みんなが気になる「後れ毛」問題など、 ヘアアレンジの疑問が第1位☆ 今週のビューティ人気ランキングトップ3!

DAILY MORE

日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のビューティ記事。人気のあった記事を見れば、今注目のトレンドが見えてくるかも!? ということで、1/6(土)から1/12(金)の人気ランキングを発表しちゃいます!

画像をクリックすると記事に飛びます。今すぐチェック☆

♡第3位♡
ライターゆうりが『シュウウエムラ』のリップをお試し!

ライターゆうりのリップお試し記事が、2週連続ランクイン! 『シュウウエムラ』の新作は、みずみずしいツヤがあるのに発色も◎な優秀アイテム☆
♡第2位♡
「おしゃれ」も「モテ」もほしい! じゃあ『RMK』でしょ♬

ライターみかりんがオススメするのは、『RMK』のアイカラー! 見てのとおり2WAY仕様なんだけど、この1本で「おしゃれ」も「モテ」もGETできちゃうらしい!?
♡第1位♡
みんな知りたかった! ヘアアレンジの基礎、全部学ぼう☆

「後れ毛ってどこまで出せばいい?」「分け目はまっすぐだとダサいの?」「ていうか不器用でもアレンジできる?」そんなヘアアレンジの疑問に、髪のプロがぜ〜んぶ答えます!

★ランキングは1/6(土)〜1/12(金)のデータをもとに作成しました。あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるビューティ情報を更新中☆ いつもチェックして、キレイのアンテナ張っておいてね♬

▶▶▶ 先週までのビューティ人気ランキングはこちら!


関連記事
  • カジュアルでもシンプルでも全体を"きれいめ"にまとめるのがアラフォー流。2018年秋冬のきれいめコーデ記事ランキングを参考に上品で清潔感あるコーデを心がけて。【1位】トレンドニットを主役すればデニムコーデもきれいめに “ニット一枚”のおしゃれを思いきり楽しむなら、すそや袖が動くたびにさりげなく揺れるふんわり肩落ちニットを選びたい。優しげな淡いベージュに、カジュアルな色落ちデニム。この甘辛バランスも心地いい。体がきれいに見えて気分が上がる「最旬ニット×デニムコーデ」。今年のBest3はこれ!【2位】ネイビー服は、それ一点でコーデに上質な華やかさをプラス シャツ襟カシュクールデザインのワンピースに、黒のタートルニットを重ねて、ツヤネイビーを引き立てて。小物も黒やネイビー系でまとめて。▶今秋、ネイビーを新鮮な気持ちで着こなすなら「ツヤありネイビー」を選んで【3位】キレのいいモノトーンでクールないい女 マットなブラックにぬくもりと風合いをもたらすモヘア。シンプルなプルオーバーで、親指がのぞくようにカットされたロングスリーブが手もとにさりげないニュアンスを。ホワイトデニムとの潔い黒×白を選択したら、小気味よく仕上がって。▶ほっこりさせず、女っぽく仕上げたい!「シャギーニット」を大人はどう着る?【4位】前後差のあるゆるニットでプリーツの揺れ感を引き立てて 大胆な肩落ちシルエットのネイビーニットは、後ろの丈が長いヘムデザイン。パッと目をひくロイヤルブルーのプリーツスカートと合わせ、ブルーのグラデーションに。落ち感のあるオーバーサイズなのでロングスカートと合わせてももたつかず、すっきりⅠラインを作ってくれる。▶スカートに合わせたい“ほどゆる”ミドルゲージニット【5位】女っぷり高いカーキアイテムに華やかなカラーを合わせて 華やかカラーとの相性も実はいいカーキ。マスタードイエローとの新鮮な色合わせが、モダンなムードを醸し出す。▶実は相性抜群!ときめきが倍増する「カーキ×きれい色」コーデ【6位】カーキのVネックニット&チノパンツコーデ ホワイトブラウスも、カーキとの組み合わせでまったく新しい表情に。ボリューム袖の可愛さも、カーキ合わせでシックに大人っぽく調節。ニットを肩がけして、こなれ感も醸し出して。▶“シンプルだけど素敵”な配色は「カーキ×ベーシックカラー」!【7位】ワンピース×グリーンのパンツコーデ 「アイテムにかかわらず、この組み合わせはアラフォーにフレンドリーな配色」。コートのようにアレンジしたフェイクスエードのワンピースをはおって。▶合わせる色の濃淡を選ばないから使える!大人にオススメの差し色「グリーン」【8位】ボリュームブラウス×細身パンツコーデ デザイン性の高いブラウスは、レイヤードをしないワンツーコーデが基本のこの時季こそ便利なアイテム。ボリューム流ば行やり全盛のころは、ワイドパンツと合わせてみたりもしたけれど、やはり細身パンツとの「ふわ+ぴた」バランスは文句なく女らしく、スタイルよく見せてくれる。▶いま買うべきは、秋まで使えて細見えする「センタープレス入りテーパードパンツ」【9位】上品見えする「薄くて軽いクルーネックニット」コーデ 黄金比率といわれる「カシミア7 :シルク3 」の混率の糸を使用し、手作業で編み上げたリブニット。型くずれしにくく、マイ定番として長く愛用していける。▶アラフォー世代が今すぐ買い足すべきは、上品見えする「薄くて軽いクルーネックニット」【10位】上半身がきれいに見えるシンプルなミドルゲージニットコーデ 今季復活した細身のとろみパンツには、リブニットの立体感を。ベージュのストールをさっと肩にかけて、リズミカルなグラデーションコーデに。▶断然使える“ほどゆる”ミドルゲージニットで旬ボトムに挑戦!※2018年8月1日~2018年11月30日集計
  • オシャレは好きですが、イマイチ自身が持てない私。「初めまして」の方々との食事会。相手に失礼のない洋服選びって???12月1日に催されたマリソル美女組ランチ会。 お誘いのメールを頂いたのは11月上旬でした。 その日から私の頭の中は「何着ていく?」問題でパンクしそうでしたʕ⁎̯͡⁎ʔ༄ 初めましての方々とお会いする機会。失礼のないように、自分らしく、トレンドも取り入れたい…と当日まで本当に悩みました。 悩んだ結果、私はこちらの洋服を着ていくことに↓↓↓ ・主役はマリソルの"女っぷり”を意識し、キャメルのワンピース。 ・靴はパンプスできちんと感を演出。 ・ファーバッグをチョイスし季節感をプラス。 ・ネックレスにパールを投入し上品感をアップ。 ・大ぶりでイヤリングでトレンド感をプラス。 当日の写真がこちら↓↓↓全体のコーディネート写真 同じテーブルでした新美女組 左から No.148 まきこさん No.146 rinさん No.150 俵さん着席した際の写真。パールのネックレス、イヤリングが華を添えてくれます♡(食事中ですみません…)皆さんは普段どのようにコーディネートを考えていらっしゃいますか? パーティーシーズン。色々な方とお会いする機会があるかと思います。自分らしく、相手にも失礼がないファッションで、楽しみたいですね♡ 少しでも皆さんの参考になれば幸いです♡ そして、色々と悩みましたが、12月7日発売の1月号に・華やぎキャメル(P25) ・二大きかせ小物は「ファーバック」と「パールアクセ」(P74)という記事が載っていて、私のコーディネートも悪くなかったかな…?と嬉しくなった私でした☺ Instagram♡→→→kumiko_149美女組No.149 kumikoのブログ
  • 大人だけど、大人だから! スニーカーってこんなに楽しい!スニーカーが大人女子にも浸透して久しいけれど、いまだに聞こえてくる「私には似合わない、難しそう」という声。あぁ、なんてもったいない! 子どもじゃなくて、男子じゃなくて、"大人女子だからこそ"のスニーカーの良さがあるのですよ!(実はモテアイテムだったりもするし♡) MOREが集めたスニーカーコーデ、「これならマネできるかも」を探してみて。【1】 ×花柄マキシスカート メンズのニットにリュック、そしてスニーカー。甘さは花柄のマキシスカートひとつでじゅうぶん! "可愛いスカートからのぞくスニーカー"って、実はいちばんモテそうじゃない? ニット¥42000・Gジャン¥34000/ボウルズ(ハイク) Tシャツ¥8000/マイカアンドディール 恵比寿本店 スカート¥38000/ブランドニュース(メ ドモワゼル) 靴¥25000/ニューバランス ジャパン バッグ¥6500/TOLL FREE(バッハ) イヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン) 【2】 ×ピンクのニット ふわふわ甘いピンクを着るなら、ほかはぜ〜んぶメンズライクが鉄則! メガネにスポーツウォッチに黒のハイカットスニーカー、だけどピンクのニット。このバランスにドキドキする。 ニット¥5900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 シャツ¥10000/TOMORROWLAND(MACPHEE) パンツ¥12000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス 靴¥7000/VANS JAPAN バッグ¥12800/ビショップ(オーシバル) メガネ¥27000/モスコット トウキョウ 時計¥9500/カシオ計算機(ベイビーG) ストール¥11000/シップス 有楽町店(ジョン スコット)【3】 ×女っぽパンツ ベリーカラーのパンツをハンサムに仕上げたい日も、やっぱりスニーカーが使える。パンツ×ジャケットの大人っぽさを、キャップとスニーカーのやんちゃな可愛さで私らしく。 パンツ¥8990/キャン(Monique) ジャケット¥27000/ジュエルチェンジズ 新宿店 ニット¥30000/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥6500/VANS JAPAN バッグ¥5500/バナー バレット 渋谷ヒカリエシンクス店 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 青山 イヤリング¥1300/お世話や【4】 ×ブラウンパンツ この冬大ヒットなブラウン。パンツで取り入れるなら、足もとは絶対に赤!! ほら、ブラウン×赤がこんなに可愛いなんて、知らなかったでしょ? スウェット¥34000/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) Tシャツ¥12200/F.I.T.(ガウン&ファンデーション) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥5800/コンバース バッグ¥23000/ピーチ(ヴィオラ ドーロ) ベルト¥8000/スタイルデパートメント(プレット) サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング/スタイリスト私物【5】 ×ネイビーシャツワンピ きれいなシャツワンピにスポーティなマウンテンパーカをはおったら、もうスニーカー一択でしょ! ソックスを合わせても可愛いけれど、暖かい日ならスリットから素足をのぞかせるのもいい。 ワンピース¥32000/TICCA ジャケット¥50000/ザ・ノース・フェイス3(マーチ) 靴¥25000/ニューバランス ジャパン バッグ¥6000/ハイ! スタンダード(オープンエディション) サングラス¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ【6】 ×ビッグスウェット 「あざとい」って思っちゃうくらいキュートな、ビッグスウェット×ギンガムチェックのショートパンツ。くしゅっとさせた白ソックスにブルーのオールスター……みんな大好きにきまってる! ラフなあざとさって、アリかも♡ スウェット¥6800/ハイ! スタンダード(ベイサイド) パンツ¥7000/モットハウス・トーキョー(スリーピージョーンズ) 靴¥7000/スピック&スパン ルミネ新宿店(コンバース) ソックス¥2500/セムインターナショナル(カプリコーン モヘアソックス) ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(1,4,6) 東 京祐(5) 森脇裕介(2) 小川健太郎(3) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/林 由香里(ROI/1,4,6) 信沢Hitoshi(5) 河嶋 希(io/2) モデル/本田 翼 佐藤栞里 飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江(1,4,5,6) 大平典子(2,3)
  • 東京を熱狂の渦に巻き込んだ、キム・ジョーンズによるディオール2019年プレフォールメンズランウェイショー。世界中からクリエイターチームが集結した一大スペクタクルは、ショーが始まる何時間も前から始まっている。 今回、ディオールのメイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターである、ピーター・フィリップスにバックステージで突撃取材。モデルたちのメイクの手を休めている一瞬を狙い、ランウェイメイクアップのストーリーから、昨今のビューティトレンドまで話を聞いた。 Photo by Akihito Igarashi from TRON ── 前回来日した時にもインタビューさせて頂きましたね。あの時は、マリア・グラツィア・キウリによるオートクチュールコレクションが発表された時でした。 ああ、そうだったね!あのショー、すごかったよね。ルーフトップで、暴風に吹かれながら歩くモデル。すごく大変そうだった。でも後で動画を見て、なんてドラマティックなんだろうと感動したのを覚えてるよ。 ── 2年ぶりの東京ですが、今回はショーの直前に到着されたと聞きました。相当お疲れなのでは? そうだね、今日も朝から取材や撮影が続いてる。でもショーの前の高揚感は、他の何にも代えがたいものがあるね。 ── 先ほどメイク台に並んでいた「ディオール バックステージ」のアイテムを使わせてもらったのですが、ファンデーションの使いやすさに驚きました。これってユニセックスで使えるんですよね? そう、ユニセックス仕様。これまでのディオールのファンデーションは、特定のテクスチャーやカバー力を打ち出していた。「ディオール バックステージ」のアプローチは、それとは全く逆で、ランウェイメイクのように、あらゆるシーンに対応出来るようオールマイティなフォーミュラに仕上げてる。パッケージも、色が分かりやすく、実用性を重視したデザインに仕上げたんだ。 Photo by Akihito Igarashi from TRON ── 水のようにライトなテクスチャーなのに、しっかり質感を整えてくれる。薄づきなのに、カバー力もある。まるで夢のような話ですが、本当なんでしょうか? 夢のような仕上がりの秘訣は、重ね付けしやすいフォーミュラ。通常のファンデーションは、重ね付けするとくすんで見えがちなんだけど、極限まで軽く仕上げた「ディオール バックステージ」は、重ね付けしても肌本来の質感が損なわれないんだ。軽く質感を整える程度であれば、体温が伝わりやすいよう指で軽くたたき込むようにするのがいいね。よりカバー力が欲しければ、平筆で肌の表面を滑らせるようにつければオーケー。しっかりカバーしたい人は、面積の広いブラシで磨き上げるようになじませていけばパーフェクト。 ── 今回のランウェイでは、ルックでも用いられたロゴを取り入れたアーティスティックなメイクアップが目を引きました。ズバリ、テーマは何でしょう? 「サイバー・シック」。キム・ジョーンズから見せてもらった今回のテーマロゴを、シリコン製のプレートで再現してる。コレクションで打ち出された、近未来的な世界観を表現したかった。一方でベースメイクアップは限りなくナチュラルにして、コントラストを演出したんだ。 Photo by Akihito Igarashi from TRON ── 2年前にインタビューした際、記憶に残っているコメントがあります。「SNSによってメイクアップの創造性が飛躍的に高まった」と仰っていたのですが、メンズビューティという観点で見て最近の傾向をどう分析されているのでしょう。 メンズビューティ、ようやくメインストリームになったよね。これも当然、SNSの影響によるものが大きい。今まで世間から「男はこうあるべきだ」という固定概念から解き放たれた、自由な感性の世代がどんどん勢いをつけている。 ── 今月号の『シュプール』でもメンズビューティ特集を組んでいるのですが、予想以上の反響に驚いています。個人的には、若い子たちは韓国のアイドルグループに憧れているのかな、とも思うのですが。 面白い視点だね。確かにKポップの影響、あるかもしれない。それを聞いて、90年代に一世風靡したボーイズ・バンド、テイク・ザットを思い出したよ。スキャンダラスなファッションやヘアで有名だったんだけど、当時それを見て新しい時代が来たと胸を高鳴らせたんだ。20年経って、ようやく男性の美意識がメイクアップにも向くようになった。ちょっと遅いんじゃない?とも思うけど、いい傾向だね。 ── ファッションからヘア、そしてメイクアップ。これからメンズのスタンダードがどう変わっていくのか楽しみですね。 >>ディオール ビューティを体現する、グッドルッキングガイズに首ったけ >>キム・ジョーンズによるディオールのランウェイレポートもお見逃しなく text:Shunsuke Okabe バックステージのメイクアップの詳細は下のフォトギャラリ―にてチェック!
  • スニーカー使いでオシャレの幅がグンと広がり、こなれ感が増す!冬こそ、スニーカーを履きこなそう!皆さんは冬靴、何買いましたか〜? 私がまず一番にゲットしたのが、 converse100周年記念のオールスターでした。 何故なら、今期はプリーツやレーススカート、丈はロングがトレンドです。 ヒールで合わせるとエレガントになり、 それはそれで素敵です。 しかし、そこをあえて、 スニーカーを合わせ、外すことで、 一気にオシャレ度がUPします。 ロング丈に合わせるには、 ローカットよりもハイカットの方が バランスが良かったです。 今期、カラーはブラウン系のスタイリングが多いので、ベージュと迷いましたが、 こげ茶の方がコーディネートが締まるので、こちらにしました。 アラフォーのオトナ女子は、 いつものエレガントスタイルの ヒールからスニーカーに履き替えて みるだけで、マンネリスタイルを解消 出来ました! 冬はスニーカースタイルを どんどん取り入れて、楽しんでいきたいです! プリーツスカートとは相性良し!レオパードスカートにヒールだと、エレガントになり過ぎてしまうので、スニーカーで外してみましたデニム合わせの時はローカットがバランス良し。赤コンは差し色に使えます。美女組No.159 RUIのブログ
  • ユニクロ(ユニクロ)の超人気コラボレーション・コレクション【Uniqlo U(ユニクロ ユー)】2019年春夏コレクションの発売日が、2019年2月1日(金)に決定しました!!! ユニクロ店舗およびオンラインストアで順次リリースされます。 ユニクロ ユーは、ラコステやエルメスといった世界を代表するブランドやメゾンのアーティスティックディレクターなどを歴任してきた超人気デザイナー、クリストフ・ルメールさんが率いる「ユニクロ パリ R&D センター」のデザイナーチームが提案するコレクション。 新しい素材や洗練された技術を取り入れながら、高機能で着心地のよい次世代型のベーシックウェアがそろうコレクションとして、毎シーズン大人気なんです♡コーデの妄想がはかどりまくり♡ 【ユニクロ ユー】2019春夏最新ルック10公開今シーズンの鮮やかな色彩を表現したダイナミックなプリントは、ユニクロ ユーのためだけに描き起こされた特別な柄。ワンピース、オープンカラーシャツ、ショートパンツ、ワンピースの3型で登場。上質な素材と美しいシルエットで大ヒットしたクルーネックTシャツは、コレクションを象徴する鮮やかなカラー バリエーションで、ウィメンズはなんと13色をラインナップ! さらに今シーズンは、肌ざわりの良い素材とリラックス感のあるボックスシルエットが特徴の新しいクルーネックTシャツが登場。2019年春夏の長袖トップスは「ビッグサイズ」が主流。ややハイネックに立ち上がった襟元やドロップショルダー、ゆとりのある袖、長めの裾リブで立体的に作られたきれい色のクルーネックトップスは、メンズライクなワイドパンツに合わせて。縫い目をなくした3Dニットワンピースがますます進化。デコルテのカッティングやバルーンスリーブ、ややウエストがシェイプされた形など、着るだけで体をきれいに見せてくれる工夫がいっぱい。シャツワンピースは、大きめの襟とややウエストがシェイプされたシルエットでスマートに着られそう! 写真のようにワイドパンツに重ね、重心を下に据えたコーディネートが流行しそうです。トレンチコートは、2018-19秋冬コレクションでも大好評だった撥水&防風&透湿性に優れたブロックテック素材を採用。大きめにゆるっと羽織るのがトレンドです。通勤用のセットアップも、チェスターコートシルエットのロング丈ジャケット&ワイドパンツに更新してみては!? シャツもロング丈を選んで、重心を下に。身長の小さいSサイズさんでも意外とハマるバランスなんです!ワイドパンツもバリエーション豊富! いずれも脚長に見えるハイライズで、ややふんわりワイドシルエットなのが特徴。チノタイプからデニム、ベイカーパンツもあります!カットソーワンピースやミモレ丈のフレアスカートなど、着心地のよいデイリーウェアも豊富! また、大容量のナイロンバッグやベルクロサンダルなど、スポーツテイストのシューズ&バッグをミックスさせるコーデも流行りそう!シンプルでカッティングの美しいスイムウェアは、ビーチはもちろんエクササイズにもおすすめ。ビキニタイプとワンピースタイプの全6型がラインナップします。2019年春夏のユニクロ ユーは、深みのあるアースカラーや夏を彩るアクセントカラーなど、遊び心あふれるカラーパレットからインスピレーションを受けているそう。服のディテールやシンプルさを追求したワードローブと、いきいきとしたカラフルな色あいが印象的です。 一枚¥1000で大ヒットを記録したクルーネックTシャツ。ベーシックタイプはメンズ12色・ウィメンズ13色で展開しますが、なんと新型も登場。肌触りのよい素材とリラックス感あふれるボックスシルエットが特徴です。また、今シーズンの鮮やかな色彩を表現したダイナミックなオリジナルプリントのワンピースやオープンカラーシャツ、縫い目をなくして立体的に編み上げたスイムウェアなど、より進化したアイテムもいっぱい! デザインを一新したロゴとともに、再び私たちの気分を高めてくれそうです♡メンズアイテムにも注目! クリストフさんお気に入りルックはこちらユニクロ ユーはメンズコレクションにも要注目! 大きめのサイズ感を女性がまとうことで抜群に今っぽいコーディネートが楽しめますし、メンズでは初登場となるリネンシャツを女性が着てもOK。あざやかな遊び心あふれるきれい色とエッセンシャルなワードローブが融合した珠玉のコレクションです。ぜひ、ジェンダーレスな着こなしをお楽しみください。【Uniqlo U(ユニクロ ユー)2019年春夏コレクション 予定価格】 アウター/¥4990〜¥14900 ワンピース/¥1990〜¥4990 パンツ/¥2990〜¥3990 スイムウエア/¥990〜¥2990 スカート/¥2990〜¥3990 シューズ/¥2990〜¥5990 シャツ/¥1990〜¥3990 バッグ/¥1990〜¥3990 カットソー/¥1000〜¥4990 グッズ/¥1990 ニット/¥1990〜¥5990【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】スペシャルサイトはこちら【合わせて読みたい】ユニクロ(UNIQLO)2019春夏最新情報記事はこちら取材・文/沖島麻美 ※一部商品は12月中旬より先行発売、および4月中旬より発売予定。また、価格帯は2018年12月中旬時点の計画であり変更の可能性があります。
  • 毎日の着こなしをたちまちエレガントに洗練して見せてくれる、そんな大人が頼れるジュエリーの楽しみ方をトレンドに沿ってご紹介。かしこまりすぎないデザイン性の高いパールなら、アラフィーに必要な品のよい輝きを洒脱に足せる。大人のパールは、信頼のブランドから選んで。1.TASAKI老舗でありながら、NYの新鋭デザイナーを起用し、次々と斬新なパールを誕生させているタサキ。なかでも人気は、パールを直線的に並べた「balance」シリーズ。ラインに長さをもたせたピアスは、王道のひと粒パールでは出せないクリーン&モダンなニュアンスで顔まわりを彩り、着こなしをブラッシュアップ。ピアス「バランス アイコニック」(あこや真珠×YG)¥660,000・リング「バランス ネオ」(あこや真珠×YG)¥150,000/TASAKI ワンピース¥38,000/サードマガジン2.Hirotakaパール美を辛口に仕上げるため、試行錯誤してたどりついたアートピース風のこなれリング。日本のアコヤパール、大粒な南洋パール、タヒチでとれるブラックパール、それぞれが魅力的。リング〈人さし指〉(南洋パール×YG×D)¥68,000・〈中指〉(タヒチアンパール×YG×D)¥83,000・〈薬指〉(アコヤパール×YG×D)¥68,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) シャツ¥39,000/アマン(アンスクリア)3.Bon Magique上質な天然石を使い、日本人デザイナーらしいデリケートな感性で一点一点ハンドメイドで仕上げられるジュエリー。ブランドの代表的な素材であるパールも、少しいびつで色調もさまざま。それゆえに個性豊かで、かしこまったパールのイメージを覆す新鮮さが、大人に洗練された輝きをプラスしてくれる。ピアス(南洋バロックパール×YG)¥98,000・ネックレス(南洋バロックパール×PT)¥550,000/ボン マジック他の画像を見るeclat1月号掲載 撮影/長山一樹(S-14/モデル) 西原秀岳(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/LIZA 取材・文/東原妙子  ※略号は以下のとおり。SV=シルバー、YG=イエローゴールド、PT=プラチナ、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、D=ダイヤモンド。
  • 11月&12月はボルドーやエンジなど、くすんだ赤が俄然着たくなる不思議! 編集部の方やメンバーの皆さんと初めてお会いする美女組キックオフ会が12/1にあると聞いて、何を着て行こうと考えた時、わりとすぐ決まったのがボルドー系のコーデがいいな、ということ。 というのも、オシャレな方々が集まるのはもう確実だったので、オシャレしました!っとなると服につられて緊張しちゃいそうなので、あまり気負わない感じでいきたいなと思ったのがまずひとつ。 そして、私は洋服に限らずカラーものが好きで、割と今日は○○色の気分!というのがコーデの軸になることも多いのですが、なぜか毎年、11月&12月のクリスマスを意識する時期に赤やボルドーを着たい気分になります。そして新年を迎えるとその気分はどこへやら……という流れをここ数年繰り返しています。 ですが、手持ちの厚い赤ニットだとカジュアルすぎるし、そもそも今年は暖かいのでせっかくならまだ薄着でいきたい‥‥‥会場も東京ガーデンテラス紀尾井町の中のレストランだったので、ちょっとおめかし感が欲しい、という流れでボルドー系に決定しました。メインは今年の1月に購入したZARAのブラウス&スカートに。ドット柄でちょっとレトロなので足元はRoger Vivierにしました。このスカートとブラウスは、別売りでしたが同生地なので、セットアップみたいに着れる!と思い購入したもの。 ですが、実際に着てみて、この単品でもワンピ風にも着られるセットを持っておくと、とっても使い勝手が良いことに気づきました。 寒い時期のオシャレ用ワンピースって、大人になるとやっぱり「袖」が欲しいですよね。 寒さがほんとに身に応える年齢なので、我慢して袖なしワンピ&さらっと肩掛けアウターでは、冷え性としてはイマイチ不安。 かといって長袖/ちょっとドレスアップ感もあるデザイン/体型や好みに合うサイズ感、の三拍子揃ったワンピースを急に探すとなると、これまた大変。欲しい時には見つからなかったりします。 その点、セットアップとしても着られるブラウス&スカートの組み合わせなら、単品としても着られるし、トレンドに左右されにくくコーデでなんとかなったり。そして着心地の面でも◎。キレイめなカジュアルにしたい時、ボウタイブラウスは便利です単品それぞれとしても、ボウタイブラウスの方はちょっとクラシカルな雰囲気なので、デニムと合わせてきれいめ寄りのカジュアルコーデとして着たり。 スカートはハイウエストなので、トップスをインして着るような旬のコーデにも使いやすく、コットンTシャツに合わせて、スカートのとろみ素材とのミックスコーデとして着たりしていました。 ブラウスとスカートのセットって、これが初めてだったのですが、大人の女性には使えるシーンが多い!と気づき、またお気に入りの上下やセットアップが見つかったら、迷わず買っておこうと思っています。同じテーブルで仲良くなった同期のみなさんと♥そして、肝心のキックオフ会はとっても楽しかったです♥ この年齢になると、お仕事でお会いするでもなく、昔からの友人でもなく、ママ友でもなく、ファッションやビューティーが好き、という共通点がある女性に出会えることってほぼ無いので、それがすごく嬉しかったし、新鮮でした。 そして何を食べても美味しかったことに二重の嬉しさ!日本人としては致命的に生の魚介類が苦手なのですが、サーモンだけは大好き。アンチエイジングにも効果が高いそうで、チャンスがあれば常に食べたいところなので、このマリネは嬉しい!あとはテンションの上がる赤身肉!不足しがちな鉄分も摂れる赤身肉も、女性におすすめの食材と言われていますよね。 私も実際にサーモンと赤身肉なんて♥と嬉しかったですし、メニューにもアラフォー女性向けのこだわりや喜ぶポイントが反映されているんだろうな……メニュー表にもMarisolって書いてあるしオリジナルコースなのかな?この感度の高さってすごいなあ、とか一人でブツブツと考えてしまいました。 Marisol編集部の方のお話を聞いてすごくワクワクしましたし、新しいことってやっぱり楽しみ!せっかくこんな機会を頂いたので、微力も微力ですが、少しでも何かのお役に立てるような情報を発信できるよう頑張ろうと思いました。 貴重な機会をありがとうございました! お土産で頂いたダヴィネスのシャンプー&トリートメント。Made in ITALYだそうです。 おすすめの使い方の通り、頭皮から毛先までしっかり揉み込み、5~10分置いて、その後頭皮マッサージしながら洗い流すと、すごく浸透した感じでツルツルに。手書き風のウミガメ?風パッケージも私としては好きなポイントです。 シャンプーの泡立ちも細かくて、香りもすごく好みで良かったので、後から確認したらベルガモットとユーカリ、すずらんでした。かなり癒されるので、寒い冬のゆっくりバスタイムにぜひ♥美女組No.166 machikoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND