新たなチャレンジがしたくなる。奇跡の実話を映画化し、ドイツで大ヒット! 『5パーセントの奇跡 〜嘘から始まる素敵な人生〜』

DAILY MORE

乗り越えることが難しい出来事に直面したとき、人はいったん立ち止まって考えたり、他の方法を試したり、思いきってあきらめたりするもの。だって、真正面からぶつかって大ケガをするのはイヤだし、誰かに迷惑をかけたり、衝突することも避けたいから。それが賢い大人になることなのかもしれないけれど、この映画の主人公は真逆。先天性の病気によって突然視力を失うという悲劇に直面しながらも、夢を叶えるというピュアな思いを実現するため、まさに盲目的に、猪突猛進で突き進みます。

舞台はドイツのミュンヘン。ドイツ人の母とスリランカ人の父の間に生まれたサリーは、ホテルマンになることを夢見ていたものの、網膜剥離によって視力を失い、健常者の5%ほどしか世界を見ることができなくなってしまう。当然、家族からは夢をあきらめるよう説得されるものの、目が見えないことを隠して願書を送り、ついに5つ星一流ホテルから研修生として働くチャンスを得る。献身的な姉と共に“回転ドアを抜けたら12時の方向に20歩、45度左にソファ”などホテル内の配置を丸暗記して臨んだサリー。果たして研修を乗り越えて本採用試験までこぎ着けられるのか……。

無謀にも思える挑戦は、観ていてハラハラするほど危なっかしいけれど、音や触覚、においなど、あらゆる感覚を総動員して立ち向かっていく姿は感動的。そして持ち前の明るさと誠実さで周囲からの信頼を獲得し、助けてくれる味方を次々と増やしていくサリーに、「何をするかではなく、誰とするか」という、仕事の本質や人付き合いの極意を教わるようでした。新たに何かに挑戦したいと思っている人は必見。「もうアラサーだし」とか、「スキルが通用するか不安」など、できないことを数えるよりも、“なりたい”という気持ちに素直に寄り添い、誰のためでもなく自分のために行動を起こす。純粋な欲望に忠実になる勇気を与えてくれる1本です!

(文/松山梢)

●1/13〜新宿ピカデリー他全国公開

© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

映画『5パーセントの奇跡 〜嘘から始まる素敵な人生〜』公式サイト


関連記事
  • 塩きゅうりストック/塩きゅうりの中華風サラダ「美&健康」をめざすOurAge読者なら、外食よりも栄養バランスのよい手作りごはんが理想では。でも、仕事などで忙しくて、毎日手作りはタイヘン・・・そんな時に活躍するのがストックおかず。夏梅美智子先生の著作「ストックおかずの知恵」より、お役立ちレシピをご紹介していきます。塩きゅうりの中華風サラダ材料(2人分)塩きゅうり(作り方はこちら) 1.5本分ザーサイ 10ga しょうゆ:小さじ1 酢、ごま油:各大さじ1作り方1 塩きゅうりは食べやすく縦半分に切ってから斜め半分に切る。2 ザーサイは細切りにして、混ぜたaと合わせる。1とあえる。次回は、塩きゅうりストックを使った「冷や汁」のレシピをご紹介します。撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子「ストックおかずの知恵」(集英社)http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333119-0&mode=1
  • 着る服に迷ったらこれ一択!忙しい私を救うワンピース仕事の追い込みも加速、人と会う予定も増え始める年末年始シーズン。急なアポイントが入った日や忙しくて頭が回らない朝にも“これさえあれば”と頼れる、「一枚でサマになる」ワンピースがアラフォーの強い味方に!Case.1 会食が入った!→会社ではリラックス、小物使いできれい見えするとろみワンピース日中のオフィスではストレスなく過ごせて、ディナーシーンではきちんと女っぽく見える「とろみ素材」がベスト! 小物使いで品を添えて。 ウエスト切り替えとプリーツの立体感が華奢なゴールド“一枚でサマ見え”を瞬時にかなえて 胸もとのVあきやブラウス風の袖など、会食でテーブルに座った時も品よく決まるディテールが満載。ワンピース¥54,000/ebure コート¥68,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ファースヌード¥59,000/コロネット(アバティ) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ストッキング¥2,300/ステッラ(ピエールマントゥー) 靴¥74,000/ジミー チュウONE MORE!華奢なゴールドジュエリーでツヤ足し仕事中も悪目立ちしない、華奢なジュエリーとスクエアフェイスの時計で「きちんときれい」な印象に仕上げて ピアス¥126,000・時計¥460,000・ブレスレット¥230,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) Case.2 レセプションパーティに出席!→1枚で決まる袖コンシャスワンピースノースリーブではなく、袖にデザイン性のあるワンピースなら仕事相手に好印象を与えながら華やかな場にふさわしい装いに。上品に広がるふんわり袖で"シンプルなのに素敵"な雰囲気にストンと落ちる素材のごくシンプルなワンピー りなビジューアクセが大活躍スも、袖がボリュームデザインになるだけでぐっと華やぐ。バックに入ったさりげないスリットで、控えめな肌見せ感も楽しんで。ワンピース(取りはずし可能なすそフェザーつき)¥68,000/アローブ ネックレス¥295,000/ハルミ ショールーム(オー) バッグ¥359,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥49,000/ウィム ガゼット青山店(ルチャーノ パドヴァン)他の画像を見る【Marisol1月号2019年】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/渡辺佳子
  • 時を重ねても揺らぐことがない、クラシックな美しさを目指したブランドのドレスを身に纏って。先月、大好きな友人の結婚パーティーに出席しました。 華やかなパーティーは、いつぶりだろう♡ 招待状を受け取ったら、うきうきした気持ちとほぼ同時にめぐる、「何を着ていこう?」 脳内クローゼットの扉が開き、あれとこれと・・・そんな風に考える時間が悩ましくもあり、でも結局は楽しくて時間を忘れてしまうほどなのです。 今回は、パーティーにお誘いいただく機会があったらのぞいてみよう!と思っていたブランドで、とっても好みな1着と出合えたので、新調しました。 アラフォーだし、もっとシンプルなほうがいいかな?とほかのお店も見て回りましたが、これが今の自分に一番フィットする気がして。 petite robe noire(プティローブノアー)の「モンパルナスKIKIドレス」です。petite robe noireの中で定番の「KIKIドレス」を着た女性が、大人になったときに着るイメージでデザインされた今季のもので、ネイビーとブラックのカラーリングやロング丈が大人っぽく、レースやフリルのフェミニンなデザインがすごく好みです。 キャミソールドレスの使い勝手の良さは、インナーでイメージを変えられること。 美女組ランチ会では、白ブラウス(イエナ)にしました(写真左)。 こちらも定番の5連のコットンパールネックレスを合わせました。 懐かしいー!という方、いらっしゃいませんか? 7,8年前は雑誌で毎月見かけて、大好きでした。今、一周まわって(?)再び私の中で手が伸びるアイテムに。 結婚パーティーでは、オーガンジーブラウス(アダムエロペ)を(写真中)。 お店では、ボーダーであわせても可愛い!とオススメしていただきました(写真右)。 雰囲気自在で、1着あるといろんなシーンでこれからも活躍しそう。このドレスを購入後、仕事で国会議員のパーティー(!)に同行することになったり、美女組ランチ会のお知らせをいただいたり、パーティー運がぐっと高まり、この秋冬かなりの頻度で着ています。 ジャケットを羽織れば、ビジネスのパーティーにもOKでした! クリスマスもこれかな? ROCIOの木製クラッチバッグや、赤いネイル、ハイヒールなど、Marisolランチ会では、私の好きなものばかりを身に着けました。 同じテーブルだった、Marikoちゃん、kanaちゃん、machikoちゃんと。 petite robe noireは、UAやマルティニークなどセレクトショップでピアスなどがチェックできますが、ドレスも素敵なので直営店へぜひ。 今年初めて行くことができた恵比寿の本店は、雰囲気がとっても素敵でした! 関西は、うめだ阪急3Fにあります。店員さんも楽しく素敵な方ばかりで、ついのぞいてしまいます^^美女組No.167 hirokoのブログ
  • 年末年始のおともにSPUR2月号はいかがでしょう? 「指先ひとつで手に入る幸せ」特集では、最新モードのオンラインショッピングをあの手この手でご紹介。清水ミチコのエッセイが見どころの「あなたと私のさくらももこ」や、おしゃれなフィッシングスタイルを提案する「釣りガール日誌」にも注目を。人気声優の梶裕貴、梅原裕一郎はモードな装いで降臨。ティモシー・シャラメの単独インタビューも見逃せない! 特別付録は「Y‘s×SPUR マルチストラップ」。スタイリングのポイントになるネックアクセサリーとして、内側のリングに小物をつけてストラップとして。ボーイフレンドともシェアできるユニセックスなデザインは、いち早く手に入れて!最近なにかと話題のバスキアは、2018年で没後30年を迎えました。ちょうど12月22日からは新作ドキュメンタリー映画も公開されます。彼が残した作品は素敵ですが、実はバスキア本人がとても魅力的だったことは意外と知られていないのでは? そんな彼のスタイルに憧れるファッション提案を今月号では展開。モードなヒントがいっぱいの着こなしをお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019年、モードと私たちとの接点は新たなフェーズへ。スマートフォンをタップするだけで世界中から最新ルックが到着します。ハイブランドのリゾートコレクションから、注目のアジアンデザイナーまで。「今、ここで買える」ものだけを集めました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2018年8月に旅立ったさくらももこさんの代表作「ちびまる子ちゃん」。SPURは今回、まる子と3年4組の仲間たちを、モード誌ならではの視点でインターナショナルに実写化!たまちゃんや花輪さんが、最新のハイファッションに身を包んで青春ストーリーを織りなします。またさくらももこさんと生前親交のあった、清水ミチコさん、柳原陽一郎さんによる特別書き下ろしエッセイも収録しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  いま、ニューヨークのファッショニスタがこぞって集まるヴィンテージマーケットがあるのです。それが、LA発の「ア・カレント・アフェア」。そこは、業界関係者や本当の服好きたちが集まる場所だったんです。そこでSPURは10月に開催されたイベントに潜入しおしゃれスナップを敢行! コレクションスナップとは一味違う、個性あふれるファッショニスタたちをご覧あれ! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  冬の必需アイテムといえば、ダウンジャケット。ただ時としてカジュアルな印象に転びすぎたり、スタイリングがいつも同じ印象になってしまうことも。そこでスタ イリスト4人が“見たことのない”着こなしを披露! グランジやヴィンテージミックスに、スキントーン、オフィスレディのためのスタイル……など多様な装いには今までのイメージを覆されます。本企画で冬を乗り越えて下さい! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  新しい年には、新しい靴が欲しい。今や私たちの毎日に欠かすことのできないアイテムであるスニーカー、モードな新作が続々到着しています! SPUR.JPでは各スニーカーの別アングルの写真も掲載。360度どこから見てもサマになる逸品がここにあります。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  突如トレンドに浮上した「釣りベスト」。そのムードにインスパイアされ、SPURは今季水辺へと繰り出します! さらに今回、ウェブマガジン「TSURINEWS」の釣り指南もセットに、未知なるクロスオーバーが実現しました。PVCサロペットなど本格派のアイテムもミックスしながら、旬のスタイルでフィッシングに。次なるアウトドアの波を感じてください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  冬スタイルの脱マンネリ&春の気分先取り特集として、今月SPURがフォーカスするアイテムは、リネン、シルク、プラスチック、カゴバッグ。どれもイメージは春夏ですが、これを部分的に取り入れることでスタイリングはぐっとビビッドで”今”の空気をまとうのです。ぜひ誌面で次シーズンの気分を満喫してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2018年下半期を象徴するビューティプロダクトは何か? この難題に答えるのは、27名のビューティプロです。地道なアンケートと取材によって受賞アイテムが決まったのですが、今回はとにかくビューティプロの意見が一致したのが特徴。裏を返せばそれだけエポックメーキングなアイテムが多いシーズンでもありました買って損なし、使って納得のベスト・オブ・ビューティをぜひご覧ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  春新色を使って、新しい自分に出会ってみませんか? たとえばいつものハイライトをゴールドから、水色にしてみる。マスカラを、黒や茶色ではなく白に変えてみる。少しの冒険が、驚くほどの高揚感をもたらしてくれます。12月21日公開の映画『アリー/スター誕生』にオマージュを捧げたビューティ・ストーリーにのせて、新色を堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • photography:Kevin Chanレディー・ガガの演技が称賛を浴びている映画『アリー/ スター誕生』、なんと2月号の発売日と同じ21日に公開です。今回はその作品の印象的なシーンに着想を得て撮影に臨みました。もちろんカメラマンの土屋さん、スタイリストの一ツ山さん、メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、エディター森山さんの皆が試写を観たうえで、心に残ったシーンについて協議し、撮影の準備に取り組んでいきました。 ちなみにこの試写を見て、私は大号泣しました。レディー・ガガとブラッドリー・クーパーが織りなす夢と愛のせめぎあいに心打たれます。この春のメイクアップはいつもよりも華やか。ひと塗りで「スター」になれそうなカラーが満載です。ぜひ、映画を堪能したあとに、このメイクアップページを読んでみてください。春の新色を自分の顔にのせて、スターの夢を見てみたくなるはずです。 SPUR2月号「春色で、スター誕生!」を試し読み(外部サイト)
  • 「平成」というひとつの時代が終わろうとする今、記憶に残る名品の数々をできるだけ印象的に伝えたい、というのがこの特集の出発点でした。ベルリンの壁の崩壊といった歴史的事件から、映画『マトリックス』シリーズやiMacなどのヒットアイテムまで、平成の出来事をモチーフに2018年下半期の名品プロダクトを撮影しています。 写真は、この特集の気分を盛り上げるべく愛用していた国立公文書館が発売する「平成」クリアファイルと、特にビューティプロからの推薦が多かったシャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960とポーラ B.Aアイゾーンクリーム。世代によって平成を象徴する出来事は異なるとは思いますが、この時代を振り返りつつ特集を読んでいただけると嬉しいです。 SPUR2月号「平成最後のベスト・オブ・ビューティ」を試し読み(外部サイト)
  • 「ちびまる子ちゃんをモードに」って、どういうこと?そう思ったみなさん。まずは、撮影風景をまとめたスペシャルムービーを御覧ください。 今回の特集では、まる子、たまちゃん、丸尾君、みぎわさん、花輪クン、杉山くん、大野くん、野口さんが登場。2019年春のハイファッションなスタイリングに身を包んで「青春」してくれました。ヒロインのまる子をフレッシュに演じたのは、女優の古川琴音さん。オーディションの際に彼女が扉を開けて入ってきた瞬間、スタッフ全員が「この子がまる子だ!!」と息をのんだほど、みずみずしくキュートな魅力にあふれていました。古川さんはこれから、映画『チワワちゃん』(1月18日)、映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日)、舞台「世界は一人」(演出・岩井秀人 2月24日)など大型作品に続々出演予定。2019年大活躍間違いなしの大型ルーキーです。彼女がどんな形で誌面を飾っているのか、お楽しみに。 photography:Takako Noelこちらは誌面のアザーカットです。「このひょうきんなポーズ、まるちゃんっぽくないですか?」と、ひょいっとやってくれるユーモアセンスはさすが女優さん。  こちらはたまちゃん役のMarinaのアザーカット。透明感のある出で立ちは、たまちゃんそのもの。まる子役の古川さんとはすっかり仲良しになっていました。 photography:Takako Noel 長丁場の撮影の最後には、全員での集合写真を。一人ひとりがすっかり役に入りきってくれました。思わず担任の先生の気持ちで、「うる……っ」と。(後列右からたまちゃん、丸尾君、花輪クン、みぎわさん、野口さん、杉山くん、大野くん、そして前列がまる子) photography:Takako Noel モードなまる子たちがどんなストーリーを織りなしているのかは、ぜひ本誌でご覧ください。清水ミチコさんと、柳原陽一郎さんからのスペシャルエッセイもお見逃しなく。 SPUR2月号「あなたと私のさくらももこ」を試し読み(外部サイト)
  • 【連載第4回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『ご機嫌悪くない側の女(Side結花)』版権:majivecka/Shutterstock.comそう言って、ほんの一瞬、何とも言えない表情を見せたように見えた理沙の肩を、後ろからトントンと、どこからともなく現れた品の良いマダムがそっとたたいた。 「あの、お嬢さんたち、お話し中に申し訳ありません。ちょっとよろしいでしょうか」 淡いパープルのコクーンチュニック、胸元にはコットンパール、黒のスリムデニムに、足元は白のスリッポンというキレイめカジュアルなマダムがお一人、私たちを見てニッコリと微笑んでいる。どなただろう? 「先ほどは、あの、うちの主人が大変失礼をいたしまして……」 ああ、あの酔っぱらいおじさんの!と、思わず理沙と目をあわせてうなずきあう。 「いえ、とんでもない。大丈夫でしたか?」 「ありがとうございます。店長さんのご配慮で、裏のお部屋のベッドお借りして、少し寝かせていていただいているんです」 どんな酔い方をしたお客でも、そっけなく追い出したりせず、そっと休ませてあげるところが、器の大きい我らが愛しのマスターらしい。 「今お時間、少しよろしいですか?」 「あ、ええ、もちろん。よろしかったら、どうぞ」 そう言うと、理沙はひとつ席をずれ、私との間の椅子にマダムを誘導した。 「あの人、今日は荒れていましてね。気分転換になればと、珍しく外のお店に連れて出て来たのですが、ごめんなさいね、失礼なこといろいろ申し上げたでしょう?」 「いえ、そうでもないです」 「お優しいのね。わたくしの席にも、あの人の大きな声は聞こえてきましたよ」 「あら、そうですか。では、そんな感じです」 理沙がケラケラと笑うと、つられてマダムもやや申し訳なさそうな顔をしながらも、ニッコリした。 「あの調子だから、家を出ている娘にも嫌われてね。顔を見ればああなっちゃうので、もう長いこと会ってもらえないんです。娘は主人がいない隙を狙ってしか帰ってきません。みなさんと同じような年齢じゃないかしら」 「私たち40代の真ん中あたり、です」 「娘もそうです。そしてまだ結婚してないの。頑張ってお仕事しているみたい」 「お父さんからすると、心配でならないってことですよね」 「それにしても、あの人、口下手過ぎますよね」 「いえいえ、口下手どころかとても流暢でしたよ、あたし、散弾銃みたいにダダダダダと打ちまくられましたから」 昔から初対面の人とも臆さず話せる理沙は、数分前に現れたこのマダムとすでに旧知の仲かのように、実に楽し気に語りあう。 「私事ですけれど、実は主人、勤め先から再雇用の延長をお断りされまして……。65歳までしっかり勤める気満々だったので、予想外のことにまあ不機嫌で荒れて荒れて」 「そうでしたか」 「名の知れた大企業ではありませんが、小さな会社の元執行役員でしてね、そんな人が一兵卒として、権限も責任も大きく縮小する中で働くなんて耐えられるのかしら? むしろ周りの方もやりにくいんじゃないかしら?って私なんかは前から思っていたんですけれど、やっぱり難しかったのですかねえ……詳しくは聞けないんですけれど」 会社側も、再雇用で引き続き一緒に働いて下さる、多くの知見と豊かな経験の蓄積をもつ有能な先輩方側も、共にハッピーな状態というのは、どこの企業も実はいまだ探りながら、よりよい姿を構築中なのかもしれない。 新たな環境や人間関係、権利、役割や責任、給与や待遇といった様々な変化へ適応することは、新たな目標や、新たな価値観を作る機会でもあると、ポジティブに解釈したり、前向きな意味づけやマインド形成をして、しなやかに乗りこえていけばいいのです……なんて、言うのは簡単だが、実際より上位の管理職経験があるシニアの方であればあるほど、そうカンタンな話じゃないであろうことは容易に想像できる。 アラフォーの私たちも遠からず到達する「シニア世代」の活躍というテーマをはじめ、理沙が日々葛藤しながらも、よりよい状態を模索し続けている子育て女性が共に長く活躍できる環境、仕事と介護の両立ができる環境や制度の充実など、人生100年時代に向けてヒトゴトではなく、自分ゴトとして、一人一人が考え、変わっていかなくてはいけない、変えていかなくてはいけないテーマはとても多いと、改めて思う。 ▶︎次回は12月19日(水)22時更新予定■じゃない側の女番外編記事一覧■汗が止まらない側の女(Side真木)【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう! 【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります? 【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々 【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね… 全10話を読む > ■酸化に負けない側の女(Side理沙) 【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女 【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと 【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに 【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先? 全12話を読む > ■現役をおりない側の女(Side結花) 【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある 【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です 【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない? 【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました… 全11話を読む > ■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子) 【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が… 【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので 【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか 【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック… 全8話を読む >■ご機嫌悪くない側の女(Side結花) 【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート 【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生? 【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか… 【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして 毎日22時配信中!最新話を読む > - 登場人物 - 植田真木(うえだ まき) 44歳 金融会社勤続20年の管理職。「アラフォー独身女」でいることに疲れ、39歳で「可もなく不可もない男」と駆け込み結婚をしてみたものの…。 結婚してない側の女(全14回)を読む ▶ 谷原理沙(たにはら りさ) 44歳 某有名ブランドのバイヤーとして、月の半分近くを海外で過ごす。後輩が次々と妊娠して産休に入るたび、「快く」送り出しているつもり、だけれど。 産んでない側の女(全15回)を読む ▶ 畠山結花(はたけやま ゆか) 44歳 ゼネコン勤務の一級建築士。同業のハイスペック夫と2人の子供、瀟洒な一軒家。「すべてを手に入れて」順風満帆な人生を突き進んでいるように思われるが…。 あきらめない側の女(全14回)を読む ▶ 須藤慶子(すどう けいこ) 44歳 結婚14年目の専業主婦。夫が出張のたびに「とあるサービス」を利用していると知り、ショックを受ける。 満足させてもらえない側の女(全8回)を読む ▶
関連キーワード

RECOMMEND