日本人も健闘した「ロエベ クラフトプライズ 2018」。 ウィナーがロンドンで発表に!

SPUR.JP

 ロエベが主催する工芸作家に与えられる賞、「ロエベ クラフトプライズ」の優勝者が決定し、5月3日に受賞式が行われた。アカデミー賞女優のヘレン・ミレンとクリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンがプレゼンテーターとして登場する会場からいち早くその授賞式の様子をお届け。


「ロエベ クラフトプライズ」はクリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンが発起人となり、ロエベ財団が立ち上げた工芸作品に焦点をあてた国際コンテスト。第2回目の今回には、世界86カ国、2000人近い作家が応募し、最終審査の後、30人のファイナリストが選ばれ、ロンドンのデザインミュージアムで大賞が発表された。

会場となったロンドン デザインミュージアム。ファイナリスト30人の作品は6月17日まで展示。

「大賞を選ぶにあたり、バトルと呼べるほどの議論がありました」と審査員の一人、ワールド・クラフト・カウンシル会長ロージー・グリーンリーズが語るように、最終選考に選ばれた作品はどれも個性とモダニティ、そして卓越したクラフツマンシップが光るものばかり。その中から大賞を手にしたのは、スコットランドの陶芸家、ジェニファー・リー。シンプルなデザインに、伝統をリスペクトしたテクニックと独自の色の出し方が特徴だ。釉薬ではなく、粘土に金属酸化物を混ぜ合わせ、熱を加えることで独特の風合いを実現。


優勝者のジェニファー・リーの作品 。年代の違う粘土に金属酸化物を入れオリジナルの色合いを出している

 プレゼンテーターとして登場した女優のヘレン・ミレンからトロフィーを渡されると思わず涙を浮かべるジェニファー。それを見たヘレン・ミレンが「ごめんなさい、私までエモーショナルになってしまって。だって私は女優だから」と発言し、会場に笑いを誘う場面も。

審査員も務めたロエベ クリエーティブディレクターのジョナサン・アンダーソン、優勝者のジェニファー・リー、女優のヘレン・ミレン。


 前回以上に感情に訴える、エモーショナルな作品が揃ったと語るのはジョナサン。「いまソーシャル・メディア革命と言えるくらい時代が変わってきている。人々がポストする写真を見て考えるのは、それを実際触ってみたいかどうかが大事だということ。だからこそ、今はエモーショナルな感動が必要で、その気持ちを引き出すような手で触れられる工芸品が重要な価値を持つと思うんだ」。


審査員達。前回の優勝者、エルンスト・ガンペール(写真中段左)やプロダクトデザイナーの喜多俊之(写真上段右)など。

 今回特筆すべきポイントは、日本人作家たちの健闘だ。5人がファイナリストに選ばれ、残念ながら大賞は逃したものの、陶芸作家の桑田拓郎が特別賞を受賞した。「クラフトにおいて、日本は他のどこの国よりも一歩先をいっている。それは何よりも伝統をきちんと継承しているから。そんな日本はこれからも世界をインスパイアし続けるはず」とジョナサン。次回こそ日本人の優勝がなるか。そんんな期待も、現代のクラフト界を盛り上げる話題のプライズの次回へと持ち越された。

特別賞を受賞した桑田拓郎の作品「Tea Bowl」。陶磁器にダイナミックにプラチナがあしらわれている。

Text/Hiroyuki Morita

佐故龍平の「Mokume-gane」。26層もの金属を叩くことにより、木目のような模様を実現

Sam Tho Duongのアクセサリー。小粒のパールが深海の生き物のような表情

安田猛「Qingbai Gold Bowl」。ゴールドと陶磁器の斬新な組み合わせ

日本人アーティスト、ARKO「Third Time Rainfall」。キャンバスの上に藁を縫い込む。自然素材ならではの風合いが

Joonyoung Kim「Tears in the sunset」。色のグラデーションがポエティクな印象のガラスの器

Min Chen「Hangshou Stool」竹で作られたスツール。薄い竹を不揃いに並べたデザイン

特別賞を受賞したフランス人作家Simon Pheulpin「Croissance XL」。リサイクルコットンを何層にも重ね、まるで切り株のようなイメージに

Julian Watts「Bench」。素材はメイプル・ウッドながら陶器のような質感

横山翔平「Sei Wo Harumu」。1メートル大ある作品は15人がかりで製作

Wycliffe Stutchbury「1000 Foot Drain」。ウッドのピースを3ヶ月かけてパネルに貼った

Christopher Kurtz「Singularity」。横幅3.6メートル、と30作品のうち、一番巨大な作品。素材はウッド

Rita Soto「Folds of Memory」。馬の毛、ベジタブル繊維を編み込んで作られたアクセサリー

関連記事
  • 寒い日本を離れて、暖かいアジアで心身をリフレッシュ! トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが、冬から春にかけておすすめのデスティネーション・モルディブへの旅を全5回でリポート。今回から2回にわたり、モルディブ渡航で利用したキャセイパシフィック航空のビジネスクラスについてのリポート前編です。冬のバカンスで訪れたいモルディブ冬の訪れを感じる今日このごろ。寒い季節は日本を脱出して、暖かなアジアのリゾートで過ごし、心身共に1年の疲れを癒したいものです。忙しい毎日を過ごしている人なら、思考をストップさせて、気の向くままに1日を過ごせるデスティネーション選びを。いち押しはモルディブです。約1.200の島、26の環礁からなる熱帯国は、1年中26℃から33℃と心地いい気候。特に12月から4月は乾季で晴天に恵まれ、空も海もクリアなブルーです。高い建造物がないので、手を伸ばせばつかめそうなほど空を近くに感じます(写真2枚は©デュシタニ モルディブ)。モルディブへはキャセイパシフィック航空で現在、日本からモルディブへは残念ながら直行便はありません。私が香港はもちろん、アジア各地を訪れる際に積極的に利用したいと思うのはキャセイパシフィックです。世界53カ国、約208都市へのネットワークを展開。英国スカイトラックス社の「ワールド・エアライン・アワード」でも「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を、最多となる通算4回受賞しているプレミアムエアラインなのです。あらゆる意味できめ細やかなサービスが行き届き安心感もあるので、今回のモルディブ行きも悩むことなくキャセイパシフィックで!キャセイパシフィックグループは、日本から香港へ、東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、徳島、福岡、札幌、沖縄から毎日20便以上を運航。香港からモルディブへも週4便あり、乗り継ぎもスムーズです。今回は、ビジネスクラス利用でモルディブへ。その快適さ、魅力についてお伝えします。※2018年は12月19日より、グループのキャセイドラゴンによる、徳島ー香港線が就航予定(季節運航)。魅力あふれる羽田空港の自社ラウンジ東京から出発するなら、羽田発の午前便を予約!その理由は羽田空港にあるキャセイパシフィック・ラウンジが魅力的だからです。2014年末、羽田に国際線を乗り入れる日系以外の航空会社としては初めて、自社ラウンジがオープンしました。しかも、最上階にあり眺めも最高です!シンプル&モダンをコンセプトに、ロンドンのスタジオイルゼ(studio Ilse)がデザイン。グリーンもところどころに置かれ、美しい自然光が射し込む安らぎ空間です。ラウンジで味わうべきは…キャセイパシフィックのラウンジを訪れたら、必ず立ち寄りたいのは「ザ・ヌードル・バー」。味わうべきは担担麺です。香港のラウンジでも大人気のメニューですが、羽田と香港では微妙に味が違うと感じていたので、今回問い合わせたところ、日本は日本、香港は香港、全く同じレシピではなく、それぞれで作っているそう。日本の方がピリ辛で、さっぱりしているような気がします。お椀サイズなので、機内食を堪能する前にお腹いっぱい、なんてことにはなりません(笑)。また、羽田のラウンジの食事はホテル オークラグループ会社が担当しているので、「フレンチトースト」も大人気。一晩じっくりミルクに漬け込まれたパンの味わいは、プリンのようななめらかな食感で繊細な味わいです。いざ搭乗! 中・近距離路線用のビジネスクラス搭乗まで、ラウンジで優雅な時間を楽しみ、いざ機内へ。羽田―香港間は、中・近距離路線用のビジネスクラスのシート。電動リクライニングやフットレストで、好みのポジションにできます。シェル型座席なので、リクライニングしても、後ろの座席を気にする必要がありません。キャセイパシフィックのビジネスクラスに搭乗する大きな魅力は機内食! 香港まではわずか4時間ほどですが、機内食はしっかりコースで提供されます。有名シェフやレストランとコラボレーションする特別企画が行われることも。メインは中華料理、日本料理、ウエスタンの3つから選べますが、やはり香港ならではの中華がおすすめです! この日は「白身魚と海老の甘酢ソース 蒸したチンゲン菜とニンジン、ジャスミンライス添え」でした。ワゴンサービスでのチーズやフルーツ、さらにハーゲンダッツのアイスクリームなども楽しんでいるうちに、あっという間に香港に到着します。次回は、香港国際空港のラウンジ、そして香港からモルディブ・マーレへの長距離路線のサービスについて。お楽しみに!※朝食便は除くDATAキャセイパシフィック航空www.cathaypacific.co.jp
  • おはようございます☻ 今朝は久しぶりにプチプラコスメマニアネタ! 発売してからしばらく経ってしまいましたが、 ちゃっかり発売前に手に入れていた【CANMAKE】の限定コスメをレビューします❤️ ☆CANMAKE 《クラシックマットアイズ》¥500・限定3色こちらはチューブタイプのマットアイシャドウ。 キャンメイク でチューブのアイシャドウと言えば、濡れツヤパール感が特徴のウインクグロウアイズが大人気ですが、 こちらは初のマットタイプです☻ お値段はウインクグロウアイズと同じくひとつ¥500! 少量でもしっかり伸びて高発色なので、正直使い切れるかな?というくらい。 コスパはかなり良いです◎ 全色買っても¥1500。可愛すぎるからコンプ推奨!チューブから出すとこんな感じです。 カラーは上から、 01 シナモンラテ (ピンクみのある暖かいブラウン) 02 ストロベリーテラコッタ (赤みのあるテラコッタブラウン) 03 ミスティフランボワーズ (くすみローズカラー) どれも可愛いし、なんと言っても安い! 限定品だから後悔したくない〜という方は迷わず全色買いを推奨します❤️ 瑞々しくて伸ばしやすいのですが、 しっかり伸ばすとサラサラに変化。 なので二重幅にも溜まりにくかったです(ここ重要)! 実際にメイクしてみると・・こんな感じです! がっつりマット、というよりは、 ふんわりセミマットな仕上がり。 なので普段ツヤ系のシャドウを使っている人にも扱いやすいと思います◎ やっぱりキャンメイクのコスメは色味が絶妙〜❤️ どの色もトレンド感がありつつ、奇抜でなく使いやすい! 私イチオシは03で、普段ピンク系を使わない方にもぜひ試してもらいたい可愛さです✨ 限定品なのでお早めに〜☻重ね重ねお伝えしますが、 こちらは限定品! 売り切れ前にお早めにチェックしてくださいね☻ Instagram*t_h_h_tコーデ・スイーツ・コスメなど毎日更新中❤️ ぜひこちらからお気軽にフォローしてくださいね✨モアハピ部 No.312 くくのブログ
  • クリスマスが近いですね! 毎年クリスマスが近づいてくると身につけたくなるジュエリーがあります。いつかの誕生日に買ってもらったティファニーの半貴石のジュエリー。真冬はコートもセーターも暗い色になりがちなので、自然とジュエリーは明るめのものを手に取ることが多くなります。 セーターが紺でも、半貴石が更にキラキラ見えてテンション上がります。 冬になると何故か半貴石のジュエリーが欲しくなるのですが、みなさんはどうですか? 昨年は新たに半貴石ジュエリーを買おうと色々見て回ったのですが、半貴石は色が綺麗になればなるほど、自分の肌色と重なった時、思っていた色とは違う発色をしてしまう難しさがあり、断念(涙)。雑誌では綺麗な色に見えても、日本人の黄色味がかった肌色と混ざると違う色に見えてしまうことがあるのです。ちなみに迷っていたのは、Antoniniのトルマリンの大ぶりリング、モーブッサンの半貴石リング、ポメラートのリングなどでした。 どれも自分の肌色とミスマッチだったり、石が大きすぎたり、わたしにはなかなかぴったりせず(涙)。 難しいがゆえに尚更気になる半貴石。自分にぴったりのものを求めてまだまだjourney 続けたいと思います!美女組No.65trianonのブログ
  • 今月号の特集、「デニム」に、二大きかせ小物「ファーバック」&「パール」。大好きなアイテムばかり!!という事で、ぜーんぶ盛り込んでみました(笑)特集「女っぷりカジュアル」に掲載されていた「FUR&PEARL」 この際なので、ファーもパールも盛り込み(笑)、 デニムでカジュアルダウンしてみました。こちらのファーバックは「Estnation」にて今年購入したもの。 クラッチのように持っても可愛く、持ち方でも楽しめるアイテム。 「Acene Studio」のニットに「rag&bone」のデニム。「PELLICO」と「Joshua Ellis」で色入れました。 そして、パールは「TASAKI」の指輪と「Hirotaka」のイヤカフにしてみました。美女組No.155 ritsukoのブログ
  • テイラー・スウィフト、マドンナ、クリス・ブラウン、ジャスティン・ビーバーなど、世界的アーティストのバックダンサーを勤めているトップダンサー・有働真帆さん。インタビュー後編は、拠点であるLAでの生活、ダンスに対しての想いや今後の目標などについてお話を聞いてきました!→前編の記事はこちらから―――拠点はLAに置かれていますが、LAでの生活はどうですか?「もともとNYに7年住んでいたので、そういう意味でアメリカ慣れはしていると思っていたんですけど、西と東じゃ全然違いますね。LAはのんびり、NYは都会的でテキパキ。その差にも最初は戸惑いました。それにLAは車がないと生活できないので、運転慣れするまでにも時間がかかりましたね……。5年経って、最近ようやくホームと感じられるようになりました」―――NYとLA、しいて言えばどっちが好きですか?「NYです。忙しい中でも、みんなちゃんとオシャレしているし、街並みも歴史を感じるスポットが多くあって、スタイリッシュで好き。“今日はあっちに行ってみよう”と、その時の気分で歩くことも好きなので、歩いてどこにでもいけちゃう感じがいいです。LAは気になるところを見つけても、車を止められないので(笑)。あと、NYの人達は自分の意見をはっきりと、正直に主張してくるので好きですね」―――英語はもともと得意だったんですか?「全然だめでしたね(笑)。高校最後の期末試験の点数とか、ひどすぎて言えないくらい(爆笑)。なので、最初は本当に苦労しました。食べたいと思っているメニューを伝えられなくて、違うものが出てきたり。かといって、それが間違っているとも言えない。喋らないと、食べたいものが食べられない! だから、ぐだぐだでもいいからとにかく喋ろうって思って……。荒業ですけど、英語力はその土地で生活するのが1番身につくんじゃないかな」 ―――海外での生活が長いですが、日本食は恋しくなりますか?「もちろん恋しいです! 食べたいですね。なのでLAでは、日本食を求め『TCL・チャイニーズ・シアター』とかによく行きます」 ―――書かれているブログで、ラーメンが好きと拝見したのですが、LAのおすすめラーメン屋を教えてください♪「全然更新できていない(笑)ブログも見ていただきありがとうございます。そうですね……、『YOK RAMEN』と『Tatsu – Rame』。おいしいですよ!!」―――LAで好きな場所はどこですか?「まずは、ダウンタウンのアーツ・ディストリクト。おしゃれなカフェもたくさんあるので、観光にもいいですよ! それから、歴史を感じるかっこいい建物が多いグレンデール。ビーチだったら、マリブビーチがお気に入りです。雰囲気のあるところが好きですね」―――NY、LA以外にも、ツアー等でたくさんの場所を巡ったと思いますが、特に好きなのはどこですか? また、初めての場所に訪れた際は、どう過ごされますか? 「仕事にもよるんですけど、初めての土地に訪れた時は、少しでも時間を見つけて有名な観光地に行きます! トリップアドバイザーを使って事前に調べますよ! 好きな場所はNY。住んでもいたし、特別な思いがありますから。オススメはバルセロナですね! どこを見てもとにかくきれい。定番ですが、『サグラダ・ファミリア』が素晴らしく良かったです」Photo: Jordan Lynn―――有働さんにとってダンスとは? どんな存在ですか?「一言で言えば、人生です。 仕事であり生活であり、趣味であり友達みたいな存在でもあり……。なんですかね、服を着るみたいな感じ。洋服も、いろんなものを着たいって思うじゃないですか。与えられた服をどう着こなしたらかっこいいか、どうアレンジするか。そして、自分では何を着るか。それを考えるのと同じ感覚でダンスも踊っています。だから、他の方の振り付けを踊る時と、自分が好きなように踊る時とでは、内容も気持ちも全然違うんですよ」―――すでにいくつもの夢をかなえてきた有働さんですが、今後の目標・夢を教えてください。「昔からずっと思っていることは、シンプルに、“今よりもっとうまくなりたい”ってことですね。ただ、この気持ちに限界はないと思うので、多分一生叶わないと思います。体が許す限りは踊っていたいですけど、作る側の仕事もしてみたいなと最近思うようになりました。自分が作ったものを見てみたい。誰かのための振り付けとか、興味ありますね。また今回、テイラー・スウィフトの「taylor swift reputation tour」でダンスキャプテンを務めたことがきっかけで、“ショーを作る”ことにも今後携わっていきたいと強く思いました」―――ありがとうございました!最後に、仕事もプライベートも、自分らしくがんばるモア世代に、メッセージをお願いします!「なんでもやりたいと思うことは、絶対にやったほうがいいと思います。後悔するのは嫌じゃないですか、人生あっという間ですし。もちろん、簡単に行動できない事情や、しがらみもよく分かります。(例えば、今の仕事をやめて何かにチャレンジする場合)その間の家賃はどうするとか、稼げなくて食事もまともにできなくなるとか色々。僕も、お金がなくてドーナツばかり食べていた時期がありました。踏み切れませんよね。でも、結局自分の人生だし、誰のために我慢してもしょうがない。やりたいことを行動に移せば、次の選択肢=次のステージがおのずと見えてくる。まずは、一歩を踏み出してほしい。絶対やったほうがいいです。あと……夢を叶えるためには、決意することが大事。だって僕は思っていて。叶えるって決意すれば、そこにたどり着くまでの挫折も失敗も全部プロセス。叶えるまでやるんだから、最終的には絶対に叶うんです! ……って、なんか偉そうですね、すみません(笑)」●うどう・まほ LAを拠点に海外で活躍するトップダンサー。2018年度「NFL スーパーボウル」でジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショーに出演。クリス・ブラウン、テイラースウィフト、マドンナ、ファーギー、ジェイソンデルーロのワールド・ツアーダンサー。またマライアキャリー、グウェンステファニー、アリーシャキース、ジャスティンビーバー等々の大物アーティストとアワード賞、TVなどで共演する世界が注目するダンサー/振付師。テイラー・スウィフトの「Reputation Stadium Tour」には、ダンスキャプテンとして参加した。 ★公式サイトはこちら
  • 美賢者34人が選んだ【2018年下半期ベストコスメ】のメイクアップ部門から、ポイントメイクで得票数が高かった6アイテムをご紹介。NTJ(眠い・疲れた・時間ない)な30代女子のお疲れ感をカバーして、旬顔に彩ってくれること間違いなし!顔を明るく華やかに! ポイントメイク6選【チーク部門賞】イヴ・サンローラン・ボーテ ブラッシュ クチュール 9 40g ¥6000 (11票) シルクのように繊細なつやとパール感。急いで塗っても失敗知らずの溶け込みチーク 繊細で軽やかなテクスチャーでふんわり溶け込む美発色。ほどよいパール感で肌のつややかさも底上げしてくれる。(ヘア&メイク 河嶋希さん) うぶ肌感を出したいときはファンデーション前に、色気を出したいときはメイクの仕上げにフワッと。水溶きならつややかにも使える万能ぶり。(美容エディター 前野さちこさん)【マスカラ部門賞】ヘレナ ルビンスタイン ラッシュ クイーン フェリン エレガンス 01 ¥5300(16票) お直しできない日もパンダ目知らず。気分もまつげも上向き 上向きつやまつげで気持ちまで前向きに! パンダ目知らずなうえにお湯でオフ可能。一日中疲れを見せない目もとに。(へア&メイク Georgeさん) 一本一本を薄く均一にコーティングして、ダマにならずきれいなパノラマに。一度塗りでも充分引き立つのに、どこまでも上品で繊細な仕上がり。(美容ジャーナリスト 木更容子さん)【リキッドルージュ部門賞】カネボウ化粧品 コフレドール コントゥアリップデュオ 06 ¥2800(編集部調べ)(7票) 清潔感と立体感、ほどよいつやと旬な色をすべてかなえる 絶妙な色合いのリップとぷるんとみずみずしいグロスのWエンド。リップラインの整った清潔感のある口もとに。(美容家 小林ひろ美さん) 光と影のコントゥアリング効果で、立体感のある唇を自在にデザイン。流行のダークカラーを上品に塗りこなせる06がイチ押し。(美容ライター 長田杏奈さん)【リップ部門賞】ランコム ラプソリュ ルージュ DM 507 ¥4000(11票) モードなダークめマットリップでただのニットも一瞬でイケてる雰囲気に パサつかない進化したマット質感&ダークな色みで、何の変哲もないハイネックすらモードに見せる旬な一本。(ヘア&メイク 中野明海さん) 黒混じりのくすみ赤と、唇の潤いを奪わない薄膜マットが旬! 塗り方次第で、カジュアルにもソワレっぽくもつけこなせる応用度の高さも魅力。(ヘア&メイク 千吉良恵子さん)【アイライナー部門賞】イミュ デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル モーヴブラウン ¥1200(7票) まなざしに自信。絶妙な色気が漂うにじまない目もと やわらかく引き締めながら、色気も添えるカラー。粘膜に引いても、パンダ目にならないから、自信を持ってじっと目を見つめてほしい。(美容ライター 谷口絵美さん) 繊細なラインも、ぼかしたようなやさしいラインも自在。やわらかなモーヴブラウンで、目もとをやさしく引き締める。(ヘア&メイク paku☆chanさん)【アイシャドウ部門賞】NARS クワッドアイシャドー 3972 ¥5800/ナーズ ジャパン(オンライン限定発売)(7票) 最高に色っぽくてしゃれたまなざしにモテとモードを両立するパレット おしゃれを狙うと、モテや女らしさをあきらめなければならないというジレンマを解消する、ネオコンサバパレット。(美容家 神崎 恵さん) 異なる質感が品よく組み合わされ、今年っぽいしっとりとしたぬれ感メイクや大人な赤茶メイクも思いのまま。(ヘア&メイク KUBOKIさん) 撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年1月号掲載
  • 「私、きれい色スカートをもっと素敵に着たいんです!」この冬マストのきれい色スカート。“一枚でおしゃれに見える”のはありがたいけれど、それってつまり“一枚で主張が強い”からコーデが難しい……そんな悩みを抱えたモアハピ部メンバー4人が、それぞれ手持ちのスカートをはいて集合! 「どうしたら“いつも同じ、みんな同じ”からステップアップできますか? 教えて、スタイリスト高野麻子さーーん!!」BEFORE モアハピ部 No.613みおしーさん 「合うトップスが白か黒しか思い浮かばず、パッと見の印象がいつも同じ。ほかに似合う色ありませんか?」イエローに似合うのは、深いグリーン! 「スカートの色を含んだ中間色のトップスなら、白や黒よりむしろ合わせやすくておしゃれ。きれい色同士のコーデにシックさをプラスするスカーフもおすすめです」(高野さん) ぺたんこ靴はヒール靴にチェンジして、女っぽさをプラス。今年らしい遊びは、チェック柄バッグで。AFTER 「見比べるとBEFOREは重いですね(笑)。すぐできそうな色合わせや小物使いで気分が明るくなりました♡」 ニット(メンズ)¥1490/ジーユー 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥16000/ダイアナ 銀座本店 ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥2800/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) タイツ/スタイリスト私物BEFORE モアハピ部 No.580Yurikoさん 「スカートの印象が強いせいか、コーデが甘めになってしまいます。大人っぽくカッコよく着てみたいです」 メンズっぽさを意識した重ね着を 「ベタな甘さを抑えるのに簡単なのは、白いカットソーの重ね着!」(高野さん)上を重ねた分、足もとはすっきり 「ソックスブーツで足もとは女っぽく仕上げると、トップスとのバランスがいいと思います」(高野さん)ざっくりニットを肩にかければ……AFTER 「重ね着もキャスケットも初めて。え?え?ってなるくらい全部が新しくて、自分にびっくりしてます」 カットソー¥9500・ニット¥29000/ビショップ 靴¥20000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥23000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 帽子¥7200/ストレートシックス(ブリクストン) ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店 タイツ/スタイリスト私物BEFORE モアハピ部 No.513Reina♥さん 「無地トップスとヒール靴のワンパターン……。大人っぽさはありつつ、無難じゃないコーデを知りたいです」ジャケットとフーディのレイヤード! 「カジュアルなフーディとかっちりジャケットはお互いの足りない部分を補いあういいコンビ。フーディはブラウンがいちばん着やすいです」(高野さん) アクセはさりげなさより存在感!フラット靴なら、この冬はローファー!AFTER 「ジャケットは仕事用、フラット靴はカジュアルなもの。思い込みをやめたらコーデの幅は広がるんですね!」 ジャケット¥34000/ノーリーズソフィー品川店 パーカ¥19000/ビショップ(アンフィル) 靴¥29000/メゾン ド ベージュ バッグ¥19000/スーペリア クローゼット(ジャンニ キアリーニ) ピアス¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥14000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 タイツ/スタイリスト私物BEFORE モアハピ部 No.562しょこたうるすさん 「フレンチシックなボーダー×赤は好きなのですが、普通っぽすぎる気も。もう少しこなれ感、出せますか?」ボーダーをチラ見せにしてみる 「“こなれ感”なんて実は、グレイのゆるニット一枚でいいんです(笑)。上品なフレンチシックがベースにあるので、ダッドスニーカー(=お父さんがはいているようなスニーカー)でわかりやすくハズすのも可愛いと思います」(高野さん)小粒パールで女性らしさを調整足もとはわかりやすく"ハズす"AFTER 「自分では思いつかないコーデでしたが、グレイを使ええばいい感じになじんで、“できそう”と思えました」 ニット(一部店舗のみ販売)¥3990/ユニクロ 靴¥25000/ニューバランス ジャパン バッグ¥52000/ゲストリスト(ニコジャンニ/ハウント代官山) ネックレス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/藤藪悠記 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MO NKEY/モアハピ部) スタイリスト/高野麻子
  • 1年間頑張ったご褒美に、ジュエリーを購入する人もいるのでは? おしゃれプロがひと目惚れした存在感抜群のリングをご紹介。「ざっくりとした冬のニットに色石のジュエリーをさりげなく。そんな大人のムード漂うコーディネートに仕上げたい」とスタイリスト福田亜矢子さん。旅を愛する日本人デザイナーが世界各地で出会った希少性の高い貴石や半貴石の個性を生かして作り上げた、世界でひとつだけのジュエリー。シックで辛口なムードが大人にぴったり。 リング(右)(オレンジムーンストーン×K18YG)・(左)(ブラ ックスターダイオプサイト×K18YG)各¥270,000/バーニーズ ニューヨーク(マグノリア トゥエルブ)スタイリスト松村純子さんのひと目惚れは、ハムのリング。どこから見てもパールが楽しめるよう球体の真ん中より下にセッティングされた大き目のブラックパールとシルバーのリングで指輪ひとつでモードな手もとが完成する。 リング(K18WG×BD×Black lip pearl)¥186,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)「自分が手もとを眺めてアガるジュエリーを見つけました!」とスタイリスト大沼こずえさんがひと目惚れしたのが、ザ・キッス センチュリオンのフルエタニティリング。重ねづけしやすいのも嬉しい。 ダイヤモンドのフルエタニティリング。リング(右)(Pt950×Dia)¥170,000・(左)(K18YG×Dia)¥160,000/THE KISS カスタマーセンター(ザ・キッス センチュリオン)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ
関連キーワード

RECOMMEND