォイユ・サラ」〈H10×W19〉¥103,000
4 「モン・モノグラム・スピーディ・バンドリエール30」〈H21×W30×D17〉¥148,000
5 「モン・モノグラム・ポルトフォイユ・サラ」〈H10×W19〉¥103,000
6 「モン・モノグラム・スピーディ・バンドリエール25」〈H19×W25×D15〉¥145,000
7 「モン・モノグラム・ネヴァーフルGM」〈H33×W40×D20〉¥173,000
8 「モン・モノグラム・ジッピー・ウォレット」〈H10×W19.5〉¥124,000/ ルイ・ヴィトン クライアントサービス (ルイ・ヴィトン)

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)» メイド・トゥ・オーダー

オーダーメイドに限りなく近い、こまやかなカスタマイズが体験できるジミー チュウの「メイド・トゥ・オーダー」。素材やカラーはもちろん、お気に入りの型に合わせてヒールの高さも選べるのがうれしい。夢に描いたシンデレラシューズが現実のものに!

POINT

  • 全7型の代表的スタイルより、ヒールの高さ、素材、色を選んで、自分だけの一足を
  • 選べるヒールの高さはスタイルにより異なるが、フラットから14.5㎝まで幅広い
  • ソールに4文字までのモノグラム、または日付刻印プレートを施せるサービスも

1 「ロミー」キッドレザー〈ヒール8.5㎝〉¥93,000
2 「ロミー」サテン〈ヒール10㎝〉¥93,000
3 「ロミー フラット」グリッターファブリック¥91,000
4 「アヌーク」クロコダイル〈ヒール12㎝〉¥900,000
5 「アヌーク」ベルベット〈ヒール12㎝〉¥102,000
6 「ロミー」スエード〈ヒール6㎝〉¥93,000
7 「ロミー」パテント〈ヒール11㎝〉¥93,000
8 「ラング」スエード〈ヒール10㎝〉¥116,000
9 「エミリー」サテン〈ヒール8.5㎝〉¥111,000
10 「イヴェット」エラフスネーク〈ヒール8.5㎝〉¥160,000
11 「ランス」エラフスネーク〈ヒール11.5㎝〉¥160,000
12 「エミリー」グリッターファブリック〈ヒール10㎝〉¥121,000/JIMMY CHOO
※オーダー可能なスタイルは随時アップデートされる

FENDI(フェンディ)» ストラップ ユー

ストラップをつけ替えるだけで、手持ちのバッグを華やかにドレスアップできる「ストラップ ユー」。あらゆるバッグに取りつけられるので、組み合わせ方も自由自在。2018年リゾート&春夏コレクションでは、約50種類以上の新作ストラップがリリース。

POINT

  • カラーバリエーション豊富な「FF」のロゴが「ストラップユー」に仲間入り
  • ランウェイ同様、リボンやパールモチーフ、トロピカルな花柄ストラップに注目
  • 別売りのスカーフを編み込めたり、マイクロバッグがついたりと、どんどん進化中

1 「ストラップ ユー」¥160,000
2 「ミニ ストラップ ユー」¥38,000 巻いたスカーフ¥20,000
3 「ミニ ストラップ ユー」¥66,000
4 「ストラップ ユー」¥177,000
5 同¥72,000  
6 同¥126,000
7 同¥126,000
8 同¥72,000
9 同¥118,000  
10 同¥368,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)» パーソナライゼーションプログラム

「自分のイニシャルだけで十分」というモットーを掲げるボッテガ・ヴェネタ。バッグとレザー小物に下記3種の加工方法で好きなイニシャルをオン。職人の丁寧な手仕事で施されるリュクスなイニシャライズが、特別感を味わわせてくれる。

POINT

  • イニシャルを型押しする「エンボス」加工は、控えめなデザインが上品な仕上がり
  • 「スタンプ」サービスは、4色3サイズの影つきアルファベットロゴをスタンピング
  • 「ステッチ」はクロコダイルやカーフレザーのイニシャルを縫いつける

(右から)「パリオ トートバッグ」〈H39×W37×D17〉¥600,000・「カーフ iPhone7ケース」〈H14.2×W7.8〉¥42,000・「BV73 トートバッグ」〈H32×W32×D11.5〉¥508,000・「BV73 バッグ」〈H18×W32×D11.5〉¥440,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)

>>定番の逸品をわたしだけのオンリーワンに

関連記事
  • この時期の服、迷います。朝晩は肌寒く昼間は暑い。 でもセットアップなら困りません。気温差の激しいこの時期のはおりなど、毎年悩みます。 特に一日外出しなくてはならない日のコーデ。 忙しい朝に悩んでる時間がもったいない。 適当に着てしまえばその日のやる気スイッチが切れてしまい 気分のノラナイ一日に・・ そんな悩みをセットアップで少しでも解消!! 朝、悩んだときはサマになるセットアップにしています。 悩んだ末、最近購入したセットアップは2セット。 今日は黒のリネン素材のセットアップをご紹介いたします。 黒なので きっちりしすぎない形。 動きやすくラクチン。 選んだのは 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン サラリとした肌触りと ナチュラルな風合いのリネン素材で着心地抜群。 黒なのでバラでも合わせやすい♡ セットで着るときの中の定番は白Tシャツです。 足元もサンダルでもスニーカーでも合いますよ。 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン 美女組No.91麻衣のブログ
  • 大好きな「かごバッグ」こそ、10年先のワードローブにも寄り添う名品を。「ロエベ」定番のバスケットは完売前にゲットしたい 昨年から継続展開のバスケットは、今季も人気が高く夏本番にはソールドアウトの予感。クラシックなカーフスキン使いで、ビーチにはもちろん都会でも持ちたくなるデザインに。ローファーのタッセルリボンが着想源の大人可愛い「ラドロー」 ほかにはないユニークな発想と、クチュールライクなものづくりで人気の「ラドロー」。遊びゴコロはもちろん上質感たっぷりのデザインは、夏だけでなく一年を通して活躍しそう。ブラジル発・チャーミングなバッグブランド「ワイワイ」 ブランド名からしてご機嫌、おしゃれが楽しくなるデザインが豊富の「ワイワイ」。ラタンとレザーのコンビネーションで、構築的なラウンドバッグもエフォートレスな印象に。他の画像を見る夏はもちろん冬にも持ちたくなる、とっておきの「かごバッグ」を見つけて。
  • ボーダーでハズすならアクセや靴&バッグは”きれいめ仕上げ”が鉄則!なんだかはっきりしないお天気......そんな日こそ、爽やかなグリーンのボーダーでテンションを上げて行こう♪ スカートはどんな効かせ色とも合わせやすく上品なベージュが使える。ボーダーが一点”可愛げなハズし”になるように、小物もかっちりショルダーやスカーフ、テラコッタのパンプスで美人に仕上げて。外打ち合わせでもきちんと感は問題ないし、テーブル映えするきれい色ボーダーがむしろ仕事相手にも好評! そのせいか、いつもより打ち合わせがスムーズにまとまったかも!?きれい色のボーダートップス¥10800/セント ジェームス代官山店 セットアップ¥13000・スカート¥16000/エレメントルール カスタマーサービス(バビロン) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥64000/アー・ペー・セー カスタマーサービス バングル¥30000/アイブイエックスエルシーディーエム 六本木ヒルズ ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)  モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES EASE UTUWA TITLES
  • 起きたら出発5分前! こんな日は楽してキマる“ほぼワントーン”で"今年はボタンを留めて一枚で"。バイラで見たカーデテクを実践! 確かに、おなじみのワントーンもさらにおしゃれに見える♪ シューズで今期らしいグリーンの差し色をすれば、ワントーンコーデも新鮮に。急いで家を飛び出し駅までダッシュしたら、遅刻せず会社につけてほっ! さあ、今日も一日頑張ろう。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) タイトスカート¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) トートバッグ¥1900/アダストリア(ラコレ) 時計¥21000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 靴¥48000(ペリーコ)/アマン バッグ¥75000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【今月のPROFILE】丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里 大手家電メーカーに勤める31歳。甘服をこよなく愛し、華やかな雰囲気からか会社では"高嶺の花"的存在。だが実は、コツコツ努力家&倹約家。長かった彼とは先日お別れし、最近新たな出会いも……。青山の広告会社勤務広告プランナー・花とは親友の関係。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】Vネックのリブカーデ 一枚で着ることも考慮して、あきすぎないVネックを。¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア)【初夏の受け皿ボトム】レースタイトスカート ベージュならぐっと大人。¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】SACRA SHEER WIDE RIB ¥19,000+税【関連商品】VICKY ラワーヒートカットタイトスカート ¥16,000+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • 重ね付けしたゴールドのアクセサリーをアクセントに、自らが立ち上げたブランド「goop」のジャンプスーツに身を包んで、足元はスニーカーというこなれたスタイルで登場したグウィネス・パルトロウ(46)。25歳で早々とオスカーに輝き、最近では人気アメコミ映画『アイアンマン』シリーズのヒロインとしておなじみだが、女優としての顔は彼女のほんの一面にすぎない。 父はプロデューサーで母は女優という映画界のサラブレッドとして、エンタメ業界の人々に囲まれながら育ったグウィネスは、「11歳でカリフォルニアからNYに引っ越すまでは、世界にはこんなに沢山の職業があるなんて知らなかった」と語る。 「同級生の両親は、大学教授や銀行家などそれまで出会ったことのない職種の人ばかりで、“その仕事ってどんな感じなの?”と話を聞くのが楽しくて。それがビジネスに興味を持ったきっかけね。女優としてデビューしてからも、新聞のビジネス欄を真剣に読んでは父に“君みたいな女優は他にいないよ”とからかわれていたもの」。 いつか起業したいというグウィネスの思いが実ったのは、自らのブランドである「goop」を設立した2008年。当初はウェルネスや旅情報を伝えるオンラインメディアとして始まった「goop」は、ファッション、ビューティ、フードなどを幅広く手がける一大ライフスタイルブランドとして成長した。そして今回、「goop」初の、カフェ「goop cafe」を併設した「goop TOKYO pop-up & cafe」のオープンにともなって、CEOでブランドの顔であるグウィネスが来日したのだ。 東京にストアをオープンさせることが長年の夢だったというグウィネスは、「都市にありながら緑豊かな公園(東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)の中にショップをオープンでき、とてもラッキーだった」とうれしそう。自然に囲まれる生活を愛し、日本の植物では自宅の周りに何種類も植えている桜の他、紅葉や藤もお気に入り。ポップアップストアの周りには、アジサイなど初夏の植物をふんだんに植え、リラクシングなガーデンに仕上がったと満足気。 健康志向で知られるグウィネスだが、意外にも、「ギルティープレジャー(罪深い快楽)に浸ることもある」と明かす。彼女にとってのギルティープレジャーは、ウォッカマティーニやウイスキー。とりわけ、ニッカウヰスキーやサントリー「響」を贔屓にしていて、時間があれば蒸留所を訪れたいほどだそう。「意外に思われるかもしれないけれど、フレンチフライや天ぷらのような揚げ物も大好き」との告白に、「でも、いい油で揚げてるんですよね?」と聞き返すと、「確かにいい油で揚げてるわね」と笑って答えていた。 この日も分刻みのスケジュールで、立て続けに取材に応じていたグウィネス。女優業とビジネスを両立する多忙な日々にもかかわらず、毎日睡眠時間8時間を死守しているというから驚きだ。「心も体も休んでこそ復活することができる。忙しく暮らす中では簡単なことではないけれど、いちばん効率のいい健康法ね。あとは、とにかくMove Your Body(体を動かす)! オフィスまで一駅歩くのでもいいし、自転車に乗るのでもいい。自分に向いている運動を選んだら、とにかく毎日続けること。そして、水分をよく取ること。私にとってはこの3つの習慣が、健康の基本」。 この日のランチは六本木にある「HONMURA AN」で蕎麦を食べたという彼女。へルシーな日本食を愛するセレブが多い中でも、その日本食マニアぶりは群を抜いている。 「寿司や和朝食、ピクルス(漬物)も大好き。特に、味噌汁は我が家でもよく作っていて、白味噌が定番。息子には旨味たっぷりのかつお出汁、ベジタリアンの娘にはしいたけと昆布で出汁と使い分けているんだけど、私がとる出汁は最高と評判よ」。  その場にいた日本人スタッフの誰より出汁にこだわっているグウィネス。彼女が愛するMISOを使ったメニューは、「goop café」でも味わうことができる。 最後に、SPUR読者にgoopのアイテムをリコメンドしてもらうことに。 「イチオシは、オーガニックなENRICHING FACE OIL。オイルの質や配合にこだわり抜いて作った私のヘルシーグロースキンの秘密。鍼灸師と共同開発した特殊な塩とエッセンシャルオイルをブレンドしたバスソルト  G.TOX DETOX 5 SALT BATH SOAKも、毎日欠かさず愛用している自信作よ」。 ハードスケジュールにもかかわらず、にこやかで寛いでいて、飛び切りヘルシーな魅力を振りまいていたグウィネス。毎日8時間睡眠は難しくても、まずはその2品を試すことから真似してみたい。 「goop TOKYO pop-up & café」期間:〜5月26日(日)住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン時間:11:00~20:00(L.O.19:30)休:期間中無休https://goop-japan.com/ photography:Takeshi Takagi〈SIGNO〉 interview&text:Anna Osada 
  • ふとした仕草や動きまでも美しく魅せるヴェルニカ.のドレスに映えるのはどんな旬メイク? 「MAQUIA」7月号から、付録・コラボポーチの魅力とともに、日常をドラマティックに彩る服とメイクをお届けします。コラボ第4弾 MAQUIA×ヴェルニカ.\ 花びら巾着ポーチできました /様々なアイテムが収納できるBIGポーチなんです!Velnica.デザイナー 小林加奈さん女性誌の編集・ライターを経て、高校の同級生とVelnica.を立ち上げる。ファッションだけでなく、美容にも造詣が深く、本誌にも度々登場。リボンを絞ると花びらのよう!可愛さも実用性も備えたポーチ「毎年好評をいただいている、コラボポーチも早いもので第4弾。今回は、新作の中でも人気のドレスのフラワープリントをMAQUIA別注のカラーにチェンジ。光沢のあるターコイズブルーをベースに、華のあるサーモンピンクを合わせたのは、ヴェルニカ.ならではの色使い。ブランドイメージのただ甘いだけで終わらない、凛とした女性らしさをこのポーチでも表現してみました。見た目の可愛さに加え実用性が高いのもこのポーチの魅力。伸縮自在な巾着型なので、コスメだけでなくライフスタイルに合わせて色々なアイテムを入れられます。ぜひ日常や旅のお供に!」Velnica.の新作ドレスに合わせる初夏メイク華やかフラワープリント × くすみピンクワントーンメイクヴェルニカ.の代名詞であるフラワープリントのドレスに似合うのは、こんな華やかなピンクメイク。ただし、パステルな色みではなく、渋みのあるピンクを目元にさせば、頬も口元もピンクのワントーンで合わせても甘くなりすぎず、アンニュイな大人っぽさをアシスト。HOW TO MAKE-UPEYE アイホール広めにA1、二重幅にA2をなじませる。さらに、A1とA3を混ぜ、まぶたの目頭側のみに重ねる。まつ毛の隙間を埋めるように目のキワにA4を引く。下まぶたの目尻から黒目下までA1をのせタレ目風に。残りの目頭側の下まぶたにはA3を仕込んで。CHEEK ブラシにBのピンクをとり、小鼻横から頬全体にふわっとぼかす。中央寄せにすることで、目尻側にポイントを置いたメイクとのバランスがよくなる。LIP Cを直塗り。A ネオン〜くすみ系のバリエ豊富なピンクの組み合わせ。ニュアンスブラックで優しく引き締め。デザイニング カラー アイズ 125 ¥6800/SUQQU(限定品) B 肌に透明感を与えてくれる青み系のピンクチーク。ハイライトもセット。コンスピキュアス チークス 02 ¥6800/アンプリチュード C 唇を美しく見せるツヤ発色。大人っぽいフレンチローズ。デアリングリィデミュアリップスティック 04 ¥3900/THREEストライプリゾートドレス ×日焼け風ツヤ肌メイク太陽の下で着たい爽やかなブルーのドレスには、日差しとも相性のいいツヤ肌仕立てに。今回の日焼け風メイクは、ハイライトを広めにのせ、頬の高い位置にチークを、口元にはノンパールのグロスを合わせ、光を味方にした都会的な表情に。HOW TO MAKE-UPEYE アイホール全体にA1をベースとして広げ、ブラシにA2をとり、まぶた全体へ。目尻1/3のみA3でラインを引き、少しにじんだようになじませて。CHEEK 頬の高い位置から放射状にBを広げてツヤ足し。頬の高い位置のみCを薄く重ねて、じんわり熱を帯びたような肌感に。LIP 濡れツヤが美しいDを唇全体へ。A 3色シャドウをひと塗りできる。ソフィーナ オーブ ブラシひと塗りシャドウN 16 ¥3700/花王(6/25発売) B ノンパールのブロンズオレンジ。程よいツヤをまとえるリキッドタイプのハイライト。リキッドハイライター 3997 ¥3700/NARS JAPAN(5/24限定発売) C こなれ感を引き出すブラウンチーク。カムフィー スティックブラッシュ 03 ¥3500、D クールなブロンズオレンジ。エンスロール グロス 07 ¥2800/セルヴォークもっと見る >MAQUIA7月号撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル、ロケ物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/Velnica. モデル/森 絵梨佳 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(水)発売】
  • これからの季節の必需品・サングラス。単に紫外線防止のために身につけるなんてもったいない! 今旬のアラフィー女性へのイチオシは、顔を明るく優しげに見せてくれるピンクベージュ。顔に自然になじみ、品よくフェミニンに仕上げてくれるので、かわいすぎてしまう心配もご無用!フェミニン見えなら「ピンクベージュフレーム」アラフィーの顔を明るく優しげに見せてくれるピンクベージュは、エクラのイチ押しフレーム。かわいすぎる?との心配は無用! 顔に自然になじみ、品よくフェミニンに仕上げてくれる。表情に華やかさを足しつつ、甘すぎない大人の上品ピンク 柔らかなピンクフレームが顔をトーンアップし、メタルテンプルのゴールドの輝きが華やかさをプラスしてくれる。包み込まれるようなかけ心地にもこだわった、大人の顔にいいことずくめの一品。 サングラス¥36,000/フォーナインズ(フォーナインズ・フィールサン) Tシャツ¥11,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) ピアス(片耳)¥14,000/イー・エム表参道店(イー・エム) ストール¥10,000/プレインピープル青山(ニムニムデュアイ)1. ベージュピンクの細フレームに、グラデーションレンズが上品。テンプルは耳に負担の少ないチタン製で、紫外線を約99%カットしてくれる。 サングラス¥24,000/東レインターナショナル(アナスイ)2. マニッシュな型でもピンクのクリアカラーならフェミニンな雰囲気。血色をアップするピンクレンズをべっ甲柄の太めテンプルがキリッと引き締めて。 サングラス¥27,000/青山眼鏡(レディーマン)3. 鼻パッドがなく、頰骨部分のパーツで支えるため、鼻にあとがつかない名品。紫外線だけでなく、ブルーライトもカット。 サングラス¥13,500 /シャルマン カスタマーサービス(ちょこサン)4. くすみピンクのフロントにかなり細めのメタルテンプルがスタイリッシュに効いて。甘辛バランスが絶妙なモードなデザイン。 サングラス¥48,000 /アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285)5. 1930年に登場以来、ブランドを代表する定番は丸レンズのクラシカルなシェイプが旬のムード。ほぼクリアなピンクなので肌色を選ばない。 サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット)撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子 ※エクラ6月号掲載
  • 幼少期、日焼けによる肌の腫れに悩まされてきたという貴子先生。強力なUV防止効果があるものを選びつつも、スキンケアや美白の要素も決してあきらめないのだそう。そんな貴子先生おすすめの超優秀UVアイテムをご紹介します。医師 貴子先生幼少期、日光を浴びると赤くはれる肌質だったため、小学生から日焼け止めを愛用。現在もUVケアせずに外出はしない。「最強の防御力×ピテラが配合の贅沢なスキンケア効果」SPF50・PA++++のUV防止効果は絶対! さらに、スキンケア効果や美肌演出効果などの付加価値があるものから厳選します。SK-ⅡのアトモスフィアCCクリームは、紫外線や大気汚染物質などから強力に肌を守りつつ、ピテラの入った贅沢なスキンケア効果を兼ね備えた頼もしい名品。自然なカバー力を発揮しつつ、つけていることを忘れるような軽い感触は、心を解放したい休日や旅行先にもぴったり。SK-Ⅱ アトモスフィア CC クリーム紫外線・赤外線・大気汚染の三大ダメージを遮断。濃縮ピテラTM配合で肌をトリートメントしつつ、微細パールでソフトな輝きを演出する。SPF50 ・PA++++30g ¥8500 (編集部調べ)撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND