【今日のコーデ/土屋巴瑞季】コートのインに白シャツワンピを仕込んで、今日は季節を先取りしたい気分♪

DAILY MORE

アウター風の重ね着で休日のデニムカジュアルをリフレッシュ!

サーマル×デニムの気軽な休日スタイル。だけどいつものコートをそのままはおるだけじゃ普通すぎる。そんな時、手持ちのロングシャツワンピをインに仕込めば、軽やかさとリズムが生まれて、春らしい気分を先取りできる。カジュアル&メンズライクな着こなしの足もとには、パンプスで女らしさをひとさじ♡

コート¥24800・ピアス¥15000/チャオパニック・カントリーモール ワンピース¥32000/ヤエカ サーマルカットソー¥2200/ヘインズブランズ ジャパン パンツ¥7500/KBF+新宿ミロード店 靴¥36000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥22000/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店 リング¥18000/ヴァンドームヤマダ(ジルスチュアート) ベルト¥14000/ビームス ハウス丸の内

撮影/東 京祐 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高橋美帆

土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>>

MORE2018年2月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!

モア2月号


関連記事
  • ジルスチュアートから新作チークが登場!ジルスチュアートから新作チーク『ブレンドブラッシュブロッサム』が登場! この度"チークガール"に選出していただき、ひと足早く新作チークを体験させていただきました。ジルで人気のチークといえば、、まず、ジルといえば発色がよくて見た目もかわいいチークが大人気。 人気のチークをご紹介。 1位 ミックスブラッシュコンパクト(奥) theジルのイメージ。わたしも何個使ったことか、、。 やはり人気ナンバーワンなんだそうです。その日の気分でミックスしたりする楽しさもありますよね。そしてついているブラシがかわいい。 2位 オイルインブラッシュ(右) コチラは試したことはなかったのですが、オイルインということでツヤ感を楽しめるチークになっています。 たしかにミックスブラッシュは、つけすぎると粉っぽくなってしまうときもあったり、キラッとはするけどツヤ感はなかったので、ツヤ感を求める方に人気が出るのは頷ける、、!今回発売のブレンドブラッシュブロッサムは、1位と2位のチークをいいとこ取り! 右はミックスブラッシュの発色◎のチーク、左はツヤ感などを楽しめるオイルインブラッシュのパウダー。 左は品番によってはチークカラーだったりシェーディングやハイライトとして使えそうです! 気分によってミックスさせる楽しさは健在。そしてその日によってツヤ感を出したり出さなかったり。。ひとつでいろいろ楽しめます。他新作コスメもご紹介!★リボンクチュールアイズ またまた発色◎のアイカラーからも春の新作が!目でも楽しめる明るいカラーが中央に。周りのカラーも普段使いから楽しめて捨て色のないパレット。★リップブロッサム(左) ★リップブロッサムベルベット(右) 人気のミニミラーが付属したリップスティックから新作が2種類登場! うるっとした口元になれるリップブロッサムと、セミマットな質感になれるベルベット。 ベルベットのほうをつけましたがマット特有の乾燥はあまり気にならず、冬からでも使えそう。★ネイルクラッカー これまたかわいい春色なネイルクラッカー。ピンクはノンパール。 1月4日(金)発売!かわいい春コスメたちは年明けすぐ発売です。 2019年が楽しみになりますね! モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • 職業&年齢不問。気になる男性とのお出かけ以上デート未満は、“シンプルで女らしい”が鉄則。この季節ならニット+スカートが最強です!ニット+ロングスカートの王道コンサバで確実モテ♡スタイル3狙いすぎない女っぷりは"ぴたゆる”の緩急きかせたラインで見せる フィット感の高いリブニットとつやっとドラマチックなフレアスカートがシンプルながら抜群の女らしさを見せる。ニット¥19000/八木通商(ルトロワ) スカート¥26000/インターリブ(サクラ) リング¥8000/ジュエッテ パールリング¥54000/アイワ(カラットアー) スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) タイツ¥1300/タビオ バッグ¥75000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥46000/アマン(ペリーコ サニー)女らしいアイテムの組み合わせをベージュ&赤の華やかな配色でさらに盛り上げて 光沢感があるプリーツスカートは昼でも夜でも、時間を選ばずに着映えをかなえてくれる。合わせたベージュのニットも品のよさを底上げする。ニット¥15000/セルフォード 新宿ルミネ1店 スカート¥42800/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) コート¥230000/ebure ピアス(1個)¥23000/アイワ(カラットアー) リング¥128500/エナソルーナ神宮前本店 タイツ¥1300/タビオ バッグ¥16000(メゾン ヴァンサン)・靴¥62000(ネブローニ)/フラッパーズベージュのニットが品のよさを底上げする。ニット¥15000/セルフォード 新宿ルミネ1店 手に持っているコート¥230000/ebure ピアス(1個)¥23000/アイワ(カラットアー)ツインニットで行儀よく、タイトスカートで色気を足したバランスのいい美女感を実現 ニット¥2990・カーディガン¥2990/ユニクロ スカート¥13800/ナノ・ユニバース カスタマーサービス タイツ¥1200/タビオ ピアス¥85000・リング¥48000/エナソルーナ神宮前本店 細リング¥20000/ジュエッテ 時計¥78000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) バッグ¥135000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥25000/オゥ バニスター マロニエゲート銀座2店(オゥ バニスター)黒×カーキの組み合わせでほんのり辛口に振れば、こなれたムードも手に入る。ニット¥2990・カーディガン¥2990/ユニクロ スカート¥13800/ナノ・ユニバース カスタマーサービス タイツ¥1200/タビオ ピアス¥85000・リング¥48000/エナソルーナ神宮前本店 細リング¥20000/ジュエッテ 時計¥78000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) バッグ¥135000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥25000/オゥ バニスター マロニエゲート銀座2店(オゥ バニスター)撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/大政 絢 撮影協力/銀座 創龍 ※BAILA2019年1月号掲載
  • あの頃の自分と、都会での今を過ぎ行く景色の中でチューニング。チェック地の身頃とキルティングスリーブのコンビネーションで、ガウンのようなリラックスムードあふれるコクーンコートが主役。インにはロゴのグラフィックがシャープなシャツとハンカチーフヘムのスカートを合わせ、モードなスパイスも忘れない。 コート¥403,000・ブラウス¥216,000・スカート¥108,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>“変わらない風景、私を育ててくれた場所”
  • 学生時代に着ていたダッフルコート。大人になった今なら、ダブルカシミヤの上質な一着を選びたい。オーバーサイズが旬な表情。インには厚手のシルクタフタのギャザードレスを。深いグリーンが懐かしい故郷に私をなじませてくれる。 ドレス¥510,000・コート¥735,000・バッグ¥235,000・ブーツ¥141,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) その他/スタイリスト私物 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>“もうすぐ会える、大好きな家族に”
  • トップスに信頼感のある黒ニットを着るなら、そのぶんボトムで今の空気をプラスするのがオシャレっぽさをキープするコツ。甘め派にも辛め派にも有効な平日の鉄板セットで、憧れの素敵OLを目指して。あなたは甘めOLと辛めOLどっちタイプ?甘めOLは「黒ニット」に甘めボトムでアガる![黒タートルネックニット]×[淡色プリーツスカート] 余韻を残す揺れ感スカートで黒ニットもフワッとやさしげに 合わせを選ばないシンプルな黒タートルこそ、ボトム次第で印象を変えられる万能選手。そこに透明感のあるラベンダーのプリーツスカートを合わせれば、思わず振り返りたくなるほど魅力的なオーラをまとったフェミニンスタイルに。顔まわりを黒でシャープに引き締めることで、甘いパステルカラーも年相応のバランスに仕上がる。ニット¥22000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥48000/エストネーション(コート) ストール¥8800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ) バッグ¥295000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥122000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)辛めOLは「黒ニット」に辛めボトムでアガる![黒タートルネックニット]×[濃色テラコッタパンツ] とにかく使える黒タートルは旬のテラコッタ合わせで感度よく カッコよさのある女らしさを目ざす辛め派OLなら、黒タートルにムードのあるテラコッタワイドパンツでキリッと知的に見せて。ニット¥17000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) パンツ¥34000/アマン(マルゴー ロンバーグ) メガネ¥33000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ピアス¥19000/プリファー シップス ニュウマン新宿店(シンパシー オブ ソウルスタイル) 時計¥380000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー) リング¥23000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ベルト¥22000・バッグ¥175000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥52000/エストネーション(ジョンストンズ) 靴¥46000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ)撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/室井由美子(絵美里)、角田かおる(松島 花) モデル/絵美里、松島 花 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/カフェインホリック、ワーカホリック ※BAILA2019年1月号
  • 着る服に迷ったらこれ一択!忙しい私を救うワンピース仕事の追い込みも加速、人と会う予定も増え始める年末年始シーズン。急なアポイントが入った日や忙しくて頭が回らない朝にも“これさえあれば”と頼れる、「一枚でサマになる」ワンピースがアラフォーの強い味方に!Case.1 会食が入った!→会社ではリラックス、小物使いできれい見えするとろみワンピース日中のオフィスではストレスなく過ごせて、ディナーシーンではきちんと女っぽく見える「とろみ素材」がベスト! 小物使いで品を添えて。 ウエスト切り替えとプリーツの立体感が華奢なゴールド“一枚でサマ見え”を瞬時にかなえて 胸もとのVあきやブラウス風の袖など、会食でテーブルに座った時も品よく決まるディテールが満載。ワンピース¥54,000/ebure コート¥68,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ファースヌード¥59,000/コロネット(アバティ) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ストッキング¥2,300/ステッラ(ピエールマントゥー) 靴¥74,000/ジミー チュウONE MORE!華奢なゴールドジュエリーでツヤ足し仕事中も悪目立ちしない、華奢なジュエリーとスクエアフェイスの時計で「きちんときれい」な印象に仕上げて ピアス¥126,000・時計¥460,000・ブレスレット¥230,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) Case.2 レセプションパーティに出席!→1枚で決まる袖コンシャスワンピースノースリーブではなく、袖にデザイン性のあるワンピースなら仕事相手に好印象を与えながら華やかな場にふさわしい装いに。上品に広がるふんわり袖で"シンプルなのに素敵"な雰囲気にストンと落ちる素材のごくシンプルなワンピー りなビジューアクセが大活躍スも、袖がボリュームデザインになるだけでぐっと華やぐ。バックに入ったさりげないスリットで、控えめな肌見せ感も楽しんで。ワンピース(取りはずし可能なすそフェザーつき)¥68,000/アローブ ネックレス¥295,000/ハルミ ショールーム(オー) バッグ¥359,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥49,000/ウィム ガゼット青山店(ルチャーノ パドヴァン)他の画像を見る【Marisol1月号2019年】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/渡辺佳子
  • ボルドー色の美人なセットアップを可愛くカジュアルにハズすのが気分♪ラクしておしゃれで女っぽくて着回し力も抜群。さらにコスパまでいいボルドーのセットアップが冬じゅう大活躍♪ 夜デートの日は上下セットで上品なニットワンピ風に。着こなし自体はシンプルだから、アウターや小物で遊び心を出してみて。ギンガムチェックのコートやベレー帽でフレンチシックに味つけしたり、カジュアルな小物で抜け感を出したり。王道のきれいめよりもちょいハズすのが上級者っぽい!セットアップ¥5917/fifth コート¥8990/ROPÉ PICNIC 靴¥68000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥30000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ヴァジック) 帽子¥7800/ルーニィ イヤリング¥22500/スピック&スパン ルミネ新宿店(ソワリー)唐田えりかの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ ▼きれい色のコーデをもっと見る▼ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/唐田えりか(モア専属) スタイリスト/大平典子
  • 時を重ねても揺らぐことがない、クラシックな美しさを目指したブランドのドレスを身に纏って。先月、大好きな友人の結婚パーティーに出席しました。 華やかなパーティーは、いつぶりだろう♡ 招待状を受け取ったら、うきうきした気持ちとほぼ同時にめぐる、「何を着ていこう?」 脳内クローゼットの扉が開き、あれとこれと・・・そんな風に考える時間が悩ましくもあり、でも結局は楽しくて時間を忘れてしまうほどなのです。 今回は、パーティーにお誘いいただく機会があったらのぞいてみよう!と思っていたブランドで、とっても好みな1着と出合えたので、新調しました。 アラフォーだし、もっとシンプルなほうがいいかな?とほかのお店も見て回りましたが、これが今の自分に一番フィットする気がして。 petite robe noire(プティローブノアー)の「モンパルナスKIKIドレス」です。petite robe noireの中で定番の「KIKIドレス」を着た女性が、大人になったときに着るイメージでデザインされた今季のもので、ネイビーとブラックのカラーリングやロング丈が大人っぽく、レースやフリルのフェミニンなデザインがすごく好みです。 キャミソールドレスの使い勝手の良さは、インナーでイメージを変えられること。 美女組ランチ会では、白ブラウス(イエナ)にしました(写真左)。 こちらも定番の5連のコットンパールネックレスを合わせました。 懐かしいー!という方、いらっしゃいませんか? 7,8年前は雑誌で毎月見かけて、大好きでした。今、一周まわって(?)再び私の中で手が伸びるアイテムに。 結婚パーティーでは、オーガンジーブラウス(アダムエロペ)を(写真中)。 お店では、ボーダーであわせても可愛い!とオススメしていただきました(写真右)。 雰囲気自在で、1着あるといろんなシーンでこれからも活躍しそう。このドレスを購入後、仕事で国会議員のパーティー(!)に同行することになったり、美女組ランチ会のお知らせをいただいたり、パーティー運がぐっと高まり、この秋冬かなりの頻度で着ています。 ジャケットを羽織れば、ビジネスのパーティーにもOKでした! クリスマスもこれかな? ROCIOの木製クラッチバッグや、赤いネイル、ハイヒールなど、Marisolランチ会では、私の好きなものばかりを身に着けました。 同じテーブルだった、Marikoちゃん、kanaちゃん、machikoちゃんと。 petite robe noireは、UAやマルティニークなどセレクトショップでピアスなどがチェックできますが、ドレスも素敵なので直営店へぜひ。 今年初めて行くことができた恵比寿の本店は、雰囲気がとっても素敵でした! 関西は、うめだ阪急3Fにあります。店員さんも楽しく素敵な方ばかりで、ついのぞいてしまいます^^美女組No.167 hirokoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND