マルジェラからブシュロンまで。モードラバーがみるべき、眼福展覧会

SPUR.JP

あけましておめでとうございます。今年もミナコラムで、インターナショナルな最新情報をお見逃しなく!2018年初回は、パリで今年前半見るべきモードな展覧会をまとめてみました。

1.黒猫がブシュロンのジュエリーをガイド
既にスタートしていてるのはハイジュエラー、ブシュロンの創業160周年を記念する「ヴァンドラマ」。緑に溢れ、かつコンテンポラリーな演出は、最新テクノロージを駆使した“拡張現実”のおまけ付き。あらかじめダウンロードしたVendôramaのアプリを開き、各ブースにてスマホでコードを読み取ると、メゾンのマスコットである黒猫が展覧会をガイドしてくれる、という設定です。「Vendôrama」展は 1/12〜1/28、Monnaie de Parisにて。4 ter, rue Guénégaud 75006 Paris

2.服の彫刻家、アズディン・アライアの軌跡
来たるオートクチュール週間にオープンするのは、“服の彫刻家”と呼ばれて独自のスタンスを保ちつつ、11月に急逝したアズディン・アライアのミニ回顧展 “私はクチュリエ”。彼自身の作品や、彼のアート・コレクションの数々を管理、編集、公開することを目的とした「アライア財団」オープンに先駆けてのイベントは、アイコニックな35点のアライア作品で。「Azzedine Alaïa “Je suis couturier”」展は 1/22〜6/10、 Azzedine Alaïaにて。 8, rue de la Verrerie 75004 Paris

3.マルジェラの革新性に再び驚く
さて、ガリエラ衣装美術館の改装オープンを記念するのは、'09年に自身の名を冠したメゾンをあとにしてモード界を離れたマルタン・マルジェラ初の回顧展。「アーチザナル」や「レプリカ」ラインを含め、本展では100体あまりのルック、ショーのビデオ、アーカイブズ、インスタレーションで多角的に、モードと言う枠を超えたマルジェラの革新性を物語っています。「Margiela / Galliera 1989-2009」展は 3/3 〜7/15、 Palais Galliera, Musée de la Mode de la Ville de Parisにて。 10, Avenue Pierre 1er de Serbie 750016 Paris

4.エルメス時代のマルジェラ
これに続いてパリ装飾美術館では、“エルメス時代のマルジエラ”展が。昨年春にアントワープのMOMUで開催されて話題となり、本誌’17年7月号でもフィーチャーされた展覧会です。「Margiela: The Hermès Years」展は 3/22 〜9/2、 Musée des Arts Décoratifsにて。 107, rue de Rivoli 75001

5.アーティストによるジュエリーって?
そして同美術館のモード部門と反対側のスペースでは“カルダーからクーンズまで”を副題に、アーティストによるジュエリーが大集合。アート・コレクター、ダイアン・ヴェネットのコレクションに著名美術館からの貸し出しも加えた230点あまりから成る本展では、フランク・ステラ、ルイーズ・ブルジョワなど近代〜現代の作品が、身近なサイズで楽しめます。
「De Calder à Koons, Bijoux d'Artistes」展は 3/7 〜7/8、 にて。 107, rue de Rivoli 75001

 

「Vendôrama」展よりブシュロンのハイジュエリー、2017年の「冬の皇帝」コレクションからのリングとデザイン画、そしてアトリエで製作に使用されたツール。

「Je suis Couturier」展より、アズディン・アライア(1990年)。撮影はスノウドン卿。

アズディン・アライア最後のコレクションとなってしまったランウェイは、昨年7月に発表された。トップとラストを飾ったのは、長年彼をパパと呼んで慕っていたナオミ・キャンベル(右)。

「Margiela / Galliera 1989-2009」展より。左:47展の磁器と陶器の破片にメタルをあしらったベスト(’89-‘90年秋冬) © Julien Vidal / Galliera / Roger-Viollet  右:ウィッグのベスト(’08-‘09年“アーチザナル”コレクション、’09年春夏プレタポルテ) © Stéphane Piera / Galliera / Roger-Viollet

「Margiela / Galliera 1989-2009」展より。左:リボンで仕立てた指輪(’89-‘90年秋冬)  右・:グラフィティを描いたレザーとコットンのタビブーツ(‘91年) 共に© Françoise Cochennec / Galliera / Roger-Viollet

「Margiela, The Hermes years」展示作品より。スカーフ、ニット、パンツ、ブーツを合わせ、3つの着方で見せたコットン・ギャバジンのトレンチ。(‘03年春夏) Photo: Stany Dederen

「Margiela, The Hermes years」展示作品より。‘Le porte vêtement’と呼ばれる、服の持ち運び用レザー・ストラップ。左のジャケット(Photo:Monica Ho)をここにくるんで見せたランウェイ(Photo:Marina Faust)は ‘00年春夏。

「Bijoux d'Artistes」展より。パブロ・ピカソによるゴールドのペンダント Le Grand Faune(‘73 年) François Hugoによる複製20点のうち3/20 (Collection Diane Venet) © Sherry Griffin, Brooklyn

「Bijoux d'Artistes」展より。左:ニキ・ド・サンファルによるエナメルのブローチNana(‘73年) Gem Montebello による複製(Collection Marina Karella )© Sherry Griffin, Brooklyn  右:サルヴァドール・ダリによる時計と櫛が一体となった、ゴールドとエナメルのスプーン・ブローチ(‘57年) Collection Diane Venet © Philippe Servent, Paris

関連記事
  • アクネ ストゥディオズの世界観をインテリアでも表現できる! アイコニックなスカーフを用いたリミテッドホームインテリアアイテムが登場。アクネ ストゥディオズのスカーフから製作されたオーバーサイズブランケットや大小のピローケース、スカーフのデザインにインスパイアされたマグカップがデビューした。 「オーバーサイズブランケット」¥71,000、「ピローケース(小)」¥32,000 200×215cmのオーバーサイズブランケットは、端だけでなくパッチワークのはぎ合わせ部分にもところどころにフリンジがついた、カラフルで楽しいデザインが特徴。また、50×90cmの長方形のピローケースや、50×50cmの正方形のピローケースもパッチワークデザインで、縁の一部にフリンジが施されている。チェックやストライプ、無地、それに淡いグラデーションの部分などが絶妙のバランスで組み合わされていて、部屋に招き入れればシンプルな空間が遊び心溢れるものになること請け合い。ブランドロゴが手仕事タッチでステッチされていたりのも楽しい。 「ピローケース(大)」¥52,000、「マグカップ」¥14,000  一方、ハンドメイドのマグカップは同じくアクネ ストゥディオズのスカーフにインスパイアされた、さまざまな色がプリントされたもの。カップ本体とハンドルの色のコントラストが特徴だ。コーヒーを飲むのにぴったりのものから、スープなどを入れても良さそうな平らなものまで、高さ違いのデザインが3種類。いずれも手に馴染む。これらのインテリアアイテムはオンラインショップと限定店舗で販売。いずれもリミテッドエディションなので、アクネ ストゥディオズ好きは急いで!アクネ ストゥディオズhttps://www.acnestudios.com/jp/ja/hometext : Shiyo Yamashita
  • 睡眠欲と食欲のうち、どちらが強いかと聞かれれば、間違いなく「食欲」と答えます。それは子どもの時も同じで、絵本にお菓子が出てきては、どんな味なのか想像をめぐらしていました。例えば「パンケーキ」。母が作ってくれるホットケーキと似ているけれど、どう違うんだろう、とか、「りんご」は、この主人公は直接かじって食べているけれど、果たして包丁で切って食べるときよりもおいしいのだろうか、とか……。そんな子どもの頃の自分にとって、最も不思議な食べ物が「すみれ味のキャンディ」でした。咲いているすみれはもちろん見たことはあるけれど、これは果たして食べられるの?、しかもおいしいの?と疑問符で頭がいっぱいになったのを覚えています。 その答えをくれたのがアニス・ド・フラヴィニーのバイオレットのキャンディ。今でこそ日本でも買えますが、学生の頃は海外でしか買えず、初めて食べた時は衝撃を受けました。なんとも言えない良い香りとともにほんのり苦味が漂っていたからです。予想していたよりもぐっとほろ苦い味わいに驚きながらも、ついに子どもの頃に夢見た味に出合えた喜びを噛み締めました。 ちなみに江國香織さんの詩集『すみれの花の砂糖づけ』(新潮文庫)に出合ったのも同じ頃。この詩集の最初に編まれた「すみれの花の砂糖づけをたべると/私はたちまち少女にもどる/だれのものでもなかったあたし」という短い詩「だれのものでもなかったあたし」は、作家の手にかかると、お菓子を語るのひとつとっても、こんなにもきらきらとした言葉になるんだ、ということを教えてくれた作品です。 話は飛んで、先月パリに行ったのですが、偶然アニスのバイオレットキャディを見つけました。以来、久しぶりにこのキャンディをなめているのですが、すると、自分自身の子どもの頃の思い出と江國さんの詩集を読んだ思い出が一気に駆けめぐり、「私はたちまち少女にもどる」感覚に。ふと気持ちを落ち着けたいとき、フレッシュな気持ちを感じたいときに、ぜひ食べてみてください。アニスの公式HPによると、2粒を同時に口に入れじっくり溶かすようにしてなめるのが、おいしく食べるコツだそうですよ。
  • 「厚着になる冬こそ、スニーカーが大活躍」というこの特集。激しく同意です。マリソル美女の皆さま、こんにちは。 1月号で大人スニーカーの特集がありましたね↓ アウターが厚みを持つこの季節が、一番スニーカーが似合うと私自身ずっと思っておりまして。 記事の通り、 チェスターコートでも、ダッフルでも、ダウンでも。 モードシックでも、通勤コーデでも。 丁度良くバランスが取れるので、冬はよくスニーカーを選びます。 このニューバランス247のブラックは適度に厚みのあるソールと、足先のすっとスマートな形状。 Nの字までブラックで、カジュアル過ぎず本当に何にでも合います。 シリーズによりますが、価格もお手頃。 普段スニーカーを履かず、1足持っておきたいという方(そう、それは私)にも、 本当にオススメです〜! >> NewBalance公式サイトはこちら>>>no.152 Natsuki Instagramはこちら♡♡美女組No.152 Natsukiのブログ
  • LEEオフィシャルブロガー100人隊のブログより、今もっともHOTな4記事をお届けします。 今回は服からクリスマス関連アイテムまで、お買い物クリップが4記事揃いました! <今日のお買い物> ■008 なもさん「顔色アップの12closetニットと、リヨンちゃんとデートのお話」 008 なもさん 【福田麻琴さんコラボ】【洗える】Aラインホールガーメントニットを購入しました。 LEEパーティのとき、LEEマルシェ試着コーナーに置いてあるニットのピンク色が鮮やかで「あんな色のニットを着てみたいなぁ」と一目ぼれしたのですが、パーティでは勇気がなく試着せず……。 が、12月の上旬、mieちゃんに誘ってもらったFLAGSHOPのイベントで試着するチャンスが……着てみると、やっぱり可愛い! 一目ぼれしたピンクか、穏やかなブルーか悩んでいたら、mieちゃんが「絶対ピンク」と後押ししてくれました、mieちゃんありがとう。 前置きが長くなりましたが、一目ぼれしてよかったなぁと思えるニットでした。 008 なもさん 縫い目の出ないホールガーメント機(初めて知りました!)で編まれているそうです。ふんわりとしたシルエットもとても好み。 LEEマルシェの商品ページで「さし色効果&顔映りのよさに惹かれたピンク」と福田さんのコメントが掲載されています。 もうほんとにこれ1枚着るだけで、顔色がぱっと明るくなっている気がします! 疲れてる?と言われることが多いのが悩みのわたしにぴったりです。 かわいらしいピンクですが、上品さがある色味で、30代後半で着ても大丈夫(……なはず・笑)。自分自身も嬉しい気分になれています!デニム、チノ、細身のパンツ、コットンスカートと何にも合います。 008 なもさん こちらのニットを着て最初にお出かけした先は……LEE100人隊No.015 リヨンちゃんとのデート♪ 日が落ちてダウンライトになったカフェでも映えるピンクのニット。 リヨンちゃんに撮ってもらいました。 三菱一号館美術館Café1894、明治のノスタルジックさとクリスマスの雰囲気が何とも洒落ていて大人な空間(の中で気取りまくりで失礼しました)。 ◇編集部スタッフにも大人気のニットを購入したなもさん。ピンクの色味が絶妙で、とってもお似合いです。 【なもさん】 <暮らし発見> ■TB はぐさん「tomoko ogawa calender 2019」   TB はぐさん 憧れの100人隊先輩隊員さん ogawaさんのカレンダー。 TBミワコちゃんもUPされていましたね♡ 福岡で開催された個展に、卒業生のmarokoちゃん、ふうこちゃんと行ってきました。私が100人隊になる前から憧れていたogawaさん。 はじめましてだったのですが、透明感に溢れたそれはそれは素敵な方でした。 欲しかったイラストは完売してしまっていたので、カレンダーを購入させて頂きました。 とても繊細なイラストが大好きです♡ ogawaさんのイメージそのもの♡ あ~素敵♡ お部屋の雰囲気を優しくしてくれます。 ◇憧れ卒業生・作のカレンダーを購入したはぐさん。毎年買うという隊員も多い人気アイテムです。 【はぐさん】 <今日のお買い物> ■031 azusaさん「逆さツリーとクリスタルオーナメント」 031 azusaさん めっきり寒くなってきましたね。生後5か月になる次男と過ごすお家時間も長くなってきたので、家の中もクリスマス仕様にしてみました。 恵比寿のアトレに入っているB-Companyで一目ぼれした逆さツリーとクリスタルオーナメントをダイニングテーブルの片隅に。 031 azusaさん クリスマスのオーナメントが吊るしやすい、りんごの木をイメージしたLEDツリー。 枝の中にワイヤーが入っていて自由にアレンジが可能です。ハンギングで飾る場所が思いつかなかったので花瓶代わりにしているIKEAの水差しに入れて、同じショップで見つけたクリスタルオーナメントで飾り付けをしました。 031 azusaさん 逆さツリーの枝先のLEDライトが8種のパターンでキラキラ輝き、その光でクリスタルオーナメントが煌めいて、ちょっとした癒しの空間になっています。 ◇枝のツリーも雰囲気があってとっても素敵ですね! 【azusaさん】 <月刊トップブロガー> ■TB ミワコさん「無印良品の軽くて着やすいブルゾン」 TB ミワコさん 無印良品のフレンチウール混ニットブルゾン。 今年は、コートは買わないつもりでしたが、11月にコートがお題に出てから気になって仕方なく……。 そんな時に、お店でふらーっと見ていて、目に留まり、一目ぼれしました。 お値段もリーズナブルで、生地感が好み。軽くて着やすく、仕事の日に、ジャケットの上から着ても、もたもたしないのも有難い。 ノーカラーの首回りが今年らしくて、休みの日も嬉しく着ています。 TB ミワコさん ストールを取ると、こんな感じです。40代は、軽さと着やすさが大事。 ◇ラストはミワコさんの無印良品購入品。品薄アイテムのようですが、店頭で見かけたらぜひチェックを! 【ミワコさん】
  • ロマンティックとリアリティの両方を追求する新進ブランドが多数 2 BURBERRY リカルド・ティッシによる新生バーバリー。「キングダム」と題し、あらゆる世代に服を提案3 CHRISTOPHER KANE 「Sex in Nature」がキーワード。ビッグビジューのトップスとデニムの組み合わせが新鮮4 ERDEM ドレスアップすることで心が解き放たれるパワーに注目。華やかなヴィクトリアンドレス5 HOUSE OF HOLLAND パフォーマンスウェアとストリートウェアの融合を実現。ジャケットにテクニカルベストを6 JW ANDERSON 軽やかなストライプドレスにレースの襟を。彫刻家リンダ・ベングリスにオマージュを捧げて7 MARGARET HOWELL シャツを軸にスポーティなフィーリングを取り入れた。カーキのショートパンツがキュート8 MARY KATRANTZOU ブランドデビュー10周年を記念したレトロスペクティブなショー。アーカイブを昇華した9 MM6 MAISON MARGIELA ファッションが持つ社会的責任に言及。チャリティや古着(不用品)がコンセプト10 MOLLY GODDARD マーケットがショーの舞台。アイコニックなチュールドレスは可憐なギンガムチェックに11 NABIL NAYAL 2017年のLVMHプライズ ファイナリストになり注目を集める。ヴィクトリア朝が着想源12 NATASHA ZINKO ラングラーの協力のもと、ヴィンテージデニムを再構築。サステイナブルなモードを提案13 NICHOLAS KIRKWOOD ロンドンで初となるショー形式の新作発表。TVをモチーフにデジタル時代の反骨精神を表現14 PORTS 1961 夏の開放的なムードを反映。カラフルなチェックにワークパンツを合わせてイージーに15 REJINA PYO ノスタルジックなポルカドットのドレスで甘い夢を。美しい混沌をファッションに託して16 RICHARD QUINN ファーストルックはオールブラックのドレス。プリントを得意とするブランドの新境地を見せた17 ROKSANDA ベルトを巻いたオーバーサイズのブレザーがキーアイテム。エレガントな日常着が揃う18 SIMONE ROCHA デザイナー自身のルーツである中国に思いを馳せて。清王朝の女性のプリントや刺しゅうが登場19 TOGA サイクリングパンツにロココ調のプリントを。世界の都市で目にするさまざまな情景を取り入れた20 VICTORIA BECKHAM ブランド創立10周年を記念して、初めて祖国でショーを開催。モダンウーマンのための服
  • 女性がリラックスして着られるロマンティックなウェアが主流 2 AKRIS ルーマニアの現代アーティスト、ジェタ・ブラテスクの作品とコラボレートした3 ANDREAS KRONTHALER FOR VIVIENNE WESTWOOD 着想源はアフガニスタンのスケーターと家具や調度品をまとめたリッツホテルのカタログ4 A.P.C. ロカビリーテイストを匂わせた今シーズン。スカーフもセットアップと同じレオパード柄で統一5 BALENCIAGA 3Dモールディング技術を採用したドレス。胸部は膨らみ、肩はラグランスリーブを誇張6 BALMAIN パリにおけるエジプト建築に着想。グラフィカルなシェイプや、ガラスパネルにその片鱗が7 CELINE 70年代後半の音楽ムーブメント、Cold Waveの影響が、スクエア形のテーパードパンツに表れる8 CHANEL ベアドレスのストラップには貝殻ビーズが。プレキシガラスのローヒールミュールを携えて9 CHLOÉ 日を浴びて旅に出る現代のヒッピーを表現。バイアスカットのドレスの色は陶器から引用10 COMME des GARÇONS キーワードは、「シンプルをデザインする」。いびつなシェイプはコブつきボディスーツで実現11 COURRÈGES アンドレ・クレージュの歴史に敬意を払い、ビニール素材やロゴ入りタイツをモダンに昇華12 CYCLAS サマーウールのセンタープレスパンツに、ビスコースのエプロンが女性らしい趣を添える13 DIOR チュールを編んだメッシュドレス。ショーのダンスの演出は振付師シャロン・エイアルが指揮14 DRIES VAN NOTEN ワークウェアとクチュールを融合。ジャンプスーツを、羽根飾りやビーズメッシュが華やかに15 GIVENCHY 男性性と女性性をミラーリング。テーラードジャケットは、小さめの肩と袖の折り目が新しい16 GUCCI 冒頭にホラー映画『A Charlie Parker』(’70)を上映。ラテックストップスにいちごパターンを衝突17 HERMÈS テーマは乗馬と航海の世界。ラムレザーに目の覚めるようなオレンジ色をのせて快活に18 ISABEL MARANT アシッドウォッシュデニムやラメドレスは70年代NYにあったクラブ、スタジオ54に着想19 ISSEY MIYAKE パンをこねるように形を変えられる布、DOUGH DOUGHを用いた帽子は自由に変形する20 JACQUEMUS イタリア大使館の庭で行われたショー。極端に大きなストローバッグに視線が集中21 JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS デニムを用いてパンキッシュなルックを構築。何本ものジーンズをつなげたドレスも登場22 KOCHÉ アフリカや日本、インドなどさまざまな地域の民族衣装をミックスし多様性を追求した23 LEMAIRE タイダイ染めやたっぷりと布を使った量感のあるシルエットが多々。遊牧民を思わせる装いだ24 LOEWE 会場は、ロンドンに60年代に存在した実験ギャラリーを再現。絞りや編みの技術を取り入れた25 LOUIS VUITTON 冒険家がはるか彼方への遠征で手に入れた記念品を想起させる装飾。SF的な雰囲気も26 MAISON MARGIELA 特定の性別に紐づいた服(スカートなど)を開放し、ジェンダーレスなアイテムに再解釈した27 MARINE SERRE F1をイメージソースに未来の服を提案。既存の服を用いたアップサイクル・ウェアも多数28 MARQUES' ALMEIDA 今季、デザイナーは自分たちの原点であるポルトガルに立ち返った。シルエットにその趣が29 MIU MIU 20年代や50年代のクラシックなスタイルに着想。毒のあるフェミニニティを存分に発揮した30 NOIR KEI NINOMIYA 細いワイヤーによって、PVCのフリルは力強く波打つ。綿毛のヘアは今回も東信が担当31 OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ ショーにはアスリートが8人登場。ナイキの靴下を貼り合わせたレギンスなど主軸はスポーツ32 PACO RABANNE 壁紙のような花柄をのせたシルクパンツに、げたサンダル。東洋と西洋が心地よく調和する33 ROCHAS プレーンながら、パターンの美しさがわかるコート。裾からフェザーがドラマティックに揺れる34 SACAI 起点はミリタリーウェア。左右非対称に異素材を掛け合わせ新しいシルエットを探求した35 SAINT LAURENT デヴィッド・ボウイやジミ・ヘンドリックスといったアイコンから得たテイストをちりばめて36 SONIA RYKIEL ショー当日、ソニア・リキエル通りと命名された道がランウェイに。パリ市民の生活に着想37 STELLA McCARTNEY サステイナブルビスコースを用いたルレックス生地のドレスは、空気をはらんで体を包み込む38 THOM BROWNE 海の生き物やフルーツなど楽観的なムードのスタイルに、マスクや拘束着で冷酷さを加えた39 VALENTINO 巨大な麦わら帽、マラケシュに着想を得た色、花鳥風月の柄がファッションの夢へと誘う40 Y/PROJECT ベーシックなアイテムに、未知のモチーフやアクセサリーを掛け合わせ、意表をついた41 YOHJI YAMAMOTO ラブソングをテーマに、ゆとりがありながらセンシュアリティを漂わせる服を展開した
  • クラフツマンシップを活かしつつスポーティな仕上がりに 2 ALBERTA FERRETTI ドリーミーなドレスから、機能的なジャケットまで。女性の冒険心を託した3 ANTEPRIMA テーマは「Swing」。夏空を駆けるようなムードが軽快。ワンピースもPVC素材で軽やかに4 BLUMARINE ドレスとアクティブウェアを融合。蛍光のロゴ入りスパンデックスに繊細なレースをオン5 DOLCE& GABBANA ブラックやフラワーなどブランドのDNAに回帰。華やかなブラウスにロマンスを宿して6 EMPORIO ARMANI リナーテ空港の格納庫でショーを開催。スポーティな要素をチュールのパンツでハズした7 ERMANNO SCERVINO フューチャリスティック・レトロを掲げ、クラシックな装いを斬新にアップデート8 ETRO サーフカルチャーに着想を得た、楽観的な女性像。ペイズリーのレイヤードは迫力満点9 FENDI 都会のジャングルを舞台に、機能性とエキゾチックな要素を盛り込む。ポケットが象徴的10 GIORGIO ARMANI 流れ揺らめく色を起点に。軽やかなブルーやメタリックなテクスチャーが幻想的だ11 JIL SANDER アスリートのユニフォームやワークウェアを再解釈。レザーグッズもバリエーション豊富12 MARNI 古代から現代までアートの中の美を服に落とし込む。絵の具や彫刻のプリントを大胆に13 MAX MARA 神話や伝説の女神をモチーフに、豊穣な大地を思わせるアースカラーをまとった14 MISSONI 細い糸を手作業で編んだ繊細なドレスに包まれて。リラクシングなワードローブを展開15 MOSCHINO 未完成のスケッチのようなプリントで、ファッションのせわしなさをダイレクトに伝える16 MSGM 夢と現実の境を映すのはぼやけたフラワープリントやアシッドなカラーパレットだ17 N°21 ソリッドな色使いと素材の選定にフォーカス。他の要素はそぎ落としてストイックにまとめた18 PHILOSOPHY DI LORENZO SERAFINI 今季は「ボヘミアン・オアシス」の旅へ。フリルやトラウザーをノマドライクに19 PRADA Aラインのワンピースやナイロン素材などミウッチャが好きな要素を未来的に昇華20 SALVATORE FERRAGAMO アーカイブに息づく伝統をモダンに更新。ワークウェアも最高級の素材でエレガントに21 SPORTMAX パーカシャツやネオプレン素材がビーチへ誘う。足もとは裸足かフラットで快適に22 TOD'S イタリアらしい洗練されたワードローブを刷新。海の生き物やハートなど遊び心が随所に23 VERSACE プリント・オン・プリントが際立つスキニーなパワールックがブランドらしい
  • おしゃれなスタイルでワクワクさせてくれる人気スタイリスト辻直子さん。彼女がこの冬、訪れたのはのドイツ・ベルリン♡ ギャラリー・美術館巡りを中心にアクティブに過ごした5日間の旅のワードローブを拝見しました! 【スタイリスト辻直子さん】 "らしさ”のあるセンスあふれるコンサバかつモダンなスタイリングが絶大な支持を得る。本誌連載をはじめブランドディレクションなど多方面で活躍。旅先のファッションも、目的に合わせた自分らしいスタイルが素敵!色、素材、フォルムで余韻を残すワードローブDay1 ブライトカラーニットを主役にショッピングへ メンズを中心にいろいろなお店を回りました。ヨーロッパの街は石造りで落ち着いているので、派手なものが着たくて。多色使いのニットに赤いバッグ、デニム合わせでカジュアルにまとめました。Day2 夜遊びは軽快に。毛皮×Tシャツが定番 夜遊びの予定がある日は、軽快なスタイルで。アウターを脱いだらTシャツという、なんてことない格好が好きです。ショートボトムにニーハイブーツでアクティブに。色はシックな黒でまとめます。Day3 肩ひじ張らないニットワンピでディナー ディナースタイルは、一緒に行く友人の雰囲気に合わせることが多いです。この日はあまりドレッシーにする感じではなかったので、ニットワンピースで。色や足もとのパールで華やかさが出るように。Day4 歩きやすさを重視してギャラリー巡り ギャラリーや美術館を巡る日には、着心地のいいニット×レギンス、足もとはヒール太めのブーツを。グリーンのファーブルゾンは羽織るだけで雰囲気が出るから、シンプルなスタイルにもぴったり。Day5 街歩きのときはラフだけど印象的な柄アウターを ほかの日とは少し違ったテンションで、インパクトがあるものを着たくて選んだアウター。どこかメンズライクで存在感のある柄が気に入っています。そのぶんボトムは極シンプルにスリムな黒パンツを。Column コートを着込んでも映える耳まわりのジュエリーを多めに コーデに合わせてジュエリーも替えたいので多めにセレクト。耳もとのジュエリーをはじめ、半袖になったときポイントになるバングルも必ず。ネックレスは、ニットの上にできるものを。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND