2人の大女優「女の確執」に学ぶこと

Marisol ONLINE

人間の嫉妬において一番強烈なのは、 才能への嫉妬

 女同士の確執は、人間社会において最も興味深いものの1つとされている。人の悪口が一種の快感になりがちなのも、「人の不幸は蜜の味」とされるのも、人間のちょっと罪深い部分を物語るが、女同士を喧嘩させたい奇妙な願望も、やっぱり人間社会の悪い趣味。近頃の、大人の女向け海外ドラマでも、セレブママたちの確執を描いた作品に続き、「フュード/確執」も女の確執もの。精神的なホラーとして名高い「何がジェーンに起ったか?」の舞台裏で繰り広げられていた2人の主演女優のバトルが異様な面白さで描かれている。姉妹である往年の女優2人の確執を演じた二大女優の現実のバトルは、それ以上に激しかったという実話もの。ベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードは、もともと犬猿の仲なのに、何故かベティを相手役に推薦したのはジョーンだったと言われる。嫌いな相手には何が何でも近づかないのが鉄則のはず、女優同士の関係にはそれを超える何かがあるのだろう。

 人間の嫉妬において一番強烈なのは、才能への嫉妬に対するものだと言われる。男女関係にまつわる嫉妬は流動的で関係性が変われば収束するが、才能への嫉妬は宿命的なもので、自分が勝たない限り終わらない。ジョーンは、この映画で自分が勝てると思ったかもしれない。しかし結果は、精神のバランスを崩した妹役の鬼気迫る怪演でデイヴィスの方がオスカー候補となる。するとジョーンはオスカーが他の女優に行くよう画策し、偶然にも授賞式に出られなかった受賞女優の代わりにオスカー像を受け取ったりしている。何という激しいバトル。ここまで徹底してしまうのも、女優魂ゆえだろうが、ダブル主役だったはずの映画で甲乙がつくのは致命的だった。スポーツは点数がつくが、演技には明快な基準がないから、自分の方がうまいと思えばうまい。美貌もそう。自分の方が美人と思えば美人。そういう基準の曖昧なものを競う者同士は必ず苦しみ憎しみ合うのだ。それを露骨に人目に晒したのがこの2人だったというだけ。ちなみに才能への嫉妬は男同士の方が酷いと言われるが、そういうものをごまかすためにこそ、男たちは“女同士の確執”を喜ぶのではないか。つまり2大女優を競わせたのもむしろ周りの男たち。その方が話題になり映画も面白くなるから。更に女の嫉妬は、自分たち男の嫉妬より怖いと思わせられるから。そう仕向けるのはいつも男なのだ。

もしこの製品が当時あったら…。

(左)眉だけでなく、アイライナーやシャドウとしても使える5 色のパウダーがパレットに。ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト¥4,200/カネボウ化粧品 (中)加齢でやせ窪んだ目もとに。アルビオン エクシア AL リペア プランプ アイクリーム¥15,000/アルビオン (右)クッションファンデーションの最高峰。ローズほかプレシャスなオイル配合で、抜群の保湿力、カバー力を誇る。アプソリュ タン クッションコンパクト 100-P¥11,000/ランコム 

撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代
 さて女同士のバトルに勝つための化粧品……なんてないけれど、もしこの製品が当時あったら、もう少し美しい戦いになったのではないかと思えるものを、ここにご紹介。ベティ・デイヴィスは自ら選んだ白塗りで、過去の栄光が忘れられない元女優を演じたが、これがあれば、白塗りももっと美しかったのにというのがランコム アプソリュからデビューした高級クッションファンデーション。カバー力抜群なのに見事に美しい仕上がりは肌色より明るい色を選んでも全く問題がなく、誰でも華やかに化粧映えする。

 一方、当時の女優の特徴でもあるが、気の強い女の眉メイクは眉山がひどく高く、そして目尻が長い。これがあったらもっと美しく洗練された美人眉になったのに、それが、観点から完全無欠のアイブローパレットとの呼び声も高いルナソルの5色パウダー。そしてまた大女優の衰えを浮き彫りにするのが目の下のクマで、これがあったら2人の軋轢ももっと穏やかだったかもしれないとの思いに至るのが、目元をふっくら膨らませて若々しく見せるアルビオン エクシアのプランプ アイクリーム。そもそも、かつての女優たちの争いは、"年齢による劣化"が直接的間接的に引き金になっているケースが多かった。今の若返り術があればこんな憎み合いもなかったかもしれないのにと、今更ながらそんな思いがしてならないのだ。

(Marisol 2018年1月号)
齋藤薫 Kaoru Saito
美容ジャーナリスト、エッセイスト。美容やファッションの潮流に社会的な視点を加え、美しくありたいと願うアラフォーの未来を照らす。新刊『されど“男”は愛おしい』(講談社)をはじめ、著書多数
関連記事
  • 口角上げには心理学的・科学的な根拠がある!? 「MAQUIA」2月号では、美人度も運気もアップできる口角上げの極意を伝授します。何はなくとも、上げたい4パーツを攻略 口角上げの極意 新しい年は心身ともに上向きでスタートしたい。口元、目力、フェイスライン、ヒップの美力の鍵を握る4パーツを引き上げて、美人度も運気もアップさせていきましょう!口角上げには心理学的科学的な根拠がある!?笑顔の象徴である口角アップ。「進化的に、笑顔は相手に親和や仲間意識を示すサインとして働き、絆を深める作用があるといわれています」(上智大学総合人間科学部心理学科准教授・齋藤慈子先生・以下同)。「また、笑顔は脳の報酬系に反応するので、自分自身も笑顔を見た相手も、幸せや楽しいといったポジティブな気持ちにさせる働きもあります」。つまり、キュッと口角の上がった笑顔は自分も周りもハッピーにさせる効果が。さらに「笑顔には免疫力アップ効果や血行促進効果も」。美肌効果にもつながる笑顔は、まさに美人度も運気も上げる重要なカギといえそう。笑顔は共感や親しみやすさを“伝染”させる「ヒトや動物には相手と同じ情動を抱く“情動伝染”という現象があります。特に笑顔は共感や仲間意識、絆を深める手段として模倣されやすいといわれています」上がった口角は脳を”楽しい!”とだます働きが「嬉しいなどの情動は身体反応を経て意識化するという末梢起源説があります。口角を上げるという身体反応は脳が“楽しい”と認識するといわれています」。気分を楽しくしたいときは口角上げが効果的。笑うことで”免疫力”もアップ!「生理学的には、笑うことで血行が促進されたり、ストレスの低下、ナチュラルキラー細胞の活性が上昇し、免疫力が上がるといわれています。声を出して笑うとより効果的です」。笑顔は健康と美肌の元!ヘア&メイクアップアーテイスト中山友恵さんがアドバイス1 明るい色の口紅とグロスを選ぶこと「口角上げには、唇の形を締めすぎるダークな色よりも明るく華やかな色がおすすめです。さらに唇の中央をふっくらさせるために艶グロスを」(中山さん) 1 華やか印象のローズ。ルージュ•アンテルディ 6 ¥4000/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ](モデル使用色) 2 優しいソフトピンク。クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル カシミア 105 ¥6000/資生堂インターナショナル 3 ぷっくり血色の艶グロス。キャンメイク フルーティーピュアオイルリップ クリアピーチ ¥700/井田ラボラトリーズ 4 立体感が出る高ツヤ処方。リンメル オーマイグロス 008 ¥950/リンメル(モデル使用色) 5 うるみを出すオイルグロス。キッカ メスメリック ウェットリップオイル 07 ¥3200/カネボウ化粧品もっと見る >MAQUIA2月号撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 荒川雅之(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/立石和代 モデル/辻元 舞 構成・文/髙橋美智子(MAQUIA)【MAQUIA2月号は12月20日(木)発売】
  • 今年らしいマニッシュなジャケットに、あえてフェミニンな王道ピンクリップを合わせて。特別な夜は、さりげない色っぽさをアピールするのも悪くない。「ホログラムパールや蛍光感、パステルもありだと思います。渋さやくすみのないクリアなピンクは、それだけで十分存在感のある色。ジューシーなツヤやグラマラスな光沢を放つリップを選んで」(Rie Shiraishiさん)触れたくなるほど柔らかそうな唇に、みんなの視線釘付け間違いなし!【Makeup Tips】①先にディオール アディクト リップ グロウ マックス 201を輪郭よりオーバーめに塗り、その上から同リップ マキシマイザー 010をぽってりオン。  ②チークとネイルはリップとコーディネートしてピンクで統一。クリームタイプのチークを頬の高いところを中心に指でポンポンと広げて、全体に血色感をプラスして。 【Pink Lip Colors】ふっくらグロッシーな唇にときめきマックスディオール アディクト リップ グロウ マックス 201 ¥3,800(2019年1月1日発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール唇のpHに反応する発色のとパールがツイストされたリップ グロウ マックスは、キャンディのように甘いピンク。*モデル使用色 パルファン・クリスチャン・ディオールhttp://www.dior.com 03-3239-06183Dの輝きでコーティングし、ぷるんとグラマラス仕上げディオール アディクト リップ マキシマイザー 010 ¥3,600(2019年1月11日発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール潤してボリュームアップさせる、みんな大好きリップ マキシマイザーに、グリッターが煌くホログラフィックピンクが登場。ディオール アディクト リップ グロウ マックスに重ねて、ラブリーを独り占め。*モデル使用色 パルファン・クリスチャン・ディオールhttp://www.dior.com 03-3239-0618 パールが弾けるスウィートピンクが熱いRMK カラーポップリップスティック 02 ¥3,500(2019年1月11日限定発売)/RMK Division外側のフレッシュで可憐なピンク、内側のゴールドパールがドットを描くポップなデザインに胸キュン。グロスのようにみずみずしい軽さとスウィートアーモンドオイルの潤いで、ジューシーな仕上がりを叶えてくれる。 RMK Divisionwww.rmkrmk.com 0120-988-271煌くコーラルピンクで、変幻自在な魅力をキッカ メスメリックリップスティック EX07 ¥3,800(限定発売中)/カネボウ化粧品絶妙な5分の2発色で、素の唇が透けるリップの人気ピンクが限定で復活。光の反射によって、ブルーピンクにもパステルヴァイオレットにも見える輝くオーロラカラー。アイシーなコーラルピンクで幸福感を放ちたい。 カネボウ化粧品http://www.chicca.jp/0120-518-520優しいミルキーピンクの抗えない魅力ラプソリュ トーン アップ バーム 602 ¥4,000(2019年1月1日限定発売)/ランコム甘くフェミニンなピンクとホワイトベースをマーブル状にミックスしたリップは、デリケートな唇を保湿しながらナチュラルに色づく。白肌を引き立てるピュアなピンクとうるんとしたツヤ質感を同時にゲット。 ランコムhttp://www.lancome.jp03-6911-8151 【その他のモデル使用アイテム】涼しげな春の光を纏うイメージデザイニング カラー アイズ 124 ¥6,800(2019年1月18日限定発売)/SUQQUアイスブルー、ブライトイエロー、ニュアンスピンクの柔らかな透明感をブラウンが調和させる。メタリックな光を巧みに効かせて立体的な表情を演出し、パステルとはひと味違う大人の洗練を。 SUQQUwww.suqqu.com 0120-988-761チェリーピンクの抜け感チークカムフィー スティックブラッシュ 04 ¥3,500(2019年1月11日発売)/セルヴォークするするとクリーミィに肌と一体になり、仕上がりはパウダーのようにさらり。ほどよくツヤのあるハーフマット質感で、重ねるほどピンクの高揚感がアップ。天然由来成分率90%以上でデリケートな頬にも。 セルヴォークhttps://celvoke.com/03-3261-2892手肌をきれいに見せるレディなコーラルネイルラ ラッククチュール No.111 ¥3,200(2019年1月4日発売)/イヴ・サンローラン・ボーテエネルギーを感じるピンクコーラルの指先で、さりげなく大人の主張。ほどよい黄味が肌色になじみ、指をきれいに見せる。一度で見たままに発色しムラにならずにストレスなく塗れ、ツヤが長持ち。 イヴ・サンローラン・ボーテwww.yslb.jp03-6911-8563 >>【style4】 ハッピー感いっぱいのフルーティな目もと
  • 来シーズンのメイクトレンドの筆頭、イエローやオレンジなどシトラス系のアイカラー。派手なように見えて日本人の肌色とは相性がよく、浮かずになじみながらハッピー感とポップな遊び心を表現できる。「フレッシュなイエローに、血色感のあるオレンジを重ねて、冬らしい温かみもプラス。イベントなら、差し色というよりは大胆に使いたい」(Rie Shiraishiさん)レモンイエローから、マスタード、橙、渋柿色まで、澄み切ったパステルカラーもくすんだシェードも、シトラス系カラーを要チェック!【Makeup Tips】 ①NARS シングルアイシャドー 5365を上まぶたのアイホール全体に広めにぼかし、5352を目尻から黒目の上にオン。 ②目頭から下まぶたの黒目のあたりまで、セルヴォーク ヴォランタリー アイズ EX04 をライン状に入れる。アイラインは入れず、黒マスカラのみ。 ③チークもリップも同系色のオレンジでまとめ、全体をイエロートーンでまとめて。 【Citrus Eye Colors】元気をくれるビタミンカラーコンビシングルアイシャドー (左)5365、(右)5352 各 ¥2,500/NARSラメやパールを含まない、鮮やかでポップなオレンジとイエロー。目のさめるような彩度の高さで、目もとに元気を宿し、疲れをさっと消し去るよう。トレンドカラーをしっかり効かせて、魅せるメイクに。*モデル使用色 NARSwww.narscosmetics.jp0120-356-686透明感が冴えるミモザイエローヴォランタリー アイズ EX04 ¥2,000 (2019年1月11日限定発売)/セルヴォークくすみのない透き通るような高発色イエローが白目をクリアに見せる。天然由来成分95%のナチュラル処方でまぶたにやさしく、植物オイルの密着感も心地いい。指で面に広くぼかしても、ブラシで繊細に入れても。*モデル使用色 セルヴォークhttps://celvoke.com/03-3261-2892太陽と自然を感じる温かなハーモニーアイ カラー クォード 26 レオパード サン ¥9,200/トム フォード ビューティブラウンの濃淡に、くすんだレッドとオレンジという肌なじみのいい4色。上質に煌くアースカラーが、目もとにエネルギーと立体感を与え、ナチュラルなのにゴージャスな仕上がりに。重ねても単色でも美しい。 トム フォード ビューティ03-5251-3541ためらわず、大胆に色を楽しむジンジャーアイシャドウパレット 9A01 カナリアイエロー ¥7,000(2019年1月1日発売)/shiroトレンドのセンターをまっすぐ走るようなカラーハーモニー。南国の花のようにくっきり鮮やかなイエローとオレンジを引き立てるベージュと締めるネイビー。ジンジャー成分を配合し、目もとにクリア感をもたらす効果も。 ローレルhttps://shiro-shiro.jp/0120-275-606シャーベットカラーで旬な目もとにミネラルクラッシィシャドー ビタミンソルベ ¥4,000(2019年1月25日限定発売)/エトヴォスほのかなピーチ、コーラルオレンジ、レモンイエローが、少女のようなピュア感を引き出してくれるパレット。繊細な光沢がまぶたを明るく輝かせる。植物由来オイルと美容成分配合 でしっとりなじみ、クレンジング不要の低刺激処方も嬉しい。 エトヴォスetvos.com0120-0477-80 【その他のモデル使用アイテム】血色オレンジでヘルシー仕上げブラッシュクチュール No.3 ¥6,000/イヴ・サンローラン・ボーテ見たままのピュアなマットオレンジをそのまま頬にオン!ふんわりエアリーに、しかも均一に肌にのり、テクニックがなくても繊細なヴェールをかけたようなソフトフォーカス仕上がりに。時間がたってもくすまない。 イヴ・サンローラン・ボーテwww.yslb.jp03-6911-8563大人のイノセントを引き出すリップルージュ アンリミテッド BG950 ¥3,200(2019年1月1日発売)/シュウ ウエムラ目もととリンクする、健康的な赤みのある絶妙なオレンジベージュ。主張しすぎず、落ち着きすぎず、抜け感がちょうどいい。軽やかに心地よく唇にフィットし、潤いも続く。 シュウ ウエムラhttp://www.shuuemura.jp/ 03-6911-8560 >>【style5】ドラマティックなアイライナーで惑わせる
  • 効かせ方を考えた効率的なケア。そのコツを知って、今冬こそ、うる・しと肌にもっちりと柔らかそう、いつもうるおいをたたえた肌の持ち主といえば、美容家の神崎恵さん。「あの色っぽい肌と自分の肌を取り替えたい」なんて思っている人もいるのでは? でも、実はお手入れしだいで誰でもその肌になれちゃうんです!冬枯れしない、湿度の高い肌になるべく、神崎さんのケアをここに公開。美容家 神崎恵美容家 神崎恵アトリエ「mnuit」主宰。大人ならではのケア哲学に共感する人多数。著書に『大人のための美容本〜10年後も自分の顔を好きでいるために』(大和書房)など温める、落とす、油を与える、が美肌の近道神崎流スキンケアの核は、体を温める、落とすケアをていねいに、油分補給に気合を入れる、の3つ。 「なかでも重視したいのが“油”。化粧水好きという人が多いけれど、大人のケアの主役はクリームやオイル。特にクリームは美容成分がたくさん配合できるし、うるおいの持続時間が長いし、保温効果もあるしと、この時期のケアには欠かせません。アラフォーならクリームに投資してほしい」と神崎さん。そして手に入れたケアアイテムは、効果が実感できるように活用する。「まず説明書を読んで、きちんと使いましょう。また使う量が少ない人が多いようですが、それでは乾燥は防げません。すべてにおいて、ベタベタするくらいでちょうどいいと思って」■神崎恵流 “うる・しと”メソッド 1 目ざすのは"微熱感"のある肌。だからまず体温を上げる冷えを感じたら、カイロで"サンドイッチ"おなかと背中に使い捨てカイロを貼って、体温をアップ。「体の前と後ろからサンドイッチするのがカギ。すぐに温まります」ガードルで冷えを寄せつけない しいと敬遠している人もいるかもしれないけど、今のものはキツくない。一枚で温かさが段違いです」。SUHADA 肌リフト エアパンツ ロング¥5,600〜/ワコール毎日のお風呂はマスト! シャワーで終わらせず、湯船につかる。岩塩、天然重曹入り入浴剤を愛用。リフレッシュボディバスソルト〈レモンマートル&ユーカリ〉・〈オレンジ&ゼラニウム&パルマローザ〉各450g¥2,500/アムリターラ■神崎恵流 “うる・しと”メソッド 2 毎日の"リセット"でうるおいが無限に入る肌へ「落とすケアでのリセットも、うるおえる肌への重要なステップ。きっちり落とさないとダメだし、落としすぎてもダメですね」落とせていなければ、後のケアが入らないし、汚れでトラブルに。逆に、落としすぎてうるおいがなくなってしまえば、乾燥の原因に。1.クレンジングは皮脂分泌の多いTゾーンから始める。額、鼻、小鼻の順にクルクルと2.次に、比較的皮膚が強いUゾーン。汚れがたまりやすいフェイスラインになじませる3.フェイスラインから徐々に内側方向に広げていき、両頰にもクルクル4.乾燥が激しい目もとや口もとは優しく。肌を動かさないように、小さくらせんを描く・CLEANSING ITEMSアラフォーだったら、クレンジングはミルクかクリームを選んでうるおいを死守。 右)ミルクだけど汚れ落ちがよく、すっきり洗い流せる。柔肌感のある仕上がりに。トリートメント クレンジング ミルク 200g¥3,000/カバーマーク左)メイクなじみがいいからクリームでもスピーディにオフ。コンフォート メルト クレンジング クリーム 125g¥4,800/SUQQU・SOAP「洗う→うるおいが流れ出る」とならないよう、保湿効果の高い洗顔料がベター。 右)泡立てが苦手な人には泡で出てくるタイプを。穏やかなピーリング効果でうるツル。ホワイト-プラス ブライト クレンザー 150㎖¥4,500/クラランス 左)藻由来の成分などのパワーで、くすみを取り、あかぬけさせる。エレメンタリー フェイスソープ 80g¥10,000/ITRIM☆次回12/26(水)は顔スキンケア法を詳しく!【Marisol7月号2018年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 国府 泰(物)ヘア&メイク/津村佳奈(Un ami) スタイリスト/石関靖子 モデル/神崎 恵 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 年末年始のおともにSPUR2月号はいかがでしょう? 「指先ひとつで手に入る幸せ」特集では、最新モードのオンラインショッピングをあの手この手でご紹介。清水ミチコのエッセイが見どころの「あなたと私のさくらももこ」や、おしゃれなフィッシングスタイルを提案する「釣りガール日誌」にも注目を。人気声優の梶裕貴、梅原裕一郎はモードな装いで降臨。ティモシー・シャラメの単独インタビューも見逃せない! 特別付録は「Y‘s×SPUR マルチストラップ」。スタイリングのポイントになるネックアクセサリーとして、内側のリングに小物をつけてストラップとして。ボーイフレンドともシェアできるユニセックスなデザインは、いち早く手に入れて!最近なにかと話題のバスキアは、2018年で没後30年を迎えました。ちょうど12月22日からは新作ドキュメンタリー映画も公開されます。彼が残した作品は素敵ですが、実はバスキア本人がとても魅力的だったことは意外と知られていないのでは? そんな彼のスタイルに憧れるファッション提案を今月号では展開。モードなヒントがいっぱいの着こなしをお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019年、モードと私たちとの接点は新たなフェーズへ。スマートフォンをタップするだけで世界中から最新ルックが到着します。ハイブランドのリゾートコレクションから、注目のアジアンデザイナーまで。「今、ここで買える」ものだけを集めました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2018年8月に旅立ったさくらももこさんの代表作「ちびまる子ちゃん」。SPURは今回、まる子と3年4組の仲間たちを、モード誌ならではの視点でインターナショナルに実写化!たまちゃんや花輪さんが、最新のハイファッションに身を包んで青春ストーリーを織りなします。またさくらももこさんと生前親交のあった、清水ミチコさん、柳原陽一郎さんによる特別書き下ろしエッセイも収録しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  いま、ニューヨークのファッショニスタがこぞって集まるヴィンテージマーケットがあるのです。それが、LA発の「ア・カレント・アフェア」。そこは、業界関係者や本当の服好きたちが集まる場所だったんです。そこでSPURは10月に開催されたイベントに潜入しおしゃれスナップを敢行! コレクションスナップとは一味違う、個性あふれるファッショニスタたちをご覧あれ! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  冬の必需アイテムといえば、ダウンジャケット。ただ時としてカジュアルな印象に転びすぎたり、スタイリングがいつも同じ印象になってしまうことも。そこでスタ イリスト4人が“見たことのない”着こなしを披露! グランジやヴィンテージミックスに、スキントーン、オフィスレディのためのスタイル……など多様な装いには今までのイメージを覆されます。本企画で冬を乗り越えて下さい! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  新しい年には、新しい靴が欲しい。今や私たちの毎日に欠かすことのできないアイテムであるスニーカー、モードな新作が続々到着しています! SPUR.JPでは各スニーカーの別アングルの写真も掲載。360度どこから見てもサマになる逸品がここにあります。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  突如トレンドに浮上した「釣りベスト」。そのムードにインスパイアされ、SPURは今季水辺へと繰り出します! さらに今回、ウェブマガジン「TSURINEWS」の釣り指南もセットに、未知なるクロスオーバーが実現しました。PVCサロペットなど本格派のアイテムもミックスしながら、旬のスタイルでフィッシングに。次なるアウトドアの波を感じてください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  冬スタイルの脱マンネリ&春の気分先取り特集として、今月SPURがフォーカスするアイテムは、リネン、シルク、プラスチック、カゴバッグ。どれもイメージは春夏ですが、これを部分的に取り入れることでスタイリングはぐっとビビッドで”今”の空気をまとうのです。ぜひ誌面で次シーズンの気分を満喫してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2018年下半期を象徴するビューティプロダクトは何か? この難題に答えるのは、27名のビューティプロです。地道なアンケートと取材によって受賞アイテムが決まったのですが、今回はとにかくビューティプロの意見が一致したのが特徴。裏を返せばそれだけエポックメーキングなアイテムが多いシーズンでもありました買って損なし、使って納得のベスト・オブ・ビューティをぜひご覧ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  春新色を使って、新しい自分に出会ってみませんか? たとえばいつものハイライトをゴールドから、水色にしてみる。マスカラを、黒や茶色ではなく白に変えてみる。少しの冒険が、驚くほどの高揚感をもたらしてくれます。12月21日公開の映画『アリー/スター誕生』にオマージュを捧げたビューティ・ストーリーにのせて、新色を堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • photography:Kevin Chanレディー・ガガの演技が称賛を浴びている映画『アリー/ スター誕生』、なんと2月号の発売日と同じ21日に公開です。今回はその作品の印象的なシーンに着想を得て撮影に臨みました。もちろんカメラマンの土屋さん、スタイリストの一ツ山さん、メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、エディター森山さんの皆が試写を観たうえで、心に残ったシーンについて協議し、撮影の準備に取り組んでいきました。 ちなみにこの試写を見て、私は大号泣しました。レディー・ガガとブラッドリー・クーパーが織りなす夢と愛のせめぎあいに心打たれます。この春のメイクアップはいつもよりも華やか。ひと塗りで「スター」になれそうなカラーが満載です。ぜひ、映画を堪能したあとに、このメイクアップページを読んでみてください。春の新色を自分の顔にのせて、スターの夢を見てみたくなるはずです。 SPUR2月号「春色で、スター誕生!」を試し読み(外部サイト)
  • 「平成」というひとつの時代が終わろうとする今、記憶に残る名品の数々をできるだけ印象的に伝えたい、というのがこの特集の出発点でした。ベルリンの壁の崩壊といった歴史的事件から、映画『マトリックス』シリーズやiMacなどのヒットアイテムまで、平成の出来事をモチーフに2018年下半期の名品プロダクトを撮影しています。 写真は、この特集の気分を盛り上げるべく愛用していた国立公文書館が発売する「平成」クリアファイルと、特にビューティプロからの推薦が多かったシャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960とポーラ B.Aアイゾーンクリーム。世代によって平成を象徴する出来事は異なるとは思いますが、この時代を振り返りつつ特集を読んでいただけると嬉しいです。 SPUR2月号「平成最後のベスト・オブ・ビューティ」を試し読み(外部サイト)
  • 「ちびまる子ちゃんをモードに」って、どういうこと?そう思ったみなさん。まずは、撮影風景をまとめたスペシャルムービーを御覧ください。 今回の特集では、まる子、たまちゃん、丸尾君、みぎわさん、花輪クン、杉山くん、大野くん、野口さんが登場。2019年春のハイファッションなスタイリングに身を包んで「青春」してくれました。ヒロインのまる子をフレッシュに演じたのは、女優の古川琴音さん。オーディションの際に彼女が扉を開けて入ってきた瞬間、スタッフ全員が「この子がまる子だ!!」と息をのんだほど、みずみずしくキュートな魅力にあふれていました。古川さんはこれから、映画『チワワちゃん』(1月18日)、映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日)、舞台「世界は一人」(演出・岩井秀人 2月24日)など大型作品に続々出演予定。2019年大活躍間違いなしの大型ルーキーです。彼女がどんな形で誌面を飾っているのか、お楽しみに。 photography:Takako Noelこちらは誌面のアザーカットです。「このひょうきんなポーズ、まるちゃんっぽくないですか?」と、ひょいっとやってくれるユーモアセンスはさすが女優さん。  こちらはたまちゃん役のMarinaのアザーカット。透明感のある出で立ちは、たまちゃんそのもの。まる子役の古川さんとはすっかり仲良しになっていました。 photography:Takako Noel 長丁場の撮影の最後には、全員での集合写真を。一人ひとりがすっかり役に入りきってくれました。思わず担任の先生の気持ちで、「うる……っ」と。(後列右からたまちゃん、丸尾君、花輪クン、みぎわさん、野口さん、杉山くん、大野くん、そして前列がまる子) photography:Takako Noel モードなまる子たちがどんなストーリーを織りなしているのかは、ぜひ本誌でご覧ください。清水ミチコさんと、柳原陽一郎さんからのスペシャルエッセイもお見逃しなく。 SPUR2月号「あなたと私のさくらももこ」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND