眉の増毛メイクは“緑ブラウン”がカギ! 「増毛メイクテク」

Web eclat

眉とまつ毛の「増毛メイク」

【眉編】増毛は"緑ブラウン"パウダーがカギ

自然な眉の増毛は、毛のある部分とない部分をどうつなげるかが一番のポイント。カギは緑がかった濃いブラウンにあり!

増毛眉は3色セット以上のパウダーパレットを使う

「眉の生えている部分と、描き足す部分をいかに自然につなげるかが、増毛眉メイクの大きなポイントになります」と広瀬さん。そのつなぎの役目を果たすのが、実際の眉毛の色にかぎりなく近い色となるちょっと緑がかったダークブラウン。緑ブラウンがなければ黒に近いブラウンでもOK。さらに、眉の形のベースを描くちょっと淡めのブラウンと、ふわっと自然なうぶ毛を演出する淡色ベージュがあれば完璧。その3色セットのアイブロウパウダーパレットを用意すれば、増毛眉メイクが簡単に完成する。
緑がかったブラウンがセットに。ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウパウダー BR-3 ¥1,200(編集部調べ)/コーセー

まずは理想眉のおさらい!

眉頭は小鼻の延長線上、眉頭から指1本分外側が眉中、目じりの白目の終わりの位置が眉山、口角と目じりを結んだ延長線と眉中の下側の位置を結んだ接点が眉じり。眉頭から眉山までは眉中の縦幅の太さでほぼ平行に描き、眉じりは髪の生えぎわのカーブに合わせてゆるやかにつなげると、理想の大人の太眉に。

【step.1】淡色ブラウンでベースを描く

「毛のないところも含めて理想の眉の下地をつくる」

理想の眉の形を参考にベースをつくる。パレットの①②を混ぜて、眉中から眉山までアウトラインを描いてから中をふわっと塗りつぶし、続いて眉じりを描く。最後に②で眉中から眉頭に向かってふんわり淡く眉頭を描く。

【step.2】緑ブラウンで境目を描く

「毛のある部分とベースを自然につなぐ重要なプロセス」

増毛眉メイクの一番のポイントがココ。パレット③の緑ブラウンをブラシにとり、実際の毛が生えているところと、ベースを描いただけの毛のないところの境目を埋めるようにのせる。くっきり分かれた境目が自然につながる。

【step.3】眉の下側&すき間も緑ブラウン

「毛のない部分を緑ブラウンで埋めて、全体を均一にする」

同じ③の緑ブラウンで、step.2で塗った境目の下側の薄い部分をトントンとスタンプを置くように埋めていく。ほかに、毛がなくすき間が空いている部分があれば同様に緑ブラウンをスタンプ置きして埋める。

【step.4】淡色ベージュでうぶ毛を増毛

「うぶ毛増毛のひと手間がより自然な立体感を演出」

②の淡色ベージュをアイシャドウブラシで眉の両アウトラインと眉頭にふわっとのせる。「描いた眉のアウトラインは通常ブラシでぼかしますが、加減が意外にむずかしい。これだと簡単になじむし、自然な立体感も」(広瀬さん)。
アウトラインにふわっとのせるには、アイシャドウブラシが簡単。
鉄舟コレクション アイシャドウブラシ¥2,000/カネボウ化粧品

【step.5】眉マスカラで毛の勢いをつける

「毛に勢いをつけることで全体のいきいき感がアップ」

眉マスカラを毛流れに沿ってつけていく。「色を染め上げるのではなく、毛流れを整えていきいきとした勢いをつけるのが目的。マスカラは必ずティッシュオフし、軽く毛流れに沿ってとかしづけするだけでOKです」(広瀬さん)。
【アイブロウマスカラおすすめはコレ】
(右)インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR671¥800(編集部調べ)/資生堂
(左)ケイト 3Dアイブロウカラー BR-1 ¥850(編集部調べ)/カネボウ化粧品
教えてくれたのは...
増毛メイクの匠(たくみ)
広瀬あつこさん

ヘア&メイクアップアーティスト。大人の"最大きれい" を引き出す目からウロコの技ありメイクが評判。もとの素材自体が美しく変わるテクは必見。
撮影/天日恵美子(人物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/日置 彩 モデル/樹神 取材・文/山崎敦子
関連記事
  • 銀座を代表するレストランのひとつ『ファロ資生堂』(東京銀座資生堂ビル10階)が、この10月に新たなスタイルで「FARO(ファロ)」としてオープンしました。これまではイタリアンレストランでしたが、リニューアル後の主軸は〝ガストロノミー〟。フランス語で〝美食〟を意味するガストロノミーは、最近の東京の食文化トレンドのひとつです。選び抜かれた食材を作り手のクリエイティビティーで文化として昇華する、と書くと、少々堅苦しく感じますが、つまりは「空間」「器」「サービス」「ワイン」など料理を演出するすべての要素が食文化を作りだすという考えのもと作りだされる料理のこと。分かりやすく言うと「食を通して文化を感じる料理」ということです。エレベーターを降りた瞬間、目に入るのはブルーとホワイトの空間。天井やオブジェ、壁、照明に至るまで和紙が贅沢に使用されつつも、店のデザインはクラシカルな欧州テイスト。外国のお客様をお連れしたら、サプライズ必至、日本人の私たちも「へぇ!」と胸が高鳴る、贅沢でいて、コージーな空間が広がります。各テーブルの上で私たちを待つのは、欧州では〝食・宗教(創生)・技術〟を象徴すると考えられる「リンゴ」。新生FAROのアイコンともいえるこのオブジェは、本物のリンゴで型を取り創作されているのでテーブルごとに大きさや形が違うという話などを伺いつつ、最初のお皿を待ちます。ランチ、ディナー共にメニューはひとつ。ランチは4品~(8000円/税込・サ別)、ディナーは10品~(2万円/税込・サ別)。「~」とあるのは、その日に仕入れた食材によって、皿数が変化するから。同様にメニューも大枠は月ごとに決まるものの、日によって変化があると言います。取材に伺ったのはディナー。写真を見ていただくと、まるでアートのような1皿1皿に心奪われると思いますが、ため息が出たり、へぇ~と感心したり、わぁ!と声を挙げてしまったりと、いちいちが逸品と呼んでいい料理が続きます。メニューが変化するという理由から、料理名を羅列することはできないのですが、根底にあるのは「和の素材」と「調理法としてのイタリアン」。「コース料理はシェフの物語なのだ」と実感するFAROのストーリーは、前半の小さなお皿たちが繊細で、メインメニューと称してもいいとも思えるパスタ2品を挟んで、後半の魚料理・肉料理は味わいもしっかりと力強く、個性的なドルチェでフィナーレを迎えます。ディナー(イメージ)前述したガストロノミーに必要な要素のひとつ〝驚き〟が、最初から最後まで新鮮につながり、3時間近い饗宴もアッと言う間。革新的ともいえるこうした料理をテーマにするレストランはいくつもありますが、残念ながら発想が料理を越えられないという印象を受ける場合も少なくない中、FAROのそれは多くの人の心に響くものに感じました。さて、FAROのもうひとつの特徴はランチとディナーでまったく顔が違うこと。共にガストロノミーであることに違いはないのですが、ランチは、よりヘルシーに肉・魚は使わないコースです。ランチ(イメージ)たとえば、まるで肉団子に感じる料理は菊芋で出来ていたり、デザートは一切小麦粉を使っていないモナカだったり。聞かなければ野菜や豆が素材だったとは分からない料理はヘルシーで、ボリュームもしっかり。こちらもディナー同様、ゆっくりと時間を取って味わうために、2時間ほどの時間をみてほしいとのことでした。決してリーズナブルとは言えない銀座のシンボリックなレストラン。だからこそ、本物の贅沢を味わえる空間とも言えます。そんな至福の時間を体験できるのも『大人』になったご褒美のひとつかもしれません。次回、資生堂パーラーの鈴木真社長に、2020年を見据えたレストランのあり方などを伺っていきます。FARO(ファロ)東京都中央区銀座8‐8‐3 東京銀座資生堂ビル10階0120(862)150/03(3572)3911ランチ12時~13時30分(ラストオーダー)/ディナー16時~20時30分(ラストオーダー)休/日曜・祝日・夏季(8月中旬)・年末年始※2019年1月より月曜も定休https://faro.shiseido.co.jp/取材・文/池野佐知子
  • 休日はデニムでカジュアルにこんばんは 梨々です‪( ᷇࿀ ᷆ )‬ 仕事のある日はデニムは履かない!と決めています 休日にだけ着れる特別なアイテム★ 【Saturday】 土曜日はmore x パラスポのイベントに参加させてもらったのですが、スニーカーなど動きやすい格好で!とのことだったので デニムとスニーカーで参加❀✿ おしゃれな人ばかりで恥ずかしい思いをしないように( 笑 )メイクと髪型と小物で華やかさを足して、オフ感を出し過ぎない感じに ‪( ◜௰◝ )イヤリング は大きめでぶらぶらしないタイプの← 指輪と短めのネックレスは華奢なゴールドを 【Sunday】 日曜日もデニムにブラウンニットの気分。。 好きな物が偏りがちで一定期間ずーっと同じものを好んでしまう。。。 くまみたいなニットでお気に入り♡ 地元山梨に帰ると、電車がたくさん走ってない関係で必ず待ち時間が生まれるので 改札近くのearthに立ち寄ります そうすると割と欲しいものが。。。 ふらっと立ち寄った時の方が欲しいものに 出会える現象は何なんでしょうか。。。 このニット、SALE価格でなんと!! ¥1490 でした、、や、やすすぎて 3秒で買いました(º﹃º) ランチ食べるのと変わらないじゃないか。。。。。 ブラウンのシャギーニット持ってなかったし即決でした ♡ぐぅかわだなあんた… 丈感もいいし着回したくさんできそう。 いい買い物しました( ¨̮ )︎︎❤︎︎日曜日のメイク最近 エチュードハウスのピンク系のパレットばかり使っていたから 土曜日は同じようなメイクでした。だから写真撮ってない、、! いつもよりラメ多めにキラキラさせたくらいゴールドをベースに際にキラキラのブラウンをアイラインぽく引きました( ◜ᴗ◝) 日曜日の今日は久しぶりにオレンジメイクに。 イエベなのでオレンジの方が馴染むし透明感が出るようなきがしています← *リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ014 テラコッタブラウン *CANMAKE スティオンバームルージュ02 休日はなるべくメイクをしたくないのと 日曜はちょこっと地元に帰るだけだったので アイブロウ(最も大事)、アイシャドウ、リップ、マスカラのみ 指輪とネイルで 手抜き感回避← 明日から違う色のネイルにしよーっと♡ ○*・・○*・・**○○・・・*・○ さて、この1週間のコーデを載せ終わりました 今日でおしまいだけど、 明日からは 適宜更新します〜〜! よかったらみてください( ◜௰◝ )❀ 服やネイルを少し変えただけで雰囲気変わるし気分も変わるのは女性に生まれてよかった!って思えるところ( ˶´⚰︎`˵ ) 自己満だけど たくさん楽しみたいな !おまけ土曜日に参加したmorexパラスポイベント 会場はsnidelやgelato piquéをやられているマッシュスタイルラボさんの社員食堂。 おしゃれでケータリングも可愛すぎた➳♡ そして体験したボッチャがすごく楽しかった、、! チームは負けてしまって悔しかったけど、またやりたいな〜〜(>
  • ケビ子さん(No.82 KBちゃん)がインスタグラムで紹介しているのを見て試したくなったViseeの限定パレット 。(グラマラスリッチアイパレット(モーヴピンク系) 税抜き2000円)いつもなら絶対使わないピンク系ですが、このお値段ならトライしたくなりますよね!巷では発売早々売り切れ続出!と噂の人気パレット。8色も入っていますが質感がクリアだったりマットだったり、ラメの感じも1色ずつ違う楽しいラインナップです。発色もなかなか!モーヴ系パレットですが、カラーのセレクトによってはブラウンメイクも出来るので楽しみ方のバリエーションも豊富です。華顔なKBちゃんはピンクを全面に押し出しても素敵ですが、塩顔の私が同じ事をするとイベントの為に頑張り過ぎた人になりかねません。目標はさりげなくピンクメイク。なので、ピンク感を全面に押し出さずチラ見せで楽しんでいます。目元に赤みを加えると必ず潤んで見えるので、主張させなくてもウルウル効果絶大!MAQUIAブロガーさんのように使用画を上手く写真に収められないので、お気に入りの使い方を図解にて。2ヶ月ほど前、バッタリ京都在住のMAQUIAエキスパートTAMANEKOちゃんに会ったので、上手な撮り方を聞いておけば...と後悔。手順は①ブラウン6番をアイホール全体に②二重幅より広め+目尻をオーバーめに、下瞼も2/3までピンク5番を重ねる。③目頭下側には1か2を④締め色はモーヴなパープル系7番。プラウン8番と混ぜてもキレイです。アイホールは全体にピンクを塗ると塩顔が甘さに馴染みませんが、6番のモーブ寄りな薄めブラウンならいつものメイクに近くて安心感あり。ピンク5番は派手な印象ですが、肌馴染みが良いので幅広く入れても違和感がありません。あくまで個人的な見解なので、自由に混ぜて新たなパターンを模索するのも楽しいと思います。ピンク5番の目尻はみ出しがポイント!週末美女組No.105 meguちゃんとディナーへ行った時もこのパターンでメイクしました。ファンデーションはMarisol1月号の付録、カバーマーク フローレスフィットを使用。本当にシミが隠れてツルンとドール肌になれます。同じくviseeで懐かしく思ったマットリップ。20代の頃のマットブーム時は、時間が経つとパッサパサ。縦じわもクッキリだった思い出が。21世紀のマットリップはなめらかな付け心地で気持ち良くフィット。随分使用感が良くなりましたが、時間が経つと若干乾燥します。マットリップの宿命ですね。でも塗る前にしっかり保湿すれば、恋人の距離じゃない限り大丈夫。笑 オフィスだとお昼に付け直せば定時までOKです。ちょっと気分転換したい時にオススメ!BE381近年プチプラがとても高性能で安心して試せるのが嬉しい限り♡やっぱりメイクって楽しいですね!美女組No.93ゆっきーのブログ
  • 美賢者34人が選んだ【2018年下半期ベストコスメ】のメイクアップ部門から、ポイントメイクで得票数が高かった6アイテムをご紹介。NTJ(眠い・疲れた・時間ない)な30代女子のお疲れ感をカバーして、旬顔に彩ってくれること間違いなし!顔を明るく華やかに! ポイントメイク6選【チーク部門賞】イヴ・サンローラン・ボーテ ブラッシュ クチュール 9 40g ¥6000 (11票) シルクのように繊細なつやとパール感。急いで塗っても失敗知らずの溶け込みチーク 繊細で軽やかなテクスチャーでふんわり溶け込む美発色。ほどよいパール感で肌のつややかさも底上げしてくれる。(ヘア&メイク 河嶋希さん) うぶ肌感を出したいときはファンデーション前に、色気を出したいときはメイクの仕上げにフワッと。水溶きならつややかにも使える万能ぶり。(美容エディター 前野さちこさん)【マスカラ部門賞】ヘレナ ルビンスタイン ラッシュ クイーン フェリン エレガンス 01 ¥5300(16票) お直しできない日もパンダ目知らず。気分もまつげも上向き 上向きつやまつげで気持ちまで前向きに! パンダ目知らずなうえにお湯でオフ可能。一日中疲れを見せない目もとに。(へア&メイク Georgeさん) 一本一本を薄く均一にコーティングして、ダマにならずきれいなパノラマに。一度塗りでも充分引き立つのに、どこまでも上品で繊細な仕上がり。(美容ジャーナリスト 木更容子さん)【リキッドルージュ部門賞】カネボウ化粧品 コフレドール コントゥアリップデュオ 06 ¥2800(編集部調べ)(7票) 清潔感と立体感、ほどよいつやと旬な色をすべてかなえる 絶妙な色合いのリップとぷるんとみずみずしいグロスのWエンド。リップラインの整った清潔感のある口もとに。(美容家 小林ひろ美さん) 光と影のコントゥアリング効果で、立体感のある唇を自在にデザイン。流行のダークカラーを上品に塗りこなせる06がイチ押し。(美容ライター 長田杏奈さん)【リップ部門賞】ランコム ラプソリュ ルージュ DM 507 ¥4000(11票) モードなダークめマットリップでただのニットも一瞬でイケてる雰囲気に パサつかない進化したマット質感&ダークな色みで、何の変哲もないハイネックすらモードに見せる旬な一本。(ヘア&メイク 中野明海さん) 黒混じりのくすみ赤と、唇の潤いを奪わない薄膜マットが旬! 塗り方次第で、カジュアルにもソワレっぽくもつけこなせる応用度の高さも魅力。(ヘア&メイク 千吉良恵子さん)【アイライナー部門賞】イミュ デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル モーヴブラウン ¥1200(7票) まなざしに自信。絶妙な色気が漂うにじまない目もと やわらかく引き締めながら、色気も添えるカラー。粘膜に引いても、パンダ目にならないから、自信を持ってじっと目を見つめてほしい。(美容ライター 谷口絵美さん) 繊細なラインも、ぼかしたようなやさしいラインも自在。やわらかなモーヴブラウンで、目もとをやさしく引き締める。(ヘア&メイク paku☆chanさん)【アイシャドウ部門賞】NARS クワッドアイシャドー 3972 ¥5800/ナーズ ジャパン(オンライン限定発売)(7票) 最高に色っぽくてしゃれたまなざしにモテとモードを両立するパレット おしゃれを狙うと、モテや女らしさをあきらめなければならないというジレンマを解消する、ネオコンサバパレット。(美容家 神崎 恵さん) 異なる質感が品よく組み合わされ、今年っぽいしっとりとしたぬれ感メイクや大人な赤茶メイクも思いのまま。(ヘア&メイク KUBOKIさん) 撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年1月号掲載
  • ラフにつけられるミニマムなラインナップで、ぐっと垢抜けた表情を生み出すDAZZ SHOPのメーキャップ。女神のオーラを放つ、美しい温もりを含んだスプリングコレクションにも注目! (左から)ダズショップ アリュールドシングルアイシャドウ PRAY 23、MILAGRO 24、ANGEL’S LADDER 25 各¥2,000(2019年1月11日発売)カラーコンタクトレンズをコスメとして扱うブランドだけあり、繊細な色出しに定評のあるアイシャドウ。春の芽吹きを感じさせるしなやかなカラーは、どれも使い勝手の良いシンプルさとほんのひと癖を掛け合わせた風合いで、眼差しに繊細な表情を宿してくれる。オレンジレッド「PRAY 23」、ダスティグリーン「MILAGRO 24」、ローズブラウン「ANGEL’S LADDER 25」の全3色。(左から)ダズショップ ルージュザフュージョニスト SUNNY CODE 17、BONITA SEDUCCIÓN 18、FIND YOU 19 ¥3,000(2019年1月11日発売)春らしいジューシィな潤いと、深い発色を両立したルージュ。色味によって最適なテクスチャーと仕上がりが緻密に設計された、インテリジェントな1本だ。とろけるようにリッチなテクスチャーは、ふっくら肉厚なハリ感をもたらし、唇そのものを美しく演出してくれる。カラーは、コッパーオレンジ「SUNNY CODE 17」、シアーダークグレープ「BONITA SEDUCCIÓN 18」、ヌーディピンク「FIND YOU 19」と、肌色問わずなじみの良いラインナップ。(左から)ダズショップ プレスアイブロウトリオ 02、03 各¥3,000(2019年1月11日発売)絹布のような感触のなめらかな特殊パウダーを配合し、密着感と伸びの良さを実現させたアイブロウパウダー。ナチュラルさの中に、ひとさじのニュアンスを含ませたカラーバリエは、日常から浮かず、さりげなく個性をアピールするのに最適だ。アッシュ系ブラウン「02」、モーヴ系ブラウン「03」の全2色。 軽やかさと、印象に残る深みを湛えたアイテムで、目元・唇・眉を大人の春色に染め上げて。 ダズショップhttps://www.dazzshop.com0120-952-438 text:Saori Nozawa >>ビューティニュース  
  • ジュエルなラベンダーで" 今っぽ " おしゃれ顔メイク ニット¥15800/Rosary(Rosarymoon) カチューシャ¥1100/サンポークリエイト(アネモネ)最近ブーム復活のキラキラと、今期ヘアメイクさんに大人気のラベンダーをW使いしちゃったズルいメイクがこちら。どちらもポイントのせすることでデイリーに溶け込む、ナチュラル可愛い仕上がりが叶うというわけ♡ 全部で¥2790コスパアイテム A肌までキレイに見えるクリア発色。エスプリーク セレクト アイカラー PU101 ¥800(編集部調べ)/コーセー  B フィットする大粒ラメがギュッ! ミラーホリック リキッドアイズ WT901 ¥1250/エチュードハウス C 唇が自分色のピンクに染まるティント仕様。チェリーモイスチャー カラーリップバーム PK001 ¥650/エチュードハウス ◀︎ How to make up ! ▶︎ 二重線にラベンダーを まぶた全体じゃなく、二重の線にだけブラシでAをのせる。下まぶたにラメをON 極細ブラシにBのラメを取って、下のキワ全体にのせて。唇をほんのりピンクに 目元に主張がある分、唇は自然に。バームCをじか塗り。モデル/新川優愛 撮影/峠雄三(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io) スタイリスト/石川美久 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • エクラ世代の美容愛好家、野毛まゆりとビューティライター北林道子が、「知りたいのにどこにも情報がない」、「これって本当のところ、どうなの?」といったエクラ世代の美容の疑問を調査&ご紹介!12月のテーマ「同窓会」〜No.2<リップ>〜 なんとかしなくちゃ…とあせるあまり、普段やらないメイクやアイテムに挑戦しがちな同窓会。でも慣れないメイクで出かけると、居心地の悪さを感じてどこか落ち着かなかったり、これでいいのかと不安になり、せっかくの会を楽しめなくなってしまったり…。そんなときにおすすめなのが、いつものメイクを「どこか一箇所だけ」バージョンアップする方法。なかでもいちばん簡単なのに、もっとも印象チェンジに効果的なのがリップメイク。普段あまりメイクしないという人でも、「今日なんかキレイ」を実現するための失敗しない方法をご紹介します。メイク直し必要なし! 食べても飲んでも「落ちない」口紅「パーティ中にいちばん気になるのが、口紅のにじみや色落ちだという人は意外と多いと思います。かくいう私も、グラスやカトラリーにベタッとつく口紅が許せないほうで、日頃から口紅はマットな質感を愛用中。そんな私のパーティ用リップの絶対条件が『水を入れたグラスにつかない』こと。それをクリアしているのがこの2本で、普段でも使いやすいのが左のメイベリン、右はキレイな赤で、気分もぐっと上がる色です」(野毛)。16時間鮮やかな発色をキープ (左)つけて2〜3分で唇にカラーが定着。そのあとは飲んでもカップにつかず、メイク直し不要。SPステイ マットインク15¥1,500/メイベリン ニューヨーク なめらかにのび、ほんのりツヤを残した仕上がりに (右)にじみに強いロングウェア処方。落ちにくいのに保湿効果も兼ね備えたリップ。SHISEIDO ヴィジョナリー ジェルリップスティック222¥3,600/資生堂インターナショナルメイベリン ニューヨークの公式サイトはこちらSHISEIDOの公式サイトはこちらブラシやスパチュラーつきのものは、このようにそのままのせるだけでOK。スティックタイプの口紅で、赤など華やかな色を使うときは、リップブラシを使ったほうがキレイに仕上がります。さらにふっくら感、若々しさを狙うなら、リップペンシルも加えると効果的。グロスを重ねると、せっかくの”落ちにくさ”が弱まるので注意が必要です。肌の明るさをワントーンを上げる”肌映え”マットリップ「パーティメイクというと、『色』や『華やかさ』に捉われがちですが、重視すべきは『質感』。どこか一箇所だけでも旬の質感を取り入れることで、メイク全体があか抜けて見えるだけでなく、色を重ねることで失われる清潔感もキープできます。今シーズンのリップメイクに選ぶなら質感はマット。この2本はかなり計算された発色で、マットでも乾いた印象になりません。さらにつけると肌がキレイに見える肌映えカラーなので、肌がワントーン明るくなったように感じるはず。発色を抑えたいときは、つけたあとに一度ティッシュオフしてもキレイです」(北林)。パウダーの軽やかさとにごりのない発色が魅力 (左)ベタつきのない軽やかな感触で、マットリップ初心者でも抵抗なく使えるカラー。揮発しない保湿成分をたっぷり配合し、乾かない快適な使用感が持続。ルージュ アリュール リクイッド パウダー960¥4,200/シャネル ベルヴェットの輝きを秘めたサテンマットのフレッシュな仕上がり (右)高配合のピグメントが明るく華やかな発色を実現。ほんのり感じる上質なツヤが大人の唇を美しく彩る”サテンマット”な仕上がり。999は広告ヴィジュアルでナタリー・ポートマンがつけていたイットシェード。ルージュ ディオール ウルトラ ルージュ999¥4,200/パルファン・クリスチャン・ディオールシャネルの公式サイトはこちらパルファン・クリスチャン・ディオールの公式サイトはこちら 美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。 美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。 「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
  • いよいよ12月も後半。年末の忙しさにかまけてお肌のお手入れをする余力がないという人も多いのでは? そんなとき頼れるのは、2018年下半期ベストコスメの【メイクアップ部門賞】に輝いたこの6アイテム。NTJ(眠い・疲れた・時間ない)なお疲れ感をカバーして旬顔に彩る優れものです。塗った瞬間、絶好調! ベースメイク6選【下地部門賞】レ・メルヴェイユーズ ラデュレ モイスチュアライジング メイクアップ ベース SPF30・PA+++ 30g ¥3800(6票) 疲れていても寝不足でも、瞬時に顔色がアップ。これがないと不安 あれこれせずとも、これ一本で顔色が2トーンぐらいアップ。瞬時にメイク映えする肌に整うから、忙しい朝こそ手放せない。(美容エディター 森山和子さん) さっとのばすだけで、一気に顔色がよくなり、しかもくずれにくいスーパーベース。お直しする暇がなくても安心。(ヘア&メイク 中山友恵さん)【パウダリーファンデーション部門賞】エスティ ローダー ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N SPF30・PA+++ ¥7000(セット価格)(9票) くずれず、乾かず、やわらか肌が続く疲れた人にこそ試してほしいパウダリー 疲れてノリの悪い肌にも、軽やかにフィットしてやわらかな印象の肌が持続。パウダリーへの苦手意識克服にひと役買った逸品。(ヘア&メイク 千吉良恵子さん) 粉っぽくならず、乾燥にも強い理想的なパウダリー。 軽いつけ心地で素肌感を生かした今っぽいフォギー肌に。(ヘア&メイク KUBOKI)【フェイスパウダー部門賞】ポール&ジョー ボーテ ポール&ジョー セッティング パウダー ¥5000(セット価格)(6票) ファンデを省略しても、美素肌に見せるズルいパウダー 下地のあと、このパウダーをのせるだけでベースメイク完了! 光拡散効果による肌悩み飛ばし効果で、いつでも調子のいい肌に。(美容ライター 中島 彩さん) 下地とパウダーというたった2ステップで、透明感あふれる肌にスイッチ。寝不足だってバレずにすむ神パウダー!(美容ライター 石橋里奈さん) 【コンシーラー部門賞】クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュール エクラプールレジュー 2.5g ¥6000/資生堂インターナショナル(17票) クマの影や毛穴やきめの乱れも払拭する、疲れ顔消しゴム 疲れて見えるクマの影を払拭するつや、毛穴やきめの乱れを埋めてくれる質感で、立体感までつくり込める。(ヘア&メイク AYAさん) 塗ってないかのようになじみ完璧カバー。肌の調子に振り回されずにすむ。(ヘア&メイク 中山友恵さん)【リキッド・クリームファンデーション部門賞】ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション 50㎖ ¥5100/パルファン・クリスチャン・ディオール(7票) どんな激務でもくずれを知らない肌に完璧なキープ力のウォータープルーフ 肌色を選ばない全21色のバリエーションに拍手。多彩なヌーディカラーと光感で、立体感も陰影も思いのまま。(ヘア&メイク 小田切ヒロさん) バックステージ級にドタバタの朝、ラフに塗っても即美肌に。(美容エディター 平 輝乃さん)【クッションファンデーション部門賞】ランコム タン イドル ウルトラ クッションコンパクト ¥6500(7票) アラをカバーしつつ、素肌っぽい仕上がりがわずか1分で完成する、まさにウルトラ 毛穴もシミもきちんとカバーされているのに、まるで素肌のように自然。(美容ジャーナリスト 安倍佐和子さん) テクニックいらずでアラを隠して長時間美肌をキープ。密着感と品のあるつや感、そしてつけ心地のよさ。すべてかなえるクッションブームの大本命。(美容家 山本未奈子さん)撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND