【今日のにゃんこ】にゃんだか懐かしい……。ゆらちゃんと保護色毛布

DAILY MORE
もこもこの毛布の上でごろごろするゆら。
毛の色となじんでいて、一瞬どこにいるか分かりません(笑)。

「うふふ♡ びっくりした? 保護色毛布、お気に入りなんだニャ! なんだかものすごく安心するんだけど……。赤ちゃんだったころのことを思い出す気がするニャ……」

■名前
ゆらちゃん

■性別
女の子

■猫種
やや長毛のミックス(保護猫なので不明)

■生年月日
2016年ぐらい(推定)

■性格
食いしん坊で甘えんぼ。飼い主の姿が見えないと探しにくる寂しがり屋

■特技
おねだり

■好物
おやつの「モンプチクリスピーキッス」

■マイブーム
寝ている飼い主の髪の毛で遊ぶこと

■チャームポイント
「ヘーゼル」と呼ばれる2色が重なった瞳。お尻をゆらゆら振って歩く後ろ姿

ゆらちゃんの記事をもっと読む>>


関連記事
  • 最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。【今月のキーワード】“猫と暮らす”という幸せを知る猫の目はまん丸だ。猫にはかなわずとも、やはり大きなまん丸の目を持つ町田康が、精巧な猫の目を装塡して、世界を、未来を、あの世までをも描き出す。猫の気ままさ、くにゃくにゃの手、跳躍力……猫を構成する要素がぎゅっと詰まった5編は、『猫にかまけて』などのエッセイシリーズにもつながる楽しさをたたえている。猫の傍若無人ぶりを嘆く動物たちの姿もカラフルに楽しい『諧和会議』、グリム童話を大胆に翻案して猫好きの喝采を浴びた『猫とねずみのともぐらし』、かつてともに暮らした愛猫にシュールな世界で再会する『ココア』、黒猫エルを称える美しい詩のような『猫のエルは』、愛犬との別れから生まれた猫の物語『とりあえずこのままいこう』。30数年もの間、数多くの猫と暮らしてきた作家の言葉が、と優しさでいくつもの想い出に触れてくる。その言葉にヒグチユウコの絵が重なって、動物たちの姿がいきいきと立体化されていく。猫と暮らす人にも、かつて暮らした人にも、道端での出合いに心奪われる人にも。猫に幸せをもらったことのあるすべての人に贈られる作品集。【イチ押しBOOK1】〈文〉町田 康さん、〈絵〉ヒグチユウコさんの『猫のエルは』ヒグチユウコとのコラボレーションも話題の作品集。《猫のエルは生きてるだけで儲け》という言葉が心に彫り込まれる表題作など5編を収める。最終ページのイラストにいたるまで「最っ高」のひと言。(講談社 ¥1800)【イチ押しBOOK2】村山由佳さんの 『猫がいなけりゃ息もできない』息をするように猫を愛する作家がもうひとり。5匹の猫と暮らす村山由佳が、17年をともに生きたもみじとの時間をつづったエッセイが『猫がいなけりゃ息もできない』だ。小さな体に病を得ながら生きる姿に涙し、別れの予感に震えながら言葉を書きつける。《尻尾の先が裂けて〈猫又〉になったっていいから、一緒にいようね》、《早く着替えてまた戻っておいで》、愛猫家の想いを代弁する言葉があふれる一冊。ハンカチを用意して、どうぞ。幼い頃から猫に囲まれて暮らし、《猫のいない人生なんて、窓の一つもない家のようだ》と書く。そんな作家が最も長い時間を一緒に過ごした愛猫との暮らしを、特別な想いを、闘病と別れをつづったエッセイ。(集英社 ¥1400)【ほかにもあります★オススメBOOKをご紹介】『ぼくは本当にいるのさ』/少年アヤさん透明人間になりたい、それでも《ぼくは本当にいる》。多くのものを手放そうとする日々の中、少年アヤの心からまっすぐに出てきた言葉は、きらめくお菓子のように美しくて温かく、お守りにしたくなる。(河出書房新社 ¥1450)『せん』/スージー・リーさん鉛筆の芯が削られて白い紙の上にのせられる。するりと動きだした線はやがて、小さな少女の軌跡になっていく。文字はない。言葉はいらない。鉛筆から生まれた無数の線が、爽やかな冬の空気を連れてくる絵本。(岩波書店 ¥1800)『セリー』/森泉岳土さん天井まで続く本棚に囲まれて生きるカケルとセリー。気候が変動して死にかけた世界から切り離されたふたりの時間には、暗闇が迫っていた。美しい詩のような表題作に、同人作品や描き下ろしを集めた漫画集。(KADOKAWA ¥1400)--------------------MORE2019年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 原文/鳥澤 光--------------------- ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • まりもちゃんのデイリーライフ #15。飼い主(おかあさん?)はスタイリスト村山佳世子さん。初めての単行本『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が発売中。趣味は日向でお昼寝です。 日焼けしないように気をつけています。 なまえ:まりもちゃん 2016年8月産まれ(推定)申年、獅子座の女の子。もと野良の保護猫。三毛猫特有のスーパーツンデレ。3度の飯より遊ぶの大好き。特技はニャンニャン語のおしゃべり。 ▼スタイリスト村山佳世子の関連記事はこちら
  • 12月7日より2019年度がスタートし、ますますパワーアップ中のLEE100人隊ブログ。特に注目を集めた4クリップをピックアップしてご紹介します! <おでかけ部> ■078 あゆこ*さん「『LEE創刊35周年全国ツアー』VOL.9@大阪」 078 あゆこ*さん あゆこ*です。 先週土曜日に姉と共に「LEE創刊35周年全国ツアー」VOL.9@大阪に参加させて頂きました。 イベントの内容はLEE100人隊No.080 みぽぽさんが詳しく丁寧にレポートして下さっているので、私は栗原はるみさんのトークショーの感想を中心にレポートさせて頂きます。 078 あゆこ*さん この日はまずお昼に姉と大阪駅で待ち合わせし、イベント前にシティーベーカリーでランチを。 食べ応え充分なホットドッグはもちろん、サクサクのフライドポテトも美味しかった♡ ランチ中100人隊OGのShokoさんが私と姉に気付き、一緒に来られていたTBzumekoさんとみぽぽさんを紹介して下さいました。 (とても嬉しかったのに、緊張で「は、は、初めまして」しか言えないチキンな私でごめんなさい……) その後イベント会場のホールへ。 会場の外にもバルミューダで焼いたトーストの試食コーナー、シャークの体験コーナー、DHCの美容液のお試しが出来たり、フォトスポットがあったりと大充実でした。 編集部の方々にお会い出来て嬉しかったです(ここでも緊張気味でしたが……)。 栗原はるみさん、LEE編集長、栗原さんの編集担当さんによるトークショー。 33年(!)に渡るLEEとの繋がりを振り返りながら、料理の事だけでく、これまでのお仕事の事、ご家族の事など沢山のお話をして下さいました。 印象に残っている事を書き出してみると…… ・最初に雑誌のお仕事を依頼してくれたのがLEEだったから、ずっとLEEでのお仕事をされている。 ・沢山のお仕事を受けず、これ! と決めたら、その繋がりを大切にお仕事をする。 ・料理ページの取材の際紹介する料理は撮影で冷めてしまうので、皆さん用に別に暖かい料理を用意する。デザートまで。 ・朝は5時に起きて家の事をする。 ・夫に嫌われるような事はしない。不機嫌でいたら大事にしてもらえない。 ・感謝の気持ちをきちんと伝える。 ・過去の事を蒸し返して言わない。(これ私やりがちなやつ……) ・お仕事の時はカットソーにジーンズが多いので、お出掛けする時はオシャレをしてヒールのある靴を履く。(この日のノースリーブのワンピースもとてもステキでした) ・いつもほぼすっぴんでいられるように、日頃から肌をケアする。 ・苦手な英語を60歳から始めて、今ではハワイで料理を教えられるように! ・いつも笑顔で楽しく頑張る。 若干ニュアンスが違うところもあるかと思いますが、こんな感じの事をおっしゃっていました。 栗原さんは以前から素敵な方だなと思っていましたが、今回トークショーでお話を聞いて、本当にチャーミングでユーモアがあって、それでいてお仕事に真っ直ぐ向き合って、家族を大切にされていて、周りの方々への感謝の気持ちを沢山持っておられて…この1時間で栗原さんの大ファンになりました! 妻として、母として、働く女性として本当に魅力的で憧れます。 私も栗原さんには程遠いですが、身近な人への感謝を伝えたり、家族をより一層大切にして、毎日笑顔でいたいなと思いました。 編集部の皆さん、素敵なイベントにご招待頂き本当にありがとうございました。 お土産も沢山で嬉し過ぎました♡ 078 あゆこ*さん 最後に一緒に来てくれた姉に感謝と、イベントに行かせてくれた夫と、泣きながらも頑張ってお留守番してくれた娘にお礼を言いたいです。 本当にありがとう♡♡ ◇栗原さんのトークショーの感想を書いてくれたあゆこ*さん。おしゃれ姉妹(……似てますね!)のツーショットも公開してくれました! 【あゆこ*さん】 <今日なに着てる?> ■018 なおっちさん「ハローなご挨拶とL.L.Beanにズキュンな1月号」   018 なおっちさん 新年度のスタートということで改めましてのハローのご挨拶、なんとびっくりな3年生になりました、018 なおっちです。日々が本当に本当にあっという間ですが、このLEEブログで綴れる時間をもっと大切にして暮らそう、が新年度のテーマです。 中2、小6、小3の三姉妹と15歳になる黒パグ、ハル、8歳年上の主人と暮らしています。 いい年してカジュアルラバーが抜けません。 そしてLEE100人隊にはYUKIファンが多い!ということで、この度勝手ではありますが「LEE100 YUKI部」の部長としても発信していく所存です。ご興味ありましたらぜひ♡ 新年号のお楽しみ、L.L.Beanのバッグでワンマイルもウキウキだった今日。 先月のLEE100人隊パーティーで実物の大きさとしっかり感にズキュン。 暗くなりがちな冬コーデをパッと明るくさせてくれる白!白!白! ほんと、おススメのバッグですよ♡ 018 なおっちさん アウター armen インナー 無印良品 ガーゼシャツ nikoand… デニム studio clip スニーカー スタンスミス ユーカリを買ってきたので、週末はリース作り☆ そしてみなさんのclipにもお邪魔したいです。 さて、新年度もスタート!素晴らしい一年にしよう。よろしくお願いいたします♪ ◇なおっちさん流大人カジュアルにも付録トートがぴったりですね! 【なおっちさん】 <料理部> ■087 ゆめいさん「おウチで点心と*2年目のご挨拶*」 087 ゆめいさん こんにちは!新隊員の皆さまは、はじめまして。ゆめい です。 ついに2年目に突入しました。相変わらずブログ更新の際はドキドキするし、ヘタレな私ですが今期も楽しく活動できますように。 プロフィールも更新しましたが、夫の赴任が決まり来春から再び上海で生活することになりました。 夫は既に上海での生活をスタートし、私は新たな生活に向けての準備に追われています。忙しい毎日に心の余裕がなくなり、丁寧な暮らしとはかけ離れ、思うように物事が進まずちょっとやさぐれた時期も(笑)いつしか点心を作る機会も減っていました。 ですが先日LEE100人隊パーティに参加したのをきっかけに私の中で何かが変わりました。 パーティでは「すみや」さんの色鮮やかなケータリングが五感を刺激し、さらにはキラキラでエネルギッシュな100人隊の仲間たちやLEE編集部の皆さまを目の当たりにし、今の私にできる範囲で構わないから心豊かな生活を送りたいなぁと強く思うように。工夫をすれば時間の使い方は∞。しばらく諦めていた点心時間をまた復活できるチャンスかも? 087 ゆめいさん 下準備を済ませ、次女を公園で思いっきり遊ばせ帰宅後爆睡→点心作りに取り掛かりました(笑)。 087 ゆめいさん 生地を捏ね捏ね、成形している時は無になれる時間。あーやっぱり好きだ♡と再確認。 087 ゆめいさん 蒸篭の蓋を取ってふっくらツヤツヤな野菜まんを見るとやっぱり嬉しい♡ 087 ゆめいさん たしか点心初クリップも野菜まんだったような。 この1年で少し腕が上がってる自分にもびっくり。だって餡の量が最初のクリップ時と全然違う(餡の量が多ければ多いほど包みにくいのです)。こういう変化に気づけるのも、ブログを続けていてよかったなと思う瞬間です。 ◇ゆめいさんの2年目初クリップは、100人隊ブログでも人気の手作り点心写真! 【ゆめいさん】 <料理部> ■058 みみんさん「旬のりんごを使ってお菓子作り」 058 みみんさん この時期になると長野県松川市のりんご畑から、美味しいふじりんごが届きます。たくさん並んだりんごを見ると、そのまま食べるだけでなく、お菓子にしたり、ジャムにしたり、色々と楽しみたくなります。100人隊のみなさんからのアイデアもたくさん♡ わが家は普段、バーミキュラの無水調理鍋を愛用していますが、最近14cmの小さいサイズのstaubのココットが仲間入り。 今回はそちらを使ったりんごのお菓子を2つ作ってみましたよ♡ 058 みみんさん りんごのクランブル。 鍋でりんごをバター、砂糖、レモン汁でしっかりソテーし、仕上げにシナモンパウダーとココナッツミルク、生クリームを合わせます。このりんごのソテー、アップルパイのフィリングとしても使えます! ココットにりんごのソテーを入れ、そのうえにアーモンドパウダーたっぷりのクランブルを広げてオーブンで焼いたら、外はサクサク、中はしっとりのりんごのお菓子のできあがり。 058 みみんさん りんごの甘酸っぱさと、サクサク甘いクランブルがよく合います。アイスクリームを添えても美味しいかも!あったか冷たい♡ 最高です。 058 みみんさん りんごのケーキ。 続いてトップ画、りんごのケーキ。 マフィンを作る要領でしっとりしたケーキの生地を作り、レンジで砂糖とレモン汁でしっとりさせたカットりんごを生地の上に並べ、オーブンで焼き上げます。 見た目も大事♡ 粉糖とミントで飾ったら出来上がりです。 生地にはリンゴのソテーを細かくカットしたものも加えたので、しっとり生地の中にりんごの果肉も感じます。 小さいサイズのstaubココット、そのままオーブンに入れても使えるので、家族の少ない我が家ではお菓子作りに最適かも!少量の野菜を無水調理するのもいいし、少量の揚げ物にも。もちろんそのままテーブルでアヒージョなどもいいですね。 これから愛用していきたいです。 ◇こちらもお料理クリップが大人気のみみんさん。りんごのおいしい食べ方、参考にしてくださいね! 【みみんさん】
    LEE
  • ミュウミュウが2019年春夏シーズンに向け、ディズニーとシンプソンズのアニメーションに登場する猫のキャラクターをモチーフとしたカプセルコレクション「リトル キャッツ」を発売した。ディズニーの『おしゃれキャット』のマリーや『ふしぎの国のアリス』オリジナル版に登場するアリスの愛猫ダイナといった、有名な子猫たちのイラストがシェットランドウールのニットウェアに変身。このキュートなコレクションはミュウミュウ直営店(一部店舗を除く)と公式オンラインストアにて発売中だ。 (左より)ニット パープル(ダイナ/『ふしぎの国のアリス』)、イエロー(マリー/『おしゃれキャット』)各¥144,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービスまた、ミュウミュウは12月18 日(火)まで、期間限定のシューズショップを伊勢丹新宿店2階の婦人靴プロモーションスペースにて開催中。スタービジューをあしらったアイコニックなメリージェーンシューズやエレガントなミュールのほか、グリッターのスターパッチを施したスニーカーなどがラインアップ。伊勢丹新宿店の限定・先行発売カラーが多数登場するので、こちらもチェックをお忘れなく! メリージェーンシューズ〈H4.5cm〉¥104,000(予定価格)※伊勢丹新宿店限定カラーはシルバーとパステルピンク、伊勢丹新宿店先行発売カラーはレッド/ミュウミュウ クライアントサービスメリージェーンシューズ〈H6.5cm〉各¥108,000(予定価格)※伊勢丹新宿店限定カラーはブルー/ミュウミュウ クライアントサービス ミュウミュウ シューズ ポップアップストア  期間:12月18 日(火)まで場所:伊勢丹新宿店本館2階=婦人靴/プロモーションスペース住所:東京都新宿区新宿3-14-1 ミュウミュウ クライアントサービスhttp://www.miumiu.com/0120-451-993 ⇩「ミュウミュウ 」の「リトル キャッツ」コレクションとシューズ ポップアップストアのラインナップをチェック!
  • 身体の中心から温める布ナプキン。気になる使い心地をレポートします!アラフォーともなると否が応でも自分の身体と向き合う機会が多くなり、私はオーガニックやフィトテラピーなどのよりナチュラルで健康的なものに興味が向くようになりました。 温活、布ナプキンもそのひとつです。 布ナプキンは、身体の冷えやPMSを改善する効果が期待されていると聞いて、とても気になっていたんです。 一般的な使い捨てのナプキンには、経血を吸収するための吸水ポリマーが入っています。 吸水ポリマーは水分を含むと熱を吸収する力があるそうで(熱が出た時におでこに貼るあれと同じシステム)、それを身体の中心に貼り付けていることは冷えに直結するのだとか。 また、アレルギーのパッチテストをする腕の内側を『1』とした場合、お股は『42』も経皮吸収率があるそうで、化学繊維や漂白された繊維で作られた使い捨てナプキンをあてがうことに警鐘を鳴らす…という観点もあるそうです。 とはいえ、 漏れたりしないのか⁈ お手入れは面倒じゃない⁈ 使用感は⁈ などなど、知らない世界は謎だらけですよね。 こうなったら飛び込んでみるしかありません! ということで、まずはおりもの用の布ナプキンから試してみました。迷わず猫柄に手を伸ばしたアラフォー。思いのほかファンシーな柄を購入してしまったのはご愛嬌。 色々な形、素材がありますが、私が試したのはスナップボタンで簡単に装着ができるタイプ。 素材はコットンで、肌に触れる面がネル生地のように柔らかくなっています。 そして使用感は… 驚くほど温かい! 今まで使い捨てナプキンの冷たさを意識したことはなかったのですが、これは温かいと実感できます。発熱しているわけではないのに、不思議な温かさでした。 優しくフィットする感触も心地よく、違和感もありません。 【個人的感想まとめ】 ▪︎着け心地 ◎ →ホカホカ温かみを感じるのに蒸れない。 優しい肌触りが心地よい。 ▪︎漏れ △ →布なので絶対漏れない訳ではない。 ▪︎お手入れ ○ →つけ置き&手洗い。 慣れてしまえば意外と苦ではない。 ▪︎利便性 × →使用済みも持ち運びしなければならないため、外出先で替えるのは抵抗がある。 身体の中心から冷やさない効果により、 PMSが改善されたり、経血の質が変わったりという効果もあるそうですが、 布ナプキンは薬ではありませんし感じる効果にも個人差があるとは思います。 持ち運びするためにポーチやジップロックなど荷物を増やすことや、使用済みのものを持ち歩かなければならないことに抵抗がある場合は 外出時は使い捨てナプキンにするなど使い分けをしてもよさそうですね。 何より私は、この包まれるような温かさが気に入ったので、継続して使用してみようと思います♡美女組No.126 好美のブログ
  • 今年もやってきました! 去年は品薄でなかなか手に入りづらかった、ハーゲンダッツのコーンアイス 今年はチョコレートマカダミア味で登場ですサクサクワッフルコーンと、濃厚なチョコレートコーティング、チョコアイスの組み合わせが絶妙で、美味しい一品になっています♪ 東京・千葉以外では12/11以降に順次発売とのことなので、 ご興味のある方はぜひ! セブンスイーツアンバサダーの方は30円引きになるクーポンがあるので、そちらをご利用になるのをお忘れなく!!(私はすっかり忘れてました...泣)モアハピ部 No.674 にゃんこ のブログ
  • 気分転換をするなら、ヘアスタイルチェンジに限る。しばらくロングに伸ばしていた髪をバッサリ切りたくなり、いつもと違う美容室に行ってみました!10月にオープンしたばかりの、東京・表参道にある「こがお研究所」。東京・神奈川・埼玉・千葉に28店舗ほど展開する「UNIX」が、創業40年以上かけて培ってきた理論や技術をもとに、一人ひとりの魅力を最大限に引き出しながら、“こがお”で上品なスタイルを創り上げることをコンセプトとしたワンランク上のサロンです。スタイルチェンジをする時、しかも新しいサロンへ行く時って、やっぱり不安はつきもの。今回は、UNIX最高ランクのスタイリスト「マスターディレクター」として多くの支持を集める人気スタイリスト・阿部店長にすべてお任せしました!メニューは、以下のコース。小顔カット + カラー + サブリミックトリートメント + リフティングスパ■カウンセリングまずは、ものすごく丁寧なカウンセリングからスタート。カウンセリング内容や、施術で使ったもの、施術内容の詳細、さらにヘアスタイルのbefore/afterの写真まで、電子カルテでしっかりとデータを管理していただけます。そのため、同等レベルのスタイリストさんであれば、どの店舗にいつ行っても、ほぼスタイルの再現が可能なのだとか!!これはかなり安心。今回私は、「ロブ」スタイルでお願いしたのですが、✔似合う&小顔に見える長さ✔ロブはロブでもどんなイメージになりたいのかというのをしっかりとヒアリングして提案していただき、「コンサバなイメージというよりは、海外モデルのような色っぽさとナチュラル感のあるスタイル」になるようにしていただきました!笑■カラーカラーは2種類あるうち、資生堂のカラー剤をチョイス。色バリエが豊富で、より個々に合ったカラーに調整しやすく、トレンド×似合わせを組み合わせたカラーが再現しやすいそう。「プラチナマット」で顔の印象を引き締めながら、黄みを抑えるために「アッシュグレージュ」を混ぜて、やわらかく透明感のあるカラーを提案していただきました。カウンセリング後は、変化をみるために施術前の写真を撮って、いざ施術スタート!【Before】施術中はタブレットで、自分で選んでさまざまな雑誌を見られるのが嬉しい♪また、ドリンクとおやつのサービスも。こちらのナッツは、UNIXのオリジナルで販売もされているそう!■カットカットのテクニックが、とにかくすごい。なんと、その人の毛の流れをみて1mm単位で微調整しながら、レイヤーを入れていくという神ワザ……!!しかも、1,2本切るくらいの細やかさで、レングスを切ったあとに骨格調整のためのカットを入れていきます。切ってるか切ってないか分からないくらいの微妙な差だけで、仕上がりがグッとコンパクトにまとまって感動。■リフティング・スパカラーとカットが終わったあとは、シャンプー台へ。コースにはトリートメントも込み。炭酸泡により髪のアルカリ除去をおこなった後にシャンプーすることで、色持ちアップ、ゴワつき防止などが期待できるそう。選べるオプションは、スパのほか、眉、ポイントメイクアドバイス、ヘアセット&アレンジのレクチャーから選べます♪炭酸は頭がすーっとしてとても気持ちよく、スパは気持ちよすぎてウトウト……。頭が引き上げられるように心地よい強さでマッサージしていただき、施術後は顔自体も引きあがったような感覚に!■スタイリング良い感じに仕上がったあとは、自分でもできるように丁寧に乾かし方&スタイリングのコツを伝授していただきました。「こがお」に見せるポイントは、なるべく前に髪を流して、顔の出ている面積を少なくすること。下ぶくれなフェイスラインがコンプレックスな私ですが、ワンカールの外ハネでくびれをつくることで、キュッとした印象に。そして、完成!!【バックスタイル】カラーもローライトが仕込みで入っているので、ラフなスタイリングでも立体感がアップ!【フロント】まるで別人!キュッとしただけでなく、顔の印象までやわらかく変化。顔だけでなく、全身のバランスまで考えられてスタイルが設計されているので、なんとなくスタイルアップしているような気がするマジック……!!(自撮りでさらに小顔にみせるワザ)髪の多い方を前側に出して、逆側はもみあげの前の毛を残して耳にかけると視覚効果でさらに小顔に見えるそう!ちょっと耳をチラ見せすることで抜け感も出るのだとか。すべての工程が、わざとらしさがない“さり気なさ”で、いかにも「美容室行ってきました!!」感がないのに、『あれ?なんかイメージ変わったね!』といわれるようなスタイルづくりが狙いとおっしゃる、阿部店長。そうそう!そういうのを求めていたんです!という再現性がとにかく素晴らしく、ほとんどのお客様がリピーターという信頼性も納得。久々のスタイルチェンジでしたが、カラーの入れ方も絶妙なカットバランスも大変気に入ったので、またぜひ次回もお願いしたいです!!▼「こがお研究所」HPはこちらhttp://www.unix.co.jp/salon/543_kogao▼HOT PEPPER Beautyのページはこちらhttps://beauty.hotpepper.jp/slnH000431530/kodawari/2/
  • 仕事をしていると、ごろんと横たわってきたゆら。ふわふわの毛に癒されてます♪「はやく~わたしと遊んでにゃん~~」■名前ゆらちゃん■性別女の子■猫種やや長毛のミックス(保護猫なので不明)■生年月日2016年ぐらい(推定)■性格食いしん坊で甘えんぼ。飼い主の姿が見えないと探しにくる寂しがり屋■特技おねだり■好物おやつの「モンプチクリスピーキッス」■マイブーム寝ている飼い主の髪の毛で遊ぶこと■チャームポイント「ヘーゼル」と呼ばれる2色が重なった瞳。お尻をゆらゆら振って歩く後ろ姿
関連キーワード

RECOMMEND