グッチが2018年春夏コレクションの広告ビジュアル「Utopian Fantasy」を公開中!

SPUR.JP

【SPUR Eye】
グッチの最新広告はイグナシ・モンレアルによる幻想的なデジタルペインティング。


グッチの2018年春夏コレクションの新しい広告ビジュアルは、2017年ギフトギビングカタログを手がけたスペイン人アーティスト、イグナシ・モンレアルのアートワーク。今回のビジュアルは地球、海、空を舞台に「Utopian Fantasy(ユートピアのファンタジー)」を描いている。

Images Artwork by Ignasi Monreal
Images Artwork by Ignasi Monreal

ディテールまで驚くほど鮮明に表現されたデジタルペインティングが彩るのは、不思議な魅力たっぷりのキャラクター。その世界の中でグッチの新作アイテムが豊かな個性を放ちながら、壮大なビジュアルストーリーの一部となっている。モンレアルのイマジネーションから生まれた、ファンタジックなビジュアルをぜひチェックして。

Images Artwork by Ignasi Monreal
Images Artwork by Ignasi Monreal

Images Artwork by Ignasi Monreal
Images Artwork by Ignasi Monreal

グッチ ジャパン カスタマーサービス
www.gucci.com
0120-88-1921

text:Machiko Suyama

⇩「グッチ」イグナシ・モンレアルのアートワークをチェック!

関連記事
  • 「ちびまる子ちゃんをモードに」って、どういうこと?そう思ったみなさん。まずは、撮影風景をまとめたスペシャルムービーを御覧ください。 今回の特集では、まる子、たまちゃん、丸尾君、みぎわさん、花輪クン、杉山くん、大野くん、野口さんが登場。2019年春のハイファッションなスタイリングに身を包んで「青春」してくれました。ヒロインのまる子をフレッシュに演じたのは、女優の古川琴音さん。オーディションの際に彼女が扉を開けて入ってきた瞬間、スタッフ全員が「この子がまる子だ!!」と息をのんだほど、みずみずしくキュートな魅力にあふれていました。古川さんはこれから、映画『チワワちゃん』(1月18日)、映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日)、舞台「世界は一人」(演出・岩井秀人 2月24日)など大型作品に続々出演予定。2019年大活躍間違いなしの大型ルーキーです。彼女がどんな形で誌面を飾っているのか、お楽しみに。 photography:Takako Noelこちらは誌面のアザーカットです。「このひょうきんなポーズ、まるちゃんっぽくないですか?」と、ひょいっとやってくれるユーモアセンスはさすが女優さん。  こちらはたまちゃん役のMarinaのアザーカット。透明感のある出で立ちは、たまちゃんそのもの。まる子役の古川さんとはすっかり仲良しになっていました。 photography:Takako Noel 長丁場の撮影の最後には、全員での集合写真を。一人ひとりがすっかり役に入りきってくれました。思わず担任の先生の気持ちで、「うる……っ」と。(後列右からたまちゃん、丸尾君、花輪クン、みぎわさん、野口さん、杉山くん、大野くん、そして前列がまる子) photography:Takako Noel モードなまる子たちがどんなストーリーを織りなしているのかは、ぜひ本誌でご覧ください。清水ミチコさんと、柳原陽一郎さんからのスペシャルエッセイもお見逃しなく。 SPUR2月号「あなたと私のさくらももこ」を試し読み(外部サイト)
  • 年末年始のおともにSPUR2月号はいかがでしょう? 「指先ひとつで手に入る幸せ」特集では、最新モードのオンラインショッピングをあの手この手でご紹介。清水ミチコのエッセイが見どころの「あなたと私のさくらももこ」や、おしゃれなフィッシングスタイルを提案する「釣りガール日誌」にも注目を。人気声優の梶裕貴、梅原裕一郎はモードな装いで降臨。ティモシー・シャラメの単独インタビューも見逃せない! 特別付録は「Y‘s×SPUR マルチストラップ」。スタイリングのポイントになるネックアクセサリーとして、内側のリングに小物をつけてストラップとして。ボーイフレンドともシェアできるユニセックスなデザインは、いち早く手に入れて!最近なにかと話題のバスキアは、2018年で没後30年を迎えました。ちょうど12月22日からは新作ドキュメンタリー映画も公開されます。彼が残した作品は素敵ですが、実はバスキア本人がとても魅力的だったことは意外と知られていないのでは? そんな彼のスタイルに憧れるファッション提案を今月号では展開。モードなヒントがいっぱいの着こなしをお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019年、モードと私たちとの接点は新たなフェーズへ。スマートフォンをタップするだけで世界中から最新ルックが到着します。ハイブランドのリゾートコレクションから、注目のアジアンデザイナーまで。「今、ここで買える」ものだけを集めました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2018年8月に旅立ったさくらももこさんの代表作「ちびまる子ちゃん」。SPURは今回、まる子と3年4組の仲間たちを、モード誌ならではの視点でインターナショナルに実写化!たまちゃんや花輪さんが、最新のハイファッションに身を包んで青春ストーリーを織りなします。またさくらももこさんと生前親交のあった、清水ミチコさん、柳原陽一郎さんによる特別書き下ろしエッセイも収録しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  いま、ニューヨークのファッショニスタがこぞって集まるヴィンテージマーケットがあるのです。それが、LA発の「ア・カレント・アフェア」。そこは、業界関係者や本当の服好きたちが集まる場所だったんです。そこでSPURは10月に開催されたイベントに潜入しおしゃれスナップを敢行! コレクションスナップとは一味違う、個性あふれるファッショニスタたちをご覧あれ! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  冬の必需アイテムといえば、ダウンジャケット。ただ時としてカジュアルな印象に転びすぎたり、スタイリングがいつも同じ印象になってしまうことも。そこでスタ イリスト4人が“見たことのない”着こなしを披露! グランジやヴィンテージミックスに、スキントーン、オフィスレディのためのスタイル……など多様な装いには今までのイメージを覆されます。本企画で冬を乗り越えて下さい! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  新しい年には、新しい靴が欲しい。今や私たちの毎日に欠かすことのできないアイテムであるスニーカー、モードな新作が続々到着しています! SPUR.JPでは各スニーカーの別アングルの写真も掲載。360度どこから見てもサマになる逸品がここにあります。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  突如トレンドに浮上した「釣りベスト」。そのムードにインスパイアされ、SPURは今季水辺へと繰り出します! さらに今回、ウェブマガジン「TSURINEWS」の釣り指南もセットに、未知なるクロスオーバーが実現しました。PVCサロペットなど本格派のアイテムもミックスしながら、旬のスタイルでフィッシングに。次なるアウトドアの波を感じてください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  冬スタイルの脱マンネリ&春の気分先取り特集として、今月SPURがフォーカスするアイテムは、リネン、シルク、プラスチック、カゴバッグ。どれもイメージは春夏ですが、これを部分的に取り入れることでスタイリングはぐっとビビッドで”今”の空気をまとうのです。ぜひ誌面で次シーズンの気分を満喫してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2018年下半期を象徴するビューティプロダクトは何か? この難題に答えるのは、27名のビューティプロです。地道なアンケートと取材によって受賞アイテムが決まったのですが、今回はとにかくビューティプロの意見が一致したのが特徴。裏を返せばそれだけエポックメーキングなアイテムが多いシーズンでもありました買って損なし、使って納得のベスト・オブ・ビューティをぜひご覧ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  春新色を使って、新しい自分に出会ってみませんか? たとえばいつものハイライトをゴールドから、水色にしてみる。マスカラを、黒や茶色ではなく白に変えてみる。少しの冒険が、驚くほどの高揚感をもたらしてくれます。12月21日公開の映画『アリー/スター誕生』にオマージュを捧げたビューティ・ストーリーにのせて、新色を堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • photography:Kevin Chanレディー・ガガの演技が称賛を浴びている映画『アリー/ スター誕生』、なんと2月号の発売日と同じ21日に公開です。今回はその作品の印象的なシーンに着想を得て撮影に臨みました。もちろんカメラマンの土屋さん、スタイリストの一ツ山さん、メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、エディター森山さんの皆が試写を観たうえで、心に残ったシーンについて協議し、撮影の準備に取り組んでいきました。 ちなみにこの試写を見て、私は大号泣しました。レディー・ガガとブラッドリー・クーパーが織りなす夢と愛のせめぎあいに心打たれます。この春のメイクアップはいつもよりも華やか。ひと塗りで「スター」になれそうなカラーが満載です。ぜひ、映画を堪能したあとに、このメイクアップページを読んでみてください。春の新色を自分の顔にのせて、スターの夢を見てみたくなるはずです。 SPUR2月号「春色で、スター誕生!」を試し読み(外部サイト)
  • 「平成」というひとつの時代が終わろうとする今、記憶に残る名品の数々をできるだけ印象的に伝えたい、というのがこの特集の出発点でした。ベルリンの壁の崩壊といった歴史的事件から、映画『マトリックス』シリーズやiMacなどのヒットアイテムまで、平成の出来事をモチーフに2018年下半期の名品プロダクトを撮影しています。 写真は、この特集の気分を盛り上げるべく愛用していた国立公文書館が発売する「平成」クリアファイルと、特にビューティプロからの推薦が多かったシャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960とポーラ B.Aアイゾーンクリーム。世代によって平成を象徴する出来事は異なるとは思いますが、この時代を振り返りつつ特集を読んでいただけると嬉しいです。 SPUR2月号「平成最後のベスト・オブ・ビューティ」を試し読み(外部サイト)
  • 毎年春夏になると買ってしまうもの。それはカゴバッグ。個人的な好みだと思いますが、日本の民芸からエスニックなもの、モダンなものまでカゴと名のつく、何かが編まれた素材のものに目がないのです。そんな私がSPUR2月号「彼女は、冬なのに……」のコーディネート チェックでも一番食いついたのが、バスケットのカテゴリー。カラフルで、素材も今年らしいアイテムが豊作です! 今年は春といわず今すぐ取り入れたい!と 気分高まること間違いなしのラインナップ、ぜひご覧ください。 SPUR2月号「彼女は、冬なのに……」を試し読み(外部サイト)
  • 昨今のアウトドアブーム。次の波は「釣り」にある! その思いを胸に向かったのは、静岡県・沼津市。実は担当編集も、釣り堀以外の本格的なフィッシングは初めて。いざトライすると、竿と無心で向き合う時間はあっという間でした。誌面にも掲載した手漕ぎボートがある場所なら、ちょっとしたレジャー感も味わえます。本誌では「初心者のためのHOW TO」を、ウェブメ ディア・TSURINEWSにも伺っています。誌面を片手に、ちょっとおしゃれして釣りにいきませんか? SPUR2月号「釣りガール日誌」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR2月号で担当しました「スニーカー360°」。ハイブランドの新作をいち早くたっぷり見られたのも個人的に嬉しかったのですが、今までよく知らなかったスニーカーブランドと出会えたのも収穫でした。 こちらのKARHUは1916年にフィンランド・ヘルシンキで創業。ランニングシューズメーカーとして、オリンピックでフィンランドのオフィシャルサプライヤーにもなっていたとか。履き心地の良さはもちろんなんですが、こちらのスニーカー、カラーリングのセンスがとにかく素敵なんです。たくさんの色を組み合わせているのに、シックで洗練されたムードで。早速春のウィッシュリスト入りしました。 SPUR2月号「スニーカー360°」を試し読み(外部サイト) SPECIAL MOVIE
  • ダウン。冬の必需アイテムながら、イマイチおしゃれに着こなせない……とお悩みの方にこそ、この特集をお届けしたい! SPURでも大活躍中のスタイリスト4名がお題に沿ってディレクション。巻く、かける、重ねる……。「ただ着る」だけではないアイディアがたっぷり盛り込まれています。今のムードや、それぞれのスタイリング哲学も感じられるはず。 ここでは、スタイリングに使用した中からダウンを1点紹介します。矢内麻友さんが選んだのは、サンフランシスコ発のPHIPPS(フィップス)。マーク ジェイコブスやドリス・ヴァン・ノッテンで経験を積んだデザイナーによるメンズウェアブランドです。サステイナブルな素材使いが特徴です。こちらのダウンも、100%再生のポリエステルなどの素材から作られています。絶妙なカラーリングも気分。ぜひ、誌面でもご覧ください! SPUR2月号「見たことのないダウン活用」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND