着たい服別・秋新色リップ塗り比べ!
Marisol ONLINE

メイクをアップデートしないと顔だけ古いままおきざりに。今年の秋は唇の色を変えて新鮮な印象に!

<黒トップスに合わせるのは濃色ベリー>


いつもの黒いトップスを、秋らしくおしゃれに着こなすなら、ベリー色のリップを合わせて。濃色効果で、肌の色を引き立てる効果も。熟したベリー色は、赤よりもカジュアルにつけられて、今年らしいほのツヤ感で色っぽく。




「クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn 12」は、唇にフィットする形状、濃密なうるおい、なめらかなのび、すべてが贅沢。時間がたってもくすまず美しいベリー色をキープ。


クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn 12¥6,000/資生堂インターナショナル ニット¥16,000/フィルム(ソブ) リングピアス¥14,000/ジュエッテ



<甘口白シャツを着る時の血色ベージュ>


今年のベージュは顔色が悪く見えないものが豊富。マットすぎない質感と立体感のゴールドパール、なじむ黄み色で、肌から浮かずに美肌に見せて、血色感もぷっくり感もアップ。ワンショルやパールのカフスで秋の白シャツをアップデートしたらリップは、みずみずしいベージュで清潔感を格上げして。口角はきっちり、山部分はラフに、唇のジャストラインにのせるのが大人のベージュを美しく見せるコツ。




「シャネル ルージュ アリュール インク 156」は、するすると水のようにのびてぴたっとフィット。インクのように唇と一体化してさりげないのに確実にボリュームアップ。媚びない大人のハンサムベージュ。


シャネル ルージュ アリュール インク 156¥4,200 シャツ¥15,000/モロコバー六本木ヒルズ店(モロコバー)



<ネイビージャケットで働く日のピンクベージュ>


通勤時に頼れるネイビージャケットにはピンクベージュのリップで清潔感と女性らしさをプラスして。ツヤ控えめのセミマット唇に対して、肌はシャイニーに整えて質感をはずすとおしゃれ感が。ワントーンメイクに仕上げれば、洗練された印象に。




「NARS パワーマットリップピグメント 2762」は、しなやかにすべるようにのびて、何もつけていないかのように軽い。ヴィンテージ感のあるローズピンクは、大人がつけたいなじみカラー。


パワーマットリップピグメント 2762 ¥3,300/NARS JAPAN ジャケット¥24,000/ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店(スプレンディーナ) Tシャツ¥5,800/アンビエント ピアス¥7,000/ジュエッテ バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ヨキ)



<オフの日のデニムには透け色リップ>


軽い発色なのに、血色とツヤはしっかりプラス。人気のそんな”透け色”リップは、カジュアルに過ごしたいオフの日のメイクにもぴったり。色はカラフルに、塗ると軽くて透け感があるくらいがちょうどいい。




「セルヴォーク ディグニファイド リップス 09」がツヤ以上マット未満のニュアンス唇を実現するのは、スクワランとヒマワリ種子油のオイルブレンドによるもの。秋仕様の渋みを感じるオレンジで、セクシーだけど知的なぬれ感と透け感ある仕上がりに。


セルヴォーク ディグニファイド リップス 09¥3,200シャツ¥24,000/モロコバー六本木ヒルズ店(モロコバー) ピアス¥8,500/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(スタラクティット)


撮影/向山裕信(vale./人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/菊地美香子(TRON) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 構成・原文/鵜飼香子


☆Marisol 10月号試し読みはこちらから>>


SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND