笑って泣いて元気をもらえる短編マンガ集。『彼女は宇宙一』など【今月のオススメ☆BOOK】

DAILY MORE

【今月のオススメ☆BOOK 1】谷口菜津子さんの『彼女は宇宙一』

世界を救うスーパーヒーローから恋する女子高生まで、登場人物たちが抱える等身大の悩みに共感する6編。悩み、考え、ときに策を弄する女の子たちが愛おしく、笑って泣いて元気をもらえる短編マンガ集。(KADOKAWA ¥720)

【今月のオススメ☆BOOK 2】トーマス・カリナンさん・〈訳〉青柳伸子さん『ビガイルド 欲望のめざめ』

南北戦争末期、少女と先生、メイドの8人が暮らす田舎の寄宿学校に、若き兵士が身を寄せる。現実から距離を置いた花園のような世界にうっとり、女の欲望にぞくり。ソフィア・コッポラによる実写映画が公開中。(作品社 ¥2800)

【今月のオススメ☆BOOK 3】甲斐みのりさん・中島 愛さん『音楽が教えてくれたこと』

文筆家と声優・歌手。80~90年代の音楽を愛するふたりが語りあう。音楽を聴くとは、新しい扉を探しあて、歌われた気持ちの揺らぎや経験を真正面から受けとめること。言葉と音の力を実感できる対談本。(ミルブックス ¥1500)
文筆家と声優・歌手。80~90年代の音楽を愛するふたりが語りあう。音楽を聴くとは、新しい扉を探しあて、歌われた気持ちの揺らぎや経験を真正面から受けとめること。言葉と音の力を実感できる対談本。(ミルブックス ¥1500)

---------------------
MORE2018年4月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 文/鳥澤 光
---------------------


関連記事
  • 『グローバルワーク』春の展示会に行ってきました!旅、アウトドア、お仕事、雨など展示会場がシーン別に構成されていた『グローバルワーク』。19年春からさらに商品ラインナップが盛りだくさんになるようです。ちょっとした小物もインスタ映えしそう。こちらは「RAIN」のカテゴリーコーナーに置いてあった商品。長靴が可愛い!お仕事カテゴリーには、肩肘張らずにこなせるアイテムが。日本で生産されることになった新しい素材を使ったブラウスだそう。メンズも、店舗によってはキッズも、一気に見て回れるのもこのブランドの強み。旅先やお出かけ先で写真を撮る際に絵になるアイテムや、機能的なアイテムなど探すのが楽しくなりそうです!(副編Y) 『グローバルワーク』のアイテムをもっと見る>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!
  • BAILA1月号(12月12日発売)に登場してくれたNICHKHUN(From 2PM)。@BAILAでは本誌未公開カットとニックンさんの素敵過ぎる、エピソードをお届けします! この日は早朝からの取材。連日の取材でお疲れかと思いきや、スタジオに入るなり「おはようございます。今日もよろしくお願いします」と、疲れを微塵も感じさせない極上スマイルで挨拶をしてくださるニックンさん。登場からスタッフ一同、早速ニックンさんの虜に。 そしてカジュアルな私服を無造作に着ているだけで絵になるスタイルの良さにも改めて、驚き! モデルにも引けを取らない、バランスの良さはずーっと見ていたいぐらい。そんな彼に飲み物を差し入れると、両手で受け取り「ありがとうございます」と深々と会釈。相変わらず謙虚な方だなと思っていたら、廊下ですれ違うときには「お先にどうぞ」とエスコートさながらに道を譲ってくれ、コーヒーカップを探していると「その下にありますよ」と教えてくれるなど、彼の“ナチュラルボーンジェントルマン”ぶりは止まりません。初めて2PMを取材してから7年が経ったいまでも、あの時と変わらぬニックンさんの紳士ぶりにドキドキが止まらなかったのでした…!オフィスにニックンさんがいたら…♡を再現させて頂きました!今回の撮影はテーブルセットで朝・昼・夜のシーンを再現。誌面での朝の爽やかなニックンさん、夜の男らしいニックンさんも是非チェックを!そしてそして、誌面では載せきれなかったエピソードも2つお届け。 【父の教え】 物腰は柔らかいのに凛とした佇まいを持っているニックンさん。自分を律することがとても上手に思える。 「人は失敗を重ねて成長しますよね。1度や2度の失敗はただのしくじりですが、3回目以降は自分の悪いクセになる。それを忘れないよう、常に意識しています……と、まるで自分の言葉のように言っていますが、父の教えの受け売りです(笑)」 教育熱心な父親だったと、ニックンさんは微笑む。 「本当に厳しい父で、子供の頃はよく怒られていました。たとえば、僕が猫背になっていると、2回目までは、“背筋を伸ばしなさい”と口で注意されるだけなんですが、3回目からは叩かれたり、罰を課せられたり。当時は、その意味がわかりませんでしたが、大人になった今は理解できます。父は、僕がどんな社会に出ても恥ずかしくない教養やマナーを教えてくれようとしていたんだと。親心ですよね」 【おカン感】 いつもスリムなニックンさん。そのスタイルを保つ特別な方法はあるのだろうか。 「おなかが空いたときだけ食べるようにしているからかな。無理に三食を食べようとはしません。あと間食もほとんどしませんね」 太る要素がまるで見当たらない……。 「でもね、自宅には必ずお菓子を常備してるんです。チョコレートやチップス、グミとかいろいろ。お菓子のパッケージってかわいいじゃないですか。デコレーション用に買っている感じですね。なので自宅に友達が遊びに来たりすると、ここぞとばかりにそのお菓子をお土産として渡します。これを持ってけ、それも持ってけって(笑)。自宅にお菓子がないとちょっと不安になりますね。お菓子をあげられないから」 ご家族にも愛され、またその愛を周りの人にもナチュラルに分け与えるニックンさんは、どこまでも紳士で素敵な方でした。誌面では、もっとニックンさんの人柄が分かるインタビューに加え、ファンへのメッセージ、そしてメンバーへのメッセージも掲載しています。 12月12日発売のBAILA1月号を是非お手に取ってみてください♡【合わせて読みたい】イケメンアーティストインタビュー、続々公開中♡撮影/北島 明〈SPUTNIK〉ヘア&メイク/Yang Yang Salon スタイリスト/満園正明〈um〉 取材・文/中川 薫
  • 最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。【今月のキーワード】“猫と暮らす”という幸せを知る猫の目はまん丸だ。猫にはかなわずとも、やはり大きなまん丸の目を持つ町田康が、精巧な猫の目を装塡して、世界を、未来を、あの世までをも描き出す。猫の気ままさ、くにゃくにゃの手、跳躍力……猫を構成する要素がぎゅっと詰まった5編は、『猫にかまけて』などのエッセイシリーズにもつながる楽しさをたたえている。猫の傍若無人ぶりを嘆く動物たちの姿もカラフルに楽しい『諧和会議』、グリム童話を大胆に翻案して猫好きの喝采を浴びた『猫とねずみのともぐらし』、かつてともに暮らした愛猫にシュールな世界で再会する『ココア』、黒猫エルを称える美しい詩のような『猫のエルは』、愛犬との別れから生まれた猫の物語『とりあえずこのままいこう』。30数年もの間、数多くの猫と暮らしてきた作家の言葉が、と優しさでいくつもの想い出に触れてくる。その言葉にヒグチユウコの絵が重なって、動物たちの姿がいきいきと立体化されていく。猫と暮らす人にも、かつて暮らした人にも、道端での出合いに心奪われる人にも。猫に幸せをもらったことのあるすべての人に贈られる作品集。【イチ押しBOOK1】〈文〉町田 康さん、〈絵〉ヒグチユウコさんの『猫のエルは』ヒグチユウコとのコラボレーションも話題の作品集。《猫のエルは生きてるだけで儲け》という言葉が心に彫り込まれる表題作など5編を収める。最終ページのイラストにいたるまで「最っ高」のひと言。(講談社 ¥1800)【イチ押しBOOK2】村山由佳さんの 『猫がいなけりゃ息もできない』息をするように猫を愛する作家がもうひとり。5匹の猫と暮らす村山由佳が、17年をともに生きたもみじとの時間をつづったエッセイが『猫がいなけりゃ息もできない』だ。小さな体に病を得ながら生きる姿に涙し、別れの予感に震えながら言葉を書きつける。《尻尾の先が裂けて〈猫又〉になったっていいから、一緒にいようね》、《早く着替えてまた戻っておいで》、愛猫家の想いを代弁する言葉があふれる一冊。ハンカチを用意して、どうぞ。幼い頃から猫に囲まれて暮らし、《猫のいない人生なんて、窓の一つもない家のようだ》と書く。そんな作家が最も長い時間を一緒に過ごした愛猫との暮らしを、特別な想いを、闘病と別れをつづったエッセイ。(集英社 ¥1400)【ほかにもあります★オススメBOOKをご紹介】『ぼくは本当にいるのさ』/少年アヤさん透明人間になりたい、それでも《ぼくは本当にいる》。多くのものを手放そうとする日々の中、少年アヤの心からまっすぐに出てきた言葉は、きらめくお菓子のように美しくて温かく、お守りにしたくなる。(河出書房新社 ¥1450)『せん』/スージー・リーさん鉛筆の芯が削られて白い紙の上にのせられる。するりと動きだした線はやがて、小さな少女の軌跡になっていく。文字はない。言葉はいらない。鉛筆から生まれた無数の線が、爽やかな冬の空気を連れてくる絵本。(岩波書店 ¥1800)『セリー』/森泉岳土さん天井まで続く本棚に囲まれて生きるカケルとセリー。気候が変動して死にかけた世界から切り離されたふたりの時間には、暗闇が迫っていた。美しい詩のような表題作に、同人作品や描き下ろしを集めた漫画集。(KADOKAWA ¥1400)--------------------MORE2019年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 原文/鳥澤 光--------------------- ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり!今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます☆ 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェック♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『GU』、『ユニクロ』のイチオシアイテム!【ファッション人気記事】♡第3位♡アヤサンポ 第3位は、No.497 ayachilleさんがお届けする「服はプチプラ、小物はハイブランドのMIXコーデ」。今すぐ真似できるヒントが隠れているかも! ▶︎▶︎上下プチプラ部♡第2位♡『GU』のアイテム 第2位は、No.510 MIYUさんが『GU』で一目惚れした「スタンドカラーブラウス」。オンオフ問わず着られて、コスパも最高なんです♪ ▶︎▶︎レディなスタイルを作れます♡第1位♡『ユニクロ』で衝撃価格 第1位は、No.312 くくさんがワゴンセールでGETした『ユニクロ』の春色ボトム。なんと、¥3000以下で4着も購入で着ちゃったんだって! ▶︎▶︎ワゴンって楽しい❤️『ドン・キホーテ』で買える30色のアイシャドウパレットが500円!!【ビューティー人気記事】♡第3位♡『エトヴォス』の「ヘアオイルセラム」 第3位は、No.355 めこさんが購入した『エトヴォス』の「ヘアオイルセラム」。香りが良くて、艶も出て、とっても便利だそう♪ ▶︎▶︎変にベタつかないのも◎♡第2位♡『LUSH』バスボム専門店 第2位は、No.395 みそさんがおでかけした、"バスボム専門"の『LUSH』原宿店。最先端のお買い物体験ができる店内で、ひと味違うショッピングタイムを過ごしましたよ♪ ▶︎▶︎お風呂タイムが楽しくなる!♡第1位♡『ドン・キホーテ』のアイシャドウ 第1位は、 No.576 *Ayane*さんが『ドン・キホーテ』で発見した『 Dolly Angel(ドーリーエンジェル)』の「30 COLORS EYESHADOW PALETTE」。このパレット、実はなんと¥500!! ▶︎▶︎GETするべき♡♡スタバの「ピスタチオ クリスマスツリー フラペチーノ」に夢中【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡『ハーゲンダッツ』の新作レポ 第3位は、No.562 しょこたうるすさんの、『ハーゲンダッツ』の新作紹介ブログ♡ この2つ、いったいどんな味なの? ▶︎▶︎安定のおいしさ♡第2位♡夕陽が台湾一キレイ! 第2位は、No.366 Yumiさんが紹介する、台湾で夕日が一番きれいに見える場所「淡水」。異国情緒満点の素敵スポットをチェック! ▶︎▶︎わたしの一番のお気に入り♡第1位♡飲むクリスマスツリー 第1位は、No.312 くくさんがさっそく試したスタバの「ピスタチオ クリスマスツリー フラペチーノ」。クリーミーでまろやかで、あっという間にとりこになっちゃったみたい❤️ ▶︎▶︎ピスタチオ全開★今回のランキングは12/3(月)~12/9日(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • 遅まきながら、「ボヘミアン ラプソディ」をやっと観に行くことができました。週末、仕事から戻った夫にバトンタッチして、レイトショー最終回に駆け込み ‍♂️事前にアルバムをポチっており予習もバッチリ。存分に楽しんで、涙して、素晴らしい音楽に浸って、リフレッシュしました。 ここのところ娘の夜泣きが復活していて、夜中抱っこしながらゆらゆらしているのですが、気分転換にこのアルバムをかけたところ「WE WILL ROCK YOU」で夜泣きがピタッ!やった! と思ったら目が爛々としてきて、完全に覚醒し、一緒に手を叩いていました。赤子までノリノリにしてしまうQueenさすが……って、お願いだから寝て〜!(Y)
  • 今月発売されているMORE1月号を参考に 今まであまり取り入れてこなかった 《きれい色》に挑戦してみました❤︎レンガ色パンツパンツを主役にしたかったので、 その他の色は控え目に ベージュのニットで合わせました^_^ コート:beauty&youth unitedarrows ニット:ciel パンツ:spick&span 今月号には、久しぶりに コスメ以外で載せていただいてます! アフター6のコーデについて★ 誌面でご覧ください^_^モアハピ部 No.497 ayachille のブログ
  • 都内最大級のミュージックラウンジ「PLUSTOKYO(プラストーキョー)」が、銀座一丁目「キラリトギンザ」にオープン。壁に描かれた富士山が目を引く空間や、洗練された大人にふさわしいグルメメニュー、オリジナルカクテルなどが堪能できると、早くも大人の女性たちの間で話題に。 「PLUSTOKYO」は、ホテルロビーをテーマとした約300坪ものラウンジフロアと、リゾート気分が味わえる広々としたルーフトップの2フロアで構成。ジャンルを問わず幅広い音楽を毎日楽しめるクラブをはじめ、カフェバー、ギャラリーとしても過ごせるのが特徴。これまでにない音楽を軸とした新しい遊び方を提案する“オトナの社交場”を目指す。 店内には、いたるところにアートなポイントが満載。エントランス横にあるギャラリーでは、最新の現代アート作品がお出迎え。奥に続くラウンジフロアの壁には、日本で数人しかいない銭湯絵師のひとり、中島盛夫氏が描いた壮大な富士山が楽しめる。ブレイクダンスをテーマに彫刻作品を手掛ける小畑多丘氏が手がけたB-BOY人形が配された全長30mのメインバーや、音楽やファッションを芸術に取り入れるアーティスト、小町渉氏によるVIPルーム「SALON」も気になるところ。DJブースを完備するルーフトップは、左右に東京タワーと東京スカイツリーが望め、夏にはBBQも満喫できる。 もうひとつの魅力が、ホテルのラウンジフードを現代的に解釈したロビーフード。デイタイムにはセットブランチ1700円~が味わえ、ナイトタイムは、お酒との相性が良いディナーメニューが充実。また、食のクリエイターたちとのコラボメニューも用意。オープンニングでは、音楽好きの銀座老舗和菓子店の若旦那たちからなる「アンコマン」のセットデザートなどを提供。ドリンクには、「Mixology Spirits Bang(k)」が特別出店するほか、「PLUSTOKYO」がオススメする日本酒オンリーのスタンドバー「POPBAR」も登場する。音楽を軸にさまざまなフュージョンが楽しめる「PLUSTOKYO」から、今後も目が離せない! <DATA> PLUSTOKYO(プラストーキョー) 営業時間:ランチ月~金11:00~15:00(14:00LO) 土・日・祝11:00~16:00(15:00LO) カフェバー月~金11:00~17:00(キャシュオン) ディナー17:00~24:00(23:00LO) バー&パーティ日~木17:00~27:00 金・土・祝前日17:00~29:00 キャパシティ:12F着席148席(PARTY時1000人) RF着席94席(PARTY時800人) 住所:東京都中央区銀座1丁目8-19 キラリトギンザ 12F/RF アクセス:各線「銀座一丁目駅」よりすぐ ※時間帯によってはお席にチャージ料がかかります ※クラブ営業時は20歳未満入場禁止。入場時には、 写真付き身分証明書(免許書、パスポート、住基カード、外国人登録証)の提示が必要PLUSTOKYO03-3563-3776http://plustyo.com/ text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • 『アメリカンホリック』の春の展示会に行ってきました!『アメリカンホリック』といえば、そのカラーバリエや柄違いの豊富さが人気のブランド。春の展示会にもずらりと並んでいました!1枚目の画像のシャツ、きれい色スカートもこの通り!  プライスも控えめなので、流行にもトライしやすいですよね。こちらのシンプルなシャツは、気持ち大きめサイズを選んでバサッと着るのもよさそう。そして実は....,.衿もとに秘密が。なんと衿が取り外せるんです。シャツ衿からスタンドカラーに変身可能!そしてアメリカンホリックといえば、デニムがお得意、でもあります。新作ラインナップのなかでは、今季、ジージャンとホワイトデニムが気になりました。ホワイトデニムは、ほかの展示会でも推されていたアイテムのひとつ。流行の予感!(副編Y)『アメリカンホリック』のアイテムをもっと見る>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!
関連キーワード

RECOMMEND