頭の回転が速くなる!? オイルで脳活始めました
SPUR.JP

「ああ、その人ってこないだ結婚したあの人のアレだよね」! ……最近本当にアレだの、ソレだの、という言葉が増えてきました。「ど忘れ」もしょっちゅうです。さらには落とし物や忘れものも多くなる一方で。これはなんだかやばいぞ、と思っていたときに、MCTオイルの存在を思い出したのです。MCTオイルとは、ココナッツやパームの種子から中鎖脂肪酸だけを抽出したオイル。この中鎖脂肪酸は、アルツハイマーや認知症の予防にも効果が期待できるとして今注目を浴びている脂肪酸なのです。

脳は活動する際にエネルギー源としてブドウ糖を使うのですが、このブドウ糖がうまく使えなくなることで認知症やアルツハイマーなどの症状があらわれます。中鎖脂肪酸が体内で分解されてできるケトン体がこのブドウ糖の代わりになることで、脳の記憶力や判断力が改善されるそうなのです。この、仙台勝山館のオイルはサプリメントになっていたり7gの個包装になっているので、手軽に摂れて便利。しかも100%ココナッツ由来。私はオイルの個包装を使っているのですが、味も香りも特に主張しないのでサラダやお茶、お味噌汁など特に食材を選ばずかけて摂ってます(ちなみにMCTオイルは非加熱で摂取するのが基本。加熱調理には向かないのでご注意ください)。

さらに特筆すべきは、すばやく吸収されてエネルギーになるのでダイエットにも効果があるということ。糖質制限をする際の栄養補給としてもいいようです。

 話題の芸能人の名前とか、デザイナーの名前とか、昔のヒットソングのタイトルとかがすらすらっと企画会議のときに出てきたら……。と夢みているのですが、さすがにそんな劇的な変化はありません。ただ、集中したいときに摂っておくといつもよりもぐっと作業がはかどるし、夕方仕事で頭がふーっと疲れていても甘いものを欲する、ということがなくなった気がします。脳活の新習慣としてもう少し続けてみたいと思っています。

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND